RF24-70mm F2.8 L IS USM レビュー・評価

2019年 9月27日 発売

RF24-70mm F2.8 L IS USM

  • 焦点距離24mmから70mmのズーム全域で、開放F値2.8を実現した、RFマウント対応のプロ・ハイアマチュアユーザー向け大口径標準ズームレンズ。
  • 静止画撮影時の手ブレ補正効果が最大5段分に向上。暗いシーンでもシャッタースピードを遅くできるため、手持ち撮影の可能性が広がる。
  • ズーム全域で高画質を実現しフレアやゴーストを低減する特殊コーティング「ASC」を採用。超音波モーター「ナノUSM」で快適な静止画・動画撮影が可能。
RF24-70mm F2.8 L IS USM 製品画像
最安価格(税込):

¥244,000

(前週比:+9,001円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥244,000

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥230,450 (9製品)


価格帯:¥244,000¥307,206 (52店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥244,000 〜 ¥272,250 (全国707店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:標準ズーム 焦点距離:24〜70mm 最大径x長さ:88.5x125.7mm 重量:900g 対応マウント:キヤノンRFマウント系 RF24-70mm F2.8 L IS USMのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • RF24-70mm F2.8 L IS USMの価格比較
  • RF24-70mm F2.8 L IS USMの中古価格比較
  • RF24-70mm F2.8 L IS USMの買取価格
  • RF24-70mm F2.8 L IS USMの店頭購入
  • RF24-70mm F2.8 L IS USMのスペック・仕様
  • RF24-70mm F2.8 L IS USMのレビュー
  • RF24-70mm F2.8 L IS USMのクチコミ
  • RF24-70mm F2.8 L IS USMの画像・動画
  • RF24-70mm F2.8 L IS USMのピックアップリスト
  • RF24-70mm F2.8 L IS USMのオークション

RF24-70mm F2.8 L IS USMCANON

最安価格(税込):¥244,000 (前週比:+9,001円↑) 発売日:2019年 9月27日

  • RF24-70mm F2.8 L IS USMの価格比較
  • RF24-70mm F2.8 L IS USMの中古価格比較
  • RF24-70mm F2.8 L IS USMの買取価格
  • RF24-70mm F2.8 L IS USMの店頭購入
  • RF24-70mm F2.8 L IS USMのスペック・仕様
  • RF24-70mm F2.8 L IS USMのレビュー
  • RF24-70mm F2.8 L IS USMのクチコミ
  • RF24-70mm F2.8 L IS USMの画像・動画
  • RF24-70mm F2.8 L IS USMのピックアップリスト
  • RF24-70mm F2.8 L IS USMのオークション

RF24-70mm F2.8 L IS USM のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.48
(カテゴリ平均:4.59
レビュー投稿数:2人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
操作性 取り扱いは簡単か 5.00 4.52 -位
表現力 思い通りのイメージの写真が撮れるか 5.00 4.52 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 5.00 4.26 -位
機能性 AF精度やMF対応などの機能性 5.00 4.35 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

RF24-70mm F2.8 L IS USMのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:89人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
27件
レンズ
7件
6件
PCモニター・液晶ディスプレイ
3件
0件
もっと見る
満足度4
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5
機種不明RF2470(望遠側)
機種不明Sigma1750(望遠側)
機種不明RF2470(広角側)

RF2470(望遠側)

Sigma1750(望遠側)

RF2470(広角側)

機種不明Sigma1750(広角側)
機種不明BKissM+sigma1750
機種不明BKissM+sigma1750

Sigma1750(広角側)

BKissM+sigma1750

BKissM+sigma1750

人物を中心に撮影しています。Kiss M + sigma17-50を主に使っていましたが、EOS R + RF24-70に移行しつつあります。ということで、ここでは初心者の目線でsigma17-50 F2.8(2万5千円)と比較しようと思います。

【比較システム】
@EOS R + RF24-70:画素数約3000万→約40万円
AEOS R + sigma17-50(換算:27-80):画素数約1000万→約20万円
BKiss M + sigma17-50(換算:27-80):画素数約2400万→約8万円

※注意:Bは後日追加しました。条件が違う日に撮っているので、あくまでご参考に。表現力はRの方が数段上なので比べる必要はないかと思ったのですが、初心者目線ということで追加しました。

【結果】
サンプル画像1:
@、A、Bで大差はないと思いました。等倍にしても違いに不満はないです。つまり画素数や値段ほどの違いは感じられませんでした。普段撮りならBで十分と思います。結局、CANONの色合いで良い感じに撮れてしまうんだろうと思います。

サンプル画像2:
等倍にすると明らかに違います。これは解像感が全く違っていて、電柱や葉っぱなどがきれいに撮れているのはRF24-70です。RF2470とsigma1750の値段は10倍くらい違うんですが、この差のためにお金を払えるかどうかは撮影者によると思います。ちなみに、画像は圧縮していて、Bは画像圧縮前だと収差はあまり出ていません。金銭的に余裕があり、解像感や色収差にこだわる人、動画を撮りたい人は@が良いと思います。

余談ですが、M6MK2にsigma1750を着けたらかなりいい絵が撮れるんではないでしょうか。CANONの次のAPS-C機が楽しみです。

では、以下に使用に関する所感を述べます。すでに1万ショットくらい人物を撮っています。

【操作性】
普段は瞳AFを使うことが多いのですが、条件によってピントが瞳に来ないときがあります。そのときはフルタイムマニュアルを使って合わせてますが、操作しやすくて素早く対応ができます。

【表現力】
人物撮影において、RF35mmと同等の写りと感じました。

【携帯性】
普段は縦グリを着けていますが、個人的にはそれほど重くないです。軽くもないですが。手振れ補正ありを考えると軽量化されていると思います。

【機能性】
なんといっても、手振れ補正が付いているのが大きいと思います。また、雨の中で撮影するときもあるので、防滴仕様なのが魅力です。

【総評】
当レンズの吐き出す絵はクオリティが高く、単焦点並ではないかと思います。ただ、値段が高いですね。僕の評価が4なのはそのためです。そう考えると、真のライバルはRF24-105のような気がします。僕は持っていませんが、多くの人はこれで十分なのかもしれません。

そして、多くの方が期待しているのはシグマのRFマントの大三元の発売だと思います。シグマを買うのか、その後に値下がりした純正を買うのかは人によると思います。個人的には初心者には沼に陥らないために、純正を勧めたいです。
でも、シグマのサービスは悪くないです。例えば、シグマは保証期間内ならレンズのクリーニングを無償でやってくれます(CANONはやってくれない)。僕のsigma1750も1年使用してクリーニングに出して、新品同様になって帰ってきました。送料負担の可能性あり。故障の場合は送料は無料です(CANONは3000円くらい)。

さて、最近、本命のRF70-200を購入しました。これでターゲットの撮影エリアはほぼカバーできます。後は、東京オリンピック前にRF100-400が出ることに期待しています。

レベル
初心者
主な被写体
人物
室内

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

バッハの平均律さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:202人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
262件
レンズ
3件
122件
イヤホン・ヘッドホン
2件
48件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5
機種不明24mm
機種不明35mm
機種不明50mm

24mm

35mm

50mm

機種不明70mm。開放 F2.8
機種不明50mm。ぼかしカット
機種不明32mm。最大撮影倍率 0.3倍

70mm。開放 F2.8

50mm。ぼかしカット

32mm。最大撮影倍率 0.3倍

【操作性】
ズームリングには珍しく段差があり、
径の大きい側を持って回すのが扱いやすいと思います。
フォーカスリングは適度な抵抗感がありながら滑らかに動きます。

【表現力】
どの焦点距離でも十分に解像してくれます。
等倍でチェックしても、これと言った粗は見られません。
開放でも解像度は高いので、深度の浅さに注意すれば開放から使っていけます。
総じて、3000万画素のEOS Rで撮って見る限り十分な解像度です。
是非、いずれ出るであろう高画素ボディでもチェックしてみたいです。

ボケ味は、
F2.8の明るさと近接能力のおかげで、十分に大きなボケが得られます。
RF50mmと比べても、さほど遜色のない滑らかさです。

【携帯性】
ミラーレスだからと携帯性を求めると、
このレンズは大きい・重いとなるでしょうけれども、
一眼を使ってきた身としては至極当然のサイズだと感じます。
この大きさ・重さが画質を保証してくれていると思えば、
むしろ頼もしく感じられます。

【機能性】
AFは音もなく瞬時に合焦します。
最短距離から無限遠でも体感で0.5秒くらいです。

手振れ補正は最大5段分という事で、
昼間なら大抵はISO 100でブレずに撮れてしまいます。

最短撮影距離がズーム全域で一定のレンズでは
望遠端で最大撮影倍率になりますが、
このレンズでは32mm時に最大の0.3倍になります。
広角マクロの形になり、寄って撮るイメージです。
最短距離まで近づこうとするとフードが影を作ってしまうので、
やや面倒ではありますが、その都度外した方が良いでしょう。
ズームリングの表面には小さな凸凹がありますが、
35の数字から凸2つ分、広角側に回すと32mmになります。

【総評】
すでに所有しているRF50mmも
標準レンズという事でオールマイティな性能なので、
ある意味、標準ズームと性格・性質が似通っています。
今後、使い分けを模索していきたいと思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景

参考になった36

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

RF24-70mm F2.8 L IS USMのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

RF24-70mm F2.8 L IS USM
CANON

RF24-70mm F2.8 L IS USM

最安価格(税込):¥244,000発売日:2019年 9月27日 価格.comの安さの理由は?

RF24-70mm F2.8 L IS USMをお気に入り製品に追加する <226

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[レンズ]

レンズの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意