DR-44WL VER2-J レビュー・評価

DR-44WL VER2-J 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥19,636

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥19,636

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥19,636¥33,000 (13店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥26,730 〜 ¥26,730 (全国39店舗)最寄りのショップ一覧

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DR-44WL VER2-Jの価格比較
  • DR-44WL VER2-Jの店頭購入
  • DR-44WL VER2-Jのスペック・仕様
  • DR-44WL VER2-Jのレビュー
  • DR-44WL VER2-Jのクチコミ
  • DR-44WL VER2-Jの画像・動画
  • DR-44WL VER2-Jのピックアップリスト
  • DR-44WL VER2-Jのオークション

DR-44WL VER2-JTASCAM

最安価格(税込):¥19,636 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 6月上旬

  • DR-44WL VER2-Jの価格比較
  • DR-44WL VER2-Jの店頭購入
  • DR-44WL VER2-Jのスペック・仕様
  • DR-44WL VER2-Jのレビュー
  • DR-44WL VER2-Jのクチコミ
  • DR-44WL VER2-Jの画像・動画
  • DR-44WL VER2-Jのピックアップリスト
  • DR-44WL VER2-Jのオークション

DR-44WL VER2-J のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:2.58
(カテゴリ平均:4.23
レビュー投稿数:5人 (プロ:1人 試用:1人)
  1. 4 0%
  2. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 3.42 4.13 -位
操作性 ボタンの配置や、操作のしやすさ 2.21 3.94 -位
音質 音質の良さ 3.42 4.18 -位
マイク感度 マイク感度の良さ 4.00 4.22 -位
録音時間 録音時間は十分か 4.58 4.50 -位
機能性 機能が充実しているか 4.13 4.16 -位
バッテリー バッテリーの持ちの良さ 3.58 4.21 -位
拡張性 軽さ、コンパクトさ 2.85 4.08 -位
対応形式 対応フォーマットの多さ 3.85 4.02 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

DR-44WL VER2-Jのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん 金メダル

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:58人
  • ファン数:2人
満足度3
デザイン3
操作性2
音質3
マイク感度無評価
録音時間無評価
機能性無評価
バッテリー4
拡張性無評価
対応形式無評価

DR-40との比較ですが、内蔵マイク、外部マイク接続時とも、音色は非常によく似ています。

ただ、内蔵マイク使用時の本体のタッチノイズは、DR-40では「ボソボソ」とした音でそれほど目立ったなかったのに、本機は「ポコポーン」と余韻のある響き方をしてうるさいです。
音質にも少し悪影響がありそうですが、そこまでは確認できていません。
マイクがXY配置のみになったのもマイナス点です。

DR-40ではダイナミックマイクなどの低感度マイクを使用したとき、ゲインが不足し、かつノイズが目立ちました。
それに対してゲインは5dB増、S/N比は1.5dB改善という結果でした。
ノイズの改善がほとんどないので、ゲイン増もあまり役立たないようです。
せめて、DR-100MKII並に改善されていたらすばらしかったのですが。
(DR-100MKIIなら、DR-40比でゲインは8dB増、S/N比は11dB改善)

ライン入力に関してはDR-40とほとんど同じでした。
ゲイン0で+4dBラインレベルに対応。ゲイン24で、ほぼ-10dBラインレベルに対応できます。
ライン入力による音質変化もあまり感じられず、DR-40と同じくこの点は長所です。

ゲイン調整の際に、必ず調整するチャンネルをボタンで選択しなければならないのは煩わしいです。
それも、ステレオ録音としてLRを連動している場合でも、一つずつチャンネルボタンを押さなければならないのはどうかと思います。
各チャンネルを個別に調整したい場合はあまりないので、実用性に欠ける調整方法です。

また、DR-40では4チャンネル録音ファイルの再生は、12のみ34のみをボタンで選択できましたが、
本機ではいちいちミキサーで設定するしか方法がありません。この点ははっきり改悪と言えます。

WiFi対応とかMTR機能とか(付属品完備とか)に魅力を感じるのなら別ですが、レコーダーとしての基本的な性能・機能で言うと、DR-40に対するメリットがほとんどなく、むしろデメリットが目立ちます。

それ自体として大きな欠点のあるレコーダーではありませんが、DR-40の改良版としては魅力薄でした。

WiFi対応はほとんど試してないので無評価ですが、その他の点で使い勝手は、DR-40の方が上、電池持ちはDR-44WLの方が上、音はほぼ同等。

「DR-40に対するメリット」というテーマで書いていますので、評価は少しきつめになっています。

参考になった1人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Babi Yarさん

  • レビュー投稿数:41件
  • 累計支持数:175人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
14件
14件
ビデオカメラ
2件
9件
デジタル一眼カメラ
4件
4件
もっと見る
満足度3
デザイン3
操作性2
音質3
マイク感度4
録音時間4
機能性5
バッテリー4
拡張性4
対応形式5

DR-44WLをファームウェアアップデートして使用しています(VER2-J相当)

【デザイン】
可もなく不可もなく。
演者の近くに置くとシルバーが悪目立ちします。

【操作性】
この機種の欠点の一つ。操作が非常にわかりにくいことです。操作系が特殊でなれていないと瞬時の操作ができません。

【音質】
内臓マイクの音質は価格なり。低価格なマイク一体型PCMレコーダーにありがちな固くて軽くい、80年代の“デジタル”みたいな音。おまけ程度の音質だと思います。とはいっても音源にマイクを近づけて録れるなら、一般的な用途としては十分だと思います。

オーケストラや合唱団の練習で使用するなら必要十分だけど、本番の録音を内臓マイクでするのは微妙…という印象ですね。
XLR入力の場合は特段悪いという印象はありません。上を見ればきりがないですが、あまり機材にお金をかけられない音楽関係者やビデオグラファーが使う分には必要十分だと思います。

【マイク感度】
良好です。

【録音時間】
ロングライフだとは思いませんが特に不満は感じません。

【機能性】
良いところ
・+4dBuLINEレベルはありがたいです。
・デュアルレベルレコーディングとリミッターは便利です。攻めたレコーディングができます。
・テスト時にピークリダクション機能を使うことによって最適な録音レベルを得ることができます。

良くないところ
・Wi-Fi接続を試すためオーケストラの中に仕込んだこともありましたが接続が途中で切れてしまうことが多くあまり実用的ではありません。

【バッテリー】
単三電池×4は予備を準備しやすく非常に好感が持てます。

【拡張性】
軽さ、コンパクトさはありませんが、XLR×2と内臓マイクが使えるので必要十分です。

【対応形式】
24bit/96kHzが使用できるので十分です。

【総評】
内臓マイクの音質が良くない、Wi-Fi機能がとても使いにくい、各入力毎の調整を行いにくい、あんまりカッコよくない…など、不満を言ったらきりがないですが、数年間使用しています。単三電池4本というのがとても気に入っています。2本だと現場で好感する際どっちがどっちだかわからなくなる恐れがありますし、バッテリーライフは少しでも長いほうが良いので!
内臓マイクも使い方次第で十分に高音質な録音も可能です。機能も豊富なので。XLR端子を必須としつつ安価なレコーダーを探している方にはお勧めできる機種です。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

藤本健さん

  • レビュー投稿数:81件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
マイク感度5
録音時間5
機能性5
バッテリー5
拡張性5
対応形式5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

MTR機能・Wi-Fi機能搭載のリニアPCMレコーダー DR-44WL

XY型の高精度な内蔵ステレオマイクが搭載されている

DR-44WLのサイドパネルにあるWi-Fiボタン

   

ファンタム電源も搭載しているのでコンデンサマイクも駆動できるコンボジャック

   

DR-44WLはTASCAMが販売しているリニアPCMレコーダーだ。日本語対応しているため、初めてリニアPCMレコーダーを使う人でも扱いやすいだろう。そもそも、リニアPCMレコーダーとは、MP3などに圧縮せず、音質劣化のないWAVファイルのまま高品位にレコーディングできる機材を指すもので、ハンディータイプのものは、ステレオのマイクが搭載されており、この機材1つで高音質にレコーディングが可能だ。

多くのメーカーから発売されているリニアPCMレコーダーだが、このDR-44WLはユニークな機能をいろいろと装備している。内蔵のXYステレオマイクで24bit/96kHzのレコーディングができ、WAVファイルとしてSDカードに記録されるという基本機能はもちろんのこと、2つのコンボジャックを備えており、ライン接続やギターとの接続、ダイナミックマイク、さらにはコンデンサマイクとの接続も可能であり、内蔵マイクと合わせて、最大合計4chを同時に独立した音としてレコーディングすることができる。

またDR-44WL独特の機能としてWi-Fiを利用して、iPhoneやAndroidからリモートコントロールできるのもポイントだ。つまりDR-44WLをセッティングした後の録音ボタン操作を手元のスマートフォンからできるのでかなり便利だ。

機材側の設定は側面にあるWi-Fiボタンを押すことで、このリニアPCMレコーダー自体がWi-Fiの電波を発信するようになるので、ここにiPhoneやAndroidを接続するだけ。スマホとDR-44WLの接続なので、電波がまったく来ていない地下室であっても、電波が遮断されたホールの中でも利用できる。

一方スマホ側では、、iPhone用、Android用それぞれに「TASCAM DR CONTROL」というアプリが無償配布されているので、まずはこれをインストール。事前にDR-44WLとスマホをWi-Fi接続した上で、TASCAM DR CONTROLを起動すると、自動的にDR-44WLを認識するので、後はスマホ側で操作できるようなる。

スマホ上に表示される画面はDR-44WLの液晶画面とほぼ同じで、この画面のボタン操作で録音、再生ができるのはもちろんのこと、録音のフォーマットの変更や4chモードとMTRモードの変更、リバーブの設定変更といった操作も可能だ。またRECボタンを押すとレコーディング準備状態に入るのだが、現在マイクから入力されている音量レベルメーターもスマホ上で確認でき、ここで入力レベル調整もできる。

そして特筆すべきは、MTR機能がDR-44WLには備わっている点だろう。MTR機能とはマルチ・トラック・レコーダー機能であり、計4つのトラックを使って多重録音できるというもの。たとえば、一人でドラムを叩いてレコーディングした後に、それを聴きながらベースを録し、さらにその2つを重ねながらギター、ボーカルと録っていくといったことが可能だ。

またDR-44WLにはミキサー機能も搭載されているため、4トラックの自在のバランスで再生することができる。画面は小さいが、ボリュームはもちろん、PANの調整ができるほか、エフェクト=リバーブも搭載されており、そこへのセンド量、リターン量も調整できるなど、それなりに本格的な機能となっている。


私が運営しているDTMステーションではDR-44WLについて、もっと詳細に紹介しているので、ぜひそちらも参照していただきたい。

「MTR機能を持つリニアPCMレコーダー、DR-44WLとDAWの連携術」
https://www.dtmstation.com/archives/51919321.html

「独自の進化を加速するTASCAMリニアPCMレコーダー、DR-44WLが面白い」
https://www.dtmstation.com/archives/51958049.html

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

catkinさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ICレコーダー
1件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン3
操作性3
音質4
マイク感度3
録音時間5
機能性2
バッテリー3
拡張性1
対応形式1

一ヶ月前で購入しましたか、
3.5mmのイヤホン挿し口が外力で壊れ、修理しようと思ってたら
落ちた3.5mmピースがマザーボードを壊して、動作不可になりました。
ちょっと壊れやす過ぎじゃない?総合的にいいですか、これでまた新しいのを買わなぎゃならないので、多分二度とtascamさん購入する予定がないと思います。

主な用途
音楽
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

べるぱてぃおさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
1件
ICレコーダー
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン5
操作性2
音質4
マイク感度5
録音時間5
機能性5
バッテリー3
拡張性3
対応形式5

Wifi機能が購入の決め手でした。
しかし、満充電したエネループでもWifi オン 外部マイク(+48V) デュアルレック(48KHZ24ビット)の設定では40分程度でバッテリー切れになります。またボタンの固さ、ロータリーエンコーダーの反応などトータルとして惜しい機種です。機能的には目的にぴったりなだけにファームアップに期待したいところです。

主な用途
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

DR-44WL VER2-Jのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

DR-44WL VER2-J
TASCAM

DR-44WL VER2-J

最安価格(税込):¥19,636発売日:2017年 6月上旬 価格.comの安さの理由は?

DR-44WL VER2-Jをお気に入り製品に追加する <23

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ICレコーダー]

ICレコーダーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ICレコーダー)

ご注意