Live Gamer 4K GC573 レビュー・評価

Live Gamer 4K GC573 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥35,998

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥35,998

TSUKUMO

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥35,998¥44,979 (25店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥35,998 〜 ¥40,480 (全国58店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:内蔵 インターフェイス:PCI-Exp エンコード方式:ソフトウェア キャプチャフォーマット:H.264 最大ビットレート:240Mbps Live Gamer 4K GC573のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Live Gamer 4K GC573の価格比較
  • Live Gamer 4K GC573の店頭購入
  • Live Gamer 4K GC573のスペック・仕様
  • Live Gamer 4K GC573のレビュー
  • Live Gamer 4K GC573のクチコミ
  • Live Gamer 4K GC573の画像・動画
  • Live Gamer 4K GC573のピックアップリスト
  • Live Gamer 4K GC573のオークション

Live Gamer 4K GC573AVERMEDIA

最安価格(税込):¥35,998 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 7月20日

  • Live Gamer 4K GC573の価格比較
  • Live Gamer 4K GC573の店頭購入
  • Live Gamer 4K GC573のスペック・仕様
  • Live Gamer 4K GC573のレビュー
  • Live Gamer 4K GC573のクチコミ
  • Live Gamer 4K GC573の画像・動画
  • Live Gamer 4K GC573のピックアップリスト
  • Live Gamer 4K GC573のオークション

Live Gamer 4K GC573 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.45
(カテゴリ平均:3.90
レビュー投稿数:3人 (プロ:1人)
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 5.00 3.96 -位
画質 画質のよさ、機能の豊富さ 5.00 4.10 -位
機能性 機能の豊富さ 3.55 3.69 -位
入出力端子 入出力端子の豊富さ 3.00 3.84 -位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 4.00 3.19 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Live Gamer 4K GC573のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:166件
  • 累計支持数:487人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
136件
マザーボード
7件
31件
PCケース
4件
18件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性3
入出力端子3
付属ソフト4

【安定性】
一発認識

【画質】
かなり高画質
不満無し

【入出力端子】
価格からして2つ3つ入力があっても良いかなとは思うが、概ね満足

【付属ソフト】
キチンと反応する良いソフト
しかもライブも半自動で便利
いう事なし

【総評】
thunderboltタイプも発売されているが全く使えず不安はあったが、gc573は安心安全問題無し

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

西川善司さん

  • レビュー投稿数:45件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールテクニカルジャーナリストの西川善司です。
パソコン、IT全般、半導体技術、グラフィックス技術、ゲーム開発技術、ゲームそのもの、映像技術、映画コンテンツ、自動車とその関連技術、家電製品など、幅広く取材して各メディアに記事を寄稿しています。…続きを読む

満足度5
安定性5
画質5
機能性5
入出力端子4
付属ソフト4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

再生する

作例
本機でFORZA HORIZON4を3840×1080ピクセル/HDR/60fpsで録画した作例

製品パッケージ

PCI-Express x8スロットに挿して運用中の様子

グラフィックスカードがちゃんとx16接続できているかをチェックしよう

【総評】
いろんなビデオキャプチャー製品が出ている中で4K/HDR映像を60fpsで録画できる民生向け製品はまだまだ数少ない。
 そんな中にあって、価格も3万円中盤で買えるこの製品は、このランクの製品ではほぼ決定版とも言える製品だ。

 まず、便利なのは看板機能となっている4K/HDR/60fps映像の録画に対応しているところ。これは、まだ登場して間もない8K映像を除けば現状最上位の映像を録画できることに相当する。とりあえず、一番高機能の製品を買っておこうという人には、選択肢の筆頭に上がる製品となろう。

 まだ、公式に4K/HDR/60fpsの録画に対応したサードパーティ製のキャプチャソフトがないなかで、本製品の標準ソフト「RECentral4」はちゃんと対応できているのが立派だ。
 さらに補足すると、このソフトを使う限りではフルHD(1080p)の240fpsの録画も可能である。これも「RECentral4」の特徴の1つとして評価すべきポイントである。

 本製品にはハードウェアエンコーダは非搭載である。
 なのでライブ配信時にはGPUやCPUのほうにエンコードアクセラレーション機構が搭載されていることが望まれる。

 そしれ本製品はカードスロット接続タイプなのでPCI-Express x4スロットへの装着が想定される。
 マザーボード等によってはx4スロットがない場合もあるが、その際には、あいているx8ないしはx16スロットに挿しても動作ができる。

 注意したいのは本機とグラフィックスカードとの挿すスロットの組み合わせ問題。

 PCI-Expressレーン数の奪い合いによってはグラフィックスカードが本来割り当てられるべきx16レーンを割り当てられていないケースがありうる。もし、グラフィックスカードがx16接続されていない場合は、本機とグラフィックスカードの刺す場所をいろいろ変えて試す必要があるだろう。

 本機の2つあるHDMI端子は1つが録画入力用で、もう一つがパススルー端子になる。
 パススルー端子は事実上の分配器であるため、遅延等は発生しない。
 よってゲームなどはこのパススルー端子とテレビとを接続してプレイすることが奨励される。もちろんこのパススルー端子は4K/HDRに対応する。
 HDMI経由のサラウンドサウンドについてはLPCMをパススルーできる。

 最後にこの製品導入に当たって、もっとも留意したいポイントを記しておこう。

 この製品の最大の魅力であるはずの4K/HDR/60fpsの録画は、4K/HDRのエンコーダーを利用できる環境でないと行えない。そうでない環境の場合は「非HDR」になってしまう。

 この製品はハードウエアエンコーダーを搭載しない製品のため、録画時のエンコード処理は、この製品外のエンコーダーを利用することになる。その際、エンコーダー側に求められるのが4K/HDRおよびH.265(HEVC)に対応したエンコード処理能力だ。
 これを有するのは、現状、NVIDIA系GPUではPASCAL世代コア以降のGeForce/Quadroになる。具体的にいえば、GeForce系だとGeforce GTX 1xx0シリーズ、Geforce RTX 20x0シリーズが該当する。

 この条件を満たしていないと4K録画はできたとしても非HDR映像として録画されてしまう可能性が高い。

【安定性】
 筆者は、正式発売直後から利用してそろそろ1年近くになるが「仕事の関係で別の製品を使わなければいけない」という特別な事情がない限りは常用している。
 また、筆者は比較的、頻繁にゲーム実況もやっているだが、この製品を長らく使っているが、使っていて大きなトラブルには遭遇していない。
 総じて安定性は高いと思う。

【画質】
 ハードウェアエンコーダーを搭載しないタイプのビデオキャプチャカードであるため、基本的に、ほぼ生フレームが取得される。よって画質は、録画時や配信時のエンコード品質に依存する。
 なお、上でも述べたが4K/HDR録画には対応エンコーダー搭載のグラフィックスカードが必要な点にも留意したい。

【機能性】
 本製品はハードウエアエンコーダーが非搭載だが、これは非搭載で不満はない。
 ここはむしろほぼ生フレームでキャプチャできることの方をありがたがりたい。
 というのは、エンコーダーはGPU側の方を活用したり、こだわりのソフトウェアエンコーダーを使えた方が上級ユーザーにはこだわりの映像製作ができるため。

【入出力端子】
2つあるHDMI端子のどちらが入力なのか、どちらがパススルーなのかがパッと見分かりづらい。
端子の色分け、あるいは端子の周り、ブラケット側に差し色を添えるなどの配慮が欲しかった気はする

【付属ソフト】
 録画配信用途の付属ソフト「RECentral」の最近のバージョンは機能性も高く、安定性も高い。
 基本的にサードパーティの録画ソフトが4K/HDRフォーマットの録画に対応していないこともあり、4K/HDR録画を行う用途ではこのRECentralを使っての運用が必至となる。

 録画した4K/HDR/60fps動画は、そのまま4K/HDR/60fps映像に対応しているYouTubeへのアップロードが可能だ。

 さて、ソフト関連で注意すべきは2つある。

 まず1つめは本製品に付属するPowerDirectorは、HDR出力には対応していないこと。
 HDR映像の編集には「TMPGEnc Video Mastering Works 7」などを使う必要がある。

 2つ目は、録画配信用途の付属ソフトの「RECentral」はHDR映像のライブ配信には対応していないこと。
 これは現状、主流の動画配信サービスではHDR映像のライブ配信には対応していないため。
 HDR映像の公開は、基本「録画してから動画配信サービスへアップロードする」という手順を踏むしかない。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ダイナマイト屋さん

  • レビュー投稿数:69件
  • 累計支持数:353人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

CPU
2件
220件
マザーボード
2件
145件
自動車(本体)
1件
135件
もっと見る
満足度4
安定性5
画質5
機能性4
入出力端子3
付属ソフト4

詳細なレビューなんかは某ブログを参考にしたらいいでしょうからライバルとなるELGATO 4K PROとの比較でも。

まず画質ですがHDR対応ゲーム機(PC、箱蠍、PS4PRO)+HDR対応モニター・テレビであれば間違いなくこっちが有利です。
画質そのものは差はありませんが明るさで差がつくので鮮明に見えます。

ただ、こいつを通してPCで聴くサウンドははっきり言って酷いのでこの点はELGATOの圧勝です。まあゲーム機からヘッドフォン/ヘッドセットで聴くなり、テレビで聴けばいのですが。

あとはサイズですねELGATOのは少し長いのでマザーボード次第ですけど一番下のスロットなんかだとそこにUSBコネクターポートなんかがあると干渉してコネクターポートが使えなくなったりがありましたけどこっちは短いのでそれはなかったですね。

HDR対応モニターやテレビであればこっち、HDRはどうでもいいし、音質がいいほうがって人はELGATOかな?
まあ値段がこっちのが安いのでほぼほぼこっち選択したほうがいいでしょうね。

あと勘違いないように書いときますけどこいつはPC内蔵にて使用ですんでUSBでつないでとかはできませんのであしからず。
USB接続タイプは下位モデル(HDRキャプチャーはできない)GC533がありますのでそっち買ったほうがいいでしょうね。
現状PC以外のゲーム機は4K/30Pなんでそっちで充分かと。HDRパススルーはできますので。

これ購入検討している人はマザーボードやケース干渉なんかも考慮してくださいね。一般的なミドル以上のケースであれば大丈夫でしょうけど。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Live Gamer 4K GC573のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Live Gamer 4K GC573
AVERMEDIA

Live Gamer 4K GC573

最安価格(税込):¥35,998発売日:2018年 7月20日 価格.comの安さの理由は?

Live Gamer 4K GC573をお気に入り製品に追加する <90

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[ビデオキャプチャ]

ビデオキャプチャの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ビデオキャプチャ)

ご注意