EOS R7 ボディ レビュー・評価

2022年 6月23日 発売

EOS R7 ボディ

  • RFマウントを採用する「EOS Rシステム」のAPS-Cハイエンドモデルのミラーレスカメラ。有効画素数最大約3250万画素APS-CサイズCMOSセンサーを搭載。
  • メカシャッター/電子先幕による撮影時はAF/AE追従で最高約15コマ/秒、電子シャッターによる撮影時はAF/AE追従で最高約30コマ/秒の高速連写が可能。
  • APS-CサイズCMOSセンサーと映像エンジン「DIGIC X」により高解像性能を実現。7Kオーバーサンプリングによる高画質な4K動画撮影ができる。
EOS R7 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥178,002

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥178,002¥254,588 (38店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥197,780 〜 ¥221,000 (全国704店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:3440万画素(総画素)/3250万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/22.3mm×14.8mm/CMOS 重量:530g EOS R7 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • EOS R7 ボディの価格比較
  • EOS R7 ボディの中古価格比較
  • EOS R7 ボディの買取価格
  • EOS R7 ボディの店頭購入
  • EOS R7 ボディのスペック・仕様
  • EOS R7 ボディの純正オプション
  • EOS R7 ボディのレビュー
  • EOS R7 ボディのクチコミ
  • EOS R7 ボディの画像・動画
  • EOS R7 ボディのピックアップリスト
  • EOS R7 ボディのオークション

EOS R7 ボディCANON

最安価格(税込):¥178,002 (前週比:±0 ) 発売日:2022年 6月23日

  • EOS R7 ボディの価格比較
  • EOS R7 ボディの中古価格比較
  • EOS R7 ボディの買取価格
  • EOS R7 ボディの店頭購入
  • EOS R7 ボディのスペック・仕様
  • EOS R7 ボディの純正オプション
  • EOS R7 ボディのレビュー
  • EOS R7 ボディのクチコミ
  • EOS R7 ボディの画像・動画
  • EOS R7 ボディのピックアップリスト
  • EOS R7 ボディのオークション

満足度:4.47
(カテゴリ平均:4.60
レビュー投稿数:22人 (試用:1人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.41 4.52 24位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.33 4.53 36位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 3.84 4.28 33位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 4.37 4.13 12位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.67 4.25 11位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.54 4.40 17位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.13 4.32 32位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.63 4.41 17位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS R7 ボディのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

cr250さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:88人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
163件
レンズ
3件
62件
一眼レフカメラ(フィルム)
0件
37件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質3
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感4

【デザイン】いいと思います

【画質】高感度の耐性が低い ISO800までで使うのがハッピー?7d2よりはまし

【操作性】ダイヤル、ジョイスティックOKです。

【バッテリー】外部電源が使えるので吉、いくつもバッテリー持ち歩くより残量気にしなくてもいいのでいいです。
バッテリーのもちはわかりません

【携帯性】軽くて小さいのでOK

【機能性】AFもいいですが〜バッファ解放前に再生ボタン押してしまうとフリーズします。記録中の画像も壊れるようです。気お付けて使用しています。
R5と比べると動作は遅いと感じます。液晶は閉じていないとファインダーへの切り替えが遅いのでチャンスを逃します。
おすすめの使い方は〜瞳AF〜エリアなど限定なしでカメラ任せにAFすることがおすすめです。小さな鳥でも瞳を追い続けます。(頭や体になることもありますが)R5も同様です。
1d4や1dx2では中央にて頑張っておりましたが特に考えることなく鳥をファインダーへ入れればOKなのでとっても楽です。ただし、液晶ファインダーは被写界深度が浅いので導入が難しく感じます。
暗い環境ではR5、十分な明るさがあり大きく撮りたいときにデジタルテレコンとしての使用が吉です。※R3と思いますがもっていないので〜
R7で風景や星景を無理して撮るつもりはありません。こちらの用途はRやR5がいいです。
こう考えるとR5は万能機とも思えます。

【総評】 7d2の後継機ではなくてよかった〜※7d2とは比べ物にならないくらい良いです。
コスパ最強のカメラだと思います。
動体撮影用、望遠用(1.6x)、明るいレンズ用、明るい被写体用と思います。
これ以外の用途には無理して使う必要性を私は感じません。
レンズのF値が暗いものでは動作も?傾向も感じられます。
とにかく良いカメラです。適材適所です。期待しすぎないようにしましょう。7d2の悲劇もありますし〜

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ゴンザレス3号さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
25件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー無評価
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感4

発売日に入手!!

愛犬とお散歩時に使用する目的で購入しました。
R7を選んだ理由は、小型でそこそこの性能を備えるカメラだったからです。

R3も使用しておりますがお散歩時に使用するにはオーバースペックです。(笑)

R7のAF性能は、とても優秀で精度も高くトラッキングはとても便利です。
R3と比較してもそれほど違いは感じられませんでした。
当然センサ−の性能が違いますので同等では無いと思います。

試しにドッグラン走るワンコを撮影しましたがそこそこの歩留まりでした。
当然歩留まり率はR3が圧倒的です。

画素数が多い為かブレには注意が必要!!
いい加減に撮影するとブレ写真を量産しますので(笑)

画質については可もなく不可もなく!!安定のキヤノンらしい写り

高感度耐性は、ISO6400程度が限界かと感じます。
あまり期待しておりませんでした3000万画素APS-Cとしては
そこそこのノイズ耐性です。

調子にのって連射すると短時間で玉切れが発生します。(笑)
SDのダブルスロットではなくSDとCFEXを採用した方が良かったのでは???
玉切れ対策としては記録サイズを変更すれば解決出来ると思います。

シャッター音は、ガシャコーーーン!!連射だとドドドドドドドド!!
連射すると撮影現場が工事現場と化しますので要注意!!(笑)
購入当初とまどいましたが慣れました。

R7のメカシャッターで野鳥撮影すると鳥が逃げます。(笑) 
R3の電子シャッターが無難!!! 
周囲のカメラマンの迷惑になりますのでご注意ください。

新しく追加された水平を補正する機能は、風景撮影時には大変便利ですね!

R7は、レンズを向けてシャッタ−ボタンを押せばほぼ確実に写るカメラです!
この価格帯のカメラに高いAF性能を搭載出来るキヤノンの技術力には関心します。
初心者、熟練者双方にうける総合得点の高いカメラだと思います。


以上

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

JNRいなほさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:52人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
4件
0件
デジタル一眼カメラ
3件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー3
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感4

【デザイン】
Rシリーズのデザイン踏襲してます。コンパクトにまとまっていて良いです。

【画質】
APSで3000万画素超えてきたのと、最新画像エンジンの性能も相まって画質は7DUと比べるとかなり向上してます。高感度は向上しましたが、フルサイズとは違って得意ではありません。ISO感度が高いとザラツキは目立ちます。

【操作性】
Canonの一眼レフから乗り換えても殆ど違和感なく扱えると思います。が、個人的にはファンクションダイヤルの位置は従来の位置の方が使いやすかったと思います。初めのうちは戸惑うかも。

【バッテリー】
EVFで消費は大きいだろうと予想してましたが、思いの外持ちます。まぁ、こんなものだろうという感じです。

【携帯性】
レフ機から比べるととてもコンパクトで持ち運びは便利です。小さすぎるということもなく丁度良いと思いました。

【機能性】
まだ使いこなせていないので多くはコメントしませんが、タッチでほぼ項目を進められるのでやはり便利です。一つあげるなら縦位置グリップがR7は用意されてないので手持ちの縦位置撮影はやりづらいです。特に長玉で縦、手持ちとなると水平維持がしんどいです。
AFの食い付きは概ね良好でしたが気になるところはありました(後述)。何よりほぼ全画面でAFポイントが取れるのがありがたい。作画しやすいですね。これはレフ機ではどう頑張っても無理なので。ただ、AF精度に関しては意外と外すことが多く、全てのコマでピンがきていると言うわけではありませんでした。

【液晶】
見易いですね。EVFも違和感あるだろうと覚悟していましたが、思いの外平気でした。

【ホールド感】
コンパクトな分気になるかなと思いましたが平気でした。超望遠の長玉と組み合わせだとちょっとバランス悪いかもです。

【総評】
CanonのAPS史上最高画質を謳ってますが、確かにそれに恥じない性能だと思われます。それでもフルサイズの画質、表現力にはやはり、かないません。あくまでAPSとしては、という条件付きです。最新画像エンジンのおかげで発色、階調なんかは好印象でした。
連写も高速で30コマは切れるので十分以上でしょう。シャッター音はレフ機の方がカメラで撮ってるという実感はあるでしょうね。気になるのは、連写のコマ速がかなり稼げるのですが、ピンが外れるコマが意外と多い印象という点です。この辺りはR3譲りを謳いながらもそうでもないよ、という印象は否めません。ゾーン被写体追従でAFで撮影するとその傾向は強い気がします。拡大領域や1点でAFエリア固定して撮る分にはピンが合いやすい感じがします。ピンが来ている時の画はかなりの解像度なので、この辺の性能の粗さは価格なりってことなんでしょうか?ちょっと残念ではありました。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった15人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ニロモンさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン5
画質3
操作性3
バッテリー5
携帯性5
機能性3
液晶5
ホールド感5

本格的なミラーレスのAPS-Cカメラですが、一癖二癖もある扱う人も試されるカメラです。
被写体は主に野鳥を撮影しています。

【デザイン】
外観や握った際の感触など、従来のEOSを踏襲したCANONらしいデザインは変わらず。
小型なボディですが、グリップが深く持っていてやっぱり安心感がありますね。以外にも小指が余ったりしないのもすごく好印象です。

【画質・AF】
一番のポイントはやはり画質でしょう、しかしここが一番癖があります。
低感度でバチピン時の描写は驚くほど繊細な写りをしますし、APS-Cの望遠側の特性も相まって遠くの被写体でもしっかりと写すことができます。EOS-1D X Markiiiも使ってますが、写真の質感は1Dのほうが上でも繊細さについては高画素機であるR7に軍配が上がると思います。
しかし、この高画素故の弊害もあり常時この描写を得られるかといえばそんなことはないです。
とにかくブレに敏感なうえAFのトラッキング、精度も含め歩留まりに疑問が残ります。
被写体認識はあくまでも認識であり、AFの精度はまた別の話であるということ、ミラーレスの特権である被写体認識を用いて撮影しようとしてもこの結果なんで、今ではシングルAFで最終的にEVFで拡大表示してピント位置を確認してから撮影するようになりました。
SS・AF設定など、しっかりと見定めて撮影しないと瞬間を残すというより、ピントが合った写真残すといった結果になりかねません。
結局、想定した使用目的とはかけ離れた使い方をするようになってしまったので今では1Dをまた常時使うようなってしまいました。

【操作性】
ダイヤルがジョイスティック周辺に移動しましたが、やはり従来のEOS機器を扱ってきた人には戸惑いがありますね。まったく操作性の異なる複数機種を使うことになるのですからここはR5/R6と同じようにしてほしかったです。このサイズであれば、従来の位置でも問題ないように思いますしR7の方向性がこういうところでも垣間見える気がします。EOS Rのように後々に評価されるようになるのでしょうか??

【バッテリー】
ミラーレスだから多少は覚悟してましたが、以外にもバッテリーの持ちはいいように感じました。

【携帯性】
小さくコンパクトなボディなので取り回しはとてもいいです。

【機能性】
バッテリーグリップがつかなくなったのが非常に残念です。7の名を冠する以上、7Dを意識しているのは当然のことなのに、この点の思い切りはよくわかりません。
ユーザーにも大砲級のレンズも使う方もいるでしょうし、手持ち時の安定感は総重量ではなく重心バランが重要であることを考えればやはりバッテリーグリップは設定すべきと思いました。

【液晶】
EVFも背面液晶も自然で非常にきれいに思います、特段不満はありません。

【ホールド感】
小さなボディですが、やはりグリップはしっかりしていますね。しっかりと握れて撮影に集中できます。

【総評】
超望遠単焦点レンズの良さをさらに引き出そうという目的でR7を導入される方はカメラ側の扱いに非常に苦戦するかもしれません。もともと被写界深度がすごく浅いレンズなのでAF精度がもろに影響しますが、ミラーレスのAF精度に期待をして導入しても、想定外に高画素故のブレにひどく悩まされるかもしれません。1Dを含め上位機種のAF精度を知っている方からすれば疑問が残る可能性も十分あり、このカメラの立ち位置が曖昧になってしまっている感じもします。R10と同時発売ならもっとR7を尖らせてほしかったなというのも個人的意見です。
R5をクロップして使うほうがまだ歩留まりがいいのか、検証したこともありませんがまだ選択肢が残されているということが幸いです。
あくまでも野鳥を対象としただけですので、そのほかの被写体ではまだ評価をしたことがない以上限定的ですが直近のレビューですのでご参考までに。

参考になった31

このレビューは参考になりましたか?参考になった

DO-Crotoさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
49件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

購入から一月使ってのレビュー
【デザイン】
野鳥撮影用に7DMarkUの後継機としてR7を初めてのミラーレス機として購入した
デザインについては、問題ないように思う
【画質】
R7の真骨頂がこの画質であると思う
APS-C機でありながら3250万画素である
すなわち高精細な画質で撮影できる
これには、癖が伴いフルサイズと比べ小さなセンサーを高画素機にするのであるから、画素ピッチ幅が当然狭くなる
ブレへの対処が必須になるが、レンズ側とボディ側の手ぶれ補正などが強化されているためSSに気を付けながら撮影することで対処が可能となる
また、センサーサイズが小さいので、フルサイズに比べて当然高感度耐性は落ちるが、同じAPS-C機7DMarkUから、1世代ほどの進化が見られる
多少のノイズなら、Raw現象ソフトで対処できる
【操作性】
今までCanon 1DXMarkU、V、5DMarkV、W、5DsR,7DMarkUなど使用してきて、R7が初めてのミラーレス機となるが、何度か使用していると今までと遜色がない
ダイヤルリング位置の変更がされているが・・・使っているうちに慣れる
しかし、リングが2個しかないのが、使いにくい
M撮影がほとんどの為、SS、絞りだけでは困ってしまう
もう一つあれば露出補正に割り当てられる
現状RFレンズのリングに露出補正を割り当てているが、瞬間的に撮影する野鳥撮影などでは、未だにあたふたする
また、EF→RF変換アダプターのリング付きを使用しているため、EFレンズを使用する際もアダプター側のリングを露出補正で使用している
【バッテリー】
全くもって問題ない
【携帯性】
野鳥撮影では、軽さは正義である R7は非常に軽い
【機能性】
ミラーレス機を初めて購入したが、使ったことがないわけではない
画質もそうだが、購入の決め手は、トラッキング性能の良さだった
R3譲りのAF性能との謳い文句だったのを信じての購入である、無論、値段が値段なのでR3と同等とまでは言わないが遜色はないように思う
輝度差が少なく明るいところなら、一度捕まえると離さない、野鳥撮影が格段と楽になった
ただし、日の出ごろや木陰など暗いところでは、どのカメラも同じだが、少しでも明るいレンズを使いたい
一月使っての私感であることが前提であるが、絞りをf8より絞ると精細さが少しづつ落ちてくるように見受けられる
飛びものを撮影する際は、設定をしっかり行うことが必要ともなる
運動会や愛犬、鉄道などの動き物の撮影は問題があるとは思えない素晴らしいAF性能だと思う
【液晶】
私は気にならない
【ホールド感】
手持ち、一脚、三脚と使用してきたが、ホールド感が気になった事はない
【総評】
20万円を切るこの価格で、この性能である
ただし、像面位相差AFなので明るいところにAFが抜けることもある、電子シャッターでは、秒間30枚だが何枚かはかなり歪みが出る事、バッファが小さいためSDカードの書き込みスピードにもよるが、詰まることご承知置きいただきたい
しかし、秒間30枚で5秒も撮影したら、帰ってからPCで見るのが嫌になる
電子シャッターを使用する際は、高速連続撮影+ではなく、ただの高速連続撮影にしている
シャッター耐久が20万回とある、私の使い方では、1年ほどで修理となると思われるので、メカシャッターと電子シャッターを使い分けをしているのも事実である
野鳥など少しでも望遠端を稼ぎない撮影や、運動会、愛犬の撮影をすることがメインでカメラの購入を考えている方は、R7が候補になると思う

以上が一月使ってみての感想です

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ぽんぽよさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:149人
  • ファン数:0人
満足度4
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー無評価
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感5

現在、SONYα6600を使用していて、そこからの買い換えを検討していて、キタムラさんの体験会で試させて頂きました。


【デザイン】
可もなく不可もなくですが、嫌いではないです。

【画質】
さすがに高画素機なので、じゃっかんノイジーですが、2400万画素のα6600と比べて「じゃっかん」と言うのは、とてもよく抑えられていると思いました。


【操作性】
シャッターの位置がSONY機に比べて手に負担がかからない位置なんだな…と、関心しました。


【携帯性】
持った感じはホールド感の良さからか、重量より軽く感じました。
取り回ししやすそうです。


【機能性】
ここがものすごく残念だったんですが、噂通り、バッファすぐ詰まります。C-RAWにしても不満なレベルで、しかもいつバッファが一杯になって、いつクリアされたのかが分かりづらい。
α6600もバッファ少ないんですが、感覚的にはちょっとマシなような…。
 
手振れ補正はあってないようなSONY機に比べたら、別世界の効き方で羨ましかったです。


【ホールド感】
とっても良かったです!


【総評】
バッファの問題さえなければ買い換え決定していました。
私は野鳥のRaw撮影なので、あの連写の詰まりだと、実質、使えないです。低速連写にして妥協する手はありますが、そこを我慢してまでマウント換えするのは…と、留まってしまいました。
 
画質はほぼ互角として、その他はすべてα6600を上回ると感じたので、バッファの問題は本当に残念でした。
 
連写を使わない方なら、ものすごくいいカメラに仕上がっていると思います。
あの手振れ補正の効き方なら、望遠レンズ手持ちでも、ちょっとした動画も撮れるでしょうね。羨ましいです。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yoshitaka_tさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質4
操作性2
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶3
ホールド感4

操作性には慣れが必要だから仕方ないがR6に合わすてほしかった。あのファインダー横の操作性はEOS Rのように次はなくなりR6のようになるのかも知れないが私には使いにくい。
野鳥撮影に購入したが近くの野鳥の画質はR6より落ちる気がするが、やはりAPS遠い鳥の解像度はかなりいい。
動画を撮るには良さそうだが放熱対策の為にもボディ材質をプラスチックにはしないでほしかった。
これらは価格を考えると仕方ないのかも知れないが
また、私はR6にシグマ150-600にマウントアダプターを使用し野鳥撮影をしていたがトリミングするには R7がいいのではと思い購入。
当たり前だが今あるフルサイズレンズの焦点距離が全て1.6倍になるからポートレートのサブとしてあまり使えない。
結局、ソニーの超解像ズームとそこそこの連写に期待してR7をメルカリで売ってα7Wを購入。
短所をたくさん書いたのですが、価格なりの満足は出来るカメラだったと思う。野鳥専用ならR6よりいいかもしれないし、α7Wよりかなりいい。ソニーのカメラは初めてでα7Wは初期設定でのJPEGとってだしならポートレートの色が私の好みとしては最低。カメラ内で色を設定できるようなのではやく使いこなさないとα7W購入は私にとっては失敗になる。
R7の自動水平をONにしても変わった気がしなかった。しかし、今考えると野鳥撮影ならコスパ最強のカメラ。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった21人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kozima7120さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:48人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
24件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感5

しばらく使用しての感想を再投稿いたします。
【デザイン】
 RFマウントのカメラの中では、一番格好いいと思います。
【画質】
 フルサイズ換算8000万画素超えなので、ブレなければ解像感抜群です。
【操作性】
 ダイヤルレンジがもう1つあると使いやすいのですが。
【バッテリー】
 1日使用に耐えられます。じっくり撮るので。
【携帯性】
 軽いです。
【機能性】
 トラッキング性能が凄いですね。一眼レフ超え。
【液晶】
 普通に綺麗です。
【ホールド感】
 小指が余りますが、奥行きがあるのでホールド感が良いです。
【総評】
 7DUと比べて、画質がかなり向上しています。画素数が1.4倍なのに凄いことです。ノイズも抑えられています。コストパフォーマンスが凄すぎます。買っておいて損のないカメラです。

参考になった48人(再レビュー後:38人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

freightさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:58人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
6件
もっと見る
満足度3
デザイン3
画質3
操作性3
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶3
ホールド感2
当機種@恐ろしいくらいのEVF、AFの追従性…。これは完全に1DX2を上回ってます!
当機種A高感度耐性を比較してみました。こちらがR7の方です。
別機種A高感度耐性を比較してみました。こちらが1DX2の方です。

@恐ろしいくらいのEVF、AFの追従性…。これは完全に1DX2を上回ってます!

A高感度耐性を比較してみました。こちらがR7の方です。

A高感度耐性を比較してみました。こちらが1DX2の方です。

当機種BISO100でのノイズ感比較画像。こちらがR7の方です
別機種BISO100でのノイズ感比較画像。こちらが1DX2の方です。
当機種これもISO100でのノイズ感を見てみましたが、青空の部分を見るとかなり荒れてます

BISO100でのノイズ感比較画像。こちらがR7の方です

BISO100でのノイズ感比較画像。こちらが1DX2の方です。

これもISO100でのノイズ感を見てみましたが、青空の部分を見るとかなり荒れてます

これまではボディが1DX2、1DX、7D2、7D他、レンズは35mmF1.4L、50mmF1.0L、85mmF1.2LU、100mmF2.8MACRO、135mmF2L、200mmF1.8L、200mmF2L、400mmF2.8LU、EF-S 18-200mmF3.5-5.6 ISなどを使用して鉄道写真を中心に撮影しています。今回、これにR7を加えてみました。

普段使いで常用している1DX2と近い条件で、ノイズ感、高感度耐性、AFの追従性などを比較してみました。

@EVFの性能とAFの追従性、連続撮影枚数を確認するため、ほぼ限界と思える状況で試写してみました。(別添画像1)
A日の出前のかなり暗い時点で、高感度耐性を見るためにR7にEF200mmF2L ISを、1DX2側にEF400mmF2.8L IS Uをそれぞれ装着して、比較撮影してみました。(別添画像2,3)
BISO100時のノイズ感を見るためにR7にEF35mmF1.4L、1DX2側にF85mmF1.2LUをそれぞれ装着して、同様に比較撮影を行いました。R7にEF50mmF1.0Lを装着すれば、ほぼ同じ焦点距離での比較もできたのですが、このレンズ、周辺光量の落ち込みがひどい上に、AFが遅くて、追従性に難がありそうなので、あえてEF35mmF1.4Lでやってます。ちなみにこれらのみ、ブレないように広角のR7の方のシャッタースピードを1/3段だけ上げています。(別添画像4,5)

【AF】

このクラスのカメラのAFとしてはかなりいいですね。1DX2なんて目じゃないです。

別添画像1ですが、撮影時間はこの日の当地の日の出時間(4:41)より、実に1時間近くも早い3:51。ならべて撮っていた1DX2の方は、全くAFは効かないし、ファインダー内はほぼ真っ暗でした。しかしR7の方はEVFのおかげで、実に見やすく、なおかつAFも全コマ追随しました。連続撮影枚数は60コマでした。

ハイビームで走行してるので、使い物にはならない画像ですが、そうじゃない動きモノなら、十分に使えるんじゃないかな? ちなみにISO3200のf2.0(開放)で、1/160秒ですが、実際の適正露出より-4EVほどでした。

別添画像2,3は、1DX2も撮影可能になった時点で撮影したものです。これも日の出よりは18分も早い4:23、周りはまだ薄暗く、ISO3200でやっとです。1DX2の方が暗いですが、これはR7に合わせたため、1絞りアンダーを承知の上でシャッター切ってます。AFに関しては、R7は全コマ(43コマ)追従、1DX2はほぼ半分の15/31コマのみ追従。

【画質】

他の人も言われているように、APS-Cセンサーとしては良い画質ですが、高感度耐性は高くありませんし、ISO100で撮ったとしても、ノイズは目立ちます。
やはり、フルサイズには全くかないません。

等倍での使用が前提なら、フルサイズ機をおすすめします。

別添画像4,5ですが、ISO100でのノイズ感を見てみました。1DX2は空を等倍で見ても、ノイズ感はほぼありませんが、R7の方は盛大にノイズが乗ってます。1DX2のISO800よりも目立つじゃないかな? これに関しては、フルサイズ機の圧勝です。

同様にISO100でごく普通に撮影した別添画像6ですが、やはり空の部分を等倍でみると、ノイズ目立ちますね。「こんなものなんでしょう、普及機は…(笑)」
7D2と比べても、ノイズ感はありますね。

【デザイン】

コンパクト過ぎ。普通のサイズで出して欲しかった。

【操作性】

連続撮影速度が1コマ単位で変えれたのが無くなったのは致命的です。

【バッテリー】

意外なほど長持ちします。1200枚撮影時で、残量は62%でした。

【携帯性】

小さきゃいいとは思いません。フルサイズ機常用の自分には使いにくいです。

【ホールド感】

小さ過ぎて、持ちにくいです。

【総評】

コストパフォーマンスは高いです。フルサイズ機には太刀打ちできませんが、AFの追従性は特筆ものです。7D2とは段違いです。すごく進化しています!

APS-C機なので、EF200mmF2L ISが、320mmのF2レンズとして使えるのはすごいです。ただ小さ過ぎるボディは、フルサイズがメインの自分には使いにくいです。

価格からすれば、買いだと思います。ただ極めたい方は、いずれ出てくるであろうR1を待った方がいいです。自分も楽しみに待っております。

参考になった58

このレビューは参考になりましたか?参考になった

naonaonaona333さん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:521人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
73件
自動車(本体)
5件
34件
レンズ
8件
19件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶3
ホールド感5

【デザイン】
良くも悪くもEOS機だと直ぐに分かるデザイン
個人的には好きでも嫌いでも無いが、ソニーαシリーズより納得感のあるデザイン

【画質】
APS-Cで3000万画素オーバーとなると、高感度時のノイズに不安があったが、問題の無いレベルではあるが、改めて、フルサイズ機には及ばない事も確認
ただ、ホワバラや色味、階調特性等はEOS機そのものなので、EOS R3/R5/R6等と併用しても違和感は少ない筈

【操作性】
不安材料だったサブ電子ダイヤル、思ったより操作性は悪く無い
多少の慣れは要るが、AFフレームや露出補正は問題無く使えた、ただ、使いやすいかどうかは何とも言えない、EOS R5/R6を踏襲してくれれば十分だったという印象
後、EOS機では珍しく電源が右側にあるのは好印象、動画モード切り替えを併用した為だと推察されるが、やはり、グリップした状態で電源ON/OFFが完結できるので操作性は良い
今後、フルサイズのEOS機にも展開してもらいたい電源スイッチレイアウト

【バッテリー】
EOS R5/R6と共用できる点、有り難い
当たり前だが、フルサイズEOS機より持つ印象

【携帯性】
軽く、比較的コンパクトなので可搬性は良好だし、大きめのレンズ装着時の重量バランスも悪くない

【機能性】
まず、ボディ内の手ぶれ補正を搭載したのが素晴らしい!
AF性能も秀逸、少なくてもEOS R5を上回る機敏性、高精度性を感じるので、動き物系が強い印象
メカシャッター音は大きめというより、キヤノン機共通の理由で音質が良くない

【液晶】
R10と同じスペックで、R7には力不足な印象を持っていたEVF、正直、購入前はかなり心配だったが、もちろん、画素数並の粗さは感じるのも確かではあるが、実使用では問題なく感じたのは意外
背面液晶は、特に違和感は無い物で可もなく不可もないもの

【ホールド感】
ズーム系白レンズを装着しても、特にホールド性が悪いとは感じない程度に必要にして十分なグリップ

【総評】
正直、APS-Cの中級機としては、割り切り部分も見受けられるが、EFマウントの頃のAPS-C機と同じ雰囲気なので、違和感は少ない
又、三層の積層センサーを搭載しなかったのも価格優先とすれば、妥当感がある
ただ、AF性能は高く、EOS R5を超えている印象で、鳥やモータースポーツでも全く問題無く使える筈
しかも、ボディ内手ぶれ補正も実装されているのは流石と言える、普通にオススメできるAPS-C機

参考になった26

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

nabu1962さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種隠れようとするキジ
当機種逃げようとするキジ
当機種散歩する白サギ

隠れようとするキジ

逃げようとするキジ

散歩する白サギ

当機種飛ぶ白サギ
当機種走る青サギ
当機種青サギ止まる

飛ぶ白サギ

走る青サギ

青サギ止まる

【デザイン】
個人の好みによりますが、キヤノンらしい柔らかなデザインで良いと思います。
【画質】
まだ3回しか使用していませんが、日中の写真は十分綺麗なもの言えます。添付写真は、ピクチャースタイルを自分好みみ変更して撮影した写真をJPEG撮って出ししたものです。
【操作性】
メイン・スイッチが右側に配置されたため、左手でレンズをホールドしたまま「OFFーON−ビデオ」と切り替えることができるようになりました。
【バッテリー】
R5と比較して、長く持つようになりました。
【携帯性】
R6よりやや小さいため、携帯は良好ですが、装着するレンズによってはアン・バランスに感じることがあります。
【機能性】
充分多機能です。
【液晶】
R6と同等、綺麗です。
【ホールド感】
小指がやや余りますが、グリップに深みがあり、ホールド感は良好です。
【総評】
動きものをターゲットとした、多機能でコスパに優れたカメラです。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
その他

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

A R Iさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:431人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
55件
レンズ
7件
41件
液晶テレビ・有機ELテレビ
1件
8件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
別機種ミラーレス三台体制に
当機種銀色の質感も問題なし
当機種微妙な色味の再現も問題なし

ミラーレス三台体制に

銀色の質感も問題なし

微妙な色味の再現も問題なし

当機種ISO4000 すごくクリアで奇麗です
当機種ISO6400 ノイズが乗ってますがディティールはかっちりとしているのでRAWすればヨシ!
当機種ISO12800 さすがに撮って出しは厳しいかも、DXOのDEEPPRIMEの対応が待たれます

ISO4000 すごくクリアで奇麗です

ISO6400 ノイズが乗ってますがディティールはかっちりとしているのでRAWすればヨシ!

ISO12800 さすがに撮って出しは厳しいかも、DXOのDEEPPRIMEの対応が待たれます

趣味で飛行機写真をメインで撮ってます。
R5とR6をほぼ同時に購入しR3購入時にR6を手放し今回 R7を増機しました。
レンズはEF500F4LIIだけ残し、RF小三元、
RF50f1.8、RF100-500のラインナップです。

今回福岡空港で昼間は100-500、夜間は70-200f4で撮影してみました。
JPEG Lサイズ無加工でNR等はデフォルトのままです。


【デザイン】
ペンタプリズムが無くなってもキヤノンっぽくて個人的には好きなデザインです。

【画質】
キヤノンのAPS?Cセンサーを購入するのはEOS7D以来ですが、より高画素になったのにこの性能ならば充分及第点。

【操作性】
添付画像撮影時はR3と併用しましたが近似設定にしているので特に問題なく使用出来ました。
背面ダイヤルの位置に賛否両論あるみたいですが自分は気になりません、それよりもレイティングボタンがなくなり使い勝手が異なるのが不満です。
少数派かもですがR3R5の方が好みです。

【バッテリー】
予備もありますが今回は3000カット以上を一個で賄えました。
同バッテリーを使用するR5より長持ちする印象です。

【携帯性】
とにかく軽い!!
100-500との組み合わせで使い勝手良好です。

【機能性】
今回撮影していて何気に良かったのが連続撮影中に水準器の表示が消えない事でした。
(R3やR5はシャッター押した途端非表示になる)これは他に機種にもファーム対応を希望します。

【液晶】
非常に綺麗で不満なし、ピントチェックはEVFで行ってます。

【ホールド感】
小さい筐体ですがグリップは深いので不快な疲労感は有りませんでした。

【総評】
エクステンダー効果を狙っての購入ですが、充分オールマイティーに使えるカメラだと思いました。
AFがR3譲りなのも充分体感出来ます。
7Dとはバチピン率が雲泥の差だと感じました。

高感度性能はフルサイズ機(R3R6)には当然敵いませんが、バチピンと相まって初代1DX程度な印象を受けました。

このタイミングでこの価格で発売された事に大きな意味があると思いました。

参考になった42

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yidlerさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:225人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
284件
レンズ
3件
26件
デジタルカメラ
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン無評価
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感5
当機種DeNoise AIでノイズ除去
当機種全域AFで被写体追従無しでも端のヒバリを捕捉
当機種走っていくバンの子供

DeNoise AIでノイズ除去

全域AFで被写体追従無しでも端のヒバリを捕捉

走っていくバンの子供

当機種全域AFのみで燕を捕捉
当機種RAWバーストのプリ撮影
当機種向かってくる燕は辛いけど捕捉可能

全域AFのみで燕を捕捉

RAWバーストのプリ撮影

向かってくる燕は辛いけど捕捉可能

普段はR3 + RF100-500などを使用していますが、比較的軽量な組み合わせとしてRF100-500mmやRF100-400mmの組み合わせを動体撮影の観点で評価しています。
R7の特徴として「R3ゆずりのAF」があるので、R3との比較も行っています

【画質】
APS-Cセンサーとしては良い画質ですが、高感度耐性はあまり高くはありません。
またAPS-C高画素センサーのためレンズ性能も極めて重要になるため、等倍表示で解像感を保ちたいならLレンズ、可能であればその中でも明るい単焦点のLレンズをお勧めします。

とはいえ、RF100-400mmでも等倍鑑賞を目的にしなければ十分に良い写真が撮れます。

【AF】
この価格帯のカメラのAFとしては極めて優秀です。非積層型センサーのカメラの中ではトップクラスのAF機能、AF性能を誇ります。特に被写体検出をOFFにした時のAFは優秀で、全域AFでも素早く飛び回る燕に対してフォーカスをそれなりに合わせることができます。

ただしR3と同等のAFシステムを搭載していますが、同等なのはあくまでも機能面だけです。
AFの速度、安定性、粘り、ピント精度等の性能面はR3と比較すると結構劣ります。特に苦手な被写体(野鳥だとバンなど)、複雑な前景や背景がある場合にやAFが合いにくく合焦した後も少しウロウロするような挙動がR3と比べて目立ちます。このような場合は被写体検出を無効にして通常のAFで撮影した方が安定するため、被写体検出のON/OFFは切り替えられるようにボタン設定をしておくことをお勧めします。

なおR7の場合はRF100-400mmでもRF100-500mmでも、遠くの被写体のフォーカスが大きく外れるとサーチ駆動しても再びフォーカスできることがほとんどありませんでした。こういう時は被写体を追うのを中断して素早くどこかに他の場所にフォーカスを合わせて焦点距離を調整してから再び被写体のフォーカスを試みる、というようなアクションが必要になります。
なおR3 + RF100-500mmの組み合わせだとサーチ駆動でフォーカスが復帰することが多いです。


【動体撮影】
AFが優秀なため動体撮影は問題なく行なえます。EVFもなめらかさ優先にすれば素早い被写体でもレンズを振り回しながら追うことができます。

ただしメカシャッターの場合は連写時にコマ送りとなるため、連写を開始すると被写体を追いながら連写し続けることは結構難しいです。特に素早い被写体だとよほど動きを予測して慣れていないと無理です。どうしても追いながら連写を続けたい場合は照準器を併用することをお勧めします。電子シャッターだとコマ送りはありませんが、レンズを振り回しながらの撮影は歪みが酷いため実用的ではありません。


【総評】
R7はコスパの高い動体撮影カメラです。メカシャッターの連写性能なども考慮すれば非積層型センサー搭載のカメラの中では間違いなくトップクラスです。特にRF100-400という廉価かつ小型軽量のズームレンズの組み合わせで燕の飛翔などの動体撮影も楽しめるのは素晴らしいです。

ただやはりR3は別次元です。
R7は練習や工夫次第で素晴らしい結果を出すこともできますが、R3は練習や工夫なしでも素晴らしい結果を量産できることが多いです。このため「R3ゆずりのAF」とは謳っているものの、動体撮影においてはR3を期待すべきではありません。

レベル
アマチュア
主な被写体
その他

参考になった92人(再レビュー後:47人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tyksさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5
当機種ISO100
当機種ISO160
当機種ISO2000

ISO100

ISO160

ISO2000

当機種ISO3200
当機種ISO5000
当機種ISO12800

ISO3200

ISO5000

ISO12800

当方EOS R6 R7所有しており、いままで EOS R5 R RP を所有したことがある者です。

【質感】
今回のコンセプトなら軽いエンジニアリングプラスチックで良い。動画回してもR6では熱問題なかったの省電力なR7でも大丈夫と考える。材質もレンズと一緒で統一感あるし安っぽく見えず気に入っている。耐久性はユーザーよりはるかにメーカーが開発、評価しているだろう。それを踏まえて外装プラ+内部金属であればそれでよい。同構造のR6は1年以上使っているが炎天下の公園も冬の山も一般の人が使う所なら大丈夫でした。

【操作性】
マルチコントローラーのダイヤルは移動なく良いと思うが3ダイヤルほしかった。(SS,F値,露出)
ファインダーもR6と同様にしてほしかった。シャッターボタンもR5,R6のような半押しで反力があるタイプが良かった。反力ないと全押しの境目がわかりずらい。つまりミドルクラスでなくハイアマチュアクラスの操作感が欲しい。それで20万ちょいでも個人的に買い。
グリップはEOS Rみたいな細身で握りやすいグリップになり個人的にしっくりくる。
左目でも覗きダイヤルを回してみても距離があるので指と顔が干渉しなかったが実際そこが気になる人は実機で確認した方が良いと思った。

【画質】
いままでのフルサイズ機より白飛び黒潰れになりやすい傾向。高感度耐性は等倍鑑賞ならISO3ケタ台、使えるレベルなら6400位と思った。高画素のAPS-Cなので高感度管理や被写体の距離など諸条件が揃わないとフルサイズより解像せず絵が破綻しやすいのは確かでレンズの性能に依存しそう。
そこら辺もDPPやLightroomでうまくコントロールできるのを楽しめればと思うし高画素なので近くで撮れば精細な描写でキヤノン色好きであれば満足すると思う。

【AF】
R5,R6より動体向けでいままで顔認識だったのが瞳認識になるなど細かく追従してくれるようになった。自動認識でしっかりピントも来る。背景にピントを持ってかれづらくなった。

【レンズ】
キットレンズ持ってないので手持ちのレンズで軽くレビュー。

1.RF100-500mm F4.5-7.1 IS USM(作例あり ISO別で適当にアップロード)
→800mmを使えるのと描写も個人的には満足でピントも早い。
R6よりグリップが良いせいか手持ちでも苦にならない。

2.RF14-35mm F4L IS USM
→22mm-56mmで標準ズームにぴったり。これも軽くてF4まで使えるので汎用性高く
レンズのおいしい所を使える。

【気になった機能】
・RAWバーストモード(プリ連写)
シャッター押した瞬間から0.5秒前に戻れるもので小鳥の飛び出しに実際使ってみた所、確かにとらえることが出来たが電子シャッターなので翼が歪むことも。その中で良いものを抽出する感じ。
(Youtubeで検索すると結構作例が見られる)
あと。一度押してしまうと生成に時間がかかり次の撮影に移れない。

・露出シミュレーション
R3から?絞った様子もモニターできるようになった。これはR5,R6にも欲しい

【歴史的背景などで思ったこと】
金属、がっちり、縦型グリップのイメージから従来の7Dシリーズから大分変わり不満なコメントも見られるが私は過去の良さを知らないので今回の「安価でなるべく性能全振り路線」は素直に歓迎できた。(ただ、操作感はハイアマチュアクラスのが欲しかった)
ただ、大まかにみて遠方の動体撮影のために高速連写と高性能AFを一般層に提供する意味では7のコンセプトは引き継いでるのとスマホに満足できない層を取り込む為のギリギリの値段設定だと思ったりした。

【所感】
軽くて高性能AFで高画素、高感度耐性もそこそこある。そのままでも満足できる人もいるが高画素のAPS-Cで絵の扱いがデリケート。設定や後処理でまだまだ仕上がりも追い込める要素もありそう。撮って出しで楽したいならキヤノンの場合R5以上が良いと思います。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
子供・動物
室内

参考になった54

このレビューは参考になりましたか?参考になった

お散歩バードウォッチャーさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:95人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
4件
0件
双眼鏡・単眼鏡
3件
0件
デジタル一眼カメラ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種EFS55-250の撮って出し作例。葉の裏でも目にピント合わせてくれます。
当機種EFS55-250での飛び物撮影、トリミング画像。激安レンズでも十分な画像です。
当機種EFS55-250の撮って出し。くちばしのあたりなどの表現力は十分なクオリティ。

EFS55-250の撮って出し作例。葉の裏でも目にピント合わせてくれます。

EFS55-250での飛び物撮影、トリミング画像。激安レンズでも十分な画像です。

EFS55-250の撮って出し。くちばしのあたりなどの表現力は十分なクオリティ。

当機種タムロン150-600G2の撮って出し。問題なく撮影はできるが歩留まりは良くない。
当機種EF400F5.6Lでの夕方曇りの暗い環境での撮って出しJPEG。高感度は明らかに7D2より良い
 

タムロン150-600G2の撮って出し。問題なく撮影はできるが歩留まりは良くない。

EF400F5.6Lでの夕方曇りの暗い環境での撮って出しJPEG。高感度は明らかに7D2より良い

 

発売日夕方に届いたので少し暗くなってからの撮影でしたがファーストインプレッションを書いておきます。
※掛川花鳥園での撮影を追加しておきます。

【デザイン】
大きさは並べてみたらKiss X7と7D2の間くらいですが、バランスが良く、ゴツさも感じずライトな感じにも本格的な撮影にも耐え得るちょうど良いデザイン。

【画質】
夕方で曇りという環境でISOをガンガン上げて撮影しましたが、発色も綺麗で、7D2よりも明らかに良い画質です。
妻が「うわっ、綺麗!」と声をあげるほど7D2と明らかな差があります。

【操作性】
7D2といろいろと操作系は変わっているので、若干まごつきました。
でも、これは慣れの問題かな。

【バッテリー】
1,000枚弱撮影してもゲージは満タン表示。
全然問題ないです。

【携帯性】
もう、明らかに軽い。EF400mm F5.6L USM(以下456L)で撮影しましたけど、7D2よりも体感で半分くらいなんじゃないか、というくらい軽い。
振り回しやすいし、縦撮りも構えやすかったです。

【機能性】
456LはISなしのため暗いと手ブレがキツいレンズですが、ボディ内手ブレ補正の効果なのかSSを普段より落としてもカチっと来る絵が多い感じです。
鳥AFもしっかり効いていて、ピントが来ているときと抜けた時も分かりやすいので、乱視な私でもピントが来ているときにシャッターが的確に切れるのは本当に助かります。

※追記
EOS Kiss X7のキットレンズであった「EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II」とサードパーティーレンズとして、タムロンの「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2」でも撮影してきましたので作例画像追加しておきます。

古いキットレンズでも飛び物をしっかり追えますが、AFが遅いので半分くらいはピントを外す感じです。ただ解像はとても良いので、昔の機材が蘇った感じ。トリミング画像でも綺麗です。

タムロンの150-600 G2はピントが抜けることが多く、食い付いても離してしまうことが多発します。安い600mm(換算960mm)のf/6.3ズームとしては便利ですが被写体追従AFの用途としては歩留まりは悪いです。が、7D2の画像よりも綺麗です。

【液晶】
EVFは想像よりも数段良いです。
OVFビューアシストも良い感じで、総じて飛び物を追うのも問題ないと感じました。

【ホールド感】
ちょうど良い大きさです。軽いのも大きな要素。
ただし、撮影中にMENUボタンを押す必要が生じると、しっかり支えながら操作するには、ちょっとどのようにしていいのか分からないことはありました。

【総評】
20万を楽に切る価格設定と、EFレンズなどの過去資産も活用できる点なども含めて、大きな不満点はございません。
唯一、連写が楽で、かつ、速いので、データサイズが肥大化してしまうのが悩みですかね。

レベル
アマチュア
主な被写体
子供・動物

参考になった67人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS R7 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

EOS R7 ボディ
CANON

EOS R7 ボディ

最安価格(税込):¥178,002発売日:2022年 6月23日 価格.comの安さの理由は?

EOS R7 ボディをお気に入り製品に追加する <576

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意