フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 レビュー・評価

2018年12月 7日 発売

フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5

ソニーEマウント用の等倍マクロレンズ

フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥129,400

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥96,000 (3製品)


価格帯:¥129,400¥143,781 (17店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥148,000

店頭参考価格帯:¥129,400 〜 ¥131,796 (全国3店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:単焦点 焦点距離:110mm 最大径x長さ:78.4x99.7mm 重量:771g 対応マウント:α Eマウント系 フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5の価格比較
  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5の中古価格比較
  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5の買取価格
  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5の店頭購入
  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5のスペック・仕様
  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5のレビュー
  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5のクチコミ
  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5の画像・動画
  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5のピックアップリスト
  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5のオークション

フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5コシナ

最安価格(税込):¥129,400 (前週比:±0 ) 発売日:2018年12月 7日

  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5の価格比較
  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5の中古価格比較
  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5の買取価格
  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5の店頭購入
  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5のスペック・仕様
  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5のレビュー
  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5のクチコミ
  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5の画像・動画
  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5のピックアップリスト
  • フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5のオークション
ユーザーレビュー > カメラ >   >  フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5

フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.31
(カテゴリ平均:4.60
レビュー投稿数:3人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
操作性 取り扱いは簡単か 4.03 4.52 -位
表現力 思い通りのイメージの写真が撮れるか 5.00 4.52 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 3.43 4.27 -位
機能性 AF精度やMF対応などの機能性 3.63 4.35 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
5件
0件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度4
操作性3
表現力5
携帯性2
機能性3
当機種
当機種
当機種

当機種
   

   

α7Vで使用しています。

85oより長く、135oより短い画角で、しかも寄れるレンズが必要なのですが
E-mountではあまり選択肢がありません。
マイクロニッコール105o/f2.8にアダプターを噛まして使っていましたが
ピントリングの回転角が少なく、操作感が渋いため、もう少し使いやすいレンズを探していました。
候補としては、コシナツァイス・マクロプラナー2/100も考えましたが
かなり大柄な躯体にさらにアダプターで全長を伸ばすのに躊躇していました。
専門店で相談したところ、本レンズとトキナーのFirin100oを提案されました。
FirinはAFで重量も本レンズより200gほど軽く(570g)機能性は上だと思いました。
価格も3割ほどFirinの方が安価です。
ただマクロ領域では結局MFで使うことになるので、ピントリングの操作性(軽い)に難がありそうだったのと
店員の方が「解像度を求めるならば…」とアドバイスしてくれたので、思い切って本レンズに決めました。

店舗で試用させてもらったことから、重量とピントリングの回転角が異様に大きいことはわかっていましたが
回転角の件は一般的な中望遠として使う分には、回転角が限定される(マクロ領域の回転角とステップが異なる)ため
それほど使いづらいことはないと感じました。
しかし。今まで使っていたマイクロニッコールのサイズ感に慣れていたので重量と直径の太さには難渋しそうです。
レンズフードの先端にキャップを付けられるのはよいアイデアで、使い勝手に優れていると思います。
絞りリングの部分は一段細くなっていて、長手方向の幅も狭く
鏡胴部が太いだけにスムーズな操作をするのには慣れが必要かも知れません。
絞りは1/3ステップになっていて、クリック感がかなり軽め。
マニュアル露出前提で仕様を決めているのでしょうが、
絞りオートで使う場合にはもう少し大雑把でもいいような気がしました。

解像度は自分の基準では満足すべきものと感じました。
ボケについては、その質についてそれほど重視していませんので、正直判断できませんが
うるさいという感じではないと思います。

ヤシコンのマクロプラナー60o(C)と、マイクロニッコール105oという所有するマクロレンズとの比較では
階層度は確かに高いのですが、ピント面は相当にセンシティブです。
α7VのEVFで見る限り、ピントの山が掴めないということはないけれど
ジャスピンにするのは結構大変です。
バックが飛んでいるような状況では、絞りをF5.6程度まで絞ってもピント面は薄いです。
室内で試し撮りをしていた時に気付いたのは、
ピントが薄いことで低速シャッターで近接撮影すると微ブレが多発することでした。
焦点距離が長いので、1/8といったシャッタースピードは手振れ補正を完全にあてにできないのは
分かっていましたが、重量があるためカメラのホールドがいい加減だと余計です。
フィルムカメラを望遠+MFで使いこなしていたような方なら造作もないのでしょうが、
軽いミラーレスと手振れ補正に頼りっきりになっている身には
写真撮影の基本を改めて意識させられるレンズです。

Milvusの2/100を借用して使ったことがありますが、個人的には解像度はツァイスより少し上手だと感じます。
ただし、前記のようにピント合わせはかなり神経質になる必要アリ。
ツァイス系との最大の違いは発色の傾向で、本レンズは高コントラストかつ派手な発色という感想です。
シャドウがコッテリ気味で原色が派手になるのは、ツァイスならBatisと似た傾向のようです。
他の方がレビューされているように、風景を絡ませた鉄道写真のような使い方にはよく合うと思います。
色味が少なく、低コントラストで階調のなだらかさを活かすような場合では、ツァイスに分があるかもしれません。
自分はブツ撮りをすることが多いので、被写体の輪郭がハッキリする本レンズの特質はありがたいと感じます。

絞りとシャッタースピードを適切に設定して、しっかり構える、という前提ならば
中望遠レンズとしても大変優秀な性能を持っていると思いますが、
価格やMFという事を踏まえても、決して「気軽に高画質」というレンズではありません。
自分自身のウデが試されるレンズだというのが、購入後とりあえずの感想です。



レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
報道

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

papi pupepoさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:74人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
9件
0件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性4
機能性5

<高解像の写真>
https://www.flickr.com/photos/135937610@N05/47933605526/in/album-72157708766704263/

<MACRO APO-LANTHAR 110mmで撮った他の写真>
https://www.flickr.com/photos/135937610@N05/albums/72157708766704263/with/47933605526/

<色々なレンズのレビュー>
https://www.flickr.com/photos/135937610@N05/albums

A7RIIで使っています。

100mm近傍のレンズでは、恐らくこのレンズが最高峰と思います。

APOという名称の通り、色収差が無い、出ないです。
APOという名称はアポクロマート設計からきたもので、その設計によって光の3原色を構成するRGBの軸上色収差を限りなくゼロに近づける事ができるわけです。本当に色収差、色のにじみが出ないです。驚きです。

結構高価なレンズでも明暗差の大きいところで色が滲んでガックリ来ることがありましたが、このレンズは見事としか言いようがありません。

私はこのレンズをマクロレンズとしてではなく、鉄道写真で使っております。

鉄道写真の場合、背景を青空にした車体を撮ると通常は車体と青空の境界面にはフリンジが出てくるものです。
また、架線とその背景の青空との境界にも色滲み、フリンジがでます。これが色収差です。

近鉄の通勤車両を撮影する場合、マルーンとアイボリーの明暗差が大きいために色収差が問題になります(多分そんな事を気にするのは世界で私だけなんでしょうけど)

晴天時、白い車体とマルーンの境界で色滲みがでます(等倍で見なけりゃわからんです)。
これが許せず、レンズ遍歴を繰り返してきましたが、このレンズではそういった事がありません。
こいつのおかげで100mm近傍のレンズでの遍歴に終止符を打つことができました。ありがとう。

色収差の有無は写真全体の見栄えに大きな影響を与えます。いくらシャープでも、色収差のせいで低解像に感じ取れてしまうのです。
DxoMark(https://www.dxomark.com/Lenses/)とかでいくらシャープネスがすごくても、色収差が駄目だとだめです。

このレンズ、解像力もすごいです。
Flickrの別の写真にあるとおり、運転士さんが運転台脇に置いたカバンにぶら下げている安全標語の札なんかも読み取れます。
(Flickrメンバーは等倍でDLできます)

発色はどちらかといえば濃いです。シャドーを持ち上げても破綻がありません。
センサーにしっかり光を届けているんでしょう。
あらゆる面でパーフェクトです。

コシナはツァイスを作っているメーカーでもあり、設計から組み立て販売までの各工程が非常に高いレベルに維持されているのでしょう。

なお、EF100mm F2.8Lマクロ IS USMとの比較でいうと、これは私のサンプルからも明らかですが、圧倒的にコシナの勝ちです。
まぁEF100mm F2.8Lマクロ IS USMは設計がだいぶ古いんでしょうがないですけど。

EF100mm F2.8Lマクロ IS USMの遠景のフリンジには非常にがっかりでした。
ただ、2mくらいの至近だととてもきれいだし110mm(このレンズ)にボロ負けはしないんですよ。
でも、30mも離れると110mm(このレンズ)にEF100mm F2.8Lマクロ IS USMはボロ負けです。

光量とか距離によってレンズの特性は全く異なる姿を示します。とても興味深いです。

マクロレンズは何本か使いましたけど、至近距離では能力差が分かりづらいですが、遠景だとこれがはっきりと違いになって現れます。

比較製品
CANON > EF100mm F2.8L マクロ IS USM
レベル
ハイアマチュア
主な被写体
その他

参考になった4人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

大話西遊さん

  • レビュー投稿数:130件
  • 累計支持数:1339人
  • ファン数:20人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
30件
320件
レンズ
78件
79件
デジタルカメラ
5件
41件
もっと見る
満足度4
操作性4
表現力5
携帯性4
機能性3
当機種
当機種
別機種

当機種
当機種
 

 

 COSINA製レンズは、過去にZEISSブランドのマクロレンズを3本使い、現在もフォクトレンダーの10o F5.6を使用している。なので、フィルム時代の精密機械感がある、デザインと冷たい金属の触感はおなじみ。唯一意外だったのが、ZEISSブランドよりも長いピントリングのストローク。450°余り回転するため、距離も、一周目は赤字、二周目は白地で刻印されている。鏡筒は、無限遠から最短距離(35p、1:1)に向けて、4pくらい伸びる。トルク感もよく、三脚にのせてしっかりピント合わせをするのには適している。ただし、私のようにいいかげんで、手撮り、スナップが多い人間には、ややもてあまし感がある。また、せっかちなモデル相手だと、ポートレート使用では、苦労するかもしれない。レンズキャップが、レンズ本体用とレンズフード用の、二種類用意されている。

操作性:良くも悪くも、長いストローク。そこをどう感じるかで、評価は分かれる。あと、絞りリングが一番マウント側にあり、トルクが軽いので、うっかりしていると、いつのまにか動いていたりする。FEレンズでは起こりにくい現象である。

表現性:ピントのあたったところはシャープだし、ボケもおおむねきれい。ただ、条件によっては、前ボケがうるさくなることも。

携帯性:スペックを考えれば、あの重さは上出来。やや先細りのフォルムで、フィルター径が58oと意外にスリム。

機能性:純然たるMF。ここに期待するレンズではない。

季節が季節なので、とりあえず近所の公園にわずかに残った花で試してみた。1枚目は、ボケの確認に、前後両方のボケを入れた。なお、条件にもよるが、少なくとも開放付近では、ボケはきれいな円形になりやすい。フルサイズの1:1で撮ると、例えば水仙の場合、5枚目くらいの大きさになる。2枚目から4枚目は、豪徳寺で撮った招き猫。うち、3枚目だけはFE 85mm F1.4 GM(開放)を使っている。本レンズの開放が4枚目で、ポートレートに使った時のご参考までに。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
コシナ

フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5

最安価格(税込):¥129,400発売日:2018年12月 7日 価格.comの安さの理由は?

フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5をお気に入り製品に追加する <68

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[レンズ]

レンズの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意