HVL-F32M レビュー・評価

HVL-F32M 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥21,085

(前週比:-20円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥15,800 (21製品)


価格帯:¥21,085¥42,016 (47店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥29,800

店頭参考価格帯:¥23,405 〜 ¥28,600 (全国704店舗)最寄りのショップ一覧

調光方式:ADI/P-TTL 最大ガイドナンバー(ISO100):32 重量:235g 機能:マニュアル設定/オートズーム機構/ワイヤレス発光/バウンス/連続発光/ハイスピードシンクロ(FP発光)/後幕 HVL-F32Mのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • HVL-F32Mの価格比較
  • HVL-F32Mの中古価格比較
  • HVL-F32Mの店頭購入
  • HVL-F32Mのスペック・仕様
  • HVL-F32Mのレビュー
  • HVL-F32Mのクチコミ
  • HVL-F32Mの画像・動画
  • HVL-F32Mのピックアップリスト
  • HVL-F32Mのオークション

HVL-F32MSONY

最安価格(税込):¥21,085 (前週比:-20円↓) 発売日:2014年12月上旬

  • HVL-F32Mの価格比較
  • HVL-F32Mの中古価格比較
  • HVL-F32Mの店頭購入
  • HVL-F32Mのスペック・仕様
  • HVL-F32Mのレビュー
  • HVL-F32Mのクチコミ
  • HVL-F32Mの画像・動画
  • HVL-F32Mのピックアップリスト
  • HVL-F32Mのオークション

HVL-F32M のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.10
(カテゴリ平均:4.41
レビュー投稿数:9人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
光量 調光範囲の広さ 4.00 4.44 15位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.36 4.17 6位
操作性 取り扱いは簡単か 4.17 4.29 13位
機能性 各種搭載機能は便利か 3.91 4.29 14位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

HVL-F32Mのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:133人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
11件
レンズ
11件
0件
カメラバッグ・リュック
3件
0件
もっと見る
満足度5
光量4
携帯性5
操作性5
機能性4

【光量】結婚式の撮影で購入しました。近くの人物を撮るには充分な光量はあると思います。

【携帯性】単3電池2本なのでとても軽量でカメラに装着して首から掛けても上下反転する事はありません。片手で撮っても安定してます。

【操作性】操作パネルはシンプルで分かりやすいです。本体の電源や設定と連動するので特に難しい操作は必要ありません。

【機能性】ワンタッチバウンス機能はありませんが、バウンスの角度はそこそこに確保されているのでそんなに不便は感じませんでした。ワイドアダプターとディフューザー?が標準装備されているのでシーンに依って使い代えも出来ます。

【総評】光量をもっと求めるのならば上位機種を選べばよいと思いますが重量は増えてしまいます。自分はそんなにストロボを使用しないので、この価格でこの内容なら納得です。但し、単3電池2本では意外と電池が早く無くなりますので、結婚式の様な長丁場の時は代えの電池の用意は必要だと思いました。

使用カメラ)α77U

レベル
アマチュア

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

KM-Photoさん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:244人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
19件
60件
デジタル一眼カメラ
4件
46件
フラッシュ・ストロボ
3件
1件
もっと見る
満足度4
光量4
携帯性5
操作性3
機能性4

α7Uとα6000で主に自宅室内でのバウンス撮影用に使用。

【光量】
自宅室内でのバウンス程度では問題ありません。
【携帯性】
HVL-F43Mと比べると、かなるスリムです。
【操作性】
1番気になるのは、本体で調光補正が出来ないことでしょうか。それくらい出来るようにして欲しかったです。
【機能性】
電池は単三2本ですが、室内でのスナップ程度では問題ありません。
屋外でハードに使う事がないので、小型軽量に徹した単三2本仕様は個人的に歓迎です。
【総評】
ソニー独自のクイックシフトバウンス機構を捨てて、軽量コンパクトに徹しています。
私の場合メインにはなりえませんが、使用用途を限定して、大きいフラッシュと使い分けるにはベストなザブフラッシュです。

レベル
アマチュア

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

不動明王アカラナータさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:81人
  • ファン数:71人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
3093件
三脚・一脚
0件
294件
プリンタ
0件
25件
もっと見る
満足度1
光量3
携帯性3
操作性2
機能性1

 普段からα99をメインにしてHVL-F43Mをコマンダーとして使用し、
HVL-F60Mを4発スレーブにしてワイヤレス多灯撮影を多用しているのですが、
HVL-F60Mのこれ以上の増灯は経済的に厳しいということで、
スレーブ用は今後はこちらのF32Mにしていこうと
考えて、1発だけ試しに買ってみました。

 こちらのクリップオンフラッシュをスレーブに用いたワイヤレス多灯撮影では
一切マニュアル調光が出来ないです。
SONYサポートから公式の回答を得ましたが、そういう仕様だそうです。
カメラをMモードにして、絞りなどを変えても、同じくらいの明るさに
写るし、2回発光しているようなので、おそらく強制的にTTL調光が働いています。

 クリップオンで多灯撮影を行っている方ならわかると思いますが、
多灯撮影ではTTLなんぞ役に立ちません。ある程度の技量、知識のある
カメラマンが、「どちらからどれだけ光を当てて、どういった陰影をつけよう」
って計算しながらマニュアル調光で撮影を行うものだと思っています。
そこにマニュアル調光が出来ない、強制的にTTL調光してしまうフラッシュを
一発入れたらどうなるでしょう? すべての陰影計算が完全にぶち壊しです。
公式サイトで多彩な撮影が可能でワイヤレス発光出来るってことも
強く書かれているわけですよ。もちろんマニュアル調光が出来ない
なんて一言も書いてありません。

 本音は返品したいのは山々ですが、ひとまずサポートには
ワイヤレスでも一応光るけど、ワイヤレス時はマニュアル調光が出来ないってことが
分かるように公式の仕様表の修正をしてほしいとお願いしておきました。

 ちなみにこのフラッシュ、ワイヤレススレーブ時には調光設定が全く出来ない
というだけでなく、ズーム設定も強制的に24mm固定になります。
まぁ・・・ HVL-F32Mをワイヤレスで使う目的で買うのは絶対にダメ・・・
ってのだけははっきり言えます。

 購入にあたってワイヤレス多灯を想定しておらず、
単発でオンカメラでのみ使う前提なら有りなフラッシュ
かもしれませんが・・・そんな用途ですらもF43Mにたいしてコストパフォーマンスが
大幅に劣るように思います。

参考になった19人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hikoasisさん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:180人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
12件
レンズ
7件
7件
イヤホン・ヘッドホン
2件
5件
もっと見る
満足度4
光量4
携帯性5
操作性4
機能性4

友人の結婚式でα7にFE16-35に、このフラッシュを装着して、7SにはFE70-200の2台体制で撮影しました。とても使いやすいと思います。

レベル
初心者

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

とうがらしの種さん

  • レビュー投稿数:76件
  • 累計支持数:565人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
238件
レンズ
21件
97件
デジタルカメラ
2件
40件
もっと見る
満足度5
光量4
携帯性5
操作性5
機能性4
   

   

お祝いで集合写真を撮るためフラッシュを購入する事にしました。

購入した●●カメラの店員に確認したら、室内で、20人ぐらいで、5メーター離れた所の撮影は、調べてもらったらOKとの事です。

部屋の大きさにもよるらしく1つ大きいのを、すすめられました…、個人的にも大きい物を購入予定に行きましたが、現物を見てみたら、後々持ち歩くのにカメラ本体のバランス的に限界だと思ったのと、無いよりは、有った方がいいとの事で、これを購入しました。

凄く満足してます。

レベル
アマチュア

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ごパン014さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

双眼鏡・単眼鏡
1件
1件
無線LAN中継機・アクセスポイント
1件
0件
インク
1件
0件
もっと見る
満足度4
光量4
携帯性4
操作性4
機能性4

α58で使用しました。軽くてバッテリーも単3を2本でOK、それも充電池で充分いけます。調光範囲も広いようですし、3枚連写で使用しましたが、まったく問題ありませんでした。専用バックも付いていて持ち運びにも便利です。欲を言えばストラップのような持ち手があるともっと良いのでしょう。コストパフォーマンス的には十分満足しています。ムービーでの使用を考えている方には、もう一つランクの上の型が良いでしょう。フォト使用ならばこれで充分と思います。

レベル
アマチュア

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

三河のトトロさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:105人
  • ファン数:26人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
486件
レンズ
2件
54件
スマートフォン
0件
4件
もっと見る
満足度4
光量4
携帯性4
操作性5
機能性4

【光量】
 アマチュアカメラマンの私の使用範囲でガイドナンバー32で
 不足するような事はないと思います。

【携帯性】
 軽くて良いです。

【操作性】
 簡単明瞭です。操作に迷うような事はないとおもます。

【機能性】
 α77Uのワイヤレスストロボとして購入しました。
 同調性能に問題は全くありません。
 ハイスピードシンクロに対応しているのも使い勝手がいいです。

【総評】
 元々、ストロボを付けたルックスが格好悪いのが嫌いで、もっぱら
 ワイヤレス派でしたが、意外だったのは、α7Uに良く似合うことです。

 α7シリーズはFEレンズが大きいこともあって、AF補助光が
 レンズでカットされてしまって室内撮影では意味を成しません。
 HVL-32MにAF補助光を付けてほしかったです。

レベル
アマチュア

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

TTcomさん

  • レビュー投稿数:48件
  • 累計支持数:463人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
17件
16件
デジタル一眼カメラ
4件
19件
SSD
4件
5件
もっと見る
満足度5
光量4
携帯性4
操作性5
機能性5

SONYのフラッシュは、NEX-5R(HVL-F20S)のち、リングライトHVL-RL1、HVL-F43Mを使っています。
多灯ライティングをやってみたくなりHVL-F43Mに続いてHVL-F32Mを購入しました。
職場ではα6000+HVL-F20Mでしたが、HVL-F20Mは、一度落として、首がグラグラとなり2〜3週間後に折れてしまいました(弱い・・・。あまりオススメしにくいです)。

こちらは、結局なんだかんだ言って満足です。それは旅行に持って行って軽くて持ち運びやすいからです・・・。
またα7+HVL-F32Mを付けてあるいていると、私は素人ですが、最近、何度かプロまたは仕事で写真を撮っている人と間違われました(^^;)。

【ガイドナンバーについて・・・】
焦点距離100mmでガイドナンバー32です。
焦点距離35mmなら実質20強ということでしょうか・・・(ニコンの表記と比較して)。

【デザイン】
良い意味でも、悪い意味でも、α独自の「クイックシフトバウンス」を捨ててしまって、他社と同様に普通なデザイン。

【操作性】
普通ですが、バウンスのための首振りは、キャノンのスピードライト430EXUと同じ動きで、自由に方向を変えるためには2ステップ必要です。HVL-F43Mに比べれば左右と後ろでは1ステップ操作が増えました。
後方へのバウンスは首を180度回転させてから角度を調整する必要があります。

正直「クイックシフトバウンス」の味を知ってしまった後では、めんどくさいです(慣れればラクでした・・・)。
新しいせいなのか、首振りはやや硬く華奢な固体で、HVL-F43Mより明らかに安っぽいプラスチック素材で簡単に壊れるのではないかと不安を感じさせます。
(HVL-F20Mは一度落として、首が斜め5度くらい傾くようになって、いつもグラグラしてますが何とか使えてます
 → その後、完全に折れました・・・)。

4つのボタンのみで操作するので、簡単にワイヤレスのコントロールとRMTを設定できます。
バッテリー残量が一目で分かるのも良いです。

【電池】
エネループで普通に使えます。2本ですので発光回数を犠牲にして携帯性重視となっています。
HVL-F43Mより発光回数は明らかに少ない感じです。HVL-F43Mが発光回数が多いのかもしれないです。
2泊3日の旅行では、フラッシュを多用しましたが、以外と電池はもって、一度もエネループを交換しませんでした(合計850枚くらいの撮影で、日中のハイスピードシンクロ・夜間のフラッシュも織り交ぜて使っていましたが・・・)。

【携帯性】
正直、少し愕然としたのはHVL-F43Mよりケースの横幅が大きいことでした。
本体は小さいのに、ケースは横幅がややデカイです。
並べるとHVL-F43Mの方が細く見えて小さく見えます。
重さは、こちらの方が断然軽いです。

【機能性】
HVL-F20Mでは正直、光量が足りないし、光源が明かに点な感じでした。
HVL-F32Mは、光源は広めで、さらに光量で不足を感じることはありませんでした。
ハイスピードシンクロ、コントローラーになれる、天井バウンスなどなど、これでできないことはないのではないかと思います。
何気に、斜め後ろへのバウンスはHVL-F43Mよりも、後ろ側に向ける角度が大きいかもしれません。


【液晶】
見やすい。シンプル。

【対抗機種】ニッシンのi40と迷いましたが、多灯ライティングでコントローラーにもなれるのは純正だけなようなので、HVL-F32Mを購入しました。
ニッシンさん、小さいのに何でもできるi40という宣伝でしたが、唯一コントローラーになれないところが痛いです。コントローラーになれたらi40を購入していましたよ・・・(ここで言っても仕方がないですが)。

【総評】
軽くてα7にピッタリ、そんな幻想を抱いて購入しましたが、正直、私はHVL-F43Mの方が大好きです。

しかし・・・。その後、旅行に持って行ったところ、やはり軽いのがいいです。
α7にHVL-F43Mを付けて首からストラップでさげていると、すぐに上下がひっくり返ります。
HVL-F43Mが重いからです。
HVL-F32Mも、やはりひっくり返りますが、HVL-F43Mほどはひっくり返りません。

売り払ってもう一台HVL-F43Mが欲しいと思っていましたが、HVL-F43Mは重いのでα7につけてストラップで首からぶら下げているとバランスが悪くて気を遣うのは確かです。
より軽いHVL-F32Mを荷物を軽くする必要があるシーンではメインとして使っていこうと思います。

欲を言うと「クイックシフトバウンス」のガイドナンバー32の軽量モデルを出して欲しいです・・・。

比較製品
SONY > HVL-F43M
SONY > HVL-F20M
レベル
初心者

参考になった6人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

1000005さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
43件
レンズ
3件
4件
ドライブレコーダー
0件
5件
もっと見る
満足度5
光量5
携帯性5
操作性5
機能性5
   

とある用途の完成形です(α6000 + SELP18105G + HVL-F32M)

   

メーカーのサイトには、α7シリーズに最適なコンパクト・スリムかつ軽量設計のフラッシュと紹介されていますが、α6000にもピッタリだと思います。

【光量】

■出先や旅先での背景を取り入れたポートレート、暗い被写体の補助光など、私の使う範囲ではちょうど良い光量です。

【携帯性】

■軽量・コンパクトで持ち運びに便利です。

【操作性】

■オートに徹すれば、基本的に電源のon/offと発光するかしないかのシンプルな操作性です。

【機能性】

■通常の角度と縦横のバウンスに加えて、近距離用のやや下向きの角度も可能です。

■後幕シンクロやハイスピードシンクロ、スローシンクロなどの設定はカメラ側で行うので、カメラにその機能が無いと使えません。

■レンズ側で対応していれば、高精度なフラッシュ調光を得られる ADI調光も可能です。

■24-105mmレンズの画角をカバーし、更にレンズの焦点距離に応じて自動切換えは便利な上に、手動操作によるミスも未然に防止できます。

■ワイドパネル装着時15mmレンズの画角をカバーします。

■ワイドパネルとアイキャッチシートが機能的に収納されています。

【総評】

内臓フラッシュでは、SELP1650以外の、SEL1670Zなどの所有するすべてのレンズでケラレます。

そこで、ニッシンデジタルのi40がソニー対応で高性能・低価格のコストパフォーマンスの高い製品に注目しました。

しかし、コンパクトで全高が85mmのi40は、ペンタプリズム部の無いミラーレスでは高さが足りずにケラレそうなので止めました。
(調べたり検証はしていませんので、私の思い過ごしかもしれません)

ちょうどソニーからHVL-F32Mが発売されたことを知って、SEL1018やSELP18105Gにフードを付けたまま撮影してみると、ケラレることもなくシステム全体が軽量で機能的にも問題が無いので購入しました。
良いモノが手に入ったと思います。

レベル
初心者

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

HVL-F32Mのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

HVL-F32M
SONY

HVL-F32M

最安価格(税込):¥21,085発売日:2014年12月上旬 価格.comの安さの理由は?

HVL-F32Mをお気に入り製品に追加する <107

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[フラッシュ・ストロボ]

フラッシュ・ストロボの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(フラッシュ・ストロボ)

ご注意