DA-310USB レビュー・評価

2016年12月中旬 発売

DA-310USB

  • 「DA-300USB」(2013年2月発売)の後継機となるUSB DAC/ヘッドホンアンプ。
  • デジタルアンプソリューション「DDFA」を採用したフルデジタル・プロセッシング・ヘッドホンアンプを搭載。
  • アナログ波形再現技術「Advanced AL32 Processing Plus」やPCノイズをシャットアウトする「デジタルアイソレーター」も採用している。
DA-310USB 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥38,500

(前週比:-487円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥38,500¥54,780 (25店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥68,000

店頭参考価格帯:¥40,095 〜 ¥40,095 (全国740店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(標準プラグ):1系統 ハイレゾ:○ DA-310USBのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DA-310USBの価格比較
  • DA-310USBの店頭購入
  • DA-310USBのスペック・仕様
  • DA-310USBのレビュー
  • DA-310USBのクチコミ
  • DA-310USBの画像・動画
  • DA-310USBのピックアップリスト
  • DA-310USBのオークション

DA-310USBDENON

最安価格(税込):¥38,500 (前週比:-487円↓) 発売日:2016年12月中旬

  • DA-310USBの価格比較
  • DA-310USBの店頭購入
  • DA-310USBのスペック・仕様
  • DA-310USBのレビュー
  • DA-310USBのクチコミ
  • DA-310USBの画像・動画
  • DA-310USBのピックアップリスト
  • DA-310USBのオークション

満足度:4.54
(カテゴリ平均:4.43
レビュー投稿数:25人 
  1. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.54 4.31 -位
音質 音質の良さ 4.50 4.45 -位
操作性 操作のしやすさ 4.06 4.24 -位
機能性 搭載機能が充実しているか 3.78 4.14 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

DA-310USBのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
3件
スピーカー
3件
1件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
音質4
操作性3
機能性4

【デザイン】ブラックシルバーでまとまっている
 黒のフェイスとシルバーで値段なりの品質はあります
【音質】ヘッドホン出力およびアナログ出力とも十分
 一般的なアンプ付属のヘッドホン出力よりも低ノイズで
 ゲイン調整も可能でヘッドホンの汎用性が高いと思われます
 アナログ出力は、この商品の売りであるDDFAは、使用されないが
 Advanced AL32 Processing Plusは、使われる為
 DENONライクな音質が提供されています。
【操作性】
 電源ボタン以外は、タッチパネル式となっているので
 最初は戸惑いました
 ヘッドホン出力とアナログ出力の切り替えは
 ヘッドホン端子への接続で切り替わり、 排他利用となります。
 ヘッドホンゲイン調整もヘッドホン装着時のみ調整可能。
 ヘッドホンボリュームの上げ下げは、結構回さないとなりません、
 良く言えば、細かなボリューム調整が可能となります。
【機能性】
 一般的な、ハイレゾ音源には対応していますので
 WindowsおよびMacで利用可能となります
 macで利用していますが、USBケーブルで接続し
 DA-310USB電源を入れいれば、OS側が勝手に出力を切り替えてくれる為
 便利です。
【総評】
 据え置き型で最初に購入するアンプとしては、良いと思います。
 こだわれば、もっと良い商品も多いと思いますが。
 ひとつ、気になる点は、個体差かもしれませんが
 ヘッドホンを接続した状態で電源を落として、
 ヘッドホンを外して、電源をいれると稀に
 ヘッドホン接続状態の「まま」となります
 この場合、再度外した状態で電源のOFF,ONすると直りますが気にはなります。
 【追記】
 後に、ヘッドホン接続状態の「まま」となり復活しなくなりました
 DENONサポートへ依頼して修理となりました
 端子交換等で\9,600程の修理費用でした
 交換後は、半年近く経ちますが正常動作しております。
 
 ただし、USBDACがメインでしたので
 PMA-1600NEを購入した為、ほとんど使用しなくなりました

参考になった4人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

16台目さん 銀メダル

  • レビュー投稿数:248件
  • 累計支持数:1140人
  • ファン数:16人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
164件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
44件
2件
ノートパソコン
7件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性2
機能性4

再レビューというか、後日談です。
結果的には、TEAC UD-503に買い換えました。
理由は、ラインアウトの品質に問題ありと思ったからです。個体差かもしれませんが、女性ボーカルの盛り上がるあたりで、結構歪っぽいのです。最初気のせいかと思っていたのですが、ラインアウトから2台のヘッドフォンアンプに繋いでどちらも同様の傾向でした。ヘッドフォン出力は問題なくウルトラハイクオリティです。悪しからず!

以下、以前の内容です。

以前、DA300USBを持っていて、ライン出力はなかなか良い音質であったため、その後継機種ということで期待していました。操作性以外はかなり進歩していて良いと思いました。いろいろ良くなった反面、主に使い勝手の面でまだまだ改善が必要な部分が多いと感じました。

【デザイン】
前作からは月とスッポン!プラスチック感丸出しでどこに出しても恥ずかしい前作から、比較的上質でシンプルな単品コンポとして存在できるようになりました。
満足はしているのですが、気になる点を幾つか。文字は見やすいけれどディスプレイの幅が短く、情報は少ない(普段はDENONの文字ばかりが目立つ)。ボタンなどが縦位置設置を重視したのか一直線に配置され、後述するように使い勝手が必ずしも良くないのが気になります。

【音質】
ライン出力は、前作同様、良いと思います。自分が直前まで使っていたPioneer U-05よりも音に力があり、音色も派手な感じで聴きやすいと思いました。ただ、曲によっては若干刺さる感じになり、ヘッドフォンとの相性ではちょっときつい印象を持つこともあるかもしれません。
一方、
ヘッドフォン出力は、前作DA300USBの低音がボワつき、力ないものから改善しました。音に力強さとキレが加わり、音の立ち上がりが早い印象を持ちますので多分一聴して違いがわかります。しかし、音色的には相変わらずドンシャリがきつめの上、中音域の厚みと滑らかさに欠けます。同じメーカーのDENON AH-D5200との組み合わせでは、(これはヘッドフォンとの相性もありますが)低音過多でボワつき、中音域はガサついてちょっと厳しい感じです。手持ちのヘッドフォンではオーディオテクニカ ATH-R70Xとの組み合わせが、インピーダンスが470Ωと高いせいか、アンプ側の暴れ(?)を抑えてくれるようで、低音多いですが無難でおとなしい感じになりました。ヘッフォン出力にフラットさと制動力はあまり期待し過ぎない方が良いだろうと個人的には思います。普段は、ライン出力からiFi micro iCan SEに繋いでヘッドフォンを聞いています。

【操作性】
まずは、タッチ式のスイッチには切り替えに時々失敗しイライラさせられます。機械的に確実に切り替えられるようにして欲しいです。
また、ボリュームの位置はここでいいんでしょうか?あくまで本機を横置きにして右手で操作するという場合、ヘッドフォンを端子に挿して使うとボリュームと近いので、邪魔になります。少々頭にきます。加えて、このボリュームは固めで、多く回さないと音量が変化しません。0.5db刻みで細かく調整できるという点では必ずしもマイナスとは言えませんが、決して快適とは言えません。違うヘッドフォンを挿した場合に、音量を変更するために、ヘッドフォン端子がボリューム右の邪魔な位置にあって、しかも固いボリュームをたくさん回すのは面倒です。もう少し考えて欲しかったです。
加えて言うと、ヘッドフォンとライン出力の排他的切り替えは必要だったんでしょうか?同時出力できたら何か都合が悪かったんでしょうか。ヘッドフォンを挿すとラインが切れるのはヘッドフォン端子の抜き差しを頻繁にする場合に磨耗が心配になります。切り替えのリレースイッチは長期的には故障の原因にもなるでしょう。省電力機能のつもりでしょうか?音質的にそんなに有利なのでしょうか?少なくとも排他的使用にするかどうか選択できないのは困りものです。

【機能性】
入力が、USB、光デジタル、コアキシャルとデジタルが一揃いあるのは良いです。しかし、欲を言えば、、、、、前にパイオニアU-05を使っていたこともあるので要望は幾つかあります。
光デジタル入力は2つも要らないと思います。タッチパネルではダイレクトに入力切り替えできず、順送りする必要がありますが、手間が増えるだけです。光デジタル入力を使用する機器というのはテレビくらいしかないはずです。2つ付けるくらいなら、1つはスルーアウト(出力)にして欲しかったです。出力がアナログ1つというのは大変残念です。せっかく音が良いのだから、XLRバランスのライン出力があればと思います。そうすると事実上アナログが2系統になり使い勝手が格段に向上します。
最後に、Advanced AL32 Processing Plusの効果は正直言ってよくわかりません。全体的に音は聞きやすいもので、満足しているので決してマイナス点ではないのですが、もしこれがウリの1つであるならば、できるだけ入切のボタンを用意すべきです。そうでないとせっかくの高音質化機能が、比較ができないことにより、ただの幻想になります。(そういう技術は、オーディオの世界には非常に多いですが。)

【総評】
総じて音は良いと思いますので、高く評価します。
一方、DA300USBのシンプル路線を引き継ぎ、デザイン面、音質面などは確実にステップアップはしていますが、正直言って操作コンセプトも引きずっており、使いこなしのための配慮が足りないと思いました。またドンシャリ過ぎるヘッドフォン出力も善かれ悪しかれです。
もちろん、ライン出力で一度繋いだら電源ボタン以外は操作はしません、という使い方(自分も大抵そう)なら問題はありません。
操作性など多くの改善は望みますが、音質面で満足できる出来なので、コンパクトで音の良いDACをお探しの方はオススメと思います。

参考になった6人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

lcac 6さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
1件
0件
マザーボード
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質4
操作性5
機能性5

DSDが使える点や、操作が簡単な点が素晴らしい。コンパクトで発熱も少ないため邪魔にもならない。極めつけにコストが安い。
DENONさんらしいシンプルなデザインもお気に入りです。同じメーカーの元フラッグシップモデルのヘッドホンとセットで使ってますが、相性も抜群で快適な時間を提供してくれます。

そうはいってもより高価なDACには性能で劣る所はあるので、予算に限りのある人にのみおすすめします。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ID_HALさん

  • レビュー投稿数:103件
  • 累計支持数:188人
  • ファン数:9人

よく投稿するカテゴリ

CPUクーラー
8件
0件
証券会社
6件
0件
CPU
5件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性4

PT3を2枚挿しで完全ファンレスのテレビ録画視聴マシンを運用して7年ほどたつのですが、どのように音声を出力しているか書いてなかったのでまとめておきたいと思います。
マシンの構成アンプモニタスピーカーなどは以前の記事をご覧ください。
http://halsrv.com/wordpress/2012/08/pt3%e7%94%a8%e3%81%ae%e5%ae%8c%e5%85%a8%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%92%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/

以前はUSB接続でSound BlasterからAVアンプに出力していましたが昨年とうとう壊れてしまったので、デノンのUSBDAC DA-310USB-SPを購入Windows10にアップグレードしてPCM出力32bit192khzで出力できるようにしました。いままではWindows7では24bitまでで壊れたSound Blasterは96khz24bitまでしか対応していませんでした。従来通りUSBDAC経由でAVアンプにアナログ入力Dolby Pro LogicUXの音場補正サラウンドでテレビ放送を楽しんでいます。当方の設備では映画放送などのAACよりもPCM音場補正の方が音質が良く聞こえます。たぶんAVアンプを20〜30万のおごったやつにすれば違うんでしょうけど価格的にはUSBDACを5倍するのに変えたのでそれに見合う目に見える音質の向上5倍以上はよくなりましたね。
特にいわゆるアップサンプリングAdvanced AL32 Processing Plusなのですが、いままで聴こえなかったテレビ放送ってこんなにいい音が流れてるんだー!という音に感動しました。別の部屋にある普通の4kテレビをAVアンプにつないだだけではこんなよい音はしないんですよね。ヘッドフォンアンプとしても使えますがテレビ放送メインなのでヘッドフォンの方はおまけという感じでもったいないけど使い勝手が良いのでもう一台あっても二階のホームシアターでも不自由しないななんて思うくらいです。

写真やマシン環境スピーカーアンプ構成などはブログでご覧ください。http://halsrv.com/wordpress/2019/10/pt3tv%e9%8c%b2%e7%94%bb%e8%a6%96%e8%81%b4%e7%92%b0%e5%a2%83%e3%81%a7%e3%81%ae%e9%ab%98%e9%9f%b3%e8%b3%aa%e5%87%ba%e5%8a%9b%e6%a7%8b%e6%88%90%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/



参考になった1人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hiro.coolverse.jpさん

  • レビュー投稿数:53件
  • 累計支持数:266人
  • ファン数:11人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
2件
59件
薄型テレビ・液晶テレビ
2件
49件
ヘッドホンアンプ・DAC
4件
40件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5
 

PINK HQ

始めたら沼でした、3年掛かって完成かな?

 

趣味でサウンドプレイヤーの研究開発をしています。最初はPCサウンド向けでしたが、音質面で世界最高クラスを実現できる様になってからは、ハイエンド向けにもなりました。それでもフルデジタルへ対応させるのは、とても大変でした。DENON社の言うとおりの原音再生にはならなかったのです。いまは完全に原音再生の理想を実現した感じです。完成と言える。

DA-310USBに向いているUSBケーブルは、FURUTECH GT2PRO USB B です。ジッター影響の少ない製品がベストです。
https://kakaku.com/item/K0000640103/

私が愛用しているスピーカーは EVE Audio SC204 です。原音再生へ完全対応しています。能率が100dBに近いので、騒音になりやすい。1戸建ての家向けです。立井電線 SOFTEC MIC CORD RCAケーブル(Audio Yamato)のオーダーメイドケーブルを使用しています。

DA-310USBの最高性能を出すために、サウンドプレイヤー側で工夫したテクニックとしては、電子ビット基準をメモリチップに完全に合致させること、その基準を合わせるためにCPU内部で処理するデジタルアイソレーター処理、メモリバッファの高品質な初期化、メモリバッファの書き込み後のクールタイム、転送方法の究極処理、沼ですよ!嫌になるほど大変!

音質はオーディオの理想といえます。DA-310USBの最高性能は、ハイエンドクラスって思いました。初心者から上級者まで誰にでも推薦できる製品です。工夫次第で本当に高級オーディオの世界へ旅立つことができる。

DA-310USBの問題点として、3つ。

長く使うとヘッドホンのありなしをチェックするセンサーが反応しなくなるケース。抜き差しすれば直りますが、何とかならないか?

フルデジタルの問題ですが左右のバランスが均等にならない。サウンドプレイヤー側で無理矢理対応して、左右均等を実現しています。普通のPCオーディオでは、左が強く、右が弱い、こうした現象が起きます。

HIGHとLOWはノイズが起きやすい。MIDしか使えない印象です。イヤホンで使うなら普通のポタアンを推奨です。

DA-310USBだから良いとサウンドプレイヤーの研究開発して思ったこと

RCA出力がPCM1795独占になっているので、32ビットDACの性能が面白いぐらい真剣に楽しめる。ASIOのドライバー設定は32ビットが良いです。あと、ヘッドホン出力ですが−

最初の頃、MID -24dB ぐらいでちょうどいい
現在、MID -40dB から -60dB ぐらいでちょうどいい

私が作ったサウンドプレイヤーでは難聴になりにくいと思います。知らない人にとっては -45dB って小さすぎる音量ですが、フルデジタルへ完全対応すると、ちょうど良い音量になります。

参考になった45人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

tam-tam17701827さん

  • レビュー投稿数:144件
  • 累計支持数:517人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
105件
755件
ヘッドホンアンプ・DAC
7件
19件
スマートフォン
4件
14件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

【デザイン】
非常にコンパクト。
縦型でも使用できるのでスペースの取れない方にはかなり重宝するでしょう。

【音質】
シャープ、タイト、解像度高し。

【操作性】
デジタルボリュームですが、これには好き嫌い分かれるところですが慣れれば、非常に使い易い。いいですね。

【機能性】
機能的に必要最低限に絞られてますが、はじめての据え置き型には一推しです。

【総評】
この価格帯ですと、マランツ、HD-DAC1との一騎打ちになるかと思いますが、こちらは比較的答えが容易にでます。
クラシック系の音楽を主に主体で聴かれる方にはHD-DAC1でほぼ間違いないです。(暖色系の暖かみのあるふくよかな音)
ROCK、Popなどの現代的な音楽が主体であれば本機DA-USB310ですね。(フルデジタルなので、どちらかいうとソリッド系)
価格、及び本体の高級感はHD-DAC1のが上ですが、音質自体に上下関係は感じとれません。
適材適所といったところでしょうね。
ジャンル別には上記の通りです。また置き場所にそれほどスペースが取れない方にも非常にお勧めです。(縦置きできるのでスペースを必要としません)
音質には好みがあるでしょうから可能な方は視聴をお勧めします。
視聴が難しい方、本機はクラシック音楽が苦手という訳では無いです。平均点以上の音質を鳴らします。
ただクラシック音楽主体の方にはHD-DAC1のがより良い感じ、程度のものなので。
ポータブルアンプからのステップアップとして、非常にお勧め出来るアンプです。
持ち出す事を想定しない使用でしたら断然据え置き型をお勧めします!解像度、音場、臨場感、ポタアンの比では無いです!
非常にコンパクトですがパワー不足になる事は無いでしょう。一押しのアンプですよ。

付属USBケーブルをクリプトンのものと変更して使用しております。
VGPでの評価の高いものです。
https://kakaku.com/item/K0000929463/
この価格帯でも様々な高品質のUSBケーブルが各社から出ていますが、視聴が難しいため、各社のケーブルの音質比較はWebサイトに頼るしかありません。
USBケーブルによる音質の変化は様々な所で議論されていますが、変わるのか、変わらないのか?と疑心暗鬼で付属ケーブルを使用してるよりも変えてしまった方が精神衛生上良いと思いますよ。
個人的にはUSBケーブルの変更で非常に満足しております。

参考になった17人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

第810潜水隊さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
音質4
操作性4
機能性3

環境:PC - (USB) - DA310USB - ATHADX5000
MPC-BEのASIO排他(場合によっては共有)で試聴、ケーブルその他はすべて初期付属品
使用期間:三ヶ月ほど

【デザイン】★★★
部屋の機材は黒で統一しているので、外装のシルバー色が浮きます。でもすぐに慣れました。
【音質】★★★★
今まで切り捨てられていた部分を、拾って繊細に表現してる感じがあります。ネットラジオの「らじるらじる」で例えると、ごく僅かですがアナウンサーの声が狭い室内で反響しているのがわかったり、首を僅かに傾けた場合の聞こえ方の違いなど、そういった細かい部分がわかります。CD音源やゲーム・映画では情報量が増えて明確に差が感じられます。これらが感動に繋がったりとかはないですが、今までの環境に戻す気にはなれない程度には良いものだと思っています。
【操作性】★★★★
普段触らない場所ですが、音量を調整するのに苦労しましたw 接続先とゲインの変更する際のタッチパネルはいいですね。出来れば本体の主電源もタッチパネル化してほしかったかな。
【機能性】★★★
熱が発生しにくい。変な駆動音も鳴ってませんので、設計した人とチップの開発・選定などやった人が優秀だったのでしょうか。他にも有機ELのパネルの文字が見やすいです。縦横対応もGOOD。ここまでは良い所。悪い所もあります。それはオートスタンバイが30分しか設定できない。これ、飯やら風呂で少し部屋から離れるたびに電源入れなおせって事ですよ。もちろんオートスタンバイはON/OFF出来ますが、実質この機能は不要・無駄ということです。48時間の設定があると嬉しかったかな…。
【総評】★★★★
試しに買ってみたんですが、悪くはなかったと思います。ホラーゲームやADV系の雰囲気や声を重視して楽しまれる方ならお勧めできます。ただし、低音寄りのHD598CSで試した所、低音が強調される不快な鳴り方をしたのでご注意ください。こういった事前の下調べを必要とする時点で改良の余地はある。中高音を重視する方向けの商品だと思います。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

イ・ジュンさん

  • レビュー投稿数:58件
  • 累計支持数:151人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
4件
1976件
PCモニター・液晶ディスプレイ
3件
191件
CPU
1件
85件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性3
機能性3

「DDFAテクノロジー採用フルデジタル・プロセッシング・ヘッドホンアンプ」

2018 VGP金賞 ヘッドホンアンプ(据え置きタイプ・7.5万円未満)
でもあり、MDR-Z7に合うアンプではないかと考え購入。
ヘッドホンの能力を引き出してくれるアンプですね。


比較アンプは、オーテクAT-HA65と60、Sony PHA-1、Fostex HP-A4、Teac UD-H01です。
全てPC接続ですが、AT-HA65と60は光接続で他はUSBです。

〇 デザイン 評価 5
無難な配色と今風なデザインで評価4以上は確保されているなと。
タッチパネル採用で縦置きも考慮されたデザインでEL画面も連動する。
ヘッドホンアンプとしてはしゃれてるし考えられている部分のようなので満点評価。


〇 音質 評価 4.5〜5
透明でエネルギッシュゆえ、音の立体感、音場の立体感や広さ、解像度感は非常に優秀に感じます。
このあたりは他のICオペアンプ群を圧倒している感覚ありますね。
厚みもありますがどちらかというとハリのある重い音質感かなと。

MDR-7Zとの相性は良いと思います。(MDR-1AはPHA-1やUD-H01も良いのと元々ハリがあるのでメリット薄い。)
ボーカルまで雄大に広がるように鳴っているのは曲を聴く限りではよかったのですが、動画のセリフでは拡散的に感じていたのがこのDA-310ではボーカルが一番エネルギッシュさの恩恵があるようでセリフの違和感が減少します。
音の定位感のまとまりが他よりよいのも、曖昧に聴こえがちなMDR-Z7にはかなりプラスに働いて重さが加わって落ち着き感が出てきました。

あとそれ以上に相性が良かったのが、T60RPです。
このヘッドホンは中音が弱くボーカル曲は他の特にオーテク勢と比べて弱い印象でしたが、それがなくなり全域音にハリと厚みがましてRP 振動板を鳴らし切る感が伝わります。
この時点で十分満足したので音質評価5にしました。
T60RPでも中音域が強めになる印象ですね。

まだオーテクA2000XやZ、W5000などやゼンハイザーHD650などでは試してないので満点は付けず4.5〜5にしました。
勘ですがA2000XとW5000との相性は良さそうな感じはしますが。


〇操作性 評価 3
ヘッドホン同時に5本挿して置けるAT-HA65と60がやはり使い勝手いいので3止まりです。
ボリュームは細かい調整が可能なのはいいですが、十何回転もする必要があります。
しかし一度行えば細かい確実に行える調整の方が良かったりほとんどPC上で大雑把にも行うので採点に影響なしです。
リモコンなしもPCで行うので必要ないので影響ありません。
縦置きできるのは便利かもしれませんね。


〇機能性 評価 3
いろいろな最新フォーマットにも対応しているのでその点ではいいのかもしれませんが、まだ使用していないので、、、
Gain 3段階は面白いのでその点は良し。(正面のタッチパネル操作で簡単に切り替えられるのもよい。)


満足度 総評 評価 5

2018 VGP金賞のヘッドホンアンプなだけあって、しっかりヘッドホンの良さをまとまり良く出し切ると即感じました。
※アナログ特有のクセのような味付けはほぼ無いのだと思いますが、ヘッドホンのクセは残るのでそんな印象はありません。
この段階で評価満点です。透明度や重さが加わる方向の音質は普通に良いと思いますし。

良いアンプだと思いますのでお勧めします。これで5本以上同時挿しができたらAT-HA65よりメインになりえたなと。
AT-HA65はDA-310に対して低音の厚みのみ上回っている印象もあり(他の多くは負けますが)、何より5本は便利すぎていけませんね。
ただT60RPとMDR-Z7はこのアンプ固定になりそうですし、他の未聴のヘッドホンもこのアンプ固定がありそうかなと。
5本挿せないアンプなので多くては困るのでこのあたりでストップです。
PC接続なので切り替え簡単、多ければDA-310を複数用意するのも、、、

※2019-02-18
相性が悪いのは「高音の性能が高くないヘッドホン」ですね。その場合鳴らし切れずに歪や音が浮つく傾向がありました。
あとインピーダンスや効率の関係で鳴らしにくいのは基本相性良いようです。
音質評価は、ヘッドホンによって幅があると思われますがソースが良くないのも多いのでそのせいもあるでしょうね。
ソースの「録音時の質もストレートに影響」してしまうアンプだと思います。

相性良いと思う順。
T60RP
A2000Z (流石の性能、落ち着きある音に変化したのが意外。低音も良し。W5000より性能は高いと感じさせる。)
A2000X (高音いいですね。ただ音の落ちつき感はA2000Zほどではないです。)
AD10 (意外とぼわつかずしっかりしていて良好でした。)
A1000Z (高音は若干こもり感に助けられている印象があるが、低音の質感が良くなり良好に感じる。)
MDR-Z7

まあまあ
AD2000X (良いが重く沈みすぎたような若干こもり感もあった。)
HD650 (奥行きや広さは良い。A2000ZとXの後に試聴したので音の甘さ軽さ遠さが気になりHD650ならではの強みを感じなかったので相性良好ほどではない。)

普通
W5000 (低音がAT-HA65と比べると量も質も軽いのと、元々高音の立体感は良かったので。A2000ZやXより明らかに音質が軽く高音質感欠けるようになってしまったので悪い方向。6種の中では明らかにAT-HA65 16Vが最も良いと感じる。)

悪い
MDR-1A (高音が再生しきれていないのにパワーあるので聴きずらくなってしまった。ソースにもよりますが。)

参考になった6人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

窓際のオヤジさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:45人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
15件
イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン5
音質3
操作性4
機能性4

最近ヘッドフォンをATH-MSR7SEに変えたところフルデジタルのアンプ構成の粗が目立つようになりました。

【デザイン】
DA‐310USBを縦置きにすると、」ハイレゾ再生専用PCとして組み立てたスリム型と横幅が同じなうえ、発熱もなく電源ボタンと音量用のツマミだけというシンプルさもありPC周りがすっきりし、PCとの統一感があってとても気に入っています。
できれば、フロントのロゴ表示部分に、もっと情報を表示してくれれば…なんて贅沢ですかね?

【音質】
ボリュームからヘッドフォンアンプまでフルデジタルと言う構成が災いして、いいヘッドフォンになったとたん、低音部が痩せ、高音部が耳に刺さる感じの音に変化しました。以前のヘッドフォンは低音重視設計だったのでこのDACとの相性は釣り合っていたんでしょうが、多分に高価なヘッドフォンになればその粗が如実に表れるようです。試しにヘッドフォンの出力部分にRCによる受動ローパスフイルタを高音部が穏やかになって多少は聞きやすくなりましたが…美しくない

【操作性】
ボリュームがデジタル制御という事で、音量を絞れば実質量子ビット数が減ってしまうのでせっかくのハイレゾが何となくもやもやした感じの音になってしまうのが残念です。

【機能性】
省略

【総評】
ヘッドフォンアンプ部をフルデジタル+DDFAの回路構成と気合の入った設計がどうも空回りしたような感じです。最初はヘッドフォンとの相性が良かったから感じませんでしたが、今の手持ちの機器ではヘッドフォンアンプとして使うには聞き疲れしてしまうのがとても残念です。一応DACとしてはいいようなのでRCA入力のヘッドフォンアンプを追加購入しようかと思案中です。

参考になった16人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Bigshooterさん

  • レビュー投稿数:158件
  • 累計支持数:504人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
27件
43件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
41件
その他オーディオ機器
4件
16件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質4
操作性4
機能性3

【デザイン】
マットシルバーアルミのサイドパネルとジエットブラックのフロントフェイスでスタイリッシュなデザインで多様なデスクトップPCに違和感なくマッチする。
インジケーターのLEDも明るすぎず暗すぎず絶妙な明るさに上手く調整されている。

【音質】
デスクトップPC→DA-310USB-SP→audioquest USB Cinnamon2
→Philips Fedilio X2/AKG K550MKIII で使っているが、解像度・切れ・音圧・音域の各項目でのバランスがハイレベル。
音が厚いのに解像感が高く音がダマにならない絶妙なチューニングが素晴らしい!
音はどっしり安定したピラミッドバランスの落ち着いたDENONサウンドで聴きやすくいつまでも音に浸っていたい気分になる。
いくつかUSBケーブルも試してみたがaudioquest USB Cinnamon2と非常に相性がよく広大なサウンドステージと明確な音像定位を堪能できる。
特にAKGとの組合せでは質の高い躍動感のある低音とAKGらしい透明感の高い高音再現となる。

【操作性】
シンプルなタッチパネルとギャングエラーのない適度なトルクのデジタルボリュームがとても使い易い。

【機能性】
ヘッドフォン端子とRCAの同時出力や切り替えができないのが難点。

【満足度】
foober2000のDSD出力=AL32 PLUSなしやTune Browserのbit perfect2(アップサンプリングなし)=AL32 PLUSありなどソフトとや再生設定の組合せを変えることで微妙な音質の違いがリニアに再現されるので、ソースやハードの特性を生かした楽しみ方ができる。

参考になった6人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ミスターペッパーさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ネットワークオーディオプレーヤー
0件
85件
イヤホン・ヘッドホン
3件
21件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
4件
もっと見る
満足度1
デザイン4
音質1
操作性5
機能性4

【再レビュー】
他の手持ちのものと聞き比べてみたので再レビューします。
追加で聞き比べた対象は、TEAC UD-H01、HA-P50、SONY NW-ZX1(直差し)です。

結論としては、高音が刺さるのはやはりDA-310USBが悪い、です。

追加の比較対象はどれもDA-310USBよりもグレードが低く、比べものにならないだろうと思い込んでいました。
しかし、実際聞いてみるとどちらかといえばJADE casaのような音が出たのです。
もちろん、ボーカルの声がざらついたり、音像が多少大きかったりとJADE casaよりは劣るところがありましたが、私の評価基準からすればDA-310USBよりもずっとましでした。

ということで、私の評価点数は1点に落とさせていただきます。

何度も申し上げますが、あくまで私の好みに対してどうかという問題ですので、そこは誤解なきようお願いします。

------------------------------------------------------------

【前置き】
音質以外も点数をつけてはいますが、私がこだわっているのは音質のみなので、コメントでは音質についてのみ言及します。

これの他に私が持っているまともなヘッドフォンアンプはORBのJADE casaのみなのでそれとの比較です。
また、DA-310USBはフルデジタルアンプ、つまりDACとアンプの機能を併せ持っているので、比較対象はJADE casa DSD + JADE casaとなります。

使用ヘッドフォンはFOSTEXのT50RPmk3nおよびT60RPです。
この2つに大きな差はありませんが、私が比較した感想はT60RPのレビューに投稿していますので、そちらをご覧ください。


【感想】
私がDA-310USBに興味を持ったのは、スピーカー用のアンプとしてPMA-50を気に入っていたからです。
そもそもPMA-50に興味を持ったのはフルデジタルアンプだったからですが。

なので結構期待していたのですが、結果としては私の好みの音からは大きく外れていました。

私の好みの音は一言で言えば原音再生です。
具体的には、優先順位が高い方からいうと、
 @人の声が自然に聞こえる(サ・タ行の音が刺さらない)
 A低音が低いところまで鳴る(低音の量は求めていません)
 Bそれぞれの音源の音像が小さい
 C音場が広く聞こえる
です。
このアンプはJADE casaと比較して、一番優先度の高い@がダメだったのでがっかりしました。

ヘッドフォンが悪いのかとも思い、大量にヘッドフォンが置いてあるお店で色々試聴し直してみましたが、やはりヘッドフォンのみを比べるとT50RP/T60RPが一番私の好みには合っていました。
人気のあるゼンハイザーHD650やHD800、オーディオテクニカ、ヤマハその他諸々聞いてみても、やはり感想は変わりませんでした。

逆に、JADE casaはどういう評価を受けているかというと、よく言えば暖かみがある、悪くいえば繊細でないという意見が多いようです。
しかし、サ・タ行が刺さりやすい音源であってもほとんど刺さることはありません。
こちらはA級アンプなので、最近のアンプよりは真空管アンプに近い音なのだと思います。

ではどちらが原音再生に近いかというと私はJADE casaの方だと思います。
理由は、スピーカー、イヤフォンともに私の理想の音が聞けており、JADE casaの方がそれらに近いからです。
特にイヤフォンはER-4Sを使用していますが、こちらはアンプを変えても全く刺さりません。
DA-310USBでも刺さりませんでした(ボーカルや高音にざらついた感じはありましたが)。

そうなるともう、ヘッドフォンという構造そのものが私の好みには合わないのかもしれません。
しかし、JADE casa + T50RP/T60RPという組み合わせでは、私の好みの音が聞けるのです。


【結論】
今までヘッドフォンとアンプの組み合わせの相性というものが存在するのは知りつつも、実体験したことはありませんでした。
今回はその貴重な実体験が得るための勉強代だったと思い、あきらめることにします・・・


【余談】
ちなみに、点数は2点と低い点数をつけましたが、普通のアンプ(たぶんB級やAB級)と試聴レベルで比較した限りではそこまで遜色があるわけではありません。
多少高音がきつすぎるかなという印象はありますが、全く使えないといっているわけではないことだけ、誤解なきよう最後に記しておきます。

参考になった9人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kurokkuroさん

  • レビュー投稿数:50件
  • 累計支持数:231人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
3件
2件
イヤホン・ヘッドホン
5件
0件
セキュリティソフト
4件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン4
音質3
操作性2
機能性4

そもそもこれを買ったのは、二つ知りたいことがあったからです。
今まで、ROTELのRDD-06を使っていたのですが、これはDACですがヘッドホン出力は持っていません。普通のプリアンプにRCA出力して、パワーアンプのサービスヘッドホン端子で聞いていました。

なので、「ヘッドホンアンプ」のヘッドホン出力はどの程度のものか、本当に巷でよく言われているように、普通のアンプのサービス端子を上回るものなのか知りたいのが一つです。

もう一つが、DSDの音です。ROTELのものは設計が古いので、DSDには対応していません。PCM出力の音には満足していたのですが、これだけ世間で騒がれていると、知りたくなるものです。


とりあえず買ったまま普通に鳴らすと、雑味の多い音に気付きます。
筺体に多用されているプラスチックのせいだと思われます。デザインのために音質を犠牲にするのは、一定水準以上のオーディオ製品ではありえないことですが、昔から安物のシスコンやセットコンポでプラスチックを使うのは普通のことです。

要は、メーカーの姿勢としては、この製品の立ち位置はそこだと言う事だと思います。多くを期待するべき製品ではない、それは間違いだと言う事です。


とはいえ、アナログ時代のように単純に物量だけで音の質が決まる訳ではないのがデジタル機器。雑味が多いとはいえ、初めて聞いた時からこれはセッティングその他でいけるかも、と感じさせる素材感がありました。ある程度オーディオ経験のある人なら多分同じ感覚を抱くと思います。絶対的情報量と立体感はガサガサして伸び切らない音の中からでも聞き取れます。

私が使っているヘッドホンはAKG712proです。なので空間情報が一番の評価ポイントです。


結論的に言えば、筺体と、AC電源ユニットがガンです。内部基盤はそのままでも、そこを上質なものにしたモデルが出れば、比べ物にならない高評価高CP製品になるのにと少し残念です。

で、そこをチョコチョコっと工夫をして今鳴らしてます。そのうえでの評価です。


正直なところ、空間が中央に寄りすぎて狭いのが、決定的にAKG向きではないと思います。DENONのヘッドホンも以前聞いたことがありますし、イヤホンは今も使っています。確かに空間情報に関する考え方が180度違うメーカーなので、このヘッドホンアンプにAKGを使う事自体、間違いな気はします。奥行き方向に立体的なのはとても魅力的なのですが、空間が広がるように仕上げる工夫がセッティングで必要だと思います。

実際、オーディオテクニカが製造したKENWOODブランドの密閉型では、生き生きと場の空気感を再現して見せました。一音一音が彫りが深く立体的で、かつとてもニュアンス豊かな濃い口の表現は、DENONの音そのものです。若干低音方向に白熱電球で照らしたような温かみも加わります。ただ、それはAKG的空間理解とは違う世界です。

実際私が、雑味感を際立って感じるのも、AKGを使ってるせいかもしれません。


さて、本題のヘッドホン出力ですが、質的にはかなり低いです。ゲイン調整の工夫以前に安物然とした音がします。ここはデジタルではなく単純にアナログ部、物量が物を言うのに、さすがにこの値段では無理なようでした。多分5万を超える程度のプリメインがあるのなら、そちらのサービス端子方が音質が上です。繋ぐRCAケーブルの質が大事ですが、ヘッドホンのインピーダンスが特殊なものでない限り、持っているアンプにつないでしまう方が幸せになれます。「ヘッドホンアンプの方がいい」のはポータブルレベルでの話だと思います。もちろん情報量の多さはヘッドホンアンプの端子の出力の方が上のこともありますが、場所を取られることを気にしないのであれば、質のいいアンプに一度繋いでみて下さい。いいアンプを持っているのに安物のヘッドホンアンプを買う必要はありません。メーカーは分かってて、単体DACを出さないのだと思います。


DSDですが、JPLAYで取り込んだCDを聞くのに比べ、DSD化したCDは、滑らかさと自然さで若干JPLAYを上回るかなという程度でした。Foobar2000の同時変換再生など問題外です。100%のDSDソフトは雑誌のおまけ程度しか持ってないので何とも言えませんが。ただ、再生ソフトはCDから取り込んだものがJPLAYで、DSDがTuneBrowserと違うので、完全な判断はしかねます。ただ両方TuneBrowserで比べれば、確かにDSDが少し上です。ただ、ソースのサイズは9倍です。すべてDSD化して保存するのは現状無理です。とはいえ今は、TEACが無料でDSD化ソフトを公開してくれたので、とても便利ではあります。
で結局は、このDSDを聞いての一番の感想は、「JPLAYってすげぇな」だったりします。容量1/9で、ほぼ同等の音質です。本末転倒した感じはしますが、知れてよかったです。




でもこうして聞いてきてみると、むしろこの値段だからこその惜しい感が湧いてきてしまいます。この値段だからこそ、手にしてもらえる要素と、もう少しコストをかけていたらきっと・・・という感じが、微妙にまじりあうのです。

確かに私が買ったのも手ごろだったからですし、だめだったとしてもがっかり感も少ないだろうと。

逆にDENONがこれ以上の製品を出そうとしないのは、この種の製品の需要がないのだろうなとも思いますが、まあ、オーディオ専業海外メーカーの高級機を次は買えって事なのでしょうね。

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

HIROSHI.Xさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
0件
1件
ヘッドセット
0件
1件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性5

KORGのUSB-DACからの乗り換えです。
同様の性能でプリメインアンプ機能付きのPMA-60がありますが、大人気らしく在庫がありませんでしたのでこちらににしました。

話題のDDFAの性能を知りたくて、衝動買いしてしまいましたが結果は大満足です。
手持ちのヘッドフォンを底から鳴らしてくれるというか・・・大変クリアな音を引き出してくれるUSB-DACだと思います。
開放型、密閉型どちらでも大変明瞭な音がでます。
個人的な趣味ですが、映画、ゲーム、ロック、邦楽には特に合うと思います。

性能はPMA-60の方のレビューが詳しいのでそちらをご覧いただければと思います。
スピーカーへの出力端子がないだけで基本性能は同じです。

当機はアンバランス出力のみですが、この価格帯のUSB-DACでは相当に良い性能を持っていると感じます。
単純にオススメします。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

matsutaiさん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:278人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
1件
スマートフォン
4件
0件
イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

DA-300USBからの買換えです。ヘッドホンは同じDENONのAH-D7200を使っています。
PCはiMac、再生ソフトはAudirvana Plus、音源はmoraのハイレゾ音源、ノーマル音源、リッピング(Appleロスレス)などです。
PC-DAC間はオーディオクエストのForest2で接続しています。その他は全て付属品です。電源も普通の延長コードです。
視聴のジャンルは主にクラシックです。

【デザイン】
アルミのシルバーと黒の組合せでiMacのデザインと相性が良いです。スイッチ類の感触は、300に比べて格段に良くなっていると思います。
本体は縦置き、横置きのいずれでも使えます。

【音質】
5万円を切る価格でここまで鳴らせれば十分かと個人的には思います。
個人的にはiTunesよりもAudirvana Plusの方が音が良いと感じました。ちなみに、Audirvana PlusはiTunesのライブラリにある曲を再生するモードがあり(ただし、AppleMusicの曲はダメ)、iTunesに入っている曲でもAudirvana Plusを通した方が高音質になるような気がします。
いずれにしても、iTunesはハイレゾ音源には対応してないので、本機を買ってハイレゾを楽しみたい方は是非Audirvana Plusを検討することをオススメします。

【操作性】
MACの場合、接続はUSBケーブルでつないで、MACの設定を少しするだけです。ドライバのインストールなどは必要有りません。

【機能性】
良い音でヘッドホンを鳴らす事に特化した製品ですから、その点で機能に不満はありません。

【総評】
価格と性能とのバランスを考えると非常に優れた製品ではないかと思います。最近はオーディオもやたら高額化していますが、この位の値段で手軽に高音質を楽しめるDENONの製品は素晴らしいと思います。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ain ainさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:116人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
8件
1件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
3件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン3
音質4
操作性3
機能性2

SONY HAP-Z1ESが余りにも音が良くないので
安くて音の良いDACはないかと購入してみました。
ヘッドホンアンプとしては利用せずライン出力から
プリアンプへ繋いで使用しています。
(接続ケーブルには非常に敏感です)
いろんな意味でHAP-Z1ESの機能は捨てて使用


【デザイン】
DENONらしいデザイン

【音質】
少し中低域を膨らませた音ですが、音楽的な表現が
し情感が伝わってきます。ボーカルなど時折、本物がそこで歌っているのかと錯覚する場面もあります。
なかなか良い音です。
(昔のFMチューナーで聴く音ににているかな)
ウェトな音が少し苦手です、実在感をもった凛とした音は再現出来ない感じです。
高域は刺激的な音はせず優しい感じで
低域は厚みある音で、重量をもった実在感のある音は苦手
最近のアップサンプリングの性質のかもしれませんが、どこか音の底が浅い感じがして優しい音です。
また、プラスチッキーな音がします。
ヘッドホンアンプとしては?でした。
ヘッドホンが合わないのか聴くに値せずでした。

【操作性】
入力切り替え位しか使用しないので不便は感じません。

【機能性】
アルファプロセッシングのオンオフ出来る様にして欲しいとは思いました。

【総評】
価格の割には、良い音がします。
聴きやすく音楽的な音がしますので気に入ってます。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

DA-310USBのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

DA-310USB
DENON

DA-310USB

最安価格(税込):¥38,500発売日:2016年12月中旬 価格.comの安さの理由は?

DA-310USBをお気に入り製品に追加する <402

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホンアンプ・DAC]

ヘッドホンアンプ・DACの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意