NT-505-B [ブラック] レビュー・評価

NT-505-B [ブラック] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥161,648

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥161,648

ムラウチ

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥161,648¥184,800 (20店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥161,648 〜 ¥163,296 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

消費電力:20W 幅x高さx奥行:290x81.2x248.7mm NT-505-B [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • NT-505-B [ブラック]の価格比較
  • NT-505-B [ブラック]の店頭購入
  • NT-505-B [ブラック]のスペック・仕様
  • NT-505-B [ブラック]のレビュー
  • NT-505-B [ブラック]のクチコミ
  • NT-505-B [ブラック]の画像・動画
  • NT-505-B [ブラック]のピックアップリスト
  • NT-505-B [ブラック]のオークション

NT-505-B [ブラック]TEAC

最安価格(税込):¥161,648 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 1月27日

  • NT-505-B [ブラック]の価格比較
  • NT-505-B [ブラック]の店頭購入
  • NT-505-B [ブラック]のスペック・仕様
  • NT-505-B [ブラック]のレビュー
  • NT-505-B [ブラック]のクチコミ
  • NT-505-B [ブラック]の画像・動画
  • NT-505-B [ブラック]のピックアップリスト
  • NT-505-B [ブラック]のオークション

NT-505-B [ブラック] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.20
(カテゴリ平均:4.27
レビュー投稿数:10人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 3.70 4.10 2位
音質 音質の良さ 4.40 4.45 1位
操作性 操作のしやすさ 4.20 3.63 2位
機能性 搭載機能が充実しているか 4.45 4.10 1位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

NT-505-B [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
0件
30件
PCモニター・液晶ディスプレイ
0件
26件
デスクトップパソコン
0件
21件
もっと見る
満足度3
デザイン3
音質3
操作性3
機能性3

基本、満足している点は書かず、不満点だけ書いたので、辛口評価です。
記載のない点は満足していると思って頂ければ。

【デザイン】
肉厚のアルミは高級感があって良いですが、
前面の取っ手、トグルスイッチ、側面と天面の両方に見えるネジがガレージメーカー感があってスマートじゃないです。

また、ボリュームノブはプラスチックがたわんだ感覚があって、チープです。
ノブはコストを掛けるところでないのは分かりますが、それを素人でも分かるレベルで仕上げてきた点に疑問を感じます。
結構重めのボリュームなので、これを少し軽くするだけで、たわみの感覚を軽減できたと思います。


【音質】
当機、一般的にはナチュラルの美音でコスパが高いという評価かと思いますが、
音の立ち上がりが遅いのと、60Hz以下のローエンドがあまり出てない点が気になってます。

原因の1つは付属の細い電源コードかと思いますが、
本質的にはノイズ侵入元となる入力端子が多いという点です。
これは利便性の裏返しでもあるのですが…


■USB入力(背面USB B端子)
インターフェース社のドライバは他社と比べて安定性が高く、
最小の64サンプルでも音飛びすることが無いです。

ただ、かなり安定しているのでこれ以上チューニングして詰められない点が惜しいです。
通常、ASIOドライバは音飛びするまでレイテンシを詰められるので、
オーディオ用のUSBボードやアナログ電源を導入して、音飛びを抑止して限界までチューニングできます。

Bulk Petも発想は面白いのですが、
余程非力なPCでない限り、Bulk Petとしては一番負荷の高い4番が一番音が良く、
逆にアナログ電源などでノイズ対策したPCであれば1〜4のどれを選択しても殆ど音が変わりません。

USB-029H2-RPなどのUSBアイソレータを導入した場合も、
Bulk Petは1〜4のどれを選択しても殆ど音が変わらなくなります。

ちなみにPCM 44.1kHz,48kHzのみ(DSD不可)しか聞かないのでれあれば、
USB-029H2-RPよりも、Amazonで2000円ぐらいで売られている
ADUM4160を搭載したUSBアイソレータの方がおススメです。
安価なのと、ACアダプタを差さない場合の音質はUSB-029H2-RPよりも微妙ながら上です。

個人的には、通常のPCではノイズしか出ないようなピーキーな設定も用意してくれていれば、
チューニングし甲斐があって良かったのですが…


■NET入力(背面LAN端子)
別途なにかしらノイズ対策の機材を導入しないと、正直、音が悪いです。

単にUSBケーブルで直結したNET-505のUSB入力と比べても音が霞んでレンジも狭いです。
さらには、半額以下で構築できるアナログ電源を導入したラズパイオーディオに劣ります。

私はノイズ対策としてLAN光メディアコンバーターを導入しました。
霞んだ感じがかなり改善しましたが、まだレンジは狭く感じます。(特に低域側)

最近になって、前面のUSB A端子と背面のmicro USB端子が
中のコンピュータに直接繋がっているので、この2つのノイズ対策も必要であると気付きました。

また、音とは直結しませんが、
PCから無負荷のNT-505にPingを打つと、同じLANのセグメント内でも1ms〜3msあたりの応答になり、ブレがある点が気になります。
曲の再生開始時はもっとブレますが、これは仕方が無いと思います。
OpenHomeやRoonにそこまでのリアルタイム性は必要ありませんが、ブレはジッターに繋がるので気になるところです。


■その他の端子
未使用のため、評価できないです。


【操作性】
■端子の自動切換え
USB→NETの切替は、USBで再生中でもNETの信号が来たらNETに自動切換されますが、
NET→USBは、NETの再生が止まってからUSBを再生しても自動で切り替わらないです。
リモコンで切替える必要があって、この点が、操作性の一番の不満です。


■リモコン
リモコンのステンレス製?のカバーは高級感はありますが、真冬は、かじかんだ手に辛いかも。
そして、ちょっと重くて使い勝手は微妙です。

縦長でボタンは上半分に寄っていますが、
電池の重みで重心が下側にあるので、上部のボタンを操作しずらいのです。

ボリュームボタンは真ん中あたりなので押しやすいですが、上に行くほど押しづらくなります。
特に、利用頻度の多い端子の切替のボタンが上部2〜4段目に配置されており、押しずらいです。


■操作体系の全体的な感想
私は、NETオーディオは操作方法の変革であると理解していますが、
それが1端子としてリモコンに収めているNT-505は、
ある意味で、まだまだ進化の余地を感じさせます。


【機能性】
NT-505は色々繋げられるのが良いところですが、
それが仇になってノイズ侵入元となる端子が多く、上を目指すとノイズ対策が大変です。
正直、アクセサリー代を考えれば、コスパは悪いと思います。

目玉機能の1つである10Mhzクロックについて、
私は、試しににヤフオクでアナログ電源の安価なOCXOを入手しました。
音のディテールの奥行が増し、音質が向上しました。

しかし、10Mhzはあくまで基準値であり、
最終的なクロックはNT-505が生成するため、結局はNT-505の性能に依存します。
また、当たり前ですがアナログ的なノイズは10MHhzクロックでは改善されないため、
10Mhzクロック導入1つで、すべて解決とはいかない点が辛いところです。

■評価時のファームウェアバージョン
システムファームウェア :V1.21
ネットワークファームウェア :Ver11.1e

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

altanativerockさん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
3件
8件
AVアンプ
1件
4件
ブルーレイプレーヤー
1件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質4
操作性無評価
機能性4

購入後、なかなかネットワーク繋がらなかったが、
メーカーサポートさんの助力で解決しました。
今迄は、FOSTEX HA-4使ってましてが、
何だかもう音レベル違う。
正確性、解像、躍動感が。
アンプがSONYの、TA-A1ESなので、
コンビの、HAP-Z1ESに決めかけたのですが、
MQA再生可能、Roon対応という事で、
こちらにしました。
AVアンプからこちらへ、TV、ゲーム機を
繋ぎ換えてます。
MQAは、ネットワーク再生のみ対応が
残念です。
システムは、
iphone7→NT-505→TA-A1ES→JBL4307
です。
迷っていたら、買って損ないかと思います。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自作45さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

地デジ・デジタルテレビチューナー
1件
4件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
2件
PCモニター・液晶ディスプレイ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性5
機能性5

【機器構成】
NT-505
iTube2
アンプ マランツPM-7005
スピーカ ELAC BS-72
パソコン USB接続用(パソコン用地デジチューナ)
パソコン MinimServer用
iPhone

【音質】
いい音だと思います
私は 刺激が強い音は苦手なので、いろいろ試した結果下記の設定で聞いています。

【設定】
・USB接続パソコン
  BulkPet 4
  サウンド:2ch,32bit,48KHz
・NT-505
  UPCONVERT:DSD512
  DIGITAL FILTER DSD:NARROW

【操作性など】
操作性も満足しています

これまで、USB接続パソコンでJRiverMediaCenter2.3(JR)でCDをFLAC形式にリッピングしたファイルを
JRで聴いていましたが、NT-505を購入してからは HR Streamer(iPhone)でMinimServer内の音楽を聴いています。
レスポンスも良好です

またAmazon Music もAirPlayで聴くようになりました

USB入力状態でも NETWORK再生開始で自動的に入力が切り替わるのは便利です

※USB接続とネットワークで聴いた際の音質
  私の環境では差を感じることはありません。
 (iDefender3.0、UTX1等でパソコンのノイズ対策済みです)

【最後に】
Roon対応ですが、本機能はまだ使用していません。
日本語対応がすすめば試してみたい思います。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ベレット9さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ネットワークオーディオプレーヤー
2件
0件
スピーカー
1件
0件
プリメインアンプ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性5
機能性5

【デザイン】
取っ手みたいなのが邪魔ですね
質感はいいと思います

【音質】
変に色付けせずニュートラルです
解像度が凄く高いというわけではありませんがクリアーで晴れ渡るような音です
長時間聞いても聞き疲れしないです
アップコンバートは上げるほど滑らかになる代わりに解像度が若干落ちます

【操作性】
リモコンは細身で持ちやすく高級感があります
本体の操作は普通ですね
アプリはOpenHome対応ですので現状ネットワークプレーヤーで最高の操作ができます


【機能性】
システムアップデートするのに後ろのUSB端子とパソコンにつないでしかアップデートできないのが唯一の不満ですね

【総評】
国産でOpenHome対応で比較的安価なのはNT-505ぐらいしかないのでこれ一択だと思います
他メーカーは独自のアプリにこだわってるわりにまともに操作できないアプリなので見習ってほしいですね

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プーサンとエリカさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:105人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
4件
12件
ヘッドホンアンプ・DAC
5件
2件
CDプレーヤー
0件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性5
機能性5

NT-505も1か月が過ぎ、1日5時間は電源が入っているので、150時間ほぼ慣らしは済んだかな?使い方はネットワークプレーヤー、USB-DACとしても優秀だと思う、USB伝送技術「Bulk Pet」これは思ったより安定している、しかし所詮PCのノイズをどこまで持ち込まないかがカギ。

そこで前面にポートがあるUAB-A入力こちらはネットワーク接続で使える、依ってLUMIN Appが使える、この操作は使えば使うほど便利、私の環境では、NAS<USB-Aの様である。

NAS=2.5インチHDD
USB=2.5インチSSD

NT-505←(信号線のみ)←SSD←12Vと5Vを供給
  ↑
OCXO(10MHz)←12V

NT-505の内部で作り出す5Vが悪いとは思いませんが、自作のトロイダルトランス電電の良さを実感できます。

さて肝心の音ですが、寂しいぐらい静かです、今までボリュームを上げるとうるさい音源が別物です、ボリュームを絞っても空間の表現力があまり落ちません、古い録音も表現豊かに再現してくれます。NT-503とこれ程違いが有るとは。

中をちらっと見てみましょう。
NT503と違うのは当然DACチップの違いですが、チップ回り電解がすべて、導電性高分子アルミ固体電解コンデンサー OS−CONで構成されています。
USB-DACの基板、NT-503のチップ画像が無いのでわかりませんが、インターフェイス株式会社だけのUSB伝送技術「Bulk Pet」
ネットワーク基板は冷却ファンでチップが見えません。
トランスはNT-503と変わりませ、もうすこしばらしてダイオードを交換する気持ちもありましたが、想像以上のパフォーマンスにしばらく(当分)オリジナルで使うことしました。
冒頭に慣らしが済んだと書きましたが、使用1時間と150時間の差は感じていません、よくエージングと言いますが、大半は耳が慣らされたと私は思います。

前のレビューの人はLUMIN Appを使っていないのでしょうか。

でも内容はコストパフォーマンス抜群ですね。
TEAC HR Streamer、このアプリそのものです。
要するの、NT-505はLUMIN Appに完全対応したと言う事です。

それと音質の比較でHDD対SSDの記事がありますが、私は電源差だと思います、スイッチング電源を使っているようでは評価の対象に成りません。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

背中にエンジンさん

  • レビュー投稿数:111件
  • 累計支持数:275人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

アニメ(DVD・ブルーレイ)
28件
0件
スピーカー
6件
17件
プレイステーション4(PS4) ソフト
12件
4件
もっと見る
満足度3
デザイン3
音質4
操作性1
機能性無評価

 今までメインに使っていたパイオニアN-70Aをリビングに移動しての入れ替えです。N-70Aに追い出された(笑)ヤマハWXC-50を寝室で使用。
 本機ですが、まず音は良いです。ただ、N-70Aと比較して格段に上か?と言われれば「否」となります。特に価格がかなり下のWXA-50が予想以上に良かった事もあり、比較するとWXC-50・75点 N-70A・85点 NT-505が89点と言う感じでしょうか。
 WXA-50がマイルド、NT-505が解像度高め(硬質)なイメージ。
 操作性はどれも似たり寄ったりですが、アプリを使わない、リモコンなどで有ればN-70Aが一番マトモ。
 純正アプリはヤマハが一番使いやすく、パイオニアは途中で機器の認証からやり直す事が多々有り。TEACのは使い物にならなかったです。BubbleUpnpを使っていますが、これもベストでは無いし・・・

 本機の一番の欠点はファームアップの面倒さです。今時、ネットワークに繋いでいる機器は、自然にファームアップしてくれるor最新バージョンが有る事を通知してくれるor手動で最新バージョンが有るかを確認する。だと思うのですが、それらは一切有りません。ユーザー登録をしていても放置。
 Windowsでの操作ですが、まず自分で本機を操作して、バージョンを確認、メーカーHPで最新バージョンを確認。最新が有る場合、まずPCにダウンロードをして、USBで本機背面のUSB−Bに接続して落とし込みます。せめて前面にしてくれよ・・・・。まして、PCがデスクトップだったらどうするんでしょう?ケースによってはかなり長いケーブルを必要とするでしょう。
 何の為にネットワーク繋いでるんだ?と言う感想。

参考になった5人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

9832312eさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:408件
  • 累計支持数:3631人
  • ファン数:48人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
3332件
ヘッドホンアンプ・DAC
12件
795件
クレジットカード
53件
625件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

エージングは済んでいませんが、ケーブルなどをメインのものに入れ替えて試しました。
fidataのLAN接続とUSB接続を比較すると、どっちも良いレベルかな。
同じケーブルではないけど、どちらが見劣りするとかもない感じです。
安定性はLANの方が安定しています。USB接続は曲の途中で停止するとたまにブチっと音がする事がある。
頻発はしないがやや気になります。この機種のせいかfidataのせいか良く分かりませんが。

音のイメージはAK380と似ていると書きましたが、それよりはLINNのKLIMAXと雰囲気は似ています。
真面目に比較すると数段差はありますが、雰囲気や聞き疲れしない感じ、空気感などは似ています。LINNの音が好きな人は好きな傾向ですね。
LINNのmajikとの比較なら良い勝負になる感じです。

フロントのUSBはAK380を接続すると認識せず、USBメモリとしてもUSBDACとしても認識せず。UD-505はUSBハブ経由でウォークマンが認識したようなので、NT-505も同様かも。

手頃なクロックが見つかったら試したいですね。最初のレビューの時より印象は良くなってます。

【前のレビュー】
UD-505と同時発売であり価格もこちらの方が高いことから、人気は出ないだろうと思い、予約をギリギリまで待っていたら前日に連絡が来て、予約が殺到してメーカーの初期在庫は全て埋まり、次回は5月下旬という予想外の出来事に遭遇しました。
実店舗でもあまりなかったですが、何とか見つけて初日に手に入れました。

初日の感想なので、エージングが済んでいないので、取り敢えず操作性を重視してレビューを記載します。
AI-501、UD-501、UD-503と利用してTEACの4機種目です。

以前にイベントでUD-505は試聴していたので、音色の予想はついていましたが、操作性に関してはメーカー担当者のとても良いですよという言葉のみだったので、どの程度のレベルか分からずに購入です。
実際に利用するとLINNと同等の快適さがありました。以前に利用していたNA-11S1や今利用しているUDP-205と比較すると、安定感もあり、快適と言える操作性です。

アプリに関してはkinsky、kazoo、lumin、fidata、BubbleUPnPをiosとAndroidで試しました。
ipad2017とMediaPad M3 Lite 10 wpで試しました。レビューも書いていますので参考にどうぞ。
ios版とAndroid 版があるアプリでは明らかにios版の方が快適でした。特に不具合はなく利用出来たのですが、Android版の方がややもたつくアプリもありました。ただ全般的に快適に扱うことは出来ます。
http://review.kakaku.com/review/K0000953559/ReviewCD=1016718/#tab
http://review.kakaku.com/review/K0001016848/ReviewCD=1085220/#tab

アップコンバートはpcmとdsdがありますが、pcmは傾向を変えずに解像度を高くして、高音が伸びるようなイメージ、dsdはやや音が丸くなり温かめのイメージの音になります。私はpcmの方が好みです。UD-503 よりはアップコンバートは感じやすくなったかな。
ヘッドホンを指しているとラインアウトからは音が出ない仕様は変わっていません。
ラインアウトはRCAとXLRのどちらかを選択する仕様、同時出力ではありません。
可変出力と固定と選択することが出来ます。この辺はUD-503と同じ仕様かな。

音質面についてですが、比較対象になりそうなSonicaDACと同等と思われるUDP-205と比較して記載します。
UDP-205のレビューも書いていますので参考にどうぞ。
初出しの音はNT-505の方が好印象でした。
解像度が高く、音のキレがあり、音場がやや狭くインパクトのある音であるUDP-205と、高音の伸びがあり、適度な艶があり、ゆったりとして聞くような感じの音であり、やや音場は広いというNT-505の違いがありました。
ボーカル重視な私としてはかなり好みな音色であり、圧も弱めなのでゆったりとして聞くことができ、今後が楽しみな感じです。
UD-503のラインアウトよりは一段上かなというイメージです。やや線が細く、音場が狭かったため、ヘッドホンは利用してもラインアウトはあまり利用しなかったのと比べると今後もう少し試そうかなと思える魅力があります。
http://review.kakaku.com/review/K0000973297/ReviewCD=1043778/#tab

手持ちの機器でイメージが近いのはAK380です。AK4490を積んでいるのでDACチップは違いますが、雰囲気は何となく似ています。
NT-505と同じAK4497を積んでいるSP1000とは大分イメージが違う感じです。
同じDACチップでも音色や傾向は大分違いますね。

数時間しか試していませんが、かなり好印象で、エージング終わりが楽しみです。クロックも対応しているので、そこも試してみたいですね。
現時点では買って良かったと思います。

参考になった27人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Kあきらさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:42人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
1件
5件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
3件
デジタル一眼カメラ
0件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン3
音質4
操作性5
機能性4

【デザイン】NT-503と変わらずダサイですね。TEACさんの高級ブランドのEsoteric製品と混じると貧乏すぎます(失敬!)
でもこの価格帯ならがんばった方かと思います。

【音質】 NT-503のAK4490からAK4497になったからもうちょいどうにかなるかと思ったのですが、世の中にまだまともなコンテンツもないDSD22.5MHzに対応しましたというカタログスペック表示程度の効果しか発揮されていないように思いました。EsotericのN-05→N-01での音質の改善はAK4490→AK4497の変更が一番効果が大きいと思ったのですが違うのかなぁ...

【操作性】ここが今回の最大のウリですね!TEACさん、よく頑張ってくれました。NT-503のあのノロくて使い勝手が最悪のiPadでは使えないお手製アプリからEsotericのN-05、N-01と同じく超利便性の高いLUMINのOpenHome対応アプリに対応させてくれて感謝です。BubbleUPnPでNT-503を使っていましたが、やはり曲間にノイズが発生したり、まだまだノロさやボリューム操作が使えないなど、不便、トラブルがあれこれありましたから。NT-505をLUMIN APで使っていますが、あの不快千万の曲間のノイズはなくなり、キビキビと動作して、操作性はLUMINやEsotericと同等になりました。ただ、なんでわざわざ「TEAC HR Streamer」なんて名前を付けてアプリを自社看板で出すのでしょうか?Esotericもそうでしたが、LUMINのアプリをDLして使ってくださいでいいのでは?自社の冠を付けて保守をがんばりますなら少しは理解しますが、どうせLUMINと同じアップデートしかしないし、できないのでしょ?だったら冠付けて余計なコストを乗せないで、価格を安くしてくれた方がいいように思います。

【機能性】基本的にNT-503と変わりません。液晶は高解像度になって見やすくなりましたが、初期設定以外では使いませんので有効性は低。
ヘッドホンジャックがステレオ標準プラグ対応ではなくなったのは困りました。大衆ブランドとしてはステレオ標準プラグはマイナーになったという判断なのでしょうか。

【総評】よくがんばりました。花丸です。
NT-503のときは”大衆ブランドには使いにくいアプリを提供しているわけです。....会社としての見識を疑うばかりです。”と悪く書き込みましたが、TEACさんは大衆ブランドを大切にするというすばらしい見識を持つ会社だと考えを改めました。ギブソンギターの件で苦労されているかと思いますが、一難去ってまた一難でも、どうぞがんばって生き残ってください。応援しております。

比較製品
TEAC > NT-503-S [シルバー]

参考になった10人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Ysayeさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:71人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
3件
3件
デジタルカメラ
0件
3件
スピーカー
0件
3件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質4
操作性5
機能性5

 LAN入力、PCMのみのreviewです。AMPはLUXMAN L-509s、SPはB&W CM6S2。ネットワークプレイヤーの比較も行いました。接続はすべてアンバランス。

【音質】解像度が高く、また全体的に色付けが少なく、すっきりとしてnaturalな感じがします。温度感は温冷どちらでもなくneutralで、解像度が高い割には冷徹な感じはしません。若干柔らかい感じがして聴きやすく、比較的バランスが良い音だと思います。一方、音のedgeが立つ方ではないので、写実性やrealityを訴求するtypeではなさそうです。低音がやや強く聴こえますが、DENONの様な中低域の厚みは無くすっきりしています。帯域バランスはピラミッド型と言うよりはAtariのロゴマークの様な印象を受けます。
期待していたPCMのアプコンは、acousticなソースだと不自然で美しく聴こえないケースがあり、特にviolinでは強くそう感じます。デジタルフィルターのマッチングは曲やその日の気分により良し悪しが変わり、音質に対してcriticalなものではなくちょっとしたアクセント、お遊び的なアイテムだと思います。以下v.s.はアプコン無し。
■v.s. YAMAHA CD-N500
解像度は明らかにNT-505が上です。一つ一つの音の質感は中低域から高域まで非常に良く似ており、両者ともnaturalで美しいです。低音の出方はNT-505の方がかなり強いです。解像度の差でNT-505の勝利。解像度以外では甲乙つけがたい。
■v.s. LINN AKURATE DS/K2
AKURATE DS/K2は結構古い機種で、DAC chipはさらに古いです。日進月歩のDACにおいて最新chipを搭載するNT-505がAKURATEにどこまで迫るのか、あるいは追い越せるのか大変興味があり比較してみました。
・解像度はほぼ同程度。
・若干NT-505の方が残響長めで音場型、AKURATEが音像型の印象。
・AKURATEは、実は内部に別途processorが搭載されており、聴覚上無音と判断される入力dataを全てnullに置き換えて出力しているのではないかと思わせるほど、音の無いところが異様に静かで、何も無いところから音が出る感じがします。また、音の滲みや揺らぎが大変少なく、正確に整えられた音が出てくる感じがします。一方、あまりに整えられすぎているため、音楽がお上品で箱庭的になってしまうきらいがあり、artistが放つ荒々しさや泥臭さなどの表現に乏しく、演奏がこちらの魂に響いてこないと感じることがあります。また、一つ一つの出音もあまり作りこまれた感じがせず、パッと聴き高級機らしい風格が乏しいように感じます。
しかし、NT-505との比較ですと、何を聴いてもAKURATEの方が少なくとも綺麗に聴こえます。あれこれ分析する必要もなくAKURATEの圧勝と言えると思います。比較にならない。
DACにおいてchipの支配力はそれなりにあると思いますが、それだけで音質が決まるわけではない事は明白です。DACは数年で下剋上される分野と思っておりましたが、きちんと作られた製品であれば、意外とその製品寿命は長いのではないかと思わされました。
ちなみに
■YAMAHA CD-N500 v.s. LINN AKURATE DS/K2
CD-N500も綺麗で悪くないなと思って聴いていたのですが、AKURATEと比較すると音が荒く滲みがひどいです。今までこんな音を聴いていたのかと思うと愕然とします。値段を考えると当たり前ですが、その差は圧倒的です。NT-505とCD-N500の比較で解像度の差と思っていたものの中には、S/Nの差によるものもあるかもしれません。

【総評】音質に関して言うと、恐らく値段相応だと思われます。いくらchipが最新鋭でも、お値段以上は無さそうです。遊び心や際立つチャームポイントはありませんが、変な癖が少ないので比較的万人に勧めやすい機種だと思います。ただ、この製品の最大のセールスポイントはOpenHome対応にあります。この価格帯でOpenHome対応であり、尚且つある程度のサポートが期待できるメーカー製のネットワークプレイヤーは今のところNT-505以外には無い様に思います。OpenHome対応を考えると、かなりお値段以上になるのではないでしょうか。
ネットワークプレイヤーを使うにあたり、OpenHome対応で有るか無いかは、その利便性において天と地ほどの差があります。本来、音質ではなく利便性を求めるためのネットワークプレイヤーであるはずですので(音質も良ければいいのですが…)、ここは大変重要な点だと思います。
ところで、以下は私の勝手な空想なのですが、TEAC(ESOTERIC)は、high endネットワークプレイヤーでのOpenHomeの必要性を痛感しており、OpenHome用のsoftwareを他社から購入、それを普及機(NT-505)に流用したのだと私は推測しています。SFORZATOも然りです。TEAC(ESOTERIC)とSFORZATO はhigh endネットワークプレイヤーを擁しているからこそ、OpenHomeを採用した(せざるを得なかった)のだと思います。一方、国内他メーカーはどうでしょうか。LUXMANが一部ラズパイで採用の動きを見せていますが、SONY、YAMAHA、ONKYO(経営大丈夫か?)、Accuphaseなどでそのような話は、OpenHome優位がかなり以前から明確であるにも関わらず、長年聞こえてきません。仮に、hardwareを作ったとしても、softwareの自社開発は彼らには困難なのかもしれません。一人気を吐いているのがD&Mですが、HEOSに全力投球していてOpenHomeは全く眼中に無い様です。このような国内状況を俯瞰すると、今回のTEACのようにOpenHome用のsoftwareを他社から購入し、それに対応する自社製品を開発・販売するというやり方は、何らかの理由で意外とハードルが高く(TEACがOpenHome対応を大々的にPRしない理由もここにあるのかも)、今後もNT-505のような製品がTEAC以外から出る可能性は低いのかもしれません(soundgenicはライバルになりえますが)。そう考えると、NT-505の希少性は思ったより高く、比較的安価なOpenHome対応機はTEAC製だけという時代が意外と長く続くのかもしれません。
それにしてもOpenHomeはとても快適です。ネットワークオーディオを始めたい方は、DLNA機に寄り道せず最初からOpenHome対応機の導入に踏み切ることを強くお勧めします。

参考になった11人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

さとし1232さん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:148人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
1件
171件
ネットワークオーディオプレーヤー
3件
81件
地デジ・デジタルテレビチューナー
0件
67件
もっと見る
満足度4
デザイン3
音質5
操作性4
機能性4

購入してから1週間ほど経ったのでレビューします。

【良い点】
・各楽器の音が分離して聞こえる。
・特にpの部分の表現力が凄い。
・pの部分で会場の細かい響きも合わせて聞こえてくるので臨場感抜群。
・前にHAP-Z1ESを持っていたが、表現力の面で断然こちらが上。
・リモコンで現在のアップコンバート情報が液晶画面に表示できるのでよく利用している。
・44.1kをDSDまでアップコンバートすると、柔らかすぎの感じがするのでPCMの×8が好み。
・会場の響きの件では、10Mクロックを入れるとさらに細かい響きが感じられるようになる。
10Mクロックは、24時間電源入れっぱなし。
・クロックは、サイバーシャフトの製品を利用している。安価で効果が高い。
・響きは、即物的な音ではなく フワッとした音で、聞いている人を包み込んでくれる。
それが臨場感につながっているように感じる。
・生の音と同じように音が優しいので聞き疲れしない。生のオーケストラは
相当な音量を出すが、音が大きすぎ/とかうるさいと感じる人はコンサートホールにいないと思う。
・SN比がよいので、何もない所から音が出てくる。ファーストインプレッションは、まずこれに感心。
その後、電気的ではない豊かな音が出てきたので安心した。電気的な音とは、よくある安物の
MIDIの音や電子ピアノの音。
・ケーブルは、XLRを利用。RCAよりSN比の良い再生音を楽しめる。

【現状悪い点】
・ブラックは、シルク印刷も黒っぽいので何が書いてあるか分からない。
・ラジオを含めてネットサービスは、すべて有料。HAP-Z1ESのときのように
無料の海外放送を楽しめない。
・仕様に、「プリアンプとしても利用出来る。」とあるが、これは???。
アナログ入力が無いばかりか、ボリュームを可変にしてメインアンプに接続
すると、せっかくのきめの細かい音が濁ってしまう。やっぱりボリュームは
固定にしてプリに入れないと駄目。DACの性能は◎なのに残念というか
それだけのコストをかけなかったと思う。
・DSDのファイルを再生すると、曲が始まる前に ボソッ というノイズが入る。
ファイルを変えても入力方法(lan/usb)同じなのでファームのバグのよう。
そのうち改変されると思う。これはちょっと酷いよ。
・ipadで利用するstreamerにbugがあり、プレイリスト関連で落ちる。
・作成したプレイリストを保存すると、削除ができない。

以上、いろいろ書いたけど、よい音には変わりないので、今後に期待。
オーディオショーによく行くので、大体の相場は分かっているが、
20万以下でよくこのような機器を開発したなぁと思う。
----------------

1か月視聴した結果です。エージングが進んだのか、ますます静寂性の
ある会場感が感じられます。いろいろ試したのですが、やはりマスタークロックを
入れないと、普通の音場になります。ため息がでるようなコンサート会場の
再現にはマスタークロックが必須です。

マスタークロックですが、私はサイバーシャフトの製品を使っています。
これを入れると音場が違ってきます。というか、入れた直後はあまり
変わりません。10〜15分すると、ぼけていた音像の焦点があって
会場のホールトーンが感じられます。くれぐれもクロックの評価は
カチャカチャ切り替えても分かりません。しばらくすると焦点が徐々に
あってきて素晴らしい音場を再現します。

参考になった22人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

あなたのレビューを投稿しませんか?

NT-505-B [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

NT-505-B [ブラック]
TEAC

NT-505-B [ブラック]

最安価格(税込):¥161,648発売日:2018年 1月27日 価格.comの安さの理由は?

NT-505-B [ブラック]をお気に入り製品に追加する <53

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ネットワークオーディオプレーヤー)

ご注意