iBasso Audio DC04PRO [ブルー] レビュー・評価

2023年 4月 7日 発売

iBasso Audio DC04PRO [ブルー]

  • DACチップ「CS43131」をデュアル構成で搭載し、3.5mm/4.4mmコネクタ対応のUSB-DACアンプ。
  • Ricore製アンプチップ「RT6863」をデュアル構成で採用し、4ウェイフルバランスアンプ回路を構築することでひずみを抑制。
  • 専用アプリケーション「iBasso UAC」をインストールすることでカスマイズが可能。ケーブル交換に対応したType-Cコネクタを採用している。
iBasso Audio DC04PRO [ブルー] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥15,840

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥15,840

eイヤホン

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥15,840¥17,600 (11店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥15,840 〜 ¥15,840 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(ミニプラグ):1系統 ハイレゾ:○ iBasso Audio DC04PRO [ブルー]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • iBasso Audio DC04PRO [ブルー]の価格比較
  • iBasso Audio DC04PRO [ブルー]の店頭購入
  • iBasso Audio DC04PRO [ブルー]のスペック・仕様
  • iBasso Audio DC04PRO [ブルー]のレビュー
  • iBasso Audio DC04PRO [ブルー]のクチコミ
  • iBasso Audio DC04PRO [ブルー]の画像・動画
  • iBasso Audio DC04PRO [ブルー]のピックアップリスト
  • iBasso Audio DC04PRO [ブルー]のオークション

iBasso Audio DC04PRO [ブルー]iBasso Audio

最安価格(税込):¥15,840 (前週比:±0 ) 発売日:2023年 4月 7日

  • iBasso Audio DC04PRO [ブルー]の価格比較
  • iBasso Audio DC04PRO [ブルー]の店頭購入
  • iBasso Audio DC04PRO [ブルー]のスペック・仕様
  • iBasso Audio DC04PRO [ブルー]のレビュー
  • iBasso Audio DC04PRO [ブルー]のクチコミ
  • iBasso Audio DC04PRO [ブルー]の画像・動画
  • iBasso Audio DC04PRO [ブルー]のピックアップリスト
  • iBasso Audio DC04PRO [ブルー]のオークション

満足度:
(カテゴリ平均:4.42
レビュー投稿数:2人 (プロ:2人)
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 無評価 4.32 -位
音質 音質の良さ 無評価 4.46 -位
操作性 操作のしやすさ 無評価 4.19 -位
機能性 搭載機能が充実しているか 無評価 4.14 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

iBasso Audio DC04PRO [ブルー]のレビューを書く

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェッショナルレビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

野村ケンジさん

  • レビュー投稿数:177件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールヘッドホンからホームシアター、音楽、クルマ関連などの記事を手がけるライター。専門誌やWEBサイトに寄稿するほか、TBSテレビ開運音楽堂やレインボータウンFMなどにもレギュラー出演させていただいてます。音元出版VGP、CDジャーナル・ヘッド…続きを読む

満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ヘッドホン端子は4.4mmバランスと3.5mmアンバランスの2つ

本体には音量調整ボタンが用意されている

USB C-typeとUSB A変換アダプタが付属する。Lightningケーブルは付属していない

似たデザインのDC03PROとは大きさが結構異なる

4.4mmバランスの有無だけでなく大きさや音も比較し自分にベストな方を選んで欲しい

スマートでいて部分部分が凝ったデザインに纏め上げられている

メーカーからサンプル機をお借りする機会がありましたので、試聴させていただきました。プレーヤーはiPhone SE第2世代(別売のLightningケーブルを利用)やAndroidスマートフォン(Xiaomi Mi 11 Lite 5G)などのスマートフォンを活用しました。イヤホンは水月雨「KATO」や「Aria Snow Edition」、ビクター「HA-FW10000」、final「A8000」などでチェック。ヘッドホンはオーディオテクニカ「ATH-ADX5000」を使って試聴しています。

【デザイン】
凝ったデザインでありながら、他社の上級モデルに比べると軽量小型で、扱い易い印象です。過去のiBasso製スティック型DACとはデザインが随分と異なっていて、複雑な造形のためか、ちょっとした高級感があります。また、「DC03PRO」と基本デザインは同じですが、大きさが随分と異なっているうえ、ボタンの大きさやカタチが異なっています。

【音質】
パワフルな低域と伸びやかな高域が合わさった、潤沢な駆動力を活かしたノリの良いサウンドです。低域のボリューム感もしっかり確保されているため、落ち着きのあるヴォーカルも楽しめました。定位感もよく、音場的な広がりを
ヘッドホンも不足なくしっかりと駆動してくれますが、基本的にはイヤホン向けといっていいでしょう。それぞれの個性をしっかり引き出してくれるのも嬉しいポイントです。「A8000」は質感の高さとともにスタジオモニターにも通ずる正確な描写を、「HA-FW10000」や「KATO」は奔放で活き活きとしたサウンドを楽しませてくれました。特に相性のよかったのが「Aria Snow Edition」で、正確な表現でありながらも聴きやすい、良質なサウンドを楽しませてくれました。「DC03PRO」に対して5000円以上アップしていますが、それでもまだコストパフォーマンスの高いサウンドと言い切れます。

【操作性】
操作系は音量調整のみ。「DC03PRO」に対してボタンが大きくなっている為、まったく不満なく扱い易かったです。スティック型DACアンプでは、ハードキーがなくてもよいとは思っているのですが、やはり、音量ボタンがあると便利だと思いました。

【機能性】
必要最低限の機能性にプラスして音量調整機能があります。どちらかといえばシンプルな内容ですが、使い勝手に不足感はありません。なお、ケーブルが着脱式となっているため、別売(もしくは市販)のLightningケーブルを使うことでiPhoneでも楽しめます。ただ、試聴時に利用できなかったLightningケーブルもありましたので、購入の際にはご注意ください。
もうひとつ、iBasso DCシリーズ専用アプリケーション「iBasso UAC」がいつのまにか進化していました。いままでは音量調整だけだったのですが、「デジタルフィルター」や「Gain設定」「出力モード」「LRバランス」「ECOモード」などが設定できるようになっていました。全部は使わないですが、なかなか便利になった印象です。

【総評】
音質重視のスティック型DACアンプを世に広めたブランド、iBasso Audioの最新モデルは音質、サイズ、価格と、全ての面で大満足の製品に仕上がっていました。また、「DC03PRO」以降の新デザインも上品で上質、好感が持てます。
さて、「DC03PRO」と「DC03PRO」どちらを選んぶのがベストか、という話ですが、正直このグレードアップ感は「DC04PRO」をオススメする理由になります。単にパワフルなだけでなく、音の広がりや描写の正確性など、クオリティ面でも向上していますので。これを機に、4.4mmバランス接続のイヤホン、またはケーブルを導入してみるのはいかがでしょうか。
いっぽうで、「DC03PRO」もハイコスパかつ超小型で扱い易いとてもよい製品ですので、いま気に入っている人にあえて買い換えはオススメしたくない気持ちもあります。あくまでも、環境のグレードアップを求める人に。この製品で、愛用のイヤホンが活気に満ちたサウンドに生まれ変わるのを楽しんで貰えたらと思います。

比較製品
iBasso Audio > iBasso Audio DC03PRO [グレー]

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

LEDの点灯イメージ(緑)

アルミ削り出しボディは中空部分も!

φ4.4mmジャックは高品位で人気のPentaconn(日本ディックス)

メーカーサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
FiiO M17と組み合わせて試聴しました。イヤホンはDUNU EST112でバランス接続です。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
ケースはアルミを削り出したモノで、音量ボタン回りの中空構造が特徴です。
前面と背面は樹脂素材のプレートで覆われていますが、光学的に奥行を感じ、表面の平滑性も高く、全体として質感は良好。価格相応の見映えと言えます。

【音質】
ノイズが少なく、スッキリとした空間表現は静けさも感じ取れるほど優秀。繊細で高域の伸びやキラキラ感も美しく映えます。低域は引き締まり、分離が良く音色も輪郭を感じるように明瞭。リズムを楽しみたい方に好適だと思います。

【操作性】
本体に音量ボタンを搭載しています。ボタンは大き目でクリック感もしっかりしていて調整し易いです。

【機能性】
φ3.5ステレオミニに加え、φ4.4mmバランス端子も搭載しています。
PCMは最大32Bit/384kHz、DSDは最大DSD256に対応しています。
LEDの点灯色で、スタンバイ(赤)と、DSD(青)またはPCM(緑)も一目瞭然です。
ほか、iBasso DCシリーズ専用アプリ「iBasso UAC」をAndroid端末へインストールすると、「デジタルフィルター」「Gain設定」「出力モード」「LRバランス」「ECOモード」の設定も可能です。

【総評】
1万円前後の製品と比較すると、S/Nが良く明らかにワンクラス上の音質と言え、iBassoらしい低域の存在感も魅力。空間表現が好印象で、繊細さやキレの良さを重視される方にお勧めできます。
奇を衒わない実力派。音質を重視される方に広くお勧めできる好製品です。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あなたのレビューを投稿しませんか?

iBasso Audio DC04PRO [ブルー]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

iBasso Audio DC04PRO [ブルー]
iBasso Audio

iBasso Audio DC04PRO [ブルー]

最安価格(税込):¥15,840発売日:2023年 4月 7日 価格.comの安さの理由は?

iBasso Audio DC04PRO [ブルー]をお気に入り製品に追加する <8

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意