LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09 レビュー・評価

2022年 6月23日 発売

LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09

  • デジタル一眼カメラ「LUMIX G」シリーズで採用している「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した交換レンズ。18mmの超広角単焦点レンズ。
  • 厳しい光学基準をクリアし、F1.7「SUMMILUX」の明るさを実現。AFはインナーフォーカスを採用し、静粛で高速・高精度なフォーカシングが可能。
  • 最短撮影距離を9.5cm、最大撮影倍率を0.25倍としたハーフマクロを実現することで、超広角ハーフマクロ撮影ができる。
LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09 製品画像

拡大

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥54,846

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥54,846¥66,885 (21店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥55,400

店頭参考価格帯:¥54,846 〜 ¥65,000 (全国702店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:単焦点 焦点距離:9mm 最大径x長さ:60.8x52mm 重量:130g 対応マウント:マイクロフォーサーズマウント系 LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09の価格比較
  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09の中古価格比較
  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09の買取価格
  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09の店頭購入
  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09のスペック・仕様
  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09のレビュー
  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09のクチコミ
  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09の画像・動画
  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09のピックアップリスト
  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09のオークション

LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09パナソニック

最安価格(税込):¥54,846 (前週比:±0 ) 発売日:2022年 6月23日

  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09の価格比較
  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09の中古価格比較
  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09の買取価格
  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09の店頭購入
  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09のスペック・仕様
  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09のレビュー
  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09のクチコミ
  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09の画像・動画
  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09のピックアップリスト
  • LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09のオークション

LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.79
(カテゴリ平均:4.59
レビュー投稿数:6人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
操作性 取り扱いは簡単か 4.19 4.52 395位
表現力 思い通りのイメージの写真が撮れるか 4.53 4.51 273位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 5.00 4.27 19位
機能性 AF精度やMF対応などの機能性 4.19 4.34 319位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09のレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

プラチナ貴公子さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:63人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
0件
39件
レンズ
4件
28件
デジタル一眼カメラ
2件
28件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5
当機種F1.7開放
当機種F10.0
当機種接写撮影

F1.7開放

F10.0

接写撮影

ネットで予約して2ヶ月程度の納期になっていましたが半月ほどで届きました。
新発売記事から欲しかったのが手に入りました。
この魚眼ではない超広角はかなりくせが出やすく難しいレンズです。
ルミックスの単焦点レンズは15mm、20mmに続き3本目です。
すべてF1.7ってところが良いです。しかも軽量コンパクト。
ルミックスのレンズ設計は使い手の気持ちを良くつかんでいると思います。
早速気になっていた周辺部の湾曲と周辺光量の確認がしたくなり簡易ですが室内で手持ち撮影してみました。
結果は湾曲については今まで使っていたフルサイズの19mmレンズとは雲泥の差で超広角とは思えない仕上がりになっていました。
周辺光量については手持ち撮影でしたので絞りをF10と開放のF1.7で撮影してみました。
画像の通り開放では外周の光量不足が感じられますが、F10ではかなり改善されています。
これもフルサイズで従来使用していたレンズに比べかなり改善されています。
あと、近接撮影が得意との事でしたので確認しました。
写真はAFでの撮影ですが(MFならもう少し寄れそうです)レンズフードの先端がぎりぎりのところまで寄れます。ノギス目で60mm程度まで撮影出来ていますのでフルサイズ換算では0.6倍の接写となりました。ここまで寄れれば満足です。
フルサイズからm4/3に移行して3年程度ですがここまで扱いやすく安価で優秀なシステムに移行してよかったと思っています。
写真はすべて取っ手だし
カメラ OMD-M10-U

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

longingさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
535件
レンズ
1件
252件
レンズフィルター
1件
0件
もっと見る
満足度5
操作性4
表現力4
携帯性5
機能性4
当機種高解像度で画質は良いです
当機種明瞭度を落として絵画的に
当機種色補正で鮮やかな空に

高解像度で画質は良いです

明瞭度を落として絵画的に

色補正で鮮やかな空に

当機種マクロ性能も十分で超広角とは思えない滑らかなボケ味に
当機種暗い室内のトーンも滑らかに
当機種風鈴が風に揺られて(F1.7 1/10秒 ISO3200)

マクロ性能も十分で超広角とは思えない滑らかなボケ味に

暗い室内のトーンも滑らかに

風鈴が風に揺られて(F1.7 1/10秒 ISO3200)

【操作性】
フォーカスリングのみのシンプルな構成なので操作性は抜群です。

AF-MF切り替えレバーが無いですが、「G9」や「GX7MK3」ではボディー側にAF-MF切り替えレバーが有るので問題無いです。
「OM-1」や「E-P7」はAF+MFのモードにしておけば、リアルタイムMFが可能なので問題無いです。

【表現力】
用途が一般的な風景やスナップ撮影で有れば、光学性能は問題無いです。

星景写真は撮影しないのでサジタルコマフレアーも全く気になりませんし、最周辺の描写も満足出来ます。

【携帯性】
小型軽量で携帯性は抜群です。
今のところ「GX7MK3」で利用中ですが、「E-P7」を利用することで500g以下の手ブレ補正が可能なシステムで超広角レンズが利用可能です。

【機能性】
フォーカスリングのみのシンプルな構成です。

【総評】
超広角ズームレンズとして「LEICA8-18mmF2.8-4.0」を利用しています。
このレンズは光学性能やズーム比、F値、サイズ等の仕様には満足していますが、最短撮影距離が0.23mと寄れないのが残念です。

ミラーレス用の広角レンズはズームレンズを含めて寄れるレンズも多く、桜や紅葉の季節に広角マクロ的な使い方で撮影するのも好みです。
それが超広角レンズだと撮影倍率0.1倍に満たないので、超広角マクロ撮影のような用途には不向きです。

近年超広角でも寄れるレンズは増えて来ましたが、MFTでは「LAOWA 10mm F2.0」などMF仕様のレンズのみでした。
そもそも、MFTにはAFに対応した焦点距離10mm以下の単焦点レンズが有りませんでした。

そこに登場したのがこのレンズで、最短撮影距離が0.95m、撮影倍率が0.25倍と高く、F1.7とボケも期待出来て、しかもパナライカでした。

単純にスペックだけで欲しくなるようなレンズでした。
発表後の週末に「LUMIX BASE TOKYO」で実機確認して自分の希望通りのレンズで有ると確信しました。
その日のうちに通販サイトで予約注文しまして、無事に発売日に届きました。

実写してみると画質にも全く不満が無く期待通りの商品で、本当に満足しています。

パナライカは単焦点レンズが5本、ズームレンズを3本所有していますが、どのレンズも味わい深い描写をするので、とてもお気に入りです。

このレンズの唯一気になる点としては、4:3のフォーマットサイズが理由で視覚的にダイナミックなワイド感が得られないことです。
4:3のフォーマットは昔のTV規格の画面サイズですが、今となっては他に利用されている場面も無く、明確に古いです。

MFTは4:3、フルサイズは3:2と基本フォーマットで利用していますが、このレンズに限ってはPCディスプレイに合わせて16:9に変更して利用しています。
やはり超広角は横に広いと視野が広がるので、画面全体に拡大するとダイナミックな画像が得られます。

しかしながら、画面の上下を大きくカットすることになるので、フルサイズ換算18mm→20mm相当に画角が狭くなってしまいます。
フルサイズでは24mmを多用しているので、それに対して大きな画角差が有るとは言えず、超広角のイメージに合わずに少しもやもやしています。

広角単焦点レンズは「LEICA15mmF1.7」を中心に利用しているので画角差は大きく、パースも大きいので、使い分けにはピッタリな焦点距離です。
実用上はこの使い分けで問題無いでしょう。

夜間に野外で風鈴を撮影してみましたが、1/10秒でISO3200とかなり暗い環境でした。
風が強く被写体ブレはしていますが、手ブレ補正が効いているからか、短冊の文字は十分に読めます。
このような撮影が可能なのもF1.7で撮影倍率が高いのが理由です。

ズームレンズの「LEICA8-18mmF2.8-4」を利用していると、WIDE端8mmよりもズーム中間域からTELE側までの焦点距離を利用する機会が多く、超広角のイメージとはズレた無難なカットを撮影しがちです。

これが単焦点レンズで有れば、ズームが出来ないので、常に1歩も2歩も寄る必要が有り、超広角レンズならではのダイナミックなフレーミングが身に付きます。

超広角ズームレンズは、旅行に行く際には有用なので残しておくつもりですが、今後超広角レンズで撮影する際は、このレンズがメインになると思います。

今後は7mmか7.5mmの焦点距離で、同様に最短撮影倍率0.25倍を実現するのは無理でしょうが、0.15倍を実現したレンズが発売されると嬉しいですね。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Seagullsさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:164人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
673件
レンズ
6件
173件
デジタルカメラ
0件
12件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力4
携帯性5
機能性5
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

マイクロフォーサーズでは初の超広角大口径単焦点AFレンズです。(魚眼除く)
軽量コンパクト、しかも財布に優しい!
本来であれば広角8mmは欲しいところですが、サイズ・需要・価格を検討した上での9mmだと思います。
ここはパナソニックの英断を称えたいと思います。まずは企画・発売に感謝です。
G100と同時発売していればボディ・レンズ共にもっと注目されたことでしょう。

コンパクトだけあって、GF10に装着するととても似合います!
通勤カバンに忍ばせ、帰りのカフェやショットバーでパシャッなんて事も気軽にできます。
ぜひGF10とセットで女子カメ自撮りセットとして販売して欲しいところです。

※GF10・GX7に装着した様子は以下のクチコミをご参照ください。
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0001443012/SortID=24808974/#tab

さて写りの方はというと、クリアかつボケも美しい(作例:アジサイの中央ボケ部分を拡大ください)
F1.7絞り開放での接写は被写体のアップと共に背景まで写し出し、新たな表現を拡げてくれます。
そしてパープルフリンジが少ないのも印象的です。(作例:仁王像の木漏れ日を参照ください)
パナライカ8-18でもよく木漏れ日を撮影していましたがパープルフリンジの多さに悩まされていました。
そしてF1.7という明るさは暗い場所にめっぽう強いです。(雨・曇天・夕暮れ・夜景・星空)
マイクロフォーサーズは高感度撮影ではノイズが増えてしまうので、このF1.7の明るさでISO感度を落とし、より低感度で撮影することにより画質が向上することは間違いありません。

※薄暗い場所での撮影例は以下のクチコミをご参照ください。
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0001443012/SortID=24812372/#tab

しかしながら欠点が無いわけではありません。
当方は星景撮影を好んで行うのですが、ある程度は予想していたとはいえ
サジタルコマフレアの出方が個人的には気になるレベルでした。(作例:天の川の左上を拡大ください)
絞って撮れば解消するのでしょうが、マイクロフォーサーズにおける星景撮影で絞り解放より絞ってISO感度を上げて撮ると、画質が明らかに低下するので、できれば避けたいところです。
露光時間を数秒レベルに設定し星を点で撮りたい方は注意が必要です。
露光時間を少し長く(10秒以上程度)する事により、影響を小さくできる可能性があります。
(星が流れてしまうのが逆に星の面積を増やしサジタルコマフレア軽減になっています)

※星の画像サンプルは以下のクチコミにもう少し掲載しております。
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0001443012/SortID=24820661/#tab

尚、OM-1をお使いの方はパナソニック製レンズですが、星空AFが使用できますので、ピント合わせに苦労せず思う存分撮影に集中できます。

※星空AFに関しては以下のクチコミに記載しております。
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0001421842/SortID=24697967/#tab

※作例はすべてRAW現像し調整を施しています。
※星の画像はソフトフィルターを使用し、少し星が大きく写るようにしています。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

とるならさん

  • レビュー投稿数:109件
  • 累計支持数:4375人
  • ファン数:64人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
79件
2件
デジタル一眼カメラ
24件
1件
デジタルカメラ
3件
0件
もっと見る
満足度4
操作性3
表現力4
携帯性5
機能性3
別機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

【操作性】
フォーカスリングのみとシンプルなデザイン。
AF/MFスイッチや絞りリングなどはありません。GFやGMシリーズとの相性を考えると絞りリングがあると良かったです。

フォーカスリングはカメラ側でリニア・ノンリニアを選ぶことが出来る場合もありますが、その機能が無い場合はノンリニアに動作します。それでもストロークは程よく、気持ちよく操作可能。

【表現力】

解像性能:
中央は絞り開放からキレのあるシャープネスで、接写でもまずまず安定したパフォーマンスが得られる一方、遠景ではフレーム周辺部が甘くなります。絞ると徐々に改善しますが、F1.7の明るさを活かした遠景撮影(例えば夜景など)には注意が必要。

ボケ:
接写時はまずまず良好ですが、中途半端なボケ量になると騒がしく見えます。

色収差:
倍率色収差・軸上色収差どちらも実写で特に目立ちません。

歪曲収差:
RAWにはかなり目立つ歪曲が残っています。

周辺減光:
レンズのパラメータを考えると、想定していたよりも目立ちません。

逆光耐性:
完璧ではありませんが、極端に悪条件の逆光以外で問題にはならないように見えます。

コマ収差:
中央から隅に向かって顕著な影響が見られます。天体撮影や夜景で使う場合は好みが分かれるはず。
公式のMTF曲線からある程度は覚悟していましたが…。

【携帯性】
マイクロフォーサーズの利点を活かせる小型軽量なレンズに仕上がっています。

【機能性】

防塵防滴:
小型軽量ながらLEICA DGシリーズらしく防塵防滴仕様です。これで15mm F1.7のような金属外装だと尚良かったです。

AF:
OM-1の像面位相差AFと組み合わせたところ、無限遠から至近距離まで超高速で快適に動作します。
広角レンズとしては驚くほど寄りやすく、フォーカスブリージングによる画角変化がほとんど無いのは強みになるはず。本当に広い画角でハーフマクロ(35mm判換算時)が撮影できるレンズです。

フィルター:
明るい超広角レンズにも関わらず、55mmフィルターに対応しているのは間違いなく強みとなるはず。マイクロフォーサーズで55mm採用レンズが少ないのが悩みの種ですが、それでも手ごろな価格でフィルターを揃えることが可能。

【総評】
思っていたよりも近距離向けの広角レンズと感じました。絞り開放や開放付近の描写は好みが分かれると思われ、解像性能・コマ収差の観点から夜景や遠景での使用は好みが分かれると思います。逆に接写時の安定感は非常に良好で、Vlogやマクロ、テーブルフォトなどで面白い使い勝手のレンズとなりそう。

個人的には風景・屋内・夜景などで多用するため、もう少し遠景の解像性能が高いと良かったのですが…。そのような用途には多少高価でも「LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.」の8mm F2.8を使ったほうが良さそうです。

ブログにてレビューを連載予定です。
https://asobinet.com/tag/leica-dg-summilux-9mm-f1-7-asph-review/

オリジナルデータはFlickrにて公開しています。
https://www.flickr.com/photos/145268771@N04/albums/72177720299987020

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kosuke_chiさん

  • レビュー投稿数:218件
  • 累計支持数:7892人
  • ファン数:75人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
47件
1597件
レンズ
111件
289件
ビデオカメラ
1件
115件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5
当機種
当機種解像テスト。パーフェクト!
当機種解像テスト。パーフェクト!

解像テスト。パーフェクト!

解像テスト。パーフェクト!

当機種寄れる
当機種寄れる
当機種

寄れる

寄れる

割安で軽くて小さいだけでなく、描写力もなかなかです。
近距離撮影では、開放F1.7から四隅までしっかりと写りますが、F2.8まで絞るとパーフェクト。遠景風景写真も同じ傾向で、F2.8で両端までシャープ、被写界深度を考慮してもF4から画面全域シャープに写ります。

加えて、レンズの先端がくっつくまで寄れるので、背景をぼかした表現も可能で、使っていて実に楽しいレンズです。もちろん、自撮り用途でも超広角なので顔がアップにならず、自然な写真に写ります。

最初はGH6で撮影しましたが、カメラの重さを十分すぎるくらいカバーし、写りも完璧だったので、OM-1でも撮ってみました。サンプル写真は全てOM-1で撮ったものですが、同じく素晴らしいです。

この値段でこの描写力、おまけに軽量でコンパクト、マイクロフォーサーズ・ユーザーなら1本持っておきたいレンズです。

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

PocketCameraさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
1件
49件
もっと見る
満足度5
操作性4
表現力5
携帯性5
機能性4
機種不明
機種不明
機種不明

【操作性】至ってシンプルで初めてマイクロフォーサーズレンズを扱う方でも特段問題なく扱えます。マニュアル撮影で幾度もリングを回してみましたが、とてもリングがスムーズです。リング幅があることも女性の方が商品撮りなどでマニュアル撮影する時に楽なように思えました。AFはカメラ側の機種にも依存しますが幸い9mmという広角ですので、私の場合は特段遅いとの感触はなく撮影者は被写体の構図に専念できると思いました。ボディーも安っぽくなくフードも品位あるデザインで好感が持てました。

【表現力】超広角とハーフマクロと大口径という三つ巴の表現力は、撮る人に創作意欲をかきたててくれます。逆に構図次第では、撮る人の力量をレンズが試しているような気もしてきます。でも、このレンズの表現力は、なんといってもハーフマクロで被写体を狙う構図で、見る人に斬新さを与えてくれます。マイクロフォーサーズレンズはフルサイズに比べてボケが少ないという評価を忘れさせてくれます。野外の遠景撮影でも手前の被写体にピントを合わせ、意図的に遠景をボケさせれば、見る人に何を優先して被写体が訴えたいかを簡単に構図が作れるような気がします。(言い過ぎかな?)

【携帯性】この点は間違いなく満点です。マイクロフォーサーズレンズの利点である軽量コンパクトさを絵に書いたようなレンズです。山登りや結婚式や街中でも負担ない重量とサイズです。

【機能性】まだ手にして数日しか経っていませんので、詳細記載は避けますが、55ミリの径で9mm広角レンズ(35mm換算18mm相当)ということで、NDフィルターが簡単に装着できることに期待をしています。可変NDフィルーターで数値幅がある場合は、広角レンズゆえに、ちょっと注意が必要です。


総評:上記褒めすぎかも知れませんが、久しぶりのLUMIX陣営の会心の新レンズの登場と言えます。広角、ハーフマクロには興味がないと言われれば、それで終わりですが、ボケが少ないとか、レンズが高すぎるとか、フルサイズ陣営から比較されるマイクロフォーサーズレンズ陣営にとっては、頼もしい新レンズの登場だと思います。この価格にして、このサイズ、この明るさは、マイクロフォーサーズだからこそ、なし得るレンズと言えます。特にマイクロフォーサーズを愛用する女性の方々が、小型軽量のカメラで気軽にハンドバックに入れて持ち運べる1本です。操作性の評価4はレンズ側にAF、MFの切換ボタンがあればという贅沢な要望です。
   

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09
パナソニック

LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09

最安価格(税込):¥54,846発売日:2022年 6月23日 価格.comの安さの理由は?

LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH. H-X09をお気に入り製品に追加する <183

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意