日産 ラティオ 2012年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > ラティオ 2012年モデル

ラティオ 2012年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:ラティオ 2012年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
X 2012年10月5日 ニューモデル 1人
満足度:2.20
(カテゴリ平均:4.29
レビュー投稿数:6人 (プロ:1人 試乗:1人)
  1. 5 0%
  2. 4 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 2.40 4.33 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 2.80 3.92 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 2.80 4.12 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 2.40 4.20 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 3.20 4.04 -位
燃費 燃費の満足度 3.67 3.88 -位
価格 総合的な価格の妥当性 2.67 3.87 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ラティオ 2012年モデルのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェッショナルレビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

sanmakusiroさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地5
燃費5
価格3

ディーラーへ点検に出した際の代車でした。
いろいろと印象に残ったので書かせていただきます^^

【エクステリア】
パッと見たとき「これ排気量は?」と不思議な印象でした。
1200ccにしては立派な体躯にも見えます。
1500ccかと思ってしまいました。
ゆえに排気量よりは立派に見えた印象です。
かっこいいとかデザインがいいとは感じませんでした。

【インテリア】
車体がそれなりにボリューミーなのに「あれ、エアコンマニュアルなんだ」ってのが最初の印象でした。
シートは適度に固く長距離でも大丈夫でした。
このシートは価格からすればいいんじゃないでしょうか。
テレスコあればもっといいですね。
とりあえずの収納はあるので物が少ない方はokかも?
室内は広く後席も窮屈ではないです。

【エンジン性能】
1200ccにしては必要充分でよく走ってくれました。
知らぬ間に速度がのって70kmとかになってます。
「3気筒だとガサツなのかな?」と先入観がありましたが、ふつうのエンジンです。

【走行性能】
ここで大きな印象がいくつかありました。
がちがちに硬い足回りでもなく、だけどペースを上げてコーナーをクリアできます。
車重が軽いのがいいですね。
地味な外観ですが、抑えてるとこは押さえてるクルマでしょうか?
ブレーキがカックンでいただけません。

【乗り心地】
突き上げ感は少ないです。
コーナーはしっかり曲がります。
難点は カックンブレーキ。

【燃費】
メーターで平均燃費17km。
地方都市で高速は使わずです。

【価格】
グレードがXなら妥当でしょうか。
Gは1200にしては高いです。

【総評】
室内が広くて経済的なしっかり曲がるセダンだと感じました。
デザインと内装は平凡です。
クルマを経済的に買い物から長距離も、たまにコーナーも楽しみたい、デザインや内装に過度な期待はしないかたにはぴったりだと思います。
私はよく曲がることがいちばんの魅力に感じました^^
後席が広いのも利点です。
私のM135より確実に広かったです。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
中古車

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ディーゼル777さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:64人
  • ファン数:0人
満足度2
エクステリア2
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地2
燃費無評価
価格無評価

【エクステリア】
可もなく不可もなく。
【インテリア】
安っぽさは隠せないが、必要十分かと。営業車でなら問題なし。
【エンジン性能】
イメージしてたよりは悪くない。比較的静かではあった。
【走行性能】
営業車の代車で、荷物を積載していないので、キビキビ動いてくれた。ハンドルは軽すぎる。
荷物が載ればまた話しは別になるとは思うが。荷物満載のインプレッサよりはマシという程度。
【乗り心地】
ちょっとふわふわした感じで、あまり良くない。
【燃費】
評価できず。
【価格】
評価なし。
【総評】
営業車のインプレッサが車検の為代車として200キロ走行。
乗って楽しいとかは一切なし。仕事用に乗り潰す感覚でなら悪くないかと。
ただ、今回は代車としてであり、荷物を積み込んでいないため、積載時の印象は変わるような気もします。

レビュー対象車
試乗

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

夢@comさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
34件
バイク(本体)
0件
32件
デジタルカメラ
0件
26件
もっと見る
満足度2
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能1
走行性能1
乗り心地3
燃費3
価格無評価

日産レンタカーでキューブ指定だったんですが、なぜか新車のラティオが来ました。

500km・一般道、高速道路に乗っての率直な感想は、お爺さんが乗る車でしょうか。

発進時の加速は無い。高速などの加速車線。追い抜きなどで加速が欲しい時など「なんだ?この加速?」と思えるぐらい加速しません。

ついてくるのは軽いノッキング加速のみ。駄作です。

車を所有して無いので、色々な車種のレンタカーを借りて乗ってきてますが、この車、加速しないからエコカー用にわざと作ってるんじゃないですか?と思うぐらいです。エンジニアに聞きたいですね。

ハンドル操作や視界などは普通。

発進時のアクセルワークは独特ですね。エコモード?(信号待ち停車時エンジンOFF)にしていて、発進時にアクセルONすると、半歩遅れて急加速気味になります。

なので、エコモードは常にOFFでした。停車時エアコンも作動しないしね。

以上他社の回し者じゃないですが、日産車は嫌いじゃないです。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
月数回以下
レビュー対象車
新車

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

etizenntakefu さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:124人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

タイヤ
1件
227件
自動車(本体)
2件
61件
スタッドレスタイヤ
0件
28件
もっと見る
満足度1
エクステリア2
インテリア1
エンジン性能3
走行性能2
乗り心地2
燃費3
価格2

試乗してきました。
感想を話すとがっかりでした。
1.2リッター3気筒は音はいいですが普通のエンジンです。
特に不可もなく可もなく普通でした。
この車の悪い所は運転しずらい所がありました。
交差点で右折しようとしているときに、
対向車の右折車の影になってしまい見にくい時が
ありました。
運転席が中央寄りになっているのかもしれません。
右折するときは注意が必要です。
その他ビジネス向けのインパネなど
内装も他のメーカーと比べると劣ります。

個人の人が金出して買う車ではないと思います。

あくまでも会社関係の営業車に適した車といえるでしょう。

乗車人数
1人
使用目的
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度1
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地3
燃費3
価格2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ラティオは乗る前に文句を言いたいことがたくさんある。そもそもが中国を始めとする新興国向けに開発したクルマであり、アメリカでもエントリーユーザー向けに販売し、世界で50万台を売れているという。そのクルマを中国やアメリカよりもずっと遅れて日本でも販売しようというわけで、日本が完全に後回しになっている。

日産自動車は社名が日産なのだから、日本の市場やユーザーを重視し、優先したクルマ作りをして欲しいのに、そうなっていない。しかも中国やアメリカで販売されるクルマには設定されているのに、日本向けのラティオでは省略されている装備がいくつもある。

特に文句を言いたいのが横滑り防止装置のVDCで、日本では2012年10月1日以降に型式指定を受けるクルマに装着が義務化されているのに、10月5日に発表されたラティオでは最上級グレード以外には装備されていない。はるか以前に型式指定を受けているため、10月5日に発表のクルマでも装着していなくても売り出せるのだ。

確かに法的にはそれで良いのだろうが、義務化がはっきりしている安全装備を全車装着にせずに売り出すのでは、「日産はクルマの安全に積極的に取り組むつもりはさらさらない」と宣言しているようなものだと思う。

ラティオの少し前の9月18日に発売されたフォルクスワーゲンup!では、横滑り防止装置のESPはもちろんのこと、先進安全装備の追突軽減ブレーキまで全車に標準装備されている。わずか149万円のクルマにも標準なのだ。

安全装備ではほかに、後席中央にヘッドレストレイントが装備されていない。後席中央の3点式シートベルトは装着が義務化されたから装着されているが、義務化されていないヘッドレストレイントは装備しないというのは何たることか。

ついでにもうひとつ文句を書いておこう。価格の割高感だ。ラティオはマーチと同じようにタイで生産されて日本に輸入されている。そのほうが安く作れるからタイで生産しているのだろうが、なのに国内での販売価格は日本で作ったクルマと同じような水準にある。これではタイで生産したことのメリットが日本のユーザーにもたらされていない。

マーチ系のプラットホームを採用し、直列3気筒1.2Lエンジンを搭載しながら、カローラと同じような価格である。カローラは日本で生産されて4気筒1.3Lエンジンを搭載するから、ラティオの割高感がいっそう強まる。

そんなラティオには、横浜の日産グローバル本社をベースに開催したメディア関係者向けの試乗会に出席し、日産が用意した広報車両に試乗した。試乗したのは最上級グレードのGだ。

乗る前に文句の多かったクルマだが、実際に乗ってみると、クルマ自体はそんなに悪いものではなかった。まあ、乗ってすぐに悪いところが分かるようなクルマはあり得ない話だし、ラティオは悪くないというだけで積極的にほめるような要素がたくさんあったわけでもない。

ノートのセダン版といった感じのクルマがラティオであり、プラットホームやホイールベースもノートと同じである。これによって後席には十分な空間が確保されている。

搭載エンジンは1.2Lの自然吸気エンジンだけで、ノートに搭載されているスーパーチャージャー仕様エンジンの設定はない。このあたりもちょっと格下のクルマを感じさせる部分である。スーパーチャージャー仕様のエンジンを搭載すると価格が高くなるため自然吸気仕様に絞ったようだ。

58kW/106N・mという実力は、排気量相応というか、まあ平凡なもの。ボディが割と軽く作られていて1000kgちょっとの重量なので、この動力性能でもそこそこの走りは得られる。副変速機付きのCVTがおいしところを使って走るので、タウンモードを中心に使うならまあ不満は出ないだろう。

走りに関して割と好印象だったのは足回りで、乗り心地重視の柔らかめの味付けながら、コーナーなどでは案外しっかりした走りを見せたからだ。

乗り心地が良かったことにはタイヤも関係している。タイヤがBSのB250という一般的なタイヤで、最近流行りの高い空気圧を設定したエコタイヤでないことが、乗り心地に影響してたのだろう。とはいえ、騒音や振動なども含めた走りの質感は全体として平均レベルにとどまっている。

外観デザインはまあ普通のセダンといった感じ。タイ製ながら粗さが目立つこともなく、またこれといってクォリティの高さを感じさせることもない平凡な仕上がりだ。上級グレードにはアルミホイールを設定しても良いように思った。

インテリアの仕様は明らかに安っぽさを感じさせる。インパネ回りはノートと共通化している部分が多いものの、ノートの上級グレードにはピアノブラック調のパネルや本革巻きステアリングホイールなどが採用されるのに、ラティオにはそれらがオプション設定すらされていない。新興国のエントリーユーザー向け仕様そのままといった感じだ。

上級グレードのGには、プッシュ式のエンジンスターターやインテリジェントキー、オートエアコンなどが装備されるのが、わずかに質感を感じさせる部分である。

もしも個人ユーザーがラティオを買うなら、最上級グレードのGしかない。1.2L車なのに170万円近い価格になるが、Gなら横滑り防止装置のVDCが標準で装備されているし、ほかにもプッシュ式エンジンスターターやインテリジェントキー、オートエアコンなど、充実した仕様が用意される。

Gの装備に加えて必要なのは、5万円弱のSRSエアバッグを始め、オーディオレスが基本なので10万円強の最もシンプルな仕様のカーナビと3万5000円のバックビューモニターを組み合わせて装着すれば良い。

後はETC車載器やドライブレコーダーなどを装着しても良いが、これらはディーラーで買うと高いので、オートバックスなどのカー用品店で安いものを買えば良い。

参考になった53

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nak164さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
8件
液晶テレビ・有機ELテレビ
1件
6件
スマートフォン
1件
3件
もっと見る
満足度3
エクステリア2
インテリア4
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地4
燃費無評価
価格3

【エクステリア】ビジネスか60代に入ったら有りかも・・・

【インテリア】今の日産の標準的な内装で良いですよ。

【エンジン性能】街中メインなら大丈夫なレベルだと思いますが高速は苦手な印象。

【走行性能】ショックはコンフォータブルな感じですがもう少し硬くてもいいかなと・・・

【乗り心地】正直後部座席か助手席に乗りたい車です。

【燃費】試乗者のため分かりません。

【価格】作りからすると安いと思います。

【総評】装備からすると安いと思う、ただ同じ値段出すなら自分はノートかキューブにします・・・多分ビジネスで使用する人が多いんだろうなー。

乗車人数
1人
使用目的
その他
重視項目
快適性
エコ
価格

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

ラティオ 2012年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

ラティオ 2012年モデル
日産

ラティオ 2012年モデル

新車価格:146〜178万円

中古車価格:25〜79万円

ラティオ 2012年モデルをお気に入り製品に追加する <1

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ラティオの中古車 (68物件)

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意