AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン] レビュー・評価

2018年12月中旬 発売

AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]

フラッグシップモデル「AVENTAGEセパレートシリーズ」の11chパワーアンプ(チタン)

AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥303,975

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥303,975¥337,750 (6店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥320,000

店頭参考価格帯:¥― (全国38店舗)最寄りのショップ一覧

製品種類:パワーアンプ 消費電力:650W 幅x高さx奥行:435x211x463.5mm AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]の価格比較
  • AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]の店頭購入
  • AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]のスペック・仕様
  • AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]のレビュー
  • AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]のクチコミ
  • AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]の画像・動画
  • AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]のピックアップリスト
  • AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]のオークション

AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]ヤマハ

最安価格(税込):¥303,975 (前週比:±0 ) 発売日:2018年12月中旬

  • AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]の価格比較
  • AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]の店頭購入
  • AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]のスペック・仕様
  • AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]のレビュー
  • AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]のクチコミ
  • AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]の画像・動画
  • AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]のピックアップリスト
  • AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > その他オーディオ機器 > ヤマハ > AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]

AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.46
(カテゴリ平均:4.40
レビュー投稿数:4人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.00 4.24 9位
音質 音質の良さ 4.13 4.43 8位
操作性 操作のしやすさ 3.40 4.18 11位
機能性 搭載機能が充実しているか 4.46 4.19 7位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
0件
126件
AVアンプ
1件
100件
ブルーレイプレーヤー
0件
61件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質4
操作性4
機能性4

初心者のレビューです。

【使用環境】
4.1.4ch(今回は2chの評価です)
AVアンプ: RX-A2080 (9か月間RX-A2080単独で使用し、今回、MX-A5200追加しました)
フロントSP: B&W606

【デザイン】
ブラックを選びました。シンプルなデザインでカッコイイと思います。

【音質】約1カ月使用した感想です。初心者のレビューなので、感じたままに記載します。プラシボー効果があるやもしれません。
・それぞれの楽器の立体感が増した(異なるところから弾いている感じがよりはっきり判るようになった気がします。
・それぞれの楽器の存在感が増した。特にサックスの存在感が増した。アコースティックギターは今までもキレイだったので変化なし。でも音の厚みがでた??(プラシボー効果かも)
・デュエットの歌手二人が横並びで歌っている感じがします(立体感?)。
・音量を上げてもうるさい感じがしないです。

【操作性】
操作することはないです。初期設定は初めての事で多少苦労しました(特にケーブル接続)メーカーに電話して手取り足取りで無事完了する事が出来ました。

【機能性】
音質の項目に記載します。

【総評】
音質良くなったと思います。現時点でも十分満足です。
音楽経験のある嫁はMX-A5200追加する事によって色々な音が聞こえて賑やかになったとという表現をしていました。毎日、帰宅後に音楽を聴くようになりました。自分の駄耳に自信もないので当初プラシボー効果もあるかもと思っていましたが、それもどうでも良くなってきました。これにAVプリアンプを追加したらどうなるのかが気になりますが、すでに十分満足気味です。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

tac-yさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
1件
0件
その他オーディオ機器
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質3
操作性3
機能性4

【デザイン】
良い
【音質】
問題なし
【操作性】
問題なし
【機能性】
多彩な機能が良い
【総評】
良い

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Audio nicknameさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

その他オーディオ機器
2件
2件
AVアンプ
0件
2件
スピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性無評価
機能性5

当方、主にクラッシック音楽を聴くために、マルチチャンネルオーディオに取り組んでいますので、その視点からの評価です。

AVプリはマランツの8805 [1222346-1]で、約1年前に同時に買いましたが、多機能(後述)である上、色々と手持ちのアンプと組み合わせを変えてみていて、ようやく落ち着きましたので、レヴューを入れます。

このアンプを買う方は、同じヤマハのプリアンプCX5200と組み合わせる方が多いと思われ、一方、マランツの8805を買われる方は、MM8077と組み合わせる方が多いと思います。当方、両方とも試聴しましたが、ヤマハのAVプリアンプは、映画の効果音を「聴く」にはメリハリが強くて良いかも知れませんが、当方の目的であるクラシック音楽となると、装飾過多のあざとい音作りが気になり、8805の方が音の品位が高いと判断しました。また、8077との組み合わせにおいては、そのショップのSPと部屋では、本機との音質の違いはあまり感じなかった一方、後述する機能性において、断然こちらが優れているので、こちらのパワーアンプを選びました。

【デザイン】1000MとCA1000以来のヤマハファンにとって、ヤマハといえば、このシルバーしかありません(笑)。

【音質】現状、第1層に配置してある7chに対しては、フロント3台にはSTA9というデジタルパワーアンプをBTL接続にて3台当てがい、2ch兼用のサラウンドSPにはLuxmanのセパレート、後ろの2chに、本機からの出力をBTLにて行い、第2層の7chはすべて本機から出力しています。第2層に対して前に使っていたのが、パイオニアのAVアンプでしたので、映画の効果音はともかく、クラシック音楽では、音の余韻(弦がホールに消え入っていく音とか、パイプオルガンの教会での残響音など)で特に、断然こちらが素敵です。やはり、デジタルとアナログの違いなのでしょうか。


【機能性】敢えて、マランツ同士の組み合わせでなく、こちらを求めたのは、このアンプは、5ch分のBiアンプはおろか、Triアンプも可能で(KEFのセンターがこれに対応しているので、一度試してみたいと思っていますが、未体験です。また、スクリーンの上下にセンターSPを2台置いて、その内1台をBiアンプにする、といった使い方もできます)、さらには2ch分BTL接続を選ぶ事もできます(現在の使用形態。バスレフSPにはBTLの押す・引く作動が低音の引き締めに有効と思っているので)。8077にはこのような多機能性はないので、今後パワーアンプを買い足した時に、色々組合せを変えて楽しめると判断しました。

【総評】幸か不幸か、コロナのおかげで、このシステムを設置してある別荘にいる時間が長くなり、色々と組み合わせを変えて実験した結果、今の設定に落ち着きました。一時は、第1層にこのYAMAHAのアナログパワーアンプを配して、第2層にデジタルパワーアンプを使うというのも試みましたが、やはり交響曲などを聞く際に、第一層はグランカッサなどが力強くなって欲しいので、デジタルBTLが望ましく、一方、バイオリンやチェロなどの音の余韻は、上方に綺麗に消えていって欲しいので、第2層をアナログの本機にした次第です。

最近はAuro3Dのエミュレーションがお気に入りで(23300812)、今も、ブルックナーの交響曲をパイプオルガンによる演奏で録音したCDをこのシステムのAuro3Dで聞いています。百「文」は一「聴」に如かず、是非。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

SUPER GREATさん

  • レビュー投稿数:38件
  • 累計支持数:601人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

プロジェクタ
3件
319件
薄型テレビ・液晶テレビ
3件
92件
自動車(本体)
3件
45件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性無評価
機能性5
   

『MX-A5200』

   

2019年末に"AVENTAGE CX-A5200"とセットでの購入。

現在の使用環境は、フロント2chは、PM11S3で駆動させており、
実質の所、フロント2chを除く、9chをこの5200で駆動させている。
当初、主にサラウンドだけなので、処分価格で旧5000で予算を浮かす事も
考えたが、CX&MXの抱き合わせでの特価が想像以上のバーゲン価格を
提示して頂いたのもあり、それと、パワーアンプはそう買い替えするもの
でもないので、この際、思い切ってセットでの導入に踏み切った。
(尚、プリ→パワー間はXLRケーブル(88770))

【デザイン】

旧モデルのMX-A5000からデザインは特に変更はないが、筐体の更なる
強化と言った意味において、中身は確実にグレードアップがなされている模様。

【音質】

11chアンプだと言う事の不安を払拭させるかのような、
想像を上回るパワフルな音出し、で全く持って良質であり良好。
ただ、AV8805と組み合わせた時の方が、より鳴りっぷりは良かったので
プリが足を引っ張っているとまでは言わないにしても、想像以上に
パワーに余裕のあるアンプとなって生まれ変わったのかも知れない。

5000→5200の進化の度合いは思った以上にデカいのか。
恐らくこの辺りのブラッシュアップの成果が非常に大きいのだと思う。

【操作性】

主にA&B、A+BのSPのセレクターと主電源のボタンしかないので割愛。

【機能性】

ある条件下で真ん中の電源ボタンをタップすると、LED照明リングが減光する。
SPの組み合わせに、バイアンプ、ブリッジ接続と言った個別のチャンネル強化
が可能。ブリッジ接続にすると9chアンプとなるが、機会があれば試してみたい。

【総評】

5000の登場の2013年からの久々のモデルチェンジ。約五年分の英知を
結集させて来た、紛れもない正常進化となるパワーアンプ、『MX-A5200』
巷の5000の評価を散見するのと、実際、5200に触れてみて感じるのが
まさにそれである。勿論、他にも優秀なパワーアンプはあると思う。
例えば、個人的には、当時、生産終了時買い損ねた、ONKYO M-5000Rなんかも
まさしくそうだと思う。

ただ、現在となっては特に11ch一体でのパワーアンプそのものがない中で、
それも成熟された感の強いこの5200の導入は長い目で見ても全然アリだと思う。
そう言った意味においてのコスパは優れているのでは・・・と思う。

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あなたのレビューを投稿しませんか?

AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]
ヤマハ

AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]

最安価格(税込):¥303,975発売日:2018年12月中旬 価格.comの安さの理由は?

AVENTAGE MX-A5200(H) [チタン]をお気に入り製品に追加する <13

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[その他オーディオ機器]

その他オーディオ機器の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(その他オーディオ機器)

ご注意