Z 6 ボディ レビュー・評価

Z 6 ボディ

  • 大口径の新マウントを採用したフルサイズミラーレスカメラのオールラウンドモデル。像面位相差AF画素搭載の「裏面照射型CMOSセンサー」を備える。
  • 有効画素数2450万画素、ISO 100〜51200の広い常用感度域を実現。273点のフォーカスポイントが撮像範囲の約90%をカバーする「ハイブリッドAFシステム」搭載。
  • 画像処理エンジン「EXPEED 6」が解像感の高い画作りを、「電子ビューファインダー」がクリアーで自然な見えを提供する。フルフレーム4K UHD動画撮影も可能。
Z 6 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):¥239,650 (前週比:+24,660円↑)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2018年11月23日

店頭参考価格帯:¥239,650 〜 ¥272,700 (全国6店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : ミラーレス 画素数:2528万画素(総画素)/2450万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 連写撮影/秒:5.5コマ 重量:585g Z 6 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品の一部において、手ブレ補正効果が十分でない場合があることが発表されました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

 
  • Z 6 ボディの価格比較
  • Z 6 ボディの中古価格比較
  • Z 6 ボディの買取価格
  • Z 6 ボディの店頭購入
  • Z 6 ボディのスペック・仕様
  • Z 6 ボディの純正オプション
  • Z 6 ボディのレビュー
  • Z 6 ボディのクチコミ
  • Z 6 ボディの画像・動画
  • Z 6 ボディのピックアップリスト
  • Z 6 ボディのオークション

Z 6 ボディニコン

最安価格(税込):¥239,650 (前週比:+24,660円↑) 発売日:2018年11月23日

  • Z 6 ボディの価格比較
  • Z 6 ボディの中古価格比較
  • Z 6 ボディの買取価格
  • Z 6 ボディの店頭購入
  • Z 6 ボディのスペック・仕様
  • Z 6 ボディの純正オプション
  • Z 6 ボディのレビュー
  • Z 6 ボディのクチコミ
  • Z 6 ボディの画像・動画
  • Z 6 ボディのピックアップリスト
  • Z 6 ボディのオークション

満足度:4.64
(カテゴリ平均:4.62
レビュー投稿数:26人 (試用:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 4.45 4.52 33位 見た目のよさ、質感
画質 4.83 4.54 8位 画像の精細さ、ノイズの少なさなど
操作性 4.60 4.30 6位 メニュー操作・設定のしやすさ
バッテリー 3.62 4.16 35位 バッテリーの持ちはよいか
携帯性 4.58 4.26 12位 軽さ、コンパクトさ
機能性 4.65 4.42 14位 手ぶれ補正、撮影モードなど
液晶 4.75 4.33 6位 液晶画面は見やすいか
ホールド感 4.74 4.43 10位 しっかりホールドできるか
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 6 ボディ

Z 6 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

D700からの買い替え。
ミラーレスに移行することに不安はありつつも、早く触ってみたい気持ちもあり購入。
正直、結構迷いました。ただ、店頭で触るのみでは到底わからない気もして、購入して使っていく中で評価しようという気持ちになりました。人気のSonyとも比較しましたが、Sonyは持ち手とレンズの間に指を入れると狭すぎて選択肢から外しました。
また、Z6にしようと決めれたのも、EVFの綺麗さにあります。Sonyとはそこが全然違うと思います。
購入後は、早速手持ちのFマウントのレンズをつけて試してみましたが、AFは若干遅く感じるレンズもありましたが、本当に若干という感じで撮影には特に支障はない感じです。
14-24,24-70.70-300もっていますが、問題なく使えています。

私は、ZeissのPlanar1.4/50を愛用しているので、Z6につけて高尾山にちょっとサンプルを撮りに行ってきました。
EVFの画面の中でWB、露出、ボケ具合など確認できるのは、よかったです。
MFとの相性がよいのも、うれしい誤算で、EVFが高精細だからなせる業のような気がします。
あと、暗がりの中でも、明るい画面でしっかり確認できるのも、EVFのいいところでした。
もちろん、OVFのように電源を切った状態でファインダーを見ることはできませんが、そこは慣れでカバーしていこうと思っています。
しばらく使って、久々にD700のファインダーをのぞくと何か暗く物足りない気持ちにはなりました。
EVFの画面に目が慣れてしまったようです。最初はEVFに違和感もありましたが、慣れとは怖いもので、気づくとEVFを脳が欲するようになっていました。
電池の減りは、さすがにD700と比べると早いです。バッテリーは二つぐらいはもってないといけないなということで一つ買い増しました。
あと、レンズについてですが、私の場合は、今までのFマウントのレンズをそのまま使っています。
確かにZマウントのレンズをいつかは買いたいとも思いますがD700からの買い替えという位置づけなので、とりあうず、Fマウントで十分ですし、Zマウントじゃないとダメということはなさそうです。
ただ、動画をメインにしたい人は、やはりFマウントだとAFの駆動音がうるさいなど不向きなところもありそうです。そういうユーザーは、Zマウントを揃えていったほうがいいのかもしれません。
ミラーレスも使用用途も人それぞれでしょうから、各自にあった方法でレンズも揃えていけばいいかなという印象です。

とりあえず、満足していますし、買ってよかったというのが今の率直な感想です。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

akira._さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プリンタ
0件
2件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー無評価
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

元々はアフルファーを購入予定

z6を触ってなんだか良さに気づいて、z6を購入。

見直されて、徐々に人気出てきましたね

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

うさらネットさん 銀メダル

  • レビュー投稿数:189件
  • 累計支持数:1535人
  • ファン数:406人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
43件
19581件
レンズ
73件
6484件
デジタルカメラ
40件
4170件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種Z6 + FTZ + AF NIKKOR 24-50mm F3.3-4.5
当機種Z6 + FTZ + AF NIKKOR 24-50mm F3.3-4.5
 

Z6 + FTZ + AF NIKKOR 24-50mm F3.3-4.5

Z6 + FTZ + AF NIKKOR 24-50mm F3.3-4.5

 

【デザイン】どこかで見たような。

【画質】レンズとの併せですが、かなり良いです。
 高感度は許容値を少し下げると、相当上まで難なく使えます。
 例えばISO 12800とか用途次第ではさらに上も。

【操作性】普段はレフ機使いなので、当初とまどい。

【バッテリー】ミラーレスとしては普通です。

【携帯性】Z6+24-70mmS全備で1.3k切ります。コンパクト軽快。

【機能性】ピーキングは状況に合わせた設定が必要。慣れですね。

【液晶】ファインダと共に良いです。
 電気ファインダは他社機比でもかなり良好ですが、
 映像ですから光学ファインダには及びも付かずやむを得ません。

【ホールド感】良いです。

【総評】旧レンズをより活かす目的で、Zレンズ+FTZと共に購入しましたが、
 目的は十分に達せそうです。
 旧レンズは、AF精度が甘かったりするので、
 ハイブリッドAF・コントラストフォーカシングで救済できるのが好感。

DXレンズもクロップ視野にならず快適に使えます。楽しみ倍増。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Easygoing Bearさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:141人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
33件
レンズ
0件
3件
スピーカー
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

発売日に予約購入して4ヶ月使用しましたので
気がついた事を再レビューいたします

@D800のサブ機のつもりでしたが、使い勝手の良さから
Zの持ち出し率は90%、メイン機が逆転してしまいました
裏面照射型センサーと新しい画像処理エンジンのおかげでしょうか、ヌケ、発色ともZの方が上です
解像感も3.6MPのD800と比較して大差ないように思います

A私は植物などの写真を主に撮っていますが、狙った雄しべにピントがきっちり来るのは有り難いです
フォーカシングの正確性はレフ機と較べ格段に良くなりました
ボディ内手ブレ補正も強力ですから、トータルでピントの歩留りは飛躍的に向上しています

B動きものの撮影は、D800にあった3Dトラッキングが無いので焦りましたが、オートエリアAFで「OKボタン」を押せば「ターゲット追尾」モードとなり、3Dと同じ感覚で撮影できます 良かったです ^ ^

Cパソコンに直接画像を転送できるWiFi機能はやはり便利ですね
Lightroomへの取り込みがスムーズになりました

D何と言ってもコンパクトで軽量なのはメリット大です
大口径のFマウントレンズとセットで持ち歩く場合も、ボディがコンパクトなため収納性がまったく違います
もちろんZマウントの標準ズームをつけて撮影散歩は軽快そのものです

Eピクチャーコントロールはデフォルトではシャープネス、コントラストとも強めなので、自分好みにカスタマイズしています
また、ホワイトバランスは好みでシアン、マゼンタ寄りにわずかにシフトしています

最後に
はじめはちょっとプライスがお高いかなと思っていたのですが、
実際使ってみて、機械としての造りの良さや完成度を考えたらバーゲンプライスだと思いますよ!
ぜひぜひ一度手に取ってみてください


参考になった95人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tomonori222さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:122人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
30件
レンズ
3件
8件
スマートフォン
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4

発売直後から使ってきて、4ヶ月経ちました。再度レビューいたします。

【デザイン】
Z7とロゴしか変わらない。
ものすごくコンパクトに、機能を詰め込んだ感じ。
指の置き場などがしっくりくる、非常に扱いやすいデザインだと思います。
スペックにない、大事な部分であり、絶大な信頼性と相まってNikonらしい機種だと思います。

【画質】
非常に満足しています。
高感度に強く、またAWBも良いです。

【操作性】
非常に扱いやすいです。
慣れればファインダーから目を離すこと無く、iメニューボタンから各種設定をいじることもでき、
モデルさんとちょっと会話しながら、設定を変え、ピントを合わせ、シャッターを切ることも。
気になる点としては、
・マニュアルフォーカスのときの操作性はCanon EOS Rの方がUIは良いと思いました。
・マニュアルフォーカス時の距離指標がなぜそうなった?というイラストになる。
・フォーカスポイントの移動が少々遅い(1/2スキップで半分の時間で移動させるように設定して対応していますが、ちょっと遅い)。Nikonさん、ファインダー覗きながら液晶画面でAF合わせられるようにしてください。さらに、フォーカスポイントを早く楽に動かしてください。

【バッテリー】
レフ機に比べたら当然のごとく、消耗激しいです。
それでも、きちんと電源落としてすばやく多くの枚数を撮影する使い方であれば、1000枚は超えることでしょう。
ゆっくり、時間をかけ、液晶の隅々を確認しながら数枚撮っては電源を落とすような使い方ですと、400枚近い枚数になるかと思います。
そんな使い方であれば、フィルムカメラで撮影しているような撮影の仕方ですから、必要十分ですね。

【携帯性】
軽く、小さいです。
気軽に持ち出す機種として重宝しています。
グリップが持ちやすいので、くるっとストラップを手首に巻いて持ち歩いてしまいます。

【機能性】
手ブレ補正が強力です。
私の場合、58mm f1.4Gで試したところ、1/5secより速いSSでは、手ブレが全くありませんでした。


【液晶】
ファインダー内の情報はすべて見やすいです。
嬉しい誤算ですが、ハイライト部分とシャドー部のトーンがOVFよりわかりやすいです。これはPC画面を見ているような感覚ではありますが、
ものすごく小さいファインダーでも非常に見やすく、確認しやすいです。
ぜひ、他社のファインダーと比べてみてください。強い光を見てもブワーッと光が広がることもありません。
また、変な走査線のようなギザギザが連続して見えるようなこともありません。自然な見え方です。
一点、非常に困っていることがあります。
・暗所での撮影では、ファインダーが勝手に明るく表示します。設定をLVに反映する、に設定していてもです。
これはZで最悪の欠点だと思います。

背面液晶も非常に見やすいです。
画面の拡大をOKボタンやRECボタンなどに割り当て、ピントを追い込むようにすると、AFであろうが、MFであろうが追い込みやすくなるのでおすすめです。

【ホールド感】
非常に心地よいです。
想像以上に良かったです。

【総評】
買ってよかったです。
マニュアルでピントをあわせ、追い込む撮影には向いてないかもしれません(ただし、他社のミラーレスカメラと比較して)。
ファインダーの見えはとにかく素晴らしいです。注意点として、暗所での撮影時には、ファインダーの明るさを信じないようにする必要があります
シャッター音も自然で、他社と比較してかなり好感持てます。ミラーレスカメラの中でも、唯一、カメラらしいシャッター音だと思います。
また、Zのレンズは解像度高く、非常にクリアな印象の写真が撮れます。
今後出てくるレンズが非常に楽しみです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物

参考になった50人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

宙のまにまにさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

D750をずっと使っていて、その後継を待っていたので買い足しました。
ですが、D750が使えなくなるほど、写りは圧倒的に良くなっています。
初めて使った時に、空間の描写の違いに圧倒されました。奥行きや立体感、臨場感が全然違います。

よくライブ(バンド&アイドル)を撮影しますが、その差に歴然としました。
ピントが合う確率も全然違います。D750で、自分がいいなと思った写真の割合の軽く倍以上になった感じです。OKテイクが多すぎて選べないほど。
バッテリーの持ちはD750のほうが良いですが、それでもライブ撮影なら1200枚くらいは一気に撮影可能です。
なのでバッテリーを一つ予備で持っておけば問題ないくらい。

レンズは24−70も普段使いとして申し分ないですが50mmを付けた時に、これだけで楽しめるなと思いました。
Fレンズも問題なく使えていますので、もう一台欲しいくらいです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
報道

参考になった32

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まんたんドリンクさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:164人
  • ファン数:1人
満足度4
デザイン無評価
画質無評価
操作性無評価
バッテリー無評価
携帯性無評価
機能性無評価
液晶4
ホールド感無評価

EVFについての感想です。

購入はしていません。
店舗で実機を試用した感想です。
普段はレフ機でミラーレス機はまともに
触ったことがないド素人ですので、
ベテランの方はスルーして下さい。

自分にとっては、構えて「ファインダーで被写体を捉え」シャッターを切る
という動作が重要なので、機能性や性能以前に、おまけ程度のEVFが
付いたミラーレス機には全く興味がありませんでした。

しかしこのZシリーズはEVFがめちゃくちゃ綺麗だといことで
とても気になり、実機を触ってみたくなりました。

結果、EVFは従来の他社製品のものより格段にきれいで驚きました。
しかしそれはミラーレス機同士比べたものであって、レフ機のOVFには
遠く及ばないものだと感じました(OVFと比べるのはおかしいかも知れませんが)

静止している場合は妥協できるレベルですが、
歩いていく人を追うくらいのスピードでカメラを振ると
画像が乱れてしまい、見れたものではありませんでした。
なのでスポーツなどには全く使えないと思いました。

ミラーレスにはミラーレスの使い方があり、その利便性と機能を
活用できる人にとっては、とても良いものなのかも知れませんが、
レフ機でファインダーしか使わない自分のような古い人間には
満足できないかも知れません。

とはいえ、Zマウントの将来性には期待しているし、
これからはミラーレスだと思うので、次カメラを買い替えるとしたら
Zにしたいと思っています。その時はさらに進化したEVFが
積まれていることを期待して今は待ちたいと思います。


【追記】
前回ファインダーがどうのこうの書いたんですが、考えを改めました。

よく考えたらEVFって背面液晶と同じものが映ってるだけなんですよね。
(明るい場所で見にくいとかは抜きにして)そんなら背面液晶だけでいいじゃん。

確かにZの背面液晶はとても綺麗だったし、EVFのような画像の乱れも
ありませんでした。ミラーレス機は本来は背面液晶を使うものなんですよね。
そこにファインダーがどうのこうの言うのは間違っていると思い直しました。

無理に綺麗なEVFを開発するより、いっそのこと思い切って
ファインダー無しもアリなのかなと思えてきました。
ミラーレスだからこそ、それが出来るんだし。

でもそうすると形状も今までのカメラと同じにする必要がないのかなと。
極端な話、ビデオカメラのような形状の方が使いやすいんじゃないかなと。

考えるといろいろ出てきます。
でもそうしたくても、出来ない?なぜか?

もしかしたら進化を阻害しているのは、古いユーザーの固定観念なのかなと。
自分も「ファインダーが〜」とか言ってたしw

変わらなければならないのは自分の方なのかと思いました。

なんか商品とは全く関係のない話になってしまいましたが、
次はニコンのミラーレスと決めているので、よろしくお願いします。

今は私にとっては最後のレフ機になるであろう850を楽しませてもらいます。

参考になった33人(再レビュー後:25人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

サニーテディさん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:315人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
80件
レンズ
16件
14件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種Z 24-70mm f/4 S
当機種NIKKOR 300mmf/4D IF-ED
当機種NIKKOR 300mmf/4D IF-ED

Z 24-70mm f/4 S

NIKKOR 300mmf/4D IF-ED

NIKKOR 300mmf/4D IF-ED

当機種Z 50mmf1.8S
当機種Z 50mmf1.8S
当機種AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

Z 50mmf1.8S

Z 50mmf1.8S

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

購入して一か月が過ぎましたので、大雑把ですが追記と再レビューしました。


【デザイン】
追記:FTZ+Fマウントレンズと組み合わせると不格好だなと思っていましたが、これはこれで良い!って感じるようになりました。


【画質】
追記:少し古いレンズだと高画素機よりも2400万画素のほうが相性が良いと感じました。Ai AF-S NIKKOR 300mmf/4D IF-EDと組み合わせていますが、AFも早く正確で、画質も艶が感じられ最高です!


【操作性】
小さくて操作しづらいとのお声もありますが、私のような素人には問題を感じません。じっくり撮影される方には問題ないと感じます。

【バッテリー】
追記:スナップや旅行の撮影には問題ない程度のバッテリーの持ちと感じています。予備バッテリーは一つありますが、買い増しの必要性は感じていません。


【携帯性】
追記:小さいですがグリップ感、丁度良い重さなどから、カメラをストラップでかけての移動時、撮影時に満足感があります。カメラをバッグにしまっての移動は、これまでの苦行は何だったのかと思います。


【機能性】
よくわからないですがおそらく十分以上の機能があると思われます。

追記:価格コムのスレで知りましたが、オートエリアAF-Cでピント対象を決められるのですが、これが非常に便利!子供が階段を上り下りするくらいならバッチリピントが合います。(カワセミは無理でした)


【液晶】
追記:EVFはOVFと違う。良いレンズを付けた時のOVFの世界観はないと以前に言いましたが、その印象は一か月使っても変わりません。但し、Z6のEVFでは、ズームレンズと単焦点の時の見え方はでは、単焦点のほうがより綺麗に感じています。これは一眼レフから乗換える方にも嬉しいポイントではないかな。(私は嬉しく感じています)


【ホールド感】
追記:特に大きなレンズと組み合わせないとホールド感に不満はありません。馴染みました。(エクステンションが出れば買うかも)


【再レビュー】
EVFはOVFと違う。良いレンズを付けた時のOVFの世界観はないと以前に言いましたが、その印象は一か月使っても変わりません。

但し、Z6のEVFでは、ズームレンズと単焦点の時の見え方はでは、単焦点のほうがより綺麗に感じています。これは一眼レフから乗換える方にも嬉しいポイントではないかな。(ニコンのEVFだけではないと思ますが)

また、EVFの見え方も(動体追いかけるとかでなく)じっくり撮影される方にはとても自然に感じると思います。ホワイトバランスやピクチャーコントロールを設定すると、当然ながらEVFに反映されますが、とても自然に感じます。たまにEVFであることを忘れるくらい綺麗に写ります。

バッテリー消費軽減のため、しばらくボタンを動かさないと自動スリープに入りますが、そこからの復帰時間に不満を持たれる方はいると思います。ただ、5DMark4も復帰時間は遅かったので、私にとっては我慢できる範囲です。コツとしてはファインダーを覗く前にシャッターボタンを半押ししてから構えるとタイムラグが軽減されたように感じます。

バッテリーの持ちも公称値よりも持ちます。一枚一枚液晶モニターで確認しながらでも公称値くらいは持つという印象です。私は、一眼レフに似た設定ということで『ファインダー優先』を使用しています。

最近、大阪に2泊3日で旅行に行きましたが、予備バッテリーを忘れてもなんとかなりました。予備バッテリーを忘れたことに気づいたときに、まあ大丈夫かな?って思えたのが信頼できる機材のように感じて嬉しかったです。(結局200枚位しか撮らなかったので半分以上残ってました)

他社のミラーレスで買い替える原因となったエラーの頻発についてですが、Z6では1度だけです。エラー内容はカードの読み込みエラー。(電源ONOFFで解消しました。)2500枚位取っての1度だけですから、十分に許容範囲です。

また、Fマウントレンズとの組み合わせについては推測ですが、Fマウントのレンズ、特に古いレンズになるとZ7よりもZ6のほうが相性がいいと思います。というのも、D850を使用していた時にも色々組み合わせましたが、高画素で使用するにはレンズ側の性能が追い付いていないんじゃないかな?って感じたことがありました。

今回、Ai AF-S NIKKOR 300mmf/4D IF-EDを改めて購入しましたが、D850の時よりもヌメッと感があるというか、艶があるというか、良い写りをしているように感じます。これは逆に言うと、今後出てくるZマウントのフラッグシップ単焦点なんかは、Z6よりもZ7のほうがより高画質になるんでしょう。

『カメラ』として信頼して使用できることに加え、EVF、グリップ感、シャッターフィーリング、持った時に感じる重み、などが良いことから、どんどん写真を撮っていきたい!って感じるカメラです。

スペックばかりを気にしていると見落としがちだと思いますが、Z6はカメラとして完成度が高いと感じています。一眼レフから乗換えてもあまり違和感を感じ無いと思いますし、すぐに馴染めるカメラだと思います。(水準器にはいまだに馴染めませんが・・・)

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった66人(再レビュー後:28人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

なるみさんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

【デザイン】
ミラーレスで小さくなったのでこんな物でしょう。
ニコンのアイコンであるシャッターボタン下の赤い線も横になってちょっとおしゃれになってます。
Sレンズも最近の流れで金色は排除してスッキリしています。

【画質】
過去フルサイズはD750を使いましたが、これに比べても大変いいと思います。WBのオートが自然光オートを入れると4種類もあり、どれかは自分の気に入った色合いが出るので、JPEGでもいいかという気になります。EXPEED 6 のおかげもあるかもしれません。
ブレ防止の効き目が素晴らしく、広角ならば1/15でも手持ちでいけます。
解像度は2400万画素と普通ですが、景色を撮ったり、スナップを撮ったりといった趣味で楽しむぶんには問題ありません。画面で等倍で見ると細部まで解像していて嬉しくなります。
暗いところもISO12800まではノイズは気にならないので、手持ちの夜景もいけます。

【操作性】
同じような機能のジョイスティックと十字ボタンが近く、使いにくいという人もいるかもしれませんが、全てのボタンに機能を割り当てられるので、いったん自分用にカスタマイズしてしまえば大変使いやすいです。

【バッテリー】
スペック上は撮影枚数が少なく、発売前はいろいろな声があったようですが、実際にはモニターを使って300枚撮っても2目盛りくらいしか減りませんでした。心配なので昔のELー15を予備に持ち歩いていますが。

【携帯性】
24-70のレンズを付けても、APSーCのD7100よりわずかに小さく、旅行には最適です。

【機能性】
ボタンのカスタマイズがとても気に入っています。
上の小さな液晶はいらなかったかもしれません。
24-70のズームは毎回ロックを解除しないと撮影に行けないのがちょっと面倒です。それほど高倍率でもないので、ロックはなくてもよかったのではないでしょうか。
XQDが一枚しか使えないのは心配な人もいるかもしれませんが、個人的にはこれまでも2つスロットがあっても特にバックアップを取るような使い方はしていなかったので、あまり心配はしていません。ただしXQDの値段が高いのが困ったものです。

【液晶】
OLYMPUSのOM-D EMー5のEVFよりはるかに見やすく、ほとんど光学ファインダーのようです。WBや絞りもEVFで確認できるので非常に使いやすいです。
背面モニターがバリアングルでないのはちょっと残念ですが、重量も重くなるのでこれでもいいかと思います。

【ホールド感】
私は手が小さいので、ミラーレスならではの本体の薄さによってできる深いグリップで完璧です。

【総評】
買って使い始めた瞬間からお気に入りのカメラになりました。家の中でもボタンのカスタマイズやメニュー操作で遊んでいます。
とにかく買ってよかったと思うカメラでした。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
室内

参考になった31人(再レビュー後:24人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

桂小太郎さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:106人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
24件
レンズ
6件
4件
デジタルカメラ
0件
4件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感5
別機種ファームウェアをアップする前はエラーが出て使えません
別機種少し時間がかかります、ウチは8分でした
 

ファームウェアをアップする前はエラーが出て使えません

少し時間がかかります、ウチは8分でした

 

画素は減っても高倍率ズームが必要でタムロンの18-400mmを装着したらエラー表示。
チップインコンソールを使ってレンズのファームウェアをアップしたら使えるようになりました。
いまのところZ7では使えるというアナウンスのみですがZ6も大丈夫です。

手持ちのMFレンズたちのピント合わせが確実になると思ったのでZ6を購入。
発売がもう少し遅れていたらα7に走ってしまうくらいでした。
D系列のレフ機とは操作性が違って最初は戸惑いましたが
ボタン類の機能割り当てを行ったら快適になりました。
 軽くコンパクトで音も静かで撮影のストレスが減りました。
XQDシングルスロットでも安心しています。
D4時代からXQDを使っていてトラブルはありません。
カードリーダーはダメダメですが。
S社以外にないのが大きな不満です。
 UHSII規格のSDカードに比べたら容量当たりの価格も低いし
何よりも速度も速く適度な大きさと物理的な強度もあってXQDは良い規格です。
 バッテリーも使い方次第ですが1000枚超えも2度ありました。
今気になっているのはファインダーの自動切り替えです。
アイセンサーに少しほこりなどが付着すると液晶モニターに表示が出ません。
感度が良すぎるのでしょう。
パナソニックのG9Proのようにアイセンサーの感度切り替えが欲しいです。

主な被写体
人物
風景
夜景
室内
その他

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Berniniさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:1580人
  • ファン数:197人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
647件
デジタルカメラ
5件
407件
レンズ
8件
199件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

再生する

作例
Z6 with Z 50mm f/1.8S 120FPS Slow Motion Video Test F2

当機種Z 50mm f/1.8S F2 1/100sec ISO160 ピント面からのボケが自然で綺麗
当機種Z 50mmf/1.8S F2 1/125sec ISO1250 高いマイクロコントラストで丁寧に描写
当機種Z 50mm f/1.8S F2 1/125sec シャドー部の精緻な描けわけに長けている

Z 50mm f/1.8S F2 1/100sec ISO160 ピント面からのボケが自然で綺麗

Z 50mmf/1.8S F2 1/125sec ISO1250 高いマイクロコントラストで丁寧に描写

Z 50mm f/1.8S F2 1/125sec シャドー部の精緻な描けわけに長けている

当機種Z 24-70mm f/4S F8 1/125sec ISO800 ピクコングラファイト調色Cyanotype70%適用
当機種Z 24-70mm f/4S F5.6 1/60sec ISO6400 ボディ内手ブレ補正があり高感度撮影が楽
当機種Z 50mm f/1.8S F2 1/125sec ISO2500 地明かりのみ 面白い眼鏡の反射

Z 24-70mm f/4S F8 1/125sec ISO800 ピクコングラファイト調色Cyanotype70%適用

Z 24-70mm f/4S F5.6 1/60sec ISO6400 ボディ内手ブレ補正があり高感度撮影が楽

Z 50mm f/1.8S F2 1/125sec ISO2500 地明かりのみ 面白い眼鏡の反射

発売から1ヶ月間Z6を使用してみた後のレビューになります。
シャッターのフィーリングが素晴らしく「写真を撮っている」という充実感があります。機動性を生かしたスナップ、スタジオ撮影や動画撮影の性能の高さからサブ機ではなく確実にメイン機になると感じています。

【画質】
ニコン最高画質のZ7に比べローパスフィルターが入っているため画質が劣ると考えていましたが実際に撮り比べると決してそんな事は感じません。寧ろファッション、イベント、ウェディングなど大量に撮影しモアレに気をつけなければならない方は迷わずZ6でいいと思います。

また最近増えていると思いますが、ムービーをスチールとともに頼まれたり撮らなければならないフォトグラファーにはZ6がいいと思います。
ネット等の状況からまだ4Kは必要ないと感じる方もいると思いますが編集時に4Kで撮っておくと引きの映像から寄りのカットにしたりズーム効果をつけたりできるので収録の際には現状でも4K映像のクォリティは大事だと思います。Z7及びZ6は共に4Kでクロップされる事なくフルフレームで記録でき画質もよく申し分ありません。ハイライトとシャドー部の階調に優れたプロファイルであるフラットを使うととてもいい感じです。スタンダートと比べダイナミックレンジが広がるわけではありませんが編集時にちょっと弄る程度ならLog撮影でなくとも十分優れていると思います。

しかしながら注意しなければならないのはスローモーションで使い易い120fpsではZ7はDXサイズに切りとられ画角が変わります。その点Z6は120fpsでも画角が変わらないので広角での撮影がし易いです。

また外部収録でNinja Vを使えば10bit(4-2-2)でLog収録できますのでダイナミックレンジが広く白飛び、黒つぶれ、色飽和等かなり救える場面が多くなるとともに思いきったカラーグレーディング等の編集ができます。

【携帯性】
今までD5とD850を使っていましたが発売日に購入したZ6の使い勝手が良くすぐZ6をもう1台追加し2台体制にしました。動画の収録でも2カメ体制で色味の違いもなくポストプロセスで手間が省けましたが何といっても関連機材の軽量化のメリットが大きく感じています。

今までは三脚はジッツオのシステマティック三脚5型にアルカスイスモノボールZ1をつけて2セットで7kgぐらいあったところZ6に24-70mm f/4Sや50mm f/1.8Sだとベルボンのトラベラー三脚にRRSの雲台で十分になりました。また、イベント、ウェデイング撮影など移動の多い撮影にはザハトラーのシステムAce Mグラウンドスプレッダーが軽くかつカウンターウェイトの強さもZ6に丁度よく気軽に持ち出せます。バックが確実に1つ減り、ジンバルを持っていく時には2つ減らせるようになりました。

またジンバルはRonin Sを使用していますがD5のズシリとした重量から解放されZ6で長時間の撮影も苦にならなくなりました。11月のアップデートでRonin Sの手元から録画開始/停止及びフォーカスコントロールがZ7でできるようになりました。もうじきZ6でもできるようになりさらに快適になると思います。

【機能性】
・AF
動画で手持ち又はジンバルを使用する場合、ターゲット追尾AFや顔認識が重要になります。カスタムメニューのg4「AF速度」/g5「AF追従感度」で設定を被写体や状況に応じて変えることをお勧めします。印象が全く変わります。最初この設定を変えずに使っていてジンバルで撮影していてうまく撮れなかったのですがこれを変更することでガラリと変わりました。

プロのモデルと違って普通の方や子供を撮る時には予期したところを歩かずに画面から外れてしまったりしがちですがそういう時はAF追従感度を「鈍感」寄りの6に設定すると再度フレームインして来た時引き続きピンが合い映像がうまく繋がります。またティルトしつつジワっと奥にある被写体にピントを移動させたい時などはAF速度を「低速」にするといい感じでスムーズに繋がります。

・パワー絞り
動画収録中に環境光が変化した際に可変NDフィルターがあればなんとかなりますがない場合は困ります。フレームレートの関係上シャッタースピードは固定にしたい時などはほぼ無段階で明るさをスッと調整できるのでダイヤルよりレンズのコントロールリングに割り当てたパワー絞りが使い易いです。

絞りを変えても収録した映像がちらつくことはなくとても滑らかです。ZマウントのレンズのAFは静粛性に優れているため絞りを変えても収録している音声に影響は出ないのでレンズのコントロールリングにパワー絞りがあると助かります。

・ファインダーによる静音撮影
ムービーとスチールの一緒の現場でストロボが使える時間が限られている場合などは、予めストロボを使用した際のホワイトバランス(WB)取得済みの露出設定とストロボなしでWB取得済みの露出設定をそれぞれユーザーセッティングU1/U2/U3などに登録しておけます(Mモードを入れると計4種類)。静音撮影ON/OFFを組み合わせると舞台、講話、ウェディング、各種イベントなどで使いやすいです。

【総評】
動画の顔認識・ターゲット追尾AF等Fマウント機と比べ格段に良くなっており、他社のFF一眼カメラと遜色ないレベルです。ニコンには辛口のレビューが多いDP Reviewでもビデオ機能ではA7IIIやRより高く評価しています。(Nikon Z6/Sony a7III/Canon EOS R Compared 5分46秒〜)。
https://www.dpreview.com/videos/3279784857/dpreview-tv-nikon-z6-sony-a7-iii-and-canon-eos-r-compared
現場への荷物を減らしたい又は静止画だけでなく動画も1台で撮ってしまいたいと考えている方には高感度に強くボディ内手ぶれ補正機能のあるZ6はぴったりだと思います。

120fpsスローモーションテスト動画リンクはこちら↓
https://youtu.be/Gg5mAssffpA

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
室内

参考になった191人(再レビュー後:105人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nuova500さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:308人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
50件
ビデオカメラ
1件
6件
デジタルカメラ
2件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種濡れた路面の質感が素晴らしい
当機種
当機種

濡れた路面の質感が素晴らしい

当機種ブレてるようにも見えますが。
   

ブレてるようにも見えますが。

   

これまでNikonのカメラは、
コンデジ時代から、E5000、P5100と使用し、
D90で一眼レフデビューしました。
その後、Nikon1 V1、J4、CoolpixA、D3400と続き、
今回、一気に高価格帯のフルサイズカメラの購入となりました。

できるだけコンパクトなカメラが好きなため、
フルサイズデビューは、ミラーレスかDfと考えていましたが、
レビューに上がるZレンズの圧倒的な描写力に惹かれて、
ここでZマウントを試したくなりました。
ちなみに、所有のレンズは、
D3400のダブルズームと、非Aiのオールドレンズ(50mm、35mm、24mm)しかありません。

購入して何日か使用した感想をレビューしたいと思います。

ボディのデザインは、
ボディが薄く、ファインダーが大きいため、
大変無骨な印象で、これにまず惹かれました。
また、マグネシウムボディと、
ダイヤル、ボタン類は、写真で見るより質感が高く、
DfやCoolpixAなどの国産品と同等です。
何より、持った時の堅牢感が凄まじく、
カーボンモノコックに慣れていると、カメラとはこうあるべきと、
改めて実感します。
左肩のモードダイヤルは四つ葉型ではないですが、
中級一眼レフ機のそれとは、明らかに質感が異なり、
ZシリーズがD750などとは一線を画す系統なのではないかと推測されました。
シャッターフィーリングも気に入りました。

カメラとしての機能は、
そもそもフルサイズ機が初めてなため、
全てにおいてその多機能さに圧倒されます。
AFについては、オートエリアAFが便利で、
通常は自動的にフォーカスポイントが設定されますが、
OKボタンを押すと、ターゲット追尾モードになります。
これにAFーCを併用すると、
AF-P 70-300mm DX という廉価レンズでも、
時速20km弱で迫ってくる駅伝ランナーも、
ピントを外すことなく連射することができました(12コマ)。
ただし、周囲が暗いと外れることが多いので、
感度を上げて撮影しました。
ここでZ 6の高感度耐性がものをいいます。
DXモードでも、画素数の多いD3400よりも、
明らかに精細な絵が撮れました。(肖像権の問題で画像は上げられません)

XQDは、事実上、デジカメ版SSDと考えていて、
アマチュアの当方にとってはシングルで十分です。
撮った画像は、すべてWi-Fiでスマホにオリジナルサイズで転送していますが、
ものの数分で100枚程度を転送してしまうので、
カードとして取り外す必要性がないのです。
iPhoneに転送されれば、自動的にiPadとMacに同期されます。

画質は、レンズ性能に依るところが大きいので、
一概にこのセンサーだけの性能とは言い切れませんが、
吐き出される絵の艶やかさや質感、
フルサイズセンサーならではの、ダイナミックレンジの広さは圧倒的です。
ローパスフィルターの差は、
正直、アマチュアの私くらいでは判別できないレベルだと思われます。


購入して数日ですが、
毎日のように触れたくなる、
不思議な魅力のあるカメラです。
ボディの質感とコンパクトさ、
そして標準ズームレンズのコンパクトさが、
そうさせるのだと思います。
これだけ気軽に持ち運べるフルサイズミラーレスでありながら、
単焦点レンズ並みの描写力を持つズームレンズで、
大抵の被写体を高画質で撮影可能です。


このZ 6とZ nikkor レンズは、
Nikon新時代の幕開けを予感させる、
想像以上に魅力的な製品でした。


追記

小雨の降る中、
横浜で全て手持ちで撮りました。
こんな天気でもいい写りをしますね。
さらに、防塵防滴があるので安心して撮れます。
手ぶれ補正が恐ろしく効きます。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
室内
スポーツ
その他

参考になった72人(再レビュー後:25人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

cityturbo2さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
4件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
0件
3件
デジタル一眼カメラ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

【デザイン】
物足りたいとおっしゃる方も多いようですが、シンプルで派手さが無いデザインが気に入っています。

【画質】 
10年前のAPS機からの乗り換えなので、時代遅れで参考にはならないと思いますが(汗)。
最新のフルサイズ機はこんな美しく詳細な描画が出来るのかーと感動しています。

【操作性】
初めてのニコンなのですが、全く戸惑うことはありませんでした。
カスタマイズ出来るカスタムボタンがとても便利です。

【バッテリー】
一日電源を入れっぱなしで200枚程度撮影し、バッテリー1/3以上残っていました。
3日程度の山行に連れて行く時は、電源をこまめに切る必要があるかなと感じました。

【機能性】
手ブレ補正半端ないっす。そして軽さは最大の武器にして機能ですね。
握りやすいホールド感も気に入っています。

【液晶】
最新機だから当然なのでしょうが、背面の液晶は高精細で綺麗です。
ファインダーはミラー一眼と変わらないほどとても見やすいです。

【総評】
キャノンAPS機を使っていてそろそろフルサイズ機が欲しくなり、カメラを物色していました。フルサイズ機はそれなりの重量があるので軽いミラーレス機がいいなと。
ぞうせレンズも買い替いなのでメーカーも限定せず探していた所、ニコンから新しい設計のミラーレス一眼が発売され、直ぐに決めました。
操作しやすく美しい画質のZ6購入して良かったです。
RAW撮影するので、ニコン純正現像アプリケーションも操作しやすく高機能でいいですね。
これから発展して行くだろうZマウントレンズがまた楽しみです。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった36

このレビューは参考になりましたか?参考になった

carrerasさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:540人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
4件
10件
デジタル一眼カメラ
5件
0件
レンズ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感5
当機種ポルシェ911(991) 並走撮影 ISO5000
当機種メルセデスベンツCLA(日本橋・麒麟) Photomatix pro 6.1 モノクロ2
当機種ポルシェ911 銀座 Photomatix pro 6.1

ポルシェ911(991) 並走撮影 ISO5000

メルセデスベンツCLA(日本橋・麒麟) Photomatix pro 6.1 モノクロ2

ポルシェ911 銀座 Photomatix pro 6.1

当機種平等院鳳凰堂 シャッタースピード6秒
当機種六本木ヒルズ スカイデッキ 三脚禁止・手持ち撮影
当機種京都 高台寺から望む清水寺の夕景

平等院鳳凰堂 シャッタースピード6秒

六本木ヒルズ スカイデッキ 三脚禁止・手持ち撮影

京都 高台寺から望む清水寺の夕景

発売日に購入して京都に撮影旅行に行ってきました。以前はオリンパスOM-D E-M1 mk2とSony α7Uを使用していました。


*再レビュー:ポルシェ911の並走撮影1枚とPhotomatix pro6.1で編集したクルマの写真2枚を追加しました。

クルマの並走撮影はカメラマン側と被写体が同時に動いているので撮影が難しいのですが、Z6のコンティニュアスAFが結構食いついてくれたので、たった1回の走行で良い写真を撮ることが出来ました。ISO5000まで上げても結構ねばってくれたので助かりました。(シグマ・アートライン20mm f/1.4使用)

日本橋・麒麟像の前で撮影したメルセデスベンツCLAをPhotomatix pro6.1のモノクロ2というモードを使用して、迫力のあるモノクロ写真にしてみました。(標準ズーム24-70mm f/4使用)

3枚目のポルシェ911の背後からの写真ではボディの艶感を表現しています。(標準ズーム24-70mm f/4使用)


【デザイン】

市場に出ている代表的なフルサイズミラーレスの中では一番好きなデザインです。 特に55mmのZマウントの外側の盛り上りがペンタ部分にはみ出しているところが、大口径を主張していてカッコイイです。

【画質】 【携帯性】

画質は同クラスの中では最高レベルだと思います。標準ズーム24-70mm f/4Sは周辺描写が素晴らしく驚きの描写性能でした。

特に高感度性能は期待以上でした。夜間などの撮影ではマイクロフォーサーズとは比較にならないほどいいです。ISO感度を上げてもザラついたり、滲んだりしないので、積極的に高ISOを使って手振れを抑えることが可能です。

当初はf2.8クラスのズームレンズを期待していましたが、ニコンがこのレンズを最初に出してきた意味が今回の旅行でよくわかりました。軽量なフルサイズミラーレスに相応しい軽いレンズ(500g)になっていて、1日使っていてもまったく疲れませんでした。平等院鳳凰堂の最後の方でFマウントのシグマのアートレンズ(950g)を付けた瞬間に、いかに標準ズームが軽くて機動性があったのかを実感しました。

描写性能と重量、そして価格のトレードオフは本当に難しいですが、今回のキットレンズはベストなバランスだと思います。

【操作性】

カスタムボタンなどの配置などは良く考えて作られているのですが、押した感触がかなり硬いです。たぶん、このクリック感も強固な防塵防滴性能からきている可能性もあるので、しょうがないのかもしれません。

使い勝手などはこれから詰めていって、カスタムボタンの設定を見直していきたいと思っています。

【バッテリー】

京都で1日600枚くらいをRAW+JPEGで撮影して、半分くらいはバッテリーが余っていたので十分に満足しています。(こまめに電源は切るように注意していました。)

【機能性】

EVFのファインダー性能には驚いています。今までのE-M1やα7Uとは大違いです。普段はEVFではなく背面液晶で確認して撮影するスタイルでしたが、今後はファインダーを覗くことが増えそうです。

一眼レフからミラーレスに変わってファインダーで露出が確認できるのは本当にいいですね。フィルム時代は撮影後に結果がわかるわけですが、今ではシャッターボタンを押す前に成果がわかってしまうので他に色々なことが試せます。

手振れ補正に関しては同条件で撮影したE-M1やα7Uと比較すると若干弱いかなと思いました。その代わりZ6はISO感度を高く設定してもよく耐えているので、高ISOでシャッタースピードを稼いで手振れを抑える撮影スタイルのほうが良いのかなと思いました。

【液晶】

背面液晶は最高レベルだと思います。タッチシャッターやピント合わせが出来るのも便利です。

【ホールド感】

グリップはデザインもホールド感もとてもいいです。

【総評】

Z6は伝統と革新を融合させた素晴らしいカメラだと思いました。とてもユーザーの事を考えて作られた真面目なカメラだと思います。

標準ズーム24-70mm f/4Sは想像を超える素晴らしい描写性能でした。

平等院鳳凰堂の写真はISO800、シャッタースピード6秒で撮影したのですが、ご存じのように平等院では三脚が禁止されているので、奥さんの頭の上にカメラを載せて固定して、夫婦で6秒間息を止めて撮影しました。たぶん、手振れ補正もかなり効いているのかもしれませんが、素晴らしい写真が撮れました。ちなみにISO6400にしたら1/3秒までシャッタースピードが上がり、手持ち撮影でもどうにかいけるレベルでした。

*追記部分: FTZを介してSIGMA ARTLINE 20mm f/1.4も使用しましたが、AFなど問題なく作動しました。こちらも素晴らしい描写のレンズでした。ただ、FTZ(アダプター)が135g、20mm f/1.4が950gもあるので、軽いミラーレスボディにはバランスが悪かったです。これから購入する方はZマウント専用の軽いレンズを待った方が良いかもしれません。私も今はf/4の標準ズームをつけっぱなしにしています。

まだ購入して1週間程度での撮影と感想なので、いたらない部分もたくさんあると思いますが、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

参考になった180人(再レビュー後:73人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

OZRO-045さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:82人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
ワイモバイル モバイルデータ通信(旧イー・モバイル)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン無評価
画質無評価
操作性無評価
バッテリー無評価
携帯性無評価
機能性無評価
液晶無評価
ホールド感無評価

【画質】
高感度を多用するのでiso12800が使えるのは助かります(屋内でストロボが使えない現場撮影)。Lightroomが対応してないためα7IIIとのRAWからの比較がまだ出来ていませんが、高感度は同等かな?と。



【操作性】
スチルカメラとして使った場合の使いやすさとしては良好でα7IIIよりも良いです。

しかしカスタムセッティングなどの各自でボタンに割り当てる選択肢が少なくて、OLYMPUS EM-1 mkII・SONY α7IIIと比べるとメーカーとして作り慣れていない感が強いです。


【液晶】
EVFは見やすくて良、ピーキングの色も青とか選べてMFレンズでも使いやすい。


【バッテリー】
電池の持ちは使用方法によってバラツキます。購入直後の設定しながらの作業時は減りも早いです。

今日の仕事では連写も交えながらjpegを820枚撮影で残62%と満足出来る電池持ちでした。α7IIIでもRAWで約1400枚撮影で残が1桁〜10%ちょいだったので自分の撮影方向では両機とも困らないです(Lightroom未対応のためZ6はjpegですが)。


【AF】
動画撮影でAFを使うとなるとZ6はステッピングモーター搭載のレンズが少なく、AF-Sレンズだと駆動音が入るためそこはα7IIIのが優れてます。

ワンオペで写真をメイン、プラスαで動画を撮る場合もあるのですが自分の環境だとα7IIIでは明るい広角レンズが無いためZ6に乗り換えました。Nikonならアダプター経由ですが軽くて安い20mm F1.8が使えるので。

動画がメインで広角の明るいレンズを使わない人ならα7IIIのがオススメかな。ただ写真と動画のセッティングが微妙に混ざってしまうα7IIIは両方使う場合に使いにくかった。

Z6は写真と動画を別モノと考えてセッティングが保存されるため現場で使うときは切り替えがやりやすい。しかしZ6の動画性能はα7IIIよりは劣るのでどっちを好んで選ぶかは…。


【記録メディア】
XQDは書き込みも速くて安いメディアなので嬉しいです。SDのUHS-2は同じ容量ならXQDより高額でした。

Nikon機のシングルスロット(サンディスクのメディア)書き込みで長年撮影してますが保存失敗は無いのでシングルでも困っていません。

α7IIIとサンディスクSD UHS-2 64GBでは4ヶ月ちょいの使用期間で何回か書き込み失敗があり、α7IIIはダブルスロットでも片側はUHS-2非対応、実際に書き込み失敗で撮り直しなった不信感もありα7IIIからZ6に乗り換えました。


【総評】
EM-1 mkII ・α7IIIも使用し両機とも画質やら使い勝手に満足出来なかったのですが、スチル撮影機としてZ6は高評価。しかし動画撮影が絡むと減点対象な所は多々あり。


Eマウントは広角な明るいレンズの選択肢が無く、シグマartも使いましたがDMFのレスポンスなどSONY純正より劣るためα7IIIを売却しZ6にしました。Zレンズが少ないのでアダプター経由ですが同メーカーのため動作にそこまで不満は無いです。


発展途上なフルサイズミラーレス機のためどれを購入してもどこかに不満はあると思います。DSRからの人は使用用途に合わせて得意分野を持ってる機種を購入するか、次世代のミラーレス機が発売されるまで待つか、ですね。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
その他

参考になった68

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

Z 6 ボディ
ニコン

Z 6 ボディ

最安価格(税込):¥239,650発売日:2018年11月23日 価格.comの安さの理由は?

Z 6 ボディをお気に入り製品に追加する <742

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意