トヨタ RAV4 PHVレビュー・評価

このページの先頭へ

RAV4 PHV のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
RAV4 PHV 2020年モデル 5.00 自動車のランキング 2 13人 RAV4 PHV 2020年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

RAV4 PHV 2020年モデルの評価

  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.92 4.33 6位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.31 3.93 33位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 5.00 4.12 2位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 5.00 4.20 2位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.85 4.04 2位
燃費 燃費の満足度 4.83 3.88 5位
価格 総合的な価格の妥当性 4.62 3.87 5位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

baran-さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
6件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】
好きなデザイン
ムーンルーフつけたら天板が黒になるのは何か納得出来ない
【インテリア】
シートカバーに高級感欲しい
【エンジン性能】
チャージでしか使ってない
【走行性能】
スピード違反に注意要
【乗り心地】
今でも良いけどBLITZの車高調入れてリフトアップしたい
【燃費】
電費は見えるけど燃費の見方が分からない
ガソリンメーター減らない
【価格】
全部ブッコミなので割安感はある
メーカーの人も、ハリアーやランクルに比べて原価率高いとも言っていた気がする
【総評】
カスタムパーツの開発が間に合っていないので、悶々としながら現状で可能なカスタムを導入中。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年4月
購入地域
福岡県

新車価格
499万円
本体値引き額
45万円
オプション値引き額
15万円

RAV4 PHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

White_Tigerさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

初期型アウトランダーPHEVを7年65,000kmからの買い換えです。グレードGZが昨年納車され、5,000km走行後のレビューです。アウトランダーPHEVからの買い換えを検討される方も多いと思いますので、PHEVとの比較中心で書いています。

【エクステリア】
前車があまり評判の良くなかった初期型ですので、RAV4に関しては文句なしです。前車はデザインにはちょっと目をつぶって機能で買ってしまいましたが、RAV4に関してはそういった悩みはありませんでした。RAV4は街中でよく見かけますが、RAV4 PHVは未だ見かけたことがないので、PHV専用のデザインも気に入っています。個人的には新型アウトランダーよりはRAV4が好みですね。

【インテリア】
安っぽさはありませんが、高級車という感じでもありません。アウトランダーPHEVと同レベルといった感じ。パワーシート、シートヒーターと送風は快適。ハンドルヒーターは冬は重宝しますが、一部のみしか暖かくならないのはマイナス。皆さんご指摘の通りナビの解像度が低く、カメラの画質もいまいち。アラウンドビューの画質も悪く、PHEVのバックモニターだけの方が駐車はしやすかった。また、モニタースイッチがハンドルにない(PHEVはハンドルスイッチ)、室内灯のスイッチがわかりにくい(PHEVはライドを押すと付いた)、荷室ライトの位置が悪い(PHEVは天井にありドア連動可)、充電プラグの蓋が取り外しキャップ(PHEVは固定リッド)、ドアハンドルの位置が悪く開け閉めが重いなど使い勝手はPHEVが良かった点も多いです。

【収納】
車幅が広がった分、荷物室のサイズアップを期待しましたがPHEVが大きかった。PHEVでは余裕で収まった釣り竿がRAV4では横に収まらない。荷室長はともかく、荷室幅は狭いですね。

【エンジン性能】
これはRAVが圧倒的。PHEVもモーター独特のトルク感で坂道でも減速せずに登るなどエンジンとは違う動力性能で快適でしたが、RAV4はそれにスポーツカーレベルの加速が追加され、高速道路もあっという間に120km/hに達します。この性能と電池容量は価格差に十分見合うと思います。ただし、エンジン走行時のエンジン音はRAV4は目立ちます。ここはエンジンがかかっても気づきにくいアウトランダーが優秀でした。

【走行性能】
加速や最高速はアウトランダーPHEVの比ではないですが、最小回転半径はPHEVの方が小さく、駐車時の取り回しはやはりPHEVに劣ります。PHEVの5.3mはあのサイズの車としては格段に取り回ししやすかった。ハンドリングは雑誌記事で絶賛されていますが、最初の印象はハンドルが軽いなー程度。従来のトヨタ車に比べると良くなっているのでしょうが、アウトランダーPHEVがかなり良くできていたこともあり差は感じません。PHEVの重めのステアリングがハンドルの中立位置がつかみやすかったですね。とは言うものの、駐車時の取り回しは軽い方が今は楽ですね。ブレーキは、アウトランダーPHEVの初期型で感じた満充電時のブレーキの効きの不自然さはRAV4では全くありません。常に同じ感触で安心してブレーキが踏めます。電池での走行距離は圧倒的。充電直後の電池走行可能距離は95kmと表示され、7年で30kmしか走れなくなったPHEVの3倍走れます。PHEVは急速充電を多用した訳ではありませんが、電池のへたりは早かった気がします。急速充電がなく電池冷却が考えられたPAV4には長寿命を期待しています。

【安全性能】
今のトヨタの標準的な安全装置は全て入っています。あまりにも念入り過ぎて駐車時にシートベルトを外すとロックされて動かないなど過剰ではと思う部分もありますが、予防安全という意味ではこれが今の標準なのでしょう。とにかく良く警告音が鳴ります。クルーズコントロールも再加速のタイミングが遅くブレーキのタイミングも遅く感じたアウトランダーPHEVよりは不安に感じない適切なタイミングです。オートマチックハイビームはアダプティブタイプではありませんが十分実用的。PHEVにはなかった装備なので夜間の運転のしやすさは格段に良くなりました。

【乗り心地】
PHEVと同レベルで特に不満はありません。SUVとしては文句ないレベルですが、ここを重視するならセダンが良いと思います。

【燃費】
電池の走行距離のおかげで長距離ドライブしないと全くガソリンが減りません。このままではエンジンのならしも終わらないと無理矢理HVモードでガソリン使うくらい。電池走行95kmというのはとにかく圧倒的です。ハイブリッドだけの燃費は実測18-19。PHEVはガソリン走行時の燃費は13-14程度でしたので、ハイブリッドの燃費はさすがトヨタですね。尚、電費は通算で5.5です。

【価格】
発売前の予想より高めの価格設定でしたが、動力性能分の上乗せだとすると許容範囲だと思います。とは言うものの、総支払額500万円超えの車は人生初でした。


7年以上進化がなかったアウトランダーPHEVに比べると、RAV4 PHVの性能や装備の違いは圧倒的です。車検のタイミングもありRAV4に買い換えましたが、結果大正解でした。アウトランダーPHEVも気に入っていましたし、乗り換えるとアウトランダーPHEVはユーザーの使い勝手を良く考えてくれていたなぁと気づくことも多いのですが、フルモデルチェンジのタイミングがあまりにも遅く、私には間に合いませんでした。買い換えのタイミングがアウトランダーPHEVのフルモデルチェンジに間に合う方は、ギリギリまで悩んでください。買うまでの悩みも含めて買い換えのお楽しみですので。

レビュー対象車
新車
購入時期
2020年10月
購入地域
神奈川県

新車価格
499万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

RAV4 PHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった25

このレビューは参考になりましたか?参考になった

肥後のおやじさんさん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:151人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
15件
自動車(本体)
2件
4件
ノートパソコン
0件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

【エクステリア】
好みが分かれるところですが、個人的には無骨感(オフロード感)もありつつシティーユース系なデザインでいいと思いました。
先進的なエクリプスクロスPHEVより、若干昭和感を感じる(個人的に)無骨なデザインに惹かれたと思います。

【インテリア】
はっきり言って高級感は感じません。
メータ関連もごちゃごちゃしてる印象→いい意味で無骨感?。
シートは合皮のようですがまあまあ高級感はでているのではと感じました。
全席シートヒーター付は◎
運転席と助手席にはシートヒーターに加えシートベンチレーションが付いているのは良いと思いますが本当に効くのかな?
全体的にインテリアは、「加飾や豆球室内灯が気に入らなかったらアフターパーツを使って自分好みにしてください」ということでしょうがRAV4PHV以外のRAV4とは少しづつ異なる部分があるので
かならずPHV用かどうか確認しましょう。
各部の操作性はとてもいいです。使いやすと思いました。

【室内の遮音性】
遮音性は良いです。EV走行時当然エンジン音がないので本当に静かです。
逆に内装の小さな建付け異音やロードノイズが気になります。

【車内のモニタ/ナビ】
ディスプレイオーディオですが皆さんからのご指摘の通り画質については本当に悪いですね!
ビューモニターやバックモニターなどいつも時代の画質なのかと思うほど本当に残念なところです。
機能としては使えますので必要十分といえば十分。。。。。

【エンジン性能+HVシステム性能】
エンジン性能、モーター性能とも大満足です。エンジン音、エンジン振動は結構抑えられておりEV走行ではなくてもHVモード走行でもチャージモードでも五月蠅くないです。
発進加速、中間加速共に全く申し分ありません。ハイパワーエンジン車の様に延びはありませんが
いい加速します!1.9tオーバーの重さを感じさせません。さすがシステム馬力300PS超!
チャージモードではEV駆動に比べ幾分もっさり感を感じますが意外とストレスを感じません。
ある意味チャージモードのほうがエンジン音だ!って感じがしてなぜかホッとします。

【その他のシステム性能】
外部給電(100V1500W)の機能はいですね!
室内にも100Vコンセントはありますが、キャンプや野外で利用する際、車外充電ポートから給電できる機能は大変便利かと思います。
三菱車は給電方法は室内からのみのようなので野外で使うにはRAV4PHVのほうが使いやすいと感じました。

【走行性能】
ワインディングになるとこの車はあまり期待しないほうがいいです。加速などでは車重の重さは感じませんでしたワインディングになると1.9tの車重を感じます。 
三菱のエクリプスクロスPHEVの方がハンドリングは軽快のようです。

【乗り心地】
低速域の乗り心地はしっとり滑らかで船のような乗り味と感じるのですが、スピードが出てきて路面が荒くなると途端に突き上げを感じます。納車間もないからですかね? 総じて脚は固い印象です。
とはいっても不快な乗り心地ということではなくボディーの剛性感といか塊感からくる固い印象なのかもしれません。
路面の良い高速道路はしっとり滑らかで◎。

【安全性能】
レーダークルーズコントロールはスバルのアイサイトVer3に引けを取らないと感じました。
レーントレーシングアシストは一世代前の制御感です。
オートマチックハイビームはいたって普通で少々古さを感じますが必要十分。
ブラインドスポットモニターは画質が荒くて残念ですが十分使えます。
プリクラッシュ系は怖くて試していません

【燃費】
頑張ればカタログ燃費近辺になりそうですが、楽しく乗るのであれば14-18km/Lくらいではないかと思います。私は燃費を気にせずこの加速を味わったほうがいいと思いました。
殆どをEVで賄うつもりであれば確実に200V充電設備は必要でしょうがあまり固執する必要はないす。
私は100V充電をを使っておりチャージモードと併用すれば十分使えると思います。


【価格】
乗り出し500万円〜600万円と、外車の高級SUVの新古車が買えそうな価格なので決して安くはありませんが、この車を乗ると今までの車の価値観を変えるかもしれません。
私は結構なカルチャーショックでした。 これこそ電気の力なんでしょうね〜
そういう経験をする意味では、この価格は決して高くないと感じました。

【総評】
この車の売りはパワフルな加速と燃費も良い。静かなEV走行もこなせて航続距離も長い。
さらに災害時の電源供給やアウトドアでも使えるマルチパーパスなことでしょう。
パワフルなこと以外、尖がった特徴もなければ不満点もない! 

いろいろ書きましたが、きっとみなさんも満足すると思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年3月
購入地域
熊本県

新車価格
499万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
10万円

RAV4 PHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

衝動買いが止まらないさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
28件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4

9ヶ月の待ちを経てようやく納車されました。担当営業は当初から年度内には納車されるはずとのコメントでしたが、まさか本当にその通りになるとは思っていませんでした 。しかし、実際に納車されれば、そんな色々な思いは吹き飛びました。まだ納車直後なので走り込みはまだまだですが、おとな3人乗せて山道を50km程走ってもまるで平地の走行の如く、パワフルで静かでとにかく安定していて、運転がうまくなった錯覚に陥りそうです。車の素晴らしさは他の方がたくさん述べられているので、私は少し違ったコメントをします。
私自身いままでごくごく普通のクルマしか所有してなかったためか、納車時の扱い方説明(安全、コネクテッド機能、その他)に1時間以上かかり、その場では半分も理解できませんでした。もちろん、多機能に目をつむり、エンジンかけて走るだけも可能ですが使いこなすにはクルマに乗るというよりも、パソコンの使い方を学ぶに近い感覚でした。また、カスタムパーツを取り付ける方も居られると思いますが、安全や走行にかかわる電気系統をはずしたりすると、直ぐにディーラーから「大丈夫ですか」と連絡が来ます。この点は要注意です。あと、カスタムパーツですが、PHVは他のRAV4と共用ではない物が多数有る様です。対応は慎重に確認することをオススメします。私は良く確認せずに、同じRAV4だから大丈夫だろうと勝手に思い込み、取り付けてみたものの、機能せず無駄(時間とお金を)にしてしまったものがいくつも有りました。
長々だらだら申し訳ありませんが、それでも、今は嬉しくそして満足です。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年3月
購入地域
群馬県

新車価格
469万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

RAV4 PHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

うにらさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:98人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
53件
スタッドレスタイヤ
3件
0件
デジタルカメラ
0件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】前車アドベンチャーも渋くて良かったですが、ブラックトーンの微妙に高級感あるエクステリアには大満足です。バンパー内にアルミテープを施行したところ、大雨の後の走行でも泥はねがアドベンチャーに比べ、半分以下になっています。RAV4の美点は何と言っても見切りのよいボディーです。ジャパンタクシーでも入るのを嫌がるような狭いところに住んでますが、楽々取り回しができます。

【インテリア】最初はちょっと地味かなと思いましたが、その後出てきた欧州最新SUVの試乗で、派手さは欧州車が圧倒ですが、よく使う空調の温度調整、ボリューム、ハザードスイッチなどどの最新車と比べても操作性はRAV4の圧勝です。音声操作がプアなのは少し前近代的な感じですが、最新の音声操作でもタイムラグがあるので、クリックの感覚だけで視線を変えないで温度調整できるRAV4に好感がもてます。

【エンジン性能】前車がTRDスポーツサイレンサー装着で派手な音を出していただけに、エンジンが回っても気づかないほど静かです。それでも5000キロ超えたあたりから、エンジンの強力なことが体感できるようになりました。前々車クラウンRSと同じ系列のエンジンなのですが、モーターが強力なこともあるのか、1ランク上の力強さを感じます。

【走行性能】アドベンチャーの軽快感と比べると、ややもっさりした感じは否定できませんが、それでも高速から山道まで十分満足できるハンドリングです。安定感や高速のジョイントを越えた時のショックはアドベンチャーより2クラス上の感覚でしょうか。高速の流入や追い越しでは注意深くアクセルを踏まないととんでもない速度になることが要注意点です。

【乗り心地】これは、価格を考えるとどのSUVと比べてもベストでしょう。単にバッテリーで重心が下がったこととボディー強化だけとは思えない違いがアドベンチャーと比べて感じられます。高価なAVS装着のクラウンよりもしなやかで安定しており、じっくり乗ればクラウンの奥深さがわかりますが、試乗程度では多くの人がRAV4 PHVの乗り心地に軍配をあげるのではないでしょうか。

【燃費】いろいろセッティングを変えて測っていますが、地方の一般道、外気温8℃、信号と路線バスでたびたびブロックされるような状況(HVは結構強い条件ですが)で、HVモードリッター26.2を記録しました。これは大昔、同じ道を走行したプリウスPHVのHVモードリッター27に迫る値で驚いています。さすがに新東名の120km区間だけを車載燃費計で測るとリッター17.5ー18.5あたりまで落ちますが、これはまだ100キロ制限だったころのクラウンRSと同程度です。

【価格】上記の、いろいろな長所を考えると500万オーバーでも決して高くないと思います。東京であれば補助金もたくさん出ますからなおさらです。ブランドやきらびやかさが欲しいむきには、あと100-200万だして欧州SUVという選択がよいでしょうが、そうでなければ無敵のチョイスではないでしょうか。

【総評】ウインカーや室内照明がすべて電球であったり、アンビエントライト類が殆どないなど地味な面はありますが、自分としては、半年もすれば、何色に変えてもうるさく感じられたアンビエントなどの派手さより実用的なRAV4が好みにあっています。室内照明も白色LEDは高演色タイプでも嫌なので、ウエルカムライトを含め、すべて電球色にしました。 乗れば乗るほど満足感が高まってくる車・・・本当に久しぶりです。

使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年10月
購入地域
東京都

新車価格
539万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
25万円

RAV4 PHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった30人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

東中 近さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
15件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】
 2006年式のクルーガーハイブリッドから乗り換えるにあたって、テクノロジー好きの自分としては「次はPHVもしくはFCVを!」と検討していたところに、RAV4PHV発売の噂が、エクステリア的にはハリアーにPHVが設定されて欲しかったのが正直なところだったが、月産300台とのこともあり、たとえハリアーにPHVが設定されるとしても相当遅くなるとの判断からRAV4に、前置きが長くなったが、スタイリング的には従来のRAV4HVと同じこともあって無骨な印象ではある。ただし、フェンダーモールや前後のバンパー、アンダーモール等マットブラックからピアノブラックに変更されたことで、ゴージャスに、オフロード感はあまり感じなくなったが、アーバンクルーザー寄りな雰囲気になって良いと思う。艶があるか無いかでこれほど印象が変わるのも面白いと思う。自分的にもだんだん好きになってきました。
【インテリア】
 合成皮革ではあるもののレッドステッチの入ったシートの質感、インパネ、ダッシュボード周りなど充分満足な仕上がりだと言える。パワーウインドウスイッチのパネルなど、高級車にはウッド調やステンレスピンストライプ、カーボン調の加飾になっている場合が多いが、RAV 4にはその手の加飾が施されていないが、質感的には充分満足できると思う。ドア内側のハンドルがデザイン重視でかなり前になっていて、すぐに慣れはするがドアを閉めるのには少々力が必要。
 ダッシュボードのグローブボックスが小さめで車検証や取説を収めるのにも少々苦労するが、その他の収納は必要なものが必要なところにきちんと配置されていて便利。
 唯一の欠点としては、ディスプレイオーディオの解像度が低いところ。Retinaディスプレイにしろとまでは言わないが、せめてFHDのパネルにして欲しかった。
【走行性能】
 EVモードでの走行は静かでかつ発進加速は極めてトルクフルでタイムラグも感じない。ただし、60-70km/hあたりで頭打ちがある。(その後は伸びを感じなくなる)市街地を走行するには充分な加速であるが、高速道路などで60−100を加速するとなると、HVモードで走るのが快適、もちろんエンジン音が唸るが、従来のHVとは比べものにならない位静かに加速できる。暖気運転中を除いてエンジン音も車速にシンクロしているので気持ちいいと思う。
 街乗りでも、AutoHV.EVモードが楽しいクルーガーハイブリッドの0−100加速が7.3秒だったがRAV 4は6秒というのも頷ける加速性能を発揮します。特に追い越し加速を求める人はAutoモードが必須かも。
【燃費(電費)性能】
 自分の場合、1500キロ走行した時点の車載のメーターでは通算電費は5.7km/kwh。この数値が正しければガソリンが135円/Lの場合ガソリン換算で約32km/L位の計算になる。車載メーターの誤差がどのくらいあるのかは考察が難しいが、平坦な道を30km走ると(トリップメーターはGoogleマップ等の距離にほぼ等しいく誤差はないと言える)満充電状態からHVモードに切り替わるのに90kmは走行可能で、その場合の電費は90km÷15kw=6なので車載モニターの電費は信用するに足りると思う    (15kwというのはカタログによる「一充電消費電力量14.81kwh」から、よってHVモードに移行する残りの電力量は18.1-14.81=3.29)
 HVモード時の燃費はモニターではよくわからないが概ね18km/L位かと、満充電でHVモードを選択すると、最初の3kw分くらいをモーター走行するため(電池が満タンのままHV走行した場合、発進後に長い下り坂を下るなどの回生が優勢な状態になって電力を蓄えられない状況を回避しているのでしょう。)
 現時点では正確なHVモード燃費が確認できていません。というのも、通算燃費はEV走行を含めた走行距離を使用燃料で除して計算しているようです。EVモードが終了した時点で、HVモードに変更し、かつこのタイミングで燃費計をリセットしなくては正確な燃費が分かりません。しばらく充電をせずにHVモードで運用を続ければ正確な数値が出るのでしょうが、せっかくのPHV車なんだから、EV走行したくてなかなか確認できません。
【乗り心地】
 クルーガーハイブリッドとの比較しかできないですが、かなり良いです。ロールもピッチングも抑えられている感じ、低重心を肌で感じることができます。小さなRのコーナーをスピードを落とさず走り抜けても恐怖心を感じません。
【その他】
 クルーズコントロールの追従機能では、緩やかなカーブなどで、隣の車線の車を感知することがあります。そもそも一般路で使用するのが間違っているのかも知れませんが、右折車がスピードを落として右車線に入った時などは急に車速が落ちてびっくりする事があります。
 パノラマビューモニターやバックモニターは、進行予想ラインも正確で安心できます。やろうと思えばモニターだけでも車庫入れできそうです。
 ヘッドライトの自動点灯は設定をもっとも暗くしても、ちょっと早すぎるくらいで点灯します。まあLEDなので消費電力は微々たるものなのでしょうが、ちょっとウザい感じですね。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年1月
購入地域
三重県

新車価格
499万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

RAV4 PHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

さんさんさんよっしーさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
23件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4
   

ラブ4PHV GZ

   

【エクステリア】
外観は良いです。カクカクの形が好みでラブ4PHVを選びました。+外装ピアノブラックが大変良いです。ホイールをブラック(細赤線入り)に変えました。写真参照

【インテリア】
ブラックに赤ステッチが良いです。
ホワイトボディにブラック内装は相性抜群です。

【エンジン性能】
2.500ccのロングストローク高効率エンジンは馬力もトルクもバランスがとても良いです。HVの為高回転の必要が有りません。効率重視の良いエンジンです。モーターも低回転からMAX回転まで力強く回ります。モーターメインのエンジン補助的な感じがします。モーター・ハイブリッド・エンジン どれも良いバランスのパワーで良い走りをします。

【走行性能】
カタログ通りの走りです。加速はどの速度からもしっかり加速します。少々の登り勾配も平坦な道かの様に加速します。(シートに押し付けられる感覚を市販車で味わう事が出来ました。)
コーナリング性能も車重を利用して しっかり曲がります。セレクトのセットポジションにもよりますが、スポーツモードでのコーナリングはしっかりコントロールができ良いです。

【乗り心地】
往路は新東名120km/hしっかり地を這う様に走りました。復路は東名100km/h少々道が悪くガタガタしますがしっかり緩和して 安定走行しました。静岡から山梨の道も登り坂/下り坂/コーナリングも安心して走れました。(安心安定走行の為 = 若干スピードオーバーに要注意)

【燃費】
2.500km/月 走りました。結構無駄な急加速してしまいました。それでも平均燃費15.2km/L あの走りで大変良いと思います。(EV走行の充電はチャージモードのみ)*次回はエコモードに挑戦

【価格】
ラブ4PHV GZ ホワイト
ムーンルーフ等々色々装備しました。
それなりの金額になりましたが、お値打ちだと思います。お金を出しても良い車です。

【総評】
7ヶ月と半月待ちましたが、今は大変満足しています。今までに無い車が手に入りました。色々なタイプの車に乗りましたが、最高の車だと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年2月
購入地域
愛知県

新車価格
499万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
15万円

RAV4 PHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

わくわくわんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:76人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
66件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

購入後2ヶ月程で3000Km走ったので再レビューを追記させて頂きます。

【エクステリア】
新色のエモーショナル・レッドUの真っ赤な車体とピアノブラックのモールカラーのバランスがベストマッチングで見て惚れ惚れします。上位のブラックトーンで無くても十分ゴージャスでかっこいいです。この色はPHVだけの新色で鮮やかで情熱的なところが気に入っています。
HV車と比較してクオリティーが全く違うという印象です。
高速などで50系RAV4や他SUVと並走するとめちゃめちゃ見られます。
フロントグリルのメッシュ感や、LEDフォグランプがデイライトになっているところなどスポーティーでかっこいいので、ひと目でPHVと分かります。
ただ、グリル周りのシルバーメッキがちょっと最近のデザインにしては余計かな?と思います。もっとシンプルが好みです。

【インテリア】
基本は2019年50系RAV4と変わりは無いですが、全体的に黒色に統一した感じと赤いストライプは高評価です。
特に天井が全て黒で統一されダーク感が増してかなり良いです。
サーキュレーター付きシートも決定ポイントの一つです。HV車では夏季は汗だくだったので非常に助かる機能です。
多くの方が価格に比べてシンプルすぎると書かれていますが、これまで乗った感想では飽きが来なくてシンプルで逆に気に入っています。
但し、ドアノブの位置が前過ぎて女性など力の無い人には使いにくいデザインで難有りです。

ディスプレー・オーディオ(DA):
標準搭載9inchディスプレイ・オーディオは画質が良く無いです(WVGA)。前車がHDだったのでその差は歴然です。
ただ、TV映像は想像ほど悪く無く何とか情報得られるので、可も無く不可も無くという印象です。
パノラミック・ビューモニターの画質は極めて悪いく機能としては備わっている程度です。
尚、今後のMCでは500万円クラスの車格にはもっと良い画質を期待します。

【モーター・エンジン性能】
モーター性能:
文句無しです。高速の上り坂巡航スピードから追い抜きをかけたら、音も無く一瞬で他車を抜き去りました。抜かれた車もベンツ、BMW、スバル、RAV4等それなりの高性能車が揃っていましたが誰も付いて来ませんでした、感動しきりです。もう内燃機関はモーターには勝てません。
エンジン性能:
とにかく静かなエンジンです。回っているか気が付かないことが良くあります。燃費も良い印象で、峠のワインディングをHVモードで走った際カタログ値を超える25Km/Lと出たのには驚きました。おそらくバッテリーキャパをうまく使って、エンジンを可能な限り使わないようにしている印象で、メーター見ると頻度をモーター:エンジン=75%:25%に近づけようとしているような印象を受けます。
HVモードでは、その時のバッテリー残量を維持しつつガソリンを効率的に使っている模様です。
RAV4 HV車ではEV走行中にエンジン始動すると突然高回転のうなり音がしてクラッチをつなげてる印象がありましたが、PHVの場合はEV高速走行中でもエンジンのうなり音は感じず静かで良い仕上がりになっていると思います。開発時この辺のチューニングに苦労されたと感じます。

【走行性能】
モーターとエンジンのバランスが大変良く、性能は文句ないです。満充電状態ではアクセル目一杯踏んでもエンジンがかかることはありません。モーターでスーッと数秒でMaxスピードまで簡単に到達する感覚は素晴らしいです。感動です。
更にSPORTSモードにするとアクセルを軽く踏むだけで一瞬でグインと飛び出す感覚は胸がすく思いで気持ち良いです。最高の乗り物です。

【乗り心地】
重心が低く、車重が重くなったことで細かい揺れが無くなり、疲れ難い上質な乗り心地に進化しました。
特に高速道路では本当に安定して揺れが少ないです。
HV車にあった路面の起伏や段差を超える時の左右に揺さぶられるような暴れ方はPHVでは感じなく、ドライビングポジションがずれることも無いです。急カーブも難なくこなしてくれて扱いやすいです。
高級車の品格を感じます。

【電費・燃費】
PHVなので日々の街乗りは充電だけで十分で、遠出する時しかガソリンを使わないと思います。
電費:
シーズンによって多少違うかな?秋ごろで5.2Km/KWh、冬で4.9Km/KWh前後です。エアコンの負荷で多少電費が変わり、アクセルワークにはあまり影響しない印象です。
尚、エアコンがヒートポンプとなり、酷暑であっても寒い朝でもエンジンが回ることはありません。これまでHV車では頻繁に空調の為にエンジン回って燃費が悪かったので、実はヒートポンプは熱望していた機能の一つです。
自宅に200Vコンセントさえ有れば燃費を気にすることは無いと思います。
更に太陽光発電されてるお宅の場合なら電気代が節約できます。我が家の実測では開始時3.2Kwで充電が始まり、後半は1Kw程度に減衰しているのが確認できました。晴天であれば太陽のエネルギーだけで充電可能です(天候やパネル性能によって異なりますのでご参考まで)。
燃費:
HVモード時の燃費はカタログ値とあまり変わらない印象で場合によってはそれを超えることもあります。山道登坂した際、距離20-30KmをHVモードでエンジンも頻繁に使いましたが、同じ道を下る際は回生エネルギーでバッテリーに10Km分程度チャージされたので燃費はかなり効率的という印象があります。

【価格】
トータル的に十分満点評価できる価格と思います。走りの楽しさ満足度で見ればむしろかなり安いです。

【総評】
本当に乗ってて楽しい車で満足しています。
前車のRAV4 HV車と比較して、パワステやブレーキの効き、レーントレーシングアシストがブザー音からバイブレーションに変わっていたりと細かいところが改良されていて非常に乗りやすくなっています。
とかくEV走行に多くの方が注目されていますが、エンジン性能も非常に良いフィーリングと静けさがあるのでHVモードで遠出しても快適です。是非乗ってみてください。
しかしこれだけは言えます。もう内燃機関はモーターに勝てません、素晴らしいの一言。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年10月
購入地域
千葉県

新車価格
499万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
20万円

RAV4 PHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった76人(再レビュー後:30人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

おいらっくさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
9件
スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

BRACK TONEの納車後、10日ほど走り込んだのでレビューします。
前車RAV4 HV-G 2019年モデルからの乗り換えなのでHV-Gとの比較もします。

【エクステリア】
RAV4のオクタゴンデザインのシャープなスタイルが気に入っています。
PHVでは、バンパーやフェンダー周りの樹脂パーツが塗装に変わり、多少高級感がでました。

【インテリア】
シンプルな造形と装飾で、高級感はあまり感じられませんが、エアコン関係のスイッチや大きめなセンタートレイと、運転席・助手席のトレイなど使い勝手が良いです。 助手席側トレーに箱ティッシュを入れられるので便利です。(正確には嵌まる感じです)
HV-Gとの違いでは、ステッチ色が白から赤に変わったことと、内装色がピラーから天井にかけてもブラックになったことぐらいです。オールブラック内装色は暗い感じもせずに落ち着いていい雰囲気です。

【エンジン・モーター性能】
エンジン出力はHV-Gとほぼ変わりませんが、HVモードでは頻繁にモーターのサポートも入るのでエンジン単体でのパワーはよく分かりません。 力強さはあると思います。
モーター単体ではアクセルを踏み込んだ立ち上がりからトルクが出る感じがよくわかります。

【走行性能】
モーター(EVモード)による加速は素晴らしいです。 HV-Gでも踏み込めばそれなりに加速はしましたが、同じ踏み込み量ではその加速はHV-Gの比ではないです。
私が感心したのは中高速度域(40Kmや80Kmなど)からの加速がアクセル踏み込み後のタイムラグがなくリニアで速いことと、急な登り坂でもモーターだけでストレスなく速く走行できることです。
HV-Gでは急な登り坂ではエンジンの唸り音が発生しましたがそれが聞こえないのは快適です。
慣らし運転も考慮して、アクセルベタ踏みのエンジンとモーターの同時高出力はまだ試していませんが、モーターだけでも十分な感じです。
カーブやオフロードでの走行性能はHV-Gとの違いは良くわかりません。 HV-Gでもカーブはロールも少なく安定していたので満足でした。

【乗り心地】
大型バッテリー搭載による重量が増した分、サスペンションのセッティングにも影響しているのか、HV-Gよりも悪路での突き上げが少なくなりました。 ゆったり乗れる感じです。
静粛性も吸遮音材の拡大による効果が出ていて静かになっています。 HVモードでエンジンアイドリングさせると、HV-Gよりもアイドリングの音がかなり静かになりました。 さらにHV走行でエンジンが回っても静かになっています。
走行中も雑音が減りました。 ロードノイズも丸くなった感じです。(表現が下手ですみません、静かになったことは確かです。)
※突き上げの件もロードノイズの件も前車HV-Gから取り外した同じ19インチ社外アルミ/タイヤを装着しての評価です。

【燃費・電費】
HVモードでの燃費は同じ場所を走ってHV-Gより0.5Km/Lほど良くなっています。
電費は400q強走って4.9qです。 気持ちよくアクセル踏んでいるので数値が良いのか悪いのかまだよく分かりません。
EVモードで充電が残っているときにHVモードに切り替えると、その時の充電残量を中心値としてHV走行をします。
つまり残量100%(残走行85q程度)でHVモードに切り替えると100%を維持しながらHV走行をして、50%(残走行約40Km程度)でHVモードに切り替えれば50%を維持しながらHV走行するので、目的地で電気を使用したいとき(高速道から一般道におりた後にEV走行したい時など、キャンプ地で電気を取り出したいときなど)は、充電残量に合わせてHVモードに切り替えればよいので便利です。

【他装備】
RAV4にも搭載されたディスプレイオーディオ(DA)は画質など評判がよくないようですが、私はあまり気になりません。
HV-Gの純正ナビNSZT-Y68Tは解像度はHDで、DAの解像度はWVGAなので確かにスペック上では劣りますが、DAに表示されるメニューやオーディオなどの表示は普通に見えます。
但し、ナビ画面(私はオプションナビキット)ではHDと比較すると文字などが若干ぼやけて滲んで見えます。
解決方法として画質調整でコントラストをかなり弱くすると(画面全体をソフトにする感じ)見やすくなります。10日も経つと慣れてしまいました。 妻は老眼のせいか、HV-Gと変わらないと言っています。
バックカメラ映像の画質も若干落ちた感じがしますが、今では、HV-Gの画質もこんなもんだったかな?と忘れるくらいの差しかないです。 パノラミックビューも周囲の様子がザックリ分かれば判断できるのでこの程度で十分かなと思っています。
デジタルインナーミラーが標準で付いていますが、これは期待以上でした。 老眼の妻でも、綺麗に良く見えると言っています。
視野が広く綺麗な画質で、夜間やトンネルでもノイズも少なくトンネルを出た後でも白飛びもありません。
逆にヘッドアップディスプレイは、期待以下でした。 私には少し視認しずらいです。 個人差があるのかもしれませんが、私は元々デジタルメーター表示なのでHUDはオフにしています。
PHVではリアドアハンドルでもドアの施錠と解錠が出来るようになり便利になりました。
スマホアプリのMy TOYOTAは以前から利用していますが、PHVではさらに充電管理やエアコンリモート設定がスマホから出来るので、より便利になりました。

【総評】
PHVの加速は素晴らしいです。エンジンが回らず静粛性を保ってこの加速感が味わえるので運転が楽しくなります。
500万を超える価格帯ならインテリアへのもう少し細かい配慮があっても良いと思います。
とは言え、EVモードによる強力な加速や静粛性が日常のほとんどの走行で味わえることは素晴らしいです。
気を付けないと数か月エンジンを回さないことにもなりそうです。
長文になってしまい失礼しました。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年5月
購入地域
東京都

新車価格
539万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
15万円

RAV4 PHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった35

このレビューは参考になりましたか?参考になった

royal1297さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
3件
スマートフォン
0件
1件
タイヤ
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

 加速や安定性、ショックアブソーバーもほぼ満点で、SUVに乗りながらクラウンみたいな乗り心地です。加えて視点が高いので操縦が楽であまり疲れません。重心が低く車体が重い割にハンドリングは軽いので女性でも楽に切れますが、レスポンスはややスローな感じはします。まあ、乗った感じ欠点はほぼ見当たらないですね。静かな車なので場面によってはロードノイズが気になる時もありますが、粗さがしし過ぎかな。
 充電は100V6A充電の純正充電ケーブルでは30時間以上かかります。さすがにこれでは時間がかかり過ぎるので、社外品の充電ケーブルなら、13A充電で(100Vだと入力は10Aが上限っぽいが)19時間弱程で電欠からフル充電まで短縮できるので、100V充電環境の人は出来れば社外品の充電ケーブルに変えるほうが良いかも。200V充電の設備が準備出来るならそちらがベストですけどね。8時間程の100V充電でも30km程は回復するので通勤距離が10km程度ならEVだけで十分運用出来ます。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年10月
購入地域
福岡県

新車価格
499万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
5万円

RAV4 PHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった30

このレビューは参考になりましたか?参考になった

えーKUNさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:87人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格5

ディーラーに試乗車があったので、待ち時間に運転させて頂きました。
普段はHYBRID Gに乗っています。

【エクステリア】
ノーマルRAV4の樹脂部分がほぼ全てピアノブラックに置き換わり、ノーマルと比べて都会的な雰囲気を感じました。
見栄えは良いですが傷が目立つので、色々と神経を使いそうです。

【インテリア】
室内のルーフの色がブラックで、ノーマルよりもかなり高級感が出ていました。
シートはホールド性が高くて疲れにくく、自分が喉から手が出る程欲しかったシートベンチレーションも付いていて文句無しです。
地味に違っていてムカつくのが、パワーウィンドウスイッチのイルミが付いている事です。

【エンジン性能】
充電が無かったのでチャージモードでスタートしましたが、プリウスやアウトランダーのそれと比べてエンジンの騒音が遥かに小さく、加速もスムーズでした。
HYBRIDモードは、EV比率の高さとモーターのアシストの強さが通常のHYBRID車と大きく違います。
HYBRIDモードのスポーツモードはレスポンスが非常に高く、踏み込んだ瞬間から加速が始まります。期待値が高すぎたのか感動する程の加速感はなく、感覚的に3.5Lのミドルサイズセダンクラスの加速かなと思います。ただ、これで不満を感じる人はまずいないとは思います。
EVモードは試してません。

【走行性能】
車体後方のバッテリーのおかげか重心が下がっていて、コーナーでのロール感がSUVのそれじゃないです。
普段SUVに乗ってる人がこれに乗ると感動すると思います。

【乗り心地】
しっとりと重厚感たっぷりの乗り心地です。
上位グレードの19インチ車は乗ってませんが、この18インチのグレードめちゃくちゃ良いですね。

【燃費】
分かりませんがEV比率が高かったので、おそらくHYBRID車よりも良いような気がします。

【価格】
安いです。500万円台スタートかと思ってたので驚きました。
この価格差ならこっちを買えば良かったと、若干後悔しているレベルに良い車です。

【総評】
今契約すると納期が来年の5月頃という事で、想定外に売れているとの事です。
乗れば分かる良い車なので、これからもっと売れていくと思います。
次期型NXのPHVがこれベースで出れば、凄い車になりそうですね。

レビュー対象車
試乗

参考になった20人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

モノキチさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:41人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

納車後3日、走行距離約500qでのレビューです。

【エクステリア】
好みの見た目でとても気に入ってます。角張ったデザインですので見切りが良いです。運転席からフロントワイパーが見えない位置にあり、ボンネットが見えるのが好きなんです。リアワイパーが上部に付いていればなお良かったかなと思います。
ウィンカーの黄色い映り込みが気になりましたのでステルスバルブに交換しました。あとはBピラーの塗装があったらどうかなと考えるくらいです。

【インテリア】
黒いです。納車まで散々画像や動画を見ていましたが光の反射で濃いグレーを想像していましたが真っ黒です。
質感についてはソフトパッドも良く触りそうな場所に使われていて自分が想像していたよりもずっと良かったです。値段とこの車のスタイルで言えば丁度良いのではと思います。後席の広さも十分あり、運転席を身長178pの自分の位置にしてもゆっくり座れます。
DAの位置も運転中の視界を妨げない高さにあり使いやすそうです。画質については綺麗とは言えませんが十分です。元々あまりこだわりも無くこれまでも純正ばかり使ってきたので特に気にもなりませんが、ただパノラミックビューモニターの画質は最低です。デジタルインナーミラーはそれなりに綺麗に見えます。ヘッドアップディスプレイも綺麗で色々な情報を簡易に表示してくれます。なのにあのパノラミックビューモニターの画質ときたら酷いです。他が良いだけに残念です。個人的には値段が多少上がってももっと精彩に表示して欲しかったと思います。

【エンジン性能】
HVモード走行中にエンジンの掛かり始めは数分間程度でしょうか高回転で唸るようなときがありましたので暖気しているのかと思います。その後は走行しても静かなものでした。HVモードでエンジン音を聞きながら走行するとモーターのトルクが上乗せされている事により4リッターガソリンエンジンの車を走らせているような感覚になります。振動も感じませんでした。

【走行性能】
アクセルを踏み込むとそれはもう物凄く加速します。上り坂だろうが関係ありません。前車が2リッターNAでしたのであまりの違いに驚きました。ブレーキも良い感じに良く効きます。EV走行分のバッテリーがある状態ではHVモードにしてない限りモーターのみで走ります。よほど踏めばエンジンがかかるのかもしれませんが確認しようにもそこまで踏み込むと物凄い加速をするので出来ません。納車日に同乗者がいる状況で数十キロ走行しましたが、酔わさないか気にしていたら右足が疲れました。エコモードにすると踏み始めのレスポンスが穏やかになりますので同乗者がいる場合はおすすめです。慣れてきたらノーマルモードにしようかという感じです。1人乗車でもスポーツモードはほとんど使いそうにありません。

【乗り心地】
運転していて車の重心が低いのを感じます。SUVやミニバンの車上部が揺れる感覚はかなり少なく高速道路を走行してもとても安定していました。納車日は台風が来てましたので風がそれなりに吹いていましたがフラつく事もありませんでした。

【燃費】
瞬間的に少し強めに踏んでみたりして楽しんでますのでまだなんとも言えませんが、カタログ値の8割程度の燃費と電費になりそうです。まあこれは運転される方次第です。
チャージモードを試してみました。EVモードでバッテリーを使い切った状態から始めて35q走行すると、回復したバッテリーでの走行距離が50qと表示されていました。単純に計算するとチャージモードでの燃費は11.5q/L表示でしたので、回復したバッテリーを使用してのEV走行可能分を含めると燃費が約28q/Lとなります。走行状況にもよるでしょうがHVモード走行より燃費が良くなるって効率良すぎじゃないですか。(一度しか試してないのであまり信用しないでください)
チャージモード中に強めにアクセルを踏んでも凄い加速はします。エコモードも同じです。

【価格】
この車の作りや性能で考えるとこの価格は妥当もしくは安いと思います。ただここまでくればパノラミックビューモニターは綺麗な画質にして欲しかったです。

【総評】
全体としては満足度はとても高いです。乗るのが本当に楽しいです。自制心を問われているようです。パノラミックビューモニターの事を書きましたが、他が良いだけに余計に気になるのかもしれません。使えないほど悪いわけではありませんので。いやでも最低です。
燃費が良くて踏むと速く安定して走るなんて良いとこ取りした最高の車です。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
仕事用
その他
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年10月
購入地域
福岡県

新車価格
539万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

RAV4 PHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった41

このレビューは参考になりましたか?参考になった

enya-kさん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:287人
  • ファン数:2人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

ハリアーの試乗目的で近所のネッツ店に行き、偶然にもRAV4PHVに試乗することが出来ました。
いろいろな方の試乗レポートは読んでいたのである程度想像は出来ていたつもりですが、想像をはるかに超える良い車でした。
アクセルを軽く踏むとシュッと加速しあっという間に法定速度に達しました。静かかつリニアに加速し、重量も感じさせません。しかも乗り心地はしっとりで重厚。RAV4ハイブリッドもとても良い車だと思いますが、全く別物です。
車両の入れ替えを考えていてSUV中心にいろいろな車に試乗しましたが現時点では、最高の車です。電気だけで95キロぐらいは走れるとディーラーの方が言っていましたので、普段使いはガソリンいらずで経済的だと思います。(車両価格は高いですが・・・)
速くて広くて乗り心地が良くて、さらに経済的なストレスフリーの万能カーだと思います。正直高級感はあまり無いかもしれませんが、価格以上に価値ある車だと思います。リニアな加速はやみつきです。欲しい!!

レビュー対象車
試乗

参考になった85

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

この製品の価格を見る

RAV4 PHV
トヨタ

RAV4 PHV

新車価格:469〜539万円

中古車価格:549.9万円

RAV4 PHVをお気に入り製品に追加する <133

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意