日産 キックス e-POWER 2020年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > キックス e-POWER 2020年モデル

キックス e-POWER 2020年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:キックス e-POWER 2020年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
X 2020年6月30日 ニューモデル 19人
X ツートーンインテリアエディション 2020年6月30日 ニューモデル 29人
満足度:4.06
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:51人 (試乗:38人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.28 4.34 86位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.49 3.93 123位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.30 4.12 48位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.32 4.20 65位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.07 4.04 74位
燃費 燃費の満足度 4.15 3.89 54位
価格 総合的な価格の妥当性 3.26 3.87 128位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

キックス e-POWER 2020年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:45人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格4

4カ月待ってようやく納車、長かったですね。店長さんによると今では納車は2ヶ月待ちとのこと。天気も良かったので早速近くの高原に紅葉狩りに出かけました。最初の80qは奥さんが運転。そして感想はというと、試乗時と同じく『ガソリンエンジンとの違いはよくわからない』とのこと。またしてもかということで、今度は私が一般道の平地と山坂道の約100qをe-poworドライブ。コンビニの駐車場からアクセルを軽く踏むとスッーと出ていく。次に急な上りのワインディングへ、軽く踏み込むだけで滑るように上っていく。思わず『気持ちいい!』と‥‥ターボ車の低速時の腰が浮くような強烈な加速感とはまた違う、モーター駆動ならではの繊細な加速感。ストレスフリーなドライビングフィール。この先、奥さんはキックスを気に入るのでしょうか?

【エクステリア】
前にも述べましたが、威風堂々としたフロントのダブルVモーショングリル、サイドビューは力強く、かつカッティングラインが何とも美しい。バックビューはというと、ボディとバンパーが一体化して見え、厚みもあり高級感があるように思います。前車のジュークとは13センチ程長いだけなのですが随分大きく見えます。(実際、室内も広いです)

【インテリア】
ツートーンインテリアはブラックとオレンジのコントラストがハッキリし過ぎて落ち着かない感じがしてブラックインテリアにしました。やはり悪くないですね。センターコンソールとインパネは少し前の欧州車のようなデザインで極めてシンプル。エアコン操作部もそっけないですが、これが今の流行なので仕方ないですね。また、アナログメーターは個人的には好きなのですが、この車のキャラ的にあわないのでは‥‥‥そして一番気になっていたのはゼログラビティシート、思ったより見た目もお洒落で、座ったときの適度な固さとサポート感が心地よく、疲労感もありませんでした。ただ、座面と背もたが分離していないのでビックリ!。座布団が……
また、着座高はSUVにしては少し低く感じました。そして、悪評のドアパネルのプラスチック感についてはもう少し切り返しを入れるか、もう一種類異なる素材を使うかしてほしいですねえ。まあ、e-POWERでこの価格の車にそこまで求めるのは酷ですね。

【エンジン性能】
アクセルを軽く踏み込むとストレスフリーに『スッー』と前に出るこの感じは今までに経験したことのない領域。以前乗っていたフォレスターターボなどとも全く異なる加速感です。思わず『楽しい』と言ってしまうほど。やはり、エンジン駆動とモーター駆動のドライビングフィールの違いは明らかですね。例えるなら、急な上り坂をターボ車が3000回転以上でギューンと力強く上っていくのに対し、モーター駆動車は1000回転でスイスイ涼しい顔をして上っていくというイメージ。(あくまでもあまり車に詳しくない私の主観です)

【走行性能能】
ハンドリングについては予想に反して適度な遊びもあり、直進安定性についても高く、安心して運転できました。(一般道、高速道路)足回りも固く、インテリジェントトレースコントロールのせいか、ワインディングの上り下りとも少しハンドルをきるだけでさっと曲がり、軽く踏み込めばスイスイと走る。今までは車によっては坂道は憂鬱になることもありましたが、そんな悩みも解消です。そして下り坂で初めてワンペダル走行(エコモード)を試しましたが、10分の下りをアクセル操作だけで気持ち良く下っていきました。ただあと少しというところで、その日初めて身体に感じたエンジン始動、音も結構大きく、ちょっと興ざめしました。その日3時間、180q走行して身体に感じるほどのエンジン始動は2回。あと1回は間もなく自宅に到着というタイミングで、粗い舗装道路を速度40qで走行している時。実際にはこれ以外にも小刻みにエンジンは始動していましたが気が付かない程度の音と振動。まだまだ、エンジン始動のタイミングが今ひとつつかめません。まあ、慣れが必要なようで‥‥‥

【乗り心地】
室内はモーター駆動の恩恵もあり静かですが、逆にロードノイズが際立ってしまい、路面状態によってはざらつきや突き上げ感があります。正直言って静かにゆったり走る車(いわゆる高級車)ではありません。むしろアクティブに走る『スポーティーなSUV』といったところ。足回りはやはり固さ(ガッチリ感)を感じましたね。『しなやかに走る車』というより『きびきび走る車』という印象。

【燃費】
1日で180q走行(一般道平地100q、一般道山坂道30q、高速道路50q)で21.8q(ディスプレイ表示数値)

【価格】
ジュークより100万円高。しかし、e-POWER、プロパイロット、先進の安全装備、後席やラゲッジルームの広さを考えると仕方のないところですかねえ。

【総評】
発電のために唐突にエンジンがかからなければ100点満点。しかし、そこは電気自動車ではなく100万安価なe-POWER。280万円の価格でこの内容、パッケージングとしてはとても魅力的だと思います。あえて言うなら、インテリアの質感やユーティリティ面においては、他車に劣るかもしれません。しかし、この車の最大の売りは、『更にレベルアップしたe-POWER』であり、『燃費や数値では計れないこのドライビングフィールの良さ』なのでしょう。





乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年11月
購入地域
京都府

新車価格
275万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

キックス e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった40人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

かもい危ないさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費無評価
価格4

街中のディーラーで3回と、HELLO NISSANプログラムでの90分試乗からのレビューです。
感想の一部は 13年半 乗ってきたデュアリスとの比較になります。

【エクステリア】
フロントのボリューム感に対しリア側がやや寂しげに感じますが、不細工レベルではないと思います。

【インテリア】
ツートーンインテリアは明るい気分を引き出してくれて良いと思います。
プラスティッキーとか、仕上げが荒いという意見を拝見しますが、私自身は そういう事にあまり頓着しないので気になりませんでした。
但し、パワーウインドウのスイッチには安物感を感じました。

【エンジン性能】
発電用エンジンですので・・・
発電中はエンジンが作動していることは察知できます。しかし、窓も開けてみましたが「街中速度」で充電する回転数での騒音は私には気になるレベルではありません。
高速でのフル加速時のエンジン音は相応の音量ですが、その音質は 例えば ヤリスクロスのものより良いように感じました。

【走行性能】
SやECOモードでのe-POWER DRIVE(ワンペダル)は楽しいです。
アクセルペダルの緩め方には10分で慣れました。
私は元オートバイ乗りで、ローギアードでのアクセルワークで速度や車体姿勢を制御する乗り方をしていたので、能動的に運転するのが好みです。
低〜中速もトルクの大きさと立ち上がりも素晴らしい。さすが電動。勾配10%強の登り道を大人3人のせてスイスイ登ります。
東名高速 青葉〜東京間でプロパイロットも試しましたが、速度とレーンの制御は自然に感じました。
「緩いカーブをちゃんと曲がってくれるかな?曲がってた。」みたいな。
なお、プロパイロット機能がどこまで支援してくれるのか、その境界を把握しておくことの重要性も感じました。
(どこまで任せられるの?とカーブやインターチェンジ(分岐)で感じる事があった)

高速での加速性能は不十分に感じる場面があるかも?と思いました。
(登坂ルートでの100〜120km/h程度での追い越しなど)

ステリングは良い感じに軽かったです。試乗のあと、デュアリスのステアリングが重く感じました。これまで感じた事のなかった感覚です。
最小回転半径は5.1mと小さいので取り回しが良く、狭い駐車場で重宝しそう。

【乗り心地】
直安がイマイチとか、荒れた路面での騒音などを指摘する評論家の方の意見を散見しますが、私には問題なく感じました。
シートも良かったです。90分ずっと乗っていても腰の疲れは感じませんでした。

なんだか見晴らしの良いクルマです。ウェストラインが低めだからでしょうか。私が身長180cm超+アップライトに座るせいもあるでしょうが・・
カート的な?解放感がありました。

【燃費】
試乗のため評価できず。真夏に冷房を効かせた街中試乗ではインジケータで17km/L台だったかな・・・トヨタのハイブリッドの燃費には絶対勝てなそうです。
でも、ココの口コミを拝見していて、e-POWERは低燃費より電動車の愉しさを味わうものだと理解できたし、デュアリスの1.5倍くらい良さそうなので、私にはそれでOKです。

【価格】
デュアリス20Sを2007年に購入したとき、車両本体価格は200万円弱でした。
(イギリス製ながら大バーゲン価格 と言われていたような)
そのため、キックスの価格を初めて見たときは正直言って高いと感じました。しかし、e-POWERで電動の愉しみを感じられ、プロパイロットが付き、先進安全装備が多数付き、明るさを感じるインテリアで、シートやステアリングにヒータ内蔵。
デュアリス20Sはマニュアルエアコンだし(笑)。それで290万円未満。
13年の間のコストダウンとかタイで作る事のコストメリットもあるでしょうが、充実し進化した仕様を考えると価格相応に思います。
ちなみに、車格が近しい他車の見積も取りましたが、オプション入れて装備面(特にパワトレ)を考慮すると同等に思います。
ディーラーの方が「NISSANはクルマの肝心なところにコストをかける一方、見えるところで帳尻あわせちゃう癖がある」みたいな事を言っておられ、すごく納得しました。だから、カタログ比較だけでなく試乗するのがおススメです。

【総評】
デュアリスのパッケージと静粛性とアシの良さに長年満足してきました。
”デュアリスサイズ”を探していて、ヤリスクロスやCX-30、プジョー2008なども試乗したけど、運転する愉しさと先進性を求める一方、内装の豪華さ(質感?)に頓着しない私には、e-POWERを積んだキックスは現時点でベストな選択と思い、契約しました。年明けの納車を楽しみにしているところです。

レビュー対象車
試乗

参考になった29

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デアリングタフトさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地3
燃費4
価格2
 

 

【エクステリア】
グリルがオラオラ系ですが、全体的に良いと思います。
白黒2トーンにして正解でした。
コンパクトSUVなんですが、軽からの乗換だとやっぱり大きく感じます。特に車幅。

【インテリア】
これは他車と比べると質感低いかな。
ドアの内張などプラスチッキーで、とても本体280万の車とは思えません。
アームレストは低くて使えないし、ラゲッジと後席の驚愕レベルの段差。
MAZDAを見習ってよ。
室内ルームランプはLEDにして欲しかった。
後部ドライブレコーダーの取付位置が、リアバンパー埋め込みなのは驚きです。

【エンジン性能】
発電用エンジンは静かで、あまりエンジン音は聞こえてきません。

【走行性能】
モーターの加速が素晴らしいです。
法定速度まではあっという間です。
Sモードで運転してますが、ワンペダルは便利で楽、すぐに慣れました。
エコモードは出だしがダルいので、あまり使ってません。
オートブレーキホールドとの組み合わせで、目的地までブレーキを踏んだのがエンジンスタートの1回だけというのがあります。
もちろん急な坂は怖いのでブレーキ踏んでますが…

【乗り心地】
荒れた路面だとロードノイズが大きいが、それ以外は普通ですね。

【燃費】
自宅から片道約80kmのドライブで、行きはリッター28.2km,帰りは29.7kmでしたので、遠乗りすればかなり良いのではないでしょうか。
郊外と市街地の下道です。
不思議と渋滞が適度にあったほうが燃費が伸びるような気がする。

【価格】
これは高いですよ。
純正ナビや前後ドラレコ、その他オプション付けて約350万。
LEDライトやeパワー・プロパイロットが標準とはいえ、この内装はイマイチ。
剥き出しのシートレール何とかして。

【総評】
8月のお盆前に契約し、11月8日に納車されました。
軽自動車からの乗換なので、あまり参考にならないかもしれません。
燃費と走行フィールは良いのですが、ライバルのヤリスクロスやCX-30の方がコスパは高いと思います。
ですがepowerに惹かれて購入したので、後悔はしてません。
日産のこれからにも期待します。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年8月
購入地域
千葉県

新車価格
275万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

キックス e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

fpsさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:204人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
51件
カーナビ
0件
3件
タブレットPC
0件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格3

ノート ノート e power 走向距離

ノート嫁入り前に2台を写す

18インチにアップ 

   

メーター

   

ノート e powerを4年弱5万km程乗りました。 キックス発売前からずーっとe powerの次期モデルの情報を追いかけてました。 5月に営業の方に連絡し最終注文は6月14日 ここまで待つとは思いませんでしたが、10月31日納車、ノートは、11月3日知人の娘さんに譲渡しました。
ノートで3回驚くにだまされ購入しましたが、いい意味で裏切られました。
今までで40年ほどの車暦がありましたが、e power感動ものでした。もたつきのないモーター駆動のすばらしさ そしてワンペダルの虜になってしまい発進から止まるまで揺れない運転ができる e powerの選択肢しかなくなりました。(年齢がわかってしまいますね!)

初期モデルの為ついていなかったACC・2割増しのパワー・またワンペダルがどれだけ進化したのか! ノートの乗り始めエンジン音が思ったよりうるさく不満があったこと(後にほぼ音楽を流しながら乗っていたので気にならなくなりました) 私的には、こんなにすばらしいe powerの載った車がもっともっと次々と販売されると思ってたのですが、セレナ以降なかなかでずキックス発売でもう注文するしかないということになりました。デザイン的には、ヤリスクロス・ハリアー・カローラクロスとかの方が好きですが、私的に選択肢はe powerしかありません! 
中身はノートとの比較が主になります。  

【エクステリア】【インテリア】
少し高級になったかな!

【エンジン性能】
確かにワンペダル マイルドな味付けになりました。乗りやすいといえば乗りやすい。アクセルを戻した時の減速感がおだやかになった感じです。
走りではノーマル・Sモードでは、力強くよりスポーティに感じます。
低速でのエンジンのかかり具合は少なくなってます。 
また遮音性も上がったのかほぼ音は気にならないです。変えたタイヤなので比較できないですが、ノートと比較し静かになったのは確かです。

【走行性能】
2割増しのパワーは感じられないような気がしますが・・・でも走向はeco中心で全く問題なし。
ノートでは、《eco−7割 S−1割 ノーマル−2割(B含む)》程度で乗ってました。 結構モードは、頻繁に切り替えて使用してましたのでモード切替位置が遠くなったのは残念!  
プロパイロットは、現在いかに安全かつ有効に使用できるかテスト使用中 秀逸な機能ではあるが、完全停止までいくと停止する時ゆれが発生 ワンペダルで止まる方がスムーズで揺れがないのでブレーキでキャンセルしてワンペダルで止まると揺れが発生しない。 
オートホールドも試し使用中 ほぼワンペダルで止まるのでこと足りるが、急な下り坂とかでは有効! 止まらない時一度ブレーキを踏むと停止するので便利。 エンジン掛ける度に入れないといけないのは面倒かな! 
まだ本を読んでなくて電動PとシフトのPボタンの違いがよくわからない。 

【乗り心地】
これについては、SUVだからかハリヤー(息子が前モデル所有)に少し近づいたかなって感じ。
騒音・ロードノイズは結構軽減された感じがする 乗り心地もよくなったと思う
ただ(納車前にインチアップ18インチ225/45R18 アドバン dB V552)に変更

【燃費】
リセット後164kmぐらいで 街乗りでAVGは、21km程度をメーターは指している eco中心。
季節的に暖房もほぼ使わずだがなかなかよいのではと思う。

【価格】
ちょっと高いかな!

【その他】
全体的には、気にいって乗ってるが、10日ほどで気づいたところとなど
※パワーゲートがほしかった(ヤリスクロスにもあるでないか!)オプションでも!
※アームレスト全くダメ 役に立たないアームレスト 今後の課題どうにかしたい。
※ドリンクホルダー右上部になんとか作ってほしかった ノートも外品でまかなっていた。
※椅子の下側取付金具が前後に出過ぎ、気になる 不細工!
※インテリジェントミラーは小さくなったが綺麗に見えるようになり快適
※初期設定がドアロックでドアミラーたたむ エンジン始動でミラー開くでどちらかというと好きでなく ノートも外品でアンロックでミラー開くにしてましてまたいつか外品がでればとは思ってたのですが・・・色々触ってたら アンロックでミラー開くの選択もできました! 思わず嬉しくなりました。目でみてロックしてるかどうかわかるのでこの方が好きです!
※シフトの位置表示もメーターの真ん中に表示され見やすくなりました。 DとBそれぞれ表示されて間違いがないです。ノートの時は、オレンジランプの位置を覗いて見てましたので。
※エンジンスタート位置をノートと間違えてしまいます。なかなか慣れません。
※シフトレバーは、ノートと比べよくなりました。 ノートのグニャグニャシフトよりましです。
※ワンペダル使用時に停止前後にブレーキを踏んでしまいクリープ現象が出た時にワンペダルで止める方法ですがアクセルペダル一瞬ポーンと踏んでやります。そうするとブレーキを踏まず止まります。(キックス・ノートのワンペダル時共通)ただし前の車と車間が近いと危ないのでやらないでください。 

近いうちに高速を利用して長距離での燃費・プロパイロットを試してみたいと思います。続きはまた!

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年10月
購入地域
広島県

新車価格
275万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

キックス e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

くるみあんずさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4

納車され半月、600km走行でのレビューです。
車の事は詳しくありませんので個人的な感想です。

外観は複雑な造形ですね。サイドは良くこんな風に作ったなと感心。ラディアントレッドの色が天気・日差しにより変わりキレイです。

普段はSモードでの走行で現在の平均燃費21.5km。燃費は以前の車に比べればとても良く重視はしていません。
日光へドライブに行き、いろは坂の下りでは、ブレーキを一度も踏まずにスイスイと走れるワンペダルに目からうろこ?の感じで楽しく走れました。今までのいろは坂はなんだったのか?と思った程です。
プロパイロット…50km程使いまだまだ未知の世界。
高速道での加速、気持ちいいですね。久しぶりにGがかかる感じを体験しました(汗)
納車直後はワンペダルにいつ慣れるのかと思っていましたが半月も乗ると…ワンペダルなしでの運転は寂しいくらい虜になっています。むしろ、ノーマル運転が懐かしい。ときどき、忘れないよう切り替えて運転しています。

今のところ過去最高燃費は42.5km、山から自宅まで下ってきた時です。笑える数字。

内装は、むき出しのネジをところどころ発見し…ん?とビックリしますが愛嬌と言うことで許せます。
プラスチック感はグレードXではあまり気にならず、むしろドア内側は雨の日にサッと拭けて良いと思っています。
運転していて気になる点と言えば、Aピラーで左右とも視界が悪いと感じる事が多いので気を付けています。
ナビ(MM320D-L)画面の指紋の汚れが付きやすく目立つことも気になります。

日産車に乗り始めて28年くらい…新車購入時は他社の車も見ますが国産車でトータル一番納得できるため4台目の新車買い替えです。
ワンペダルで運転が楽しいと思えるキックス、ハンドル軽いし小回りも利くので運転のしやすさともに女性にお勧めです。
e-POWERの進化をこれからも期待しています。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年7月
購入地域
群馬県

新車価格
275万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

キックス e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yokayakerさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:45人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格3

★ KICKS 納車1ヶ月(約1,250q走行)後の感想です ★

ーX-TRAIL(T31) 20X【ガソリン6MT】から乗替ー

タイで先行発表されたKICKSの映像やジムカーナ風の走行動画に魅了され、カタログも無いのに発注しました。

(・・・TJクルーザーが世に出なかったのは残念!。
コロナ禍のアウトドアブームの中、道具感やルックスもエポックメイキングな一台となったのでは・・・?)

★ X-TRAIL(T31) の3ペダルに拘った者が
1ペダル(e-pedal)に満足しているのか?

今の処は、( YES !)である。

理由のひとつに、
【アクセルペダルの繊細なレスポンス】を挙げたい。

・ECO & Sモードであれば、クリープ現象は発生せず、前進(バック)し、アクセルの踏込みに応じて滑らかに加減速する。信号ストップは、アクセルを緩やかに戻して、NOブレーキで停止する。クラッチペダル踏込みで、そうっとコントロールするのと、クルマの動きは変わらない。
(アクセルペダルをしっかり戻せば減速し、ブレーキランプは点灯)
同乗者が不快に感じる前屈みの揺れは、まず無い。精細に制御されている。
始動時、ブレーキペダルに触れたら降車まで一度も踏まないことも・・・。

・下りワインディング走行の際、このコーナーならば、これまでのクルマは3速から2速へシフトダウン(or ブレーキング)が当たり前のシーンであっても、KICKSはアクセルを若干緩めて(ブレーキランプは無点灯)スイスイ曲がり、容易に駆け抜けて行く。
リアの揺れを感じる前に踏込み加速し、次のカーブへ ・・・前走車達は何度もランプを点灯させているが・・・。
ブレーキに一切触れず、峠道を抜けることができる。
(目立たないシャシー制御だが、4輪にブレーキを適度にかけて、実に滑らかにコーナリングをトレースコントロールしてくれている !!)
下り坂が長く続くと、満充電状態でもブレーキ制御のために一時的だがエンジンが唸ってしまうのは自車発電の宿命か?エンジンブレーキ音に置き換えるならば、それも許容範囲だろう。

・右足踏み替えが無く、絶えずアクセルペダルに足裏が貼り付くように感じられるがために、むしろ、踵の置き場所に気を遣うほど。それほど、アクセルペダル一本で淀みなく繊細な加減速を実現するのが、電動車の特性だろう。「面白い」、の一言。
・シートは適度に身体にフィットする。ハンドル操舵角は小さく、シャシーがしっかりしているので、よく曲がる印象である。一方で、市街地走行ではショックが硬めと感じるかもしれないが、ここは好み次第。
(クロカンのゴツゴツ極太タイヤではないので、コツコツという感じで不快ではない)

★ 約1250kmのうち、5度にわたり自動車専用道路を走行した。
・自動車道を含めた往復距離:約150km × 5 = 約750km
・郊外への往復ルート(自動車道:約40分 × 2、
他:大部分はアップダウン)
・自動車道・・・約60→100km/h(プロパイロット使用、
渋滞時Stop&Goあり)
・その他は市街地がメイン・・・約500km(短時間走行)

● プロパイロット走行は慣れだろう。
・要は、自身がクルマを信頼できるならば、積極的に使用して、疲労を軽減できる。
(・・・慣れるまで夢に出た・・・)
・プロパイロットでは、右足はフリーになる(ブレーキングへの備えは必要)が、加減速をクルマに任せておけばいいのに、右手親指でスピード設定を微調整したくなる。流れの変化に対する電動車の追随は、素早い。
(自動車道でも一車線では、車速変化が頻繁に起こる)
・最低30km/hでのスピード維持設定ができるので、渋滞時が安心でいちばん有用なのかも知れない。停車後、再加速は親指1本で済む(アクセルでも可)。
・プロパイロット制御との相関もあろうが、車台のセッティングとしては、直進性よりも旋回性を重視している印象だ。緩やかなカーブならば問題なく制御している。

★ 納車当初はECOモードでの走行だったが、現在はSモードが主体である。Sモードの方が素早く流れに乗り、アクセルペダルの踏込み量が少なくて済む。この運転で、トータル燃費は徐々に向上している。
・急加速時は、Dモードがスポーティな走りをする。通常走行では静粛性が高いだけに、強く踏み込むとエンジンが唸りを上げて(発電)、勢いよくダッシュする。
(ヒュイーン)と響かせるのは未来的で、イイ。
(ECO & Sモードに慣れると、Dモードでは、よりブレーキングへの備えを意識しておく必要がある)

★ 燃費 21.8km/g(メーター表示:実燃費 −1程度)
・短時間乗車(15分程度)の場合、99.9qや10q以下を表示することもあり、電動車制御のユニークな部分(笑
(満タン時にリセットするのがデータ管理上も、精神的
にもイイようda)
・満タン41gで、約800q 以上の走行可能

・トランクは深く積載物が安定して良い。デジタルインナーミラー搭載で、トノボード上に積んでも視界の妨げはない。シンプルなアウトドア志向の人には十分な容量であり、車中泊よりもテント泊を好むだろう。
(個人的には、N-BOXと使い分けて遊ぶつもりだ)

・T32のボッテリ感を払拭し、シャープなラインを加えてコンパクトに凝縮したアーバンデザインである。

● 落ち着いたラディアントレッド&ブラックに、ルーフスポイラーとブラックプロテクターを装着。ダブルVモーションの内側のみ、ブラックに換装している。

☆ 燃費を重視したいだけならばTOYOTAを選べばいい。
NISSAN KICKSは、電動車ならではの走りを楽しめるクルマである。自車発電して、LEAFのような “ 電池残量減 → 給電の心配 ” をしながら走行することも無い。

☆ 安全性と快適性を確保したクルマであり、カジュアルに電動車の走りを楽しみ、手軽に遊びにも使いたい方には、是非購入をお勧めします。

* NISSANは、奇を衒わず、電動車の先進性と魅力を
ストレートにコマーシャルして欲しい。

★ もっとがんばれ、技術の日産 !!! ★

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年9月
購入地域
福岡県

新車価格
286万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

キックス e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった45

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ながかちさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地2
燃費4
価格2

今回、日産本社にて試乗しました。
試乗の際は、大人2人乗車、天気は晴れ、気温20℃くらい、路面は乾燥している状況でした。
今回のキックスの試乗、大きな期待をもっていただけに、今後の期待も込めて厳しめに評価をさせていただきました。

【エクステリア】
コンパクトSUVながら、存在感のある顔は◎
モノトーンカラーもいいですが、プレミアムホライズンオレンジ/ピュアブラックツートンがブラックのサイドモールとも相まってお洒落な印象を受けます。
ヘッドライト部にさりげなくKICKSと入っているのもいいですね。
なかなかカッコいいと思います。

【インテリア】
個人的な好き嫌いにもなると思いますが、質感の高いフィットLUXEやMS-30に比べると、非常に安っぽい印象を受けます。
ドア内装、空調スイッチ周辺、グローブボックス等で使用でされているプラスティックの質感の低さ。サンバイザーの質感も酷い。
インパネからナビ、空調スイッチ、シフトレバー、コンソールボックス等室内全体にかけて、もう少し統一感、一体感を出せたのではないかと思います。
インパネ部、ドアトリムに合皮を採用したのは良いのですが、ただ張っただけにしか見えない=良い質感に感じません。明るめの色も影響しているかも知れません。
内装色ブラックであれば、さほど感じませんが、内装色オレンジタンですと、華やかなインテリアデザインである一方で、より一体感のなさ、質感のなさを感じてしまいます。
操作系スイッチ類もなにか統一感もなくバラバラに配置されていることも高級感がなく
感じてしまうところだと思います。1番残念なところです。
質感の良さは求めていない?

室内空間は、室内高さにゆとりを感じます。コンパクトSUVの中ではかなり広いと思います。
後部座席着座時の上部スペースは、にぎりこぶし1つ分以上の余裕があります。
着座したひざ元にもゆとりがあり、足も全席シート下部に入れることでできるので狭さを感じません。
後席用の空調ダクトが床からでていますが、踏んでも問題ないということです。

ラゲッジルームは、このクラスにしては容量が大きいと思います。容量が何Lかは、教えていただけませんでしたが。
室内の高さがあるのでラゲッジの広さも恩恵を受けており、ゴルフバッグも9型であれば3本入るようです。このクラスでは優秀ですね。

インテリジェントルームミラーは、夜間では見やすくなるように調光され後部視界が遮られる多人数乗車では非常に効果的な機能と思います(メーカーオプションとなります)。

電動パーキングブレーキが標準搭載されているのは◎ですね。
信号待ち快適です。

【エンジン性能】
モーター走行なので、トルクフルで加速十分です。
高速道路の合流、追い越しもストレスなく気持ちよく走れます。
強制的にスイッチで@エンジン駆動=発電し充電するモード Aモーター走行(充電しない)モードをドライバーの意志で選択できるのもいいですね。

【走行性能】
ハンドルが軽めの設定です。車両重量も1350Kgと軽く、軽快に走ります。重厚さは感じません。
一方で、直進安定性は良くないです。常にハンドルを握っていないと怖い感じ。真っ直ぐに走ってくれる安心感がありません。
剛性をアップしているというお話でしたが、あまり感じられませんでした。

ワンペダル走行は、慣れが必要ですが、疲労を軽減できる機能ですね。
思いのままにアクセル開度をコントロールして、スピード調整ができれば運転も楽しくなりますし、
負荷軽減につながると思います。ワンペダル走行、好印象でした。

【乗り心地】
足回りは固めの印象です。
路面の凹凸を拾ってコツコツ入ってきました。気になる人には気になるレベルかと思います。
段差の大きいところは、特に気になります。振動、音も大きいです。

【燃費】
高速あり、街乗りありの試乗30分程度で24Km/L程度でした。
カタログ値を超えていました。
実燃費、まあまあ期待できそうですね。

【価格】
室内の質感、乗り心地、走行性能からみたら、非常に高いと思います。
プロパイロット運転支援技術の価格分でしょうか。
キックス Xツートン 約287万円です。オプションで、ナビ、ドラレコ等々+諸費用で合計400万円近くになると思います。ディスレイオーディオさえ標準でついていないのは残念としか言いようがないです。
この値段ならもっと質感の高い車づくりをお願いしたいです。
ぜひ、他社の完成度の高い車をみていただき、頑張って欲しいです。
ちなみに、ハリアーのエントリーモデルが、車両価格 299万円です。
車両価格だけで比較して、ハリアー買えちゃいますよ。

【総評】
外観、モーター走行性能、運転支援プロパイロットは◎。一方で、内装の質感、乗り心地が非常に残念な結果でした。
運転支援技術の更なる進化も含め、次期モデルに期待したいと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

zakutancoさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4
   

ボディーカラー:サンライトイエロー

   

銀座ショールームで飾ってあったKICKSを見て、興味が湧きましたので実車の試乗してみました。
(小一時間、市街地4:高速6くらいの試乗)
私は運転好きなこともあり、更には全国遠征するため、レンタカーを借りまくるので国内外の各メーカーを乗りまくっております。ノートe-POWERには何度か乗ったことがあり、e-Powerがどんなものかは知っておりました。

※試乗直後、気分が変わる前にスマホから簡易レビューしたのですが、自宅で真面目に再レビューします。


【エクステリア】
日産の方曰く、KICKSは押出の強い顔にしたそうですが、個人的には(良い意味で)そうは感じずこの程度にしてくれて良かったかな、と感じました。
サイドは、今時のホイールアーチがデカく見える風のデザインで、可もなく不可もなく。見慣れたSUVデザインと言えば良いでしょうか。


【インテリア】
そもそもこのクラスの車格と利用シーンから、質感を求めていないので潔くシンプルで好印象。むしろ限られた予算内でそれなりの質感を出したんだな、とメーカーの頑張りを感じてしまいました。
内装に高級感を求める方はこの車に興味は無いでしょう。


【室内空間・荷室】
とても地味なのですが・・・、実はこの車のウリだな、と感じるところです。
リアの着座ポイントと、室内の遮音性に相当な力を入れたそうです。リアに座った人は『ぼっち』にならず、フロントの人との会話が自然に成立します。

更に、リアシートの空間を犠牲にせずに、トランクルームもかっちり確保されているのは、日常的にトランクへ巨大な荷物を出し入れする者としては、高評価です。


【エンジン性能】
思い通りの加速、車線変更、減速、停止が実現できます(試乗時は大人3名乗車)。ストレス無し。
以前乗ったノートe-POWER(残雪が残る山道300km程度、夏の北海道600km程度、いずれもレンタカー)と比較すると、アクセルを戻した時のつんのめる感覚(ガソリンのエンブレ相当)が滑らかになった、気がします(気のせいかも?)。

以前、私の親族にノートe-POWERを進めたら、ワンペダルがしっくり来ないということで、ガソリン車を買ったことがありました。『初めてのe-POWER』がKICKSだったら結果が変わっていたかも、しれません。

一方で、ノートe-POWERユーザーから「発電がうるさい」という声が多かったそうで、『極力発電しないようにしている』とのこと。私の場合、ノートe-POWER乗車時に「発電がうるさい」と思ったことが無かったのでチェックポイントにしませんでしたが、実際に試乗している間、どこで発電しているのか判りませんでした(気にすれば判るでしょう)。
現ノートe-POWERユーザーさんで気になる方は、チェックすると違いが分かるかもしれません。


【走行性能・乗り心地】
一世代前の車と比較すればイイに決まっているのですが、足回りそのものよりもボディの塊感があって好印象。猛烈なフル加速は試せませんでしたが、加速時の車体の姿勢変化は気になりませんでした。
その昔所有していたRNN14は、フル加速するとリアが沈み込んでいましたが、今時の車はよくできてるなあと感心。

また、ProPILOTが標準搭載されています。特に長距離走行時は、率直に便利です。ゆるいコーナーでは勝手にハンドル切ってくれます(手放しは厳禁)。
スピードは、5km/h刻みで設定できます。これに慣れると高速道路では、右手親指だけで加減速できるようになります。


【燃費】
小一時間程度の試乗なので、数値は分かりません。
※ご参考:カタログ値で21.6km/L(WLTC)。


【価格】
丸っと、約300万円です。
額面だけ見てしまうと高そうに思えますが、e-POWER、ProPILOT、その他安全装備、室内空間、トランクルーム、頑張った内装、標準搭載されている装備トータルで考えると納得感はあります(激安!とは思いませんが)。


【総評】
燃費のスペックだけで語ってはいけない車。ワンペダルの操作性、リア空間、荷室の広さ、標準装備のProPILOT、そして価格。トータルバランスが優れており、メーカーさんの苦労が伝わります。

言い換えると、燃費に振ったり、走りに振ったり、デザインに振った分けでない(と思える)ので、キャラクターはちょっと弱いかもしれません。高評価ポイントが地味であるが故、良さがジワジワ来る車です。通信簿はオール4以上を付けても良いかと思います。気になる方は先入観を捨てて一度試乗されることをおススメします。

あえて苦言を加えるならば、もうちょっと早く出ていたならなぁ、という事。オール4の評価が変わったかもしれません。

レビュー対象車
試乗

参考になった15人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

朝陽がさんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地3
燃費4
価格3

エクストレイルNT31後期からの乗り換えです。

【エクステリア】
・駐車場に止めてあると何やら存在感があります。
・真っ黒なグリル部がチョイワル系にも見えます。
ってな訳で、コンパクトな割にワイルドに映ります。
・試乗では気にもしてませんでしたが、後日ネットで見比べるも既出の海外流通版KICKSとは別物に見えます。

【インテリア】
・上記車両からの乗り換えですので、自分には豪華に感じられます。
よくよく見渡す余裕が生まれてきますと割と細部も造り込まれているように感じてきました。
・でも、座席下部固定のガッツリ金属部品はチョイと隠すなり改良してくれ。
オシャレすぎ。
・小物入れが少なく小さいかな。
小物散乱で「汚車」にならない様、ご注意をば。
・ハンドルはツルっとしておらず滑りにくく、生まれながらの手汗仕様の自分には凄く良いです。

・前席シートはホールド感があり、体、安定して乗れます。
ボンネットが程よく見えて見切りも良いです。
・アームレストが小さく奥まってます。
使えねーとか思ってましたがシートの安定感のお陰か結果、自分には必要ありませんでした。

・後席はノートのように広大ではありません。
ですが、狭いとは感じません。自分の短足だとコブシ2個は前席との間に余裕があります。
・後席を折りたたみ荷室とフラットにならないのは残念ポイントです。
倒しきれないうえに、さらに荷室FLとかなりの段差となります。
ユーザーにて工夫が必要です。
・荷物は結構載ります。
体育座りの小柄な大人3人分位です。トノカバーはチョイ置きに便利。

【エンジン】
直接、走りには影響しないので印象だけ。

・そもそも3気筒なので基本、騒音・振動とかあります。
当方、ノートDIG-Sとノートe-powerを所有してますが、ドン栗の背比べと思いつつも、大きい栗や小さい栗はあります。
何とも言い難いですが、
車外騒音ですと、KICKS e-POWER<ノートDIG-S<ノート e-POWERかな。
以前乗ってたMRエンジンが静かだったもので、いずれも振動含めそこには遠く及ばず。

・KICKSは走行時エンジンがかかってもさほど気になりません。
特に高速走行時は、ただの電気自動車です。

【走行性】
・街乗りで踏み込んじゃうと、ドッカンターボ車的かな。FFなのにね。
上り7%位、ウエットで30k巡行中4分の3くらい一気に踏み込み、
あ、滑ってる?って思うも制御入ってるのかグイグイ上りました。
・特に中低速域ならどこからでも間髪入れずに加速し、継ぎ目も息切れも感じさせません。モーター駆動の特徴なのでしょうね。

・乗り味は固め。
車重が軽い為か、以前乗ってたエクストレイルに比べて一人乗車時、連続凸凹路面を通過してるとバタツキを感じます。が、誰かと競争してる訳でもなく通常使用で何の不都合や不安感は自分は感じません。
・カーブも想像していた以上に気持ちよく曲がります。
タイヤの性能の恩恵か足回りのお陰か、どのくらいが限界点なのだろうと思うくらいは粘ります。おっかんねーのでガッツリは試せませんけど。
車のネジレとかは特に感じないかな。


【アクセル】
・このワンペダル走行、ヘアピンカーブが続く峠道でも上り下り共に超絶ラクチンでした。
アクセルOffした時の減速感もMT車のシフトダウンみたいでたのしい。

・アクセル加減は操る乗り手が極める価値あり。
・それと、ただの遊園地のゴーカートと思うなかれ。
特に走り出しのアクセルのセッティング。チョイと進んでからの減速などとても繊細と言うのかリニアと言うのか。応答がいいです。
アクセルを5o踏めば5oなり、10o踏めば10oなりに進みます。戻せば即座に停車となります。
「踏んだだけ出るの当たり前でしょーが!」
その通りなのですが、こればっかりは慣れを含め数百キロ体感して頂くしかないです。アイドリングやクリープに影響されない操作感。MT車とAT車のいいとこ取りに感じます。
ワンペダル走行がどうしても馴染めなければ通常モードで走れば従来AT車的。とは言え、モーター駆動の楽しさは感じられます。

【燃費】
・概ね1000k片田舎一般道を走りました。
楽しいモンで、つい踏み込んだりした割には満タン法でリッター21.8kでした。
対して、高速400k 峠・山間部70k 一般50kでのセットでリッター17.7k。
同等車重ではT社ハイブリッドには全く及びませんので、燃費重視の方にはお勧めできません。
自分的には車格は違えど最近まで平均的にリッター11kだったものがコレですので、十二分です。

【その他】
・インテリジェントルームミラーは試乗時に遠近感が掴めず、どーにも馴染めそうになかったので付けませんでした。
ですが、これを付けないとなるとアラウンドビューモニターまで無くなります。
MOPなのでご注意です。

・シートヒーターはおすすめです。
KICKSは前席のみとなりますが、ステアリングヒーターが付いてきます。
ハイブリット系車種は空間暖房に時間がかかる傾向にあるのでサッと温まってくるシートは快適です。

・NissanConnectアプリは沢山の事が出来る訳ではありませんが、何気に便利と思いました。かけ忘れの車のロックが出来たりします。開錠は出来ません。
これがあれば携帯電波がつかめる限りロックできます。ロック出来たかは「おしらせ」からも確認できます。
自車の概ね位置も確認できます。

【総評】
・e-POWERはかなり洗練されて来たと感じます。
・約3週間乗ってみましたが、素直で、すばしっこく軽快です。
・一切、気張ってアクセル踏まなくても出足の押し出される感じ。どこまで続くの?な加速感。追い越し・合流は、いくよ?あいよ!と、サッサっと完了。

この車の評価のポイントは、走りに尽きると思います。
そんなこんなで電動駆動車を体験してしまうと、次も間違いなくe-POWERです。オプションなら絶対付けなかったプロパイロットが違和感少なく渋滞中含め重宝すぎて、やはり外せません。
乗出す度に街乗りも遠出も、乗るほどに愉しい車でした。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年7月
購入地域
千葉県

新車価格
275万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

キックス e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

崖っぷちプチぷちさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格4

4か月待ってやっと納車。
ノートe-POWERからの乗り換えです。

個人的には満足しているので、4か5の高評価です。
以下、1日ドライブ後の感想です。


【エクステリア】
SUVとしての存在感があり、流れるようなデザインはGood。
オプションのスタイルパッケージを付けるとさらにカッコよくなり、5年コートで光り輝くコンパクト高級車になります。

【インテリア】
内装は、評価が分かれるところですが、前車ノートと比べるとかなり良いし、黒シートモデルだと、意外と高級感が少しでる。シートも柔らかいので、座り心地がいい。
形状もデザイン性があってGood。
他車と比べると劣るのかもわからないが、ノートからの乗り換えなので、全然よく感じる。

【エンジン性能、走行性能、乗り心地】
e-POWERの性能をノートと比べると、やはり洗練された走りをみせてくれます。
上品な走りで、1ランク上の車に乗っている感覚。
がっちりとした走りですが、意外とキビキビ動く。路面の凹凸は拾いますが、段差ではしっかりとクッションが効くので、ストレスない。遮音性も高い。

ノートとの比較になりますが、
まず、パワーがかなりあります。ノーマルモードでの変な減速感もなく、今までの感覚で運転すると、前の車に近づきすぎてしまいます。
発電自体はノートの2019年モデルより、若干少ない印象。100%EVじゃないので、当然発電しますが、ノートと違うのは、発電時のエンジン回転数が速度に応じて3段階?に切り替わる感じで、発電しているのはもちろんわかります。
ただし、遮音性が高いのと、変な振動や、速度に応じたエンジン回転数の上がり下がりがない感じなので、ストレスになりません。
低速時の加速、走行時は本当に静かです。
また、低速時の周知音もカッコよくて、高級車みたいな音がします。ここがGood!
初の電動パーキングの作動・解除音も好きです。

ハンドルはギア比?がノートとは違うので、少し回すだけで曲がります。
今までの感覚でハンドル回すと戸惑いますが、小回りもしやすくてGood。
逆に、直線道路だと、しっかり握っていないと、片側に寄ってしまうかも。ここは慣れですね。

そして、ハンドル支援も行ってくれるプロパイロットも標準装備で、
一般道の自動車専用道路で試すと、やっぱり素晴らしい。

【燃費】
1日だけなので、まだよくわかりませんが、ノートと比べてそこまで悪くはなかった。

【価格】
フル装備のコンパクトカーと考えれば、他車と比べても高い金額ではないですが、
e-POWERやプロパイロット、日産版の安全、運転支援システムに興味のない人だと、高いだけかもしれません。
魅了されたe-POWERユーザーからの乗り換えが多いのかもしれませんけど。

【総評】
メーターはフル液晶でも良かったんじゃないのか、ノート同様フットレストにフロアマットがなかったり、ラゲッジルームの段差(←車内DIYの楽しみもあるが)がフラットにできるようしなかったのか、ブラインドスポットの設定など、他がいいだけに、こういった小さな部分が目立ってしまうのは、残念なところです。

ただ、トータル的に見れば、走りは完璧だし、内装も贅沢言わなければまったく悪くはないと思う。




乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年6月
購入地域
群馬県

新車価格
275万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

キックス e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Carlos-Jazz-Saxさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
   

NISSAN GALLERY

   

試乗会で小一時間乗車させて頂きました♪

【エクステリア】パッと見の格好良さに惹かれます。
ライトのところへの車種名のデザインなど細かいところも気を配っていて好感があります。とにかく明るく元気な印象。

【インテリア】こちらもオレンジ色の明るいデザインで良いです。シートの移動が手動だったり若干安っぽい印象は残念ですが、車内は広く、家族での遠出にも楽しく過ごせそう。

【エンジン性能】エンジンは…発電用ですが、、、電気自動車と同様に滑らかでトルクの強い走りは気持ちが良いです。

【走行性能】とてもスムーズに反応して素直な走行性能。ワンペダルはすぐに慣れました。

【乗り心地】正直、ノートeパワーは、エンジンの振動や音が気になり、あまり心動かされなかったのですが、そこはこだわって改良してくれたようです。ドアを閉めた時の静寂性もリーフよりも良くなったのでしょうか?高速道路走行中でも静かで気になりません。
細かいですが、運転席と助手席にはシートが良い感じです。後部座席の真ん中のシートにはキチンとヘッドレストがあるので、五人乗っても大丈夫。

【燃費】eパワーの発電も改良したようです。
乗り続けだときにリチウムイオン電池が減ると、発電用エンジンの燃料も増えるのかな?

【価格】アリアは高すぎて奥様の決裁は難しそう…
以前に乗っていたSUBARU XVとほぼ同額なので、
後は燃費の良さをアピールして奥様決裁を勝ち取るか…

【総評】丁度良い、等身大のクルマ。明るく元気な印象です。

レビュー対象車
試乗

参考になった9人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あやしやさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格4

【エクステリア】
見た目はかっこよかった。

【インテリア】
インパネは見やすいSOSボタンがあるのがいい。

【エンジン性能】
詳しくは分からないが、ガソリンで発電できるのがすごいと思った。

【走行性能】
アクセルペダルで加減速ができるのはすごいと思った。

【乗り心地】
SUVは初めて運転したが、揺れが全然ない。

【燃費】
試乗しただけなのでよく分からない。

【価格】
そこまで高くないと思う。

【総評】
見た目の大きさとは違い運転しやすい。車内も広いのでとても快適だった。

レビュー対象車
試乗

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ConsumerADVさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

1時間ほど試乗した印象です。
【エクステリア】
若々しくシャープなデザインで気に入りました。
【インテリア】
雰囲気は良いです。個人の好みでエクステリアと同様なシャープなデザインであれば、さらに良かったです。
【エンジン性能】
E-POWERは街中から高速まで十分な動力性能でした。
【走行性能】
首都高速のコーナーでも、安定しており、不安感はありませんでした。ワンペダルの操作もとても楽で気に入りました。
【乗り心地】
フワフワ、ゴツゴツとは無縁でしっかりした良い乗り心地でした。
【燃費】
試乗時の燃費は、約30km/lでした。
【価格】
この装備、内容であれば、リーズナブルだと思います。
【総評】
カッコいい外観と E-POWERの力強さと静かさ、加えてオートパイロットなどの安全先進装備が魅力な良い車でした。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

monniezさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3
   

試乗にて

   

【エクステリア】
個人的には結構好きです。
車のタイプ的にもこのぐらいな押し出し感のあるグリルの方が良い気がします。
原色系のボディカラーの方が似合うと思います。

【インテリア】
試乗したのはブラック内装でした。ツートンインテリアの方が好みです。
操作体系は違和感なく乗れました。

【エンジン性能】
モーター故に力強いですね。首都高の合流も楽でした。
電気自動車にはまた違った楽しみ方もあると思います。

【走行性能】
普段、MT車に乗っていることより、ワンペダルには懐疑的な部分がありましたが、実際には扱い易かったです。逆にATに慣れている人の方が慣れるまで時間を要するかもしれません。

個人的には必要ありませんが、タイプ的に四駆を望まれる方も多いでしょうから、そこは今後の課題でしょうか。

また、寒冷地でどう変化するかも未体験です。
雪国でも電車は動いてるので、問題は無いかとは思いますが…

【乗り心地】
足回りがしっかりしてますね。これぐらいの硬さの方が運転してる感があって良いと感じました。

【燃費】
電気自動車では無いので、使い勝手がガソリン車と変わらないのは大きいです。
試乗走行故にここは実感出来ませんでした(給油まで至っていない)

【価格】
全体的に自動車の価格は上がりました。
そこを論ずると長くなるので割愛しますが、現在の基準で考えると頑張っている価格だと思います。

【総評】
ゆくゆくは電気自動車の時代になるのかもしれませんが、なによりも現行のガソリン車と同じ使い勝手であることが大切かと思います。そういう意味でもいいなと感じました。

レビュー対象車
試乗

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kenideさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:26人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】
厳ついフロントグリルと鷲のような鋭い目つきのヘッドライトが特徴的。

【インテリア】
無駄を省いたシンプルな内装だが、後部座席の空間は確保できており、大人でも窮屈さは感じられない工夫がされていいた。

【エンジン性能】
eパワーの電気走行でも、パワー不足は全く感じられず、十分な性能を有しているものと思われた。

【走行性能】
発進・加速・減速・停止のどれをとっても全く問題無く操作できたので満足しています。

【乗り心地】
運転手も同乗者も快適なドライブを楽しめる空間が確保されていたと思われる。特に走行中の遮音性・静音性は何ら問題無いレベルで、会話や音楽鑑賞には不自由しない環境であることも確認できた。

【燃費】
街乗りのストップアンドゴーや高速道路の走行でもスムーズな走りを感じたため、一般的なSUVにしては燃費性能は長けているものと感じた。

【価格】
同等グレードの競合他社と比較すると、キックスではeパワー等の機能がオプション設定ではなく、標準装備されているところが良心的と感じた。

【総評】
スムーズな走行性能、快適な乗り心地、盛り沢山の搭載装備を考えると、このコンパクトクラスSUVにしては申し分無い評価だと思う。

レビュー対象車
試乗

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

キックス e-POWER 2020年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

キックス e-POWER
日産

キックス e-POWER

新車価格:275〜286万円

中古車価格:275〜289万円

キックス e-POWER 2020年モデルをお気に入り製品に追加する <93

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

キックスe-POWERの中古車 (7物件)

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意