『オーディオの理想サウンドになったと思う。』 DENON DA-310USB hiro.coolverse.jpさんのレビュー・評価

2016年12月中旬 発売

DA-310USB

  • 「DA-300USB」(2013年2月発売)の後継機となるUSB DAC/ヘッドホンアンプ。
  • デジタルアンプソリューション「DDFA」を採用したフルデジタル・プロセッシング・ヘッドホンアンプを搭載。
  • アナログ波形再現技術「Advanced AL32 Processing Plus」やPCノイズをシャットアウトする「デジタルアイソレーター」も採用している。
DA-310USB 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥38,967

(前週比:-30円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥38,967〜¥54,780 (25店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥68,000

店頭参考価格帯:¥40,095 〜 ¥40,095 (全国740店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(標準プラグ):1系統 ハイレゾ:○ DA-310USBのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DA-310USBの価格比較
  • DA-310USBの店頭購入
  • DA-310USBのスペック・仕様
  • DA-310USBのレビュー
  • DA-310USBのクチコミ
  • DA-310USBの画像・動画
  • DA-310USBのピックアップリスト
  • DA-310USBのオークション

DA-310USBDENON

最安価格(税込):¥38,967 (前週比:-30円↓) 発売日:2016年12月中旬

  • DA-310USBの価格比較
  • DA-310USBの店頭購入
  • DA-310USBのスペック・仕様
  • DA-310USBのレビュー
  • DA-310USBのクチコミ
  • DA-310USBの画像・動画
  • DA-310USBのピックアップリスト
  • DA-310USBのオークション

『オーディオの理想サウンドになったと思う。』 hiro.coolverse.jpさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

DA-310USBのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:53件
  • 累計支持数:266人
  • ファン数:11人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
2件
59件
薄型テレビ・液晶テレビ
2件
49件
ヘッドホンアンプ・DAC
4件
40件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5
オーディオの理想サウンドになったと思う。
 

PINK HQ

始めたら沼でした、3年掛かって完成かな?

 

趣味でサウンドプレイヤーの研究開発をしています。最初はPCサウンド向けでしたが、音質面で世界最高クラスを実現できる様になってからは、ハイエンド向けにもなりました。それでもフルデジタルへ対応させるのは、とても大変でした。DENON社の言うとおりの原音再生にはならなかったのです。いまは完全に原音再生の理想を実現した感じです。完成と言える。

DA-310USBに向いているUSBケーブルは、FURUTECH GT2PRO USB B です。ジッター影響の少ない製品がベストです。
https://kakaku.com/item/K0000640103/

私が愛用しているスピーカーは EVE Audio SC204 です。原音再生へ完全対応しています。能率が100dBに近いので、騒音になりやすい。1戸建ての家向けです。立井電線 SOFTEC MIC CORD RCAケーブル(Audio Yamato)のオーダーメイドケーブルを使用しています。

DA-310USBの最高性能を出すために、サウンドプレイヤー側で工夫したテクニックとしては、電子ビット基準をメモリチップに完全に合致させること、その基準を合わせるためにCPU内部で処理するデジタルアイソレーター処理、メモリバッファの高品質な初期化、メモリバッファの書き込み後のクールタイム、転送方法の究極処理、沼ですよ!嫌になるほど大変!

音質はオーディオの理想といえます。DA-310USBの最高性能は、ハイエンドクラスって思いました。初心者から上級者まで誰にでも推薦できる製品です。工夫次第で本当に高級オーディオの世界へ旅立つことができる。

DA-310USBの問題点として、3つ。

長く使うとヘッドホンのありなしをチェックするセンサーが反応しなくなるケース。抜き差しすれば直りますが、何とかならないか?

フルデジタルの問題ですが左右のバランスが均等にならない。サウンドプレイヤー側で無理矢理対応して、左右均等を実現しています。普通のPCオーディオでは、左が強く、右が弱い、こうした現象が起きます。

HIGHとLOWはノイズが起きやすい。MIDしか使えない印象です。イヤホンで使うなら普通のポタアンを推奨です。

DA-310USBだから良いとサウンドプレイヤーの研究開発して思ったこと

RCA出力がPCM1795独占になっているので、32ビットDACの性能が面白いぐらい真剣に楽しめる。ASIOのドライバー設定は32ビットが良いです。あと、ヘッドホン出力ですが−

最初の頃、MID -24dB ぐらいでちょうどいい
現在、MID -40dB から -60dB ぐらいでちょうどいい

私が作ったサウンドプレイヤーでは難聴になりにくいと思います。知らない人にとっては -45dB って小さすぎる音量ですが、フルデジタルへ完全対応すると、ちょうど良い音量になります。

参考になった45人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
音質5
操作性5
機能性5
高品質デジタル出力の限界挑戦で、ハイエンドアンプへ
   

デジタルアイソレーターに起きやすい問題

   

高音質サウンドプレイヤー "Bug head" を作っています。Windows設定を絶対に変更しないで、CPUとメモリの使い方を工夫する方法により、今ではハイエンドCDトランスポートに匹敵する高品質デジタル出力を実現できるようになりました。DENON DA-310USB を購入した理由は、フルデジタルだからジッター対策した時の結果を把握しやすいと思ったからです。購入後、予想通りに低ジッター出力へ対策できた結果があり、購入満足と判断できました。

【一般的なパソコン環境では】

foobar2000 で聴いた印象ですと、6万円のアナログヘッドホンアンプでも高いと思うぐらい、デジタルジッター(出力雑音)の影響を受けて、安いオーディオの音にしかなりません。音が不鮮明に感じて、デジタルの音ですよと言われてしまっても、仕方ないと思います。ハイエンドヘッドホンでは重低音が出ていない最悪の状況です。

【Bug head 8.44 環境では】

40万円のアナログヘッドホンアンプよりも高品質のアナログサウンドを鳴らせています。やはりね、この DENON DA-310USB は、デジタル出力の品質が高くなるほど、ハイエンドの音に近付いていく印象を持ちました。

※投稿画像を御覧下さい
しかし、デジタルアイソレーターを使用していますので、低ジッターの条件によっては低音が出なくなり、高域だけが強調される不審なサウンドバランスになることがあります。この場合は、USBアイソレーターを止め、ハイエンドUSBカード JCAT usb card FEMTO を使えば解決しますが、余計なUSBアクセサリーを使いますと低音が出なくなる条件があります。

Bug head は、超低ジッターデジタル出力を目指して、細かいCPUとメモリの条件を揃えた結果、正しい音になっていきましたけれど、10万円以下のアナログヘッドホンアンプでは、メーカーのリファレンス環境が Bug head 8.44 に届かない品質であったのか、音の輪郭が潰れ、臨場感が失われてしまうのです。

この超低ジッター出力条件で、DENON DA-310USB は、Advanced AL32 Processing Plus というアナログ波形を作り出す技術が本当に優れていますので、フルデジタル DDFA ヘッドホンアンプでもハイエンドのアナログヘッドホンアンプの音を鳴らせていると分かりました。 サウンドプレイヤーを作っていますので良くなれば楽しいです。

【Bug head 8.44 での試聴について】

ヘッドホン: SENNHEISER HD 800 S
USBカード: JCAT
USBケーブル: FURUTECH GT2 1.8m

購入直後のバージョンでは DA-310USB + HD 800 S と組み合わせた時、ジッター影響から不自然な音が鳴りすぎてしまう問題がありました。HD 800 S はフルデジタルのジッターに対して対応力が乏しいと考えられました。低音が出なくなり、高域だけが強調されたバランスになります。

Bug head 8.44 で聴いた時、DA-310USB + HD 800 S の音は、正直に言って P-700u + HD 800 よりも断然に良いサウンドフィーリングを持ち、「真実の音、本当に近い!」と DA-310USB の低価格に感動してしまいました。これなら、誰かに推薦できます。

さて、DSDの話になりますが、DSD256 Native と DSD256 Pcm の差が無いよーって、Bug head 8.44 では起きやすいのですけれど、これは本当にDSDの良さは残っていて安心しました。クラシックで聴いた時、特に、細かい描写を鮮明に表現できたことに脱帽しています。

【DA-310USBの短所として、デジタルアイソレーター設計が甘いかも】

PCから電気的雑音でUSB-DACが壊れますと、左右の出力バランスが崩れて、オーディオ機器を破損する問題が生じます。その問題への対応として、デジタルアイソレーターを搭載して問題回避しています。しかし、投稿画像に示したとおりの結果を生じますので、低ジッターを追求して音質を良くしようとする時には注意が必要です。

【DA-310USB、もしあったら?】

1.左右のジッター原因による微少のバランス調整機能
2.ヘッドホンの音量セッティングをメモリーする機能、5つぐらい登録したい
(インピーダンスを検出して、自動切り替えにしてほしいです)

現在のDENONサウンドマイスターは素晴らしいですが、デジタルアイソレーターの設計に不満を感じています。この話を理解できる方は少ないと思います。

参考になった21

満足度2
デザイン4
音質2
操作性5
機能性5
高品質デジタル出力の条件で、中途半端アンプへ

高音質サウンドプレイヤー "Bug head" を作っています。Windows設定を絶対に変更しないで、CPUとメモリの使い方を工夫する方法により、今ではハイエンドCDトランスポートに匹敵する高品質デジタル出力を実現できるようになりました。DENON DA-310USB を購入した理由は、フルデジタルだからジッター対策した時の結果を把握しやすいと思ったからです。購入後、予想通りに低ジッター出力へ対策できた結果があり、購入満足と判断できました。

【一般的なパソコン環境では】

foobar2000 で聴いた印象ですと、6万円のアナログヘッドホンアンプでも高いと思うぐらい、デジタルジッター(出力雑音)の影響を受けて、安いオーディオの音にしかなりません。音が不鮮明に感じて、デジタルの音ですよと言われてしまっても、仕方ないと思います。

【Bug head 7.99 環境では】

40万円のアナログヘッドホンアンプよりも高品質のアナログサウンドを鳴らせています。やはりね、この DENON DA-310USB は、デジタル出力の品質が高くなるほど、ハイエンドの音に近付いていく印象を持ちました。

Bug head は、超低ジッターデジタル出力を目指して、細かいCPUとメモリの条件を揃えた結果、正しい音になっていきましたけれど、アナログヘッドホンアンプでは、メーカーのリファレンス環境が Bug head 7.99 に届かない品質であったのか、音の輪郭が潰れ、臨場感が失われてしまうのです。

この超低ジッター出力条件で、DENON DA-310USB は、Advanced AL32 Processing Plus というアナログ波形を作り出す技術が本当に優れていますので、フルデジタル DDFA ヘッドホンアンプでもハイエンドのアナログヘッドホンアンプの音を鳴らせていると分かりました。

【Bug head 7.99 での試聴について】

ヘッドホン: SENNHEISER HD 800 S, audio-technica ATH-SR9
USBカード: JCAT
USBケーブル: FURUTECH GT2 1.8m

foobar2000 を使う一般環境では、DA-310USB + ATH-SR9 の組み合わせは良好です。しかし、DA-310USB + HD 800 S と組み合わせた時、ジッター影響から不自然な音が鳴りすぎてしまう問題がありました。HD 800 S はフルデジタルのジッターに対して対応力が乏しいと考えられ、ATH-SR9 はジッターの影響を意識しないで済む鳴り方と判断しました。

Bug head 7.99 で聴いた時、DA-310USB + HD 800 S の音は、正直に言って P-700u + HD 800 よりも断然に良いサウンドフィーリングを持ち、「あー、やっすーい」と DA-310USB の低価格に感動してしまいました。これなら、誰かに推薦できますね、と。

さて、DSDの話になりますが、DSD256 Native と DSD256 Pcm の差が無いよーって、Bug head 7.99 では起きやすいのですけれど、これは本当にDSDの良さは残っていて安心しました。クラシックで聴いた時、特に、細かい描写を鮮明に表現できたことに脱帽しています。

【DA-310USBの短所として、1万円相当のヘッドホンアンプ】

Bug head 8.32 では左右の音量差がジッターから生じることはありませんけれど、foobar2000 では左右の音量差がジッターで生じてボーカルセンターになりません(左が強く、右が弱い)。この問題を補正する為に、左右の音量差を細かく調整できたら良かったのですけれど、バランス調整する機能はありません。

ヘッドホン出力は高品質デジタル出力の条件を揃えることにより、1万円相当のアナログヘッドホンアンプの音になります。でも、ライン出力は3万円ぐらいの低品質サウンドにしかなりません。音の輪郭が粗すぎて、本当にPCスピーカーで鳴らす為にあるような品質です。

【DA-310USBの短所として、最低周波数が制限されたフィルタ仕様】

ハイエンドヘッドホンを鳴らせないようにハードウェア制限されています。

【DA-310USB、もしあったら?】

1.左右のジッター原因による微少のバランス調整機能
2.ヘッドホンの音量セッティングをメモリーする機能、5つぐらい登録したい
(インピーダンスを検出して、自動切り替えにしてほしいです)

現在のDENONサウンドマイスターは中途半端です。買って最悪です。

参考になった5

満足度5
デザイン4
音質5
操作性5
機能性5
高品質デジタル出力の条件で、ハイエンドアンプへ
   

作っているソフトウェアの環境条件等

   

高音質サウンドプレイヤー "Bug head" を作っています。Windows設定を絶対に変更しないで、CPUとメモリの使い方を工夫する方法により、今ではハイエンドCDトランスポートに匹敵する高品質デジタル出力を実現できるようになりました。DENON DA-310USB を購入した理由は、フルデジタルだからジッター対策した時の結果を把握しやすいと思ったからです。購入後、予想通りに低ジッター出力へ対策できた結果があり、購入満足と判断できました。

【一般的なパソコン環境では】

foobar2000 で聴いた印象ですと、6万円のアナログヘッドホンアンプでも高いと思うぐらい、デジタルジッター(出力雑音)の影響を受けて、安いオーディオの音にしかなりません。音が不鮮明に感じて、デジタルの音ですよと言われてしまっても、仕方ないと思います。

【Bug head 7.99 環境では】

40万円のアナログヘッドホンアンプよりも高品質のアナログサウンドを鳴らせています。やはりね、この DENON DA-310USB は、デジタル出力の品質が高くなるほど、ハイエンドの音に近付いていく印象を持ちました。

Bug head は、超低ジッターデジタル出力を目指して、細かいCPUとメモリの条件を揃えた結果、正しい音になっていきましたけれど、アナログヘッドホンアンプでは、メーカーのリファレンス環境が Bug head 7.99 に届かない品質であったのか、音の輪郭が潰れ、臨場感が失われてしまうのです。

この超低ジッター出力条件で、DENON DA-310USB は、Advanced AL32 Processing Plus というアナログ波形を作り出す技術が本当に優れていますので、フルデジタル DDFA ヘッドホンアンプでもハイエンドのアナログヘッドホンアンプの音を鳴らせていると分かりました。

【Bug head 7.99 での試聴について】

ヘッドホン: SENNHEISER HD 800 S, audio-technica ATH-SR9
USBカード: JCAT
USBケーブル: FURUTECH GT2 1.8m

foobar2000 を使う一般環境では、DA-310USB + ATH-SR9 の組み合わせは良好です。しかし、DA-310USB + HD 800 S と組み合わせた時、ジッター影響から不自然な音が鳴りすぎてしまう問題がありました。HD 800 S はフルデジタルのジッターに対して対応力が乏しいと考えられ、ATH-SR9 はジッターの影響を意識しないで済む鳴り方と判断しました。

Bug head 7.99 で聴いた時、DA-310USB + HD 800 S の音は、正直に言って P-700u + HD 800 よりも断然に良いサウンドフィーリングを持ち、「あー、やっすーい」と DA-310USB の低価格に感動してしまいました。これなら、誰かに推薦できますね、と。

さて、DSDの話になりますが、DSD256 Native と DSD256 Pcm の差が無いよーって、Bug head 7.99 では起きやすいのですけれど、これは本当にDSDの良さは残っていて安心しました。クラシックで聴いた時、特に、細かい描写を鮮明に表現できたことに脱帽しています。

【DA-310USBの短所として】

Bug head 7.99 では左右の音量差がジッターから生じることはありませんけれど、foobar2000 では左右の音量差がジッターで生じてボーカルセンターになりません(左が強く、右が弱い)。この問題を補正する為に、左右の音量差を細かく調整できたら良かったのですけれど、バランス調整する機能はありません。

ヘッドホン出力は高品質デジタル出力の条件を揃えることにより、40万円相当のアナログヘッドホンアンプの音になります。でも、ライン出力は3万円ぐらいの低品質サウンドにしかなりません。音の輪郭が粗すぎて、本当にPCスピーカーで鳴らす為にあるような品質です。

【DA-310USB、もしあったら?】

1.左右のジッター原因による微少のバランス調整機能
2.ヘッドホンの音量セッティングをメモリーする機能、5つぐらい登録したい
(インピーダンスを検出して、自動切り替えにしてほしいです)

現在のDENONサウンドマイスターは大変優秀です。買って良かったです。

参考になった14

あなたのレビューを投稿しませんか?

DA-310USBのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

DA-310USB
DENON

DA-310USB

最安価格(税込):¥38,967発売日:2016年12月中旬 価格.comの安さの理由は?

DA-310USBをお気に入り製品に追加する <404

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホンアンプ・DAC]

ヘッドホンアンプ・DACの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意