ダイハツ ムーヴ キャンバス 2022年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ダイハツ > ムーヴ キャンバス 2022年モデル

ムーヴ キャンバス 2022年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:ムーヴ キャンバス 2022年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
ストライプス G ターボ 2022年7月13日 フルモデルチェンジ 4人
セオリー G ターボ 2022年7月13日 フルモデルチェンジ 2人
満足度:4.14
(カテゴリ平均:4.28
レビュー投稿数:7人 (試乗:7人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.29 4.33 69位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.14 3.92 40位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.29 4.12 46位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 3.86 4.20 92位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 3.86 4.04 80位
燃費 燃費の満足度 4.00 3.87 55位
価格 総合的な価格の妥当性 3.67 3.86 68位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ムーヴ キャンバス 2022年モデルのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

なーもさんさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3

【エクステリア】
カラーリングが存在感を発揮していますね。
セオリーは、スタイリングをしないと存在感がないのでストライプスにしました
【インテリア】
ストライプスの白い樹脂はも少しなんとかならなかったかな。セオリーの本革ステアリングが良かったので、ストライプスにオプションでつけました
【エンジン性能】
ターボですが、すごくいいです。
【走行性能】
それなりです
【乗り心地】
軽自動車にしては快適です
【燃費】
まだ、これからです。
【価格】
車体から6万円、オプションから3万円の値引きでした。ナビ付きでなんとか200万を切りました。
【総評】
納車が待ち遠しいです

レビュー対象車
試乗

参考になった4人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Jhonny_sanさん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:211人
  • ファン数:4人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格無評価

モデルチェンジですが一見するとビッグマイナーチェンジに思えてしまうが「CANBUS」というロゴが一文字づつ配置されているのが存在感があると共に新型の証である。

隣にタントがあると小さく普段乗りに適した車であることが実感できる。

先代モデルより軽量化されたと言え、現行ムーブに比べれば大人1人分の重量差があるので現行ムーブ比では非力である。

しかし、ターボ追加によりお買物+α程度では十分だが、あくまでもセカンドカーとしての位置付けには変わらない。

先代の不満点が解消されたとの評判だが、一番気になっていたルーフ前方の張り出しが前方に長く信号待ちで最前列で待つ際には信号機が確認出来ず、前のめりになる必要がある。
また、ルームミラーの取付位置も運転席に近く複数台の車を乗って居ると違和感を感じる。
ここは次期モデルに持ち越しか?

レビュー対象車
試乗

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

i-brownさん

  • レビュー投稿数:307件
  • 累計支持数:822人
  • ファン数:18人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地4
燃費無評価
価格3

【エクステリア】VWバスを連想させるストライプです。先代に引き続きかわいい。ピンクにリラックススタイルを組み合わせると、白いガーニッシュ・フォグランプカバー・ドアハンドルがロリータファッションを連想させます。

【インテリア】リビングルームのような居心地で、広々感があることはもちろん、インパネの物置も充実しています。

【エンジン性能】車両重量900kgですが、少し動き出すとターボが効いて上り坂でもリラックスして運転できます。

【走行性能・乗り心地】市街地での試乗では満足いくものでした。

【燃費】試乗のため、無評価です。

【価格】10インチナビやその他もろもろ選ぶと250万円を超えます。電子制御デバイス山盛りなので致し方のないところですね。好き放題に仕様を選ぶなら300万円コースかもしれません。

【総評】ミラ トコットとか、この車とか、ダイハツの商品企画のうまさに脱帽です。
2022年8月現在での納期は2023年1月とのことです。

レビュー対象車
試乗

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

かぼちゃスイーツさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:50人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

下記試乗車の感想
【エクステリア】
キープコンセプトでかわいい◎
鉄チンホイール×
【インテリア】
リアシートリクライニング量が大きい◎
ウレタンハンドル ×
【エンジン性能】
ターボ◎
【走行性能】
ターボ 回転数低く静か◎
電動パーキングブレーキ◎
【乗り心地】
街中問題無し
【燃費】
カタログ上 NAとの差が少ない
【価格】
乗り出し200万以内◎

グレード Gターボ 2WD
メーカーオプション なし
車両値引 70000
ディーラーオプション 290000
オプション値引 200000

【総評】
NBOXを検討していましたが
軽自動車で200万を超えるのに抵抗があり
モデルチェンジも近そうなので却下。
ターボ・スライドドアが絶対条件でしたので
キャンバスに決定しました。

レビュー対象車
試乗

参考になった50人(再レビュー後:45人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

川崎のケーズさん

  • レビュー投稿数:118件
  • 累計支持数:4182人
  • ファン数:4人
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4

試乗できたので再レビューします。

グレード:ストライプス Gターボ(2WD)

【エクステリア】
パッと見はモデルチェンジしたのがわからないくらいキープコンセプトだが、よく見るといろいろと変わっている。

フロントマスクはグリルの切れ込みが大きくなっており、真ん中にあったエンブレムの変わりにCANBASというロゴになっている。
リアもナンバープレートの位置がリヤハッチからバンパーに変更され、そのあとにはCANBASのロゴが配置されている。

前モデルの方がいいって思う人も多いかもしれないが、見慣れてくると新型がよく見えてきたりするものだ。

かわいすぎるということで敬遠してた男性向けへのグレードも設定されており、ターボの新設と合まって男性層も取り込みそうだ。

【インテリア】
センターメーターだったのが通常の位置になり、時計を意識したスピードメーターとタコメーターのデザインは可愛く女性うけしそう。
セオリーになるとメーター周りの色使いが渋くなり男性客を取り込もうと意識したのがよくわかる。

ホッとカップホルダーという保温機能があり、今までエアコンの冷気を利用して冷やすことしかやってこなかったが、考えたら冬場は温かいまま飲みたいもの。ちゃんとユーザーのニーズに対応したのだと思う。

ワイヤレス充電も標準で装備されており、スマホへのわずらわしいコードの接続からも開放される。

【装備】
ターボに自動運転、自動ブレーキ、電動パーキングブレーキ、電動スライドドアドア。
前もって予約しておけば車に戻ってきただけでスライドドアが自動で開く予約ロックなんて機能もあった。

【走行性能】
ターボだけあリよく走る。
ターボを積んだわりに前モデルと車重もほとんど変わっておらず、少しアクセルを踏んだだけでグイグイ加速していった。

【静かさ】
踏み込めばエンジン音は聞こえてくるが、よく走るので踏み込む必要がないのでエンジンがうなることはない。

【広さ】
フロントウインドまでが遠く天井も高いので圧迫感はない。
後部座席の膝前余裕も身長172cmのシートポジションで握りこぶし5個分と広大だ。

シートアレンジも豊富なのでリアのラゲッジスペースも広く使えることができる。
リアシートにあるお気楽ボックスもさらに使いやすく進化していた。

【乗り心地】
乗り心地はいい。
少し跳ねるがマイルドな乗り心地で女性うけしそうだ。
フワフワしてる感じはなかった。
ちなみにタイヤはブリヂストンの純正用エコピアでした。

【燃費】
信号の多い市街地、約4kmの試乗で9.3だった。
カタログの市街地燃費が19.9なのでいいとは言えない。

【ナビゲーション】
オプションの10インチナビが付いていだが、大きく発色もいいので見やすい。
音も良く、地デジもすこぶるキレイだった(走行中は不可)
ただ市販のハイレゾナビだと半額ぐらいで買えるので、浮いた分でドラレコやETCを付けるという手もあるだろう。

【不満に感じた点】
LEDヘッドライトもハイローにしなくても対向車のあたりだけをロービームにするアダプティブヘッドライトってのが付いているが、
強制的にオフやロービームにはできないので、対向車はともかく対向してくる人はまぶしいと思う。

【価格】
ストライプス、セオリーとも1番上のグレードで179万。
諸経費やちょっとしたオプションを付けるとあっさり200万を超えるだろう。

【総評】
都内では軽自動車は少ないが、地方に行くとNボックス、タント、ムーヴキャンバスなんかをほんとよく見かける。
通常のムーヴより多いぐらいだ。
なので見た目大きく変えずに装備の充実をはかったのだろう。

ただ他社は軽自動車にマイルドハイブリッドやEVなんかを投入してきてるので、ダイハツもそろそろハイブリッドのグレードを設定してもいいのではって思った。

レビュー対象車
試乗

参考になった39人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

安くて結構!さん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:924人
  • ファン数:2人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地4
燃費無評価
価格4

少しのメッキ加飾とパールの煌めきでカタログより映えるパールホワイト

後部座席は一見して広いのですが、、、、、

ブレーキペダルはもっと右に設置してほしいです。

   

ブレーキホールドはスタンバイを示す色と作動中を示す色が別々に点灯します。

   

後期高齢者にお勧めできるクルマかどうか確かめるため試乗してきました。
セオリーGターボとストライプスG(NA)の乗り比べです。

【エクステリア】★★★★

 今度の新型キャンバスはフロントグリルのデザイン処理がイマイチ。アッパーグリルがロアーグリルよりも小さくて顔面が間延びしているように見えます。 そのうち見慣れるのでしょうが、先代の方が可愛く見えてしまうので、単色と複色を合わせて15色もあるのにこれが絶対欲しい!という色が1つもありません。

 なお、カタログにあるセオリーXでは安っぽく見えたホワイトパールも、セオリーGターボの実車ではだいぶマシに見えました。わずかなメッキ加飾とパールの煌めきで印象があがりましたね。というわけで色を決めかねたら、最も夜間に目立ち、査定価格も高いホワイトパールにするのもアリかと。

【インテリア、装備】★★★★

 カタログではセオリーの紺色内装がいいと思いましたが、実車を見たらストライプスの白色内装も悪くなかったです。安っぽくないし、見栄も張っていない。

 前席はソファのような座り心地です。

 後席も座面はソファのように柔らかいのですが、着座していて落ち着かないのは、背面が平ぺったいのと、座面と床面の高さが不足しているからだと思います。これは何もムーブキャンバスに限ったことではありませんが、センタートンネルを無くして床面をフラットにするために、床面がかつてのセダン系に比べて随分と高くなってしまったからだと思います。ムーブやキャストまでそんな作りになっています。見た目の空間の広さと長時間着座しての居心地の良さとは全く比例しないということを元ソニカオーナーとして言わせて頂きます。

 この後席の作りでは短時間用ないしは子供用と割り切った方がいいですね。”出来るミニバス”を謳うムーブキャンバスですが、ファミリーカーとして快適な後席を求めている人は注意して欲しいと思います。いつも後席に大人を乗せるならN-BOXも検討して下さい。

 オートブレーキホールドは便利ですね。ブレーキペダルから足を離せるので、坂道発進時の後退防止だけでなく、渋滞時の追突防止にも役立ちますね。

 電動パーキングブレーキもいいですね。足踏み式パーキングブレーキだと高齢者はしっかりと踏めない危険が出てきますので。また、ブレーキワイヤーの伸び・緩みによる無人移動の可能性も減ります。

 電熱に関してはホッとカップホルダーや前席シートヒーターだけでなく、2WD車にもヒーテッドドアミラーを標準装備ないしはメーカーオプションにして頂けたら最高だと思います。

 スマートパノラマパーキングアシストも体験させて頂きました。サイドカメラで駐車枠を認識するため、駐車枠に対してほぼ真横(直角)に一時停車しないと駐車支援機能は作動しませんでした。ハンドル操作を任せられるので、車庫入れが苦手な人にとってはとても便利な機能だと思いますが、現状では駐車完了までにけっこう時間がかかるのと、駐車環境を選ぶので、全カメラで駐車枠を認識できるように進歩して欲しいと思いました。
 

【乗り心地】★★★★

 柔らかい足回りはターボ、NAで共通とのことで、ロールは市街地走行でも大きめに出ます。それでも現行タントのような不安感はありません。ここ最近試乗したハイトな軽ワゴンのロール剛性を良い順位に並べるならば、N-BOX、キャンバス、ルークス、タント、スペーシアです。自分で買うなら新型キャンバスまで。ルークスでも少し気になる。タントは不快。スペーシアに至っては(以下自粛)

 私がGターボで高速を常用するとしたらホイールのインチアップとタイヤのグレードアップをしますね。ちなみに試乗車はダンロップ・エナセーブとブリジストン・エコピアを履いていましたが、グレードに関係なくランダムに装着されるそうです。

【エンジン性能】★★★★

 NA、ターボ共にレスポンスが良く、すぐに4,000回転くらいまで上がります。NAでも軽快な出足なので、高速道路は全く使いません、乗ってもせいぜい2人です、という人はNAでも全く不満はないと思います。

 その一方でターボ車は静粛性を維持したままジワジワとトルクが増してくるので、ダウンサイザーやアップダウンの多い環境で暮らしている人にお勧めしたいです。

【走行性能】★★★

 NA、ターボ共にCVTとの相性がいいですね。ダイハツ車はCVT特有の滑り感やラバーバンドフィーリングが少ないです。特にターボで採用のD-CVTはタントで体感した”切り替わり゛のガリッとしたショックが減って一段とダイレクト感のあるCVTに改善したと思います。これならステップATじゃなくてもいいと思えました。

 シフトポジションもDからいきなり減速比の大きいLではなく、D→S→B(L)と落としていけるので峠道でも走りやすいはずです。

 エンジン、変速機に不満はありませんが、車体がどうしてもハイト系なのでハンドルを切ればロールは大きく出てしまいます。ハンドルを切らなければ直進安定性は比較的良好と言えます。



【燃費】 未評価

 Gターボ2WDで900kgもあって不足の無い動力性能を得ているのだから、カタログ燃費にも不満は一切ありません。実際に測定はしていないので未評価と致します。

【価格】★★★★

 スマートパノラマパーキングアシスト、ディスプレイオーディオ、前後ドラレコ、ETC2.0、マットを付けて値引きと下取りを引いて総支払額が200万円になるかどうかといったところです。N-BOXよりかなり安いです。

【総評】★★★★

  ロールは大きめに出るものの、ハンドルを切らなければ良好な直進性を維持し、運転席の視界と座り心地は優秀。キャンバスは良い意味で初代シエンタを小さく高品質にしたようなクルマで、女性だけでなく、高齢者にも優しいクルマに仕上がっていると思います。N-BOXの形と値段に納得できない男性にもよろしいかと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった34

このレビューは参考になりましたか?参考になった

木下あゆ美さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:2人
満足度3
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費無評価
価格3

【エクステリア】
旧型より洗練されたデザインになりイイです!
ただサイドガーニッシュは要らない。
最近のダイハツ車はサイドガーニッシュを付ける傾向が多いけどカッコ悪いしコストアップに繋がるので辞めて欲しい!
あとタフトと同じカラーになり、ストライプスを実際に見るとサンドベージュは色が濃くてオウド色見たいで、レイクブルーはクスンダ変な色にしか見えないです。
単色では良くてもホワイトのツートンには合わない!
旧型のベージュやただのライトブルーなら綺麗に合います。
所謂、パステルカラー調にすれば女子ウケします。
新色のピンクやイエローなどは綺麗なカラーです。
【インテリア】
装備とデザインは良くなったけどカラーがイマイチ(^^;;
旧型はベージュ?アイボリー?で統一され女性ウケする感じが良かったのに新型はステアリングが黒、シフトパネルもメーターカバーも黒、シートもサイドがブルー、天井がグレーです(^^;;
アイボリーに黒が多過ぎてとても女性が考えた配色では無いですね(^^;;
セオリーはブラウンを入れてるが若い男性よりオヤジウケじゃないの!?
黒に統一した方が幅広い男性にウケます。
【エンジン性能】
試乗車はGターボです。
タントカスタムやタフトより若干マイルドになった気がします。
ギクシャク感が少なくなり万人でも少し運転し易すさクリーミーなったと思います。
タフトより重い車体なのに同じエンジンでもカタログ燃費が良くなっているのはその為かと思います。
【走行性能】
ダイハツ特有のしっかりした走りもあり、ステアリングなど全体的にスムーズと言うかマイルド感があり、万人ウケでイイと思います。
【乗り心地】
しっかり感がありますがそれなりに乗り心地は悪くは無いと思います。
【燃費】
カタログ値がタフト、タントより良くなってる(^。^)
【価格】
こんなモンでしょう。
【総評】
装備、走りも程良く、乗り心地も悪く無いので買いです。
ストライプスのGターボを契約しましたが内装カラーを何とかして貰いたい。
セオリーは男性が万人ウケする黒で統一し、
ストライプスはアイボリーかベージュでシート、ステアリング、インパネなどを統一し出来るだけ黒は使わないで欲しい。
新型はエクステリアもインテリアも女性の意見は余り反映されて無い様ですね。
セオリー作って男性ウケを増やそうとしたせいで男性にも女性にも中途半端なカラーリングになりました。
パーツの共通化に寄るコストダウンの影響が見え見えです。
あとストライプスの外装カラーはピンクやイエロー、ミント、レザーブルーは綺麗で選び易いですが他の色はホワイトとは合わない(^^;;
女子ウケはパステル系が鉄板だと思います。
パステル系のベージュやライトブルーなら男性ウケもします。
ダイハツは何故か他メーカーと比べると暗めのトーンになるのは何故でしょう(^^;;

レビュー対象車
試乗

参考になった14人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

ムーヴ キャンバス 2022年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

ムーヴ キャンバス 2022年モデル
ダイハツ

ムーヴ キャンバス 2022年モデル

新車価格:149〜191万円

中古車価格:159〜198万円

ムーヴ キャンバス 2022年モデルをお気に入り製品に追加する <148

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ムーヴキャンバスの中古車 (全2モデル/2,601物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意
ムーヴキャンバスの中古車 (全2モデル/2,601物件)