スバル レヴォーグ 2020年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スバル > レヴォーグ 2020年モデル

レヴォーグ 2020年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:レヴォーグ 2020年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
1.8 GT 2020年10月15日 フルモデルチェンジ 2人
1.8 GT EX 2021年11月25日 マイナーチェンジ 4人
1.8 GT EX 2020年10月15日 フルモデルチェンジ 6人
1.8 GT-H 2020年10月15日 フルモデルチェンジ 5人
1.8 GT-H EX 2021年11月25日 マイナーチェンジ 2人
1.8 GT-H EX 2020年10月15日 フルモデルチェンジ 13人
1.8 STI Sport 2020年10月15日 フルモデルチェンジ 4人
1.8 STI Sport EX 2021年11月25日 マイナーチェンジ 3人
1.8 STI Sport EX 2020年10月15日 フルモデルチェンジ 50人
2.4 STI Sport R EX 2021年11月25日 マイナーチェンジ 5人
満足度:4.29
(カテゴリ平均:4.28
レビュー投稿数:97人 (試乗:38人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.17 4.33 44位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.04 3.92 50位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.27 4.11 27位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.61 4.20 8位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.52 4.04 9位
燃費 燃費の満足度 2.90 3.87 98位
価格 総合的な価格の妥当性 3.72 3.86 47位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

レヴォーグ 2020年モデルのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

評価アカウントさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:176人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
75件
デスクトップパソコン
1件
0件
ノートパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費1
価格1

旧型レヴォーグから期待を込めて乗り換えましたが個人的にはしっくり来ませんでした。むしろ旧型レヴォーグの方が機能面では成熟していたと思います。今回D型フォレスター乗り換えを決意しましたので、これまでの経験ベースで気になった点をいくつか。

【燃費】
東京都内の走行だと平均燃費6.9km/Lくらいです。e-BOXER搭載したらもっと改善できそう。

【走行性能】
エンジン始動直後のカックン現象を修正してもらうまで悩まされました。時速20km以下で走行するとアイサイト停止状態でも車がブレーキを行いカックンカックンの乗り出し。

【STIの運転モード】
夏の皆が苦しんだ2ヶ月に及ぶアイサイト停止期間中はノーマルモード運転でしたので、正直運転モードで変わるのはハンドルの重さくらいです。コンフォートでもノーマルでも同乗者は分かりませんし、運転手も分かりません。

【タッチパネル操作】
これはスバルの大失敗とも言えるでしょう、せめて頻繁にUIアプデをしておくべきだった。基本的に画面操作しようとするとよそ見運転になるので物理ボタンは安全性に有利だと感じました。

- AVHのON・OFF操作が面倒
- シートヒーターの調整操作が面倒(旧型は物理ボタン)
- AVHの操作をすると地図倍率がリセットされる(日本全国表示になる)
- 運転モード変更時毎回ポップアップ表示がうざい

この点D型フォレスターはエアコンは物理スイッチ。AVHも物理スイッチなので最高です。

【音声操作】
ゆっくり大声で話してもこれほとんど認識しません。タッチパネル操作した方が手間取りません。「エアコンをオフにして」と言うと100%の確率で「エアコンをオンにします」ってしゃべってきて笑います。

【新型アイサイト】
よく言われてますが、従来より左寄りを走るので一般道でのツーリングアシスト利用は路肩接触に注意が必要です。フォレスターでは改善されている事を願うばかり。

また最近は先行車両に20mほどの距離にならないと認識しない事が何度が発生していてカメラ性能上がったよね・・・と謎です。バイクとかだと普通に追突します。

【アイサイトX】
首都高新宿〜代々木のカーブを走行すると急に左によったと思ったら右に行くという現象を体験しています。正直カーブ走行の制御があまりスマートではありません。

これは従来どおり自分でカーブ前からブレーキを踏んで減速して急角度のカーブだけは自らしっかりハンドル操作をした方が効果的です。またカーブ減速も安全面を考慮してか減速しすぎな時があります。

あと高速道路使わないとアイサイトX無意味なので、高速道路利用が1年に数回ならアイサイトXは不要です。かと言って選ばないと買取価格に影響するのでご注意を。

【総評】
タッチ操作に偏ってしまったUIとアイサイト初期不良がなければ理想的な車かもしれません。またアイサイトXは未熟な部分もあり、これを目当てで購入するとがっかりするかもしれないです。これから年次改良を重ねてレヴォーグD型くらいが、おそらくは全ての面で安定するかも。

レビュー対象車
新車
購入時期
2021年5月
購入地域
東京都

新車価格
409万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった75人(再レビュー後:53人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

コスモスクエアさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:156人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
3件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費1
価格3

もうすぐ2万kmに達しそうなので再々レビューです。グレードはSTI-EXです。

エクステリア・インテリアに大きな不満はありません。
ボルドー色のシートはすぐに慣れます。
しいていえば、車の全幅が足りないとは思います。
日本の道路事情を考慮してもここまで長細い車にする必要があるのか疑問です。
駐車場などで他の車と見比べて正面から見た場合、若干バランスが悪い感じがあります。

以下、気になった点を書きます。

燃費は驚くほど悪いというのが正直なところ。
以前、評価2としていましたが1に改めます。
最近、夏場でエアコンを使用しているせいか、
自分の運転が荒くなってきいたせいか分かりませんが、
満タン法で7.2kmしか走りませんでした。
満タン入れても500kmはまず無理で、最近は400km超えた辺りでGSを探し始めます。
ディーゼルからの乗り換えで覚悟はしていましたが、ここまで悪いのかぁという感じ。
比べるのもどうかと思いますが、電気自動車のテスラにも完全に劣る航続距離で、
毎回約9000円の給油代がかかることを思えば、
電気代だけで済むテスラでもよかったかと思っています。
それにこれは私の体感的問題だとは思いますが、残量メーターの減りが最初だけやたら遅くて、
最後の方だけ加速度的に早くなっていくような気がしています。
レヴォーグに乗り換えてから、ガソリン残量とにらめっこしながら、
ドキドキしながらGSを探すといったことが顕著に増えました。
私は走行距離の半分位は高速道路を走行していますが、
それでもこの燃費です。カタログ燃費とは一体何なのかと思います。
この点がこの車最大の不満です。燃費の悪さを甘く見ないほうがいいかと。
他のレビュアーの方は、燃費に対して寛容なご意見をお持ちだなと思います。
自分は不満しかないです。

オートビークルホールドがデフォルトでオンにすることができない。
始動の度、設定を入れ直さなければいけないのは、手間がかかりすぎる。
結局、この点が理由となって、一切使わなくなりました。
毎回設定となると、今はオンだっけオフだっけという余計な迷いが生じてしまい、
この点がとても面倒なのです。
あとはパーキングに入れたときに、自動でサイドブレーキを引く機能がない。
ディーラー曰く、寒冷地を考慮してのことらしいですが、
寒冷地以外のユーザーも多くいる訳で、寒冷地仕様をデフォルトで固定する意味が分かりません。
ユーザーが自分で設定を変更できるようにしないのは、日本企業的限界というか、
テスラのような超合理的企業に大きく劣る点かと思っています。

あと物理ボタンがないのが不満というレビューを目にしますが、
それはガラケーかスマホかというような話で、
今後は物理ボタンよりもタッチパネルでの一括操作の方向で進化すると思っているので、
物理ボタンなど、もっと少なくてもいい位に思います。

フロントコーナーセンサーがないことには不満を感じます。
何度か駐車してみれば体感できるのですが、
レヴォーグは全長が結構あります。
駐車場内での切り返しや狭い道での低速走行時などには重宝する機能ですが、これがついていません。
車外に搭載されたカメラの画像を見ることで一定程度は状況を把握できますが、
それでも、走行中に操作すること自体に無理があり、
画像の角度もいまいちなので実用的ではありません。
では、衝突しそうになったらアイサイトが止めてくれるのかというと、
アイサイトが、今は運転者が操作しているという認識をしていると、
運転者の操作を優先するので、当たるときは当たるというのがディーラーの説明でした。
ちなみに後方についてはセンサーがついているので安心です。
このグレードの車でどうしてつけないの?という感じです。
完全に代替する装備をつけてくれているのならば文句はないのですが。
この車のバランスの悪い点の一つだと思います。

アイサイトXについては思った程使えないなという感じです。
50km以下完全自動運転という機能はほぼないと考えていいです。
これまで通算しても10分も稼働していないと思います。
料金所を認識しての減速機能は、
誤作動も多いですし、料金所では自動運転が強制解除になることが多いので、
あまりありがたみはないです。
衛星から正確な地図情報を取得することにより、
自動運転の精度が上がる所がメリットかと思ったのですが、
体感では違いが分かりません。
また、アイサイトXは使用可能エリアに入るとマークが表示され、
その状態で開始ボタンを押せば稼働するのですが、いちいちオンにするのが面倒くさい。
良い機能なのであれば自動で開始すればいい話ですし、
あまり違いを感じていないので、最近はマークが表示されてても使わないこともしばしばです。
自動車線変更機能も使えるときには使えるのですが、
そもそも車線変更を開始しなかったり、
途中で強制解除になることが多々あるので使ってません。

通常のアイサイトに搭載される機能について
車線中央維持が左に寄りすぎています。
左車線に車があるときは、抜く時に緊張感が走ります。
また、白線を認識できなくなった時には車線維持が瞬時にオフになるのですが、
一気にバーンという感じで解き放たれるので、結構な恐怖感があります。

センサーで自動でリアゲートが開く機能ですが、
反応が悪すぎて一切使ってません。

・総括
走行性能は素晴らしい、軽やかに滑るように走っていく。運転にストレスが少ないと感じます。
代車で乗ったXVが数世代前の車に思える位です。
確かに気持ちのいい車ではあるのですが、車を総合的なパッケージングで評価した場合、
燃費の点でバランスを欠くので及第点ではないと思います。
ジャンルや価格はやや異なりますが、
RAV4のPHEV、CX-8、テスラのモデル3などでもよかったかなと思っています。
ただ、車そのものはしっかりと作られているので、
価格差を考慮して、STI以外のモデルの検討も賢い選択かと思います。

レビュー対象車
新車
購入時期
2021年2月
購入地域
大阪府

新車価格
409万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった156人(再レビュー後:39人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

トリ臭いさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:94人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地4
燃費1
価格2

STI Sport EX 試乗の感想です。

【エクステリア】きれいにまとまっているのですが、今時ハイパワーターボでもないのにボンネットのエアーインテークは邪魔に感じます。これが無ければ、すっきりしたデザインになると思います。

【インテリア】縦形のセンターモニターがでかい。タッチパネルは操作性が悪そう。
実車は見ていませんが、アイサイトXの付いていないモデルのセンターパネルが貧相で、差別化が酷いと感じました。(アイサイトX購入を誘導するため?)
 もぐりこむようなシートポジションは、スポーツカーライクです。腰痛持ちの自分には乗降性が困難でした。乗ってしまえば運転はしやすいのですが。あと、フロントガラスが近くに感じて、かなり圧迫感がありました。閉所恐怖症の人は要注意です。

【エンジン性能】あまり刺激的なもので無いです。STiモデルだけでもエンジンチューンがハイスペックなら良かったと思います。ラインナップは旧モデルの方が性格がはっきりしていて良かったと思います。

【走行性能】足回りはかなり熟成されていると感じました。この車の一番良いところですね。
アイサイトは熟成の域と感じました。

【乗り心地】少し段差の突き上げ感はありますが、車両の安定感を考えたら許容レベルと思います。

【燃費】実燃費はわかりませんが、車両重量を考えると、あまり良くないと思います。シャーシーを含めて根本的な軽量化と内燃機関の刷新を図らないといけないでしょうね。もっとハイパワーであれば目をつぶることが出来そうですが、パワーはそこそこで燃費は悪いではいけません。この車の最大の欠点と思います。

【価格】昔のレガシィに比べたら、高く(重く)なりましたね。内容を考えると妥当かなとは思いますが。

【総評】スバルが好きな方であれば良いですが、車を趣味だけでなく、道具として考えると選択肢から外れました。

レビュー対象車
試乗

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

カムテツさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:157人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格1

試乗したが全体的に良かったと思う。

ただメーカー直系のディーラーもいまいち。
開口一番、レヴォーグは値引きできない。引いても端数と言われてしまった。
見積もりにも余計な物を入れられてしまい何だか。

レビュー対象車
試乗

参考になった42

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tokyotokkyokyokakyokuさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費1
価格3

これだけの良いクルマなので価値観を引き上げ、競合車のレベルを、ベンツ、BMW、アウディ、レクサスをライバル視するくらい高見を目指してほしい!その気持ちを込めて、気になる改善点を列挙します。

【エクステリア】タイヤの幅がもう少し大きくてもよい。またSTIにはランフラットを標準装備してほしかった。ハンドルを目一杯切るとカツンカツンと当たるのは安っぽさを感じる。

【インテリア】日差し除けが小さく逆光が入り込む。また逆光時にインタークーラーのボンネット吸入口の出っ張りが逆光の光が反射してまぶしい。設定変更が記憶されないビーグルホールド、乗り心地のキャラ変設定は、最後に設定した状態を記憶すべき。エアコン吹き出し口の形状が新しいため世の中に対応したドリンクホルダーが売っていない。スマホを置くスペースがない。無接触式充電を標準装備すべき。助手席ダッシュボードの物入れが小さい。サイドポケットが小さくタオルや雑誌などがあまり入らない。シートベルトの高さ調整可動域が小さく巨漢には付けづらい。シートのボールド感はいいが幅が調整できないので標準体型の人には良いが巨漢には小さくふとももが痛くなる。ラジオの電波受信性能が悪く他メーカに比べ少し遮蔽領域に入ると電波が入らなくなる。せっかく大きなメインディスプレイを搭載しているのにテレビモードの画面が小さすぎる。音声認識機能でカーナビ設定がかなり頭が悪く、あいまい検索ができずナビとして活用ができない(Apple Playでshiriに行先ナビ案内をさせて使う方が早く検索できる)。音声認識によるナビの行先設定の手順が多く、1,2回の発生だけでは案内を開始しない。特定施設検索では最低3回。顔認識によるシートやミラーの自動セッティングは、最後に動かした状態で記憶してほしい。初期設定で記憶されているので、それがズレて登録されていると最初から個人情報を削除して再設定が必要になる。手を触れないでかざすだけでリアゲートが開く機能は反応が悪く使い物にならない。手動によるハイビームが無いため故意に操作してハイビームができない。少し荒い運転をするとドラレコが衝撃を検知しました!とうるさい。クランクや急カーブで対向車や歩行者がいるとちゃんとハンドル操作しているのに危険を検知して自動ブレーキ制御がかかる。アイサイトXの渋滞時ハンズオフ機能はありがたいので、135km/hまでは渋滞時に関係なく設定できる方が良い。裏技の話だが静電容量方式でハンドルを握っていることを検知しているため、ハンドルにアース線を付けて微弱電気を逃がすことで手放しが継続できる。車幅180cm以下で取り扱いやすい反面、車内空間はやや小さめで、高級セダン車からの乗り換えではかなり窮屈。シートヒーターやエアコンはもっと強くなってもよい。極寒地や灼熱地では性能尾が不十分。オプションのリアゲートライトはアナログSWだがリアゲートがオープンしたときに連動して点灯してほしい。運転席のドアノブは握ると開くが、もう一度握るドアロックとなってほしい。また後部席のドアノブにもタッチ開閉機能を付けてほしい。

【エンジン性能】80km/hまでの加速は良いが、そこからは一気にスピードが出なくなる。

【走行性能】ハンドルやブレーキは細かく操作ができ直感的で操作しやすい。コーナーリングでの加速もしっかりと地面をトレースできている。加速の一体感は物足りなさがある。

【乗り心地】コンフォートでもサスが固く感じる。レクサス、クラウン、フーガなど国産高級車に慣れているとカツンカツンと直接的な路面の粗さを感じる。ドイツBMWやベンツのような乗り心地。

【燃費】燃費は最高に悪い。評価しがたい。街中走行が多く運転が荒いと7.6km/Lしか出ない。高速でも多少飛ばし気味で8.6km/L。アイサイトXやキープレーンアシスト&追従機能を主体に安全走行で走っても12km/Lだった。

【価格】これだけの機能搭載盛りだくさんを考えると600万円は超えてもおかしくない。コスパは非常に良い。

【総評】総じて良いクルマである。これまでのスバルの思考とは趣が違っており、走り屋スバルは感じさせつつも最先端、高級志向を目指した今スバルが持てる技術をつぎ込んだスバル史上最高の出来である。さらなる価値を高め上を目指すのではなく上から目線で高級車を見下ろすくらいの意気込みを見せてほしい。そのための第一歩となり得る車である。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年2月
購入地域
東京都

新車価格
409万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
10万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

bona patitucciさん

  • レビュー投稿数:56件
  • 累計支持数:3327人
  • ファン数:3人
満足度3
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格3

【エクステリア】
顔は皆さんの好き嫌いでいいと思いますが、私のXVよりも全幅が狭いことに驚きました。
今回はおそらく1800mmは超えて来るだろうと予想していたので、日本国内での使い勝手にこだわったことが分かります。
良いこだわりです。


【インテリア】
私は個人的に操作パネルは古いメルセデスに代表されるような物理スイッチの羅列が好きで(多くの皆さんもそうでは?)何でもタッチパネル化する今の風潮に賛同出来ません。
この新型はあの巨大なセンターディスプレイが話題になっていますが、やはり乗ってみて早速違和感を覚えてしまいました。

例えば私はアイドリングストップ機構が嫌いなので必ずこのシステムをOFFにします。
が、このクルマにはOFFのボタンが見当たりません。
もしかして燃費に自信があるからヤリスのように無くしたのかと思いきや、しっかり巨大なセンターディスプレイ内のタッチ操作に収まっていました。
画面内を探さないといけません。
さらに電子パーキングに連動するオートブレーキホールドまでもがセンターディスプレイ内へ・・・

物理スイッチを置くスペースが無いのなら仕方ありませんがそんなことはなく、これはもうスバルさんが独自の先進性を見せることにご執心した弊害(本末転倒)ではないかと思いました。

もちろんナビとしては縦長の巨大画面はとても見やすかったです(ナビは行く前方向を見たいことが多いのでこの縦長仕様はナビとして理にかなっています)し、エアコンの温度調節は独立して押すタイプのスイッチになっていたりしますので、じっくり使い込めば良い面も発見できるかも知れませんが・・・

さらに、このクルマはやはりこの巨大なナビが付くことを前提としてインテリアデザインされているため、もしアイサイトXを選ばず従来の「DIN」規格ナビを装着するとデザイン的に収まりが非常に悪くなります。
試乗車のもう1台がこちらの仕様だったのですが、もうこれならこの車を選ぶ必要はないと即断出来るほどの「取って付けた感」丸出しでした。

内装ディスってばかりで申し訳ありません・・・m(_ _)m
私、タイトル通り「XV」オーナー(もちろんスバルファン)ですので念のため・・・f^_^;
あ、12.3インチのフル液晶メーターを語る前にディスり疲れてしまった・・・_| ̄|○


【エンジン性能】
以前、同じ新型ターボエンジンを積んだフォレスタースポーツに試乗しましたが、あちらとは随分違う印象。

まず思ったのは「フォレスターにはジャストパワーでこのクルマにはオーバーパワー」でした。
フォレスターと同じように加速したつもりが少し踏むと一気にぶっ飛んで行きます。
それくらいクルマが軽いのかと思いきや、カタログ上はフォレスタースポーツと全く同じ車重。(この事実にもちょっと驚きましたが)
ということはプログラムで味付けを変更しているということになります。

ここは好みが分かれるでしょうね。
ターボであることを思い切り主張するレヴォーグとターボであることをほぼ感じさせずに自然な加速をするフォレスター。
クルマの性格を考えると合っていると言えるのですが、レヴォーグのチューニングは私には強過ぎます。
逆に言えばフォレスタースポーツはとてもバランスされていて扱いやすいクルマだと改めて思いました。


【乗り心地】
このクルマで最も驚いたのはこの乗り心地です。
重厚かつ滑らか。
もっと硬い足回りを予想していたのでとにかく驚きました。
路面の突起も上手くいなす素晴らしい足回り。
もっと大きな高級セダンに乗っているかのようです。


【静粛性】
乗り心地と共に驚いたのがここです。
新型フォレスターも非常に静かだったのですが、新型レヴォーグもとにかく静かでした。
もうエンジン始動から驚き、走行中は上質な足回りと相まって高級感たっぷりです。

私のXVも静かなのですが、最近のスバルはどんどん静粛性を高めていますね。
すでに私のXVとは一段レベルが違います。
ここは歓迎すべきところでしょう。


【総評】
短い試乗でしたのでアイサイトXまで試せませんでしたが、契約者のほとんどがアイサイトX仕様を選んでいるとのことでしたので、オーナーのほとんどがあの大型センターディスプレイで乗ることになります。
ということはタッチパネル操作系に対する評価も数年後にはたくさん出て来ると思いますが、果たして皆さんどのような評価をなさるのか、注目して行きたいですね。

最後にこの新型レヴォーグ、ドアを閉める時の音が素晴らしいです。
新型フォレスターも素晴らしかったのでメーカーがここを良くして行こうと意識しているのは明らかです。
が、クルマの性能と直接関係ないこういう部分にはとんと無頓着だったスバルがこのような“色気”に相当する部分にも着目するようになったのはファンとして嬉しいばかりです。

長文失礼いたしましたm(_ _)m

レビュー対象車
試乗

参考になった34

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アレスクラさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:57人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
1件
もっと見る
満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能2
走行性能4
乗り心地5
燃費2
価格3

レガシィDIT→レヴォーグ2.0GTSからの乗り換えです。
FA20を7年乗り継いだ者からのレビューです。
新型レヴォーグはCAFE規制もあり噂のある2.4Lターボの追加も
分からないと言う事で、Youtubeなど車ジャーナリストの絶賛を
真に受け先行予約で購入しましたが、走りにパンチがなく満足度は微妙な感じです。
2.0Lからの乗り換えの方は、ある程度スピードがだせる状況で試乗をし、
加速感を納得した上での購入をお勧めします。

【エクステリア】
旧レヴォーグはリアのボリュームがなく、車が小さく見えましたが、
ボディサイズも大きくなり、リアにもボリューム感が出ましたので、
前車より好印象です。STIエアロも張り出しが大きいですが、
車のボリューム感にマッチしていると思います。
ただし、エアインテークが大きいのとフロントの樹脂感が気になりました。

【インテリア】
前車はとりあえず加飾しました的でしたが、意外とセンスよくまとまっています。
ただし、今まで物理ボタンで操作できたものが出来ない苛立ちと
スマホの置き場所が無いのは中途半端な設計です。
また、シフトレバー長すぎと思います。

【エンジン性能】
FA20と比べてはいけません。私にはパワー不足です。
前車と同じようには加速できず、運転のタイミングが掴みづらいです。
特にSモードの速比選択が不自然で回転数だけ上がり加速しない場面が
何度かありました。この車はゆったり走る車ですね。

【走行性能】【乗り心地】
電子サスペンションはよい感じです!
プルプル震えません。

【燃費】
よくありません。本車の最大のショックなところです。次回はEVが欲しいくらいです。
乗り方によっては旧2.0Lと同等では?と感じます。
最後のガソリン車を楽しみましょう!

【価格】
少し高く感じます。

【総評】
求める性能、機能で評価が大きく変わります。
私はエンジン性能vs価格に魅力を感じスバルを乗り継いできましたが
スバルファンからすると、今後の方向性が分からなくなるようなパッケーです。
しかしながら、同等のスペック、価格で対抗できるようなドイツ車はありませんし、
パッケージが気に入ればすごくいい車であることは間違いありません。

レビュー対象車
新車
購入時期
2021年1月
購入地域
愛知県

新車価格
409万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった35

このレビューは参考になりましたか?参考になった

10年寝たろうさん

  • レビュー投稿数:1263件
  • 累計支持数:13900人
  • ファン数:34人
満足度3
エクステリア2
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格2

【エクステリア】
大袈裟なエアインテークがカッコ良いと感じるか、昭和を感じるかは人それぞれでしょう。あくまで個人的な意見としては星2つです。
【インテリア】
親会社はディスプレイオーディオ標準装備なのに、相変わらずのナビ装置推しは外観と同じく時代に置いていかれる感じです。
【エンジン性能】
CVT故か加速のもたつき感で177PSと30kgのトルクをイマイチ感じられないのが残念なところです。最新のアイシンあたりの8ATにすれば、加速フィーリングも、加速性能ももっと向上するでしょう。
【走行性能】
足回りは、トヨタのTNGAと同等といわれる新型シャシーに出来の良い足回りで、走らせて楽しめるクルマに仕上がっています。この価格なら普通とも言えますが。
【乗り心地】
柔らかく、カーブで踏ん張る、欧州車のような乗り心地です。
かなり良い感じです。
【燃費】
カタログで13km/l強、燃料メーター半分強の表示で残走行可能距離は210kmでした。試乗車故少ない表示なのだとは考えますが、燃費に多くは期待できないでしょう。
【価格】
中間グレードにアイサイトX入れて総額420万程度とのこと。
国産車ならもっと安くというのは無理なんでしょうね。
【総評】
スタイルは好みがあるので別とすると、このクルマと競合してくるのは全て輸入車となってきます。
ゴルフバリアント、プジョー308SW、ルノーメガーヌスポーツツアラーあたりが、いろいろな面でぶつかってきますね。
ここに出てきた3台はモデル末期ですが、特にフランス車の2台は、信頼性も高くなり侮れないクルマです。
もちろんクルマの出来はかなり良いのですが、35万のアイサイトX用のナビセットを付けないと不細工で格好がつかないのが上記輸入車と同程度以上の予算になってしまう原因にもなっています。
アイサイトXも良いですが、それを選択しない場合には、標準装備でディスプレイオーディオを付けるとか、価格を抑える努力も必要だと感じます。
個人的にはプジョー308SWの走りの良さと実用性に、ディーゼルで燃費の良さも得られるし、パワーを求めるならルノーメガーヌスポーツツアラーが良いかなと。しかもこの2台の方がナビはスマホ連携にすれば50万以上は総額が安いですね。


レビュー対象車
試乗

参考になった47

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

レヴォーグ 2020年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

レヴォーグ 2020年モデル
スバル

レヴォーグ 2020年モデル

新車価格:310〜482万円

中古車価格:264〜548万円

レヴォーグ 2020年モデルをお気に入り製品に追加する <1373

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

レヴォーグの中古車 (全2モデル/2,062物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意