スバル インプレッサ スポーツ 2016年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スバル > インプレッサ スポーツ 2016年モデル

インプレッサ スポーツ 2016年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:インプレッサ スポーツ 2016年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
2.0i-S EyeSight 2019年11月15日 マイナーチェンジ 2人
2.0i-S EyeSight 4WD 2019年11月15日 マイナーチェンジ 3人
1.6i-L EyeSight 4WD 2018年11月2日 マイナーチェンジ 1人
1.6i-L EyeSight S-style 2018年11月2日 特別仕様車 2人
1.6i-L EyeSight S-style 4WD 2018年11月2日 特別仕様車 1人
2.0i-L EyeSight 2018年11月2日 マイナーチェンジ 2人
2.0i-L EyeSight 4WD 2018年11月2日 マイナーチェンジ 1人
2.0i-S EyeSight 2018年11月2日 マイナーチェンジ 1人
2.0i-S EyeSight 4WD 2018年11月2日 マイナーチェンジ 3人
1.6i-L EyeSight S-style 2018年4月24日 特別仕様車 4人
1.6i-L EyeSight 2017年10月5日 マイナーチェンジ 5人
1.6i-L EyeSight 4WD 2017年10月5日 マイナーチェンジ 3人
2.0i-L EyeSight 2017年10月5日 マイナーチェンジ 4人
2.0i-L EyeSight 4WD 2017年10月5日 マイナーチェンジ 2人
2.0i-S EyeSight 2017年10月5日 マイナーチェンジ 1人
2.0i-S EyeSight 4WD 2017年10月5日 マイナーチェンジ 5人
1.6i-L EyeSight 2016年12月20日 フルモデルチェンジ 17人
1.6i-L EyeSight 4WD 2016年12月20日 フルモデルチェンジ 5人
2.0i-L EyeSight 2016年10月25日 フルモデルチェンジ 12人
2.0i-L EyeSight 4WD 2016年10月25日 フルモデルチェンジ 18人
2.0i-S EyeSight 2016年10月25日 フルモデルチェンジ 15人
2.0i-S EyeSight 4WD 2016年10月25日 フルモデルチェンジ 32人
満足度:4.27
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:152人 (プロ:1人 試乗:57人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.11 4.34 123位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.08 3.93 53位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.91 4.13 106位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.39 4.21 74位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.43 4.05 21位
燃費 燃費の満足度 3.04 3.89 129位
価格 総合的な価格の妥当性 4.18 3.88 24位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

インプレッサ スポーツ 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格4

参考になればと思い、投稿しました。
最上位グレード試乗しましたので、書かせて頂きます。
カローラスポーツかインプレッサスポーツで購入を迷っていて、インプレッサスポーツに試乗しましたので感想を書きます。
外見は普遍性が高い外見です。癖が無いと思います。車選び等の雑誌を読んだら、カローラスポーツよりも、インプレッサスポーツの方が評価が高いので、どうかな?と思いました。
前席はカローラスポーツよりも広いと感じましたね。シンプルですが、見易いです。質感は普通です。
後席はインプレッサスポーツの方がかなり広くて、良かったです。後席に頻繁に乗せる機会がある方は圧倒的にインプレッサスポーツの方が優れていますね。荷室も広いです。
運転席からの後方視界も、インプレッサスポーツの方が良いです。安全にこだわっているのが分かりますね。評価できます。
動力性能は、必要にして十分です。しかし、雑誌では前席の乗り心地はインプレッサスポーツの方が上と書かれていましたが、カローラスポーツの方が静かだと思いました。【カローラスポーツはガソリン2WD試乗です】乗った感じも良く、満足は出来ます。
ブレーキは効きが良くて、慣れるのに少しかかりました。
運転席のシートはカローラスポーツの方がホールド感があって好きでした。雑誌では、乗り心地はインプレッサスポーツの方が高く書いてましたが、個人的にはカローラスポーツの方が好きです。好みかもしれませんが、ホールド感が違います。
燃費は試乗ですので、他の方のレビューを参考にしてますが、リッター10位ですかね。カローラスポーツには、ハイブリッド有りまして、ここはハイブリッドと比べると、カローラスポーツに軍配が上がると思います。
1人、2人乗りメインならば、カローラスポーツ、後席を良く使うならば、インプレッサスポーツと言う印象持ちましたね。
運転席のシートには、期待が大きすぎたかもしれませんが、ちょっと残念でした。

レビュー対象車
試乗

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

統括次長さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
7件
0件
タイヤ
2件
0件
デスクトップパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格4

【エクステリア】目立たず地味なところが気に入っています。一目でインプレッサとわかるところが良い。

【インテリア】スバル車らしい作りで、地味なところが気に入っています。

【エンジン性能】いたって普通です。わくわく感や盛り上がりには欠けますが、日常使いには最適です。

【走行性能】ハンドルが機敏ですが、小回りもきいて高速では直線番長的味わいもあります。

【乗り心地】最大の購入動機です。40扁平のタイヤにしてしなやかな乗り心地はとても良い。

【燃費】街乗りで8〜10キロリットルですが、高速ではカタログ燃費を超えます。年間走行距離が少ないこと、部品維持費のかかるHVが嫌でこの車にしたので割り切っています。

【価格】値の張るオプションはナビくらいで、必要装備は揃っており、おおむね満足しています。

【総評】過去にはターボやHVにも乗りました。スバル歴も長く今回は原点回帰ということで、スバルのベーシックであるインプレッサを購入しました。SGPには感動しています。FB20エンジンもSモードの時は活発に動きます。他社のCセグメント車のような話題性はありませんが、無骨なスタイルと乗り心地の良さ、安全装備の充実とその機能の自然な動きに魅了されています。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年1月
購入地域
愛知県

新車価格
270万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
20万円

インプレッサ スポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tadano.doramaさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:242人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4

【エクステリア】

MCでフロントがフォルクスワーゲン風に・・・

【インテリア】

すっきりしていて割りと好み。

【エンジン性能】

普通のエンジン、エンジンルームを覗きこむと2Lでもスカスカ・・・作業はしやすそうですな。

【走行性能】

試乗が1.6i-Lだったが、アクセルを軽く踏めば車が出ていく感じで街乗りで不満は感じないはず。

【乗り心地】

1.6Lの16インチを履いている為、普通の乗り心地でした。

【燃費】

無評価

【価格】

車両本体は装備から見て安く感じますが、ナビを付けると30万程する。まあ、ここからの値引きが大きいんだけど・・・

【総評】

7インチナビをつけてフロアマット無し、コーティング無し、延長保証、メンテパックを付けて総額310万余り。そこから値引きが33万ぐらいだったのかなぁ?下取りを含めた乗りだしがマツダ320SPAとほぼ同じでした。買いたければ、ここからが勝負!

レビュー対象車
試乗

参考になった12人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

キナーコさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:139人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格4

スバルの車に初めて乗りました。以前からの進歩はわかりません。

【エクステリア】
落ち着いた雰囲気でカッコいいです。マイナーチェンジでフロントグリルが変わりましたが、よりワイドに見えて大きく感じるのでいい変化かなと思いました。
ただカッコよさ、質感を上げている最近のライバル車に比べて印象が薄い気がしてしまいました。

【インテリア】
マイナーチェンジによってナビ周りのパーツや革の質感を変えたということでしたが、こちらもライバルに比べて実用寄りで高級感はあまりありません。
ドアトリム周辺はプラスチックっぽさが強く、後部座席はカップホルダー付きのアームレストくらいで寂しいです。
マルチファンクションディスプレイは色々な情報を切り替えて表示することができ、サイドビューやフロントビューといった映像も写し出せるので便利でした。車の傾斜角度も見ることが出来るのは面白いと感じました。

【エンジン性能】
初めてスバル車に乗ったのですが、2リッターエンジンはコンパクトな車体に充分なパワーを与えてくれています。スポーツとノーマル的なモードの切り替えもあり、加速に申し分は無いです。

【走行性能】
常時四駆で動き、低めの車体も相まって安定感があると思います。クイックに曲がり、走りが楽しい印象。
安全性も高く、Aピラー付近の窓が大きくて横が見えやすいため、運転しやすいです。
安全装備が売りですが、試乗で実感することができないのが残念です。

【乗り心地】
もっと段差などで突き上げを感じるかと思いましたが、予想外に乗り心地は良かったです。遮音性が高く、こちらもワンクラス上の車のようです。コンパクトカーとは思わせない感じでした。シートはファブリックでしたが、ちょうど良くホールドしてくれます。

【燃費】
試乗で十数分しか乗っていませんが、給油後のアベレージでしょうか、リッター7キロくらいでした。四駆とは言えさすがにこの燃費は今時低すぎるような気がしました。
【再レビュー】 
燃費は試乗車ということもあり悪くなっていたかと思います。エンジンをかけたままの状態で動かさないこともあるでしょうし、下がるのは仕方ないでしょう。無評価としておきます。

【価格】
高くは無いが安くも無いです。
安全性は高いので仕方ないかな、といった印象です。

【総評】
コンパクトな車体と滑らかに回るエンジンは魅力です。一人で運転すると楽しめそうな気がします。
もっと安全性のアピールをすれば良いのに、コストをかけているところが目に見えにくいので惜しい気がします。ディーラーの方が後部座席のドアの強度について説明してくれましたが、きっとそういうこだわりが色々あるんでしょうし、もっと知れればいいなと思います。
ただデザイン面の押しが弱く燃費の悪さが足を引っ張っています。目に見える部分が弱いだけに、自分みたいな素人には他が良く写ってしまいます…とは言え何を重視するかによって評価も変わるところがあるでしょうし、良い車だと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった23人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

名乗るほどの者ではないさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
232件
タイヤ
0件
4件
ドライブレコーダー
0件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5

【峠を含む山道を走る機会があったので一部加筆】
2019年11月下旬納車。
ある程度の距離を走ったのでレビューを書きます。

インプレッサスポーツ2.0i-L FF D型


【エクステリア】
特にカッコ良くもないデザインです。
しかしただカッコ良くないだけではなく、衝突安全性や運転しやすさ、居住性、積載性などの機能を考慮して導きだされたデザインだと思います。
カッコ良くないことにも理由があると思います。
ファミリーカーですから機能性>デザインだと思うので、特に不満はないです。
今時の車としてはタイヤとフェンダーの隙間が大きめですが、これはチェーンを装着して雪道を走ることも想定しているからでしょうか。


【インテリア】
居住性について、後席の足元空間が広いです。
大型のチャイルドシートを後ろ向きに取り付けても、前席との隙間はかなり余裕があります。ここが狭い車だと、前席を運転しづらいくらい前にスライドしないと取り付けできないです。
積載性について、荷室にAB型ベビーカーを横向きのまま入れて置くことができました。容量的には385Lと大きくはないですが出っ張りが少なくて物を置きやすいです。ベビーカーを載せたうえで、さらに家族3人の数日分の旅行荷物も乗りましたので、子沢山でもない一般的な核家族であればじゅうぶんかと思います。
カーナビについて、オプションでパナソニックのナビを付けました。一時停止場所で音声で注意してくれるのはいいですが、地図上にもきちんと信号機のある交差点で「一時停止です」と誤反応する場所がありました。値段も高いナビなので細かい部分も精度を上げてほしいです。


【エンジン性能】
3リッターターボからの乗り換えなので非力に感じます。Sモードにしても非力です。加速にトルク感がないです。重くてメカロス多いAWDだとさらにヤバそうです。
おかげで飛ばす気にならないので、ネズミ捕りやオービスを気にしないで済むので安心で楽です。
また、マイルドな加速は乳児にも優しいと思います。シートに押さえ付けられるようなトルク感のある加速は乳児の体に悪いと思います。
とはいえ2リッターNAとして普通の出力はあるので、家族3人乗っても高速道路への合流も問題はないです。
山道の登り坂でも、家族を乗せて走るのにはじゅうぶんでした。

CVTはラバーバンド感はあまりないですが、ギクシャク感が見え隠れするときがあります。もう少し滑らかなほうがいいです。


【走行性能】
視界が良く、運転しやすいです。
納車日にシート位置を合わせたら、まるで何年も乗り慣れた車のような安心感がありました。
オプションでフロントビューカメラとサイドカメラを付けましたが、付けなくても運転に支障はないと思います。

アイサイトツーリングアシストは制御が自然なので安心感があります。クルコンは120km/hに対応しており、速度調整や停止するときのブレーキングも違和感がないです。車線維持もほとんど途切れないです。
ただ、山道で道端に立っているポールのようなものに衝突軽減ブレーキが誤反応しました。2回通行し2回とも反応したので、おそらく毎回反応します。警告音にちょっとびっくりしました。毎日通る道ならいずれ慣れますが…。

LEDヘッドライトはアダプティブドライビングビーム付きです。ライトはオートライトにしてハイビーム位置にしておけば事足りる感じです。
同一車線前走車及び隣車線前走車がいても、ある程度車間距離があればハイビームになります。見た限りはきちんと遮光しているようです。曲がりくねった山道でも対向車からパッシングを受けることはなかったです。
過信は禁物ですが便利です。アイサイトはカメラ方式なので、夜間はハイビームで照らすほうがより有効に機能するでしょう。
またロービームでも横方向に広く照射しているように感じます。

サスペンション形式はストラットとダブルウィッシュボーンという一般的な形式です。サーキットを走る車ではないですが、海外のエルクテストの結果を見ると足回りの性能は悪くはなさそうです。
峠を含む山道を走る機会がありました。フロントサスペンションが柔らかいためか、コーナーではややロールが気になります。その反面、乗り心地は良いのでこれで正解だと思います。常識的な速度なら何も問題は起きないと思います。


【乗り心地】
D型になってサスペンションに改良があったようですが、C型新車に乗っていないので比較はできません。

このグレードは17インチホイール+ブリジストントランザT001の組合せです。大きな段差を越えても突き上げ感はないです。この乗り心地なら乳児や妊婦を乗せても気になることはないと思います。
ただ、細かい目地のある道路を走るとザラザラ感を感じるときがあります。タイヤが硬いせいもあると思います。このグレードはもっとコンフォート指向のタイヤにしてほしいです。


【燃費】
市街地燃費といってもいろんな市街地があります。
以下は全てエアコンオンで家族3人乗車時の燃費です。

市街地(信号多く混雑多い。平均車速13km/h):9.2km/L
市街地(信号少なく混雑少ない。平均車速25km/h):15.5km/L
高速道路(混雑なし勾配少ない。クルコン使用で実速度は80〜100km/h):19.3km/L

2リッターNAのガソリン車としては平均以上だと思います。


【価格】
機能や性能を考えたら、実質的に総額300万円を下回る価格で買えることはお買い得だと思います。


【総評】
ファミリーカー=ミニバンのイメージが強い中でなぜインプレッサ?という人もいると思います。
側面衝突試験の結果を見ても分かるように、背の高い車は横から衝突されると簡単に横転します。横転するとケガの程度が大きくなりやすいです。知人のミニバンも側面に衝突されて、お子さんが亡くなってしまいました。(相手側軽自動車で運転手生存)
セダンやワゴン等の背の低い車は横転しにくいです。まして軽自動車に倒されることはないでしょう。
そういった車もファミリーカーの選択肢として入れていただければと思います。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年11月
購入地域
静岡県

新車価格
216万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
20万円

インプレッサ スポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった28人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

大伴旅人令和ゆかりの地は大宰府さん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能2
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

【エクステリア】

レヴォーグとの比較となると辛口コメントが多くなりますのでエクステリアに関しては良い所をピックアップします。

リヤテールランプ。
この形状はレヴォーグに近いものがあります。

【インテリア】

シートのホールド性能に良さを感じます。
素材もよいですし、乗り心地を考慮した形状なのかなと思います。


【エンジン性能】

1.6のエンジンは燃費を追求するにはかなりよいです。速度50kmですと、静粛性は抜群です。


【走行性能】

【乗り心地】

【燃費】

【価格】

【総評】

レヴォーグとの大きな違いは車両重量になります。

スバルといえば、冬場に真価を発揮します。

冬場での北風に対応する車両重量は大きなアドバンテージです。インプレッサで対応するには冬場は可能であれば乗員4名以上にすれば安心感が増します。

【カーナビ付近のインパネ】

レヴォーグと同じ仕様にできるオプションがあれば是非優先順位を高めにして付けたい。
この辺はクルマが誕生して何十年かは分かりませんが、馬車が誕生して数百年。このカーナビまわりのインパネ素材はとてもインパクトある進化を遂げたと感じさせます。
それをレヴォーグで実行していて、インプレッサにさせないのは非常にもったいない。

【インパネ左右・コンソールオーナメント】

この辺も手を加えたい。
レヴォーグにはインパネ左側において

・ウルトラスエード仕様+ブルーステッチ
・シルバーカーボン調+クロームメッキ
・ピアノブラック調+クロームメッキ

などが選べます。

【コンソール】

レヴォーグはコンソールが稼働します。
とくにあまり実用的ではございませんが、大人心をくすぐる仕様ではあります。

【ACCの渋滞時での滑らかさ】

これは試乗してください。
ただし試乗の20分では分からないと思いますので、友人から借りるか、レンタカーで実践してみましょう。

レビュー対象車
試乗

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

9801UVさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:209人
  • ファン数:1人
満足度3
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格無評価

車検の代車として1週間乗りました。自車であるレヴォーグ1.6GTアイサイト(A型)との比較の視点からレビューします。

【内装・シート】
インパネは水平・直線基調のレヴォーグに対し、新世代スバル共通の曲線・斜めを多用したデザインです。格好良いとは思いますが、個人的には従来の水平基調のほうが素直で好みです。シートの形状は体を包み込むような形で、座り心地は良好です。

【各種スイッチ類】
レヴォーグは電動パーキングスイッチのすぐ横にアイストオフのスイッチがあるため、ポンポンと連続で押せますが、インプレッサはプッシュスタートボタンの脇にあるため、左手・右手と交互に作業が必要です。電動パーキング横に使っていないスイッチがありますが、あえて違う場所にしたのでしょうか。アイストオフ派としては面倒です。
エアコンダイヤルを回した感触は適度な節度感があり好感が持てます。

【走行性能】
エンジンは2L自然吸気(154PS/6000rpm、20.0kgf・m/4000rpm)。自車レヴォーグは1.6Lターボ(170PS/4800-5600rpm、25.5kgf・m/1800-4800)です。約130kgの重量差を考えれば、トルクや馬力の数値では十分な動力性能に思えますが、わずか1800回転で最大トルクが得られるレヴォーグに対して4000回転まで上げないと最大トルクが出ないインプレッサとの違いで、街乗りでは圧倒的にレヴォーグの加速が快適です。試しにパドルも使ってみましたが、一般道で4000回転まで上げるのは相当引っ張る必要があり、現実的ではありません。つまり実際は最大トルクから遠い回転域で乗ることになり、加速感としては物足りなく感じます。
さらにCVTとの組み合わせも、エンジンが回らないターボならネガな部分が出にくいのですが、NAの場合は回転が上がっていきますので、これがトルコンATであれば回転数に合わせてトントンといなしていくところが、CVTだとどうしてもフラフラ・ギクシャク感が感じられます。

【ハンドリング】
ステアリングギア比がレヴォーグより小さいですが、一般道での走行で差は感じません。パワステはレヴォーグより少し重いです。正確に言えばレヴォーグも軽いわけではないのですが、曲げ始めがやや重く、いったん曲がるとその後はスッと曲がり、戻るときはほとんど力を入れずにスッと戻ります。インプレッサは曲げてから戻るまで常に一様な抵抗を感じます。

【ブレーキ】
レヴォーグに比べブレーキの遊びが少なく、軽い踏み込みでグッと効きます。

【遮音性】
アイドリング時のエンジン音はほとんど入ってきません。走行時、道路の砂利が床にパチパチと当たる音がけっこう目立ちました。

【乗り心地】
18インチタイヤということもありますがやや固めの乗り味。路面の細かい凹凸をコツコツ・ザラザラと拾う感じがしました。それが足回りだけで吸収されれば良いのですが、ステアリングまで細かな振動として伝わってくるので、乗り心地としてはいまひとつでした。

【その他】
ハッチのドアを閉めるとバコンという感じで閉まります。ドン、という感じになりません。このあたりはコスト相応で仕方ないのかなと思います。

【総評】
インプレッサとしては上位グレードですが、ファミリーカーとしてのコスパと乗り心地重視なら16インチタイヤを装着する下位グレードのほうが勝り、遊び心や外観では同系のXVが勝り、荷物積載性ではフォレスター、ハンドリングや走行性能ではレヴォーグが勝るという、なんとも微妙な立ち位置かなと感じました。全体的には、可もなく不可もなく星3つといったところです。
現実的にはないと思いますが、もし仮に1.6Lターボが搭載されたら、ホットハッチ的な面白い車になると思いました。

レビュー対象車
試乗

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sikisokuさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費3
価格5

【エクステリア】
個人的にはとてもカッコいいと思いますがデザインは好みですね。

【インテリア】
歴代インプレッサの中で質感は一番だと思います。
後席の頭上が低く圧迫感があるので170p以上だと遠出はやや疲れるかも。

【エンジン性能】
新世代ボクサーは低中速トルクも十分あり乗りやすいですが、燃費性能はそこそこ。
といってもスバルの中では過去最高の燃費性能ではあります。

【走行性能】
旧型のGG・GHインプレッサ→BRレガシィと乗り継いできましたがSGPの恩恵で曲がる止まるは次元が違います。
ただし、低速時でのCVT制御が雑でCVTのくせに小さな変速ショックがちょくちょく発生するのが残念です。
夏場は特にひどく2〜3回ほど信号待ちから0キロ発進で速度が上がらず、強いショックの後に車が前後にガクガク揺れながら加速した事がありました。
10年前のBR系レガシィの初代リニアトロニックではこんな雑な制御はしてなかったのですが・・・。

【乗り心地】
16インチ仕様はやや柔らかめでしたが17インチ仕様は程よく硬く突き上げも角が丸く一番好みでした。
グレードで大分変るので試乗される事をおすすめします。

【燃費】
街乗りで10〜11前後、郊外で13〜14ぐらいです。

【価格】
総合的に見れば現行インプは破格に安いと思います、新技術や安全装備満載なのに旧型からほぼ価格が上がってないので。

【総評】
曲がる止まるは最高の車なのですが、CVTの不快な現象が発生する時は車から嫌な感じが伝わってくるので正直ガッカリしています。
レガシィのリニアトロニックに10年以上乗っていて何も不満がなく滑らかな加速がウリのCVTには好意的だったのですが・・・。
長年スバルに乗ってきましたが、またあの現象が発生する夏になる前に他社というかマツダ車への買い替えを検討しています。

スバルもこの現象を一応認識しているようですが対策済みで改善する気があまりないようなので。
もしかしたらD型では改善されている可能性もありますので購入を検討されている方は何度か試乗してみて確認してみて下さい。

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
千葉県

新車価格
222万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

インプレッサ スポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あかビー・ケロさん

  • レビュー投稿数:47件
  • 累計支持数:2082人
  • ファン数:5人
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地4
燃費無評価
価格3

新シャーシを得て高評価のインプレッサ。なかなか敷居が高くて入れなかった近所の老舗ディーラーに思い切って飛び込み図々しく試乗させていただきましたのでフリード乗り目線から一言感想なぞ。
試乗車は2.0iSのAWDでした。

【エクステリア】
先代をより伸びやかでスッキリしたデザインでフロントからみるとカッコイイ、、
ただリアランプの間が開き過ぎて間が伸びた感じに見えるのとリアバンパーが出っ張り過ぎてるのが個人的には気になりますが…

【インテリア】
機能、操作性を配慮しスバルらしいインテリアデザイン、質感も高いのですがブラックのみの内装のようで、シートヒーターもOP本革にしないと付かないみたいです。
ちょっとゴルフに通じる質実剛健さがありました。

センター上のMFDはカラー表示でナビと連動したり、オプションのサイドカメラを低速時表示したり、視界を遮らない高さに設置されてます。
サポートの良い電動8ウェイパワーファブリックシートに腰掛け、テレコ付きハンドルを調整すると低めの視点ながら前後視界は良く、三角窓も大きいボンネットは見えませんが、フリードより多少大きくてもすぐ馴染めました。小回りも18インチで5.3mなので悪くなく。
パワースイッチはホンダと同じく右側配置でした。
ドアノブに配置されたミラー調整やパワーウィンドスイッチが操作しやすい角度がつき、質感も良い。

ただトランクの容量が車体サイズ割に少ないですね。面積は良いですが、天井までの高さも低く、深さが足りない、サブトランクも小容量。
奥行きもカタログによるとリアシート倒してフロントシートバック裏まで使って160cmくらい。昔乗ってたエアウェイブは180cmくらいありました。全長10cm以上短かいのに。

【エンジン性能】
2リッター直噴は低回転からiモードでもトルクフルでしたがSモードにすると一段とキレてパワフルな感じ。1400kgの車体には充分。
またエンジンの回り方がフリードよりスムーズで。。水平対向エンジンのバランス良さが光ってました。
室内に侵入するノイズも少なく上質な運転フィーリングに貢献してます。


【走行性能】
街中の交差点を大人しく曲がるくらいでは分かりませんでしたが、大きい中速コーナーに沿ってハンドル切ってくとノーズの応答性が遅れぎみでいまいち一体感ない。タイヤが40なのでもう少しリニア感があっても良さそうでしたが、センター付近が曖昧な味付けの為か、ハンドル通して路面状況が伝わってきません。

【乗り心地】
タイヤはグリップ的にエンジン出力にはオーバスペックと思われる225/40R18インチでしたが、新しい高剛性のプラットフォームのお陰か、全ての路面でカドがなくまろやか、上質な乗り心地ですがフラットライドという感じではないですね。遮音ガラス装着のグレードで静寂性も小雨でしたがタイヤからの騒音含め感じさせません。

【燃費】
試乗の為割愛しますが、営業さんの話しではリッター10kmくらいではとの事。カタログ値は15.8だから近場で運用するのなら諦めましょう。

【価格】
最新のアイサイトツーリングアシスト、AWDの走行性能、最新機能等盛りだくさん付く上級グレードで270万なら悪くないですね。ナビ込みで300万で購入できればコスパは良いかと。

【総評】
同僚や友人所有の歴代レガシィは全て運転した事ありますが、インプレッサは先代のstiに同乗したくらいで運転は初めてです。
SPGプラットフォームとアイサイトで車としての基本性能は間違いなくコンパクトカーとしてトップクラスのゴルフに近いと感じました。
ただドライビングプレジャーは若干物足りないような…
ハンドリングでスポーツ指向を追及したグレードを追加して欲しい。出来ればマニュアルで。
18インチのiSはそうなのかとましたが、iLとは装備の差くらいみたいですね。
まあ街中でチョっと試乗しただけなのでワインディング行けば評価は変わるのかも知れません。
レンタカーでも借りようかな。

読みづらい拙い感想ですいません。

レビュー対象車
試乗

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

汽車ポッポーさん

  • レビュー投稿数:127件
  • 累計支持数:1563人
  • ファン数:24人
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4

たまたまマイナーチェンジ後のデザインを見てピンとくるものがあったので、走行性能はほとんど変わらない現行車に試乗してみました。今年から来年にかけて、国産スポーツハッチは激戦区を迎えると思います。マツダ3、カローラツーリング(またはスポーツ)と比べると、それほど話題性のない地味な存在となりそうですが、ほかのライバル車が大きく方向転換して賛否両論を集めているなか、インプレッサは堅実な進化を続けている印象がありました。1時間ほど試乗できたので、上記の競合車と比較しながら書きます。

【エクステリア】
VWを意識したような、クルマらしい普遍的なイメージが加わり、かなり良くなったと思います。スバル車というと、どうしてもガンダムのような硬質なデザインに好みが分かれるようですが、この新型インプレッサは、洗練されたフォルムにまとまっています。もちろん、マツダ3ほどスタイリッシュではないですが、上質なスポーツカーとしても、ファミリーカーとしても扱いやすくなったと思います。また、インプレッサならではの、3ナンバー車としては少しコンパクトなサイズが維持されたのも、評価すべきだと思います。

【インテリア】
スバルらしい走りの高揚感と安心感をよく両立させた仕上がりだと思います。特にマルチインフォーメーションディスプレイは秀逸で、表示される情報が極めて実用的で見やすい位置にあり、クルマや道路と対話をしているような感覚があります。内装は全体的に質感が高く、Sグレードでは電動パワーシートやシートポジションメモリーも標準で装備されるなど、この価格でこの内容はかなり評価できると思います。全体的なデザインだけ見れば、シンプルにまとめられたマツダ3ほどおしゃれではありませんが、実用性では院プレッセに軍配が上がりそうです。またユーティリティーも、実用に十分。後席の膝前スペースがゆったりとしており、荷室も380Lとワゴンで320L程度しかないカローラツーリングより広いので、高く評価できます。

【エンジン性能】
試乗車は1.6L NAでしたが、十分な動力性能です。低速トルクが太いので、巡航速度にスムーズにのせられ、クルマに重さを感じません。水平対向エンジンの音は特にいいと思いませんが、従来モデルより静粛性が増しており、かなり上品な印象になっています。低重心で安定感があり、CVTはなめらかで加速のもたつきも感じられず、よく熟成されていると思いました。1.6Lのノンターボでこの車重のクルマをキビキビと走らせられるのは、スバルの水平対向エンジンならではの美点だと思います。私だったら2Lでなく1.6Lで十分です。

【走行性能】
ピッチングもローリングもよく抑えられており、安心感を持って走れます。カローラのほうがハンドリングはクイックですが、ライントレース性は同等レベルで、むしろ適度にハンドルに重さがあるところに、走りの上質感を味わえます。加速もコーナリングも見事ですが、競合3車の中でもっとも光っていたのがブレーキング性能。カローラのようなカックンという感じがなく、マツダ3のような効きの鈍さもなく、しっかりと加速してしっかりと減速、停止ができるちょうどよさがありました。

【乗り心地】
しっかりとした接地感があり、かつてのインプレッサのようなカタさもなく、とてもいいフィーリングです。走りを楽しむクルマとしても、家族を移動させるクルマとしても申し分なく、万能な味付けです。カローラも乗り心地は良かったのですが、なんとなくふわふわとしており、側方と後方の見切りがあまりよくないので、インプレッサのほうが安心感で勝るでしょう。マツダ3はカタすぎて完全に方向性が異なっており、あらゆる用途で快適に走ることを考えると、3車の中でインプレッサが抜きんでていると思います。

【燃費】
飽くまでカタログ燃費のみの評価ですが、2016年モデルより悪化しているのが残念です。マツダ3との差はあまりなさそうですが、カローラの半分くらいしか走らないので、ここがインプレッサにとって、「弁慶の泣き所」と言えそうです。この点でカローラを選ぶか、インプレッサを選ぶかが分かれそうです。ただし、車両価格が安く、走行距離によっては燃油コストでHVにそれほど劣後しないので、そこをどう考えるかでしょう。

【価格】
競合他社と比べても安いです。ただし、ナビが最低でも20万円以上するため、車両価格が安いのに、乗り出し価格で見ると普通になります。もう少し安いナビを選べないのかと思ってしまいます。この点でもっともコストパフォーマンスにすぐれているのはホンダ車でしょう。ホンダのギャザズは性能がいい割りに安く、選択肢も豊富。しかも、実はいち早くコネクテッド機能に対応していたというのは、あまり知られていない事実でしょう。

【総評】
インプレッサが高く評価できるのは、奇をてらった改変をせず、正当な進化を重ねており、しかも製品サイクルが長い点だと思います。その中でも、今回の2019年モデルは、歴代モデルの中でもかなり秀逸な仕上がりで、競合3車の中でももっともバランスがいいと思います。ただし、この燃費性能はいただけません。JC08モードで20km/Lとは言いませんが、せめて18km/L、実燃費で12km/Lくらいのラインはクリアして欲しかったです。それを許容できる人であれば、2019年モデルは即買いなのではないでしょうか。

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

髭は毎日剃る派さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
63件
バイク(本体)
0件
8件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費1
価格5

納車後1カ月、1400km走行でのレビューです。
素人目線ですのでご容赦を。
初スバルです。


2.0i-L EyeSight FF C型

<MOP>
LEDヘッドランプ
クリアビューパック
アイサイトセイフティプラス(運転支援)
アイサイトセイフティプラス(視覚拡張)

<DOP>
ベースキット(ライナー)
ドアミラーオートシステム
ディスプレイコーナーセンサー
SUBARUホーン
カーゴマット
DIATONEサウンドビルトインナビ
リアビューカメラ
ETC2.0
ドライブレコーダー
STIフレキシブルタワーバー(800km走行後装着)
STIフレキシブルドロースティフナーフロント(1000km走行後装着)



【エクステリア】
斬新さや目新しさはありませんが、かと言って古臭さもなく、40代の私にはマッチしたデザインだと思います。
仕事などでお客様の所へ行く時にも、お葬式へ行くときにも躊躇する事なく乗って行けます。


【インテリア】
ドアノブ周りがカーボン調となっていますが、カーボン調なのがそこだけなので、もう少しインパネ周りに使用してもらえるとまとまりが良いように思います。
全体的によくまとまっていて、スイッチ類は扱いやすい配置になっています。
ステアリングスイッチの配置もとてもいいです。
はじめはスイッチが多いなと思いましたが、使っているとすぐに慣れますし、絶妙な配置だと感じられます。


【エンジン性能】
振動は少ないと思います。
音も心地よいです。
高速道路や急な坂道で思いっきり加速しようとすると物足りなさは感じますが、実用範囲内では必要十分なパワーはあります。
低速でのCVTのもたつき(?)があり、都内での走ったり止まったりや速度制限40km以下の道路では気になる時もありますが、逆に速走行や幹線道路ではとても良いフィーリングです。


【走行性能】
SGPはとても良いです。
レヴォーグを試乗し営業の方が「レヴォーグの剛性もとても良いです」と言っていましたが、シャシーの剛性はやはりSGPの方が高いと感じました。
50km/hを超えてくるとその違いがわかり、SGPの方が振動が少なく静かで、安心感が伝わってきます。
高速での走行性能は素晴らしく、100km/h走行でも安心して走れます。
120km/h走行でも問題ないです。(新東名走行)
カーブでも良く走ります。
ロールが少なく気持ちよく曲がれます。

<タワーバー装着後>
GSPの剛性がもともと高いので、明らかに変化したとは感じられませんが、カーブでは少し速度を上げてもロールが抑えてくれてます。
直進走行も良くなりました。

<ドロースティフナー装着後>
装着後の乗車直後に違いがわかり、ボディがギュッと引き締まった感じです。
なので細かな凹凸を感じられるようになりました。
が、50km走行後に変化あり。
凹凸の突き上げがマイルドになりました。
ならし運転が必要なパーツだったんですね。
直進走行がさらに良くなり、高速道路では抜群に良くなりました。
ハンドルは少し重くなりましたが、操舵性が機敏になり車線変更が楽です。
剛性が上がり走りやすくなりましたが、「乗り心地」だけを考えたら17インチのi-Lには不要なパーツだと思います。


【乗り心地】
とても良いです。
この価格の車でこんなに良いとはビックリです。
2ランク上の国産セダン並みと言っても過言ではない位です。


【アイサイト】
この手の車に乗ったのははじめてなので感動しかありません。
自動運転過ぎないところがまた良いです。
ACC使用時のブレーキの柔らかさと、高速道路での前方の車の認識距離がもっと伸びて欲しいです。


【燃費】
ハッキリ言って悪いです。
都内、街乗りで8km/L程度です。
燃費を気にされる方にはおすすめ出来ません。


【価格】
とても満足してます。
ただ、DOPがもう少し価格を抑えてもらえるとありがたいです。
特にナビ。


【その他】
アイサイトを除くオート系、センサー系の性能が弱いのかなと感じました。
CVTは低速でのもたつき。
オートライトは感度MAXにしましたが、夕方の点灯して欲しい暗さになってもスモールすら点きません。
外気温計は実際の温度より高く表示され、フルオートエアコンの風量に影響あり。
コーナーセンサーは何もないのに反応。

【総評】
とても満足しています。
レヴォーグと迷いましたが、私の使用状況に合っているインプレッサスポーツにして良かったです。

乗車人数
1人
使用目的
仕事用
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
東京都

新車価格
222万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
20万円

インプレッサ スポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

とむきゃさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
17件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格5

【エクステリア】
外見は飽きのこないデザインです。リアのライトがハッチの部分まで光らないのはどうかと思いますが、欠点といえばそこだけですかね。

【インテリア】
インテリアは以前のスバルに比べ上質感はありますが、高級感はありません。ただレヴォーグと比べると、年式が新しいこともあり、内装のデザインや使い勝手はインプレッサのが上だと感じました。輸入車を意識するのであればもっと内装オプションを増やして、皮のバリュエーションを増やすべきかなと。国産車全般に言えますが選択肢が少なすぎます。

【エンジン性能】
エンジンには満足しています。加速等も問題なく合流も楽々。ただインテリア同様にエンジンにも選択肢が欲しい。1.6ターボなんかも選択できるようになればもっといいです。
【走行性能】
走行性能は間違いないです。AWDということで安定性は抜群で雨、雪での安心感は抜群です。

【燃費】
燃費はAWDなのでリッター10行くか行かないかくらいです。私自身燃費は全く気にしてないので、エコな運転をすればリッター12くらいは行くと思います。
【乗り心地】
ホイールが18インチということで多少の段差の突き上げはありますが、気にはなりません。高速道路の繋ぎ目部分では突き上げ感も少なく快適そのものです。シートも私は非常に乗りやすくフィットするので疲れを感じにくいです。
【価格】
価格はこの車の性能を考えれば安いと思います。輸入車を仕事柄見る機会が多い私からすれば、価格を上げてでもインテリアにもっと選択肢を増やすべきかなとおもいます。車の性能が良いだけにもったいないかなと。ただスバルは高級路線も似合わないのでいいのかな。
【総評】
約二年この車に乗り、非常にいい車と実感しました。乗っていて不満もない車で、乗るたび運転の楽しさを感じる良くできた車でした。マイナーチェンジの内容を見て今回D型のインプレッサスポーツに乗り換えとなりました。D型ではツーリングアシストやシートメモリーもついてるので更に使い勝手もよくなるので楽しみにしております。
納車しましたら慣らしも含めてレビューしたいと思います。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年5月
購入地域
東京都

新車価格
261万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

インプレッサ スポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

cbr_ssさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:165人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4

【エクステリア】
実用性を土台にデザインを決めているのがよく分かる。
【インテリア】
ディーラーオプションナビにすると付いてくるナビの上の小物入れスペースが全てを台無しにしてる。
一体感がなく、先代の方がマシです。
【エンジン性能】
1.6Lは2000回転までのトルク感が薄く、やはり2Lのような快適な加速には及ばないものの、不自由は無く、回転が上がっても音は気にならない。
【走行性能】
このクラスでは間違いなくトップレベルでしょう。
カーブも綺麗に曲がります。
【乗り心地】
固めなのは間違いないですが、尖った入力はシャシーが上手に吸収します。
ロードノイズも静かで、この前乗ったマツダ3にも劣らないと思います。
【価格】
今どきキーレスプッシュスタートもオプションですが、逆に言えば、必要ないと思うオプションはある程度削れるので、安く済ませようと思えば、そらなりに手に届く価格になるのでは?
【総評】
今のライバルは国内だと、マツダ3などでしょうが、個人的には実用性、快適性を考えるとインプレッサでしょうね。

レビュー対象車
試乗

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ほむねこさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:225人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
4件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4

前車は2011年版の先代インプレッサスポーツです。まだまだ乗るつもりでしたが、もらい事故で廃車になり、フルモデルチェンジしたインプレッサに乗り換えました。代車で一ヶ月ほど30型プリウスに乗っていました。この新型は納車されて三ヶ月で、12000kmほど走りました。

私の職業は住職です。住職と言っても毎年150日くらいは寺を空けて、日本全国の寺で説教をして回る「布教使」という役目を頂いています。年間の走行距離は3万キロ位になります。あまりに遠いところは電車で行きますが、寺というのは交通の便が悪い所にある場合も多く、車で行くことが多いのです。

なので、自分にとって車選びの基準は、長距離をなるべく疲れず安全に移動できることと、僧侶ですからコンサバなデザインで、贅沢に見えないこと。先代も今もこの条件を完璧に満たすのがインプレッサです。

まず、車内は静かです。先代と比較しても静かになりました。そして車体のしっかり感というか、どっしりとした安定した走り心地があります。軽快に元気に走るという感じでは無いのですけど、運転していて安心できます。この車にするまで代車のプリウス(30型)に乗っていましたが、安定感、安心感は比べ物にならないと思います。台風や大雨の時は特にそう感じます。

また、EyeSightの追随クルーズコントロールは前よりずっと出来が良くなりました。レーンキープは割りと頻繁に切れますが、これもそこそこ使い物になります。雪が降っていないのでまだ本格的に試せては居ませんが、AWDも性能はいいことでしょう。先代では大雪の時に、他の車が殆ど全て立ち往生するなか、火葬場までの坂を苦もなく登っていきました。新型も同様だろうと期待しています。

燃費は、郊外路や高速が多いせいか、16km/lくらいは出ています。2.0LでAWDとしては十分にいいと思っていますが、今時の車の中では悪い方でしょう。ただ、時速90kmくらいでトラックの後ろをEyeSightで走ると、20km/lは軽く越えます。先代より1割くらいは良くなっていると思います。満足とは言えませんが、代車のプリウスも高速では22km/lくらいでしたから、これだけ走ればまあいいか位に思っています。

一つだけ残念なのがサイズの拡大で、私が行く寺というものは古い町並みの中に建っている事が多いので、1.8m近い車幅は正直ギリギリです。インプレッサもレガシィと同様にサイズを拡大してきましたが、これ以上は大きくならないようにと願っています。

そして若干注意が必要なのが最低地上高です。先代は145mmでしたが、新型は130mmになってしまいました。まだ擦ってはいませんがそれなりに気を使います。悪路を走るならXVにしろという事かもしれませんが、SUV的なデザインとなると僧侶である私にとっては葬儀場に行く際に困るのです。まあでも今のところ擦ってはいませんから、そんなに気を使わなくてもいいのかもしれませんが。

ただ、上の2点は何とか受け入れられる程度のことで大きな問題ではありません。私にとってこのクルマは走りを楽しむというよりも、自分の仕事の相棒であり、安心して長距離を確実に走るためのクルマです。色んな車に乗ってきましたが、私の使い方からは現状これ以上のクルマはないと断言できるくらい素晴らしいものです。先代は高速道路で追突されましたが、荷室が潰れても後ろのドアはしっかりと開閉でき、スバルのクルマの安全さを身をもって証明してくれました。

仕事で長距離を走り抜く方、このクルマは実にいいです。是非検討されてみてはと思います。

そしてスバルさんには、どうかこれ以上車体を大きくしないように切にお願い申し上げます。これ以上大きくなれば次は別の車を検討せざるを得なくなります。できれば次も「インプレッサ」にしたいので。

−−追記−−

18000km走りました。雪道での走行機会がかなりありましたので、ご報告します。
先代のインプレッサと同じく、AWDでツルツルの坂道でも登れるし、VDCやABSもよく効いてくれます。絶大な安心感があります。雪が降る度にインプレッサでよかったと心から思います。
ただ、今年の雪は尋常でなくて、十分に除雪のされてない道を走らなければならないときもかなりありました。そういうときは130mmという最低地上高の低さがネックになります。車体の下を雪塊が擦っているのがわかります。その部分の性能を求めるならXVを買えという事になるのかもしれませんけど、せめて140mm位あればなぁと思うことも。
現行インプレッサの吸い付くような走りにはこの最低地上高の低さも貢献していると思うので、難しいところですね。
普通に除雪された道や凍結路では安心感は他の車とは比べ物になりません。新雪をかき分けて進まなければならないようなシーンではあまり無茶はできない。あたりまえですが、そんな感じでしょうか。


−−追記−−

納車から二年、66000km走りました。最初の車検で10万キロ超えは確定のようです。その間に高速道路で飛び出てきた鹿を轢きました。鹿を轢いたのは僧侶としてすごく悲しいことなんですが、しょうがありません。
そしてでこぼこ道を走っていると、内装からけっこうビビリ音がするようになってきました。特にアイサイト付近からビリビリと音がします。これどうしたもんかなと思います。普通は6万キロくらい走ったらビビリ音しますし、そんなもんだと思って諦めたほうが良いのかな。
それ以外は、とても好調です。走りはいいし絶大な安定感と安心感があります。長距離走行が多いせいか、トータルの燃費は17KM/Lをこえています。2リッターのAWDとしては望外にいい数値です。一度北陸自動車道でトンネルを抜けたところにあったカチカチのアイスバーンでスリップしかけて冷や汗が出ましたが、電子制御が適切に介入してギリギリのところで制御できました。ホント冷や汗かきました。
私にとっては営業車みたいなもんですが、とても気に入って大事にしています。

乗車人数
1人
使用目的
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年8月
購入地域
滋賀県

新車価格
237万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
0円

インプレッサ スポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった204人(再レビュー後:77人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

らうーる・ごんされすさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:56人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
36件
自動車(本体)
1件
13件
レンズ
0件
8件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3

嫁さんの前モデルスイフトからの乗り換えです。
4WDが必須だとの事で、予算オーバーでしたがスバルにしました。
【エクステリア】
前モデルも好きでしたが、更に洗練された感じです。
【インテリア】
高級感については興味無いのでよくわかりませんが、必要十分です。
ただインフォメーション系が多すぎて最初は把握に時間がかかりました。
【エンジン性能】
ボトルネックです。もう少し楽しいエンジンだったらなと思います。
【走行性能】
SGPのポテンシャルは高いですね。旋回力も前のスイフトに負けてません。イヤ、勝ってると思います。それだけにエンジンが。
【乗り心地】
代車で借りたB型1.6LのAWDに乗ったら、タイヤサイズの影響でそちらの方が乗り心地は上でした。でも2.0Lの18インチが耐えられないほどではありません。
【燃費】
スバル車に燃費は野暮ってものでしょう。近距離、坂道有りの通勤だと11km/Lくらいです(1名乗車)。
高速道路の100km/h定速走行で16km/L程度(3名乗車)。何故か前モデルのフォレスターXTと同等。
【価格】
革シート以外、主要なオプションほぼ付けたので予定より高くなりましたが、満足度は高いです。
【総評】
SGPが素晴らしい。それだけにエンジンが残念。ボディカラーもあと少し増やしてはどうでしょうか。
次期レヴォーグに搭載されるエンジンに期待です。
今回1.6Lにも乗りましたが、急加速しないなら十分でした。登り坂の高速合流は辛いですが。
あと、Eye-Sightの刷新は急務です。トヨタ、マツダに置いていかれます。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年11月
購入地域
福島県

新車価格
266万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
20万円

インプレッサ スポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

インプレッサ スポーツ 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

インプレッサ スポーツ
スバル

インプレッサ スポーツ

新車価格:200〜270万円

中古車価格:68〜269万円

インプレッサ スポーツ 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <710

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

インプレッサスポーツの中古車 (全2モデル/1,861物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ViiBee
ユーザー満足度ランキング

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意