スズキ アルトレビュー・評価

このページの先頭へ

アルト のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
アルト 2021年モデル 4.78 自動車のランキング 10 9人 アルト 2021年モデルのレビューを書く
アルト 2014年モデル 3.90 自動車のランキング 73 77人 アルト 2014年モデルのレビューを書く
アルト 2009年モデル 4.00 自動車のランキング 12人 アルト 2009年モデルのレビューを書く
アルト 2004年モデル 3.22 自動車のランキング 9人 アルト 2004年モデルのレビューを書く
アルト 1998年モデル 4.00 自動車のランキング 2人 アルト 1998年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 12人 -

アルト 2021年モデルの評価

評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.17 4.33 73位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.22 3.92 25位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.49 4.12 23位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.62 4.20 15位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.68 4.04 6位
燃費 燃費の満足度 4.80 3.87 4位
価格 総合的な価格の妥当性 4.78 3.86 3位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

アル湖さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

2週間ほど乗りましたが、かなり完成度が高いですね。小回りは効くし燃費はいいし、車体も軽くて走りもまぁまぁ。
若干インテリアは寂し目ですが、軽自動車の活用としては必要はかつ十分です。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
週3〜4回
重視項目
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年7月
購入地域
東京都

新車価格
125万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

アルトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

トビキジさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格5

【エクステリア】
上品です。しかしラパンと差が無いし、ハスラーの車高を低くしたようでもある。MRワゴンに近い気もする。要はハズレのない線でまとめたかんじ。前モデルのほうが個性的です。

【インテリア】
旧モデルのアルトとミライースも検討し内覧しましたが、それらに比べて実寸法以上に広くなった印象です。
質感は、展示や試乗車でちょっと見の段階で安っぽさを感じさせない、作り手のテクニックを感じました。逆にいえば、自分の物になって細部まじまじと見ると安っぽい。
残念に感じたのは荷台の板。プラダンみたいな板が安定性がない。満タン入れた灯油ポリタンクや30キロの米袋とかは無理そう。
剛性と室内高を高めた弊害かもしれないけれどフロアトンネルの盛り上がりがお大きいのは残念。

【エンジン性能】
モーターアシストが機能する出だしの一瞬だけターボがきいているような押し出し感がある。ISGによる静かなアイドリング再始動とあわせ、市街地にジャストフィットな特性。
エネチャージ車のLも試乗しましたが、アシストがないぶん出だしのエンジンの回転数が高く聞こえた。
上り坂は非力。平地で魅せるクイックさは軽量車体によるものが大きいと実感。

【走行性能】
ハンドルが軽く、舵の戻りがゆる目。この点は評価が分かれると思うが、やはり街乗りのセッティングなのだと思う。
高速は80キロ代なら快適。長い上りではみるみるスピードが落ちていく。Sモードを積極的に使わなければいけないか。

【乗り心地】
サスは柔らか目。街乗りの車速では軽々しいかんじはなく、地に足しっかりつけている乗車感はある。
反面スピードがでているシーンでは敏感。道路の継ぎ目などにでリアの突き上げが強く出る。
運転席側の窓を半分開けて走ると、振動で軋むのが残念。

【燃費】
街乗り:8、高速・郊外:2くらいの割合で走って平均22ほど。エアコンつければ1割引。都会のちょい乗りだけに条件が悪いけれど、もう少しの伸びてほしいところ。
減速でリチウムイオン電池への充電具合を示すインジケーターが増えていくのを見ると、自然とエコ運転になるので、今後の伸びを期待します。

【価格】
これだけの安全装備がついていてこの価格、文句はありません。オプションのディスプレイオーディオはコスパ最強。
それにマイルドとはいえハイブリッド車を低価格で所有できる満足感もあります。
ただコスパを追求するならモーターアシスト無しのLがよいでしょう。ハイブリッドSとLを両方試乗しましたが、モーターアシストは一瞬で微弱。意識しなければ気づくこともない。
車両価格差をガソリン代で取り返そうとするとざっと10万キロ走行。その頃にはおそらくリチウムイオンバッテリーは寿命に達している。
Lもリチウムイオン電池搭載であるが、モーターアシストを前提としていないチューニングの為、バッテリーがお亡くなりになった後も大した違和感なく乗り続けられる。

【総評】
通勤やちょい乗りのスペシャリスト。価格と照らしあわせて「これくらいなら我慢できる」という絶妙のバランスで絞っています。
車高が高くなったため、ワゴンRとの競合を口にする人もいますが、実際だいぶ違うと思います。3人以上で遠出があるならアルトでは難しいです。

レビュー対象車
新車
購入時期
2022年4月
購入地域
大阪府

新車価格
109万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

アルトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ナムサン02さん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:141人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
49件
レンズ
1件
28件
デジタル一眼カメラ
1件
21件
もっと見る
満足度5
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

【エクステリア】
フロントマスクはかなり地味。リアのスモークガラスやバイザーが、アクセントになって良かった。
天板のリムも剛性確保のためだろうけど、流れに沿って美しく、広い面積だが間延びしない。
オリンピック記念の白ナンバーにしたので、少しテンション上がる。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年5月
購入地域
沖縄県

新車価格
108万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

アルトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった27人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

瑠香さん

  • レビュー投稿数:138件
  • 累計支持数:388人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ウイスキー
13件
0件
カードリーダー
5件
0件
ノートパソコン
3件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

田舎暮らしでクルマは必需品です、もし無かったら買い物や通院など日常生活で確実に支障をきたします。車体本体価格はもちろん燃料や消耗品など全ての面で出費が抑えられるのは年金で生活している者にとってはありがたい。


『エクステリア』
先代の尖ったスタイルから穏やかなスタイルの変わり誰が運転しても違和感がないデザインになりました、窓ガラスの面積が先代と比べ広くなりフロントも高くなったので視認性は格段に良くなりました。

『インテリア』
この価格にしては頑張っていると思います、華美な装飾やあまり使わないだろうと思われる装備なども省いているので、見た目がうるさくないので大満足です。
先代はラジオが付いていましたが今回からオーディオレスになたので「バックアイカメラ付きオーディオ」を付けました、後退時に人や物の確認が出来たりスマートフォンをUSBケーブルで接続しカーナビや音楽プレイヤーとしても使えるので便利です。

『エンジン性能』
高速道路を利用するのは年に一回あるかないかくらいで、もっぱら一般道を利用しています。若い頃と違い毎日安全運転で法定速度遵守を心がけ運転しているので、エンジン性能に過不足などは感じません。

『走行性能』
この価格のクルマにスポーツカーのような性能を求めるのはお門違いで、あくまでも快適な日常生活を送るために必要なクルマだと割り切っています。それでも先代と比べると静粛性や剛性感など全ての面で明らかに向上していると実感しています。

『乗り心地』
腰痛持ちなのでぐにゃぐにゃの柔らかいシートはNGです、今回のモデルチェンジで剛性感が先代より向上しシートも硬めなので個人的には良いと感じています。

『燃費』
燃費表示を0に戻して国道を80kmほど走った結果ですが、なんと30km/Lを記録しました。普段以上に「急」の付く操作はしないよう気を付けながらの運転で、気温は少し肌寒かったのでエアコンはオフ、市街地でいくつもの信号と上り下りと平坦ではない道路環境下ですからびっくりです。
ガソリン価格が高騰しています、普段通りにエアコンを掛けて運転していても20Km/L以上は確実に走ってくれるだろうと思いました。

『価格』
剛性感アップや安全装備が標準装備されるなど盛りだくさんです、それで価格が先代とほとんど変わらないのは驚きでしかありません。

『総評』
200万円もする軽自動車が人気だそうです、需要があるからメーカーも造るのでしょうが、あまり使わないだろうと思われる装備をあれやこれや付けた結果として重量もかさばる、そうなると力不足となりターボを付け馬力アップし燃費も・・・。
もし同じ価格で同じクオリティーのクルマを造ってみろと言っても、他のメーカーでは絶対に造ることが出来ないだろうと思われる軽自動車のスタンダードで、安かろう悪かろうの時代は過去のものになったと感じさせられました。

嫁さんは50才を過ぎてから免許を取得したので新しい機能はなかなか受け入れられないようです、今回のモデルチェンジでもシフトレバーやエアコンの操作部は先代と同じですから、慌てて間違いをは起こすことはないだろうと安心しています。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年4月
購入地域
新潟県

新車価格
99万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

アルトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった30人(再レビュー後:29人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Falcon.yさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ミニコンポ・セットコンポ
1件
26件
扇風機・サーキュレーター
1件
16件
デスクトップパソコン
0件
6件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

今まで乗っていた車(2.0リッターの某セダン)が金食い虫だったため、燃費の良さと維持費の安さでこちらを選びました。

【エクステリア】
一番のお気に入りポイントです。好みは分かれますが、自分は個性的で好きです。
軽では珍しくスポーティーなデザインで、所有する喜びも得られます。

【インテリア】
インパネはすっきりしたデザインで、運転に集中できます。
セレクトレバーとエアコンのスイッチ周りはつや消しのため、光が反射しない点は良いです。
ただ、ドアポケットが薄いので厚いものは入りません。シートは白っぽいグレーで汚れが目立ちそうです。

【エンジン性能】
平地を走るには十分ですが、上り坂ではパワー不足です。軽のため、アクセスをベタ踏みするとエンジンが唸ります。

【走行性能】
購入早々高速を走ってみましたが、余裕でした。セダンタイプのため、コーナーリングもキビキビと走れます。

【乗り心地】
軽の乗り心地も改善されましたね。以前、母が乗っていた初代ワゴンRと比べると雲泥の差です。

【燃費】
当然ですが、高回転で回す(高速や上り坂での走行)と燃費は多少悪くなります。夏場はクーラーを使うので尚更です。
でも、以前乗っていた金食い虫と比べたらだいぶマシです。

軽は排気量の小さいエンジンを高回転で回すので、運転の仕方で普通車より燃費が悪化するケースもあります…
という話を、過去に某自動車評論家の方が言っていたと思います。

【価格】
車両価格が安く、中古車相場も安いので100万以下で購入できました。普段使いでしたら、アルトで十分です。

【総評】
満足点
・低価格・低燃費
・スポーティーなエクステリアデザイン
・クセがなく、すっきりとしたインテリアデザイン
・コーナーリングでもキビキビと走る

不満点
・荷室が狭く、収納も小さい
・内装の色合いがダサい(黒に統一してほしかった)
・上り坂ではパワー不足

以上です。

レビュー対象車
中古車

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まあいっか!さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:190人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
6件
6件
スマートフォン
1件
2件
プリンタ
1件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

3月中旬にハイブリッドSが納車されました(^^♪

【エクステリア】
言うことなし!
私のドストライクです!!
ホイールキャップのデザインがとってもファニーです♪
サイドドア下のパンチングがとてもオシャレです。

ベージュメタリックですが、
昼間の太陽光下ではほぼホワイト、
夜間や雨の日はカタログと同じベージュになり、
色が光加減でコロコロと変わります。
とても良い色です。

【インテリア】
ブラックと濃紺のコントラストがとてもオシャレです。
シンプルで飽きのこないデザインだと思います。
ジーンズ柄のシートの座り心地も最高!
シートリフターとハンドルチルトはありませんが、

178センチの私でもちょうどいい位置に一発で調整できます。
リアシートの立ち具合もちょうど良く、リラックスできます。

MOPのディスプレイオーディオが最高に使いやすく、
満足度がとても高いです。
Android AUTOがとても便利です。
音質が初期設定だとこもっていますが、
簡単なイコライザーが内蔵されているので、
自分の好みの音に調整できます。

【エンジン性能】
車重が軽いので、とてもパワフル!
最高速120キロが頭打ちですが、120キロまで一気に行けます!

アイドリングストップからの復帰も、
ISGのおかげでギクシャクしません。
優秀♪

【走行性能】
低速時はハンドルが軽く快適、
高速時はがっしりしてきます。
電動パワステのしつけが良く、楽しいです。

高速コーナーのロールは少ないほうで、
4つのタイヤをうまく使っているな、と感心します。
峠もガンガン攻められます!
ブレーキの効き具合も優秀、優秀!

【乗り心地】
ザラメの道でも全くゴツゴツしません。
とても優秀で、素晴らしい乗り心地です。
後ろの席でもドライブを楽しみましたが、
乗り心地抜群でした。

【燃費】
街乗りで、SモードとLモードを使いまくって、
エンブレをガンガン使って走って、平均16です。
おとなしく走れば20行くでしょう!

【価格】
ハイブリッドSで、込み込みで130万円でしたが、
ETCの助成金があり、129万円になりました!
とても129万円のクルマとは思えません!!

【総評】
満足、満足!
100点満点!!

私は53歳のオジサンですが、死ぬまで乗ろうと思っています♪
アルトくん、よろしくね(^_-)-☆


4/25追記
ホイールをアルトワークスの15インチに、
タイヤをグッドイヤーのハイブリッド2 165 55 15に変更しました。
ハンドルのセンターのフワフワした感じが少なくなり、
操作性が向上しました(^^♪
山梨県の道志川を攻めてきましたが、足回りがしっかりしました!

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年3月
購入地域
東京都

新車価格
109万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

アルトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった63人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

BOSSゴン蔵さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:147人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格5

【エクステリア】
・旧型の元日産・和田氏のクセの強い好き嫌いが分かれるデザインでなくなりよかったと思います。
・使い勝手という意味でもドアノブはグリップ式が良かった。

【インテリア】
・エクステリアと関係しますがAピラーが立ったおかげで、旧型の
 「目の前にルームミラーがある」(特に着座位置の高いレカロシートのワークスで顕著)
 が無くなりました。これだけで全然違います。
・旧型のホワイトメーターは安っぽいうえに、夜間は明るすぎて困りましたが、そこもキッチリ改善されています(というかメーターはハスラーの流用)
・パーキングブレーキがハンド式です。他社セダン型はフット式ですね。坂道発進時CVTでも軽のパワーだと下がることがあります。(※アルトにはヒルスタートアシストがついていますが)
そうした使い勝手を優先したのでしょうか?個人的にはフット式にして、ここにもドリンクホルダー(運転席・助手席用)があるとよかったと思います。
ダイハツ・トコットがここにもドリンクホルダーがあってとても便利なので。
・ダイハツが現行ミラ・イースからドライビングポジション改革をしました。
ペダルを2p遠くして、ステアリングを2p近づけたとの公式発表だったと記憶します。
現行ミラ・イースはシートの改良と合わさって劇的にドラポジが改善されました。
それと比較すると、アルトは未だステアリングが遠いです。
旧型は初代ミラ・イースよりはまし程度でしたが、この部分は旧型アルトとほとんど一緒ではないかな?
ペダルを合わすとステアリングが遠い。
ステアリングに合わすと足元が窮屈で操作に支障をきたす。
最廉価な車なので妥協点は難しいですね。
試乗したのはL・アップグレードパッケージで、シートリフターはつくもののチルトステアリングは無しでした。
チルトでどうなるレベルではなくテレスコまでは要望しませんが、もう少しステアリングが近いほうが良いと感じました。

【エンジン性能】
エネチャージのLでしたが、可もなく不可もなくなエンジン性能。
ただ、とても静かでした。

【走行性能】
エンジンのパワーは上述の通り。
とにかく静かで、パワーステアリングはしっとりとしたフィール。
足回りはスタスタと動き、冗談抜きで高級車のフィーリング。
私は以前、初代日産ティアナに乗っていたのですが、乗り心地の良さに定評のあった、あのティアナの足回りにとても似ています。ちょっと国産車らしくない出来栄えです。

【乗り心地】
上記の通り、足回りがとてもしっとりしています。
見た目は旧型と同じようなヘッドレスト一体型の安っぽいシートですが、座ってみるとモッチリとしたフィールでこれまた「本当にアルト?」と驚きました。

静粛性も高く、計測器で測定したらどうなるのかわかりませんが、静粛性の高さに驚いた同社の現行ハスラーと同等かそれよりも静かに感じました。少なくとも国産コンパクトカーより静かに感じました。
もちろん軽ですのでアクセルを踏み込めばエンジン音は入ってきますが、特にロードノイズが高級車レベルで遮断されていました。
旧型の安っぽくポコポコ跳ねる乗り心地と、軽自動車然としたウルサイ車内とは完全に別世界です。

【燃費】
試乗なので未評価

【価格】
安全装備テンコ盛りで、この価格は素晴らしいと思います。

【総評】
買いの車だと思います。
自分で買うかと言われたらNOではあります(すいません)
やはりワゴンRの使い勝手や、シートポジションが高く、掃き出しドアのほうが乗り降りも楽。
日常の足として使うにはセダン型はあまり便利なスタイルではないなと感じます。

でも何で新型アルトに興味を持ったかというと、職場のタントやN-BOXというスーパーハイト系に乗り慣れた中で、ぽんと追加で入ったダイハツ・トコットに乗ったところ、着座位置の低さからくる横揺れの少なさ、疲労度の低さに「これなら軽でもいいじゃないか!」と思ったからです。

アルトの値上げ幅を考えると、次期ワゴンRは一番売れるグレード(最廉価の1つ上)で、150万円をちょっと切るくらいにまで上がるかもしれませんね。
軽自動車に乗り出し150万円以上はチョット…という方も増えるのでは?
そう考えるとアルト復権もありうるのかもしれません。

レビュー対象車
試乗

参考になった22人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

juratitiさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:376人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
14件
レンズ
5件
0件
自動車(本体)
3件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費5
価格4

※タイヤとホイールを交換したので、その後の変化を。

コーナリング時のロールが酷いので145/80R13から
165/55R15に換えました。結果、ロールがかなり改善
されました。コーナリングスピードも10km程速くなり
感じていた酷いロールが減り、コーナーでの不安感も払拭。
タイヤが中華製なので転がり抵抗が大きく、燃費が2km/L
弱くらい悪くなった様ですが個人的には満足しています。
インチアップをすることで車体の剛性感を感じられますね。
コーナリング時に不安のある方はインチアップだけでも
される事をお奨めします。

※半年で4000Km程度での燃費の評価でも。

通勤距離が片道2km程度なので、1回満タンにすると
通勤のみでは1ヶ月余裕で乗れます。
夏場エアコンONでの通勤のみだと、移動距離が短いので
燃費は17〜18Km/L位です。秋〜冬でエアコンOFFだと
20〜22Km/L位です。長距離の場合、悪くて22〜23Km/L
良くて26〜27Km/L程度伸びます。只、高速での100km
巡航となると24〜25Km/Lになりました。
結果、80Km程度での長距離が最も燃費が良いようです。
AGSで峠の上りはMモードで引っ張ったりしますので、CVT
の場合、もう少し良くなるかも知れませんね。

※ちょっと気になった点があったため追記します。

1つ目は渋滞時にDモードだとギクシャクします。
1速と2速間でギアが行き来するので、マイルドになった
とは言えギアチェンジ時のクラッチによるトルク抜けで
自分の意思と車の挙動にギャップが有り扱いにくく感じます。
渋滞時はMモードで固定ギアを使う方がスムーズな様です。

2つ目は雨天時など車が濡れている時に、普通にドアを開けると
ドアとボディの隙間にある水が雫となり一気に落ちてきて
シートの座面と背もたれの張り出し部分が濡れます。
普段は2人迄しか乗らないので後席は確認できていませんが
運転席と助手席はそれぞれドア側のシートの張り出し部が濡れます。
イキナリ開かず、ガチャッと開いたときに一瞬待ってドアを開くと
雫は落ちてきません。土砂降りの時などにこうする余裕は無いかも
しれませんが、小雨の場合はこうしたほうがシートが濡れなくて
不快感が減ります。

今後も気付いた点は可能な限り書き足していこうと思います。

2021年6月購入 F 4WD 5AGS 3型

【エクステリア】
個人的には気に入ってます。無塗装樹脂パーツが少ないのが良い。

【インテリア】
白いダッシュボードがイマイチ。収納が少なすぎて困る。
エアコンの配置等は使いやすいです。

【エンジン性能】
数値で見るより非力。トルクも細く加速は鈍い印象です。
乗り換え前がターボ車だったので、より感じるのかも知れません。

【走行性能】
街乗りでは十分な性能。スタートダッシュは速いです。しかし
峠の上り等では回してなんぼですね。タコメーターがないので
ハッキリ分りませんが、音的に4000〜4500回転以上回せば
それなりに走ります。また2速と3速の繋がりが悪く、2速だと
吹け切るし3速だと回転が落ち込み過ぎてイライラする場合が
あります。

【乗り心地】
低速域では若干硬く感じますし、段差での突き上げもあります。
速度が出ていればそれも無く乗り心地は良いと思います。
タイヤの空気圧が2.8Kと高めに設定されてますので、2.2〜2.4K
程度に落としてやると低速域でも乗り心地は改善されるでしょう。

【燃費】
ディスプレイの燃費径では18km/Lでしたが、満タン法では22km/L
でした。結構高回転まで引っ張りエアコンON状態での数値です。
エアコンOFFでのんびり走ればそれ以上は確実ですね。

【価格】
軽とはいえ価格が上がっている昨今で100万程度で新車が帰るのは
ありがたい事ですね。

【総評】
AGSなのでブレーキペダルを踏んでシフトダウンするだけで、車が
ヒール&トゥを自動でしてくれるので非常に楽です。
試乗では1型か2型のどっちか分りませんが、VPを乗りました。
AGSの癖を理解した上で購入したのですが、3型になってAGSの
制御が向上しているようです。1速〜2速へのシフトチェンジ時の
トルク抜けがかなりマイルドになってました。もちろんそれ以上の
シフトアップ時も。4速〜5速では「何時入った?」って思う位に。
只、電子制御スロットルなのでアクセルを踏んだ時のエンジンとの
ダイレクト感は全くありません。まぁ今時の車はそうなんでしょうね。
納車後気付いたのは、サイドミラーがピボット式からターンオーバー
式に変わってました。これは嬉しい誤算です。ターンオーバー式なら
ミラーを畳んでも中のミラー位置は変わりませんから気軽に折り畳め
ますね。
良い点・悪い点を色々書きましたが、個人的には大変気に入ってます。
通勤の足ですが、AGSのおかげで走る楽しさも有りATで楽に走る事も
出来、一粒で二度美味しいと感じてます。AGSならマニュアルに
乗らない女性でも運転できるし、マニュアル感覚で乗りたい人も
1台でシェアできると思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年6月
購入地域
愛媛県

新車価格
97万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

アルトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった14人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

demi-demiさん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:94人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
10件
5件
自動車(本体)
9件
0件
タブレットPC
3件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費4
価格5

【エクステリア】
かわいいと思います。
【インテリア】
シンプルですが、使い勝手が良く満足できるものでした。
【エンジン性能】
5MTに乗っていましたが、車体が軽いのでまわせばグイグイ走りました。
【走行性能】
ロールが大きいですが仕方ないですね。
【乗り心地】
足回りは柔らかく乗り心地は良かったです。
【燃費】
軽量な車体でしたので街乗りで20kmくらい出てました。
【価格】
お求めやすい価格でした!

レビュー対象車
中古車

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

bucchi1976さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
6件
5件
電子レンジ・オーブンレンジ
0件
1件
掃除機
0件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格3

セカンドカーとして、通勤用に購入。2018年12月のモデルL、レーダーブレーキサポートが装備されています。片道20分の通勤用として購入しました。原則1名乗車、ナビ無しモデルです。自転車代わりのクルマとして、コスパ重視の選択です。(1万キロ、50万円の中古で入手)
【エクステリア】
茶色を購入。角張ったフォルム、台形の特徴的なヘッドランプが特徴です。デザインにコスト重視感をひしひしと感じます。が、求めるのはデザインではなく、「足」ですので、こだわりはありません。ユーティリティー性やデザインを求めるなら、ハスラーなどを選択すると思います。
【インテリア】
こちらもコスト重視なデザインですが、必要十分な感じですね。メーターは大きく見やすいのですが、回生ブレーキ使用時は緑になったりエコ運転中だったり、という運転状況で色が変化します。不要といえば不要ですが、ちょっとしたアクセントですね。
一方、夜間走行中、このカラフルなメーターが運転席側和のサイドウインドウで反射して映り込みます。これがミラーとかぶるので、ミラーの視認性に影響が出ます。これはマイナス。映り込みを考慮したガラスにするなどしてほしいところ。
【エンジン性能】
往復20分、片側二車線の国道(60km)利用にとって、全く不自由はありません。車の流れを邪魔することもなく、ストレスはとくに感じません。4名のると、やはり加速に影響しますが、1名通勤刺用では気にならないレベルです。
【走行性能】
片道20分、ほぼ直線の道ですので、全く不自由なく、十分な走行性能です。
【乗り心地】
さすがにロードノイズはうるさいです。が、通勤使用なので問題ありません。通勤列車に乗り心地をどこまで求めるかという議論に似ています。後部座席は、たまに小学生の子供を乗せることがありますが、広々乗れています。が、大人だとやはりきゅうくつかと思います。近所に買い物くらいなら、これで十分です。
家族で片道1時間以上のレジャー使用、となると、ちょっと苦しいです。あくまで近距離、「ちょっとそこまで」というニーズにミートした車だと思います。
【燃費】
冬場ですが15km/Lくらいです。春秋は17km/Lくらいまでいきます。通勤には重要なポイントです。
【価格】
新車見積もりで約100万(ナビ無し)、3年落ち走行1万キロで50万でしたので、迷わず中古をチョイスです。
【総評】
通勤、ちょい乗り利用に最適のクルマです。セカンドカーとしてコスパの良い良車です。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
エコ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

リミックスコウジさん

  • レビュー投稿数:87件
  • 累計支持数:1834人
  • ファン数:3人
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

試乗車 ハイブリッドX

【エクステリア】
先代から比べ角がとれて丸くなった感じ。
女性にもうける柔らかみを感じた。
ブルーにルーフが白のツートンだったが、小さいながらも白い屋根がいい意味でアクセントとなっていた。

【インテリア】
インパネまわりやシート等、決して高級感はないものの使いがって良くデザインされており、値段を考慮するとこれで十分って思ってしまう。

メーターは丸い一眼だが、大きくて非常に見やすい。
室内高が少し高くなっただけで圧迫感は一才なくなった。
後部座席の余裕も前席を男性のシートポジションで、握りこぶし2個半とへたなコンパクトカーよりかは広い。

【エンジン性能】
エンジンをかけた瞬間静かと思った。
普通に走る分にはエンジン音は気にならない。
もちろん踏み込むと聞こえてくるが、ガーっというノイジーな音ではなかった。

【走行性能】
コーナーを攻めたわけでもワインディングを飛ばしたわけでもないが、街中をスイスイと心地よく走る感じ。
都内の狭い道も試乗コースにはいってたが、小回りもきいて運転しやすかった。

【乗り心地】
乗り心地は良くマイルド。
ロードノイズも気にならなかった。
タイヤはダンロップの純正用エナセーブだった。

【燃費】
信号の多い街中、3kmぐらいの試乗で20.3だった。
ちなみにカタログの市街地燃費は24.0。

【オーディオ】
通常はオーディオレスだが、Xグレードはプラス11万ぐらいで全方位モニターのディスプレイオーディオが付けれる。
もちろん通常のナビも7インチと8インチがオプションで選べれる。

【不満に感じた点】
後席シートがスライドしない。

【総評】
スズキでは1番廉価版だと思うが、値段を考慮すると十分すぎると思う。
ただ女性ウケが良くなることでラパンと客層がバッティングしそうではあるが、
逆にラパンのフルモデルチェンジが楽しみになった。

レビュー対象車
試乗

参考になった42

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あくとうさん

  • レビュー投稿数:90件
  • 累計支持数:6674人
  • ファン数:27人
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費無評価
価格5

安物? 造りがボロい?

そんな先入観だけで語られる、ワークスなどは別として「自称クルマ好き」な方々には見向きもされないクルマ。
だが前世代のターボRSに乗っていた身としてはなにやらただならぬものを感じて、展示車入庫当日に飛び込み、実質的エントリーグレードのLを前に唸りました。

見た目先代の上位グレード並じゃねえか…

先代の上のグレードも高級とはいいがたいが、下位グレードは更に安っぽくして上のグレードに誘導させる意図が見え見え。(爆)
今回は全グレード基本的には同じ仕上げ。デニムブルーを多用して工夫で安物感を感じさせないようにしてあり、昔ポルテの衝撃的なプラ感満載激安感倍増内装の前に トヨタですらこれでOK出してしまうのか!とトラウマレベルのショック(これとゼロクラのそれまでのゴージャス感を霧散させた内装も凄かったが…)を受けた身としては、アルトも立派になって…と感慨。

前のモデルでたびたび不満の種だった収納もインパネにドリンクホルダーが移動してフロアコンソールトレーが設置できてティッシュボックスやバックも置けるようになりましたし、たびたび乗るときにぶつけていた頭も窓が立ってぶつけることも少なく成りましたし、隔世の感です。(大げさ)

結局 試乗車が来るのを指折り待っていたのですが、やっとのことでHYBRID S 試乗できました。

ナンバー、保険が付いて最初の試乗者がわいとは何ともかわいそうな…
慣らしもろくにできていないだろうし、下ろしたてってあまりいいことにはならないんだよなあ…
で、お店から路上に出た一言目。

なにこれ。

先入観なく乗ってみたらなんということだ
路面のコンディションの微妙な国道も快適に走る。
すばらしい。

程よくやわらかい足回りよし。
エコタイヤ装着車にありがちな やかましいロードノイズがよく抑えられていてよし。
ボンネットがぎりぎり見えるので車幅感覚がわかりやすくてよし。
低い車高でふらつきも抑えられていてよし。
60q/Hくらいまでならエンジン音もそこまで唸らない。

思わず「パーフェクトだ、ウォルター」とかつぶやいたが、
セールスさんから「感謝の極み」とか返されなくてよかった。

ダメ車ならそのままくるりと旋回して即刻返却なんだが、このクルマのポテンシャルをみるため、トラックで道を削られた不整地路、緩い坂、ちょっときつめの下り坂+コーナーを一気に抜けるルートを行きたいとセールスさんに要請、OKでたのでそのまま突撃。

不整地路
まだサスもあたりが付いていないはずだがよく動き、突き上げ感も少ない。
ロードノイズも少なく、快適。
お前は本当にアルトなのか?
つか、現行のソリオより静かな気がするんですけどおぬし…

緩めの坂
さすがにエンジン音は大きくなるがNAのハスラーでも同様の音なのでさほど差はない。軽い分だけ有利か。

少しきつめの下り坂+コーナー
スタビライザーが装着されてないので無理は禁物。
だが、先代のエントリーグレードのようなバタついたりリアの跳ねる感じもなく素直で安心感がある。

帰りの少しきつめ上り坂
エンジンうるせえ。
やっぱ非力感はある。
たぶん、高速道路なども同様と思われる。
当たり前といえば当たり前。何事にも得手不得手がある。

さて、完走しての感想ですが

街乗り用のパーソナルカーとしてたいへん上出来。

です。

正直 パッソやマーチなどの基本設計の古くやみくもにコストダウンだけに躍起なやっつけコンパクトカーを買うくらいなら、アルトに一度乗ってみなさいと言いたいです。
先代のモデルは良くも悪くも結構なアヴァンギャルドなモデルで人を選ぶという側面はありましたが、今回のモデルチェンジでその角を削って削って削り落とし、それでも削っちゃいけないところはしっかり残しています。
全車ともCVT、内装、デュアルカメラブレーキサポート、6エアバック、NAのみという共通の仕様にしたのも作り分けによる差別化のメリットよりも共通化して価格を抑えるメリットのための決断でしょう。
5MTや商用仕様、ターボ搭載を削ったのはそのあおりだったと思いますが、ここいらにも強い意志が見え隠れします。
LED、プッシュボタンスタート、アルミホイール、オートエアコンを装備したHYBRID Xにディスプレイオーディオ(全方位モニター付)まで行ってしまうと総額150万円くらいになりほかのモデルにも目移りしてしまうことになるのが悩ましいところですが、ここらへんは痛しかゆしということでしょうね。
アルトを選ぶならとことんコスパを狙うのが吉だとは思いますが、ちょっぴり贅沢な機能がHYBRID Xに集約されてるのが、ここまで頑張ってるんだからちょっとは儲けさせてよ!といわんばかりのスズキの心の叫びが垣間見えて微笑ましいですね。(爆)

一応断っておきますが、前述のように高速走行やら坂道多いとか他人数で乗るとか、メッキマシマシのハリボテ高級感が欲しいとかなら全く不向きです。
スペーシアとかN-BOXを見に行ってください。

個人的には1990−2000年あたりのフランス車的なにおいを感じてたいへんよろしいです。
このころのフランス車はチープで非力。でもサスはしなやかでおっとりとした味付けで飽きの来ない使い心地の良さは絶品だった。
あのころのフラ車と比べたらアルトなんて格安!静か!壊れない!(おのれ憎きAL4!)で安心して乗れますね。

さて、世の中には訳の分からん名前を冠した店の高級?パンがあったり、これいくらで作ってんのやねん!と言いたくなるようなディスカウントスーパーのパンがあったり、車と同じでいろんなパンがありますよね。
私は毎日食べるのなら これみよがしにSNSで袋を見せびらかしてあふれ出る承認欲求を見せつけるようなパンも、味もなくただ腹が膨れるだけのパンも要らんから、小麦の味のする毎日食べても飽きの来ないパンがいいです。

このアルトもそんな飽きの来ないパンのような味がしました。

レビュー対象車
試乗

参考になった124

このレビューは参考になりましたか?参考になった

donkymouseさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:105人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格4

【エクステリア】先代のちょっとやりすぎ感から無難な外観に。ルーフ高が増えたのはガラスエリアの拡大となり、なおかつウィンドウ角度を立てたことで開放感が増した。ラジオアンテナがついにルーフアンテナとなり、格納忘れで折る心配が少なくなった。あと、ボディ剛性向上の効果なのか?ドアの閉まる音が上質に。しかもガラス全開状態でドアを閉めても、先代のような安っぽい音はしない。

【インテリア】ルーフ高の増加により、室内からの視界はおおむね良くなっているが、ボンネット形状のせいか、鼻先がちょっと自己主張しすぎかも。リヤは、ウインドウの傾斜が緩くなったため、直射日光が後頭部に当たりにくくなった。インパネ回りの印象は全体的に先代と似たようなものだが、質感は多少上がっており、前席カップホルダーはエアコン吹き出し口に移動し、取りやすくなった。試乗グレードがマニュアルエアコンだったが、吹き出し口選択ノブの操作力が先代より軽くなっている。メーターは全グレード統一の自発光式になり、インフォメーションディスプレイには外気温計も付く。ライトスイッチは基本オート固定で、手動操作で点灯・消灯・ポジションの切り替えを行うようになった。

【エンジン性能】先代より最高出力は減少した(R06A)うえに車重が増加しているが、中低速メインのセッティングなのか一般道を流れに乗って走る分には十分で、先代との差は感じないのは後述のCVTの変更も影響しているのかも。ボンネットの形状変更による剛性向上の恩恵か?エンジンルームからのノイズもマイルドに。ただし、エンジンルームは先代にも増してスカスカで、左右フェンダーのサイドマーカーが中から見えたのには爆笑。

【走行性能】先代の副変速機付きから一新され、ハイ・ロー切替のギクシャク感はなくなった。停止時からブレーキリリース後のニュートラル制御からの復帰も早くなり、スムーズに加速に入る。ハンドリングは、中立時がやや甘いが基本的には素直な印象。

【乗り心地】先代から劇的変化。突き上げ感とバタつきは激減し、特にリアは顕著なので後席乗員からの苦情はなくなると思う。タイヤが14インチとなり扁平も下がったが、指定空気圧が下げられた影響かも。静粛性もかなり向上しているので、用途が街乗りと多少郊外とかで少人数乗車なら、コンパクトカーよりいいかもしれない。商業施設とかでは軽専用駐車スペースもあるし。

【燃費】試乗ですので、無評価。

【価格】安全装備(衝突安全、サイド・カーテンエアバッグ等)が付いた値段なら格安でしょう。

【総評】正直、マイルドハイブリッドは要らないが、燃費のいいモデルを揃えることで企業別平均燃費基準方式(CAFE方式)で不利になるジムニーが消えずに済むことになるからかなと。Lグレードのアップグレードパッケージ付きにディスプレイオーディオが無難な選択で、最量販グレードでしょう。願わくば、LグレードのドアミラーはディーラーOPの同色カバーの設定、アップグレードパッケージではボディ同色化を希望。あと、リアワイパーはリアドラレコで使うからダイハツみたいにOP設定して欲しい。現在HA36乗りですが、次の車検前にはコレに乗り換えを検討します。

レビュー対象車
試乗

参考になった29人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

コーヒー牛乳パンさん

  • レビュー投稿数:205件
  • 累計支持数:404人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費無評価
価格無評価

再び違うFFの3ATに乗りました

前提として4駆は評価がかなり変わりますのでFFでの話だとお考え下さい

9万キロの代車ですがやはりFFの24アルトは良い車と思います

現行のアルトが見たのはこの年代のアルトなのでは無いかと思わせるシンプルだけどちゃんと造り込んだ内装ですね

シートの座り心地も良く9万キロでこの状態なら文句ない出来と見ました



友人から代車でも良いので一度乗ってほしい1台ですので書き込みました

車の運転の巧いドライバーで運転手でもある友人のお薦め車両

今の愛車36アルトのステアフィールやエンジンフィールを気に入っているのですが

友人がぜひこれに乗れと言っていたHA24アルト

先日11万キロの24アルトに試乗するチャンスがあり60キロ程ドライブさせてもらいました

FFモデル3ATのスタンダードモデルです

乗って友人が言っていた言葉の意味がわかりました

必要にして十分アルトの奥深さを味わいました

【エクステリア】

外観は良く言えば個性的でユニーク、悪く言えば何でこんなデザインにしたんだと困惑しそうなスタイルですが

それはフロントフェイスのデザインがそうなのですが横や後ろから見ると悪くありません

当時の日産のWILLシリーズのようなデザインが人気だったのを横目で見てだったのか!?

【インテリア】

至ってシンプルですが悪くない 

プラスティックを多用していますが色使いも良く落ち着いたデザインになってます

シートの材質が良い感じのファブリック生地で好感触でした

ドリンクホルダーも折り畳み構造だったりと感心させられました

【エンジン性能】

NAとしてはそこそこパワフルなエンジンです

回すと中速域での元気なエンジンは街中や上り坂でも大人2人で不満はありませんでした

【走行性能】

ハンドリングも二ュートラルで素直で使いやすい

誰にでも乗りやすくと言うコンセプトが伝わるアルトです

3ATだとバカにしていましたがこれは有りです!

思った以上にスムースなシフトタイミングで50キロから80キロ辺りまでのフィールは良いと言ってました

実際そこまでは出す場所では無かったのですが上り坂を60キロを楽にキープ出来る辺りはその実力の一端を垣間見ました

ずっと使われている3ATだからこそここまでのセッティングになったのではと友人が解説してくれましたが納得です

高速は乗らないのでわかりませんが吹け方を見ると厳しいですね

【乗り心地】

街乗りでは必要十分で良い乗り心地で驚きました

むしろシートとショックの相性が良く現行のモデルよりも素直で走り易いと思いました

【燃費】

給油してないのでわかりませんが燃費走りで14〜15、回して走ると12程度と聞きました

【総評】

これに乗るチャンスがあったら買っていたかも!?と思わせる車です

走りは古いホンダ車の盛り上がりにも似た中速のツキの良さがあります

そこがとても気分良く楽しいですね

高速走らないならこれで十分と本気で思った乗り味

今の車に出会わなかったらこれ買ってたかもと友人と話をしてました

デザインや雰囲気で敬遠されがちですがスズキが目指したサニーのような車両と友人が言ってました

現在では数万円である車両

走行距離が少なくきれいな車両があれば悪くないですよ

もちろん予算が無く見栄を張らないでいれるならですが

近場を走るセカンドカーこの車で必要十分かと

レビュー対象車
試乗

参考になった13人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

コーヒー牛乳パンさん

  • レビュー投稿数:205件
  • 累計支持数:404人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能無評価
走行性能無評価
乗り心地無評価
燃費無評価
価格4

早速展示があるとと聞いたので見に行きました

試乗の話もして来ましたので先に色々話を聞いて座って来ました

まずは天井が高くなったのとピラーが立ったのはグッド

視認性も高く大柄な方でも良さそうです

グレードLでしたがシートも思いの外良かったです

座った感じはターボRS並みに感じました

青を使ったダッシュボードやメーター回りのブルーの配色は帰って来てカタログを見るまで気が付かなかった位でした

違和感を感じないので心配は無いと思います

今まで問題だった小物を置く場所や使いやすくなったドリンクホルダーも良い感じです

全体を見るとプラスティックな出来ですが100万円程度としては36より質感が上がったと思います

感覚とすれば古いアルトの安っぽくない質感に戻った感じでしょうか!?

外観は否定派でしたが実物を見ると案外良いです

ヘッドライトレンズはポッコリと飛び出している感じです

ハロゲンのライトは見た目が普通、LEDは少し違う様子ですが個人的にはこれが好きかも?

優等生的に見えたフロントマスクですが案外ヤンチャな雰囲気です

リア周りはラパンとも違うデザインでどこか古い車両に似ていますがこれも及第点です

フロントを良く見ると何かに似ている

良く見るとスズキのマークの上がスリットに飛び出すのを見てシトロエンに見えますね(笑)

サイドのデザインも何となく似てますがこじつけるとそう感じる仕上がり

この辺りは上手いのか?とも思います

安全装置の充実と値段以上の仕上がりもある36以上にコストパフォーマンスの高い1台です

写真をとお願いしましたが販売前なのでと丁寧にお断りされ残念ですがカタログ貰って帰って来ました

走りは更に良くなって燃費も良いらしいです

CVTしか無いのが残念ですが今までの流れで要望が増えればマニュアルはいずれ出さないといけなくなるのではと言ってました

それも希望的観測ですがと注が付きましたが出れば嬉しいですね

一番の気に入ったのは車体色のブルー、これ思った以上におしゃれな色でした

安っぽくなく質感も高い

永遠のスタンダードとして生まれるアルトは今の時代に合う優秀な1台だと感じました







レビュー対象車
試乗

参考になった35

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格を見る

アルト
スズキ

アルト

新車価格:94〜137万円

中古車価格:1〜210万円

アルトをお気に入り製品に追加する <252

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

アルトの中古車 (全5モデル/5,569物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意