JBL 4367 [単品] レビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
JBL 4367 [単品] 製品画像

画像提供:e逸品館

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥750,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥750,000

e逸品館

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥750,000¥750,000 (2店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥720,000

販売本数:1本 タイプ:ステレオ 形状:フロア型 再生周波数帯域:30Hz〜40kHz インピーダンス:6Ω JBL 4367 [単品]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

購入の際は販売本数をご確認ください

ご利用の前にお読みください

  • JBL 4367 [単品]の価格比較
  • JBL 4367 [単品]の店頭購入
  • JBL 4367 [単品]のスペック・仕様
  • JBL 4367 [単品]のレビュー
  • JBL 4367 [単品]のクチコミ
  • JBL 4367 [単品]の画像・動画
  • JBL 4367 [単品]のピックアップリスト
  • JBL 4367 [単品]のオークション

JBL 4367 [単品]JBL

最安価格(税込):¥750,000 (前週比:±0 ) 発売日:2015年12月

  • JBL 4367 [単品]の価格比較
  • JBL 4367 [単品]の店頭購入
  • JBL 4367 [単品]のスペック・仕様
  • JBL 4367 [単品]のレビュー
  • JBL 4367 [単品]のクチコミ
  • JBL 4367 [単品]の画像・動画
  • JBL 4367 [単品]のピックアップリスト
  • JBL 4367 [単品]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > スピーカー > JBL > JBL 4367 [単品]

JBL 4367 [単品] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.35
(カテゴリ平均:4.52
レビュー投稿数:3人 (試用:2人)
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.68 4.41 -位
高音の音質 高音部の音質の良さ 5.00 4.38 -位
中音の音質 中音部の音質の良さ 5.00 4.42 -位
低音の音質 低音部の音質の良さ 5.00 4.17 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 2.90 4.42 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

JBL 4367 [単品]のレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

TS S6さん

  • レビュー投稿数:56件
  • 累計支持数:394人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
9件
24件
AVケーブル
21件
0件
プリメインアンプ
10件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質5
サイズ1

4367WX、小型スピーカーはスターリング・ブロードキャストLS3/5aV2

E-800/DP750/PS-530

スピーカーケーブルとジャンパーケーブル一体化WTS-SP5600(ケーブル工房TSUKASA)

音質チェック用に使用したCD

Ls3/5aV2のシステム構成 L-305/D-380/ES-1200

4429/MA8000/DCD-SX1/Ls3/5aV2/カイラス

音質面

4429や4338ともまるで音質が違う、4367が2ウェイなので音のまとまりが良く
JBLの中では音像定位に優れて、解像度や透明度が高く繊細な質感表現をするが
あくまでもJBLサウンドである。


1曲目の音質確認のチェックSACD
雑誌オーディオアクセサリー159号の付録
SACDサンプラーの11曲名、
ヤコブ・フィッシャー・トリオのマイ・フーリッシュ・ハート
ギター、ベース、ドラム

チェック項目
ギターとベースの音が太く、暖かみの有る音で鳴るか。(私の好み)
数か所のフレーズでギターの音が分離しているか確認。


2曲目音質確認のチェックCD
古い時代の録音されたCD
オスカー・ピーターソン・トリオ プリーズ・リクエストの
6曲名ユー・ルック・グッド・トゥ・ミー 1964年録音
ピアノ、ベース、ドラム

チェック項目
古い時代に録音された音源を最新のシステムで音楽が気持ち良く聴こえるのかを確認。

ベースの弦を弓と指を使っての演奏で、弓と指の質感の違いや量感の確認、
強弱とリズムがきちんと再現できているか確認。


機材 
4367/ C52 /MC452/DCD-SX1/ケーブル:アコリバのトリプルC

1曲目
この組み合わせでは、音を支配しているのがC52とアコリバのケーブルで
写実的な表現になり音の質感が細く冷たく感じる。
セパレートアンプのせいか解像度と見晴らしが高く、ベース、ギターの流れる演奏が1音1音に音に芯があり分離が良く、耳で追うことなくギターの技巧をこらした演奏を明瞭に聴き取れる、音の輪郭が滲む事がない。
この音をだす4367はJBLの中では本当のスタジオモニター型スピーカーだと思う、
ただこの素晴らしい音では、残念ながら私は長時間視聴出来ない。

2曲目
古い時代に録音された音源は、システムの解像度と透明度が高すぎて
粗が目立ち聴けたものではない、音楽がリズミカルに聴こえない。


機材を変更
4367/E-800/DP750/PS530/電源ケーブル/ケーブル類ケーブル工房TSUKASA

1曲目
E-800がA級動作のせいか音に温が増して音の太さも少しアップした。
E-800とケーブル工房TUKASAのケーブルを使うことで低域表現が良く成り
力感がアップしてベースの音が気持ち良く弾む
解像度と透明度は落ちるがブラシの情報も聴き取れる。
ギターの複雑な演奏ヵ所をダンゴ状態にならないで聴き取れることができる。

2曲目
古い録音音源は聴きやすくはなったが、ボリュームを上げると粗が出る。
ベースの演奏でイントロと終盤で弦に弓を使っての音と
指での弦の違いも響きの深さが表現されていた。
量感がタイトで満足は出来ない、録音状態事態がベースをコンパクトに
まとめ音のキレを重視している、JBLスピーカーであればタップリな量感だが、
4367は低域表現がバランスのとれた表現をする、
テンポは良いがもっと量感も欲しい。

4367は音の傾向がJBLの中では素直なせいか、機材やケーブルに敏感に反応して
音の表現の変わる振り幅が大きいです、音楽ジャンルも幅広く対応出来ます。


狭い部屋で4367を使う注意点。

ブービーな低音問題。
4367はタップリな量感ではないが、狭い部屋ではブービーな低音に成るので
対策として良質なスピーカー用オーディオボードとルーム・チュニングや、
イコライザーを使う方法もあります。

共振と共鳴問題。
床下の強度を上げる工事はしていますが、38cmウーファーの共振と音圧は凄いです。
大型のウーファーを使っている人はたいていアンプのボリュームを上げます、
そうしないと重たいウーファーが動かないので、生きた音がしないのです。
ボリュームを上げれば、共振も大きく成ります、そしてダイレクトに来る音圧です。
身体に感じる音圧は音楽を聴くリアリティが増して良いのですが、
オーディオラックが軋む音やいろんな物が共鳴します、
部屋全体の音が濁ります。



設置
大きくて重たいスピーカーを狭い部屋に設置するにはスペースが限られて、
スピーカーをベストな状態で設置するのは難しいです。
重たいのでスピーカー用オーディオボードを他のボードとの
比較する事も出来ませんでした。

広い部屋で聴く事が出来れば4367は格別な音を聴かせてくれるはずです。


ジャズの女性ヴォーカル物について。

オーディオ仲間に4367とLs3/5aV2の女性ヴォーカル物を聴き比べすると
「良い物を聴かせて貰った」「勉強に成った」とLs3/5aV2を絶賛してくれるが、
4367を褒めてくれる人がいない・・・・
一人もいない・・・・
4367は色気でLs3/5aV2に負けているのです。

女性ヴォーカルだけはLs3/5aV2とL305の組み合わせは特別に相性が良過ぎるのである。

オーディオシステムの金額が高ければ何でも良い音で鳴る訳ではなのです。

1つのシステムで満足できる音をだしたいです。

オーディオで作りあげたい音質
音に太さと温かみが有り、豊かな量感と力感が伴って、音がボケないホドホドの
解像度と躍動感の有る音、 長く聴いても疲れないで楽しむ事ができる音。


4367WXは、綺麗な音で音楽のジャンルを選ばない優等生なスピーカーです。
私的には物足りない面も有りますが・・・
3年と半年、色々と実験的に楽しむ事ができましたので満足度は5点です。


部屋の環境 木造一軒家10畳のオーディオ部屋
ルーム・チュニング:ANKH-V 1台、ANKH-W 4台。
スピーカー:JBL 4367WX 幅560高さ941奥行き425mm重量61.2kg
スピーカー用オーディオボード:タオックSCB-CS-HC65W 2枚 1枚の重量16kg
(スピーカーが重たくて他を確認できていない)


使用目的
ジャズ
設置場所
ホームシアタールーム

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

組紐屋の竜.さん

  • レビュー投稿数:236件
  • 累計支持数:640人
  • ファン数:5人
満足度4
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質5
サイズ5

【デザイン】
現在のJBLのスピーカーらしいデザインで良いと思います。
【高音の音質】
基本的にJBLの大型のモニタースピーカーなので、モニターライクなサウンドですが高音域も十分出ていますね。
バイオリン等の弦楽器の高音域も良いと思います。
【中音の音質】
中域も必要十分に出ていますね。
【低音の音質】
低音域もモニターライクでは有りますが必要十分に出ていると思います。
【サイズ】
サイズは、JBLのモニタースピーカーでは大きいので約20畳以上のリビングでスイートスポット辺りにソファーを置いてゆったり聴くタイプのモニタースピーカーですね。
【総評】
スピーカーも定価ペアで100万円を超えるスピーカーともなると、どのメーカーのスピーカーでも個々個性は違いますが、良いスピーカーは増えて来る印象ですが、このJBLのモニタースピーカーもモニターライクなサウンドでは有るものの良いスピーカーだと思います。

JBL S4700が昔ながらのゆったり聴くタイプのステレオタイプのサウンドで有れば、こちらのJBL 4367は、最近の解像度の高い原音忠実なタイプのモニターライクなモニタースピーカーと言った感じでしょうか。

ステレオも店員さん曰く流行りが有るそうで、最近は解像度志向のモニタースピーカーが近年の流行りとの事。

解像度は、そこそこでゆったり聴く昔ながらのステレオタイプのJBLの大型のスピーカーが良ければ、S4700。モニターライクな解像度思考の大型のJBLのモニタースピーカーが良ければ、こちらのJBL 4367と言った感じでしょうか。

私は、昔のステレオタイプの解像度はそこそこのJBLS4700の方もゆったり聴けて個人的には好印象ですが、こちらの解像度思考の4367も原音忠実なモニターサウンドで良いと思います。

【試聴環境】
マッキントッシュのSACDプレイヤー、プリメインアンプ。
約3年前の試聴会では、マークレビンソンのアンプでも試聴しています。

参考になった5人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

圭二郎さん 殿堂入り

  • レビュー投稿数:846件
  • 累計支持数:1200人
  • ファン数:80人
満足度4
デザイン4
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質5
サイズ無評価

サイズは、さすがJBLと言う感じなので無評価にしまが、そもそもサイズを評価するスピーカーではないですね。

サイズが現す通りに音も壮大で荘厳。
フルオーケストラが素晴らしくすばらしくティンパニの打撃の威力は、まるで本物ように感じます。

女性ボーカルは、まるでそこにいるような等身大の実体感があり、高域は綺麗に伸びボーカルの色艶を着色なしに自然に表現出来る点は素晴らしいですね。

ジャズは、エネルギッシュながらトランペットのか細い哀愁漂う表現も見事に再現されてます。

ただ、私が勝手に思い込んでるJBLとイメージが違うぐらい素晴らしいスピーカーですが、サイズはさすがJBLですね。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

JBL 4367 [単品]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

JBL 4367 [単品]
JBL

JBL 4367 [単品]

最安価格(税込):¥750,000発売日:2015年12月 価格.comの安さの理由は?

JBL 4367 [単品]をお気に入り製品に追加する <14

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スピーカー]

スピーカーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(スピーカー)

ご注意