CineBeam HU70LSB Amazon限定モデル レビュー・評価

2020年 8月21日 登録

CineBeam HU70LSB Amazon限定モデル

  • XPR技術によって830万ピクセルの4K高精細映像を実現した4K対応プロジェクター。大画面でも高精細な映像を楽しめる。
  • 最大140型の大画面を可能にする1.25倍ズームに対応。フォーカスや拡大率をリモコンのショートカットキーで設定できる。
  • Screen Shareで接続すればモバイルデバイスの画面を投影できる。HDMIやSlimport、AVアダプターなどの有線接続にも対応。
CineBeam HU70LSB Amazon限定モデル 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥158,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

価格帯:¥158,800¥158,800 (1店舗) メーカー希望小売価格:¥―

パネルタイプ:DLP 最大輝度:1500ルーメン コントラスト比:150000:1 対応解像度規格:4K CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

※限定モデルのため、購入の際はスペック情報をショップサイトにてご確認ください

ご利用の前にお読みください

  • CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルの価格比較
  • CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルの店頭購入
  • CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルのスペック・仕様
  • CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルのレビュー
  • CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルのクチコミ
  • CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルの画像・動画
  • CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルのピックアップリスト
  • CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルのオークション

CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルLGエレクトロニクス

最安価格(税込):¥158,800 (前週比:±0 ) 登録日:2020年 8月21日

  • CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルの価格比較
  • CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルの店頭購入
  • CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルのスペック・仕様
  • CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルのレビュー
  • CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルのクチコミ
  • CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルの画像・動画
  • CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルのピックアップリスト
  • CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > プロジェクタ > LGエレクトロニクス > CineBeam HU70LSB Amazon限定モデル

CineBeam HU70LSB Amazon限定モデル のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.33
(カテゴリ平均:4.44
レビュー投稿数:3人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.67 4.23 10位
発色・明るさ 発色のよさ・画面の明るさ 4.67 4.44 11位
シャープさ コントラストの高さ・クッキリ度 4.00 4.28 20位
調整機能 調整機能の充実度・使いやすさ 3.67 4.00 20位
静音性 動作音の静かさ 4.33 3.92 10位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 4.67 4.23 2位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

シュナウサギさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

液晶テレビ・有機ELテレビ
0件
11件
プロジェクタ
1件
1件
AVアンプ
0件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン4
発色・明るさ5
シャープさ4
調整機能4
静音性4
サイズ4

前まで使用していたエプソンEH-TW5200と比較して。
約7年使用して液晶パネルに劣化が現れたので買い換えました。
XPR UHD Technologyという0.47インチのフルHDのDMDデバイスを4Kに見せる技術、半信半疑でしたけど4Kテレビと遜色ない4K映像が見られて驚きました。
発色、シャープ、明るさ全てにおいてランプ換えたてのEH-TW5200より綺麗でした。
プロジェクターでゲーム(PS5でエーペックス等)するのですが、映像をゲームにすれば問題なくプレイ可能です。
虹は字幕などの白文字で若干見えます。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

プロジェクターfanさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プロジェクタ
1件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン5
発色・明るさ4
シャープさ4
調整機能3
静音性4
サイズ5
   

   

三洋LP-Z3(1280×720画素 3板液晶、約15年前の製品)からの買い替えです。
11/末Amazonのブラックマンデーにて ¥ 128,800で購入

去年から、4Kプロジェクタの安価なものを検討していました。
比較対象 EH-TW7100/7000、ViewSonic X10-4KE、 BenQ HT3550
決め手は下記です。
・LED光源 従来の高圧水銀灯光源よりも、立ち上がりや放熱性、寿命等
      多くの利点あり。小型化に有利。
      (懸念は1500lmとやや低めの明るさ)
・設置可否 私の環境では、約3m前後の投射距離が適切(X10-4KE は短焦点過ぎてNG) 
・価格   予算 20万円以内

【デザイン】
 スクエアなデザインで無駄な飾りがなく、気に入っています。

【発色・明るさ】
 ・当初、1500lmと低めの明るさを心配してましたが、私の環境(照明off,遮光)
  では全く問題ありません。 
 ・発色 いわゆる色再現性では全く問題ありません。
  ただし、多くの人が指摘している「黒浮き」は、確認できます。
   (まだ、画質は追い込んでいません)
  実際は、映像に没入すると気にならなくなります。
 ・グレースケール再現性(白黒階調)
  黒から白への階調再現は、途中でバランスが崩れることなくOKです。
  (液晶テレビで物によっては、バランスくずれあり)
 ・立ち上がり時間 10-15秒程度で、待たされる感なく、すぐ使えます。
  LED光源自体は瞬時に点灯可能ですので、システムの立ち上がり時間等のため
  と推定されます。

【シャープさ】
 ・4K画像で視聴が少なくコメントできませんが、フルHD画像では全く
  問題ありません。 画素つぶれもありません。
 ・1枚のDLPでは、光源を切替えるため、レインボーノイズが宿命ですが、
  私の場合、ほとんど気になりません。
   (R/G/B-LEDでのホイールレス効果かは不明)
 ・レンズでの色倍率収差 ゼロではありませんが、気にならないレベルです。
  (白黒変化点で色がつく現象:レンズ中心より周辺で目立つ傾向) 

【調整機能】
 ・レンズシフトがないのは最初からわかっていましたが、設置には少し苦労します。
  (あくまでも、レンズシフト付との比較です)
 ・当方では写真にあるように、板を横から延ばし、蝶ねじで吊り、調整してます。
  プロジェクタ位置そのもので調整するため、設置設計時点で、ピッタリな
  位置決めが必要になります。
  なお、天地の切替は自動で行われます。(設定不要)→取扱説明書に記載なし
 ・取付穴の大きさ/位置の情報は、メーカからは少なく、現物確認しました。
  ※ご参考まで 取付ねじ:M4 穴深さ約10mm(内有効長さ約5mm)
   取付穴寸法:幅130mm(スクリーンと並行方向)、奥125mm(スクリーンと直角方向)  
 ・ここまで書きましたが、設置してしまうと、設定性の悪さはおしまいです。
  乗り越えると欠点ではなくなります。

【静音性】
 ・LED光源の発熱が少ないため(消費電力210W)、60mm角(?)のFAN2個内蔵で、
  十分な放熱ができるようです。高圧水銀灯のような消灯後の空冷FAN動作はありません。
  無音とはいきませんが、うるさい感じはありません。
 ・高圧水銀灯によくあるケースからの光漏れは皆無です。(凄い)

【サイズ】
 ここも、LED化の恩恵があるところで、床面積ほぼA4サイズ、高さ100mm 
 3.2Kgと 天吊りに苦労はありません。

【ネットワーク】
 ・LAN内蔵で、Amazon Prime、Youtube等が手軽に見ることができます。
  最初は、おまけ程度と思ってましたが、便利です。
  アレクサ連携も可能のようです。(これから設定へ)
 ・Bluetooth(Ver4.2)も何かと便利です。(遅延は気にならない=ゲームしません)
 ・ファームウエア Ver 3.00.07 (購入時で、UP Dateなし)

【総評】
・1年間待った甲斐がありました。 128000円の価格でこの性能に満足です。
 (新型コロナのため、事前の現物確認なしでしたが、結果オーライでした)
・レンズシフトがついていたら、満点になります。
・LED光源化で、小型・軽量・素早い立上り・長寿命と多くのメリットを享受できます。
・この製品はレビュー等の情報が少なく、 piyokopyokoさんに続いて投稿しました。
 少しでも、ご検討中の方に参考になればと思います。
・明るさ重視でなく(暗室に近い環境で使う)、コスト重視の4Kをお探しの人に最適。
・台湾、韓国メーカにて4K低価格のジャンルは日本メーカの存在感が薄いです。
 エプソン、JVCに頑張ってほしい。
■参照ホームページ
https://www.projectorcentral.com/LG-HU70LA-CineBeam-DLP-LED-Projector-Review.htm#UHD%20HDR%20Viewing

以上

主な用途
自宅

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

piyokopyokoさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:55人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
ウェアラブル端末・スマートウォッチ
0件
2件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
発色・明るさ5
シャープさ4
調整機能4
静音性5
サイズ5

acerのH6510BDからの買い替えです。
色は悩みましたが、黒がプライムデーで50,000円offだったので、思わずポチリました。
スクリーンはSMH-100HNを、AVアンプはYAMAHA RX-A1050を使用し、アンプのHDMI出力2と本体のHDMI2+光ケーブルで接続し、AVアンプにはDiga、Fire TV Stick(視聴アプリ用)、PCなどを接続して使用しています。

【デザイン】★×5
本体もボタン類もシンプルでわかりやすいです。
リモコンはbluetooth接続の「マジックリモコン」が付属、黒仕様はリモコンの背面のみ黒になります。リモコンには「netflix」と「prime video」のダイレクトボタンがあり非常に便利。
本体にアプリ追加機能はありますが、TVerなど国内アプリは見当たらないので、目的に応じて別途「fire tv stick」など対応端末を用意する必要があります。

【発色・明るさ】★×5
カタログ値は1,500lmですが、4chLEDの効果によるものなのか、光源を交換したばかりのH6510BDと比較しても暗いとは感じません。
発色は好みによると思いますが、いくつかあるプリセット画質が万民受けするように設定されているようで、可もなく不可もなく用途に合わせて切り替えて使っています。

【シャープさ】★×4
「疑似4K」とはいえ「FullHD」とは全く違います。H6510BDとYoutubeの4K動画で比較しましたが、素人目でも違いは歴然です。スクリーンに近づいてもドットの判別がつかないレベルですし、前述の通り暗くもないので、買ってよかったと思わせてくれます。
DLP特有のレインボーノイズは「ないわけではないです」(あります)が、かなり軽減されていると思いますし、あくまでも個人の見解ですが、気になるほどのレベルではないです。ただし、ピント合わせの調整幅が若干広いように感じたので★−1としました。

【調整機能】★×4
前述の通り、極端な色使いはないので、いくつかあるプリセット画質をうまく使い分ければ気にならないレベル。
細かい設定も可能なようですが、今のところ弄っていません。
IoTも機能は謳ってはいますが、LGが推進しているOCF(Open Connectivity Foundation)に対応したデバイスとの連携に特化している印象。手持ちのラトックシステムの「家電リモコン」の「プロジェクター→LG」のプリセット情報には動くものはありませんでした。
→家電リモコンでの使用方法が見つかったので最後に書き留めます。

【静音性】★×5
光源がLEDでハロゲンと比較して熱量が少ないので、ファンノイズは小さめだと思います。
ただし、視聴場所が本体に近いレイアウトになる方や、夜間に小さな音で視聴することを想定される方は、気になるかもしれません。以上の理由で★−1としたいところでしたが、H6510BDに比べ2ランクは静かなので満点としておきます。
※本体スピーカーは設定時に確認程度に使っただけなので評価対象外とします。

【サイズ】★×5
H6510Bより二回りほど大きいイメージ。とはいえ、決して大きいわけでなくコンパクトな部類になるかと思います。
AVキャビネット内に格納して使用していますが、アンプなど他の機器も黒なので、統一感があり気に入っています。

【総評】★×5
我が家の視聴環境にはちょうど良い商品でした。
1,500lmというカタログ値が心配でしたが、数値以上の明るさで気になることもなく4Kを体感しています。LED光源なので10年間は問題なく使用できそうです。
コストパフォーマンスもさることながら、完成度も高い商品だと思います。

最後に、
2点ほど気になったところを【その他】として書き留めておきます。
【その他】
@ 操作で気になった点
HDMI接続機器連携を前提に設計されている感じで、電源ON/OFF操作に若干癖があります。
電源ONは、本体orリモコンでは問題なしですが、スマホアプリは本体電源がoffの時はネットワーク上で識別できないため、電源ON操作ができません(無線、優先とも不可)。
また、電源Offは、電源ボタンを3秒以上押し続ける仕様ですが、なぜかリモコンではうまく作動しません。
この癖のため設置直後は、
電源ON → @本体 or AリモコンorB「HDMI 1」に地デジチューナーを直結して連動機能を使用
電源OFF → @本体orAスマホアプリorB無信号オフ機能を最短時間に設定して消えるのを待つ
で操作を行っていました。→※この事象を解消するためAを実施しました。

Aスマートリモコンを利用予定の方や、IoT化を検討している方への注意点
・赤外線の受光部が背面にあるため、背面まで赤外線が届かないと利用できない (→我が家はキャビネット内に格納しているため、この問題を解消する必要がありました)
・付属のマジックリモコンはbluetooth接続なので赤外線のスマートリモコンの学習機能は利用できない。
これらを踏まえ、以下の対策を試していきました。
a) 「ラトックシステム」の「家電リモコン」のプリセット情報の「プロジェクター→LG」にあるものは信号が異なるようで使用不可。
b) 「ソニー」の学習リモコン「HUIS」でも「プロジェクター」のプリセットでは使用不可。一度はあきらめましたが、念のため「HUIS」の「テレビ→LG」のプリセット情報を試したところ動作確認が取れました。(※電源ONのみ確認)。
c) b)から、家電リモコンの「テレビ」プリセット情報も利用できるを思い、「テレビ→LG→**UM7500PJA」にて動作を確認。前述の@の電源の問題も電源ボタンを押すだけで消せることを確認。(※プリセットに「netflix」「prime video」のダイレクトボタンもあります)
d) 背面に赤外線信号を届かせるために「赤外線リモコンリピーター」(中継器)を購入し、背面の受光部まで信号を届くよう改修。
これによって、家電リモコン(スマホ)だけで大概の操作が可能となりました。

※マジックリモコンも便利なのですが、ポインターが無駄に出るなど過度の便利機能もあるので、それらも解消することができました。

今後、気になることが出ましたら、追記したいと思います。

主な用途
自宅

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

CineBeam HU70LSB Amazon限定モデル
LGエレクトロニクス

CineBeam HU70LSB Amazon限定モデル

最安価格(税込):¥158,800登録日:2020年 8月21日 価格.comの安さの理由は?

CineBeam HU70LSB Amazon限定モデルをお気に入り製品に追加する <27

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プロジェクタ)

ご注意