α ILCE-QX1 ボディ レビュー・評価

α ILCE-QX1 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2014年10月10日
付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2040万画素(総画素)/2010万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.2mm×15.4mm/CMOS 連写撮影/秒:3.5コマ 重量:158g α ILCE-QX1 ボディのスペック・仕様

中古価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

ご利用の前にお読みください

  • α ILCE-QX1 ボディの価格比較
  • α ILCE-QX1 ボディの中古価格比較
  • α ILCE-QX1 ボディの買取価格
  • α ILCE-QX1 ボディの店頭購入
  • α ILCE-QX1 ボディのスペック・仕様
  • α ILCE-QX1 ボディの純正オプション
  • α ILCE-QX1 ボディのレビュー
  • α ILCE-QX1 ボディのクチコミ
  • α ILCE-QX1 ボディの画像・動画
  • α ILCE-QX1 ボディのピックアップリスト
  • α ILCE-QX1 ボディのオークション

α ILCE-QX1 ボディSONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年10月10日

  • α ILCE-QX1 ボディの価格比較
  • α ILCE-QX1 ボディの中古価格比較
  • α ILCE-QX1 ボディの買取価格
  • α ILCE-QX1 ボディの店頭購入
  • α ILCE-QX1 ボディのスペック・仕様
  • α ILCE-QX1 ボディの純正オプション
  • α ILCE-QX1 ボディのレビュー
  • α ILCE-QX1 ボディのクチコミ
  • α ILCE-QX1 ボディの画像・動画
  • α ILCE-QX1 ボディのピックアップリスト
  • α ILCE-QX1 ボディのオークション

α ILCE-QX1 ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:3.98
(カテゴリ平均:4.62
レビュー投稿数:6人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 3.49 4.52 -位 見た目のよさ、質感
画質 4.18 4.54 -位 画像の精細さ、ノイズの少なさなど
操作性 2.33 4.30 -位 メニュー操作・設定のしやすさ
バッテリー 3.48 4.16 -位 バッテリーの持ちはよいか
携帯性 3.51 4.26 -位 軽さ、コンパクトさ
機能性 3.00 4.42 -位 手ぶれ補正、撮影モードなど
液晶 無評価 4.33 -位 液晶画面は見やすいか
ホールド感 2.59 4.43 -位 しっかりホールドできるか
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α ILCE-QX1 ボディ

α ILCE-QX1 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:103人
  • ファン数:43人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
6件
783件
4件
401件
デジタル一眼カメラ
5件
306件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性3
液晶無評価
ホールド感4
当機種
当機種
当機種

当機種
   

   

QX100からの追加です。

やはりレンズを交換できる点が一番でしょうか。
とは言ってもE 1.8/50がほとんど付きっぱなしですけれど・・・

本体に液晶が無いためいろんな角度からの撮影が可能です、スマホが無くてもRM-LVR1などがあれば確認程度に撮影ができます。
人によっては接続までに時間がかかりイラつくかもしれませんが、自分はその点は殆ど気にしてません。

元々がマクロ撮影がメインなため風待ちなど当たり前なため接続時間を気にする程でもないと思ってます。

サブシステムとして機能することが多いです。
メインカメラはじっくりとRAW撮りで、こちらはRAW+JPGで撮っておいてそのままスマホでアップしてます。
スマホとの連携が基本になってるためその場でゴテゴテした装備じゃなくても気軽に撮影、編集、アップができるのはメリットになります。
最近はカメラにNFCなど付いたものも増えましたが個人的にはレンズスタイルカメラの方がそういった使い方だと向いてると思います。

レンズスタイルカメラは今までの写真の撮り方を変えて自由な発想ができ、スマホの交換レンズとして考えればアリだと思います。

ですが、デメリットとしては・・・
他の方も言われてるように接続時間を気にする人には向きません。
またQX100などから比べると普通にでかくなるのでグリップ性としては良いけどその分邪魔と思う人もいるかと。
撮影方法もNEXから比べてシンプルなためどちらかというと一眼よりもコンデジに近い。
コンパクトで気軽さを選ぶならQX100やQX10の方が良いかも。

自分はオールドレンズなども使えるのでQX1も気に入ってます。
その時によってQX1、QX100、QX10の使い分けを楽しんでます。
意外にこの3つでも旅行に対応できたりするんですよね。

こうあるべきと考える人には向かないカメラだと思います。
そんなこと考えずにこうすると面白いんじゃないか?的な発想を持っている人には良いカメラかも。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
室内
その他

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Lenorjpさん

  • レビュー投稿数:82件
  • 累計支持数:269人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

掃除機
4件
12件
ノートパソコン
5件
3件
イヤホン・ヘッドホン
7件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン3
画質5
操作性2
バッテリー2
携帯性4
機能性3
液晶無評価
ホールド感2

【画質】
携帯カメラと比較するととてもいいです。一眼レフとしては普通。

【操作性】
直感的ではないですね。スマホで設定しないといけないので。慣れるのでしょうか。

【バッテリー】
これは悪いです。というのも、接続していなければならないと、電池がどんどん減ります。接続していなければ減りませんが、そうすると「さー撮ろう」と思ってから30秒くらい待たなければなりません。

【携帯性】
小さいです。

【機能性】
スマホの操作なので面倒です。しかも撮ろうと思ってから30秒くらい待たないといけないので、さらに何か操作しようとは思えません。

【液晶】
なし。

【ホールド感】
携帯をつけるとホールド感は良くないです。携帯によってはボリュームボタンにかかってしまって、それを避けるために端のほうにつけなければならないので、安定しません。

【総評】
普通の小型のデジ一を買ったほうがいいと思います。コンセプトとしては面白いし、理解できますが、実際にはそれが使用シーンにあいません。これを持って旅行に行きましたが、写真の撮影枚数が10分の1くらいになりました。それくらい面倒になります。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

だいすけ+さん

  • レビュー投稿数:39件
  • 累計支持数:284人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
11件
313件
タブレットPC
5件
60件
デジタル一眼カメラ
1件
34件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性3
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶無評価
ホールド感3

【デザイン】
普通におしゃれですね。全然ダサいとかは感じないです。

【画質】
多少中〜上位他機種と比較すると粗が出ますが、悪くはないです。XPERIA Z4 SOV31とはまた違う写りをしてくれます。

【操作性】
本体のみで撮影する分には、何も悪いところはないです。ただ、スマホに常に転送する使い方をすると、タイムラグが激しいです。またもう一歩という感じですが、メニューに操作しづらい点があり、慣れが必要と感じました。少々イライラします。ただ、他社カメラより、分かりやすいしUIがおしゃれだし、連携力も他に手持ちのカシオやキヤノンやオリンパスより良いのは気に入ってます。

【バッテリー】
普通に1日以上は持つかと思います。というか、バッテリーが無くなるよりSDの空き容量の方が先に一杯になるくらい撮影できます。16GBを使用してます。また、こちらのカメラというか最近のソニーのカメラは、Androidスマホと同じ充電端子なので、スマホ用のモバイルバッテリーを使えるのもバッテリー残量を気にしなくてすむ結果に繋がってます。

【携帯性】
賛否両論ですが、私は邪魔には感じないし重さを感じないです。まあ、レンズがパワーズームレンズしか持っていないのと、ケースも純正でなく、レンズケースでジャストサイズのものを使ってるので、だから邪魔にならないのだと思います。また上記にも書いた通り、充電器もメーカー推奨でないかもしれないですが、電器店ではZ4の純正充電器で充電していいと言われているので、レンズ付きの本体だけ持ち歩けば良いのも携帯性に貢献出来てます。

【機能性】
こういったものにしては、随分多機能だと思います。また、多機能だけど気軽にシンプルにも使えます。フラッシュも内蔵なのがいいですね。それと、電器店等では、スマホ転送必須と説明を受けますが、転送しない設定にも出来るので、レスポンスもそれにより向上します。また構図確認不要ならスマホと繋がなくても撮れます。

【液晶】
スマホの機種次第ですので、無評価としてます。

【ホールド感】
スマホにくっつけると、色々不安になりますが、逆に、私みたいに今までレンズを支えることをしなかった人間には、レンズを自然に支える術を身に付けられていいと思います。要は、レンズというか本体を持つ分にはホールド感はバッチリです。また、下から支えるように持つ感じは嫌、という方は、純正オプションを付ければバッチリです。

【総評】
あえて既に出てるような話を避けて書きましたが、普通のカメラとは使い方の異なるカメラです。一つ出てない言い方をすれば、自撮り棒とは相性バッチリです。手元で写りを確認しながらシャッターまで切れるので、安い一脚でも気軽に撮れちゃいます。他におすすめや提案があれば、再レビューや口コミで書いていきますね。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
夜景
その他

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yasuda50sさん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:207人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
2件
56件
ビデオカメラ
2件
30件
太陽光発電 購入相談
0件
21件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質4
操作性2
バッテリー4
携帯性2
機能性4
液晶無評価
ホールド感無評価

メリット
APS-C素子の光学的解像度がありながら、
ボディがコンパクトな点。それ一点だと思います。
そこに価値を見出せるかどうか。

機能では、QX100では出来なかった有線リモートでの操作が
出来るようになったのが大きく、それが決め手でQX1を購入した。
全体のバランスはQX100の方が良いと思う。
また、wifiがオン/オフできるようになったのも良い。

デザイン面では、底面が大きく、安定して自立するのが良い。
初期のアクションカムが自立しなかったの比べれば進歩。


デメリット
手持ち撮影には向かない。
スマホと合体させても、操作性などストレスが溜まる。

携帯性も、コンパクトではあるけど形が円筒だし、
レンズが本体内に引っ込まないので、
APS-Cの高級コンデジよりも、ポケットやカバンに入れにくい。
ちなみに、商品の箱も円筒形で、しまいにくい、、、、。

重量も、軽量なパンケーキレンズと組み合わせたとしても、
GRなどAPS-C高級コンデジより重くメリットは無い。
バッテリは大きく、容量があるので良いが。

機能面では、
インターバルタイマー、GPSユニットオプションは欲しい。


まとめ
いずれにせよ、手に持って撮影する普通のカメラを探している人には向かない。
軽量コンパクトで高画質を求めるなら、APS-Cの高級コンデジの方が良いでしょう。

特殊な使い方とアイデアで、他にはない視点の写真を取れる可能性は感じる。
使い方しだいですね。

レベル
初心者
主な被写体
風景
その他

参考になった6人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

PY-VEGAさん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:121人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
7件
0件
デジタルカメラ
4件
0件
スマートフォン
4件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質3
操作性2
バッテリー3
携帯性3
機能性2
液晶無評価
ホールド感3

【デザイン】
レンズそのものに見える斬新なデザインは相変わらず。
ただキットレンズだと外周がマウント部、レンズの胴体、ズームリングがまちまちでチグハグ感があります。
どちらかと言えば大きいレンズを付けた方が似合うと思います。

【画質】
当たり前ですが、レンズ次第。
キットレンズであるSELP1650の場合、同じ値段帯の明るいレンズを持ついわゆる高級コンデジには負けます。
Eマウントレンズを持っておらず、キットレンズでQX1を使おうと思っているのであれば、一回り小さくデザインも洗練されているQX100をお勧めします。

NEX-7との比較では高感度は1段強くなっている印象がありますが(※ISO AUTOも1段上がって3200まで)、プレミアムおまかせオートにて、非常に暗い場面でもシーンを夜景と認識してくれることが少なく(バグレベル)、マルチショットをほとんどしてくれないため、シャッター速度が落ちて手ぶれを誘発します。

またプレミアムおまかせオートおよびおまかせオートではシャッター速度を1/160を保ちたがるので、少しでも暗いとISOがAUTOの最高値である3200まで上がって画質が落ちてしまいます。
(※P/AモードではISO1600→シャッター速度1/60→ISO3200→シャッター速度を更に落していくといった制御になります)

ポートレートで使用する場合、人物と認識するとF値がほぼ4.0固定になってしまうのも痛いです。
明るいレンズ(SEL50F18)を付けていてもオートモードではそれを生かせません。

普通のカメラであればオートモードを使用しなければ良いだけなのですが、まだまだPlayMemories Mobileのレスポンスが悪く、設定変更には手間がかかる上、ライブビューリモコンの場合はおまかせオート固定となってしまうので、オート制御をもう少し賢くして欲しいです。

【操作性】
PlayMemoriesへの接続性や安定性は初期のレンズスタイルカメラとは雲泥の差。
普通のカメラには程遠いものの1分あれば安定して撮影に入れるのは大きな進化です。

とはいえメニューの洗練度はまだまだ。例えばタッチシャッターとロックオンAFが別項目になっている(同時使用が出来ないので同項目にまとめるべき)など、無駄な部分が多く感じられます。

【バッテリー】
液晶がない上、バッテリーも強化されたのでカメラそのもののスタミナはかなり心強いです。
特に動画は30分まで連続撮影可能となったこともあいまって、動画用には申し分ないかと。
USB給電しながら使用することは出来なくなってしまいましたが、普通に使う分には問題ないと思います。
ただ性質上スマホ側のバッテリーを半端なく消費してしまうのが大問題(※接続切れても録画は維持されますが)。

【携帯性】
意外とマウント部が分厚い上、フリーアングルシューティングキットでさらにかさばってしまいますが、APS-C画質の携帯性としては申し分ないと思います。

【機能性】
超解像ズーム(単焦点レンズでも使用可)、連射、フラッシュ、タッチAF、ロックオンAF、RAW対応など大幅強化。
が、肝心のAF性能が前時代のコントラストAF仕様で半端なく遅いです。
特にタッチAFはWiFiのラグも相まって、数秒かかるので動体への対応はほぼ無理と思った方が良いかと。
また本体シャッターでも半押しまでのストロークが微妙に長いのもAFが遅く感じられてしまう要因です。
α5100の素晴らしく優秀なファストハイブリットAFを搭載してくれなかったのが残念。

ちなみにフラッシュはチャージ時間をそれほど意識することなく使用できて結構実用的です。
※連続撮影&フラッシュ&画質ファインで約30秒(30枚)の連続撮影が可能。

【液晶】
なし。大抵のスマホは普通のカメラの液晶より大きいので、そういう意味では優秀。
ただ接続の早さ等も考慮するなら基本はライブビューリモコンとの組み合わせがお薦めです。
こちらの液晶はフレーミングの参考程度レベルですが…。

【ホールド感】
従来のレンズスタイルカメラより一回り大きくなってしまったので、かなり持ちにくい印象です。
とはいえキットレンズならばズームレバーに手が届きますし、何よりフリースタイルのメリットは大きいです。

【総評】
純粋にレンズスタイルカメラとして評価するのであればサイバーショットの3機種の方が洗練されていると思います。
ただレンズ交換出来るミラーレスでこういった商品が実用化されたこと自体が嬉しいです。
まだEマウントレンズは2本(SELP1650/SEL50F18)しか持っていないので、QXに合うレンズを探したいと思います。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
室内

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

anikikabuさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
4件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質4
操作性1
バッテリー4
携帯性4
機能性2
液晶無評価
ホールド感1
当機種SEL30M35での作例
当機種SEL18200の作例
当機種SEL16F28での作例

SEL30M35での作例

SEL18200の作例

SEL16F28での作例

別機種マウントアダプターでCanon EF 70-200mm f/2.8L IS II
別機種自撮り棒での撮影が面白い
 

マウントアダプターでCanon EF 70-200mm f/2.8L IS II

自撮り棒での撮影が面白い

 

デザイン
レンズも液晶もないのでデザインがどうというか難しいです。


画質
α5000そのまんまな感じです。
SONYらしいというか、べたっとした絵作り。
スマホのカメラよりは格段に良い絵を出します。

操作性
iPhoneだと接続まででも面倒、Xperia Z Ultraだとそこそこスムーズ。
スマホ側のソフトが少々使いにくい。(絞りを変えたりするのに一苦労)
ソフトをもうちょっと使いやすくしてほしい。

バッテリー
液晶が無い分バッテリーの減りは遅い感じです。

携帯性
これはレンズ次第で変わりますが、SEL16F28装着の場合、APS-Cでこれだけ小さく持ち運べるんだという事と本体自体は非常に小さく軽いです。

機能性
撮影モードが少なく、マニュアルが出来ないのが難点。

ホールド感
丁度持つときに親指がかかる位置にシャッターボタンがあるので持ってて誤まって撮ってしまう事があるので、ホールドしにくいです。

満足度
正直高いおもちゃだとは思います。
しかしどうやってこのおもちゃの楽しみ方を見つけるか、そこにチャレンジさせてくれる道具でもあります。
個人的には自撮り棒での高い位置から簡単に撮影などは面白いと感じています。


http://deziiti.com/

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
その他

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

α ILCE-QX1 ボディ
SONY

α ILCE-QX1 ボディ

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年10月10日

α ILCE-QX1 ボディをお気に入り製品に追加する <139

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意