ホンダ ステップワゴン スパーダ ハイブリッドレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ホンダ > ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル 4.64 自動車のランキング 20 76人 ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルの評価

評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.33 4.34 91位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 4.04 3.93 69位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 4.83 4.13 5位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.79 4.21 4位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 4.44 4.05 33位 乗り心地のフィーリング
燃費 4.57 3.89 17位 燃費の満足度
価格 3.60 3.89 106位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:69人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
51件
スピーカー
1件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4

この車を検討されている方は、セレナe-powerと比較検討されているケースが多いかと思います。それぞれの詳しい特徴や比較については当たり前ですが両掲示板のクチコミやレビューを見ていただければ、それぞれのユーザ目線からの感覚や着眼点や重視する点により様々な意見があり面白いです。やはり、この掲示板(ステップワゴンユーザー目線)での両車の比較内容や感想に共感する事が多いです。

私の場合、今までトヨタチェイサー(2.5LNA)→VWクロスポロ(1.6LNA)→VWゴルフ6ヴァリアント(1.4Lツインチャージャー)と乗り継いできましたので初の1BOXタイプのミニバンとなります。なのでミニバンの収納性や機能性の高さや車内に広さにはただただ感動するばかりで、他社同タイプの車とその点の詳しい比較検討はしていません。
唯一、動力性能や運転感覚の比較としてセレナe-powerが挙がりました私にとっては悩む程ではありませんでした。

前車は新車で購入してからすでに8年たち、家族の要望として次は後席が広く、リクライニングできてハイブリッドモデルという点と、私としては今回は着座位置が高く前車と同等の動力性能、運転性能は欲しいと考えており、それぞれの要望を満たす一番手がこの車であったという事になります。

前車ですが、1.4Lのスーチャ+ターボエンジンにDCTを組み合わせたまさしく欧州車がダウンサイジングに舵を切ったきっかけとなったパイオニアの動力システムでしたが、アクセル開度とダイレクトにマッチするDCTならではの加速が楽しい車でもありました。
対してステップワゴンの高出力モーターによる車軸直結の加速、特に停止状態からの発進はまったく車重を意識することの無い不思議な感覚に当初、心底驚いたものです。モーターならではのアクセル踏み込みに対するレスポンスの良さも、DCTのダイレクト感を知っている身としてそれ以上の俊敏さが頼もしくあります。(ちなみに両車とも0ー100km性能は、メーター読み7.5秒、実測8.0秒程度と奇しくも同じ位の数値データのようです。)

社用で乗っているマツダスカイアクティブディーゼル車の、モーターとは違った地の底からモリモリ湧いてくるようなトルクによる加速感覚も独特の気持ち良さがありますが、どの速度域からアクセルを踏んでも加速するまでのラグが結構あり、i-MMDのアクセルレスポンスを知ってしまうと不満に思ってしまいます。

欠点ですが、巡航中にアクセルをベタ踏みした時に(あくまでベタ踏み時のみです)、一瞬バッテリーもしくはエンジンからの電気の供給が遅れる事により加速が始まるまでのラグがある事と、アクセルを踏んだときにエンジンが急激に高回転で発電しながら加速していくフィーリングが機械式CVTのそれと感覚的に似ているところでしょうか。ちなみにどの走行モードでもモーターとエンジンがそれぞれ車軸に直結するため、いわゆるエンジンの回転数上昇に加速が遅れてついてくるCVTのラバーバンドフィールとは別物です。

加速中心のレビューとなってしまいましたが、高速域での直進安定性も特筆できます。着座位置が高い事への不安感もなくきれいにコーナーをトレースします。正直ゴルフと比べて殆ど差を感じなかったといえば言い過ぎでしょうか。しかしそれ位安定しています。

私のように、家庭事情等で仕方なく?1BOX型ミニバンを選択せざるを得ないユーザには一筋の光となるような、動力性能と安定性を兼ね備えています。おまけに高燃費。L型ミニバンまで選択入れると、アルヴェルの3.5Lモデルの加速と比べ一歩及ばずともコーナリング性能と燃費では、アルヴェルは太刀打ちできません。

燃費と動力性能をここまで高い次元で共存できるシステムは,現状ではi-MMD(次点は、スカアクティブディーゼルもしくはe-power)が抜けていると感じます。それをステップワゴンのボンネット形状を再構築してまで搭載したホンダの心意気に快哉を叫びたいです。
(歴代のステップワゴンシリーズからすると価格面は間違いなく高いですが、見方によってはバーゲンプライスと言えるかもしれません。ただし、最近のホンダ車の値付けはかなり世間とずれがありますね。。。)

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
兵庫県

新車価格
355万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
10万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった32人(再レビュー後:26人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kamoz8017さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

【エクステリア】
今までのフェイスと比べ、力強い感じがでていたので及第点。
【インテリア】
本革シート+1,500Wのコンセントの選択があったのは良かったです。災害時に最小限の暖をとる(湯を沸かす等)手段になるのは少し意識しました。
全体的にはシンプルで機能的だと思います。
【エンジン性能】
良いですね。
静かですしパワフルな印象です。
【走行性能】
上り坂でアクセルを少し踏めば、俊敏に遅れなく前に進む感じが最高です。思うように進んでくれる感じがします。
前のガソリン車(同じ2,000CC)の場合は、アクセルを踏み込んでからワンテンポ遅れて進んでた感じがありません。
それに、カーブでのロール感がなく、身体がふられる事なく曲がってくれます。
最初、カタログでみたパフォーマンスダンパーとやらには、何が良いのかわからなかったですが、今はその後効果に納得です。
【乗り心地】
カーブでのロール感は前述の通り。
全体的に振動が前車より少なく、ロングドライブでの疲れが減りました。運転が楽しめる車ですね。パワーに余裕があることが、ゆっくり運転を楽しめる気がしています。
【燃費】
住んでる処の周りが坂道が多いので、EV走行の発現率が少なくエンジンがまわっている場面が想像より多かったです。けれど、前車より約2倍良い感覚です。
【価格】
ミニバンでは、高いランクの部類ですね。最初は躊躇しました。(予算の上方修正)
けれど、他車と比べ価格に合った価値があると感じています。
【総評】
駐車場の横幅を意識してたので、横幅が大きくなく、グレード高い車はステップワゴンしか無かったですね。
けれど、検討を進めるにつれて、色んな面で加点。他車比較の末、最終的にステップワゴンにしました。間違ってない選択をしたと思ってます。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年6月
購入地域
千葉県

新車価格
355万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
10万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

カメハメハ∞さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

このたび、新車を購入するにあたり、こちらのレビューを大変参考にさせて頂きました。
購入検討されている方への参考になればと思い、初レビュー致します。

2010年式スパーダからの乗り換えです。
車検の予定でしたが、10万キロ並びに各所トラブル多発してきた為、買い換えする事となりました。
比較対象は、セレナ/エスクァイアです。
商談の結果、セレナは走行性能がステップの方が魅力的と判断し、何より総額が最も高額のため、脱落。
とりあえず参考にと考えたエスクァイアは、トヨタの強烈な営業力で最も安くなり、心奪われかけましたが、やはり車トータルのバランスを考えた結果、ステップワゴンで契約しました。

【エクステリア】
フロントについては、マイチェン前のマイルドなデザインは好みで無かったのですが、現在のデザインは押し出しが強くなり、気に入ってます。
色々ご意見のあるリアについては、ボディーカラーをブラックにしたので、そんなに目立たないと思います。妻も以前は「あり得ないデザイン」と酷評してましたが、使い勝手抜群で一言も文句を言わなくなりました(笑)

【インテリア】
運転席周りは、以前プレリュードに乗ってたのでデジタルメーターは問題無く、位置も適切で見やすいです。スタートボタンは右側だと良かったなと思いました。
二列目は、前のステップがベンチシートでしたが、子供も大きくなったので、独立シートで問題無し。おかげて三列目にスムーズに移動出きるので満足です。
全体的にスッキリしたデザインで飽きが来ないと思います。質感はエスクァイアの方が良いかと思いますが、三列目は年に数回しか使用しないので、床下収納出来るのはとても便利です。
《ベンチシートから買い換え》
購入後に気付いたのですが、ママチャリがパンクした際に、ワクワクゲートから搬入が出来て、以前は倒していたセカンドシートそのままにしておけるのはとてもグッド→独立シートの間に丁度車輪が入って、走行中にガタガタしません。

【エンジン性能】
様々なレビューの通り、街乗り、バイパス、高速等、何れのシチュエーションでも不満はありません。静粛性が高すぎるせいか、エンジンに切り替わってからは、多少音が気になるレベルかと思います。

【走行性能】
私の車の知識は人並み程度ですが、以前のステップで気になっていた道路のうねりや段差が気にならなくなりました。パフォーマンスダンパーのおかげかも。econモードでも特に不満はありませんが、以前のステップより更にマイルドな気がします。なので時々解除しています。

【乗り心地】
シャキッとしています。運転していない時は柔らかくても構わないのですが、自分が運転する時は固めが好みなので、大満足。
セレナ、エスクァイアとは真逆です。

【燃費】
買い物など、片道3,4キロ程度の走行だと、14〜15q
それ以外だと18〜19q
暖房使用時期のため、春になれば改善するかも。
以前のステップが平均7〜8qのためとても満足です。

【価格】
正直高いです。
しかし、車の性能を考えると納得です。

【総評】
久々の新車ですが、とても満足しています。まだ購入して間もないですが、運転するのがとても楽しみです。
購入にあたり、優先順位が走行性能・安全性能に重きを置く方は、特にオススメですよ。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年12月
購入地域
愛知県

新車価格
355万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
25万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった34

このレビューは参考になりましたか?参考になった

MASOBANさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:65人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
5件
自動車(本体)
1件
3件
薄型テレビ
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

【余裕の車内空間】
この車は車両の全幅が5ナンバーサイズのM型ミニバンですが、家族からは室内が広いと好評です。寸法を調べてみると、室内長が3,220mmと、LL型のトヨタ・アルファード(3,210mm)より1センチ長いことが分かりました。室内高も1,405mmと、アルファード(1,400mm)より5ミリ高くなっています。
この前後と頭上のゆとりが、Mサイズとは思えないほど余裕の車内空間を生んでいます。


【オプションゼロで購入】
スパーダ・ハイブリッドG−EXは、ほかの車ではオプション設定でもおかしくない多くの装備が標準で設定されています。なので、残りの必要な装備をつけるかつけないか、M・Dオプションと社外品の比較などを検討したところ、結果的にですが、オプションゼロで購入することになりました。参考までに、納車後の状況をお知らせします。

<ドアバイザー、フロアマット、ナンバーフレーム>
ドアバイザーは過去に買った車には必ず付けていましたが、今回初めて付けませんでした。理由は窓拭きが面倒だから。おかげで窓拭きは楽になりました。試しに雨の日に窓を少し開けてみたら、滴がドボドボと入って来ました。雨の日に窓を開けなければ、何も問題ありません。
フロアマットはネットで社外品を探しましたが、トヨタ車に比べホンダ車用は種類が少なく、あまりいいのがありません。それでも粘って探したところ、毛足の長いラグジュアリータイプが15,700円で見つかり購入。サイズもピッタリで、絨毯のようなフカフカな床に満足しています。
ナンバーフレームも注文しませんでしたが、前側のナンバーについてはプラスチック製のフレームが標準で付いており、それをディーラーで付けてもらいました。黒色なのでスッキリしています。

<ボディカラー>
ボディカラーは全8色のうち6色がオプション色で37,800円高くなります。違いを担当者に聞くと「オプション色でも塗装の工程や強さは同じです」とのこと。結局何で高いのか分からず。最初は赤か緑がいいなと思っていたのですが、ディーラーにあるのは黒、白、青のみ。街中でもこの3色以外はほとんど見ません。実車を見ずに色を決めるのは怖かったので悩んでいたところ、試乗車の青を見たうちの奥さんが「この青すごくきれいな色だね。」と言ったので、その一言で青に決定。結果的にオプション色になりませんでした。

<ボディコーティング>
ディーラーのコーティングはピンキリで効果が分からないとか、ガラスコーティングすると洗車機が使えないとか、いろいろ聞いたので新車時のコーティングはせず、今は月に1回ディーラーで洗車と撥水コートをしています。

<マルチビューカメラシステム>
これが一番迷いました。長い車体を扱うのにバックカメラだけでは不安だったのですが、社外ナビには対応せず、純正ナビを付けなければならないとのこと。迷った挙げ句に付けませんでしたが、今でも付ければよかったかなと少し思っています。
ちなみにマルチビューカメラシステムを設定しないと、運手席からは見えない左前方が見える「サイドビューサポートミラー」が助手席側に標準で付いてきます。今まであまり役に立った事はありませんが、いつか役に立つ日が来るかなと期待しています。

<ドライブレコーダー>
前車に付いていたものをディーラーで移設してもらいました。

<ナビ、リア席用モニター>
ナビは社外品の10インチフローティングタイプを取り付けました。フローティングタイプは大画面でもほとんどの車に取り付け可能ですが、車種によってはエアコンの送風口をふさいだり、メーター類が見にくくなったりします。ですが、この車では全く問題ありません。むしろ、フローティングを付けるために設計されたのではないかと思うくらいピッタリはまります。同じ10インチでも、はめ込み式に比べモニターがより高く前方に出てきますので、画面が大きく見えます。よって2列目に座る子供たちからも十分に視聴できるため、リア席用モニターは取り付けませんでした。

<その他>
その他、延長保証や点検パックなどもなし。車庫証明代行費用もカットしてもらいましたので、諸経費も必要最低限のものだけです。


【価格】
オプションゼロなので、当然ながら値引きは本体からのみで、27万円ちょっと。車庫証明やガソリン満タンもサービスしてもらえたので、実質30万円弱くらいでしょうか。これに社外品のマットとナビの代金を入れて総支払額は350万円余りです。
メーカー希望小売価格3,559,680円を下回る総支払額になりましたが、今のところ特に不便な事はありません。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年9月
購入地域
鳥取県

新車価格
355万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった40

このレビューは参考になりましたか?参考になった

42kanaRさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:65人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】  
ステハイは、押し出しを増したグリル、サイドのキャクターライン、左右非対称のリアデザインは、機能美も感じ、個人的には好み。ハイウェイスターのe-POWERも、モダンさと押し出し感が適度で、ステハイより45mm幅広いハイウェイスターは一回り大きく見えカッコ良いが、ハイウェイスターでも標準車に合わせたトレッドのままのためタイヤが奥まり、腰高で不安定に見え、全体としてはバランスを欠く。

【インテリア】
ステハイの運転席周りは、メーターはヘッドアップディスプレイのように視認性が高く、直線基調で、置き場所も多く、機能には優れる。質感は、このクラスでは普通。DOPの10インチナビは、視認性高い。e-POWERも運転席周りは、モダンで未来感あり。メーターの視認性も高く、収納も多く、使いやすい。使い勝手と質感はステハイとイーブン。二列目は、大差はない。三列目は、広々感はイーブンだが、e-POWERの方がシートの大きさ、厚みに勝る。三列目を常用する場合はe-POWER。ただし、ステハイは三列目の床下収納が利点。荷物を多く積む使い方が多い場合は、ステハイ。わくわくゲートはわずかな隙間でも荷物の出しれが誰でもできる点、荷室開口高がe-POWERと比較して9cmも低い点等使い勝手には勝る。跳ね上げ式ゲートを開いた時に逆にステハイは大きいのも利点(ニッチな話だが、雨天時での自転車競技のローラーでのアップには使いやすい。)e-POWERの荷室も十分に広く、普段使いでは大差なし。デュアルバッグドアは背の高さを要し、小柄な方や子供には使い辛い。意外に差を感じるのは、床の高さ。ステハイとe-POWERでは7cmほど差があり、子供や老人の乗車が多い場合は、ステハイがお薦め。我が家の使い勝手ではステハイが機能として優るが、クールデザイン一辺倒なのが残念。e-POWERは室内のカラバリが3種類ほどあり、自分の好みを反映でき、そこは利点。

【エンジン性能】
ステハイとe-POWERではトータルでは大きな差あり。モーター駆動、ガソリンエンジン駆動、ハイブリッド駆動を状況に合わせ自動選択できる点、ガソリンエンジンの出力、フィーリング、振動などに大きな差。アルヴェルハイブリッドと比較しても高出力。e-POWERとはクラスが違う。e-POWERもトルクは十分だが、モーター駆動のみの点、ガソリンエンジンが3気筒の上、小排気量で、エンジンがアクセルワークに合致せずに急に唸る点など日産のハイブリッドシステムには遅れを感じる。3気筒で安っぽいエンジン音を聞くと、がっかりする。

【走行性能】
ステハイは3モードの切り替わりのタイミングがスムーズでかつアクセルワークに呼応し、パワフルな上、静粛性が高く、高質な走行。ECONモードでも十分にパワフルで、通常はこれで十分。Sモードではスポーツカーのように加速し強烈。100km/hまでの加速ではトヨタの86を凌駕。
一般道での走行が中心であればe-POWERも十分にトルクフルで差は少ないが、高速道路での走りではかなり差が出る。ただし、e-POWERにはワンペダルがあり、試乗だけでは、フィーリングに馴染まなかったが慣れてくると便利とは思う。

【乗り心地】
ステハイは、振動を吸収するパフォーマスンスダンパーが効いてるためか、重量が重いためか、振動が少なく、乗り心地はかなり良い。e-POWERも乗り心地は良いが、ステハイと比較すると、腰高を感じ、ステハイの低重心な安定感と比較すると、乗り心地はいまひとつ感じる。

【燃費】
納車後、極わずかな期間のため語るほどではないが、首都圏在住のため渋滞気味の一般道路での走行で350km、高速道路走行を100km程で、平均燃費で13.8km。前車はRGステップで常に7km程度だったので、約倍の経済効果。このパフォーマンスでのこの燃費は満足度高い。

【価格】
ステハイとe-POWERではあくまで想像だが、原価で考えたら、ステハイの方が高いと思う。トヨタもエンジン性能を見てよくこの価格で販売するなぁ・・・と驚いたと聞いている。アルヴェルハイブリッド以上のユニットが搭載されているので当然か。ハイブリッドかつボディサイズが同等というだけで比較されるが、エンジン性能から考えたら、本当はクラスが違う。と言った状況にも拘らず、e-POWERに同等機能を装備させて、比較したら、ほぼ近似の金額のため、ステハイはお買い得と思う。

【総評】
機能、性能、使い勝手どれをとっても、我が家ではステハイだが、e-POWERもワンペダルの新鮮な感覚や室内のカラー選択、給油口がキャップレスだったり、細かい点の改善にアドバンテージを感じる。ただし、比較試乗したら、ステハイが有利と個人的には思うが、実際はセレナが販売面では凌駕。乗り換えの際に、これまでの所有の車種だけを選び、比較試乗せずに買う方が多く、ステップとセレナのストック車両の差が出ているかもしれない。比較試乗をお薦めする。ステハイは、クール路線だけではなく、モダンにもクールにも多少の味付け(カラバリ、エアロなど)で選択の幅を拡げること、スパーダは全幅を少し広げ大きく見せること(タイヤは奥まらせずに)、人が直接使う部分(キャップレス等)の改善をお願いしたい。また、ミニバンは家族で使う場合も多く、メモリー機能付きパワーシートの設定もあればとも思う。ホンダは、この完成度でも販売面で負けているとなると本当に辛いかも。値段が高いとの話も聞くが、そこは大差ない。世間的には、知名度、イメージ含め、iMMDハイブリッド<e-POWER、ホンダセンシング<プロパイロットだから、もっとキャッチーで分かりやすい宣伝をするべきか。ミニバンNo.1のセレナの喧伝は見事。ホンダにはNBOXとフリードがあるのもステハイの販売面ではマイナスとの話も聞く。フリードでステップの代わりはできないか?と言うホンダ側の話もあり、ステップの行く末に不安を感じるが、燃費、乗り心地が良く、荷物は沢山詰め、高質な走りで、その上、時にスポーティな走りもできる、個人的にはこんな凄いクルマは他にはないと思うので、是非、作り続けて欲しい。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年1月
購入地域
神奈川県

新車価格
355万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
5万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった66人(再レビュー後:33人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ひかる2011さん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:157人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
4件
2件
スマートフォン
2件
2件
自動車(本体)
2件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格3

【エクステリア】マイナーチェンジ後のスパーダは気に入りました。マイナーチェンジしてなかったら、VOXY買ってたと思います。昼間もLEDのライトが光って目立ってるのが、カッコイイです。エアロパーツが標準なのも気に入ったところです。全長が長いんで自宅の車庫に収まるか、不安でしたが、試乗の際に自宅まで乗り付けて、駐車してみたら、ピッタリ収まってよかったです。

【インテリア】使い勝手と洗練されたデザインが気に入ってます。飲み物を置く場所がたくさんあって便利です。USB電源もたくさん差し込み口があります。普段はあまりUSB電源は使いませんが、スマホのバッテリー切れの時を考えると安心です。また、あまりそういう事態が起きても困るのですが、震災などの非常時には、このクルマがベースキャンプの役割を果たしてくれるでしょう。それと前席のシートヒーターが地味ですが、この真冬に威力を発揮してます。走り出してすぐにあったかくなれます。これって幸せですね。

【エンジン性能】使いやすいです。パワーが欲しい時は頑張ってくれるし、平坦路では静かですし。ただし、パワーを発揮させるとエンジン音は結構うるさいです。普通に走ってると本当に静かで快適です。モーターの性能の方がエンジン性能を圧倒的に上回ってます。なので、どうしてもエンジンのパワーも必要な時だけうるさくなるクルマです。

【走行性能】山道も楽しく走れます。初代フリードに以前乗ってたんですが、フリードでは山道がかったるくて嫌になって、FitハイブリッドSに乗り換えた経緯がありますが、FitハイブリッドSも山道が楽しいクルマでしたが、このスパーダもFitハイブリッドSに負けないくらい快適に言うことを聞いてくれます。フリードよりもかなり車重があるのに、全然お尻が振られないのが、気持ちいいです。

【乗り心地】パフォーマンスダンパーの効果だと思いますが、乗り心地は非常に良いです。日をまたいでハイブリッドGタイプも試乗しましたが、乗り心地には顕著な違いがありました。Gタイプでは、振動を感じる場面が多かったですが、EXではそれがほとんど感じませんでした。調子に乗って何度も遠出をしましたが、あまり疲れません。

【燃費】今真冬の一番燃費が悪い時期ですが、リッター18キロ台をキープできています。坂道の多いところに住んでいるにもかかわらず、この数字は立派だと思います。ちなみにFitハイブリッドSでは22キロ台でしたので、ちょっと燃費は落ちましたが、逆に嬉しい誤算でした。だって軽のN-BOXでも出せないくらいの好燃費なのですから。

【価格】買った時は確かに高いと思いましたが、日がたつにつれ、満足感がそれを上回るようになって来ました。

【総評】大げさに言えば、毎日が楽しくなり、人生の質がガラリと変わってしまうような素晴らしいクルマでした。もし、今購入を検討されている方がいらっしゃったら、多少の無理をしてでも最上位グレードをチョイスされるのが良いと思います。かけたお金に対する満足度は20万円程度の定価の差額の何倍にも値します。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年11月
購入地域
神奈川県

新車価格
355万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
15万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった36

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tsuka880さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:359人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
5件
273件
スマートフォン
1件
3件
車用補強パーツ
0件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】
マイチェンによって迫力を増したフロントがグッドです。
サイドとリヤは一目でステップワゴンと判る、どれも似たりよったりなデザインが多い中で特徴的で良いですね。
ただテールのウインカーとバック球がLEDでないのがちょい不満だったので交換しました。
セレナは安いグレードだとヘッドライト、フォグランプ共にハロゲン球が標準で、オプション装着するとそれなりに価格あがりますね。
その点ステップハイブリッドは全グレードフロントはフルLEDです。

【インテリア】
黒基調で落ち着いた感じが良いですね、メーターも見やすく、オプションの本革シートの座り心地も良いです。
個人的にはセレナのメーター位置が高くて圧迫感を感じるのと、e-POWER以前のセレナから表示がチマチマして見づらかったです。
前車が3代目ステップワゴンだったために現行ステップハイブリッドのデジタルメーターも違和感なく見ることができます。
他の方も書かれてますがセレナの2列目ロングスライドは3列目を格納していると干渉して使えないとか、ヴォクシーで感じたのですが、5ナンバーサイズの車幅での横スライドはあまり必要性は感じませんでした。
デュアルバックドアも背の高い男性ならば使い勝手が良いと感じるかも知れませんが小柄な女性ではその恩恵は感じにくいと思うので実際に開けて触って見ることをオススメします。
以前、某SNSの日産公式動画で、180cm級の男性がガラスハッチからスーツケースを出し入れしている動画があったので、『これと同じアクションを矢口真里級の小柄な女性で再現してください』とコメントしたら無反応で即削除されてしまいました((笑))
まぁ出来ないものは仕方ないですね。
ステップワゴンの特徴的な装備である3列目の床下収納と、ワクワクゲートはセットで使い勝手抜群です。
見た目が左右非対称だからと言って食わず嫌いは良くないですよ、ワクワクゲートからですと重量物も出し入れ出来るし、後方スペースが少なくても荷物の出し入れが出来、夫婦共々大変重宝しています。
これも実際に開けて触って見ることをオススメします。
【エンジン性能】
契約時は未発表だったためにオデッセイハイブリッドのみ試乗して契約しましたが、発表後試乗してその凄さに思わずニヤけてしまったのはココだけの話しです。
市街地でも高速道路でも踏めば即座に加速する性能は危険回避にも役立ち、精神的な余裕を生み、ACCを併用すれば圧倒的に疲労が少ないロングクルージングが楽しめます。
セレナe- POWERもモータードライブならではのスムーズかつトルクフルな走りはセレナガソリン車と比較すれば圧倒的なパフォーマンスだと思います。
しかしながら発電用3気筒エンジンの制御が車速とリンクしなかったり、信号待ちなど停車中でも突然かかったりして、この時はかなりの振動と音でびっくりしました。

【走行性能】
圧倒的にパワフルなモータードライブが癖になりますよね、セレナよりも更にパワフルで市街地や高速道路でストレスフリーな走りが堪能できます。
エンジン音も当然聞こえますが、セレナの安っぽいエンジン音に比べたらどうということは無いです。
全体的な静粛性が高くてロードノイズが若干耳につく感じです。


【乗り心地】
これは本当にステップワゴンか?と思わせられる程良好な乗り心地です。
おそらくEXのみに装備されるパフォーマンスダンパーの効果かと思います。
実際にパフォーマンスダンパー未装備のグレードも試乗しましたが、走り出してすぐに違いがわかる程明確な差がありましたので検討されている方は両方乗り比べてみたらよろしいかと思います。
セレナのタイヤは15インチが標準で空気圧が高めの設定で少し跳ねる感じの乗り心地で荒れた路面ではサスペンションのバタつきも感じましたが基本設計が旧いプラットフォームを流用しているわりには頑張っている方でしょう。

【燃費】
普段は奥さんが乗っていますが、エアコン使用、アクセルワーク等全く気にせずにECONオンで運転していて燃費計でリッター14km程走っているので良い方だと思います。
ECONオンにしないとパワフル過ぎます。
冬場は暖房のためにエンジンが稼働するため燃費は落ちます。
そこはセレナも同じでしょうから冬場の燃費の落ち込みは気になる所です。
ステップよりも小さいエンジンで発熱量が少ないのでステップよりも頻繁にエンジンが回り燃費の落ち込みも大きいかも知れません。
【価格】
ガソリン代で元を取ろうと考えると高いかも知れないけれど、ガソリン車には無い機能やストレスフリーな走行性能等考えたら妥当かな。
元々アコード、オデッセイクラスに搭載の上位メカを搭載して、なおかつフロントフェイスもほぼ刷新してスパーダガソリン車との価格差を考えたらむしろお買い得ではないかと思いますよ。
セレナePOWERだって安全機能等オプションにして価格を下げた方法で商売しているので、ステップと同等の装備にしたら逆に高くなるマジック?
しかも、元々は下位クラスのノートに搭載しているメカを移植して現在の価格とすればセレナe-POWERは割高な価格設定なのかな?


【総評】
個人的な感想ですが、ライバル視されるセレナePOWERと比較してもステップワゴン優位は動かないでしょう、セレナガソリン車があまりにももっさりな走りなのでePOWERの良さが際立つ日産のナイス商売かも知れません((笑))
ステップワゴンも走行性能ばかりクローズアップされがちですが、充実したホンダセンシング、優れた乗り心地、オプションで本革シートとセットですがAC100V1500Wの電源が装備出来て災害時や他の用途で役立ってくれだろうし、3列目の床下収納やワクワクゲート等抜群の使い勝手を誇るし、ミニバンの機能は負けてませんよ。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年8月
購入地域
愛知県

新車価格
355万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった142人(再レビュー後:45人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

SECTOR-3さん

  • レビュー投稿数:49件
  • 累計支持数:910人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
13件
127件
タブレットPC
6件
32件
スピーカー
1件
21件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

追記部分のみ更新します、冬場の感想です。

【燃費】
Honda Total Careのアプリで表示される毎月の平均燃費ですが、
夏場 16km (1カ月1000km走行)
冬場 8km (1カ月 200km走行)
と半分です、走行距離も大きく違いますがガッカリです。
冬場はマイナス15℃にもなる田舎に住んでいて暖気運転もさせています、また通勤距離が2km未満と言うハンデもあるので仕方ない感じですね。
冬場は単なる2000ccのエンジン車ですね。

【エクステリア】
わくわくゲートは本当に便利です、かみさんはこれしかできないと思っていたらしく、上に大きく開けたらビックリしてました。かみさんにも好評ですがブレーキホールド機能で停止している状態(Pにしていない状況)ではわくわくゲートが開かないので、かみさんがわくわくゲートが開かなくて不便と言ってましたね、最初は私も開かなくて不思議に思ってましたが安全上の仕様でした。

【乗り心地】
スタッドレスタイヤにしたら以前に増して静かになり、元から充分静かな車がより静かになり大満足です。
トリプルゾーンのエアコンが3列目用になっていますが、2列目も後ろから暖かくなるのはありがたいですね。また、ハイブリッド車は冬場はシートヒーターが必須と噂には聞いていましたがその通りでした。できればセカンドシートにもオプションで付けられれば良いのにとおもいます、CX5とか8にはありますね。

渋滞対応のHonda SENSING も付いているこの車でこのグレードを購入して良かったと思った冬でした。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった86人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

うさまるだモンさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:74人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

テレビリモコン
1件
1件
自動車(本体)
1件
1件
スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

車を購入して1ヶ月経ちました。タイプはG・EXを購入しました。
※販売店でのデモカー(800km程度走距離あり)を購入しています。
ステップワゴン スパーダ ハイブリッド(RP5)の前はシエンタに乗っていました。
家の駐車場は幅が狭いため、前車は車幅を重視してシエンタを選んでいます。
子供も大きくなり、夫婦で自転車を乗せて鎌倉など出かけたいという事もあり、
乗り換えでは、車幅はコンパクトなまま、長さがある車を探す所からスタートしました。

皆様が書かれているように、乗るほどに、良い車だと思わせてくれる車です。
試乗の前の参考などになればと思い、細かい情報も入っていますが投稿します。

【エクステリア】
マイナーチェンジを経て良い感じに高級感は増したと思います。フロントは社外製の
ガーニッシュなど、安価に取り付ける事もできるので、私はシルバーと青のガーニッシュを
取り付けていますが、自然な中に少し個性も出せるためとても気に入っています。
また、ライトをAUTOにしておくと、フロントライトはデイライトになっており、昼間でも
コの字の光がアクセントとなり、フロントフェイスが引き立ちオシャレだと思っています。
わくわくゲートの評価は分かれますが、私は後ろから見たときの非対称な形がむしろ好きです。
このゲートの使い心地は大変良いのですが、外観などの観点では、助手席側のリアの窓が
運転席側よりも広くなっており、運転席から左後ろを見ながらバックする時は、
視野が広く開けているので安全の面でも役立っていると思います。
リアの窓にある真ん中のフレームは慣れると気になりません。また、熱線が縦に入っている点も、
2日目には気にならなくなりました。最後に、車幅ですが当時の候補車の中ではコンパクトで
気に入っています。見た目は大きいのですが、細い道も楽に走れるのでこれは車幅による効果
は大きいと思っています。
<車幅>
・トヨタシエンタ:1695mm
・ステップワゴン:1695mm★車幅がコンパクトで気に入りました★
・日産セレナ:1740mm
・トヨタVOXY:1735mm
・スバルXV:1800mm

【インテリア】
黒基調で落ち着いています。他社に比べてアクセント色がないので物足りないかもしれませんが、
メーターのイルミネーションカラーを変える事ができるので、気分転換はできます。
また、購入後に、艶出しのアーマオイルをぬると、カーボン調の場所など、高級感が若干増した
と思っています。ハイブリッド車の気になる点は、スマホを丁度良い位置に置く台がない事です。
ただ、この点は、オプションで15000程度で、センターテーブルを追加できるので、今は便利に
使っています。社内のLEDは明るすぎない照度のため、乗降時には気持ちよく乗車ができます。
※個性という観点では無難なため、ここは星は4つとしました。

【エンジン性能】
駐車場でエンジンをかけて出発するなど早朝でも非常に静かです。たまに、エンジンをかけたか
分からず不安になるほど静かです。インフォメーションディスプレイに「走行できます」の表示がでる
事が分かったので、今では、静かな始動にもすぐになれました。
基本的に町乗りでは、エンジンは発電を目的として駆動しているだけと感じます。
アクセルの動きとエンジンが駆動する時の回転数が感覚的に上手く連動している事もあり、
車の動きとエンジン音の差に違和感を覚える事はありません。
アクセルを程よく踏むと、どっしりとした安定感のある加速をしてくれ、車格の割りに安定感
のある走行が楽しめると思います。町乗りでは、坂道があってもエコモードで十分に運転できます。
坂道では、エンジン音が相対的に大きくはなりますが、私は静かだと思っています。

【走行性能】
Sモードの加速が良く評価されていますが、私の前の車が1500CCだった事もあり、
普通のDモードでも加速は力強く感じます。また、ハンドリングは1500CCレベルと同等レベルの
軽やかさのため、非常に運転がし易いです。町乗りでは軽やかに小道も走れ、国道ではハンドルが
ブレル事もなくまっすぐに走ってくれます。基本的な動作がしっかりできるくるまだと思います。
カーブを曲がる時の安定性などは、パフォーマンス ダンパーが付いているモデルだから
かもしれませんが、気持ちよく曲がれます。

【乗り心地】
皆さんが記述されているように、とても滑らかだと思います。
路面の振動と突き上げも気になりません。シートヒーターを付けていると、暖かくて、助手席で
寝てしまいそうになります。シートは滑ると言われる方もいますが、履いている素材にもよるので
しょうか?私は滑らないので気になりませんでした。
3列目は狭いといわれていますが、ヘッドレストを上にしっかりと引き上げると背中も固定できますし、
及第点ではないかと思います。子供は2列目よりも3列目に好んで座り、乗降はわくわくゲートを
使っているので、乗り心地とは異なりますが、子供は楽しめるシートなのではないでしょうか。

【収納】
3列目が床下に収納できるので、収納後に自転車なども楽に乗せれます。床下収納式のため、両サイドの
窓を収納した座席が隠すこともないので、運転中の視界も良好です。収納機構はバネのアシストが良く
効いていて、ほぼ、片手で無理なく収納作業ができます。

【オートクルーズ】
0km〜130kmまで対応したオートクルーズ機能は、納車された後、思った以上に使える事に感動しました。

【燃費】
1,000km程度走って平均で16.5km/L
交通量も多く、信号も多い環境で乗っているので、止まっている間に消費される燃料も多くなると
思いますので、皆様の記述と環境による差異はでると思います。

【価格】
最初は高いと思っていましたが、ホンダセンシングの機能、オートクルーズ、
大きなエンジンをエンジンルームに入れ切った努力、静粛性を考えた防音対策など考えると、
乗り始めた今では、妥当な価格なのだろうと思ってはいます。

【総評】
大変満足しています。

乗車人数
6〜7人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった72

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ともかずあるふぁさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:184人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
341件
薄型テレビ
0件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格3

納車してから1年が経ちましたので再レビューします
【エクステリア】
マイナーチェンジ前のフロントの顔つきよりも角ばった形となり見た目も好みとなったのが選んだ理由になりました
マイナーチェンジ直後だったので前のモデルの在庫車がかなりお買い得になっていましたがどうしても気に入らずわざわざこちらを選びました
【インテリア】
あくまでMクラスミニバンです
プラスチックも多様しているのでトヨタ車に比べたらチープ感がありますが子供がどーせ汚すと割り切っているのであまり気にしておりません
全体的に直線基調で見やすくスッキリとした感覚になります
収納全体も十分にありドリンクホルダーにシートバックテーブルなど子供が小さいと大変に助かる装備です
1列目の上部にあるサングラスホルダーに後ろが確認できるミラーも内蔵しているため家族が寝ているのか遊んでいるのか確認できるのも助かります
【エンジン性能】
モーターのトルク性能が優秀です
ストップ状態からの加速もアイドリングストップから復帰が無いのも併せてアクセルを踏んでからすぐに走り出すので快適であり
他社よりも楽に加速ができることが快適性を高めてます
【走行性能】
乗り始めてしばらくしてから気が付いた所として高速巡行に入ったときの直結駆動がとても快適に感じられます
直結がないセレナのe-powerに比べエンジン回転数が低くなるため静粛性が高く多少の勾配で負荷がかかる時も直結状態のままモーターからのトルクの上乗せが入りガソリン車では起きるギアダウンが無いためエンジンの回転数が変わらずに登っていきます
負荷がかかった時によくあるエンジンの唸りが無く坂を上っていくのはある種の高級車に乗った気分に近いものを感じました
【乗り心地】
ホンダ車らしく多少固めの乗り心地ですが段差などを超えた後もすぐに収束し安定して走ります
ロールも他社と比べれば少なく安定した運転が可能です
【燃費】
ミニバンで比較すると今までのイメージを覆されました
遠乗りすると簡単にリッター20km前後は出せ給油タイミングが減り助かっております
冬場はどうしても短距離はエンジンがかかりっぱなしになるので1桁もありますが多少20キロくらい走るとエンジンも止まり通常の状態の燃費になります、最悪5分くらいの短距離はエアコンオフにして乗ったほうが気持ち的には楽かもしれません
【価格】
Mクラスで400万はそれなりです
高いですが走行性能や燃費性能を考えれば妥当と感じられます
【総評】
60キロ以上の巡行以外は基本モーター駆動、エンジン発電となり加速のレスポンスも申し分ありません
静粛性も全体的に高いですが静かな分ロードノイズが目立つため気になってしまうかもしれません
フロアアンダーカバー付けてくれれば良かったのにホンダさん

全体的にバランスよく出来ておりホンダセンシングの追従機能以外は不満はありません
レーンキープアシストも風が強い中でも中央を維持しようとしてくれるため疲労軽減に役に立っております

この価格は質感よりも性能に振ったものとして考えてみると納得の金額です

ケツ割れなどと巷で言われていますが家族と買い物をすると重宝します、足元に買い物の袋を置かなくて済むのですから

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年11月
購入地域
埼玉県

新車価格
355万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
0円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった135人(再レビュー後:32人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ゆぅぅんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
96件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

ステップワゴンRF〜RG〜RPと乗り継いでおります
10年で車は驚くほど進化してました
納車から2ヶ月3,000km程走りましたので初めてレビューしてみたいと思います
とても良い車だと思いますので迷われている方の参考になればと…

【エクステリア】
ハイブリッド追加前のフェイスはつるんとしててあまり好きではありませんでした
もし変更されなければ購入踏み切るのに躊躇したと思います
アシンメトリーなわくわくゲートも見ていて落ち着かないというか違和感があります

【インテリア】
黒っぽい内装なのでホコリは目立ちます
けどハンディーワイパーなどでサッと一拭きで綺麗になるので逆に良い状態を保てるのかなぁって思います
災害時のことを考えて1500wをつけましたが何かと便利です
遠出の時の身支度 女性は何かと時間がかかるものですがドライヤーやコテを持ち込めるのでメイクからセットまで
車でできちゃいます
夜の走行でどうしても3列目は閉塞感があると思いますがふんわり柔らかな常時点灯のLEDのおかげか気持ちよく乗れます

【エンジン性能】
エンジンの事はよくわかりませんがとても静かです

【走行性能】
一番のお気に入りポイントです とにかく気持ちよく走ります
特に上り坂でのSモードはクセになります
アクセルを踏み込む事なくSモードに切り替えるとシートにグッと押さえつけられるように加速して上っていきます

【乗り心地】
静かな湖面を走るクルーザーとでも言いましょうか 滑らかに進んでいきます
路面からの振動もかなり抑えられている感じがします
相方には悪いですがすぐ寝てしまいます
3列目が酷評されているようですが2列目の足元のヒーターよりも3列目の方が暖かくシート形状も大きさも不満はありません
後輪の上だと乗り心地が悪くなると思っていたのですが変な揺れもなく快適といえるレベルだと
あと不人気わくわくゲートですが使った人にしか分からない便利さ 素晴らしい発明だと思います
前車から一度も開けたことのないバックドア 開けれても閉めれない
わくわくゲートになってからはちょこちょこ使ってます

【燃費】
3,000km走って平均で17.5km/L
母親のNBoxよりいい燃費です
前車RGは9km/Lくらいでしたのでほぼ倍です

【価格】
安全面を考えたら妥当なのかな
色々な装備のおかげで運転の気持ちに余裕がうまれました

【総評】
色々な機能満載で乗りこなしてる感はまだありませんが徐々に使ってます
ブレーキホールドとACCはホント楽ですね
お出掛けが楽しみになりました いっぱい楽しい思い出作りたいと思います

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年9月
購入地域
静岡県

新車価格
355万円
本体値引き額
35万円
オプション値引き額
25万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった54

このレビューは参考になりましたか?参考になった

elumesiaさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:94人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

片道160kmの釣行2人乗りで走った燃費です。

今月の燃費

9月23日からの燃費になります。

   

シートカバー

   

1000q到達したのと、購入してようやく釣りに行けたんでレビューします。

【エクステリア】
前モデルに比べてカッコいい顔つきが好きで購入の決め手の一つに。セレナの顔つきは自分的には無しでした。ワクワクゲートが出た当初は縦に切られたの?って位バカにしてましたが、今は便利で横しか開けてません。リアウィングが変わったのも自分的にアリ。

【インテリア】
インパネはブラック基調でシンプルで好きです。
肘掛けがショボいのはいかがなもんかと思うけど、最近のミニバンってこんな感じのが多いんでなんとも。
ブレーキホールドは運転席に付けるか、常にブレーキホールドにして欲しかった。フットブレーキでいいんでコンソール無くすか、最悪ウォークスルー無視の高さのコンソールにして欲しかった。とても中途半端。
シートは嫌いじゃないけど、子供に汚される前に社外カバーに変更。

【エンジン性能】
慣れる迄はイーコンのドライブモードがやや気怠く感じますが、それでもセレナのエコモードより数段上かと。気になるならイーコンオフのドライブモードで普段使いに何の不満点もありません。Sモードは釣行時の坂道で多用しましたが、ミニバンについてるモードじゃないですね(^^;; とても力強い走りに激変します。家族乗せてSモードでチョイ踏みすると怒られます。エンジンとモーターの繋ぎも秀逸で、平地で切り替わりはメーターを見ないと気づかないです。

【走行性能】
まだ高速は乗ってないんですが、普段使いはドライブのイーコンで充分な性能を持っていますが、少しのアクセルの空きで滑らかな走りを楽しみたい時にイーコンをオフにすると滑るような走りを楽しめます。Sもーは直線以外で使わないようにしましょう。右左折時にSモードで発進すると後輪が空転します(^^;;
カーブ時や強風時にはさすがにミニバンですので、影響を受けますが、パフォーマンスダンパーのおかげか、ハイブリッド分の重さのせいかノーマルステップより安定してます。


【乗り心地】
7人で中距離の旅行に行きましたが不満点は出ませんでした。ただ、3列目シートはセレナに比べるといいとは決して言えないのは皆さんご存知かと。ここは収納を取るか3列目の乗り心地を取るかですね。普段4人乗りなんで収納重視です。
ハイブリッド車の為もちろん音も静かで、納車前に2週間弱ガソリン車を借りてましたが、別の車です。ガソリン車が安っぽい訳ではありませんが、ミニバンか?と思う静粛性と滑るような走り出しは50万の差額を出すに値すると思います。

【燃費】
基本は片道6qの通勤ですが、エアコンオフでリッター17位。9月にエアコン25度で走ってる時でリッター15?16位でしょうか。7人乗せて前後25度設定の片道100km弱の下道燃費が19.5で、今回の釣行2人乗りエアコンオフ片道160kmが21.7位です。釣行時は結構坂道を走ったのでSモードを多様しました。前車のエアウェイブに比べて走りも燃費も良くなった事に大変満足です。ちなみにですが、ノーマルステップで同じように100km位走った時は4人でリッター14位でした。

【総評】
燃費だけでガソリン車との差額を戻せるかは正直微妙です。ただ、スパーダハイブリッドという車はステップワゴンとは別の車という考え方を自分はしています。価格に重きを置くならガソリン車、ちょっと高くなってもストレスフリーで走りを楽しみたい方にはハイブリッド。長く乗る方で、今から子育てされる方でドライブが好きな方はハイブリッドの選択も一つだと思っています。高い車でしたが、後悔しない選択が出来たと思っています。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年9月
購入地域
熊本県

新車価格
355万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
15万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった70

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Syutamaさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:166人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
30件
デジタルカメラ
1件
18件
レンズ
1件
5件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア1
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格3

キャンプ用テーブル(50cm*100cm)を置いて積載スペースを2段に

テーブルの脚が細かったので適当な受け皿を追加

受け皿はホームセンターで買った一個73円のものを4個

1 全般
  今回、初めて多人数で旅行をしたのでその印象を含めて再レビューします。前車はヴェゼルでしたが多人数乗車の機会が増え手狭になったこととヴェゼルの下取りが思いのほか高かったので購入に至りました。契約書上の値引きはさほどでもありませんが、3年半落ちのヴェゼルハイブリッドを200万近くで下取りしてくれたことも購入を後押ししました。オプションは三菱電機製の9インチナビ、ドアバイザー、スタンダードフロアマット、ナンバーF、グラスコートです。マルチビューカメラ装着車です。値引きを含めて総額約415万から下取り金額を差し引いた額が今回の支払い額です。余談ですが下取り表を見せてもらったところパールホワイト車は他の色より下取り額が上乗せできるようです。

2 使用状況
  私は別にN-BOXも所有しており普段はそちらを使っています。田舎とは言え住宅地周辺の道が狭く全長が長いステップワゴンは軽自動車に比べて気を使います。多人数乗車をするときや長距離移動をするときにステップワゴンを使っています。

3 ハイブリッド選択の理由
  ハイブリッド車を購入するのは2台目です。私は当初ガソリン車との価格差を燃費で取り戻せるか試算検討していましたが、ハイブリッド車の魅力は他にもあることに気付きました。燃費も当然良いのですが、ガソリン車と併売されている車種ではハイブリッド車のほうが静粛性に気を使った造りになっているように思います。ステップワゴンも同様で静粛性は抜群です。ターボ車も十分乗り心地はいいですがハイブリッド車は余裕を上乗せしたような走りです。

4 燃費
  気になる燃費をご報告します。その前に私の住んでいる地方は田舎です。車が主な移動手段なので主要幹線は渋滞しますが、それ以外は信号も少なく比較的一定速度で走ることができます。それらを踏まえた燃費です。

一般道(日常)                15〜16km/L
一般道(100キロを超えるドライブ等)  18〜20km/L
高速道路                   20km/L以上
再レビューで追加します。高速道路(大人4人、乳児一人、5日分の荷物満載で目立った渋滞なし)では18km/L前後でした。

※ いずれも満タン法(燃費計の数値ではない)です。私のステップワゴンは燃費計よりも満タン法のほうが良い数値が出ます。燃費計が控えめなのでしょうか。今までの最高燃費は高速道路で一人乗車時の22km/Lでした。


5 走り
  一般的な平坦地ではEVモードで走ることも多いため静粛性は抜群です。モールの駐車場などEVモードで走る場面では同乗者を驚かせます。ヴェゼルと比べるとしなやかな乗り心地ですが、かと言ってコーナーで車体のロールも少なく背の高いミニバンだということを忘れてしまうほどです。また、車の挙動が落ち着いているため乗り物酔いしやすい人でも酔いにくい車なのではないかと思います(私自身乗り物酔いしやすいほうです)。
  今回再レビューで追加します。多人数乗車で高速道路を片道1000キロ程度走りましたが、サービスエリアから本線合流に伴う加速、坂道などパワー不足を感じることはありませんでした。ただ、加速時にアクセルを大きく踏んだときは大きなエンジン音を発する場面もあり、加速の度合いとエンジン音の大きさに違和感を感じることもありました。

6 安全装置
  クルーズコントロールと前車追従、車線維持機能(時速65キロ以上で作動)をオンにすると高速道路ではあたかも自動運転のような気分です。例えばクルーズコントロールを時速100キロに設定しているとその速度で車線の間を走り続け、前方に自分より遅い車がいると予め設定していた車間まで近づいたあと前方の車の速度に併せて走行するという具合です。もちろん、アクセルを踏めば追い越しもできますし追い越し完了後はまた設定した速度で走り続けられます。自然渋滞などで前車が止まった時はそれに合わせて止まってくれます。人や障害物に対する自動ブレーキも完成度は高いと感じました。惜しいのは後方に対する自動ブレーキが無いことです。

7 短所
  主として内装に残念な点が見られます。例えばソフトレザーで覆われているのはドア内張の一部だけです。ダッシュボード周辺は全面的にプラスチック感でいっぱいです。パワーウィンドウがオートスイッチなのは運転席だけです。2列目のウィンドウスイッチは安い軽自動車並みの造りです。シートのひじ掛けはリクライニングとともに角度が変わってしまいます。リクライニングの角度に関わらず水平を保ってほしいものです。必要がないとは言えタコメーターが無いのも寂しいですね。欠点の羅列で申し訳ないですがホーンの音も軽自動車並です。オプションのユーロホーンも検討しましたが、今度はトラックのような音になります。内装が黒一色というのもホコリや汚れが目立つとともに安っぽさを助長しているように感じます。

8 これから買われる方へ。
  高齢者を乗せるご家族もいらっしゃると思います。結論から言いますとフロアの高さの関係からN-BOXより乗りにくいようです。また小さな子供を乗せる場合、チャイルドシートが必要ですが必然的に2列目に乗せることになります。こうなると今回の私共のような夫婦2組+子供の旅行となるとステップワゴンでも手狭になることがあります。今回はキャンプ用テーブルを空きスペースに置いて荷物を2段に積めるようにして対処しました。

9 最後に
  検討中は細かいことに目が行かずアバタもえくぼ状態になりがちですので、レビューが参考になれば幸いです。高い買いものですので事前に現車をよく見てご検討ください。購入されたらオーディオの車種別設定を販売店でやってもらうことをお勧めします。音が結構変わります。私のはノーマルスピーカーですがこもったような音がかなり改善されました。

乗車人数
5人
使用目的
レジャー
頻度
月数回以下
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年2月
購入地域
大分県

新車価格
355万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
0円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった58人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

fdosugiさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
14件
デジタルカメラ
0件
11件
デジタル一眼カメラ
0件
10件
もっと見る
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地2
燃費3
価格2

【エクステリア】
特にこれと言ったデザインはありませんし、ちょっと他社の顔つきに似せてしまった感もありますので、個人的に気に入れば良いののではないでしょうか?
(嫁の反応は、ちょっと若者向きの顔付きだね〜とのこと)

【インテリア】
内装は、今どきの車同様にプラスチック一面のちょっ寂しいインテリアです。
天井が白っぽいので、小さな子供がいる家庭だと、ミルクやら、お茶やら飛び散った跡が残ります(実証済)
社外リヤモニターを付ける方も多いともいますが、全く色合いが合いませのでご注意ください(純正ははその点合っていますね)

特に私のようなT社からの乗り換えだと、普通にあった装備が無いのが慣れるまで気になります(よく指摘されている、助手席・リヤ席のウィンドウオート開閉機能・スライドドアーの一旦停止・オートライト・りやドアポチガー等々・・・)

この辺りは、再マイナーチェンジ時に追加して欲しいですね)

【エンジン性能】
これは、好き嫌いの好みがでますね!特にHONDAエンジンフィーリングを楽しんでいた方には、i-mmd制御はちょっと?な感じがするのではないでしょうか?
意図せず動き出すエンジン、アイドリングが殆どない停止、Sモードの唐突過ぎる加速(日常使用する機会はほぼ有りませんね)

けれども、通常使用するには、動力性能に全く不満はありませんが・・・

個人的には、1.8Lマイルドターボチャージャーのエンジンに乗ってみたいです!

【走行性能】
2000ccプラスモーターなので、必要十分だと思います。

よくカーブの走行時にふらつき感が少ないとメディアは書いてありますが、そもそも車高が1.9mもある車体が、オンザレール感覚で曲がれるはずもありません・・・安全運転第一です。

峠の下りの走行で、やはりエンジンブレーキがあまり聞かず、フットブレーキにオーバーヒート気配が見受けられます。
この辺は、ドライバーが気を付けなければならない所だと思いました。

【乗り心地】
やはり、固いですね!
路面のつぎはぎ、凹凸を乗り越えるときの収束性は良くありません。こちらはT社・N社に軍配があがりますね。


【燃費】
わたしの運転の仕方が悪いのですが、街乗り15km、高速道路を含む長距離で18.5kmと、カタログ値の15%落ち・・・と思ったほど良くはありませんでした。
(これでもかなり燃費走行に徹しております)

参考に、前車H21年式ライバルミニバンVですが、リッター11.4km(生涯燃費)長距離は17近く走ってくれました!!

ちなみに東京25キロ圏内在住です・・・

【価格】
これは高いの一言です

【総評】
総じて辛口評価となってしまいましたが、実際自分で現金を支払って、半年間毎日運転して来た率直な感想です。

今後のHONDA社の発展を期待して辛口コメントを書きました。

F1もそうですが、ライバルに少し遅れを取っているので、是非NO.1目指して頑張ってほしいですね♪

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
千葉県

新車価格
335万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった26

このレビューは参考になりましたか?参考になった

HaioHさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:51人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
12件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格3

プレマシーから乗り換えです。
その前はマツダ車か4WDターボ車が多いです(GT-R / インプSTi / Audi A4)

【エクステリア】
殆ど見かけないシルバーを選びました。
洗車したくないという理由の方が大きいですが。

マイナーチェンジでオラ付いた顔になってますが、
個人的にはマイナー前の方が
10年後にも違和感ないデザインと思います。
とはいえ今の顔も不満はなし。

リアの非対称デザインは賛否両論ですが、
私は「1枚の板みたいな」ミニバンが嫌いなので、この方が好きです。


【インテリア】
アイボリー内装が好きなのですが、黒しか選べません。
ヴォクシー・ノアのように天井まで黒い最低デザインよりはずいぶんマシですが。
(暗くて気が滅入る)

ドアトリムのプラスチック部分、とても安っぽい材質です。営業車並みです。
それ以外は基本的に質感は高め。
ヴォクシー・ノアよりずっと良いです。
輸入ミニバンと比べると…まぁ国産の中ではいい方ですヨ

センターコンソールは正直邪魔です。
エンジン車ならついてないです。
ここに電動パーキングがありますが意味不明。
シフトパネル付近につけておくべき。

2列目がキャプテンシートしか選べません。
息子がまだ幼児なので、ウォークスルーで後ろに逃げていく。
そしてリアゲート開けそうで怖い。
ステップワゴンはリアゲートから乗り降りできるのが魅力とは言え
そこにチャイルドロック装備してないのは困りますね。


【エンジン性能】
ECO+Dレンジだと、どんなに踏んでもアクセル開かない制御で
やりすぎな感じ。後ろの車に大変失礼なレベルです。

ECO切ってると正反対で、大変レスポンスに優れます。
ちょっと前のマツダの制御に似てます
しかも結構パワーあるので、
市街地ならば他のミニバンでの3Lクラスに感じるのは本当。

更にSレンジにすると、ちょっとしたスポーツカーみたいなレスポンス。

ちなみに、SKYACTIV前の「すごくよく走るマツダ」が
ECO切ったDレンジぐらいです。アテンザワゴンとか。
Sレンジはミニバンとしては間違ったアレンジ・・・
というぐらいレスポンス良いですが
子供を乗せる車としては、
これつけちゃダメじゃないですかね(笑)


【走行性能】
ハンドルの曖昧さがなく、ロール押さえられてるので
カーブも安心。高速道路も雨じゃなければ不安はない。
(雨は4WDじゃないとね)


【乗り心地】
ふわふわしないでカチッとした乗り心地。
全体的にマツダっぽい。というか、ドイツ車っぽい。
勿論本物のドイツ車レベルじゃないです。

ただしマツダのミニバンと比べると、
リアのおさまりは少し悪いです。
これは、リアがトーションビームなので仕方ない。
マツダはダブルウィッシュボーンなんてものを奢ってたので、
そりゃ廃盤になりますよね。


【燃費】
まだそんなに乗ってないので未評価


【価格】
高いですね。
エンジン車なら300万ぐらいで買えると思いますが、+50万は覚悟です。
(ほぼ)シリーズ式のハイブリッドなのに
2Lエンジンとか奢ってるので仕方ないです。
その分エンジンパワーがあって、
富士山五合目も不安なく登れるわけですし。


【総評】
良い車だと思います。
ホンダセンシングはちょっと使いにくい操作方法ですが、
これは誤動作をさせないために
わざわざしているのかと思われます。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
月数回以下
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年9月
購入地域
東京都

新車価格
355万円
本体値引き額
35万円
オプション値引き額
25万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった51

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格帯を見る

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド
ホンダ

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

新車価格帯:330〜360万円

中古車価格帯:259〜436万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドをお気に入り製品に追加する <342

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意