iFi ZEN CAN Signature 6XX レビュー・評価

2021年 7月下旬 発売

iFi ZEN CAN Signature 6XX

  • ヘッドホンの人気モデル「Massdrop × Sennheiser HD 6XX」用のActiveEQを装備したヘッドホンアンプ。
  • 6dB刻み(0dB、6dB、12dB 、18dB)に4つの設定が可能。これにより接続されたヘッドホンにアンプを精確に合わせることができる。
  • ステレオRCA入力端子と3.5mmシングルエンド入力端子のほか、6.3mm出力端子と4.4mmペンタコン・バランス出力端子を装備。
iFi ZEN CAN Signature 6XX 製品画像
最安価格(税込):

¥41,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥41,800

eイヤホン

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥41,800¥49,500 (3店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥41,800 〜 ¥49,500 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ヘッドホンアンプ iFi ZEN CAN Signature 6XXのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • iFi ZEN CAN Signature 6XXの価格比較
  • iFi ZEN CAN Signature 6XXの店頭購入
  • iFi ZEN CAN Signature 6XXのスペック・仕様
  • iFi ZEN CAN Signature 6XXのレビュー
  • iFi ZEN CAN Signature 6XXのクチコミ
  • iFi ZEN CAN Signature 6XXの画像・動画
  • iFi ZEN CAN Signature 6XXのピックアップリスト
  • iFi ZEN CAN Signature 6XXのオークション

iFi ZEN CAN Signature 6XXiFi audio

最安価格(税込):¥41,800 (前週比:±0 ) 発売日:2021年 7月下旬

  • iFi ZEN CAN Signature 6XXの価格比較
  • iFi ZEN CAN Signature 6XXの店頭購入
  • iFi ZEN CAN Signature 6XXのスペック・仕様
  • iFi ZEN CAN Signature 6XXのレビュー
  • iFi ZEN CAN Signature 6XXのクチコミ
  • iFi ZEN CAN Signature 6XXの画像・動画
  • iFi ZEN CAN Signature 6XXのピックアップリスト
  • iFi ZEN CAN Signature 6XXのオークション

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.43
レビュー投稿数:6人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 5.00 4.33 1位
音質 音質の良さ 5.00 4.47 1位
操作性 操作のしやすさ 4.30 4.21 19位
機能性 搭載機能が充実しているか 4.70 4.14 11位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

iFi ZEN CAN Signature 6XXのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

チャイルドタイガーさん

  • レビュー投稿数:69件
  • 累計支持数:228人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
5件
3件
グラフィックボード・ビデオカード
7件
0件
マザーボード
5件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性4
 

発熱は中々あるのでおのずと設置は最上段へ

伝わると良いのだがこの濃い〜紺!最高に美しい!

 

iFi ZEN DAC Signature V2と合わせての使用
■まえおき■
このZEN CAN Signatureは3種のバージョンがあり
知らない人には良くわからないであろう6XXとMZ99とHFMの3Verとなる。
今回はHFMの投稿欄がなかったのでこちらでレビューした。
それぞれの違いはヘッドフォンのメーカーor機種で分けられていて
ゼンハイザー6XX
ミュゼオーディオMZ99
ハイファイマンHFM
これらメーカーの代表的な機種に合わせチューニングしたイコライザーの
プリセットが本機に搭載されているという味付けの違いであって
要するにチキンナゲットに例えるならソースが違うだけ、という事になるだろう。
購入時はあらかじめ合わせるヘッドフォンを所有している、もしくは購入する
機種を決めてからという段取りになるだろう。
とは言いつつ、仮に上記のメーカー以外の機種をつないでもEQをONにしなければ
3Verの内どれを買っても同じであり(のはず)問題はない。というか
テキトーにEQをONにしてもマッチしてくれる可能性すらある。
■魅力■
このソースに例えたEQだが、自分の場合はHFMだったのでとりあえず購入した
HE400seと合わせたところアニメの大袈裟なエフェクトが脳内で炸裂
「う、うまいぞーー!」1.5万円クラスのヘッドフォンが5〜10万に
レベルアップしたかのような錯覚を感じてしまった。
(これには実は1.5万のバランスケーブル接続でなおかつXSpaceという本機の機能をONに
してからという条件付きになってしまうが)
詳細はHE400seのレビューの方に書いたがとにかく昭和表現すると「バッチグー」である。
なのでHE400se所有の人には特におすすめしたい。
■機能■
ZENDACにはオミットされている電源スイッチもあって入力切替が
3系統、ゲイン調整は4段階と必要十分ではある。
右端の「XSpace」はONで空間を広くして音抜けがすっきりする。
密閉型はやや開放的に、開放型はより開放感が広がる。無理やり感はない。
■気になるポイント■
欲を言えばボリュームの目印が部屋が暗いと全く見えないので工夫が欲しかった点と
本機の発熱が通電しているだけでも結構上がってくるのでDACと重ね置きするのなら
廃熱効率を考えると最上段に設置1拓になるのでそこがちょっとだけ悲しい。
■結論■
大きさ、デザイン、機能、価格と非常に高いレベルで満足できる製品であった。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

new3さん

  • レビュー投稿数:157件
  • 累計支持数:2134人
  • ファン数:12人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
106件
39件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
20件
85件
ヘッドホンアンプ・DAC
13件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性5
 

 

ZEN CANシリーズは『Air』『無印』、『signature』と3種類販売(DACも同様)されています。私は全て保有してますが注意点も含めsignature xx6を中心にお話したいと思います。

この3機種はAirとsignatureでは倍以上の値段差があります。単純に考えると音質のグレードアップでベストを考えるなら「signature」となるでしょう。またお薦めされる方も多いようです。あえて言いますが『音質の好み』で選択しないと CANシリーズは後悔します。私は3機種の音質を保有してじっくり聴き比べているので分かることです。

無印とsignatureは良い悪い、上下ではなく、思っている以上に音質が異なります。signatureはよりピュアよりで繊細なサウンド空間&余韻表現に優れています。無印から乗り換えると「あれ?元気が足りない、大人しくなったかな?音のメリハリ感が?」と感じる方も一定数おられると思います。無印はパワフルでクール、明瞭感溢れるサウンドなのでロックや打ち込み系音源、アニソンとかにはマッチします。

「signature」はjazz&fusion、classic、女性ボーカル等アナログ系の録音クオリティが良い音源の表現に長けています。(音源がよくないと粗がストレートに出ます)
「Air」に関してですが、「無印」のかなり鋭い明瞭度をややマイルドにしたサウンドで、正直一番聴き疲れしません。バランス接続にこだわりが無ければコスパ&オールラウンド(音楽ジャンル)性では私はベストチョイスだと思っています。

さて、現在売られているsignatureシリーズはヘッドホンブランドのイコライジング機能が固定されてしまっています。「6xx」はSennheiserを持っていなければ殆ど無用の長物です。もし低音域をシンプル&パワフルに強化したいのなら「無印」の<X-BASS>機能を使用した方が良いと思います。

単純に『signature=最上位機種』だからと高額なセットをいきなり買う必要はないでしょう。
たまたま私は女性ボーカル、jazz系を中心に聞いているのでsignatureで満足はしています。

ZENシリーズの他の注意点は電源強化でかなり音の輪郭と空間表現がアップします。ちょっとお高いですが出来れば「iPower」を奢ってあげてください。またパワーのあるアンプなのでギャングエラーがあります。ここはヘッドホン専用とお考えください。(イヤホン向きではありません)

いずれにしてもZENシリーズはコスパ&性能ともに素晴らしく大手各メーカーはちょっと太刀打ちできない状況ではあります。性能的にはちょっと前の20-30万クラスは凌駕してますので!

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ミスターGGさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デスクトップパソコン
0件
85件
ノートパソコン
0件
84件
動画編集ソフト
0件
27件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5
 

 

ヘッドホンゼンハイザーHD600用にとこの機種を購入し、ZEN DAC V2と接続して聴いています。
私は主に60〜80年代のジャズを聴きますが、高音はハイハットとトップシンバル切れること、
低音はベースのピッキングが聴こえないと満足できないたちで、現状ほぼ私の感性を満たしてくれています。
最近HD700の中古をゲットしたので別売りの米国製バランスケーブルで聴いてみたところ、HD600より
はるかに向上し大満足しています。
またスピーカーはJBLの305P MkIIにつないでみたところ、これがまたビックリするほどの音がでます。
安いスピーカーでここまで出ると何か申し訳なさがでてくるほどです。
(JBLさんスミマセン!昔から私はJBLさんの大ファンです)

来月からiFI Audio製品が値上げになるようです。
ご検討中の方は早めにどうぞ!

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Einzbernさん

  • レビュー投稿数:35件
  • 累計支持数:319人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
8件
0件
イヤホン・ヘッドホン
7件
0件
スマートフォン
5件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性3
機能性5

最近になって見つけたのですがゼンハイザーHD 6XXに最適化、ということは自分の愛用のゼンハイザーHD650に最適化されているということなので、これは買わねばと思い購入。
無印ZEN DACと組み合わせて使用しています。

やはりZEN DACだけで使用するより明らかに音に余裕が出ます。
少し前まで無印ZEN CANを持っていたのですが、Apple製品に興味ない人には分かり難いかも知れませんが、Air Pods第2世代と第3世代ぐらいの違いを感じます。
空間全体が強弱を含めた音に満たされるという感じというか、響きがまろやかになって低音がいい感じで鳴ります。だからと言って迫力がなくなったかといえば、音圧を伴ったHD650の低音は健在です。

個人差のある感覚的なことを言語で説明するのは非常に難しいのですが、要するにHD650が好きなら買え!、です。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

空爆ロボさん

  • レビュー投稿数:80件
  • 累計支持数:155人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
8件
0件
ケースファン
5件
0件
ゲーム周辺機器
5件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性4

HD660S購入後満足感が薄く購入にいたりました。

元より所持していたZEN DACに繋いで使用しています。

ボーカル曲からクラシックまで聴きやすい上にクリアで迫力が増しました。
ボーカル曲の時はHD6XX EQだけをONにして、クラシックなどはXSpaceもONにして聴いています。
XSpaceは音場を広げる効果があるとのことで、最近聴いていなかったクラシックの音源も楽しく聴きなおしています。
当たり前かもしれませんが、他のヘッドホンでも音質が向上。
K702も生まれ変わったような音になり、導入して本当に良かったです。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

じゃいあんとはくびしんさん

  • レビュー投稿数:84件
  • 累計支持数:193人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
8件
0件
レンズ
6件
0件
イヤホン・ヘッドホン
5件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

【デザイン】デスクトップに置きやすいコンパクトさ

【音質】ゼンハイザー HD 660 Sと組み合わせで使ってます 低音のゴリゴリした感じがしっかり出るようになりました
今までのアンプではヘッドホンの能力を鳴らし切れていなかったことがわかりました

【操作性】デジタル回路は入ってないので マニュアル見なくても使えます

【機能性】アナログ入力3系統 出力ヘッドホンは2系統 で必要にして十分

【総評】コストパフォーマンスのとても良い製品

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あなたのレビューを投稿しませんか?

iFi ZEN CAN Signature 6XXのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

iFi ZEN CAN Signature 6XX
iFi audio

iFi ZEN CAN Signature 6XX

最安価格(税込):¥41,800発売日:2021年 7月下旬 価格.comの安さの理由は?

iFi ZEN CAN Signature 6XXをお気に入り製品に追加する <41

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意