日産 キックス e-POWER 2020年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > キックス e-POWER 2020年モデル

キックス e-POWER 2020年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:キックス e-POWER 2020年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
X 2020年6月30日 ニューモデル 2人
X ツートーンインテリアエディション 2020年6月30日 ニューモデル 15人
満足度:4.10
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:17人 (試乗:17人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.22 4.34 97位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.51 3.93 118位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.34 4.12 45位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.22 4.21 75位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.46 4.05 25位
燃費 燃費の満足度 4.48 3.89 25位
価格 総合的な価格の妥当性 2.99 3.88 137位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

キックス e-POWER 2020年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:54件
  • 累計支持数:2608人
  • ファン数:4人
満足度4
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費無評価
価格3

気になるリアドアの取手部

リクライニング、センターアームレスト無し

デザイン質感残念な標準ルーフレール

 

ヘッドライトにはkicksのレタリングが

ブレーキランプはこんな感じ

 

前回のレビューを簡潔に修正しました。
写真を差し替えました。

試乗車はイメージカラーのプレミアムホライズンオレンジ、Xツートンインテリアエディション、MOPの9インチワイドナビ装着車
市街地コース、約5km、10分ほど営業マンと2人乗車で、acはオン

【エクステリア】
所々フィニッシュが気になりますが、遠目に見ればライバルに引けをとらない今どきのデザインは○
リアビューはパッと見エクストレイルに見えるくらい立派に見える。オレンジは特に。

【インテリア】
どっかで見たようなオレンジタンのツートンカラー内装は税抜き10万アップだが、ハンドルヒーター、前シートヒーターが標準で使うくのでお得感あり。
しチルト、テレスコ付きの小径本革ハンドルはデザイン、質感も○だがセンターパッドの日産エンブレムはチョット。
センターコンソール、ダイヤル調整式エアコン、シフトノブの配置等の質感はジューク、ノートより格段にアップしてます。
MOPの9インチワイドナビもダッシュボードの上にはみ出さず、アラウンドビューも画質良く映ります。
また流行りのSOSコールスイッチは標準装備
トランクはヴェゼル以上、CX30未満の容量ありスクエアで使いやすそうだが、リアシート倒した時は本革の厚みの為か段差激しくフラットにはならない。
リアシートのニースペースは自分のドライビングポジションで拳縦2個半ほどあり。
ただセンターアームレスト、カップホルダーはないが。センターコンソール後ろUSB電源ソケット一口あり。
【エンジン性能】
エンジンは低速以外だいたい回ってるが、かすかな音で判る程度、振動もなく車内は静か。。。
e powerは体験済みだが、苦手意識あり緊張してました。
モードはD.Ds.D ecoにB mode
Dはエンブレ弱めで直ぐ慣れました。
Dsは加速良くなり、 ecoは穏やかだとか、Bは回生強めですが営業さんはもっぱらこれを使用するとか。
モータは初めの一歩からトルク出てゴーストップ多い街中では楽です。
ただ絶えず右足1本で速度コントロールすると右足が疲れそうですね。直線続くバイパスなどはプロパイ使えば足抜き?できます。手抜きはダメ、
モーターはノートより重い1350kgの車重で大人2名乗車でも街中なら必要充分でしょう。
ただし使用場面によって不足感あるかもです。
でも純モーターのみでの滑らかな加速フィーリングは独特ですね。


【走行性能】
駐車場から出る時、小回りきくなと思ったら最小回転半径5.1mと優秀な値でした。
運転ポジションはコンパクトSUVらしく乗り降りラクなシート高さが○
売りのゼログラビティシートは座ってしっくりきました。また車両感覚が一回り小さく感じ一体感があり、ワインディングでの走りが楽しそうな予感。
一つ注意アクセルだけで止まれますが、オートブレーキホールドはブレーキ踏まないと作動しないとの事。

【乗り心地】
は205/55R17の横浜ブルーアースを履いてましたが、低扁平タイヤとは思えないソフトながらコシのある程よい乗り心地を確保。
試乗終了時の店舗に入る時、歩道乗り上げ音もショックなくいなす感じはビックリしました。
遮音性は全般に良さげ、静かな分ロードノイズが若干目立つかな

【燃費】
燃費は試乗の為無評価とさせていただきましたが、参考までに17.4km/lでした。
短時間試乗でこの燃費なら充分でしょう。

【価格】 
ジュークのターボより高いのはどうかと思ったけど、質感、実用線、プロパイなどの装備拡充されてるのライバルのハイブリッドと同等の値段は適正かも。

【総評】
質感、実用性、乗り心地、最新装備はライバルと同等まで進化し、一般受けしそうなデザインになりつつ日産らしさもあり。
フロントVモーションのメッキも控えめに細くなり、カッコよく見えだしました。ただエンブレムはアリアのニュースタイルタイプにして欲しかった。
ウィークポイントだった発電用エンジンは制御とマウントで改善され、回生ブレーキも違和感少なめになり、ノート試乗して苦手意識ありましたが、好印象に変わるほどの進化を遂げてます。
想像以上に売れて納車遅れてるみたいですね。そのうち純ガソリン車やAWDの追加あるかな。。

文章では伝わらないと思います最新のePowerぜひ試乗してください。
個人的には一部デザイン、名前が引っかかりますが走行フィーリング的に好印象でした。

そうそうタイトルの由来は違和感だけで終わったノートe-powerが取っ付きやすく感じたことを数値化したものです。長期試乗すれば100%近くも可能な予感がしました。

拙い文章能力で伝わるか分かりませんが参加になれば幸いです。




レビュー対象車
試乗

参考になった60人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

10年寝たろうさん

  • レビュー投稿数:620件
  • 累計支持数:10882人
  • ファン数:29人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地4
燃費無評価
価格2

【エクステリア】
なかなか精悍でニッサンらしいデザインに仕上げました。個人的にはジュークの方が良いですが、無難な仕上がりです。
【インテリア】
いちばん残念なのはまたしてもイマドキにオーディオレスであること。
たとえば最近登場した、トヨタハリアーではセンターディスプレイ標準装備でスマホ連携の標準的なアプリ、AppleCarPlayなどに標準対応しており、それがイマドキの世界標準でもあります。

内装の質感は酷かったノートと比べると明らかに良くなり、このクオリティなら内装に問題ありませんが気をつけたい点は、350万超の購入価格にしてリヤシートにセンターアームレストが無いこと。.あとはエアコンが左右別々のデュアルタイプではないこと。これ同価格以下のヴェゼルでは両方可能なので注意が必要です。

室内は前席、後席共にそこそこの広さをもち、このクラスで一番広いと言われるヴェゼルに迫ります。
残念なのはトランクルームのタイヤ張り出し。
そのためトランクは最大幅約120cmですが、約95cmくらいの幅の部分が半分以上を占めるカタチとなり、高さ約55cm、底部奥行き約80cm上部奥行き約50cmと広いスペースを確保していますが、タイヤ張り出しが残念です。

【エンジン性能】
ご自慢の0-60km/hくらいまでの発進加速は確かに快感ですが、こんな加速はすぐに飽きるし、当然燃費も悪くなるでしょう。

あとは踏み込んだだけエンジンも高回転で回りますが、ノートとの大きな差は静粛性が明らかに違うこと。これはなかなかクラスとしては優秀で、上位クラスに相当するレベルですが、上位クラスのマツダCX-5ディーゼルの買える予算では当然とも言えます。

また、このクルマはあくまでも駆動がモーターなだけでシリーズハイブリッドという形式のハイブリッド車です。新発明ではなく鉄道では半世紀以上も前のディーゼル機関車でも使われた歴史の長いシステムです。

電気で走るは一度エンジンで発電機を回して発電し電気に変えてモーターで走るので間違いではありませんが、当たり前ですが、電気自動車ではありません。

【走行性能】
現行マーチ、現行ノートなどと共有するプラットフォームは、古くなってきているほか、そもそもが走りに対する要求の厳しい欧州向けではない、アジア用の低コストに作られたもので、試乗程度の通常レベルでは安定して走行できますが、1350kgと重めの車重に対して充分対応できていないか、剛性確保のために補強で重くなったのかは定かではないので、スポーティな走りを期待する方は良くチェックすることをおススメします。 新型ジュークとは別物の、設計が古くイマイチなシャシーの素性はハードな走りに決定的に影響しますので。

【乗り心地】
普通に走る分には無難で安定した乗り心地を確保しています。

【燃費】
試乗の為にわかりませんが、ノートeパワー並とすると市街地、高速ともに良くて20km/l程度でしょう。ハイブリッド全般に高速燃費が課題で、特にeパワーは高速燃費に問題があるとされるので、今後に登場するヤリスクロスには燃費では負けるでしょう。

【価格】
286万でフル装備と思いや、またもオーディオレスの為、約30万と高価なナビレコパックが必要になり、総額は約380万円とのこと。なんとハリアーの中間グレードXのガソリンモデルとはほぼ同予算となりますし、マツダCX-5の上位グレードにも迫る価格です。

理由は試乗車に装備された約30万のナビレコパック、スポイラーやシルバーパッケージなどを追加したためでBセグメントの国産車としては驚愕の輸入車をも超える価格となりました。

【総評】
現在では、スマホを持っている方がこのクルマのユーザになろうと考えるような方の少なくとも半数程度になっていると考えます。
そのため、社長のリーダーシップで王者にして王道を行くようになったトヨタは最新のハリアーでは、ベースグレードでもクルマの各種設定やスマホ連携の機能を持つ大きなセンターディスプレイ標準装備でスマホ連携の標準的なアプリ、AppleCarPlayなどに標準対応し、スマホで、ナビが当たり前に実用になるほか、スマホに登録された音楽も聴けますし、またスマホがなくともUSBメモリで音楽が聴けますし、何も無くともラジオは使えます。

これが2020年の欧米での常識で、世界に取り残されて未だにナビが主流の日本ですが、このセンターディスプレイもマツダは数年前から先行し、ついにトヨタが昨年から標準装備しはじめたということは、ここ1〜2年で日本でもカーナビ専用機の終焉という劇的な変化が訪れることは、ほぼ疑いの余地がありません。

そんな中で、ホンダフィットに続きオーディオレスでカーナビ採用とは時代の流れに逆行するは大変な勇気ある行為ですが、日産のその目線の先にいるのはユーザーではなくディーラーとカーナビメーカーのようです。

海外では4年前にリリースされた車種をePOWERがタイ仕様で用意されていたから、新しいプラットフォームで全てが新しいジュークの代わりに新型として投入してきました。4年前ならまだ、オーディオレスも国産車では常識だったのでこれでもよかったのでしょうが、日本の登場は2020年です。
ただでさえ、トヨタに押しつぶされそうな日産がこんな時代遅れな商品企画で、どこまで通用するのか、キックスの売れゆきに注目ですね。

個人的には輸入車以上に購入価格が高額となり、タイ生産で設計も古く、イマドキにオーディオレスの新型車など到底おススメできませんが。

レビュー対象車
試乗

参考になった115人(再レビュー後:36人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぐっさん0531さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:60人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格2

【エクステリア】
普通によい。
飛び抜けたモノはないですが、いい意味で飽きのこないデザインかと。

【インテリア】
数日前にインテリアの質感を売りにしてるクルマに乗ったので、よりザンネンに見えるかなーと思ってたら、わりとそれなりでしたw
特にドア部分にコストダウンが見えますが、機能面は問題なし。

【エンジン性能】
エンジンかけた直後のいかにも『充電中』な音と、ちょっと慣れないバック時の音以外は問題なし。
運転中の静かさは素晴らしい。
ノートe-powerでの欠点を克服しましたね!

【走行性能】
ワンペダル走行、いいなぁ〜。
仕事で社用車(ガソリン車)使うので、ワンペダルに慣れてしまうと社用車で同じ操作しそうになることが唯一の懸念です。
実は、私にとってココがe-powerへの買い替えを躊躇う唯一のポイント。

【乗り心地】
道路の状況(凹凸)をちゃんと伝えてくれつつ上手くいなしてくれる程よい硬さ。
高速は試せていないので満点はつけません。

【燃費】
試乗なので無評価

【価格】
仕方ないけど、高いかなぁ。
プロパイロットを標準装備にしたところは評価します。

【総評】
今の時点では、敢えて☆5はつけません。
今後マイナーチェンジした時点でもう一度評価してみたいと思います。
内装もうちょいいじれるようにして欲しいような、むしろもっと飛び抜けた走りにして欲しいような、今後が楽しみなクルマです。

レビュー対象車
試乗

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

新型セレナ乗ってますさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:83人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格3

【エクステリア】
今時のSUWって感じで良い。細かいところまで良く造り込まれてました。

【インテリア】
質感は現行エクストレイルと同等くらい。ラゲッジルームがかなり広い。
【エンジン性能】
音の質感は セレナと同等。発電制御を変えているので、街中ではセレナより静か。
【走行性能】
発進がマイルドです。(セレナよりマイルドかも。)しかしゆっくりではない。スムーズに加速していきます。
【乗り心地】
自分のセレナより良い。
【燃費】
直近の試乗した中で、自分が一番よかった。ちなみにリッター23.3q。
【価格】
ナビ等コミコミで、350万以上。セレナが買えちゃう!高いけど、欲しくなる。
【総評】
インテリジェントルームミラーは すごく良い。
シフトノブが 少し不満。セレナと同じものと思っていたら、小さくオモチャみたいだった。
全体的に 良く造り込まれて、価格相応。良く出来た車ですね!

レビュー対象車
試乗

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

bona patitucciさん

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:2262人
  • ファン数:2人
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3

【動力性能】
このクルマの肝は正にここです。

以前、ノートe-POWERにも試乗しているので、もし同じ感覚だったらがっかりだなと思いながら乗りましたが、タイトルにした通り、ノートe-POWERとは全くの別物でした。
同じシステムなのに同じシステムとは思えないほど違います。
まず比較にならないほど静かです。
そして走り出しが滑らかです。

強く加速するとエンジン音は聞こえてきますが、ノートのように“モーターで走っているのにまるでエンジンで走っているかのよう”ながっかり感はありません。
これはこのクルマにとってとても重要です。
なんと言ってもこのクルマはモーターで走っているのですから。

このクルマに乗りたい人の大半はリーフのモーター走行感覚が大好きなはずで、それをこのクルマにも求めるでしょうからエンジンを感じさせてはいけないのです。
ノートでは出来なかったこの肝を日産はこのKICKSで成功させました。
素直に拍手です。


【走行性能】
ハンドリングはとても素直です。
癖を感じません。
誰でもすぐ慣れる中庸感に優れたチューニングです。

そしてもう一つの目玉。
ワンペダルドライブ。
これはすでにノートe-POWERでも評価されていましたが、久しぶりに使ってみてやはりこれは他メーカーもすぐ採用すべき技術だと思いました。
日本のような信号の多い環境ではアクセル⇔ブレーキの連続ですが、これをアクセルだけでコントロール出来てしまえばストレス激減は明白ですし、走り好きで峠のワインディングへ行くような方でもコーナリングのたびにアクセル⇔ブレーキ、アクセル⇔ブレーキと動く必要がなく、スムーズに走り抜けて行けます。
(アクセル⇔ブレーキ、アクセル⇔ブレーキが好きな方は除く 笑)

これの習得に時間を要するとなると話は違いますが、私は5分も乗っていれば慣れましたし、自分の車に戻った際に逆に違和感を覚えたほどです。
この「コロンブスの卵」的発想は本当に素晴らしいし、慣れれば回生エネルギーも引き出せてもう使わない手はありません。


【乗り心地】
いつも思いますが、こればかりは乗ってみないと絶対わかりません。
硬いか、柔らかいか?
単純に答えるなら「硬い」です。

しかし、ただ硬いのとはちょっと違います。
私は無類のふわふわ好きですので当然もっとしっとり系の脚が好きですが、このクルマは許せてしまいました。
ここが乗り心地を表現する難しさですね。

ではなぜ許せたか?
「硬いけど突き上げをとても上手く丸めてあったから」です。
何かの記事にサスペンションのブッシュに通常のラバーではなく、新開発のウレタン製?パーツを使ったというような解説がありましたが、それが効奏しているのかも知れませんが、とにかく大きな入力を受けた際の衝撃に「角」がありません。
(擬音で表現すると「ガタガタッ!」ではなく、「ボクボクッ」という感じ)

こうなると表現は「しっかりした上質な足回り」という言い方に変わります。
知り合いが古いBMW3シリーズに乗っているのですが、すぐにそれを思い出しました。
まさにそれです。
(他に具体的な対象が思い出せなくてすみません)

よって、交差点をまあまあの速度で曲がってもクルマの姿勢は極めてフラットですし、高速は走っていませんがきっととても安定していて車線変更なども不安なく出来ることでしょう。
個人的には街乗りがもっとふんわりだと最高ですが、この車格でこの脚なら全然OK。
最近乗ってみた同じクラスのクルマでは、硬さだけが印象に残った新型フィットとも、すべてが中庸で無難にまとめられた新型ヤリスとも全く違った優れた乗り心地でした。


【エクステリア】
外観は皆さんの好みです。
特段奇抜なところは無く、目新しい意匠もありませんので比較的多くの人に受け入れられやすいのではないでしょうか?
それにしてもあのJUKEの後継車と考えるとものすごく「普通」なのを出しましたね、日産さん。


【インテリア】
オレンジ色の内装に目が行きますが、私はシートの出来に驚きました。
往年のゴルフにも通じる張りのあるしっかりした座面。
最近試乗した新型フィットもそうでしたが、こういうトレンドなのでしょうか?
少し硬過ぎると思う方もいると思いますが、これなら長距離ドライブも疲れが少なくて楽しいでしょう。


【総評】
進化したe-POWERに熟成されたワンペダルドライブ。
もうこれだけで魅力的です。
加えて足回りのチューニングも秀逸となれば一気に購入候補に挙がってきます。
プロパイロットも標準装備、ヘッドライトもLEDと来れば内装がチープとかはこの車格なら許容すべき部分と思います。
あとは高速を長距離巡行した時の燃費(電費?)がどう出て来るかですが、それも余程高速を頻繁に使う方以外、あまり大きな問題にはならないのではないかと思いますがどうでしょう?

というわけで、正直あまり期待していなかっただけに(ごめんなさい、日産!)とても驚かされた(いい意味で!)日産久々の新型車でした。
多分、もう一度試乗に行くと思います(^^ゞ

レビュー対象車
試乗

参考になった37

このレビューは参考になりましたか?参考になった

takataka777さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:126人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費無評価
価格5

【エクステリア】
試乗したのは、パールホワイト、ブラックスタイル+ルーフスポイラーが装備され、黒と白がマッチされており実車は結構かっこ良く、フロントのつり上がったヘッドライトやブラックアウトされたグリルも迫力あり、ヘッドライトやウインカーもLEDで良かった。
【インテリア】
ツートンの内装、ダブルステッチでレザーチックなシートやシートヒーターもグッドでした。インテリジェントルームミラーも画素数が上がっており、クリアで非常に見やすかった。また、電動パーキングブレーキもgood。
【エンジン性能】
とにかく静か。ベタ踏みした時のエンジン音は仕方がないが、低速時では、今エンジン掛かったってのが分かりにくく、とにかくノートより遮音に配慮されている事がしっかりと確認できた。それと、sモードにしていても、ノートに比較してエンジンがかかりにくくなっており、燃費向上に期待できそう。
【走行性能】
ノートと比較して、アクセルレスポンスが押さえられた感じになっており、加速はスムーズといった感じ。
【乗り心地】
サスの感じがちょうどいい。路面感が直接伝わってくる感じがなく、気持ちいい感じの乗り心地で良かった。
【燃費】
試乗なので無評価。(エンジンがなかなか掛からないよう制御されていることから平坦な街中では20はいきそう。)
【価格】
少し高めか。
【総評】
想像していたより遥かによかった。皆さん、是非とも試乗してみては?って思います。e-powerおもろいですよ。

レビュー対象車
試乗

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ひろ01973さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:163人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格3

【エクステリア】
デザインは今風。
そこそこ大きめなのに、角が丸いからか小さく見える。
一つ難を言うとすれば、タイヤサイズが大きいこと。
他メーカーの車も、大きめのタイヤが多いですよね。
仕方ないことなのかな。
タイヤは4本で10万円くらいしますよね、これ。

【インテリア】
ドア周りもプラスチッキーな感じは否めない。
コスト削減なのは分かりますが。


【エンジン性能】
試乗でしたが、凄く良いですよ。
本気でお勧めします。

【走行性能】
ハイブリッドの中途半端な加速感に御不満のあなた。
やっと小型で良い車が出てきましたよと教えてあげたい。
Eペダルのオン/オフも設定出来るので、
普通の車と同じ感覚でも乗れますが、
トルク感あるスタートダッシュにより、
街中でストレスを感じる事は、まず無いです。

巡航も、EVモードでの走行に振っているため快適ですね。
シームレスでパワフル、静寂性も高く、乗ってみれば気に入るでしょう。
ハンドルも遊びが少なく、市街地の右左折もクイックです。
かと言って疲れるレベルではない。

【乗り心地】
価格なり、かな。

【燃費】
試乗のため不明です。

【価格】
乗り出しでアラウンドビューモニターなどフル装備で360-370万円くらい。
これだだけ出来が良ければ、エクストレイルのE-POWER に期待するので今回は見送りですね。

【総評】
良いです、日産車。これからの新車に期待ですね。

レビュー対象車
試乗

参考になった26

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ネット見ろさん

  • レビュー投稿数:86件
  • 累計支持数:611人
  • ファン数:3人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格5

【エクステリア】
フロントは、かなりかっこいいと思います。Vグリルが控えめですが。個人的にこれは、ありだとかんじました。
【インテリア】
ツートーンインテリアエデションだったので、結構高級感があり、めちゃくちゃかっこよかったです。
純正9インチナビを装置してましたが。 これも良いなと感じました。
【エンジン性能】
エンジンをかけされて貰いましたが、めちゃくちゃ静かですね。 ハイブリッドカーと同じ位の静か驚きでした。
【走行性能】
ECOモードで走る場合は、eペダルが使用出来ますが。結構強めの回生ブレーキが効くので、慣れないかったです。
通常モードで走ると、かなり走り変わりますが。こっちの方が良いかなと。
プロパイロットも体験しましたが、流石だと。
【乗り心地】
めちゃくちゃ乗り心地は、素晴らしくシートめちゃくちゃ良くて素晴らしい。後部座席も満足行く感じです。
【燃費】
試乗の為不明ですが。 営業さん曰く、20km/L位走るらしいです。
【価格】
試乗したモデルの見積もり見たら、297万円とかいてましたが。 ちょっと高いと感じました。
エアロ等を付けたら380万円位行くと言ってました。
【総評】
今話題の日産のキックスに試乗しましたが、これは満足行くクルマだと思いました。
e-POWERでかなり走り良く素晴らしい感じで良かったです。

レビュー対象車
試乗

参考になった32

このレビューは参考になりましたか?参考になった

胃カメラは苦しいさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:65人
  • ファン数:1人
満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3

試乗レビューです。
普段はセレナe-power後期に乗っています。

【エクステリア】
デザインは良いと思いました。
国内用にデザインが変更されて精悍な顔つきになっています。
グリルが多少オラついているかな?
と思ったのですがメッキでギラギラしていないので
そこまで派手に感じませんでした。
全体的におしゃれな感じになっていて好きなデザインです。

【インテリア】
布は柔らかい感じで良いと思いました。
シートは座り心地が良かったです。
試乗車はオレンジ内装でしたが好みが分かれそう。
自分なら無難に黒を選ぶでしょうけど、カラー
バリエーションがもっとあったら良いかも。

【エンジン性能】
出力はノート以上セレナ未満という事ですが、
車体が軽いのもあり走りは軽快でした。
静粛性はセレナと同じような感じで静かでした。
電力が減ってきて回転数上がっているとき以外は
あまり気になりません。
この辺は個人差あると思いますが自分は慣れました。

【走行性能】
コンパクトSUVということで走りやすく感じました。
普段がセレナなので安定感がよく感じます。

【乗り心地】
SUVと言ってもそれほど高さがないので揺れも少なく
乗り心地は良かったです。
ワンペダルもセレナと同じように操作できました。

【燃費】
試乗なので分かりません

【価格】
高いな〜と思ったのですが内容を見てみると
プロパイロットや電動パーキング、LEDヘッドライトなど
ある程度の装備が標準になっているのでこの価格なんだろう
という感じです。
プロパイロットは2.0ではなかったです。

【総評】
運転支援関係が少ないのがちょっと残念に思いました。
セレナと同じように360°セーフティアシストだと良かったのに。
SUVでe-powerは今までなかったのでそれが欲しいと言う人にはオススメです。
海外生産ということで納期が長いらしいです。
今年度中にe-power搭載車が増えるようですし出揃うまで待つのも有りかも。



レビュー対象車
試乗

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

blache90さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:133人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

現状がNote ePowerなのでカタログスペックからはあまり変化ないのかな?と思っていましたが、全体的に想像以上に良く乗り換えたくなりました。

【エクステリア】
ニュートラルで洗練されていて良い。オラつき過ぎていない。実物見ると全方向から見てバランスが取れていてよい。高級感というよりもこのサイズ感で綺麗にまとまっている感じ、というか。

【インテリア】
インテリアの質感は中の上という感じ。クラス妥当。Noteと比べると価格的にしっかりと区別されているのがわかる。(Noteはいかにもコンパクトクラスという作り)

【エンジン性能】
街乗りではNote ePowerと大きく変わる感じはしないが、モーターパワーが20馬力ちょっと増えているので若干の余裕感がある。高速に出るともっと変わってくると思う。

【走行性能】
街乗り試乗では走行性能は不明。重心はNoteよりも高いのでこれがどう影響するか?

【乗り心地】
発電のためのエンジン稼働音がNoteと比べてかなり抑えられていた。街乗り試乗ではエンジンの存在をあまり感じなかった。Note ePowerと比べて全体的に「ワンランク上がった」乗り心地になっている。カーブの際にロールを抑える電子制御が実装されている可能性あり。+120kgの車重も関係しているかもしれない。

Noteと比べて車幅が8cm程度広がったわりに、室内幅は3cmしか広がっていない。だが、屋根が高いので頭周りに余裕感があり意外と広く感じる。またフロントガラスの視界がかなり良く「実際の室内サイズの割には広く感じる」工夫がなされている。

【燃費】
カタログ値では、Noteより若干下がる。車重も増えているしこれは仕方がない。それでも良い方。モーターの馬力が15%増なので高速の燃費は若干改善されていそう。

【価格】
ものが良いのはわかるが若干高いと感じてしまった。発売直後だから値引きも少なく。標準的なオプション込で乗り出し350万だが、この金額なら他社の1ランク上のSUVが買えそうなところが惜しい。

【総評】
3人家族には十分おすすめできる。子供が小さい4人家族の場合、室内幅の関係上ベビーシートが後席2台となり真ん中に親が座るのは難しい。ラゲッジはクラスの中でも広い部類なので4人分の旅行荷物が乗りそう。

総合的にNote ePowerと大きくは変わらないので、この価格で乗り換える価値があるかというとやや?。もう少し室内幅が広いとNote ePowerからのステップアップ層を取り込めるのではないかと思う。

比較製品
日産 > ノート e-POWER 2016年モデル
レビュー対象車
試乗

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

京都パパさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:49人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

試乗しましたが、全てにおいて最高レベル^_^
運転していて楽しい感じです、エクステリア、インテリアも なかなか良いですね
シートもおしゃれです
ジュークからの乗り換え 買っちゃいました^_^
納期2021/1 待ち遠しい
353万円成り、もう歳なので この車が最後かな^_^

レビュー対象車
試乗

参考になった50

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tatti guttiさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:48人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格2

インテリアか?走りか? 車の【質感】とはんなんぞや?そんな車

真面目にこの車のハンドル握ると思える
車で真っ先に重要な質感とは走りの質感じゃないの?

どの方向に性能を振ってもも手抜き で・き・な・い このご時世で
インテリア削って(嫌味)、所謂街乗り最強のパワートレインe-power!!断言

日産の粗探しをする輩も当然いる
あんたこの車「乗って無いだろ?」「認めたくないんだろ?」「対応出来ないんだろ?」

マイナス1のインテリア(価格バランスで更にマイナス1)
だがプラス3oveともいえる極上の走り。
車として本当に大事なのはどっちなんだろ?

  実に面白い車

だから躊躇なく☆は振れる(期待値込み)


ただし、やっぱ避けられない問題として。。やっぱ高けーなおい
この辺の価格設定は実質国営企業のキングTおYおTAのコントロール下なんだろうか?
平民には切実で嘆かわしく、ドライバーの首を真綿で絞められている様な事実

古臭い車検どうなってんだよ?あ?期限付きの車に幾ら税金収めりゃ良いんだよ!!

話逸れたけどもっと評価して良い車なのでは?と直感的に思える車

レビュー対象車
試乗

参考になった48

このレビューは参考になりましたか?参考になった

がってんタスケさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:264人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地2
燃費3
価格1

試乗です。
ノートe-POWERは過去に乗ったことはありますが、キックスは如何に!?

【エクステリア】
オラついたデザインですが、主張し過ぎずカッコいい!
意外と小柄でしたが、コンパクトにまとまっていて良い感じ。

【インテリア】
ソフトパッドを多用し、高級感は感じます。
が、所々設計の古っぽさを隠し切れていない…
選べるレザーがオレンジ一択なのも微妙過ぎ。
色々惜しい。。。

【エンジン性能】
出だしの加速が素晴らしい!
ノートよりも力強く、エンジン性能の進化を感じます。

【走行性能】
静かなのは素晴らしい!
取り回しもしすやすくて、運転が楽ちんです。
プロパイロットは使っていないので分かりませんが、先進装備が付いているのはテンション上がります。

【乗り心地】
相変わらずSモードの運転にはコツが要ります。
エンジンブレーキが効き過ぎ。

【燃費】
試乗なので、リッター12くらいでした。
JC08で30くらい
WLTCで21くらい
ノーマルモードで街乗りした場合、どのくらいなのか気になるところ。

【価格】
高杉。
ライバルはヴェゼル?
ライズやロッキーの最廉価グレードで比較すると100万近い差額が…
上のグレードとの差額は50万くらい?
これは、厳しい気がする。。。

【総評】
数年ぶりの日産新型車!ということで期待していましたが、悪い意味でいつもの日産でした。。。

新型車と言えど、元はアジアで数年前から生産していた車だし、残り物感を捨て切れない。
e-POWERの加速とプロパイロット等の先進装備がある点は良いけど、細かいところで手抜きを感じてしまう。

頑張ってよ!
頼むよ、日産!!(;_;)

レビュー対象車
試乗

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

にこにゃんへさん

  • レビュー投稿数:33件
  • 累計支持数:563人
  • ファン数:2人
満足度3
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費無評価
価格2

【エクステリア】そつなく格好いいですね。
【インテリア】シートの座面が長すぎて、膝裏に当たってしまい、とても疲れます。世界基準で作るとこの寸法になってしまうのでしょうか?私より小さな人もいると思うので、ちょっとこの寸法はないとおもいます。内装はツートンカラーの高い方でした。よいですけど、お値段がはるのがきになります。
 後席は窓が大きく、閉塞感がある車が多い中、良いと思いました。
【エンジン性能】街乗りを器用にこなすモーターは魅力的です。他方、ちょっと素早く加速しようとすると、加速力はそれほどでもないと感じ、e powerの加速とはこの程度なのかと不思議に思いました。また加速を試みるとき、それにあわせてエンジンの回転数がたかまるのですが、その時の音がちょっといまひとつで、モーターで走ってる爽快感がうすくなりました。
 高速ではモーターの効率がおちてしまうという説明を受けました。高速メインの場合、この車はないと感じました。実際のフィールは、乗って確かめたいです。レンタカーにこの車が出回るのはいつになるでしょうか?
【走行性能、乗り心地】舗装状態の良い試乗コースを走ってる範囲ではよかったです。適度な硬さで安定して走れそうでした。
 きになるのは荒れた路面に入ったときです。揺れ方、ロードノイズ の入りかたはどんなものなか、今後、確認したいです。
【価格】ナビ、ドライブレコーダー、ETCをつけたとき、乗り出しでざっと350万とのことでした。オプションの付け方次第でより高くなると思います。正直高いと感じました。e power のおかけで高いのだとしたら、ちょっと釣り合っていない高さかとおもいました。
【総評】とても乗りやすくてよい印象をうけました。ネガティブポイントは、高速が苦手なところ、価格が高いところです。
 燃費がそんなには良くない車なので、費用をかけてe powerにしても、燃料費、環境対策の両面で、意味をみいだしにくいです。
 e powerの街乗りのしやすさに重点を置き、この車の室内空間を必要とし、高速にあまり乗らない人で、資金に余裕がある人に良いとおもいました。




レビュー対象車
試乗

参考になった24人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

コーミンさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:101人
  • ファン数:55人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

E-Power単位車重当たり動力比較

フロントビュー

サイドビュー

 

内装

エンジンルーム

 

我が家にはセレナE-PowerとノートE-Powerの両方があり、販売店のご好意でキックスを試乗させていただきましたので、セレナ、ノートとの比較としてのレビューです。

試乗は15分程度でしたが、峠越えや60Kmで走れる広域道路などを走りました。
走り出してまず感じたことは、エンジン音が気にならなかったというか、ほとんど聞き取れませんでした。
セレナ、ノートとも、EV走行時は静かですが、発電のためエンジンが回りだすと、特に低速走行時は気になります。

エンジン音が気にならなくなったことは、E-Powerの大きな欠点が解消されたことになると思います。

ワンペダル走行となるSモードでのアクセルが軽くなりました。
セレナ、ノートともノーマルモードからSモードへ切り替えるとややアクセルが重くなるのですが、キックスのSモードでは、アクセルが軽いためか、加速感や坂道を上がる際の力強さを感じます。
また、峠道のワインディングロードの操縦性の向上や、凹凸を乗り越える際もショックが少なくなるなど、洗練された運転感覚でした。

セレナE-Powerでは峠道や山岳路で急坂が長く続くと発電量が追い付かずにバッテリーが空に近い状態になり、エンジンがうるさくうなりだし、馬力が落ちてスピードを出せなくなります。
富士山五合目までセレナで登った際は途中からエンジンが悲鳴を上げながらゆっくり走らなくてはなりませんでした。
ノートでも五合目まで上がってみましたが、バッテリーが空になることはなく、力強く走行することが出来ました。

セレナとノートとの差は、坂を上がる際に必要なモーター出力に対して、発電量が間に合うか否かの差、すなわち車重に対応したエンジン出力が確保できているか否の差だと考えます。

そこで、セレナ、ノート、キックスの車重1トン当たりのエンジン出力、モータ出力、トルクを比較して、グラフを作成してみました。
まず、モーターの最高出力を較べるとキックスが70KW/tonで最も高く、X-Trailガソリン車とほぼ同等であり、かなりスポーティーな走行ができると考えられます。

トルクはノートE-Powerが208N・mになり、キックスは193N・mでやや低い値でした。
モーター特性として低回転になるほどトルクが強くなるので、トルク値が高いと発進加速が速くなると考えられます。
ちなみにリーフは211N・mでノートとほぼ同等でした。

エンジン出力もノートが48KWでトップで、セレナは35KWで最低でした。

最大発電量はエンジン出力により制限され、急坂などの高負荷走行時に必要な電力より発電量が少ないとバッテリーが減り、バッテリーが空になった場合はエンジン出力で賄える電力量にモーター出力が制限されることになります。
セレナの場合は明らかに最大発電量が不足しています。

私見として、E-Power車のエンジンは、エンジン走行車としても最低限必要な出力が必要だと考えます。
キックスは44KWでノートの48KWより低いため、連続高負荷運転ではノートよりやや厳しいかもしれません。
ちなみにノートガソリン車のトン当たり出力は56KW、軽のN-BOXでも48kW、プリウスのエンジン出力は54KWでした。

キックスのインパネでは右側のスピードメータはコンベンショナルな丸形アナログ式で、左側はセレナと同じ多機能な情報を切り替えて見られるディスプレー型で、ノートとセレナの良いとこどりで好感が持てました。

試乗の際の燃費は18.4km/Lでした。

キックスはE-Power車の3車種目として完成度が明らかに向上していると感じました。

レビュー対象車
試乗

参考になった101

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

キックス e-POWER 2020年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

キックス e-POWER
日産

キックス e-POWER

新車価格:275〜286万円

中古車価格:応談万円

キックス e-POWER 2020年モデルをお気に入り製品に追加する <50

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意