OM SYSTEM OM-1 ボディ レビュー・評価

2022年 3月18日 発売

OM SYSTEM OM-1 ボディ

  • 有効画素数約2037万画素裏面照射積層型「Live MOSセンサー」と、従来比約3倍高速化した画像処理エンジン「TruePic X」搭載のミラーレス一眼カメラ。
  • ノイズ処理技術により常用で最高ISO 25600、拡張で最高ISO 102400の高感度を達成。防じん・防滴保護等級IP53、-10度の耐低温性能を備えている。
  • 「5軸シンクロ手ぶれ補正」で最大8.0段、ボディ単体で最大7段の補正効果を実現。1053点オールクロス像面位相差クアッドピクセルAF方式を採用。
OM SYSTEM OM-1 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥245,520

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥234,900 (2製品)


価格帯:¥245,520¥317,700 (32店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥245,520 〜 ¥272,000 (全国702店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2293万画素(総画素)/2037万画素(有効画素) 撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS 重量:511g OM SYSTEM OM-1 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの価格比較
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの中古価格比較
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの買取価格
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの店頭購入
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのスペック・仕様
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの純正オプション
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのレビュー
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのクチコミ
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの画像・動画
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのピックアップリスト
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのオークション

OM SYSTEM OM-1 ボディOMデジタルソリューションズ

最安価格(税込):¥245,520 (前週比:±0 ) 発売日:2022年 3月18日

  • OM SYSTEM OM-1 ボディの価格比較
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの中古価格比較
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの買取価格
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの店頭購入
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのスペック・仕様
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの純正オプション
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのレビュー
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのクチコミ
  • OM SYSTEM OM-1 ボディの画像・動画
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのピックアップリスト
  • OM SYSTEM OM-1 ボディのオークション

満足度:4.57
(カテゴリ平均:4.60
レビュー投稿数:34人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.61 4.52 15位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.23 4.53 38位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 4.27 4.28 20位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 4.35 4.13 11位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.75 4.25 6位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.56 4.40 16位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.67 4.32 7位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.82 4.41 6位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

OM SYSTEM OM-1 ボディのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

TOSカーク船長さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:155人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
0件
28件
NAS(ネットワークHDD)
0件
12件
デジタル一眼カメラ
1件
7件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー2
携帯性5
機能性3
液晶2
ホールド感5

ファームアップ後の再レビューです。

OM-1本体の“1.1”ファームが公開されたので、12-100mm F4.0 IS PROの“1.4”のファームアップと同時に実行しました。OM-1のファームは、「・EVFを覗きながら撮影をした時の動作安定性を向上しました ・ATOMOS社製品との接続安定性を向上しました」しか書かれていませんが、だいぶAFのアルゴリズムが改善されたような気がします。 6月3〜5日のお祭りで約580枚ほど撮影しましたが、購入当初よりもAFの食いつきが俄然良くなり歩留まりが断然向上しました。おかしな所に合焦する率が減り、狙ったところに合焦しやすくなったのです。これならメインで使えます!
ただし、動画のAFは相変わらずダメダメです。顔認識もし難いし、ちょっとでも画角をずらすとピントが外れます。その度に「AF-ON」ボタンを押さないとダメですし、押すと一瞬迷いますので画質に影響してしまいます。やはり動画機能は「緊急用」と考えた方が良さそうですね。
しかし静止画に関しては、Canon R6も同じように撮影してみましたが、操作性も画質も十分にタメが張れると感じました。

一つ問題が出て来ました。それはバッテリーの充電です。別売りの(なんで別売りなのかも疑問!)正規充電器で充電すると、メチャクチャ時間が掛かります。3割ほどの残量のバッテリを充電するのに一晩掛かりました。最初、何時間経っても満充電にならないので、どちらかが故障しているのと思ったのですが、次の朝には100%になっていました。これは仕様なのか?不具合なのか?

以下、以前のレビューです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
元々Canon派ですが、PanaのG9proがすごく良かったのでメインで使っていました。レンズもM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROが気に入っていたのですが、Panaとの組み合わせだと手振れ補正が完璧ではないので、オリンパスから決定版が出るのをずっと待っていました。そこでやっと高感度にも強いと評判のOM-1が登場したので予約して購入しました。しかし...

たしかに画質は非常に良いです。高感度にも強くなりました。手振れ補正も強力です。ただ以下の点が不満。

1.とにかくAFがおバカすぎます。全画素AFのままだと、画面の隅にちょっと映り込んだ手前の物にピントを合わせようとする。しかも、AFターゲット表示が見難いので、一瞬どこにピントが合っているか判別できない。カスタマイズでフォーカスエリアを狭くしないと使えない。また逆に、人物二人の間をすり抜けて奥の遠景にピントが外れてしまうこともある。いろいろ設定を変えてみたが改善しない。これにかなり時間を取られた。 AFターゲット表示もゾーンで大きく表示するように改善してほしい。

2.動画撮影で、C-AFにしていても、ズームしてピントが外れてもフォーカスし直そうとしない! よって動画撮影中はズームが使えない!

3.顔・瞳認識が弱く遅い。 なかなか認識しないし認識しても、ちょっと横を向かれるとすぐにピントが外れてしまう。

4.ファインダーの画質が悪い。 いかにもデジタルっぽいギザギザ・ザラザラ感がある。この価格帯のファインダーとは思えない。もしかしてハズレを引いたのか?

5.リヤダイヤルの位置が引っ込んでいて、操作し難い。 もう少し出っ張っていると回しやすいのですが...

とりあえず、AF改良版ファームウェアのリリースを切に祈っております。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
夜景
報道

参考になった52人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

bono_bonoさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:83人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
5件
ランニングシューズ
5件
0件
自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度3
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー2
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感4

主に野鳥の撮影に使用(300mmF4)

<良い点>
・鳥認識と広いエリアのAFで、飛んでいる鳥にもピントが合いやすい。
 開けた場所での撮影であればフレームに収めることだけに集中できる。
・薄暗い森の中での撮影にもつよい。
・連続撮影も高速で、プロキャプチャー機能も優秀。
・豊富な機能と分かりやすいダイヤルや設定画面。

<イマイチな点>
・鳥の前に枝等が被っている場面でのピント合わせが非常に難しい。
 ┗せっかく鳥認識してるのに前景にピントが来てしまう。
 ┗瞳まで認識してるのに、瞳にピントが来ていないことがある。
 ┗結局ピンポイントで抜くしかないが、それすら前に釣られることがある。
・連射時ピントきてるっぽいのに微妙に外していることがある。
・バッテリーの持ちがあまり良くない。

AFに関しては今後のファームウェアアップデートに期待です。(たのみますw)
鳥認識もAFも性能は良いのですが、その両者の連携がイマイチな印象です。
他社から高性能APS-Cが出たので、買うのもう少し待てば良かったです。

レベル
初心者
主な被写体
子供・動物

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

でそでそさん

  • レビュー投稿数:84件
  • 累計支持数:427人
  • ファン数:23人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
5件
2764件
自動車(本体)
0件
1474件
デジタルカメラ
3件
696件
もっと見る
満足度5
デザイン無評価
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性無評価
液晶5
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種ピント甘いですが雰囲気だけ…(飛翔撮影は下手くそなのでご容赦を)
当機種

ピント甘いですが雰囲気だけ…(飛翔撮影は下手くそなのでご容赦を)

【前置き】
Canon 80Dにシグマ150-600Cの組み合わせ野鳥撮影を行っており、その他標準ズーム等も持っていましたが、全て売却してOMに切り替えました。
Canon R7を待とうかなとも思いましたが、OM-1の前評判が良さそうだし、標準ズームや望遠ズーム(花撮りなど)など、レンズラインナップも充実していそうだし、といった感じで決断しました。

【画質】
明暗差がある場面だと多少厳しい部分あり。ホワイトバランスの癖がCanonと異なる気がして、まだ慣れません。
けれど概ね満足。

【操作性】
色々とボタンが配置されていて、慣れてくると使いやすいです。

[AF-ONボタン]80Dの時に親指AFを使っていたので、同じ感覚で使えて嬉しい
[マルチセレクター]AFエリアの移動はやりやすい
[Fnレバー]プリセットした設定を切り替えるのに便利
 1:AFエリア1点
 2:AFエリアカスタム(ALLとLargeの中間ぐらいのサイズをカスタム登録して呼び出している)

その他にも色々と物理ボタンがあり、十分です。
設定に迷った時には、スーパーコンパネを呼び出して視覚的に選ぶこともできるのも良し。

【バッテリー】
自身の撮影スタイルだと3,000〜4,000枚ぐらいは持ちます。
省電力設定にしていて、連写撮影にしているからというのが大きいです。

スタンバイからの復帰にワンテンポ遅れがあるので、撮影対象やシーンによっては省電力設定だと困る方もいると思います。
私の場合は、撮ろうと思った時に「シャッター半押し(スタンバイ解除)→撮影体勢に入り被写体を捕捉→撮影」の流れで特にストレスはありません。
三脚利用で一瞬の飛び出し狙いとかだと困るかもしれませんが、用途によっては省電力設定でかなりバッテリーを温存した使い方もできる、という程度の話です。

【携帯性】
持ち出しやすく満足しています。
300mmF4.0、40-150mmF2.8、12-40mmF2.8 IIの3レンズを所有していますが、システム全体として携帯性が優れていると思います。

【機能性】
手振れ補正は強力です。
EVFはとても見やすくて気に入っています。

AI被写体認識AFは信頼度に欠ける場面もありますが、クセがわかってくれば便利です。L-Fnボタンのあるレンズが必要になりますが、AI被写体認識AFのON/OFF切り替えをすぐに出来るように設定しておいて対処すれば十分かなと。頼れそうな場面が理解できてくるまで、練習(感覚の慣らし)が必要かも。

その他にもハイレゾショットや深度合成やら機能が沢山のようですが、付加価値的なところは試してません。

【液晶】
見やすいです。

【ホールド感】
ガチっと掴めて良いです。
左手で双眼鏡を覗いて野鳥を探す際、右手だけで「OM-1+1.4倍テレコン+300mmF4.0」を掴んでいますが、掴みやすくてボディのしっかり感もあり、安心感が高いです。

自身の手は、成人男性の一般的な大きさに当たると思います。

【総評】
散策(野鳥、花、昆虫、風景、など)が楽しくなるカメラです。
雨にも強いので、多少雲行きが怪しそうな時も神経質にならず、撮影を楽しめます。(積極的に濡らすわけではないですが、心に余裕が持てるというか)

「絞り」「シャッタースピード」をある程度自分で指定して、あとはカメラ任せでパシャパシャ撮っています。
動き物(野鳥の飛翔シーン等)はほとんど撮らないのもあると思いますが、AF速度や精度、連写性能など、基本的な撮影機能がしっかりしていてストレスが少なく撮れるので満足しています。

ただ、純正ソフトのOM Workspaceは動作が遅く、またキヤノン純正のDPPに比べるとなんだか使いづらく(※雑ですみませんが、操作性とかがイマイチ)、この点は少々残念です。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ほ〜り!さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
36件
レンズ
0件
11件
電子レンジ・オーブンレンジ
0件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質3
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性3
液晶3
ホールド感4
機種不明最初は目にピントが合っている
機種不明追従しない・・・ 手前の板に・・ 使い方が悪いのか
機種不明それでも鳥初心者の私が撮れない絵が撮れるのは楽しい

最初は目にピントが合っている

追従しない・・・ 手前の板に・・ 使い方が悪いのか

それでも鳥初心者の私が撮れない絵が撮れるのは楽しい

機種不明頑張って使いこなします。
   

頑張って使いこなします。

   

銀塩OM-1からのユーザです。
愛犬の撮影に、SONYも所有するようになりましたが、EM-1Xで犬認識が入ることを期待・・
OM-1発売となることを聞きつけ早速予約
発売日から使って2か月ちょっとですが、まだまだ使いこなせていません。
A9のオートトラッキングが楽すぎます。

【デザイン】
EM-1Xのほうが好みかな、でも慣れの問題なので、個人的には気にならない

【画質】
EM-1の頃から凄いと思ったことはない(レンズは総じて高評価)

【操作性】
OM-D使いならば、メニューが便利になったなあ・・ と感じると思います

【バッテリー】
バッテリー充電器別売りは戸惑ったが、
USB充電になれると特に問題はないが、ローテーションしたいのでやっぱり必要

【携帯性】
小さくて 軽い GX7MK2や Fuji E-1と比べても同じくらいの感覚

【機能性】
機能は十分ですが、AFは改善の余地が多分にあり、α9を普段使っているが、まだ手放せない
【液晶】
可もなく不可もなく、Lumix S1のような感じでも使いやすかったのでは
【ホールド感】
M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PROを付け、土砂降りの中
ストラップ無しでも安定してグリップできた

【総評】
値段もお手頃、EVF見やすくオリンパスユーザには期待感満載の機種ですね、
AFのアルゴリズムは正直最悪ですが・・ 食いつき設定で変わるのかカスタマイズで何とかなるのだろうか、今は S-AF FNボタンに鳥認識OFF MFでと忙しく撮影しています。
土砂降りの中でも安心して使える

犬が走り回るの追っかけるのは だいぶ楽になりました。
鳥は・・・ 枝やら障害物を 何故・・・という事が多々・・・ 
これが治ればかなり楽しい道具になりそうです。


レベル
初心者
主な被写体
子供・動物

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

takensさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
1件
4件
デジタル一眼カメラ
1件
2件
プリンタ
0件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質1
操作性5
バッテリー4
携帯性3
機能性4
液晶4
ホールド感4

【デザイン】
これはほんとに傑作だと思います。
過去は5系のデザインが好きで1系はイマイチと感じていましたが今回は見事なにデザインと感じました。
【画質】
良くなっている、という記事は見ますがどうなんでしょうね…
良くも悪くも変わらずのM4/3画質と思いました。
他社品と併用をはじめたので多くの方が言うM4/3の高感度は、、ボケは、、というのが分かってしまったせいでそう感じるのかも。
PROレンズは確かにキレキレですが、最終的に出来上がった写真を見るとAPS-C+それなりのレンズの方が懐が深い感じです。
どうしても限界までチューニングしての画質でピーキーな印象があります。
M4/3だけ使っていたら大満足だったのかもしれません。
【操作性】
オリンパス(OMDS)はずっと使っているので慣れていますし、より使いやすくなっており大変満足しています。地味なところですがMY MENUは相当使いやすくなったと思います。
確かに設定、カスタムには最初は時間掛りますが使いこなせるととても便利です。
【バッテリー】
大容量のお陰か持ちも良いです。ただ充電器含めお値段がなぁ…
【携帯性】
良いと思います。
ただ他社の大きなセンサー積んだカメラも小型になっていますので大きなアドバンテージは無いかと。望遠レンズも他社の新しいものは小型の提案あるので最近は微妙かと思います。
【機能性】
文句は無い、と言いたいですがスペック通りを期待するとAFはがっかりしました。上手くいくときもあるのですが少し条件悪いと迷う迷う(笑)
大袈裟な広告はOMDSになっても踏襲されているという印象です(笑)
AFの精度以外は何度もありで大満足です。
【液晶】
EVFは本当に綺麗です。今までからすると感激するレベルでした。
モニタはあまり変わってないのかな?
【ホールド感】
特に問題無いです。
【総評】
この値段で全部入りで他社に無いライブNDや手持ちハイレゾなんてありますのでお得なカメラと思います。
AFは過度に期待しない、トータルでもさほどど小型軽量でもない、暗いときの画質はあまり期待しない、と色々ネガティブなこと言いますが強力な手振れ補正、レンズを含め信頼の高そうな防塵防滴、比較的求めやすい価格なのでカメラに湯水のようにお金を掛けられない層にはとても良いものだと思います。
趣味ですのでこの程度写れば十分で機械やレンズを弄るのが好きな私にはてんこ盛りの機能が付いた良いカメラです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ETACHANさん

  • レビュー投稿数:40件
  • 累計支持数:92人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
7件
11件
デジタル一眼カメラ
3件
12件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
4件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質3
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感4

 EM-1M2との比較での感想です。
【デザイン】
 多少変わってきていますが、EM-1のデザインを踏襲しています。
【画質】
 よくなっているとの評判ですが、正直あまり変わっている感じはしません。
【操作性】
 マルチセレクター、タッチパネル、そしてメニュー画面使いやすくなっています。
 ただ、モードダイヤルにオートがなくなったことや再生ボタンが押しにくくなったことなど、多少使いにくいところもあります。
【バッテリー】
 容量が増え、前より持ちはよくなっています。
【携帯性】
 これは、変わりありません。
【機能性】
 MUと比べるとオートフォーカスが抜群にいいです。いまいちという人もいますが、MUからの買い換えたかいが十分あります。鳥も新幹線も合掌率が格段にあがりました。
【液晶】
 とてもすっきりして見やすいです。特に望遠レンズを使用すると、強くかんじました。
【ホールド感】
 ここは、まあよくなったのかなあといレベルです。
【総評】
ソニー、キャノン、ニコンのフラグシップと比べれば、まだまだとなるかもしれませんが、この値段でこの機能、また、持ち出しやすい携帯性も考慮すると、EM-1M2ユーザーは買い換える価値は十分あります。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
その他

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ため。さん

  • レビュー投稿数:51件
  • 累計支持数:214人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
14件
73件
レンズ
21件
32件
一眼レフカメラ(フィルム)
1件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感5

OM-D E-M1君からのジャンプアップ
機能は使いきれてない私ですが
ハイレゾとか
物凄い進化を感じますね。(当たり前か)
最後になるのかな?OLYMPUS銘が
泣かせます。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Bahnenさん

  • レビュー投稿数:35件
  • 累計支持数:260人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
8件
381件
デジタルカメラ
2件
125件
カメラその他
0件
75件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感4
当機種このような、構図だと被写体検出が、できない事もありました
当機種このような、構図だと被写体検出が、できない事もありました。トリミングしています。
当機種このような、構図だと被写体検出が、うまくいきます。60コマの中より選びました。

このような、構図だと被写体検出が、できない事もありました

このような、構図だと被写体検出が、できない事もありました。トリミングしています。

このような、構図だと被写体検出が、うまくいきます。60コマの中より選びました。

OM-1の取扱説明書の、「被写体検出」の説明を読むと、
「鉄道車両を検出します。車両や運転席などに追従してオートフォカスします。」

などと書いてありますが、それなら鉄道が画面にあれば、すべて撮れるかと読めるが、これが ちょっと無理。

風景のなかの小さめに鉄道車両だと 間違って建物の窓とか、築堤のコンクリートの補強枠を車両の窓枠と間違って合わせようとする。

車両が小さいからダメだったと思うと、真横から飛び出してくるみたいな場所で撮ると、これが、失敗することがある。


うまくいくは、前面 運転席が全体が見える作例3番目みたいな、撮影。

レンズM.ZUIKO DIGTAL ED 40-150mm F2.8PRO
1.4倍テレコンバーター M.ZUIKO DIGITAL1.4× Teleconverter MC-14
などを使って200mmになって、C-AF+TRで被写体検出「鉄道」で連写 私は1秒に15コマに設定。
1/800 f6.3で撮影して車両が画面から、はみ出すまで撮影しました。
結果として4秒間に60コマ撮れています。
これ全部 ピントが合っている。
これが凄い。

主な被写体
その他

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

RYOU44さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:80人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
80件
ドローン・マルチコプター
1件
5件
レンズ
2件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質3
操作性4
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種手持ち5秒 ガイドOn 焦点距離10.5mm 立った姿勢にて
当機種ISO5000 手持ちハイレゾ 暗部のノイズはありますが、嫌な感じはあまり無し
当機種ライブコンポジット15秒 水面が不自然になります

手持ち5秒 ガイドOn 焦点距離10.5mm 立った姿勢にて

ISO5000 手持ちハイレゾ 暗部のノイズはありますが、嫌な感じはあまり無し

ライブコンポジット15秒 水面が不自然になります

当機種ISO1600 カメラJPEG 撮って出し
当機種手持ちハイレゾ40-150mmPRO ISO1600 F5.6 SS1/8
当機種鳥認識

ISO1600 カメラJPEG 撮って出し

手持ちハイレゾ40-150mmPRO ISO1600 F5.6 SS1/8

鳥認識

発売日に購入して使用して1ヶ月ちょっとのレビューです。

E-M1Mark2からの買い増し。
EVFの改良、外部給電の対応、ライブND64、被写体認識AF
それらに魅力を感じて購入しました。

20220427 一回目のレビューです。今後追加していくかもしれません。

【デザイン】
オリンパスらしいデザインです。OLYMPUSのロゴは社名変わったのなら
変えてほしかったです。

【画質】
カメラのJPEGや、純正ソフトでの現像はかなり高感度ノイズも抑えられ
美しい画像になっており積極的に高感度使おうと思わされます。
ただ、マスク処理をした現像をしたいとなるとlightroomを使用することに
なるんですが、これだと高感度時のノイズ感がかなり強くE-M1Mark2と
あまり変わらない画質です。
もともとPurerawを使用していたので、最終的な評価はソフトが
OM1に対応してからここは判断したいと思います。

【操作性】
設定画面は従来のメニューからかなり変化しているので戸惑いましたが、
よく使うものはマイメニューにいれると使いやすくなります。

自分用の設定をしっかりできれば、かなり使いやすくなりそうです。
被写体認識AFが反応しにくいとき、S−AFのシングルに切り替えるとき
fnレバーなどに設定するとシャッターチャンスも逃しにくくなります。

マルチセレクターの操作性は自分にはあまり合わない感じなので
真ん中押したらセンターに戻すという設定で、あとは十字キーでAF
ポイント調整してます。

【バッテリー】
追加でバッテリーを一個買い増ししています。プロキャプチャなどを
使わなければ1日一個ギリギリかなという感じです。とはいえ予備が
ないと不安感じます。プロキャプチャ使ってると、交換したものを充電できる
ならば問題なし。できないなら、もう一つ予備で欲しくなります。

【携帯性】
ある程度の大きさはありますが、出張のときも撮れる機会あるなら
持っていこうと思える感じです。自分のなかでは適切な大きさです。

【機能性】
手持ちハイレゾの画質は本当に遠景の細かな部分まで明瞭にしてくれます。
夜景で低速シャッターでは合成失敗するとき高感度にしますが、ノイズ感も
少ない感じです。
ライブNDは水の流れでは自然な感じですが、花筏なんかでは不自然な感じ
に仕上がったりもしますので使い所は自分なりに研究が必要そうです。

被写体認識は、手前に障害物があるとピントが引っ張られることがあります。
そうはいっても、従来の機種ではピントがあわないようなシチュエーションでも
使っていけることが多いです。
被写体が少し遠いと、なかなか認識しないのがもどかしいところがあります。

【液晶】
EVFはくっきり見えます。またナイトモードでの画質がかなり向上しており
かなり暗いところでもピント合わせにもつかえます。
電源投入時に一度真っ白になってから見えるようになるのが違和感があります。
こまめに電源切ってると急ぎのときちょっと待つ感じです。
また夜景撮影していると、EVFが明るすぎて目が痛くなってきます。ナイトモードでEVFもさらに暗くならばと思います。

【ホールド感】
持ちやすくて、一般的なレンズであればバランスの悪さを感じることもないと
思います。

【総評】
この機種を買って、後悔はありません。
ただ一番の売りでもあるAF機能が、あと少し安定すればと思います。
もう少し遠くから認識して欲しいのと、手前のちょっとした障害物にピントが
引っ張られないように。

ボタンのカスタマイズ性も高いのですが、メニューボタンを右側のほうに
割り振りできるようにして欲しいです。長秒ノイズや、プリキャプチャの枚数
設定の変更など被写体を見ながら今まで切り替えていたので不自由に感じます。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スモールまんぼうさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:261人
  • ファン数:36人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
1437件
レンズ
2件
579件
デジタルカメラ
0件
7件
もっと見る
満足度5
デザイン無評価
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性無評価
機能性5
液晶4
ホールド感4
当機種AF微調節:+1、鳥認識AF
当機種AF微調節:+1、通常撮影
当機種AF微調節:+3、鳥認識AF

AF微調節:+1、鳥認識AF

AF微調節:+1、通常撮影

AF微調節:+3、鳥認識AF

当機種AF微調節:不明、通常撮影
当機種AF微調節:+4、通常撮影
当機種AF微調節:+4、通常撮影

AF微調節:不明、通常撮影

AF微調節:+4、通常撮影

AF微調節:+4、通常撮影

発売日に入手し、AFの癖や設定など試行錯誤して「止まり物系」が少し落ち着いてきたかな?になったので、レビューを書いてみます。
なお、飛翔物はチャンスがないので保留です。
野鳥撮影に使用しているため、話がかなり偏っています。

●画質
高感度撮影としてISO1600までしか上げた事がないが、E-M1MarkIIIよりは撮って出しjpeg写真が綺麗に見える。
ただし、撮影シーンによってはISO1600でもザラつきある写真になるため、手放しでは喜べない。

●操作性
・メニュー
以前よりは分かりやすくなったものの、目的の設定が何処にあるか悩むことがある。

・最悪な部分
前ダイヤルと後ろダイヤルが凹み気味、ダイヤルが堅いため回しにくい。
十字キーも凹んでいるため押しにくい。
Fnレバーが短く切り替えがしにくい。
特に厚手の手袋を履くと操作性が一気に悪くなる。
E-M1MarkIIIの方が正直良かった。

・もう少し何とかして欲しい部分
特に冬期間に困る点。(厚手の手袋の時)
E-M1MarkIIIの時も同じだが、フロントボタン同士が近すぎて操作が非常にしにくい。(故に殆ど使う事が出来ないボタンとなっている)
AF-ONが他のボタンと同様で、フニャッとしたボタンでストロークが長いため押した感が把握しにくい。
AELボタンのような感覚の方が分かりやすい。

・良かった部分
AF-ONが親指付近に出来た事でマルチセレクターを不用意に触ることがなくなった。

●バッテリー
容量が大きくなったので、撮影枚数がかなり伸びた。
ただし、冬期間に1回の撮影で1本で足りるかどうかは不明。(E-M1MarkIIIの時は2本必須)
バッテリーの形がカマボコ型になったので、電池の方向が一目で分かるのが地味に嬉しい。

●携帯性
E-M1MarkIIIとほぼ同じなので省略。

●機能性
インテリジェント被写体認識が追加され、正しい使い方(AFエリアと被写体認識AFのかみ合い)が今一つ把握出来ていないが、鳥認識AFに関しては条件を選ぶもののまずまずの精度。
ただし、認識するまでに一呼吸するイメージがあるため、普通に撮影する方が手っ取り早いイメージもある。
飛翔シーンなら便利になりそうな印象。

バッファーの容量の小ささとメディアへの書き込みが足かせか、連写を謳っている割に待ち時間が発生する事は残念。

AFエリアのsingle等の移動ステップが大きすぎて、非常に不便。
ユーザーに自由に設定出来るようにファームで変更して欲しい。(スポット測光のAF追従がsingleとsmallしか使えない)

single使用時のスポット測光がピント合焦位置と本当に連動しているの?と思う事がしばしばある。

他の機能は殆ど使用していないため省略。

●液晶
背面液晶の解像度が上がったので見やすくなった。
EVFもE-M1MarkIIIより綺麗で見やすくなった。
しかし、プレビューをEVFで等倍表示させると画質が悪い。

●ホールド感
グリップが少し太くなった事もあり、M.300mmF4+MC-14の組み合わせでもホールド感がE-M1MarkIIIより良くなった。

●AFに関して
・C-AF
デフォルトでは、前ピン気味になる率が非常に高くAFの精度に難がある。
ただし、AF微調節で調整すれば、ある程度問題は改善可能。
(注:AF微調節は自己責任でお願いします)
初めは+1〜+2で撮影でシーンによっては前ピン気味に見える事があり、+3〜+4に変更してテストを続けた。
+3は概ね良好、しかし、鳥認識AFで撮影すると静止している小鳥を撮っていても目にピントが合ったり合わなくなったりと不安定。
+4だと、通常の撮影も鳥認識AFも良好。
レンズの個体差や撮影者の好みもあるので、AF微調節が必須とならない可能性もあるので要注意。

被写体と背景が似通った色合い、暗めな場所というシーンでは、ピントが後ろに抜ける率が高く、E-M1MarkIIIよりは良いものの手放しでは喜べない。
また、枝被り気味のシーンでは手前の枝にピントが合って、singleターゲットでも抜けない事が多々ある。
鳥認識AFでは鳥の顔がハッキリ見えれば手前の枝が回避出来る事もあるが、やはり枝の方にピントが合う率が高い。
そのようなシーンはS-AFを使うとピントが合う率が上がる。

・S-AF
E-M1MarkIIのファームVer3.0から、私には使えない状態(ピン甘写真量産)が続いていたが、OM-1になって再び使えるようになった。
C-AFのテストに時間をかけていたため、S-AFの合焦率をきちんと把握していない。

・鳥認識AF
通常のAFエリアと鳥認識AFとのかみ合いがマニュアルに何も書かれていないため、どのように設定して使うのが一番良いのかが分からない。
そのため、現時点ではあまり使用していない。
撮影に余裕があれば、再度テストしたいと思う。

・中央優先AF
名前の通りに動作していないというか、中央からスタートすら殆どしない。
エリアの隅からスタートすることが多く、ピントが意図せぬところにピントが合うため使いにくい。
早々にファームで改善して欲しい。

●総評
E-M1MarkIIIよりAFの精度が上がり、ガチピン写真の枚数が増えた。(AF微調節を調整後)
また、高ISO感度の写真も以前よりは良くなった。
喜ばしい事である。
しかし、これから色々なシーンで撮影していくうちに不満が出てくる可能性は大である。
フルサイズも軽量超望遠レンズが発売され、手ぶれ補正も強くなっている。
m4/3機の利点が徐々になくなりつつあるので、今後も高感度の画質をより良く、AFの精度もより高くする必要があると思う。
特にAF精度はフルサイズと比べると劣っているので、早急に改善して欲しい。

なお、OM WorkspaceでExif情報を見ても、AF微調節が表示されない写真が多々あり設定を決めるのに手間取った。
何故、全ての情報が安定して見られないのか?が不思議。

長々と書きましたが、何かの参考になれば幸いです。


アップ写真はカメラ撮って出しjpegのままです。(シャープネス+1)

レベル
アマチュア
主な被写体
子供・動物
その他

参考になった38

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

kosuke_chiさん

  • レビュー投稿数:213件
  • 累計支持数:7557人
  • ファン数:73人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
45件
1563件
レンズ
108件
286件
ビデオカメラ
1件
115件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

今回、センサーとエンジンが刷新され、基本的機能(画質・AF)が飛躍的に格上げされたので、E-M1 MarkII, G9から3年ぶりにマイクロフォーサーズに戻って来ました。

普段、フルサイズ機を使っていますが、フルサイズ機との使い分けでマイクロフォーサーズを使う理由は、旅行等で背景をなるべくぼかさずに撮れることと、レンズが軽いのでトータルで軽量化できる点です。
マイクロフォーサーズ機はこれまでPanasonicを含めて13台使ってきましたが、3年前に一旦マイクロフォーサーズから離れたのは、やはり画質が物足りなかったからです。

Panasonic 含め、何年もほとんど進化が無かった高感度耐性や暗部階調、画質のキレといった部分が新センサーと新画像処理エンジンで刷新されました。要するに、連写コマ数や被写体認識、EVFや液晶のドット数のようなところではなく、基本的な画像が別物となったのが実感できます。これまでは低感度でもノイジーで画像処理で無理をしていたと感じるものが余裕を持った画像に変わっています。

それ以外では、全体的にキビキビとレスポンスが良いと感じるのと、メニューが旧SONY、Canonと似たものになり、個人的には使いやすく感じます。また、手持ちハイレゾショットの生成時間が5秒に縮小されたことで実用的になったと感じます。また、センサー読み出し速度が約2倍になったことで、電子シャッターで1/100のフラッシュが使えるようになり、基本的に日中フラッシュ時を除き電子シャッターのみの運用を考えています。

同時に予備バッテリーと充電器のセットを購入しました。2個用充電器ですが、これが非常に便利。一眼レフ・フラグシップ機やCanon R3に付属する巨大な2個用充電器の半分以下の大きさで軽量です。旅行に行くと朝から夜まで外出するのでバッテリーは1.5個くらいは最低でも使うのですが、1個用だと寝る前に充電をセットして真夜中に目覚めた時に交換するか、朝起きた時に交換するかですが、朝だと外出までにフル充電できません。軽量小型で2個用だと非常に重宝します。あと、カメラに付属のUSBコードが硬質で使い辛く、スマホの充電器がPD対応なので、これでいくことにしました。

電源スイッチはもちろん右手。Fnレバーに割り当てました。が、自分は撮影の度に電源スイッチをON・OFFするため終日の撮影だと右手親指が痛くなり、その時は元の左側スイッチに戻します。(これは便利です)

OM-1はこれまでのマイクロフォーサーズ機とは別物と考えて良いと思います。

【追記】約1カ月使用しての追加レビューです。
野鳥撮影をメインとされる方のレビューが多いですが、スポーツ撮影や旅行、日常のスナップ撮影でもオールマイティにこなせます。ニコンZ9にプリキャプチャー機能が搭載されたり、フルサイズ・高画素機が増えてマイクロフォーサーズ機の望遠効果というメリットも薄れてきましたが、カメラとレンズが軽いというのが一番のメリットに感じます。

改善要望点になりますが、画質に関する設定項目がやや少なく、調整間隔が細かくないのが不満点です。他社機では10段階調整可能なところ、本機は+−2段階のみで1メモリで絵が大きく変わってしまいます。

もう1点は、人物顔・瞳認識が、画面全体のみではなく、AF枠内にある顔に特定できる機能を搭載して欲しい点です。サッカー・ラグビーのようなチームスポーツやグループのダンス等だと多くの顔が認識され、動いていると選択する余裕などありません。加えて、トラッキングAFの強化です。

この辺りは決してセンサーサイズの問題ではないでしょうから、フルサイズ機でできていることなら、対応していかなければ、マイクロフォーサーズ機は性能が悪いとなってしまいます。

また、現在メーカーで対応中と思いますが、被写体認識と実際のAF位置がずれる点です。仕様として発売したとは考えられず、ある特定の個体のみに発生するものなのでしょうが、ファームウェアのアップデートで修正されるまで、被写体認識や人物顔・瞳認識が使えず封印しています。
例えば、鳥認識だと被写体認識システムで鳥の瞳に枠が出ていても、実際のAFは胴体に来たり、人物だと瞳に枠が出ても、実際のAFは鼻や口に来るといったものです。要するに、被写体認識とAFが連動していない不具合です。

粗削り感はありますが、ファームウェアのアップデートで改善されていくことを期待しています。

参考になった91人(再レビュー後:25人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

GTI-TCRさん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:172人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
15件
0件
デジタル一眼カメラ
5件
1件
三脚・一脚
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

まだ数回しか使っていませんのでファースト・インプレッションです。
M4/3はPEN-F、E-M1Xを所有、その他Panasonic S5、富士フイルム GFX50Rを使っています。今回のレビューはこれらの機種との比較を行っています。

【デザイン】
最高です。オリンパス→OMDSのデザインは群を抜いています。E-M1Xと比べて曲面を用いているためスポーツカーのようなスマートな印象。ダイヤルはE-M1Xと比べると質感が少し落ちるかもしれません。背面の液晶を裏返すとシボ革が張ってあり思わずニヤリ。E-M1Xはそっけないプラスチックですが、PEN-Fも同じようにシボ革で、フイルムカメラを彷彿させるギミックです。

【画質】
E-M1Xと比べて、高感度ノイズ・低照度時撮影のノイズが少ないような気がします。PEN-FからE-M1Xのときもノイズ減ったかな?と思いましたが、少しずつ改善してるのですね。フルサイズと中版も使っていて、M4/3の画質は必要十分と思っていますが、やはり嬉しいです。もう少し悪条件で使ってみて再評価しようと思いますが、カメラ内現像やワークスペースでのJPEGはノイズ少なめとの評価を見ます。Lightroom派なので対応が待ち遠しい。

【操作性】
シャッターフィールは軽め、E-M1Xと変わりありません。背面のボタンはE-M1Xと比べて小さめで、E-M1Xは各々のボタンの形状を変えていて触感でボタンの違いを認識できるようにしていましたが、OM-1では均一のボタンとなりました。ボタンは小さいですが、適度なクリック感があり操作性に問題はありません。大きく変わったのは液晶画面のメニュー構成です。これまでのオリンパスユーザーは戸惑うでしょうが、慣れの問題かと思います。

【バッテリー】
E-M1Xから変更となりました。保ちはいいと思います。被写体認識機能を使い、連写を行っても十分な保ちと思います。給電もできるので予備バッテリーは不要かもしれませんが、私は予備バッテリー派。バッテリーが1万円とは高い気もしますが、本体付属+予備1つで1日中撮れます。バッテリー容量が増えるのはいいですが、従来機種(E-M1X)との互換性がなくなるのは面倒・残念です。

【携帯性】
OM-1をE-M1Xに追加購入したのは、このサイズ感によるところが大きいです。やはり、小型・軽量は機動力・写欲喚起に大きなアドバンテージです。これだけの機能・堅牢性があってこのサイズというのは最大の魅力だと思います。

【機能性】
これは文句のつけようがありません。使いこなせないほど機能てんこ盛りです。風景撮影メインで使っていますので私の使い方ではE-M1Xから被写体認識に重きを置いていませんでしたが、OM-1の鳥認識は凄いですね。鳥の眼にピントが行きます。これまでは風景のアクセントに鳥という撮り方でしたが、鳥が主役の撮影も楽しめそう。サーキットにも久し振りに撮りに行きたくなってます。新しい被写体にチャレンジしたくなります。鳥専門の方でなく風景中心の方も強化されたライブNDや星AFなど嬉しい機能がありますからお勧めです。手持ち・三脚ハイレゾはフルサイズや高画素機に対抗できる武器になり得ます。

【液晶】
EVFが大きく明るく高精細なのが嬉しいです。ディレイも気にならないレベル。個人的には明る過ぎる位です。背面液晶も全く不満はありません。

【ホールド感】
最高に握りやすいグリップです。E-M1Xも握りやすいと感じましたが、OM-1は軽い分、片手だけで十分にホールドできます。手に吸い付くようなホールド感と言ってもいいくらいです。

【総評】
最新鋭の機能を備え、レンズサイズも含め機動力に長けたOM-1に、改めてM4/3の良さを実感しました。M4/3とフルサイズと中版を併用していますが、OM-1を買って良かった思います。コンピュテーショナル・フォトグラフィーを打ち出したOMDSの今後が楽しみ。飛び道具的に語られていますが、鳥専門カメラということではなく、風景撮影も含めたオールマイティーなカメラとしてM4/3ユーザーはもちろん、他マウントのユーザーにも使って欲しいカメラです。M4/3の豊富なレンズは選ぶのも楽しいですし、システムの拡張性という意味でも言うこと無し。最先端の機能を惜しみなく搭載した末永く使える名機の誕生です。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景

参考になった30

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ranko.de-suさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:128人
  • ファン数:68人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
684件
デジタル一眼カメラ
2件
579件
レンズ
0件
149件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

【デザイン】 今、所有しているE-M1markUとほとんど同じで
       塊り感がOlympusらしくて好きです

【画質】 今までのオリ機に比べて微細な写りは良いと思います
       (パナ機の絵に近い様な  あくまで私見です)

【操作性】 Olympus機を使用している人は問題ないと思いますが
      初めてオリ機を使う人は戸惑う事があると思います
      (E-M1Xに比べれば分かりやすいですが)も

【バッテリー】 普通

【携帯性】 E-M1Xに比べてビックリするほどグーですね!

【機能性】 プロキャッチャー、AI認識モードを始めとして
      色々な機能がてんこ盛りで、機械音痴の私には
      使いきれません(勉強中)

【液晶】  今までのオリ機に比べて別物です

【ホールド感】手の小さい私にはピッタリですが手の大きい人は
       小指が遊ぶかもしれません
       (別売のバッテリーグリップが必要かも)   

【総評】  E-M1MarkII OM-D E-M1X OM-D E-M10 G7 GH5 G9とMFTを使用して
      きましたが最新のポルシェが最高(最速)のポルシェの通り
      最新のカメラが最高のカメラですねぇ(MFT史上)

レベル
初心者
主な被写体
風景
子供・動物
その他

参考になった37

このレビューは参考になりましたか?参考になった

とるならさん

  • レビュー投稿数:108件
  • 累計支持数:4307人
  • ファン数:64人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
79件
2件
デジタル一眼カメラ
23件
1件
デジタルカメラ
3件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

ファーストインプレッションに屋外での連写・追従AF・手ぶれ補正などの経験を追記。

【デザイン】
全体的にマグネシウム合金製のボディとなっており、堅牢でしっかりとしたカメラと感じます。
ただし、コマンドダイヤルはプラスチック製となり、質感が少し低下しています。
付属品として小型フラッシュ FL-ML3が付いてきます。

【画質】
ISO感度を上げた際のRAW現像時のカラーノイズは従来機と同程度。
改善を感じるにはボディ出力のJPEGかOM Workspaceでの現像が必要です。
Adobe Lightroomなど社外製ソフトでハイレゾショットのRAWを現像すると、従来通りディテールが少しソフトです(従来通り)。パナソニックのハイレゾと比べると細部のシャープネスで劣ります。

JPEG出力時はノイズリダクションの効き目が良く、ディテールを維持しつつ上手くノイズを処理しています。弱やOFF設定でもカラーノイズは抑えられていますが、シャドウや低コントラスト部はディテールが崩れる可能性あり。それでも従来機よりも非常に良好な結果を期待できます。

JPEG画質が良くなっているものの、カラープリセットに大きな変化は見られません。
個人的にはソニーBIONZ XRのように、モダンな仕上がりのプリセットが増えると良かったです。

ダイナミックレンジは従来通り。最近の機種らしく、ハイライトの粘りよりもシャドウのノイズを軽減するような実効ISO感度となっています(実効ISOが少し低く、露出後の増感が少ない)。ただし露出は白飛びを回避しようとする傾向あり

【操作性】
E-M1 Mark IIIに近い操作ですが異なる部分があり、E-M1Xのようにシャッターボタンとダイヤルが分離しています。ダイヤルは大部分がボディ内に隠れており、指の腹で大胆に操作が出来なくなっています。特に厚めの手袋を装着していると使い辛いかもしれません。

AF-ONボタンが追加、ボタンカスタマイズに「AF-ON」機能が追加。かなり押しやすいです。
他のボタンに「AF-ON」機能を割り当てることが可能となりました。

【バッテリー】
大容量となり、従来機と比べて改善しているように感じます。
また、USB-PD経由で給電操作しつつバッテリーを充電できるのは便利と感じました。

【携帯性】
E-M1 Mark IIIとほとんど変わりません。

【手ぶれ補正】
手ぶれ補正は従来通り非常に良好。
手ぶれ補正アシストが思いのほか便利で、ライブビュー中・スローシャッター中に手ぶれを認知しやすくなりました。1~2秒の手持ち撮影でも安定した結果が得られるように。
ただし、高速シャッター時も表示されるので、手動でオフにする必要があります。

【AF】
E-M1Xのように被写体認識AFに対応しています。新たに犬や猫、そしてその他の動物も検出するようになりました。

被写体検出の頻度はまずまず良好ですが、検出が途切れやすく、その際のC-AF+TRが厄介。
特にC-AF+TRは乗り移りやすく、処理速度が向上したOM-1はさらに前景に引っ張られやすくなったように感じます。瞬間的な出だしは良好で、特に近距離戦では強力ですが、シャッター半押しの時間が長い場合は追従が不安定となります。この辺りのアルゴリズム改善は必要かなと。

低照度AFは良好になったような気もしますが、迷うときは迷います。
また、低照度のAF中にバンディングノイズが発生します。

【連写】
追従50コマ秒・固定120コマ秒の驚異的な連写速度。
追従50コマ秒はAF性能と相まって特に近距離で武器になる性能と感じました。

ただし、バッファが一瞬で詰まり、SD UHS-IIへの書き込みで待ち時間が発生します。
バッファクリアが高速なCFexpressがせめてSlot1にあると良かったです。

プロキャプチャーモードの撮影枚数が従来比で2倍となっているのは驚きました。
非常に便利な機能ですが、連写中にカメラがシャットダウンすることが多く、SDカードの問題なのか、カメラの問題なのか確認中です。

【ハイレゾショット】
処理時間が短く使いやすくなっています。
前述したように、RAW現像時はディテールが少し甘いです。

【メニューシステム】
ニコンライクな構造からキヤノンライクな構造へと大きく変化。
スタイリッシュで使い辛くなりました。
メニュー項目ごとのデザインにも手が加えられ、力が入っています。
第一層のタブを方向ボタンで操作できないのが非常に使い辛い。
左右の方向ボタンで階層を行き来できない場合が多いです。
部分的にファームウェアアップデートでの改善を期待。

【EVF・LCD】
ファインダーがOLEDとなり、高彩度・高コントラストで見やすくなっています。
撮影体験の質が改善。

【ホールド感】
E-M1シリーズと同じくしっかりと握ることが出来るグリップ。
従来機と比べて光軸から右側のウェイトが重くなり、そのぶん親指を置く場所が広がっています。

【総評】
粗削りな部分もありますが、新しいものへ挑戦する勢いを感じます。

とは言え、既存のOM-Dユーザーは全く新しいメニューシステムにつまづく可能性あり。
構成が変わり、操作方法が変わり、若干使い辛いメニューシステムは慣れが必要。

超高速連写は魅力的ですが、SD UHS-IIがボトルネックとなり連続的な使用は出来ません。実際には連写速度を落としてバランス良く使うのが無難かなと。ただし、プロキャプチャーモードで70コマまで遡及できるようになったのは素晴らしいことだと思います。

高ISO感度の画質は特にJPEGで向上していますが、如何せんカラープリセットの更新が無く、JPEGを使ってみたいと感じる場面が少ないのは悩ましいところ。E-P7のプロファイル機能があると良かったのですが…。

粗削りな部分も多いですが、徐々に改善を期待したいところ。
全体的に見て、20万円ちょっとで連写性能・AF性能・センサー性能のバランスは良いと思います。

ブログにてレビューを連載予定です
https://asobinet.com/tag/om-1-review/

Flickrにてオリジナルデータを公開予定です
https://www.flickr.com/photos/145268771@N04/albums/72177720297431037

レベル
初心者
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
その他

参考になった76人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

副収入万歳!さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
34件
レンズ
0件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5

元々、E-M1mk2と12-100mmを愛用していましたが、OMー1を買い足しました。
本業は観光地や旅館ホテルをお客様とする営業で、休日は観光ガイド兼カメラマンで趣味を兼ねた副収入を得ています。
E-M1mk2は、副収入のロケハン用として導入しまして、個人的に気に入ったので個人用として家族旅行などでも使っています。OM-1もロケハン用として買ったのですが、試験期間を経て、本番撮影もカバーしています。

会社からは仕事用としてフルサイズミラーレスとキットレンズが貸与されています。観光地のブランディングを提案するための企画書に使用する写真を撮っています。

【デザイン】
好き嫌いの範疇なのであくまでも個人的な意見として。
ペンタ部分のデザインは前モデルの方が好き。
密度の高いギアが好きなので、持っていて心地よい。

【画質】
従来機でも日中屋外では不満はありませんでした。
屋内ではISOを抑える必要があり、手ぶれ補正でそこそこの画質で撮っていましたが、OM-1に替えてからは実用レベルを軽々と超えています。JPEG出力がメインですが、満足できる写りです。
フルサイズと同じ被写界深度にすれば2段分ISOを下げられます。観光地での人物撮影は、被写界深度が深い方が好まれるケースが多く、マイクロフォーサーズのデメリットは感じません。

【操作性】
前後ダイヤルは従来機の方が好きです。とくに前ダイヤルは径が小さく、慣れが必要です。

【バッテリー】
従来機のバッテリーと互換性がないのは残念です。
前よりも容量が増えて交換頻度が減りました。

【携帯性】
有償で提供する写真として求められるグレードを満たすレンズが400g以下。マクロレンズ、望遠ズーム、標準単焦点レンズ、標準ズームレンズをすべてカメラバッグに入れても余裕がある。三脚が不要になったメリットも大きい。

【機能性】
手ぶれ補正が優秀で、撮影の自由度が上がった。柵から身を乗り出して草花を撮るとき、頭上の桜や新芽をクローズアップで撮るとき、ハイアングルやローアングルなどの撮影に適している。夕景や朝焼けなどの光量の少ない時間帯でもISOを上げてもノイズは抑えられるので、強力な手ぶれ補正と組み合わせて撮影範囲が広い。

【液晶】
あまり重要視していない。
実用上困ることも、驚くこともない。派手さはないが色の再現性が高く使いやすい。

【ホールド感】
超望遠は使わないので、これで十分。
単焦点Proレンズや40-150mm F2.8とのバランスが良い。フルサイズだとバランスの悪いレンズが多かった。

【総評】
とにかく撮影機会が多くなる。
自由度が高い。
ボケ量が少ないのが欠点のように言われるが、実際に単焦点レンズを使えばフルサイズのF2.8クラスのズームレンズと同じ程度のボケ量で、さらにボケ質が良い。
暗所が弱い印象もあったが、同じ被写界深度でフルサイズと比べれば遜色はない。ただし単焦点レンズが求められるシーンはフルサイズよりも多い。

個人ユースで言えば満足度は最高レベル。
少年野球は、手持ちで望遠レンズ(フルサイズ換算600mm)を手持ちで撮れて素晴らしかったが、サッカーやバスケットボールはAFで狙って撮るのは少し難しいかも。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景

参考になった15人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

OM SYSTEM OM-1 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

OM SYSTEM OM-1 ボディ
OMデジタルソリューションズ

OM SYSTEM OM-1 ボディ

最安価格(税込):¥245,520発売日:2022年 3月18日 価格.comの安さの理由は?

OM SYSTEM OM-1 ボディをお気に入り製品に追加する <689

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意