AX-505-S [シルバー] レビュー・評価

AX-505-S [シルバー]

  • XLRバランス入力を装備したプリメインアンプ。設置面積がA4サイズとコンパクトで、音楽信号が持つダイナミズムを余さず伝える高出力パワーアンプを搭載。
  • パワーアンプ部にはHypex社製アンプモジュール「Ncore」を採用。エネルギー変換効率にすぐれ、低消費電力・低発熱で115W+115W(4Ω時、定格出力)を実現。
  • ティアックのDAC、「UD-505」や「NT-505」と組み合わせることで、DSD 22.5MHzやPCM 768kHzといったハイスペックなハイレゾ音源を存分に楽しめる。
AX-505-S [シルバー] 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥131,780 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2019年 2月上旬

店頭参考価格帯:¥159,840 〜 ¥159,840 (全国39店舗)最寄りのショップ一覧

定格出力:70W/8Ω/115W/4Ω 対応インピーダンス:4Ω〜8Ω 再生周波数帯域:10Hz〜50kHz アナログ入力:3系統 AX-505-S [シルバー]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AX-505-S [シルバー]の価格比較
  • AX-505-S [シルバー]の店頭購入
  • AX-505-S [シルバー]のスペック・仕様
  • AX-505-S [シルバー]のレビュー
  • AX-505-S [シルバー]のクチコミ
  • AX-505-S [シルバー]の画像・動画
  • AX-505-S [シルバー]のピックアップリスト
  • AX-505-S [シルバー]のオークション

AX-505-S [シルバー]TEAC

最安価格(税込):¥131,780 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 2月上旬

  • AX-505-S [シルバー]の価格比較
  • AX-505-S [シルバー]の店頭購入
  • AX-505-S [シルバー]のスペック・仕様
  • AX-505-S [シルバー]のレビュー
  • AX-505-S [シルバー]のクチコミ
  • AX-505-S [シルバー]の画像・動画
  • AX-505-S [シルバー]のピックアップリスト
  • AX-505-S [シルバー]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > プリメインアンプ > TEAC > AX-505-S [シルバー]

AX-505-S [シルバー] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.56
レビュー投稿数:3人 (試用:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 5.00 4.39 2位 見た目のよさ、質感
操作性 4.00 4.16 12位 リモコンや本体の操作のしやすさ
音質 5.00 4.57 3位 臨場感、音質の良さ
パワー 5.00 4.52 7位 最大音量の大きさ
機能性 4.00 4.27 16位 機能が充実しているか
入出力端子 4.33 4.29 14位 端子の数
サイズ 5.00 4.34 3位 省スペース性・コンパクトさ
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

AX-505-S [シルバー]

AX-505-S [シルバー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
11件
自動車(本体)
0件
8件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ5

【デザイン】
ボディーは前面パネル、サイドバネル、セレクター、ボリュームまでアルミで質感が良く、持ち上げた時もしっかりした印象。レベルメーターは誇張しすぎず目で楽しめるので気に入っています。
ネットで見るとサイドパネルはフロントより濃いですが、実機では正面から見るとほフロントパネルと同じ明るさのシルバーに見えます。見る方向とか照明によって少し変わるのかもしれません。

【操作性】
全体的にシンプルで直感的に迷う点はありません。
フロントパネルで操作するところは電源レバー、セレクター、ボリュームの3つしかありません。とてもシンプルで良いです。ボリュームはアルミ削り出し。少し重めの操作感と相まって心地良いです。(安物のAVアンプのような軽いプラスチック素材のボリュームとは天と地の差です)
リモコンがついていてレベルメーターの明るさと感度は変えられます。動きを止めたり動かしたまま明かりを付けないこともできます。今のところ感度はデフォルトで暗めにしてます。以外だったのはリモコンの重さが見た目よりかなり重いんです。トップのアルミブレートの重さだと思いますが良いもの感があります。

【音質】
音は予想以上でした!!!
ナチュラルな音を求めていましたので低音から高温まで全域バランスよく鳴る点が非常に良い印象です。聞き疲れしない音だと思います。特に良かった点は音場が広いというかスケール感が出ます。ボーカルの声が非常に聞き取りやすくて、歌っている場所やライブ会場の広さがよく感じ取れます。私の少ない経験では音場が広くなるアンプはボーカルが少しぼやけ気味になると思っていたのですが、これは当てはまりませんでした。
Class Dやデジタルっぽさを意識するような点は全くありません。高いクオリティーを持っています。音の変なクセとか、ザラザラ感、高域のキツイ感じなどは私は全く感じません。

【パワー】
パワーというかスピーカーの駆動力は十分というか強力だと感じてます。低域もよく出てきます。フロア型でも十分鳴らせると思います。Hypex Ncoreの効果なのでしょうか。ニアフィールド(デスクトップオーディオ)で使っていますのでほんの僅かしかボリュームは上げなくても良いです。130W + 130Wの出力なので、これはスペック通りなんでしょう。

【機能性】
音質を重視したシンプルなプリメインだと理解できます。機能的には十分で丁度良いです。音が良ければトーンコントロールは要りません。極力触りたくありません。

【入出力端子】
InputはXLR*1(NT-505接続済み)、LINEが3系統。十分ではないでしょうか。

【サイズ】
サイズはほぼA4。これを選んだ理由の一つでもあります。これからはこのサイズを主流にしてほしい。オーディオだけはデカい物が良いという考えは衰退の一要因だと思っています。やっぱり変化していかないとダメでしょう。

【総評】
AX-505はA4サイズの中にピュアオーディオの音と回路の最新技術が詰まっている物だと思います。
小型でこのクオリティーは貴重です。音場が広く立体感があり解像度もしっかりしています。バランス接続でさらにクリアさが引き立ちます。
そうそう発熱も少ないです。ヒーターのようなアンプは時代錯誤なのでエコな点も良いと思います。
ニアフィールドでブックシェルフを鳴らす事に適しています。小音量でも音場が狭く鳴ることなく聴くことができます。
一方130W + 130Wのパフォーマンスからフロア型の大型スピーカーを駆動することも難なくできる筈です。
満足感は高く、長期間使えるアンプだと思います。

AX-505、間違いないモノとしてお勧めできます。

レベル
中級者

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

nobnob77さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:1人
満足度5
デザイン5
操作性4
音質5
パワー5
機能性4
入出力端子5
サイズ5

【視聴環境】
 DAC: Teac NT-503
 SP: B&W CM5

【総括】
 ・低域から広域まで非常に滑らかで、歪みなどが一切感じられない。
 ・女性ボーカルや、ジャズのドラム、オケのコントラバスなどに、熱い魂を感じる。
  良い意味で、これまでのTeacの音作りの方向性を裏切ってくれる。
 ・上記のことから、言われないと、D級と判別できないほど。
 ・というか、この音質でこの値段で大丈夫? と心配になるレベル。

【デザイン】
 ・NT-503を所有していることもあり、取っ手も含めて、個人的には好きです。
 ・音量メーターもキュートでGOOD!

【操作性】
 ・特に大きな問題はないのですが、個人的にはソファーから操作したいので、液晶で「○○db」のような大きな表示が欲しかったです。好みかもしれませんが。

【音質】
 ・とにかく、女性ボーカルの声が良いです。強く濃く押し出したり、艶を乗せたりするわけではないのですが、録音そのままの抜群の空気感に、プラスアルファで熱いものを感じる音作りになっています。
  ノラジョーンズ、エンヤ、サラブライトマンと、いろんなジャンルを聴きましたが、どれも鳥肌ものでした。
 ・クラシックは、とにかく細かい音を拾うというよりも、最弱音から最強音まで、とにかく演奏者の表現に引き込まれます。音を聞いているというよりも、音楽を聴いていられる安心感があります。
 ・ジャズのリズム感もとても良いです。
 ・私は聴かないので想像ですが、音作りの方向性から、電子音、ヘビメタ系は苦手と思われます。

【パワー】
 ・十分です。いつも-40dbくらいでしか使っていません。最大上げても-30dbくらいです。
 ・低音も余裕で駆動します。さすがD級。

【機能性】
 ・十分に思えます。
 ・ただ、個人的にひとつ欲しいと思ったのは、ボリュームをバイパスする機能ですね。音作りの方向性はプリアンプ部(ボリューム部)にあると思いますので、好みのプリアンプを、本機のパワーアンプに直結したいという要望はあるような気がします。ただ単に、音量を0dbにすれば良いのかもしれませんが、気持ち的にバイパスがあると安心できるのでは?(笑)

【入出力端子】
 ・個人的には十分です。
 ・フォノイコライザとか欲しい人は、あえてD級アンプの本機を選ばないと思いますので。

【サイズ】
 ・コンパクトで良いです。
 ・リビングオーディオに最適です。家族と一緒に楽しめます。

【その他】
 ・とにかく、発熱しません。下手するとDACと同じくらいの発熱なのでは? 夏場も安心です。

【他の機器との相性】
 ・我が家にはオーバースペックということで、眠っていた Soulnote D-1 や、NMode X-DP10 とつなげてみました。DACの性格をきちんと反映します。本機の色づけはそれほどではありません。
 ・ただ、D-1との組み合わせは良い感じだったのですが、X-DP10との組み合わせでは、解像度高の方向か自然な方向かどっちつかずとなってしまい、X-DP10側のボリュームを使用した方が解像度高で好印象でした。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Mc Bowieさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性3
音質5
パワー5
機能性3
入出力端子3
サイズ5

AX505が到着しました。
書き込みがないので参考になればと、、。

基本、A級アンプでフルレンジを鳴らしており、
デジタルファイルより、アナログレコードの音が良いと感じている立場の者です。
D級は、過去に1bitと、PWM、フルデジを使用し、現在はUcDとFET素子を用いた
アンプを2台使用しています。

XLR、RCAにそれぞれ入力(UD501、フォノイコ内蔵プレーヤー)して1日聴いてみただけですが、
多くのD級で気になる高域のざらつきは無く、クリアな感じ。
解像度、立体感は文句をつけるところはないです。
特に感じたのは駆動力で、音場の広がりもあります。


あとは、色付けというか、艶や厚みなどの味の世界ですが、
やはり、D級らしくすっきりすっきりした音質で、
グランドピアノでいうと、低音の響き、高音のきらめき、和音の唸りは十分に
表現できているが、どこか素っ気無い感じはあります。

軽量、コンパクトで基本的な性能は十分に備えており、
多くの方が満足できるアンプではないでしょうか。

レベル
中級者

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

AX-505-S [シルバー]
TEAC

AX-505-S [シルバー]

最安価格(税込):¥131,780発売日:2019年 2月上旬 価格.comの安さの理由は?

AX-505-S [シルバー]をお気に入り製品に追加する <24

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プリメインアンプ]

プリメインアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意