CLEAR MG レビュー・評価

2021年 4月下旬 発売

CLEAR MG

  • 緻密で臨場感のある音質を再現するマグネシウム・ドームを採用したアラウンドイヤー型オープンバック有線ヘッドホン。
  • ポータブル・オーディオプレーヤーによるドライブも可能な55Ωのローインピーダンス設計を採用している。
  • バランス接続に対応した「XLR-4Pケーブル」とキャリングケースを標準装備。
CLEAR MG 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥153,450

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥153,450¥161,020 (7店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥155,000

店頭参考価格帯:¥153,450 〜 ¥153,450 (全国39店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:開放型(オープンエアー) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:5Hz〜28kHz CLEAR MGのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • CLEAR MGの価格比較
  • CLEAR MGの店頭購入
  • CLEAR MGのスペック・仕様
  • CLEAR MGのレビュー
  • CLEAR MGのクチコミ
  • CLEAR MGの画像・動画
  • CLEAR MGのピックアップリスト
  • CLEAR MGのオークション

CLEAR MGフォーカル

最安価格(税込):¥153,450 (前週比:±0 ) 発売日:2021年 4月下旬

  • CLEAR MGの価格比較
  • CLEAR MGの店頭購入
  • CLEAR MGのスペック・仕様
  • CLEAR MGのレビュー
  • CLEAR MGのクチコミ
  • CLEAR MGの画像・動画
  • CLEAR MGのピックアップリスト
  • CLEAR MGのオークション

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.26
レビュー投稿数:6人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.84 4.18 19位
高音の音質 高音部の音質の良さ 4.51 4.15 89位
低音の音質 低音部の音質の良さ 4.84 4.13 15位
フィット感 装着したときのフィット感など 3.98 4.08 253位
外音遮断性 外の音を遮断するか 2.05 3.81 341位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 2.05 3.78 349位
携帯性 コンパクトさ 1.52 3.83 364位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

CLEAR MGのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

涼木ゆうさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
   

   

購入してから1ヶ月経過したのでレビューしたいと思います。
間違いなく素晴らしいヘッドホンです。

【環境】
PC(Ryzen9 5950X)(Amazon Music WASAPI)
→Universal Audio Apollo solo USB
→LUXMAN P-750u MARKU
→本器
その他所有ヘッドホン
AUDEZE LCD-2C
beyerdynamic T1 3rd.
beyerdynamic DT1990PRO
SENNHEISER HD660S
SENNHEISER HD650

【デザイン】
さすがフランスといったデザインでおしゃれですし、高級感がすごくあります。
実際に手に取ってみると写真で見るよりもいいです。

【高音の音質】
キンキンと刺さる高音はないです。程よく出ており伸びも素晴らしいです。
輪郭がはっきりしたタイプではないですが、艶っぽく出ていて気持ちが良いです。

【低音の音質】
低音はアタックががっつり出るわけではなくスピード重視ではないですが、しっかりと出ています。
輪郭は甘めですが、底から湧いているような低音が鳴っています。下からすべてを支えているような低音です。

【フィット感】
側圧は強くなく程よくホールドしてくれます。

【外音遮断性】
開放型なので無評価です。

【音漏れ防止】
開放型なので無評価です。

【携帯性】
開放型なので無評価です。

【総評】
とにかくすばらしいヘッドホンです。
全ての音に程よく倍音を足してFocalの音を出してくれています。
スピーカーも同社のCHORA826を使用していますが、味付けが同じで非常に気持ちが良いです。
明るく爽やかな音です。
フラットで原音重視の方は少し違和感を感じるかと思いますが、リスニングヘッドホンはこうやってメーカーの音をしっかりと作ってくれる方が自分は好きです。
バランス接続では解像度が上がり少し音の輪郭がはっきりします。
アンバランス接続でも十分にすばらしいヘッドホンです。
どんな音楽にも合うと思います。
開放型らしく音抜けがよく、低音もしっかり出ていて低音不足に感じることはないかと思います。

Focalのヘッドホンはすべて試聴して本器を購入しました。
UTOPIAと比べるとやはり全然違いましたが、STELLIAと比較したとき価格差を感じないほどの完成度でした。

他社のフラグシップにも負けないクオリティだと思います。
開放型のヘッドホンで低音もしっかりと出て明るい音の物を探してるならばどんぴしゃのヘッドホンだと思います。

主な用途
音楽

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

kagayakuenさん

  • レビュー投稿数:32件
  • 累計支持数:295人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
21件
28件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
4件
23件
ヘッドホンアンプ・DAC
7件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感3
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性2

【デザイン】
写真でみるよりも、手に取ってみると高級感があり、本当に工芸品のような作りで、美しいです。ハウジングの網目と金属性のアームの落ち着いた黄金色で、今まで、購入してきたどのヘッドホンよりも高級品を感じ(HD800S・T1比)所有欲が高く、満足感があります。
【高音の音質】
CLEAR MGの高音は非常に滑らかです。特に女性VOCALの高域部分が美麗で、K812にも負けません。特にこの高域のおかげか、女性VOCALでは高揚感のある美声が味わえ、後ろに引っ込んだりすることもなく、前にちゃんと出てきて定位もばっちりです。私自身が高音重視派なので、これまでK812・T1など好んできましたが、FOCALの高域は、なんというか非常に自然で、ヘッドホンなのに、頭内定位を感じず、ちゃんとヘッドホンとして音が聞こえているのに、うるささを感じません。これが、スピーカーのような鳴り方だといわれる所以かと感じています。
【低音の音質】
これです。CLEAR MGは、低音が、底からわいてくるように、深い低音が出ています。ヘッドホンはけっこう、低音よければ高音いまいちとかあるのですが、CLEAR MGは両立しています。開放型なのに、この密閉型かというような低音を出せる、高音と両立させるというのは、これまで、経験したことがありませんでしたので、驚かされました。
【フィット感】
特に問題はありません。しかし、重いですし、最初はアームがきつく感じます。
【外音遮断性】
HD800Sほどではありませんが、漏れていますね。
【携帯性】
携帯することはないでしょうが、非常に、美しいソフトケースがついてきます。まあ、本当にブランド品かよ?というくらい美しく、手触りも見た目も、いや、さすがにFOCAL!!と思ってしまいます(T1 2NDのケースとは比べてはいけません。)このケースだけでも、買う価値あるかもしれません。
【総評】
ヘッドホンもここまで進化したんだなと思え感動を与えられる。特に、開放型なのに、密閉型のような、美しい音場形成と美麗な高音・深い低音、音場の雰囲気とも両立しており、自然でありながらスカスカになるようなこともありません。もし、MDRZ1Rを聞いたことがある方は、イメージが付きやすいかもしれません。開放型ですが、フラットではなく、抑揚の表現と音場形成では、美音という枠で凌駕している感じがしました(Z1Rは荒いです。)まだ、10時間程度の鳴らしなので、真価を発揮するのはこれからかもしれません。あまりにも音が良かったため、早々にレビューしました。また、100時間程度で音の変化も含め追加レビューをします。

主な用途
音楽

参考になった7人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

甘月さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質5
フィット感3
外音遮断性1
音漏れ防止1
携帯性1

Focal「Clear Mg」と「Clear Mg Pro」の比較レビューになります。
以後「Clear Mg」=Mg  「Clear Mg Pro」=Proと表記します。
このレビューではMgの特徴を主に書かせていただきます。Proの特徴をより詳しく書いたのはProのレビュー欄にあります。


Proと比較した際のMgの特徴を簡単にまとめると、人間が心地よく感じる帯域にフォーカスをあて、本来の音に自然な厚みを加えた音楽性あふれるヘッドホンです。


Proは録音した時の音をそのまま聴いている。そんな無機質なイメージを持ちました。
Mgは録音ではなく、自分の目の前で実際に歌っているような自然な音色です。特にボーカルの表現が良く、程よい厚みがあります。日本語かつ女性の声の表現はとくに最高で、周囲の楽器より1歩前に出て歌っているように感じます。主役としての立ち位置とでも言うべきでしょうか。
そして不思議なのがより一つ一つの音を聞くことができたのもMgでした。粒立ちが良いとか、分離感が良いとも言えますね。
Proは埋もれている音はそのままですが、埋もれていることが発見できるからこそのモニターヘッドホンなのでしょうね。
ですが無機質な音色の為、ボーカルの表現力はMgに完敗です。楽器に埋もれ、後ろの方でか細く歌っているようです。


Mgはありのままを聞かせるのではなく、本来埋もれてしまう音に厚みを加え、主役にも負けない力を持たせてくれます。この厚みは本当に自然体で、例えるなら、スピーカーから出た音が部屋の中で反響しあってできた、淡い響きのようなものです。
その点を比較するとProはまるで工場で音楽を検品しているかのようで、Mgは自宅で聴いた際の自然体を表現しています。どちらもリアルな音に違いありませんが、より自然体なのはMgといえます。ただその表現の為に派手さを無くした事が、裏目に出ることも。


私自身、男性ボーカルやロックばかりを聞くのですがMgは優しすぎるのが難点に感じます。
Mgは男性ボーカルにもいい影響を与えてはくれますが、私が好きなのは荒々しい表現であって、優しい音は返って楽しさが失う場合があります。
例えば中低域の量感はMgの方が多いのですが、より深い重低音はProの方が得意なようで、人間が聞き取れる限界の超高音から超低音までをすべて鳴らし切っていると感じます。そしてMgにあった厚みもありませんし、音に角が立っているとも感じます。このおかげでProは男性ボーカルやロックの派手さや、荒々しさを良く表現してくれています。
そういった鳴らし切ることのできるドライバーを同じく搭載しているMgは、あえて中低域にフォーカスすることで音の密度を上げ、厚みを加えることにより、本来埋もれてしまう音すら主役に引き立ててしまうのが、Mgの面白い所です。
面白いのはそれだけでなく、これだけ高音の主張を弱くし、中低域にフォーカスを当てているにも関わらず、音がとてもクリアなことです。私が今までクリアな音だと思っていたT1 2ndやHD800ですらこもって聞こえるのには驚きました。高音域が得意だからと言ってクリアとは限らないということなのですね。


MgとProどちらか1つのみ選べと言われたら、どちらも優れているが故に選ぶのは難しいので、Spotifyで日本Top50と世界Top50を聴いてみました。流行りの曲は大抵の場合Mgの方がいい印象を受けましたがロックやメタル、EDMに絞ればProの方に軍配が上がります。
派手な高音と低音をもったProは、ロックやメタル、英語の歌詞を聴いた際に良さが際立ち、中低域にフォーカスしたMgは、ポップスや日本語の歌詞を聞いた際にその良さが出ます。逆に言えばProはポップスに向かず、Mgはロックに向きません。そう言えるほどこの2つのヘッドホンは癖があります。とくにProで日本人女性のボーカルを聴こうとするのは絶望的です。
ただしこのような弱点はある程度アンプでカバーは可能で、SPL「Phonitor x」で聞いた際にはどちらの弱点も弱まり、良さが際立ちます。
SPLの特徴としてはスピーカーで聞いているような音をヘッドホンで体感することができるのですが、Focalとの相性も素晴らしく、Mgで物足りなかった派手さや高音も良く出てくれます。前面からの音の密度も増して、もはや密閉型でも中々味わえない濃密さです。
Proも派手さが増しているにもかかわらず、聴き疲れることは無くなり、音の密度も増しました。
そしてHD800ほど音が遠くに行かないのも良い。私はあの音の遠さが苦手です。


この2つのヘッドホンは鳴らしやすいので、DAPやポタアンでも十分音量を取ることが出来るのですが、アンプの音にとても素直で、音が変わりやすいヘッドホンとも感じます。その為ポタアンで聴いた時と、よくできた据え置きアンプで聴いた時の差は歴然で、
もし「鳴らしやすいから買う」と言った理由でしたら、あまりお勧めは出来ないです。
特にProは1時間も聴いていると耳が疲れます。今までこんな経験は無かったのですが、こうも高音が派手だと耳にダメージがあるのでしょう。
逆にMgは高音域がさみしく、派手さに欠けてしまう印象です。
アンプを変えるだけでもこう言った弱点は克服できるので、ポータブルでの運用は望ましくないと思いました。


MgもProも共にハイレベルで、それでいて独自性のある音にもかかわらず王道を行っています。Focalがヘッドホンに参入しても成功を収めた理由が分かりました。
ただ難点を上げるとすれば、若干重いです。苦になるほどではないですが、やはり軽さは音楽を聴くうえで重要なのだと思い知りました。
あとは劣化のしやすい素材をどうにかしてくれれば良いのですが…


今回のMgはProとの値段の差を感じさせない出来でした。私は運よく状態のいい中古品に巡り合えたので、2つともほぼ変わらない値段で得られました。それで考えるとMgはコスパがいいとも思いますが、もはや10万円を超えるとコスパなんて考えるのは止めです。さっさと自分が満足できるヘッドホンを探し当てるのが唯一のコスパだと思います。
そう思いながらこの2つに苦しめられているのですがね。

比較製品
フォーカル > Clear MG Pro
主な用途
音楽

参考になった13人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nBanjoさん

  • レビュー投稿数:81件
  • 累計支持数:952人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
24件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
9件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

■私的な比較評価
私が使用したハイエンドヘッドホンモデルたちの使用感に基づいて相対的に比較したときの評価(10点満点)です。
・AKG/K812:評価6点
・beyerdynamic/T1 3rd Generation:評価7点
・SONY/MDR-Z1R:評価8点
・本機:評価9点 ←★私のイチオシ★

■本機の使用感
フラットバランスで全帯域で耳にやさしい繊細/軟調なサウンド。
中音から高音にかけて伸びやかで心地よい。
中音から低音にかけて程良い厚みがある。
と言ったように、SONY/MDR-Z1Rと似ていそうだが、オープンエア型ゆえに音ヌケが良く、SONY/MDR-Z1Rよりも締まりのある音に感じられる。
つまり、全体的に伸びやかな美音と迫力/メリハリを上手く両立させていると言えそう。
そして、比較モデルの中では使用しているスピーカー(DALI/OBERON3)の音質に一番近い印象となる。
老舗スピーカーメーカーであるFOCALらしく、スピーカーの音を基準にスケールダウンしたようなチューニングをしているのかもしれない。
古いオーディオファンである私はスピーカーリスニング中心の時代の感性なので、私的な音質の良し悪しの評価はスピーカーの音を基準とするわけで、このFOCALのような音作りには非常に好感がもてる。
また、比較モデルの中で音質的に一番クセがなく素直且つ美麗で味わい深い印象だった。
重量450gで比較モデルの中で一番重い。
そのため側圧はやや強めとイヤーパッドのクッション性で装着安定感を保つようにされている。
イヤーパッドの表面は非レザーで蒸れにくくなっている。
ただし、超重量級のため長時間使用ではやはり首への負担が気になるかもしれない。
重量以外では気になる点は特になく、音質や本体のビルドクオリティは価格相応の良さを感じる。
私的な総合評価では「FOCAL/CLEAR MG」がイチオシとなるが、その価格は手の出しにくい高価となる。
欧州の老舗メーカーブランドとしては、他のブランド(「SENNHEISER」「beyerdynamic」「AKG」など)よりも日本における一般ユーザーの認知度が低いようであり、その価格設定は「FOCAL」というブランド料が底上げしているような先入観もあって、コスパを考えると敬遠したくなりそうな面があるのではないだろうか?
私も正直なところ実際に使用してみるまではそのようなイメージだったのだが、思い切っての購入は予想以上に満足できる結果だった。
「SENNHEISER」「beyerdynamic」「AKG」などは、近年になって新興メーカーブランドの勢いに負けてしまっている雰囲気があり、老舗としての風格がなっくなったようにも見えるが、「FOCAL」は老舗としてのポリシーを貫いているような気がした。

■リケーブルについて
本機にはアンバランス接続とバランス接続の2つのタイプのケーブルも付属する。
バランス接続タイプはプラグがXLR4ピンタイプで長さが3mなので少々扱いづらい。
一方アンバランス接続タイプの方は長さ:1.2mと短いが当然ながらバランス接続はできない。
と、どちらを使うか迷いそうになる。
そこでリケーブルを試してみた。
私が所有するリケーブルのなかで本機に適合する両出しタイプのものは以下、

1)SONY/MUC-B20SB1
本体接続側のプラグボディ形状が太目になっているので「beyerdynamic/T1 3rd」と「FOCAL/CLEAR MG」のボディには接続できない。

2)ORB/Clear Force
明るくクリアな音質傾向になるが、付属ケーブルよりも中高音よりのバランスにシフトする(音全体の重心が上がる)ような傾向でもあるので、私的には付属ケーブルの方が好みだった。

3)MEZE AUDIO純正の「99Classics/99Neo」モデル用のケーブル(製品同梱と同一タイプ)
「beyerdynamic/T1 3rd」の音質改善目的で探し出して入手したものだが、どの音源/音楽もクセの無い素直且つフォーカスの合った音像となる音質傾向で改善効果アリという印象だった。
ただし、細身で長さ3mという点では華奢に見えるので断線などの注意を払う必要がありそう。

4)Bispa/玲(プラグ:4.4mm径5極バランス接続仕様)
付属ケーブルとあまり音質に違いは出なかったのでやや期待外れだった。
でも、「beyerdynamic/T1 3rd」では付属ケーブルよりも音の印象は良くなる。

5)NOBUNAGA Labs/吹割(プラグ:4.4mm径5極バランス接続仕様)←★私のオススメ★
音質的に付属ケーブルよりも一段とクリアとなり、ヘッドホンの持ち味(ナチュラル/美麗)が際立ってくるような感じになる。
逆に付属ケーブル使用時の音質が端正でない「乱れ」や「淀み」みたいなところがあるように感じてしまう。
私的にはもう少し長め(1.8m〜2mくらい)だったらベストと言えそうだったのだが。
因みに「NOBUNAGA Labs」にはもう一つ本機に適合するものとして「華厳」というモデルがあるが、これは銅線(銀コートあり)と銀線のハイブリッドタイプで、私的には他のヘッドホンで使用経験ありで音質にハイブリッド特有のクセみたいな違和感を感じたので、本機では逆効果になる可能性が高いと思われる。
私的には失敗経験からリケーブルはなるべく高純度銅線(銀コートなし)だけのシンプルなものを選ぶように心がけている。
それ故に、本機のリケーブルをするならこれが一番無難でオススメだと思う。

■私のつぶやき
食べ物の「食わず嫌い」というのがあるように、オーディオ趣味の世界でもそうなるケースが多く、結局使ってみないとわからない世界である。
だからと言って、手当たり次第に手を出しているとギャンブルのように泥沼に填まってしまいそうだが。
特に私的な経験上では、リケーブルをあまりやり出すとそうなる羽目になり、最終的に付属か純正のケーブルが最適という結論に落ち着くという無駄骨に終わる。
上記5のリケーブルはたまたま運良く成功したと見なした方がよい。
このようにオーディオ趣味はギャンブルに近いところがあるので、その一線を越えないよう他のオーディオファンたちのための人柱となって、このレビューが役立ってくれればと思っている。

参考になった13人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

stialiagrさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質5
フィット感無評価
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

エージング6時間程度の感想です。

【デザイン 4】
focalは昔からこのデザインですね。いいと思います。
ヘッドホンの伸縮アームに目盛りがついてないのは残念です。
ちょっと話は脱線しますが、欧州の製品、特に車などは旧製品からのデザインを安易に変更せずアップデートしますね。日本製は年式でころころデザインが変わってしまうのでなんだかなあです。

【高音の音質 4】
大変上品な音色です。focalの音作りが色濃く出ていますが、決して上流(DAP)の音色を消し去ってしまうようなことはないです。
上流の音色にfocalの音作りでふんわりと包み込む感じです。原音忠実再生とはちょっと違いますが、過剰な演出やとって作られたような音でもなくただただ自然な音です。
また、mg proで若干感じた金属的な音がなくなった気がします。

【低音の音質 5】
質も量も大変すばらしいものです。個人的に低音は決して支配的にならず、ふと気づくと深く心地よい締まりのある低音が聞こえてくるが好みなのですが、clear mgの低音はまさにドンピシャです。

【空間表現】
このヘッドホンの最大の売りだと思います。開放型なので適度に音が抜け圧迫感を感じませんが、密閉型のような解像度と迫力あふれる音も持ち合わせています。
さらに他のDAP直でも鳴らせる開放型ヘッドホンと比べ、空間表現能力が著しく優れています。ポタアンなしでもfocal特有のスピーカーのような音場表現を作り出してくれます。
私みたいなDAPの音色をそのまま聴きたい人にとっては大変ありがたい。(ポタアンはどうしても音が変化してしまいます)
PC・スマホ直刺しなどあまりにも貧弱な再生機器だとひどい音しかなりません。



最後に現在所持しているイヤホンTZ700と比較してみます。

高音はTZ700と比べるとより上までよく伸びますが、原音忠実性は少々劣ります。tz700が奏でるピアノの音はイヤホンであることを忘れるほどに生々しくうっとりします。clear mgだと音自体はすごく奇麗なのですが、これがfocalの味付けなんだなあと感じることもあります。

ボーカルはtz700が奥に引っ込み気味なのに対し、clear mgは前にしっかり出てきて聴きやすいです。より音楽的なのはclear mgですが、声のリアルさはtz700が方が一枚上手です。あまりにもリアルすぎてASMRなんかはヤバいです。

低音の質はどちらも素晴らしく甲乙つけがたいですが、tz700の低音の量はclear mgを聴いたあとだと明らかに不自然だと感じます。また、tz700は低音周辺の帯域の解像度が弱く、クラシック音楽・交響曲だと楽器の一つ一つの音色を追うのは困難です。

解像度・空間表現はclear mgの圧勝です。これはイヤホンでは勝てっこないですね。

付属ケーブルの音色に特に不満がないためリケーブルの予定はないです。



(↓時間がありましたら読んでみてください。)
【6/29追記・理想の再生機器について】

個人的にtz700とclear mgの音作りはよく似ていると思います(特に低音の鳴らし方は瓜二つ)
今まで様々なヘッドホン・イヤホンを試してきましたが、ようやく自分にとっての理想の再生機器が分かってきたように感じます。


tz700は原音忠実性と生々しさを両立させた音色で大変すばらしく、他のイヤホンやヘッドホンでは聞いたことがない音です。
一部の楽器やボーカルだけがリアルで生々しく聞こえるイヤホンは他にもあります。tz700はそれらとは違い、出てくる音自体がピュアです。
ただ、曲によっては低音の量の不自然さや空間表現の曖昧さが目立つこともあります。

clear mgはまるでスピーカーのような自然な低音と音場表現です。ちょっとおおげさかもしれませんが頭の周辺に仮想的なオーディオルーム(空間の壁)を作り出しその中で聴いている感じです。
このような音場表現が作り出せるイヤホンはもちろん、ヘッドホンも存在しないと思います。
他のヘッドフォンでありがちな、密閉型のような籠り・音圧の圧迫感(抜けの悪さ)を感じてしまったり、開放型のようなヘッドホンの音場の壁が完全に取り払われ逆に落ち着かない感じとは違います。
音色はfocalの味付けがされていて自然だとは思いますが、リアルさというか原音忠実性があともう一歩です。。改めてtz700の音色が他では出せない唯一無二だと感じます。


tz700のような音色、clear mgのような空間表現。私にとっての理想です。
幸運にもこのようなヘッドホン・イヤホンに出会えましたらまたレビューを投稿したいと思います。
↓↓↓
【最終追記】
理想の音が見つかりました。
TechnicsのEAH-TZ700です。
詳しくはTZ700のレビューを参照してみてください。

参考になった5人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

fe2008さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

【デザイン】
個人的には最高に好きです。めちゃくちゃかっこいい。
ビルドもしっかりしていて高級感があります。
【高音の音質】
Clear OGがちょっと高音が刺さるな思った方はMGでは改善されていると思います。高音のディテールを残しつつよりスムーズにになっています。
【低音の音質】
低音もしっかりなります。が、決してベースヘビーではなく程よい音量と質があります。
【フィット感】
若干重めではありますが、装着すると気にならない程度です。ヘッドバンドのパッドと柔らかいイアパッドで付け心地はよいです。
【サウンドステージ】
オープンバックなのである多少の横の広さはありますが、オープンバックとしては近めにまとまっている感じに聞こえます。
【イメージング・解像度】
解像度がフラグシップレベルと比べてやはり劣るところがあるので、個々の楽器、音源のセパレーションが混ざる感覚があります。音のディテールと輪郭のクリアさを求めるのではClear MGの上をいかないと難しいです。
【ダイナミックス】
Focalのドライバーはスピード感のあるパンチが特徴ですが、十分あると思います。フラグシップクラスと比べると締りが若干劣りますが。
【外音遮断性】
オープンなので評価なし
【音漏れ防止】
オープンなので評価なし
【携帯性】
携帯していないので評価無し
【総評】
Clear OGからは全体的にアップグレードだと思います。個人的にはより好みなフリークエンシーレスポンスになっています。ベリリウムドライバーの上のクラスと比べてしまうとさすがにディテールの再現が全然違うのですが値段的にしょうがないかなという感じです。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

CLEAR MGのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

CLEAR MG
フォーカル

CLEAR MG

最安価格(税込):¥153,450発売日:2021年 4月下旬 価格.comの安さの理由は?

CLEAR MGをお気に入り製品に追加する <42

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意