マツダ アテンザセダン 2012年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > マツダ > アテンザセダン 2012年モデル

アテンザセダン 2012年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:アテンザセダン 2012年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
XD L Package 2018年6月21日 マイナーチェンジ 2人
XD L Package 4WD 2018年6月21日 マイナーチェンジ 4人
XD PROACTIVE (MT) 2017年8月3日 マイナーチェンジ 1人
XD PROACTIVE 4WD 2017年8月3日 マイナーチェンジ 1人
25S L Package 2016年8月25日 マイナーチェンジ 5人
20S 2015年1月7日 マイナーチェンジ 1人
20S PROACTIVE 2015年1月7日 マイナーチェンジ 1人
XD 2015年1月7日 マイナーチェンジ 1人
XD L Package 2015年1月7日 マイナーチェンジ 4人
XD L Package 4WD 2015年1月7日 マイナーチェンジ 1人
XD L Package 4WD (MT) 2015年1月7日 マイナーチェンジ 2人
XD PROACTIVE 2015年1月7日 マイナーチェンジ 4人
XD PROACTIVE (MT) 2015年1月7日 マイナーチェンジ 1人
XD PROACTIVE 4WD (MT) 2015年1月7日 マイナーチェンジ 1人
20S 2013年11月1日 マイナーチェンジ 1人
25S L Package 2013年11月1日 マイナーチェンジ 2人
XD 2013年11月1日 マイナーチェンジ 6人
XD (MT) 2013年11月1日 マイナーチェンジ 1人
XD L Package 2013年11月1日 マイナーチェンジ 2人
XD L Package (MT) 2013年11月1日 マイナーチェンジ 1人
20S 2012年11月20日 フルモデルチェンジ 1人
25S L Package 2012年11月20日 フルモデルチェンジ 5人
XD 2012年11月20日 フルモデルチェンジ 5人
XD (MT) 2012年11月20日 フルモデルチェンジ 5人
XD L Package 2012年11月20日 フルモデルチェンジ 14人
満足度:4.39
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:77人 (プロ:1人 試乗:12人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.75 4.34 11位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 3.84 3.93 48位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 4.46 4.13 51位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.39 4.21 52位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 4.04 4.05 76位 乗り心地のフィーリング
燃費 4.40 3.89 32位 燃費の満足度
価格 4.10 3.88 13位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

アテンザセダン 2012年モデル

アテンザセダン 2012年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
21件
ホームシアター スピーカー
1件
1件
スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

購入経緯
中期型を購入して4年目の年次点検の時にマイナーチェンジ後のアテンザが有り、実物を見たが最後でした。
即、下取り価格と購入見積もりをお願いし、翌日には嫁を引き連れて判子を押していました。
【エクステリア】
中期型がたからさらに引き締まったデザイン
無駄な物が一切ついていない潔いところが好きです。
【インテリア】
ウルトラスエードヌーの触り心地のよさナッパーレザーシートの座り心地など前車に比べ格段にアップしています。
また、HUDもフロントガラスに映るようになり視線移動がかなり減りました。
あと、Lパッケージのベンチレーションは便利です。
長時間乗っても背中とお尻が蒸れません(笑)
【エンジン性能】
175psから190PSに変わりレスポンスのもたつきが無くなったと思います。
また、可変ジオメトリターボーのおかげで吹け上がりもかなり改善されています。
*マフラーとインテークサクションを変更すればさらにレスポンスが良くなりました。
【走行性能】
前車より突き上げ感が改善されています。かといって柔らかいわけでもなく良い感じです。
コーナリングもベタリングコントロールのおかげが前車よりスムーズに曲がってくれます。
【乗り心地】
シートと足回りの改善により良くなっています。
車に疎い嫁でも変化が感じれるぐらい変わっているそうです。
【燃費】
今回はAWDなので下道で14〜16q/Lぐらいでます。
ストップ&ゴーが多い道だと下がります。
高速メインだと19〜20km/Lでした
【価格】
僕的に価格以上の価値が有ると思います。
【総評】
ディーラー担当者の対応もとても良く大変満足してます。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
その他
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
岡山県

新車価格
419万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
10万円

アテンザセダンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった31人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アテっちさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
25件
タイヤ
0件
1件
もっと見る
満足度3
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格3
   

リアガラスとリアサイドの色違い

   

リアサイドはプライバシーガラスですが、リアガラスが透け透けなのでスモークフィルム貼りました。
シルフィード15%、リアサイドシルフィード30%、
色味がこんなにも違います。
Dのオプションならリアガラスも薄茶色なんでしょうか?
濃い薄いだけなら気にしませんがあまりにも違い過ぎるような?
ウィンコスなら茶系でしょうか?

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
その他
レビュー対象車
中古車

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

かかくどんどんあがるさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格4

※一部誤字や内容を加筆、修正させて頂きました。

今回、レンタカーで乗る機会を得ました。
我が家の18クラウンとの比較で投稿させて頂きます。

(エクステリア)
低くて、横幅ワイドということもあり、クーペセダンの様な印象です。
このデザインはセダンなのに古くさい印象が無く、セダンでも購入候補に上がります。
(個人的には最終型と言われる2018年モデルが一番カッコいいですね。デザインだけ見たら、即買いしてもいいかなと思いました。)

(インテリア)
クラウンと比較することが間違いとは思いますが、正直、マツダが「フラッグシップモデル」と言うなら、もう少し頑張って欲しいと思います。
特に「?」に思ったのは、運転席のヘッドアップディスプレイの表示。
はっきり言って、見にくかったです。
(後日2018年モデルの試乗記を読みましたところ、このディスプレイはフロントガラスへの投射式に変わっていましたね。見やすくなったのではないでしょうか。)
あと、トランクルームはサスペンションの張り出しが割と大きく、ゴルフバッグは2個程度しか積めない印象なのが気になりました。

(エンジン性能、走行性能)
2000ccモデルなので、やはりあの重い車重を動かすのには役不足はあります。が、割とよく回るエンジンだと思いました。
普段使いでも特に困ることは無いと思います。が、「あと少し」の余裕が欲しい時には不満が出るかも、です。
自分の所有するクラウンが3000ccなので、改めて排気量の差を思い知らされました。
ハンドリングですが、これはFRのクラウンと比べたら明らかにフロントヘビーを感じました。
次期アテンザがFR化するとの情報ですが、これはぜひ実現すべきかと思います。

(乗り心地)
クラウンとは対象的で、引き締まった感のある乗り心地かと感じました。
セッティングとしは悪くないかもしれませんが、正直もう少し柔らかい感じにしてもいいかなと思いました。
多分車酔いしやすい人には不向きな乗り心地かと思います。
(ウチの奥さんは間違いなくNGです…)

(燃費)
約500キロ走行。8割高速、1割流れのいい一般道、1割が市街地走行というところで、リッター約15キロでした。車載の表示は16キロだったので、ものすごく乖離は無かったかなと思います。
車重の割には良いかなという印象です。

(総括)
約2日間乗りましたが、疲れ知らずの車、という印象でした。
今回、フツーのクルーズコントロールしか付いていませんでしたが、18クラウンのクルーズコントロールと違い、下りの坂道などでも速度を保つ機能があるのは嬉しかったです。
(18クラウンは下りの坂道では速度が上がるので、クルーズコントロールは機能しません。)
あとヘッドライトがLEDで非常に明るいのは良かったです。ただ対向車の側からすると、あれって思いのほか眩しいんですよね。
スタイリッシュで良いのですが、上手く光源処理しないと、新たな交通トラブルの元になりますよね。

仕事でフィットなどの車に乗ることが多く、それとは車格が違うので当然ですが、あの重い車重に2000ccエンジンでありながら、そう思えるのは良いクルマだと思います。

ただ古いモデルのためか、やはり遮音性は今ひとつなのと、みなさんご指摘のマツコネの突然の誤作動の部分で評価は低くせざるを得ないところです。
マツコネはバージョンアップを繰り返していると聞いていますが、なぜユーザーの声が反映されていないのな、そこは不思議に思います。

2018年モデルは遮音性が大きく向上していると聞いているので、正直一度乗ってみたいと思います。

昔のマツダのイメージからすると、今のマツダ車はすこぶる良くなりましたが、このアテンザも含め、これからの改良に期待したいと思います。

もしこのモデルを買うとしたら、2500のガソリンモデルかな。
ディーゼルは燃費や燃料代を考えると良いなぁと思うけど、巷でよく聞く煤問題は深刻かと。
あれの改善のメドが立てば、選択肢に入りますね。

2018年モデルは現行最終モデルと言われているので、ある意味「買い」のモデルかもしれません。

レビュー対象車
試乗

参考になった9人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

厳選賭け流しさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:474人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

エクステリア、インテリア、エンジン、走行性、乗り心地、安全性、燃費、価格とも全てにおいて優等生で高性能なクルマです。
でも何故か胸キュンしないので買う気になれないクルマです。

レビュー対象車
試乗

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

atenza5404さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:74人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
薄型テレビ
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

2014年2月に初期型のアテンザワゴンXD-Lパッケージを購入し、約10万キロ走行しました。今回2018年・最終型のアテンザセダンXD-Lパッケージを新車で購入しましたので両者の違いをレポートしてみたいと思います。

以前乗っていたアテンザワゴンを手放したのは、長距離運転が必要なくなったことに加え、がさつなエンジン音や室内騒音がうるさいことに我慢できなくなったからです。

ところが2018年型は劇的に改善されていて、まるで違う車に乗っているようでした。普段は音に鈍感な家内も、最初に乗ったとき、「これ同じ車とは思えないほど静かになった!」とびっくりしていました。


【エクステリア】

基本的に初期型セダンと同じシルエットですが、細部がリファインされています。特に気に入っているのはフロントグリルです。細かな編み目模様に変更され、ガンメタ塗装されているのでジャガーやベントレーのような雰囲気になっています。

【インテリア】

2014年型は商用車のようなインテリアでユーザーから酷評されていましたが、2018年型は高級感のあるものに変更されておりフルモデルチェンジしたかのようです。年次改良レベルでここまで大きなコストをかけてマツダは大丈夫なのか?と心配になるほどです。
シート表皮はナッパレザーに変更されています。表面がピンと張ってあるのでもうちょっと柔らかさを持たせたほうが座り心地は良いと思います。

【装備】

2014年型から大きく変更されています。追従型のクルーズコントロールは、2014年型では時速30キロ未満になると勝手に機能が停止していましたが2018年型は完全停止〜再発進までサポートし、夜間の歩行者検知まで付きました。フロントウィンドウ投射型のヘッドアップディスプレイ、電子パーキングブレーキ、オートホールド機能まで追加されています。オプションで360度モニターを追加しました。日産のアラウンドビューモニターと同じ機能ですが重宝しています。

個人的に一番好感を持ったのが「シートベンチレーション機能」です。シート表皮全体から空気を吸い込んでくれる機能で、夏期に身体が汗ばんでいるとき作動させるとまるで扇風機に当たっているような感覚が味わえます。汗かきの私には猛烈に気に入った機能です!

【エンジン性能】

2018年型では燃料インジェクターにデンソーのi-ARTを採用したので、スペック上はより高トルク/高出力になったのですが、以前よりも力強くなった実感は薄いです。2014年型ではある回転数やアクセル開度から急にエンジンが盛り上がる「ドッカンターボ」的な特性でしたが、2018年型ではリニアに加速していく感じで、むしろかなりおとなしくなった印象です。たしかターボチャージャーの種類も変更になっていますからそちらも影響しているのかもしれません。
ボンネットを開けてエンジン音を聞くと2014年型よりもかなり静かになっていました。

【静粛性】

格段に進化したのが走行中の静粛性能です。2014年型でもヨーロッパ車のディーゼルエンジン単体よりは静かだったのですが、遮音対策が甘かったのか走行中はかなり賑やかでした。特にタイヤハウスやフロア下からの騒音がうるさく、標準タイヤの走行音が容赦なく浸入していました。少しあれた路面ではタイヤがゴーっと鳴りますし、くぼんだところを通過すると「ドーン」と突き上げを食らいます。まるで商用車のようだと辟易して手放した経緯があります。
ところが2018年式ではびっくりするほど静粛性がアップしており、ヨーロッパのディーゼル車よりも静かな印象を持ちました。

2014年式では時速60キロを超えるまでディーゼルのガラガラ音が聞こえていましたが、2018年式では約40キロになるとエンジン音が消えてしまいます。しかもエンジンがまるで遠くにあるかのようにエンジン音自体が穏やかな音質になっていますので格段に高級感が増しています。

【乗り心地】

乗り心地も相当よくなりました。2014年式は乗り心地を気にして17インチタイヤを選択しましたが路面のデコボコをキチンと拾う(笑)、固いサスペンションでした。ところが2018年式では19インチタイヤが装着されているにもかかわらず以前のようなドタバタした感じはなく、しなやかでジェントルな乗り味にかわりました。
別途所有しているメルセデスベンツSクラスのエアサスにはかないませんが、それに近い乗り味になっていて好感が持てます。

【燃費】

高速8割、一般道2割の乗り方でリッター17キロ前後です。2014年モデルよりも若干悪くなった印象ですが大差ありません。
マツダのディーゼルはマフラーに溜まったススを定期的に焼く工程が入ります。DPF再生というのですが、2014年型でDPF再生が始まるとエンジンの音質が変わり、明らかにパワーダウンしていました。平均燃費はみるみるうちに下がっていったのでDPF再生を行っていることがはっきり分かったのですが、2018年式ではいつやっているのか一向にわかりません。燃費の急速な落ち込みもパワーダウンにも気づきません。


【マツダコネクト】

皆さんがおっしゃるほどヒドくはないと思います。ちゃんとナビゲーションしてくれていますよ。
個人的に惜しいのはSDカードスロットが1つだけのところです。そこにはナビ用地図カードを挿さなくてはいけないので、MP3ファイルの入った音楽用SDカードスロットを挿すところがありません。大したコストアップにはならないと思うので、ぜひもう1つ用意して欲しいです。
音楽はスマホのBluetooth接続で聞いています。


【価格】

2014年モデルに比べると100万円近く上がっていますが、商品力が向上しているので割安感のある価格設定だと思います。ヨーロッパ車など買わずにアテンザで済むのではないでしょうか?

【総評】

月間走行1000キロの契約で3年の残価設定ローンを組みました。3年後の残価は190万円だそうです。
そのころには次期アテンザがデビューしているでしょうから、再びマツダに乗り換えるつもりです。今度は直6ディーゼル+FR駆動だそうなのでいまから楽しみにしています。

乗車人数
1人
使用目的
仕事用
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年12月
購入地域
福岡県

新車価格
395万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

アテンザセダンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あーたNさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:58人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5

【エクステリア】
最近のマツダ車のエクステリアデザインはいいですね。
MCでよりカッコよくなったと思います。
【インテリア】
エアコン等の操作は、配置も良くボタン式てやりやすかったです。
1ヶ月以上前の試乗なのではっきり覚えてませんが、シートは若干固め?だったと思います。ベンチレーションはとても涼しかったです。
ただ、このクラスでこんなナビは有り得ないと思います。小さいし使いづらいしで外車のナビクラスです。
価格相応の質感ですが、フラッグシップ車ということを考えるともう少し高級「感」を出しても良かったのではと思います。
【エンジン性能】
めちゃくちゃトルクフルでアクセルを踏み込む必要がなく、ストレスフリー。
高速道路でも追い越しやクルージングがとても楽にできました。
車内でのエンジン音の大きさはガソリン車と変わらない程ですが、あまりいい音ではなかったです。
【走行性能】
四駆モデルで土砂降りの日でしたが、高速道路のカーブでも安定感はありました。直進安定性もgoodです。
自分が思ってるラインをしっかり走ってくれるので、とても気持ちがいいです。
ただ、スポーツモードなどでステアリングの重さをいじったりできない点は残念に思いました。
【乗り心地】
固すぎず柔らかすぎず、いい塩梅でした。
運転席にしか乗ってないので、同乗者としての感想はなしです。
【燃費】
試乗なのでよく分かりませんでしたが、試乗車の燃費表示が14km/lくらいだったので相当いいんだろうなと思います。
【価格】
快適装備や安全面、エンジン等のスペックを考えるとかなり割安感があります。
アテンザが安いのか、他車が高すぎるのかよく分かりませんが…
【総評】
試乗した時点では特に欠点は見当たりませんでしたが、長く乗ってディーゼル特有の劣化等が出ないか、故障は多いのか等の不安要素があるため、現時点では購入には踏み切れませんでした。
私は様子見しますが、とてもいい車だとおもいました。
ここから頑張ってブランドイメージを良くしていって欲しいです。

レビュー対象車
試乗

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hipppoさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ
0件
4件
プリンタ
0件
1件
ミニコンポ・セットコンポ
0件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5
   

関越高崎から圏央道厚木まで、ACC80km設定

   

約3年半で140,000km走行しました
アテンザの生涯燃費 19.2km/L
高速が約65%
クルコンON 80km設定では30km
100km設定では23km
燃費はすこぶるいいです
ただ、徐々にエンジン音が大きくなってきました。
250,000kmまで保つかなぁ 心配です
今まで大きなドラブルはありません
車としては今も気に入っています
今点数を付けても93点
不満は エンジンオイル交換が7,000円と高い事
マツコネは諦めましたから逆に気になりません
ナビはグーグルのみです
しかし、0kmからの追従クルコンが羨ましい…








約半年で20,000km走行しました
スタイリング、走行性能、価格については申し分ありません。100点満点です。
但し、マツコネを含めインテリアには多々不満があります
☆収納ボックスが少ない
☆交通情報がワンタッチで聞けない
☆リクライニングレバーが硬い
☆USBコネクタがセンターコンソールボックスの中にありボックスを締めるとケーブルが挟まる
☆インパネ上部の材質がゴム系でホコリが取りにくい
☆マツコネは最悪
・機能が少ない
*高速でインター、PA、SAなど先送りができない
*速度設定が無い
*優先道路設定が無い
*1画面、2画面などの設定が無い
・長めのトンネルでは自車位置がぶっ飛ぶ
・地図画面の情報が少ない
・GPSの認識が遅い、しかも不正確
・側道、高低差は全く認識しない
・リルートに時間がかかる
などなど…

なので、マツコネナビはほぼ使いません

スマホのグーグルMAPSの方が優れてます
ただナビゲート中に電話が入ると…

マツコネ!50,000円も出してるんだからもう少しなんとかなるだろう
まぁ事前に噂では使えないと聞いていましたが
ここまで酷いとは思いませんでした
MAZDAさん!
エンジンとデザインだけじゃなく、マツコネにも真剣に取り組みましょう




乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年4月
購入地域
神奈川県

新車価格
327万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

アテンザセダンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった27人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

root32.keyさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:145人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
7件
自動車(本体)
2件
1件
カーナビ
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

実際は家族用の足回りにはN-BOXを使っています。
何故なら小回りがきかなさ過ぎるから。

燃費は下道を荒く運転して14といったとこです。
高速なら18でしょうか。

加速は充分でグングン加速します。
飛ばすほど静かに感じる不思議な車ですね。

現在は9万キロを超えています。
このまま30万キロくらい走りそうに感じます。
オイル交換は5000円程度ですませ、たまに交換忘れて8000キロまでいっちゃうことも。
DPFの話を出す人もいますが、今までを思い出してもそれがどれだったのか一つもわかりませんでした。
詰まるところマニアでもない人にはわからんのでしょう。
もしかしたら私は回転数を回す人なので勝手に燃えてるのかも。

車内は大変静かです。
面白いのは初めて乗った人に「これ軽油だよ」っていったら皆ビックリするってことですね。
それを言っても乗ってたら違いは分からないので燃費の安さだけが際立って見えるみたいですね。

因みに車中泊には向いてません。
やるなら前のシートを最高に前に出して、後部座席との間にボックスとマットを用意して後ろで寝るべきですね。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
仕事用
その他
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yama10sanさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費5
価格4

14年目の日産Y50フーガから4年目のアテンザXD Lパッケージへの乗り替えです。
フーガも特に不満は無ったのですが、今時の安全装備と快適運転(クルーズコントロール)そして経済性(フーガはハイオクでリッター6.5キロしか走らず)が欲しくて乗り換えました。

エクステリア 相変わらずかっこいいと思います。デミオやCX-5はよく見ますが意外にアテンザはお目にかかりません。存在感は高いと思います。

ハンドリング、走行性能 ガソリン車からディーゼルへの乗り換えでしたがそれほど違和感なくフーガよりも走りが軽い感じです。ハンドリングも車体の大きさを余り感じさせずキビキビと反応します。ただハンドル自体はフーガもアテンザも皮製ですが、アテンザはなんかツルツルしてフーガのハンドルほどの質感はありません。

インテリア 14年目のフーガでしたがさすがプレジデントやシーマなどの高級車を作ってきた日産だけあって高級感はフーガの方があります。

居住性 前席、後席共にフーガの方がリラックス出来ます。乗り降りもアテンザは車高が低いせいかフーガの方が乗り降りしやすいです。
    全席は明らかにフーガの方がシートが大きくゆったりしてます。
 
安全装備、経済性 圧倒的にアテンザの圧勝。アテンザの燃費は街乗り中心ですがリッター14キロぐらいです。

アテンザはマツダのフラッグシップカーと言えると思うんですが、高級感は余り無いですね。そこが少し残念でした。フーガは居住性も走行中の静かさもエンジンの違いは差し引いてもフーガの方が上です。ボディーが非常にしっかり作られてる感じがします。トランクルームはフーガも広いと思ったのですが、アテンザは更に広いです。トランクルームを少し狭くしてでも後席を更に足元を広く出来たらもっといいのにな、と思いましたがスタイリングの関係で無理だったんでしょうね。あと物入れがアテンザは少ないです。フーガはボックスティシューが全席、後席のアームレスト内に両方入れれましたが、アテンザはボックスティシューを入れるスペースはありません。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マルチンベックさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
1件
3件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

30年近く家族のためワンボックスの運転手をして来ましたが、夫婦二人となり、安全性が高い純粋内燃機関のセダンに乗りたくて購入しました。

【エクステリア】
ヘッドライトの目つきは少々怖いですが、スポーティーなセダンとしては国産ピカイチの外観だと思います。
ソウルレッドは深みがあり、妖艶さも感じます。
車から降りた後、振り返ると思わず頬が緩んでしまい、「カッコいい」と呟いてしまいます。

【インテリア】
ブラウンのレザーシートは落ち着いていますし、水平基調のインテリアはプレミアム感がすごくあり、室内の広がりも感じられます。
昨年の東京モーターショーで見たビジョンクーペにかなり寄ってきたと感じます。
確かに収納スペースは少ないですが、それを除けば十分満足出来ています。

【エンジン性能】
まだあまり高回転で運転していないのですが、軽快さではなく、また無理して目一杯力出し切りますという感じでもなく、余裕を感じます。
室内でエンジン音は感じられない程静かですが、車外で聞くアイドリング音は、カラカラではなくチリチリといった音が聞こえます。
個人的には気になりません。
 
【走行性能】
動きだしはもっさりした感じですが、走り出すとストレスなく加速していきます。運転技術の問題かもしれません。
ATはさっさとシフトアップしていき、もう少し引っぱってもいいと思います。遅れや変速ショックは全くなく、ビックリするほどスムーズです。
ガソリン車についているスポーツモードがあればもっと楽しいかもしれません。
i-stopやオートホールド機能は解除もスムーズで違和感はありません。
操舵感は気持ち固めに感じますが、自然で思い通りのラインにのせられ、いつまでも運転していたい気持ちになります。
ただ以前試乗した改良前のアテンザの方がスポーティだったように思えます。
ブレーキは癖がなく、踏み込みとブレーキの効き方が自然でコントロールし易いと感じます。
AWDの効果は未だわかりませんが、雨の高速道路カーブでは、4輪踏ん張っているように感じた事があります。気のせいかもしれませんが。
時速100km程度では重心の低さからか、安定していて、もっと早く走りたくなります。
峠道等のクネクネ道は元々好きではないので、走っていません。
ブンブン飛ばすのではなく、ゆったりと運転を楽しむ車という性格が強くなってきているようです。

【乗り心地】
少し堅いとは思いますが、かっちりした乗り心地で気に入っています。
改良前アテンザに試乗した時にはロードノイズが少し気になりましたが、静寂感は数段上がっていると思います。
親族を後部座席に何回か乗せましたが、静かで揺れが少ないと好評でした。GVCが効いているようです。
乗り心地とは関係ありませんが、VIewスイッチはマツコネコマンダー周辺にあった方が使い易いと思います。見通しの悪い交差点で使用する場合、右手でViewスイッチを押し、左手で画面切替となるとハンドルから手が離れてしまいますので、安全性でも問題があります。

【燃費】
郊外の道路中心で現時点14km/l弱くらいです。
もう少しいい燃費を期待していましたが、運転技術がないため、無駄なアクセル操作が多いのが原因ではないかと反省しています。
高速道路だけだと17km/l以上にはなります。

【価格】
総額400万を優に超える出費であれば、少し頑張ればドイツ車も買えますが、グレード的には下になってしまいます。
ディーゼルでかつ同じような装備だと600万円以上になるのでしょうか。
安全性能は現時点でほぼ最高水準、装備の質もかなり高く感じられるので、ブランドを気にしなければコスパはいいと感じます。
ブランド力の差は、時間はかかりますが、これから埋めていって下さい、マツダさん。

【総評】
昨年夏に改良前アテンザに試乗し、いいなぁと思いながらも全車速未対応のACCや、フロントガラス投影ではないHUD等で躊躇していました。
今回の改良後の試乗はせずに購入してしまいましたが、思っていた以上に静かで上質で、実車は期待を遥かに超えています。
特にシートベンチレーションは車に興味がない連れ合いが唯一褒めた装備で、非常に快適です。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
月数回以下
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年6月
購入地域
山口県

新車価格
419万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

アテンザセダンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

はつきんぬんさん

  • レビュー投稿数:35件
  • 累計支持数:556人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格4

【エクステリア】
フロントフェイスの改良は個人的には素晴らしく思います。
グリルを拡大しメッシュ形状のデザインにしたことでかなりスポーティな印象になりました。
また、ヘッドライト形状やデザインの変更により、よりローワイドな印象になっています。

【インテリア】
L Packageの感想ですが、めちゃくちゃ質感は高かったです。
ホワイトレザー仕様でしたが、清潔感もあり、レザーシートの質感、座り心地、ホールド感は抜群。
シートヒーターや、涼しくなる送風機能も付いてて、機能性も抜群です。

【エンジン性能】
2.2Lディーゼルエンジンのアテンザに乗りましたが、450Nのトルクは流石です。
発進時からの加速は抜群で、普段使いには十分以上かと思います。
欲を言えばスポーツモードが欲しいなと感じました。

【走行性能】
剛性感も高く、直進安定性は抜群です。
コーナリング安定性も高いのですが、ステアリング操舵性がやや不満。
こちらも欲を言えばスポーツモードなどでステアリングがよりクイックになるモードがあるといいなと感じました。

【乗り心地】
結構固めな乗り心地です。マツダ車の中ではかなり固い部類に入るのではないでしょうか。
悪くはないのですが、荒れた路面では少し尖った印象があります。
もう少ししなやかさがあるとよりいいかなと思いました。

【価格】
個人的には25S L Packageグレードがおすすめ。ガソリンモデルにはなりますが、最上級のインテリアを354万円という価格で購入できます。
コストパフォーマンスはかなり高いと思います。

【総評】
エクステリア、インテリアの質感は価格以上のもので素晴らしいです。
走行性能も全体的に高いレベルにはあると思いますが、欲を言えばもう少し楽しませるための機能、セッティングが欲しいかなと。
そういった意味でスポーツモードがないのは残念でした。

補足:詳細レビューや写真をご覧になりたい方向け
https://tmhshiroto.com/drive_atenza_xd_2018/

レビュー対象車
試乗

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ジャンピングニーさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格5

ロードスターNCに乗っていましたが、子供を2人以上乗せなければいけない機会が多くなり、買い替えを決断しました。

【エクステリア】
見た目については好き好きだとは思いますが、これ以上かっこよくできるんかと思っています。
購入前は19インチタイヤが少し大きすぎないって思っていましたが、今は19インチが妥当に感じています。
冬用タイヤは17インチを装着していますが、他の車ならいざしらず、この車には高齢者でもなければ17インチは似合いません。
冬用だからとか、安いからという言い訳がなければ19インチを推奨します。
乗り心地も大きな変わりはないです。

【インテリア】
運転席周囲やインパネもほどよく整っていると思います。
マイナーチェンジで室内ルーフがブラックになり、ディーラーのうす暗い車庫で乗り込んだ際はいよいよ暗いなぁと感じ、購入も少し戸惑いましたが、シートがホワイトレザーだと暗い感じはなく、さらにメリハリもついて最高でした。
同乗した人からは必ずといっていいほど、外観も内装も褒められます。
ホワイトレザーだけに当初子供達を乗せることに躊躇しましたが、現在は土足で立たれたりしています。
それでも拭きあげれば汚れは落ちますし、ホワイトレザーによって一気に室内が映えます。
ブラックルーフが一層引き立てているようです。
購入後1年半たち、毎日座る運転席にはわずかにくすみも見られますが、本当にホワイトレザーにして良かったと思っています。
小物入れが少ないので、サイドドアポケットに入るラバー製のごみ箱やサンバイザーにつける収納を追加購入しました。
あと、後部座席が倒れるのが地味に便利です。

【ナビゲーション】
評判の良くないナビですが、目的地付近に近づいてからおかしな表示をすることがありました。
ただ、妻のセレナ(同時期購入)のナビも、似たようなもので、こんなものかと。
心配ならYahooナビを併用をお勧めします。

【エンジン性能】
走り屋ではないので、十分です。スポーツモードにすればパワーアップしますが、使用していません。

【走行性能】
この大柄な車の割には扱いやすいと思います。
走り屋ではないですが、人並みには飛ばすので、ブレーキの効きがいいのは安心できます。

【乗り心地】
ロードスターからの乗り換えで着座位置が高くなり腰痛が改善しました!!
ロードスターは素晴らしい車でしたが、また腰痛になりそうで、戻らないと思います。
走りの楽しさは断然ロードスターですが、快適性ではセダンです。

【燃費】
片道2km、その間に信号10個でstop&goを繰り返す通勤で、10.5km/Lほどです。道路事情が事情なので不満はありません。
1回の走行距離も短いことからガソリン車一択でしたが、私はフィーリングもガソリン車が好みでした(試乗はディーゼル車)。

【価格】
安い!!!

【総評】
汚れや経年劣化を心配したが、ホワイトレザーにして本当に良かった。
見た目に惚れましたが、まとまった車で、価格を考えても非常に満足度が高く、末永く乗りたいと思える車です。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年11月
購入地域
島根県

新車価格
336万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
20万円

アテンザセダンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yakitori-kunさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

洗濯機
0件
2件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格5

とにかくコスパのレベルが高次元にある車だと思います。
エクステリアは非常に美しく、備える機能を考えても輸入車を買うのが馬鹿らしくなるクオリティだと思います。
もちろん、Cクラス比べると、インテリアの質感、走りクオリティの面で圧倒的に劣る部分がほとんどだと思いますが、価格差を考えるとアテンザでいいよね、という感覚になりました。

使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年1月
購入地域
東京都

新車価格
336万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
0円

アテンザセダンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Quuxさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:38人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

【エクステリア】
魂動デザインは、すっかりマツダ車のアイデンティテイーとなり、街中でもおなじみのスタイルとなりつつありますが、GJアテンザ・セダンのデザインは、このコンセプトが最もよく表現されていると思います。伸びやかなデザインは特にサイドビューに良く表れています。フロント正面からは1840mmの横幅とあいまって安定感を感じさせます。リアビューはすこし腰高な印象ですが斜め後ろからのデザインはフロントへのキャラクターラインの流れが連続していて、とても良いです。後付けエアロ等を付けなくても十分に完成されたデザインになっているので、個人的にはノーマルのままが一番すっきりしていて良いなと感じます。


【インテリア】
シンプル、であるが、安っぽさはあまり感じないように配慮された良いデザイン。デザイン起因の余計な視覚的なノイズが少ないのはとても良いです。素材や部材等は、細かく見てしまえば安いものを使っていたりする所もありますが、総合的なデザインと配置は十分に及第点に達しているかと思います。高級車の豪華さをこの車に求めなければ不満はあまり感じないでしょう。多くの方が指摘していますが、細かい収納等は少な目です。車内を部屋の延長として使いたい人にとっては、この点は不満に感じるかもしれません。レザーシートにしたくなかったのでL Packageではなく、Proactiveを選択しました。ファブリックシートの使い勝手はよく、また調整の幅も十分でベストなドライビングポジションが取れるので、全く問題ありません。


【エンジン性能】
普通に乗るには十分に余裕のある性能で、非力さ等で困ることは全くと言っていいほどありません。1.5tを少し超える車体を十分にドライブできるトルクは、街乗り、高速道路ともに非常によく仕事をしてくれます。スペック上の数字では非常に大きなトルク値ですが、実際に乗ってみると数値ほどの強力さを感じられないかもしれません。しかし、真の実力は数値通りであり、使っていない分は余裕分としてキープされているので、必要な時にアクセルペダルを踏み込めば、すぐに取り出すことが出来ます。この余裕分を余裕として残したまま使うのが最も美味しい使い方と思っています。

エンジン音は、やはりディーゼル固有の音がしますが、気になるほどのものではないと感じます。このレベルのエンジン音でうるさいと感じるのであれば、もっと静粛性の高い高級車を選択するべきでしょう。走行時にガラガラ音が目立つということは、エンジンの余裕分を使い始めているということでもあります。音が目立たないようにうまく調節してやることで、非常にスムーズな加速・減速、良い燃費を実現することができます。MTではエンジンと対話しながら乗ることになりますが、ディーゼルのエンジン音はある意味、エンジンからの語りかけとして非常に分かりやすいものです。


【走行性能】
走行安定性は素晴らしく、ロングツアラーとして殊勝の出来でしょう。鋭い加減速やステアリングに対するクイックな反応等を期待するタイプの車ではありません。しかしアテンザがもっさりしているわけではありません。感じ方は人それぞれかと思いますが、停止からの出だし、中間加速、巡航まで、一定の加速でスムーズに移行することができますし、ブレーキペダルの反応がリニアなため、一定のGを保ったスムーズな減速・停止が可能です。ステアリングに対する反応もワンテンポ遅れるというようなことは無く、操作した分だけ、そのままリニアに反応してきます。センター付近の感度が高めのステアリングに慣れていると、操作量が大きくなったように感じるかもしれませんが、慣れてくるとリニアな反応はとても操作がしやすく、狙った所にぴったりと合わせることができるようになります。


【乗り心地】
夏タイヤは225 45R19 純正ホイール、冬は225 55R17 社外ホイールスタッドレスです。乗り心地は若干固めな印象ですが、スポーティーな足というほどではないというレベルでしょうか。夏タイヤの時は扁平率が低いためか、路面の小さな段差等を感じる場面もありますが、不快なレベルではない印象です。総体的に車のキャラクターに合わせた運転をすれば乗り心地は非常に良いです。マツコネに付属しているi-DMの緑インジケーターと青インジケータが切り替わるギリギリの所が最も快適なゾーンのように感じます。


【燃費】
エンジンの部分でも書きましたが、余裕を余裕として残しておくようにすることで、非常に良い燃費を達成できます。市街地19km/L以上、高速道路24km/L以上は簡単に達成できます。燃費運転でノロノロ・モッサリと走るのではなく、車の「余裕」をうまくコントロールすることが非常に大切なようです。


【価格】
車体、内装、安全装備、エンジン、快適装備等を考えると、価格的には妥当、もしくは若干安いかなと思える水準でしょう。殆ど触らないであろう部分(例えばボンネットの支え等)について簡素化する等してコストパフォーマンスを考えた、合理的な作りになっています。300万円から400万円という価格帯ということを考えれば、身の丈にあった非常によいバランスになっていると思います。


【総評】
車自体の性能、価格、安全装備、使い勝手等のバランスが非常に良く、コストパフォーマンスが非常に高い車です。特にMT仕様はこのクラスの中では唯一という状況で、他に選択肢が殆ど無いという状況ですが、車の美味しいところにキッチリを合わせていくという点において、変な癖がなく、非常に分かりやすいです。かといってスイートスポットを外すととたんに破綻するかと言えばそうではなく、Skyactiveテクノロジの懐の深さも十分に感じます。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年10月
購入地域
東京都

新車価格
334万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
20万円

アテンザセダンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった32

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ひりりーんさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
4件
65件
自動車(本体)
1件
51件
タブレットPC
2件
34件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3

【エクステリア】
カッコいいと思いますが、前期型の方が好みです。

【インテリア】
何人かの方が言われてますが、収納スペースが小さく少ないいです。エアコンの温度調整はダイヤル式ですが、風量の調整はボタン式で直感的に操作しにくい。


【エンジン性能】
MTですが、低速の出だしが遅いです。
フォレスターSG5ターボからの乗り換えですが、ガソリン車のスポーティーなターボをイメージしてるとかなりの違和感があります。高速走行時の加速はかなり良いと思います。ガソリン車では、シフトダウンしないと辛い加速もシフトダウンせずにアクセルを踏み込むだけで加速して行きます。


【走行性能】
悪くはないと思います。
ロールが少なく山道などは走りやすいです。

【乗り心地】
19インチですので乗り心地は、あまり良くないですが、自分は別に問題のないレベルです。
柔らかい乗り心地ではありません。
【燃費】
街乗りでリッター10kmくらいです。
高速乗れば、もっと伸びるのでしょうが、買い物程度ではこんな感じかと。
【価格】
高いと思います。
なんせ、自分には不要だと思う安全装備が多すぎます。なかなか、手頃なマニュアル車がないので仕方ありませんが、もう少し安めのマニュアル車がほしいです。

【総評】
全体的には気に入ってますが、とにかく後ろが見にくい。車庫入れなどものすごく苦労します。
バックモニターついてますが、夜間は見にくいですし、雨が降ると水滴がカメラについて、全く役に立ちません。自分は運転席の窓を開けて、窓から身を乗り出し目視して車庫入れするのですが、この車ですと、窓から身を乗り出すのがかなり辛いです。
しかし、燃費や走行性能、エクステリアについては満足しています。ガソリンが値上がりしているので軽油は嬉しいですね。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

アテンザセダン
マツダ

アテンザセダン

新車価格帯:282〜419万円

中古車価格帯:69〜406万円

アテンザセダン 2012年モデルをお気に入り製品に追加する <220

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意