PCM-D100 レビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
2013年11月21日 発売

PCM-D100

DSDなどのハイレゾ録音に対応したICレコーダー

PCM-D100 製品画像
最安価格(税込):

¥88,000

(前週比:+4,630円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥88,026

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥88,000¥117,941 (32店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥89,980 〜 ¥95,540 (全国702店舗)最寄りのショップ一覧

内蔵メモリー容量:32GB 最大録音時間:477時間 PCM-D100のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • PCM-D100の価格比較
  • PCM-D100の店頭購入
  • PCM-D100のスペック・仕様
  • PCM-D100のレビュー
  • PCM-D100のクチコミ
  • PCM-D100の画像・動画
  • PCM-D100のピックアップリスト
  • PCM-D100のオークション

PCM-D100SONY

最安価格(税込):¥88,000 (前週比:+4,630円↑) 発売日:2013年11月21日

  • PCM-D100の価格比較
  • PCM-D100の店頭購入
  • PCM-D100のスペック・仕様
  • PCM-D100のレビュー
  • PCM-D100のクチコミ
  • PCM-D100の画像・動画
  • PCM-D100のピックアップリスト
  • PCM-D100のオークション

PCM-D100 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.41
(カテゴリ平均:4.23
レビュー投稿数:17人 (試用:1人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.38 4.13 -位
操作性 ボタンの配置や、操作のしやすさ 4.20 3.94 -位
音質 音質の良さ 4.76 4.18 -位
マイク感度 マイク感度の良さ 4.63 4.22 -位
録音時間 録音時間は十分か 4.84 4.50 -位
機能性 機能が充実しているか 4.31 4.16 -位
バッテリー バッテリーの持ちの良さ 4.62 4.22 -位
拡張性 軽さ、コンパクトさ 3.72 4.08 -位
対応形式 対応フォーマットの多さ 4.61 4.02 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

PCM-D100のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:57人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
3件
5件
ビジネスソフト
3件
2件
デジタル一眼カメラ
4件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
操作性5
音質5
マイク感度4
録音時間5
機能性3
バッテリー5
拡張性2
対応形式4

 中古入手によるレビューであることをはじめにお断りしておく。

 異常なほど値崩れしないのは、初代RX100と同様。価格も市場の差も大きいのだが、その割にRX100ほど評価が定まっているわけではないように思う。

 外観はPCM-D50のバージョンアップ版といった感じ。実際、キャリングケースもACアダプターも電池ケースも流用できる。SONYらしい質感の高さとセンスの良さも同様に健在。
 PCM-D50に比べ、液晶が大きくなり録音ボリュームが左右で調整可能になった。内蔵メモリも豪勢に増量。メモリースティックからの実質的路線変更で、SD-Xも使用可能となった。

 USB接続時のパソコンへの転送速度はDR-100MK3>PCM-D100>LS-100。DR-100MK3の7割ほどの速さ。カードリーダーを使えば済む話だが。

 D100の魅力はとにかく再生音がいいこと。AKGのK702も朗々と鳴らす。レンジが広く透明感も高いうえに力感もある。どちらかといえば寒色系だが「あぁいい音だなあ」と思わず笑みのこぼれそうなサウンド(あくまで駄耳素人の感想です)。

 反面、相変わらずのファンタム電源未搭載。XRL-1を使えば選択肢はグッと広がるが、すでに発売されておらず、中古も希少。手に入れたとしても耐久性などで悪名高い?ステレオミニ端子による接続となってしまう。しかもせっかくのポータビリティがかなり損なわれる。多くの方がご指摘されているように、外部マイクを使う前提で考えれば、どうひいき目に見てもDR-100MK3やLS-100より劣勢なのは明らかだ。同じSONYならD10が対抗馬となる。

 しかし、D100ならではの高音質を生かし、室内再生やLINE・デジタル録音に用いるならば活路は開ける。個人的には、コンパクトカセットやアナログレコードのデジタル化などで活躍が期待できる。FPGAチューナーやAccuphaseの4桁台のチューナーがあれば、FMのデジタル録音も可能となる。

 ただ、現代に蘇った「デンスケ」としては、かなり変則的な使い方。とにかく新品は高い。せめて6万台に下がらないものだろうか。

主な用途
音楽

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ピシャールさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:210人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
35件
レンズ
2件
8件
デジタルカメラ
0件
6件
もっと見る
満足度2
デザイン4
操作性3
音質4
マイク感度4
録音時間4
機能性4
バッテリー4
拡張性3
対応形式4

何やらカタコト本体内から音がするので、どこか原因を突き止めたら
電池ケースでした。筐体内に僅かに遊びがあり、電池ケースが動いて異音が出ます。
セロテープ2枚重ねにして電池ケースの両側に貼って音が出なようにしていますが、
高い買い物だけにがっかりです。
見た目からは気づかないので、こんなとこに落とし穴があるとは夢にも思いませんでした。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

TV4343さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:84人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

UQ WiMAX モバイルデータ通信
0件
4件
イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
スマートフォン
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性4
音質5
マイク感度4
録音時間5
機能性5
バッテリー5
拡張性5
対応形式5

後継機のD10が発売され、その評判も非常に良いようです。発売から既に数年が経過した本機の影は薄くなりつつあります。D10の購入も考えましたが、説明書やレヴューをいろいろと調べていくうちに、気になる点がいくつか出て来ました。D100を4年半使用してきたユーザーとして、2つの機種の比較を中心にレヴューしたいと思います。

・D10は、生録音に特化した形で開発され、コストダウンが図られたモデルで、その限りにおいて、非常にC/Pが高い製品です。

・D100は、厚みはともかく、スマートフォンとほぼ同じサイズで、上着のポケットにすっぽり入り、専用ポーチを使えばベルトに挟むことも出来ます。しかし、D10はそれに比べてかなり大きくなり、私のように携帯音楽プレーヤーとしての使用が中心のユーザーにとっては、大きなマイナス点となります。

・D100の最も良いところは、、送り出し側の音源のグレードを上げていけば、それに比例して、再生音のグレードも上がっていくことです。D10では、光ケーブルを使ったデジタル入出力端子が省略されたことは大きな変更点です。私は、D100の購入後、プレーヤーをDENONのSX1に変えたところ、SX1のレヴューにあるように、CD(WAV)の音がまるでハイレゾのように聞こえるようになりました。それだけの録音性能がD100に備わっていたということです。

・D100では、DSD録音が可能でしたので、Yケーブルをマイク端子に繋いで、SACDをそのままのクオリティで録音することが可能でしたが、D10ではそれが出来なくなったようです。まだハイレゾになっていない音源はかなりありますので無視できないところ。

・ちなみに、光ケーブルについては、SONYが作った規格だけに、SONY製の廉価なケーブルでも充分いい音がします。一応、海外製の太い、ある程度高性能な光ケーブルを使用していますが、音質に大きな差がある訳ではありません。ただYケーブルについては、SACDの信号だけに、しっかりしたケーブルを使用する必要があります。最初、6000円くらいのケーブルを繋ぎましたが、歪みが酷かったため、Mogami製のケーブルに変えたところ、歪み感のない非常にクリアな音になりました。ケーブルの選択でここまで変わるとは、驚きでした。

・D10の説明書を見る限り、D100にあった、16ビット音源の時に働くSBM録音や、16ビットのWAV音源を24ビットにアップサンプリングして再生する機能がなくなっています。また、D10のレヴューに、2機種の音質を比較された方が、D10は「1枚ベールが掛かったような」音質とのコメントがありました。実勢価格はともかく、定価レベルでは倍近い差があるので、そのあたりのコストダウンの影響があるのかもしれません。内蔵メモリーが、32から16ビットに減少したことも無視できない。

・繋ぐイヤホンは、以前はMDR-EX1000を使用していましたが、2019年春発売のIER- Z1Rに変えたところ、素晴らしい再生音に変わりました。経験上感じていたことですが、SONYのプレーヤーの性能を最大限発揮させるのは、同じSONYのイヤホンということを改めて感じました。以前、SONYのプレーヤーに、SHUREとSONYのイヤホンを繋いだことがありましたが、価格が半額以下にも関わらず、SONYのイヤホンの方が、ずっといい音で鳴って驚いたことがありました。おそらく別のプレーヤーで聴けば、別の結果になった気がします。相性というのは、確かに存在します。

・乾電池はEVOLTA等の高電圧のものを、メモリーも読み取り・書き込み速度の速いものを使いたい。単3電池4本を使うことで機種が重くなる(本体は意外と軽い)のは仕方がないが、充電式よりも音質面、使用時間面で有利になる。WAVで21時間、DSDでも15時間連続再生可能(説明書表記)。

・リニアPCMレコーダーの購入者の主な用途は生録音であるので、D10の今回のような変更は理解出来ます。ただ、D50、D100(同じ設計者)と続いて来た、ライン入力での高い録音性能、携帯音楽プレーヤーとしての使用への配慮が、切り捨てられるとしたら、非常に残念です。D100の開発者のインタビュー記事を読んだことがありますが、この機種をユーザーにどのように使って欲しいかということで、「例えば、アナログレコードをDSDで録音して欲しい」と話していました。最高のアナログはデジタルを凌ぐと言われる。D100は、生録というより、スーパーレコーディングマシーンとして開発されたのだ。2年程前、「ポタ音スタイル」という雑誌で、各メーカーのPCMレコーダーを集めて比較視聴する記事があったが、D100は最高の評価を得て、このようにコメントされていた。「ポータブル録音機の世界に君臨するキング、ゴッド、至高のマシン。録音機のかの銘機『デンスケ』の衣鉢を受け継ぐSONYの至宝は、再生機としても、そこらの再生専用機を余裕で蹴散らす。これ以上のクオリティを求めるならば、倍以上の価格の専用機か、デスクトップモデルを試すことになる。それだって、どこまでも実直なこのサウンドと同じものはないだろう。しかも音に余裕がある。内蔵ヘッドフォンアンプの強力なドライブ能力もあるのだろうが、何を聞いてもどーんと構えていて頼りになるのだ。これに比べると、ウォークマンは線が細すぎる。むろん本機が大雑把という訳ではない。細かいデイテールも、ささいな音も芯がしっかりしているということだ。音源よりも一段上のレベルで再生を行っている。高インピーダンス、低能率ヘッドフォンでも直挿しで全く問題ない…」。もし本機の音質に納得出来なければ、イヤホンや音源等の質を疑って見た方がいい。かつて私のSONYというメーカーとの原体験のようなものは、TC-K777ESというカセットデッキの音を聞いた時でした。二十数万という価格にも驚いたが、それ以上に驚いたのは、到底カセットテープの音とは思えない圧倒的な音質でした。当時学生だった私には手が出ませんでしたが、SONYのフラッグシップモデルは、C/Pだけでなく、常にこのような圧倒的なクオリティを誇るようなものであって欲しいと思います。

主な用途
音楽

参考になった15人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

健ちゃん太さん 金メダル

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:58人
  • ファン数:2人
満足度3
デザイン4
操作性3
音質4
マイク感度無評価
録音時間無評価
機能性3
バッテリー4
拡張性2
対応形式無評価

▼クチコミの方にも書きましたが、マイク入力のノイズの低さとゲインの高さは、ハンディレコーダーの中では最高です。
据え置きのオーディオインターフェースでも、特にゲインの高さはそこまで行かないものが多いです。
さらに内蔵マイクは定格が公表されているように非常に高感度。
さらに、ヘッドフォンアンプも非常に高出力。

結果として、かすかな音でも驚くほど高いレベルで録音でき、さらにそれを驚くほど大音量で聴くことができます。

しかし果たしてそれは長所と言えるのか?
正直、注意しないと耳を痛めるおそれがあるし、ダイヤル1目盛りで8dBぐらいレベルが変化するので、録音レベルの調整がやりにくくなっています。

-20dB PADもありますが、PADなしとダイヤル位置の違いは大きくないので、やはりうっかりすると過大入力になりやすいです。

OLYMPUS LS-11のマイク感度HL切り替えがやはり20dBの差でしたが、Lの10はHの3と、ダイヤル位置が大きく違ったのに対して、本機はPADありの10がPADなしの7.5ぐらいの差しかないので、PADありでも少しダイヤルを上げると簡単に過大入力になります。

DR-100MKIIのHML感度切り替えとか、DR-100MKIIIのdB直読といった方法なら使いやすかったと思います。

▼このマイク入力のノイズの低さとゲインの高さなら、SM58のようなダイナミックマイクでも楽々使えるはずですが、3.5mmフォン入力だけなので、PCM-D1の頃にあったXLR変換ボックスのようなものがなければマイクの性能を十分に生かすことはできません。

また、ステレオ録音オンリーなので、Lchにつないだマイクをモノラルで録音してセンター定位でモニターというような使い方はできません。
昔のOLYMPUS LS-11でもそれは可能だったし、SONYもPCM−D10はさらに多様な使い方ができます。
この割り切り方と高価格がどうもそぐわないと思えます。

ライン入力も独立していて、CDプレーヤーの出力は楽々受けられましたが、やはり3.5mmに変換しなければなりません。

せっかく高性能なのに、自分で文字通りのボトルネックを設けてしまって、その性能を容易に生かせないもどかしさを感じます。

▼というわけで、光入出力も含めた外部入出力は、どちらかというと実用のためではなく性能の誇示のためのものです。
実際に使う人のためを考えたものではありません。
あのバカバカしく大げさな「XLR変換ボックス」時代の思想が抜けきっていないとしか言えません。

これが「操作性」「機能性」「拡張性」に低評価をつけた理由です。

▼しかしそのような欠点(と感じている人も実際には少ないのでしょうが)も、実際の録り音が良ければ些細な問題と言うことになるでしょう。

この点は評価が最も主観的になる点ですが、結論から言えばこの音のために\86,280(19年7月17日現在)を出す気にはとうていなれません。

マイク配置XYで比較した録音ですが

A PCM-D100
http://file.bex.jp/sound/D100/A.WAV
B H6 内蔵マイク
http://file.bex.jp/sound/D100/B.WAV
C H6に「Neewer 2個鉛筆式のコンデンサーマイク」(アマゾンで¥5,999 筐体の鳴き止めを行ったもの)をつないだもの
http://file.bex.jp/sound/D100/C.WAV
D H6にSontronics STC-1というマイクをつないだもの(価格はRode NT-5と同クラス)
http://file.bex.jp/sound/D100/D.WAV

ペア4万円ぐらいのマイク+H6には及びも付かず、ペア6,000円のマイクとでもどうか。
H6内蔵マイクとは実際に歌ったりもして比較してみましたが、やはりH6(XYH-6)の方が上です。

もちろん、この種のレコーダーの内蔵マイクとしては最も音が良い部類ではあるのですが、すでにXYH-6がその上を行ってたと言うことですね。(H6は2013年6月、D100は2013年11月)

今までなかなかD100とH6を直接比較した記事を見なかったのですが、私としてははっきりH6+XYH-6が上と言えます。
もちろん、音質の評価は主観的なので、D100の音の方を好む人もいるでしょう。
私も低域の伸びはD100の方が少し良いかなと思いましたが、これだけの価格差で少しは良い点がなければ困るわけです。

▼もっとも、音だけならH6+XYH-6が上と思いますが、H6は何と言っても大げさです。
私もカバンに入れて気軽に持ち運ぶ気にはなれません。
D100はその点まとまりが良く、重さも我慢の限界内には入っています。
何と言ってもかっこいいですしね。
ブランドイメージと価格をきちんと反映したデザインであるとは言えます。

その点ではZOOMが逆立ちしてもかないませんが、大きさ重さの点だけなら、昨年発売されたF1+XYH-6(またはMSH-6)が気楽に持ち運べます。
音は、H6よりも良いぐらいです。

内蔵マイクでステレオ録音するだけで考えれば、私にとってはD100を選ぶ最後の理由もなくなりました。

しかし、もしこの圧倒的な性能がそのままPCM-D10に受け継がれているとしたら、DR-100MKIIIを脅かすかも知れません。
(ところがD10はH6と同じぐらいでかいんですね〜。あちらが立てばこちらが立たずです。)

比較製品
ZOOM > Handy Recorder H6
ZOOM > F1-LP
SONY > PCM-D10

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ureさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ICレコーダー
5件
1件
デジタルカメラ
0件
2件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン5
操作性3
音質4
マイク感度5
録音時間5
機能性3
バッテリー5
拡張性1
対応形式5

PCM-D50からの買い替えですので、D50との比較が多くなります。

【デザイン】
PCM-D50から引き継いだデザインは嫌いじゃないです。ただ、もう少し小型化してもいいのではないでしょうか。

【操作性】
PCM-D50とも、ウォークマンとも違う操作性は、どうも直感的ではなく、操作しにくいです。
ユーザで割り当てられるボタンが増えたのはいいと思いますが、割り当てられる機能がイマイチ・・・
D50では背面にリミッターやローカットボタンが有りましたが、これがファンクションボタンに移動しています。
この2つは物理スイッチで良かったのではないかと思います。
あと、サーチが曲の終わりから戻る、という機能が未だに無いようで、不便です。
ライトボタンが横に移動したのも不便ですし、入力レベルのロック機構もスマートではありません。
表示切り替えボタンがなくなってしまい、ファンクションボタンにも割り当てることが出来ません。
これは地味に不便です。ファンクションボタンにファイル情報を割り当てれば近いことは出来ますが、
D50ほど気楽に切り替えれなくなったのは不便です。DAT時代から受け継いできた便利な機能だと思いますので。

【音質】
基本的にはPCM-D50を踏襲した音作りで、派手さは無いが確実に音を捉えてくれています。
PCM-D50では外部マイクがないとホール録音は心もとない感じでしたが、D100はなんとかホール録音でも耐えてくれそうです。
フィールド録音等では外部マイクなしで十分問題なく録音できます。
今回から192KHz/24bit録音や、DSD2.8k録音等に対応するようになりましたが、データ量が多くなるだけで圧倒的な音質差は見受けられませんでした。

【マイク感度】
良好です。かなり微細な音も捉えてくれます。
ただ、D50より風に吹かれる確率も高まったようで、ちょっとした風でもボコボコとノイズが入ります。
風がある環境下での利用が想定される場合は、添付品のウインドスクリーンを持ち歩きましょう。

【録音時間】
D50では内臓で4G、メモリはメモリスティックのみの対応でしたが、今回は内蔵32G、メモリはSDXCカードも対応していますので、ハイレゾ録音を多用しなければ問題ないと思います。

【機能性】
録音モードにmp3が加わったのはかなり便利です。練習の録音等ではLPCMは全く必要無いので・・・
リモコンが標準添付になったり、ウォークマンのような音質補正・キーコントロール・速度調整が加わったのも地味に便利です。
ただ、リモコン機能はもっと充実してほしいです。ホールの客席に本機をおいて、ステージ上でレベルチェック・調整ができれば最高です。Wifi等で携帯とリンクできるような機能があればかなりいいのではないでしょうか。

【バッテリー】
単三4本ですので、結構な重さになります。携帯性には優れませんが、全国どこでも入手できるというところはメリットです。
ただ、バッテリーはバッテリーケースに一旦入れて、それを本体に入れるという感じなので電池交換が煩雑です。
内蔵電池も無いので、電池交換時には録音が途切れてしまいます。D50と同じですが、この辺は改善してほしかったところです。
デジカメ・ビデオカメラ用バッテリーの流用とかがあれば便利だと思います。
電池の持ちは十分です。3−4時間録音しても電池のゲージが1個も減りません。

【拡張性】
ここが本機種の最も残念な部分です。
アナログ入力端子が、マイク端子(プラグインパワー対応)とライン入力しかなく、バランス入力系が装備されていません。
また、後から増設出来るような方法もありません。
本機には光デジタル入力があるので、それ経由で外部にデジタルミキサーなどをかませばバランス入力出来なくもないですが、そうなると本機の持つアナログ処理回路系をすべてスルーしてしまいますので、本機の良さが引き出されません。

ラインイン、マイクインと3端子の入力系統が2つあるので、せめて標準フォンをミニプラグにすればバランス入力できるとか、拡張端子に何かオプションをつなげるとXLR端子が増設出来るとか、そういう工夫が欲しかったです。

本体内蔵マイクを超えるポテンシャルのマイクで、今更プラグインパワー対応なんてものはないと思いますので、プラグインパワー対応のアンバランス接続のマイク端子はほぼ無意味かと思われます。無いよりいいですが。

ちょっと心配なのは、マイク/ライン切り替えスイッチと、マイクのあってネッタースイッチが、D50のときと同じぐらい小さなスイッチなのですが、D50のときはそのへんのスイッチが接触不良になりました。本機も長く使っていくことで故障しそうで心配です。

【対応形式】
十分です。
mp3は128/320kbps以外に、192kbpsぐらいもあるといいと思いました。


【総評】
本機はPCM-D50の正当な後継機種で、本体だけで録音するという目的であればコンパクトなセッティングで高音質で録音できます。しかし、コンデンサーマイクやホールの吊りマイクからの音声入力をしたい、と考えたときには、XLR端子・ファンタム電源なしなのは明らかに役不足です。その割に本体価格が異常に高価なのはどうかと思います。

本機をカメラで例えると、RX100シリーズのような感じで、本体内に高機能なスペックは詰め込んだけど、ほとんど拡張性が無い、という感じです。使ってみるとそういうスタイルも悪くないと思いますが、購入するまでは拡張性が削がれたスペックに悩まさせると思います。

最後までTASCAM DR100MK3と迷いましたが、最終的に自分の今の録音スタイルが、練習の録音や自分の団体の非公式の録音でホールの片隅に機材を設置しておく程度になってきているのを踏まえてこちらにしました。TASCAM DRシリーズの内蔵マイクはあまり音質が良くないと聞いていますし、ライトな録音なときには常にXLR端子を使うわけでもありませんし、気軽に長時間撮れるというメリットの方が大きいと考えたためです。

比較製品
SONY > PCM-D50
TASCAM > DR-100MKIII
主な用途
音楽

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

みやびチャンネルさん

  • レビュー投稿数:32件
  • 累計支持数:250人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
4件
476件
自動車(本体)
2件
101件
ドローン・マルチコプター
1件
79件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
マイク感度5
録音時間5
機能性5
バッテリー5
拡張性3
対応形式5

再生する

作例
劣化の少ないAVI形式で投稿差せて頂きます

化粧箱

本体

カメラグリップを付けてみた

   

「ELECOM デジタルビデオカメラケース DVB-024BK」にピッタリ入った

   

【デザイン】

高級感溢れるデザインで、1〜2万円程度のICレコーダーとは別格だと誰が見ても分かるようなデザイン。

【操作性】

非常に操作のしやすい配置。あえて日本語じゃ無くても直感ですぐに操作できた。

【音質】

これがまたうっとりするぐらい、非常に高性能。昨日、雑木林で録音してみたが、非常にリアルだった。ヘッドホンで聞くと、まるで現地に居るような気分に差せてくれるところが素敵!!

【マイク感度】

非常に高性能で、解像度の高い音声を収録してくれます。

【録音時間】

30分程度しか使っていませんが、私には十分過ぎました。

【機能性】

高機能でまだ使いこなせていませんが、基本的な操作は非常に快適です。

【バッテリー】

付属の乾電池で20時間前後持つようですが、十分な物でした。


【拡張性】

一般的なICレコーダーとしては決してコンパクトとは言えませんが、これだけのリアルな音が収録できる装置であれば非常にコンパクトに感じました。

【対応形式】

DSDやWAV、MP3に対応しており、それぞれの用途に合わせて録音形式が選べるようになっています。

【総評】

今回、とある雑木林での音声の検証用として使用しましたが、セミや、カラスなどの鳴き声がとてもリアルで、ヘッドホンで聞けば現地に居るかのような雰囲気にさせてくれます。

非常に高価な機材でしたが、今後も動画ネタとして上手く使っていこうと思います。

主な用途
その他

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

権兵衛7さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CDプレーヤー
1件
8件
タブレットPC
0件
1件
デジタル一眼カメラ
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性4
音質5
マイク感度5
録音時間5
機能性4
バッテリー5
拡張性4
対応形式4

ソニーのオーディオ機器も少なくなり、物色していたところ、これが目に留まり、購入したわけです。
結構すごいですね、音楽ファイルを演奏し、デジタル出力で、ビクターDA999コンバーターで聞いてます。
ほかにも、パイオニアN70Aとかもありますが、ソニーR1CDプレイヤーの特質を、感じ゛させるものがあります。
やはり、ソニーの、技術は、すごいものがあります、
何がすごいかといいますと、パイオニアなどは、音がにじむというか、輪郭が、ぼやけているのです。
一音一音が、独立していると、音に余計な不純物がなくなり、音楽が聞こえてくるような気がします。
それでも、DSDでは、高周波ノイズが少し残る気がします、でも、ほかのメーカーとか、ソニーのほかの機器よりはましだと思います、

主な用途
音楽
その他

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

☆パッチ☆さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:20人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
270件
その他オーディオ機器
0件
56件
ヘッドホンアンプ・DAC
0件
52件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
マイク感度無評価
録音時間無評価
機能性5
バッテリー5
拡張性3
対応形式5

録音機としては使用せず音楽用プレイヤーとしての評価となります( ´・ω・`)

音は良いと思います。ただし、色々と使い勝手が良くありませんので万人向けではありません。

主な用途
音楽

参考になった15人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

きもたん♪さん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
178件
レンズ
5件
62件
ゲーム機本体
1件
18件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
マイク感度5
録音時間5
機能性5
バッテリー5
拡張性4
対応形式5

友人のフルートの演奏を記録しましたが、再生時の音が素晴らしく、びっくりしました。
ちょっと大柄ですが、価格だけのことはありました。
というか、所有する満足感があります。

主な用途
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kodawarinさん

  • レビュー投稿数:59件
  • 累計支持数:329人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
15件
5件
レンズ
8件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
4件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
音質5
マイク感度無評価
録音時間無評価
機能性4
バッテリー5
拡張性5
対応形式5
   

疑似バランス接続で使っています

   

再生機としての評価です。(録音は使ったことがないため…)

【デザイン】
賛否両論はあるようですが、メカっぽい外観が私は好きです!
最近はポタアンも大きくなってきたので、PCM-D100単体の大きさも気にならなくなってきました。むしろ、これ1台(予備充電池4本)とヘッドホンまたはイヤホンで済むのは助かります。

【操作性】
シンプルで分かりやすいです。
プレイヤーとして製造された製品ではないため、アルバムや曲を探すのに手間がかかることやプレイリストが作れないことは止むを得ないことで、批判するにあたりません。

【音質】
フラットでかつ密度の高い再生音です。AKシリーズをはじめとして、様々なハイレゾプレイヤーを聴いてきましたが、単体のプレイヤーでこれほどの音を聴かせてくれる機種はごく僅かです。DSDネイティブ録音までできる機能の高音質プレイヤーでこの価格!と考えれば、素晴らしいこすぱではないでしょうか?
ヘッドホンは250ohmsまでならば十分に鳴らし切ります。さすがに600ohmsのヘッドホンを鳴らすには力不足です。

【録音時間】
項目と少し内容が異なりますが、マニュアルp.94に書かれている通り、最大フォルダ数、最大ファイル数に仕様上の制限があります。
 ・最大フォルダ数(1ドライブ内) 400フォルダ
 ・最大ファイル数(1フォルダ内) 199ファイル
 ・最大ファイル数(1ドライブ内) 4,074ファイル(フォルダ数が21の場合)
この制限があるため、128GBのSDXCカードが使えるのに、音楽ファイル数の制限で曲が入り切りません。
もちろん、この製品本来の録音機としての仕様としては十分なものです。

【機能性】
意外にも、再生モードが、「全ファイル」「フォルダ内」ごとに、「再生」「リピート再生」「シャッフル再生」機能がついていて、満足しています。「フォルダ再生」でアルバムを聴きながら眠っても、再生が終わるとオートパワーオフで電源が切れるので、便利です。

【バッテリー】
バッテリーは「アルカリ電池4本」または「ニッケル水素充電池4本」使用で、専用バッテリーのコストや劣化の心配がなく、専用バッテリーで儲けることよりも汎用性を重視した仕様は素晴らしいです。eneloop pro 8本を4本ずつローテーションで使用していますが、次期モデルでもこの仕様は継続してほしいです。

【拡張性】
一時期、光デジタル出力でバランス出力のあるD/Aコンバータに接続して使っていました。
ヘッドホン端子の横にあるLINE OUT端子を用いた「疑似バランス接続」(http://fixerhpa.blog.fc2.com/blog-entry-268.html 参照)を知り、PCM-D100でも試したところ成功しました。低音の輪郭や定位が明確になり、外部バランス出力D/Aコンバーターは使わなくなりました。

【対応形式】
DSD 2.8までですが、この機種の発売時期にDSDネイティブ再生に対応したことは十分評価に値すると思います。
DSDネイティブやPCM24bit/192kHzの再生音が素晴らしいのはもちろんですが、16bit/44.1kHzのCD規格の音源も(アップサンプリングなしで)十分に楽しませてくれます。

【総評】
SONY最高のポータプル録音機として発売された本機ですが、その高音質化の設計が、ハイレゾWalkmanを超える高音質再生機となったことは、SONYも想定外だったのではないでしょうか。この機種をハイレゾ再生機として機能や仕様を拡充して発売していれば、実売価格は10万円以上となったことでしょう。

最近ハイレゾ市場が活発になってきて、10万円前後あるいは20万円以上の高級プレイヤーが次々発売されています。その中で、約8万円の価格でこの音質を再生する本機は、メーカーからすると「フォルダー数・ファイル数・プレイリスト等の制限があって助かった」と感じる実力機だと思います。

PCM-D100は、DSD&PCMレコーダーです。ですから、次世代モデルは、バランスマイク入力等の入力系統の拡充や、DSD, PCMともに対応規格が増える形で進化するのではないかと思います。
その際、本機の優れた再生能力を、フォルダ・ファイル数制限の拡大やバランス出力追加等で発展させるのか、それとも優れた再生能力に特化した新しいプレイヤーを発売するのか(この場合Walkmanとのかぶりが悩ましいところでしょう)、いずれにしても、コンセプトを明確にして、無用の価格上昇がない適切な進化を切望しています!

主な用途
音楽

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

SYOKEI RIDERさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ICレコーダー
1件
0件
ネットワークオーディオプレーヤー
1件
0件
スマートフォン
0件
1件
もっと見る
満足度2
デザイン2
操作性4
音質4
マイク感度5
録音時間5
機能性4
バッテリー4
拡張性3
対応形式4

フォークギター等の録音、再生には優秀な機種です。

音楽再生機としては、今1つと言ったところでしょうか。
WAV音質に限り2倍、4倍アップサンプリングが掛けられます。
最近の音楽再生専用機は可逆圧縮、圧縮音源もアップサンプリング出来るので機能面では劣りますね。

エフェクトレベルは、iosディバイスの標準音楽再生アプリ程度で腐ってますね。
基本的に音楽再生用では使えるレベルではないです(笑)

DSD2.8まで対応していますが、最近の再生専用機は5.6までネイティブで対応している機種があるので、それなりの再生専用機を買った方が音楽再生専用機では満足度が高いでしょう。
サウンドエフェクトも事細かく設定でき、好みの音色で楽しめるので。

パワーは有りますが、ハイエンドクラスのヘッドフォンを鳴らしきれる性能は、ICレコーダーなので備えていません。
ハイエンドクラスのヘッドフォンを繋ぐとちょっとブーミーな感じになりますかね(笑)
ハイエンドクラスのヘッドフォンを鳴らしきる為には、リファレンスアンプ等のヘッドフォンに対して最適化されたアンプを選ぶか、視聴して自分の好みに合ったアンプを選ぶ方が良いでしょう。

デフォルトの音は、フラットでクリアな感じです。
内部スレージは32Gのみなので、基本的にSDカードを使用するので、内部ストレージ型の解像度の高い高級DAPには敵いません。

SDカードは、刺した段階で微弱なノイズの影響を受けるので。
音楽再生は、あくまでも録音、再生機のオマケ程度に考えておいた方が良いでしょう。

主な用途
音楽
その他

参考になった7人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

牛ほめさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
4件
SDメモリーカード
1件
0件
Bluetoothレシーバー・オーディオアダプタ
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
音質5
マイク感度4
録音時間5
機能性5
バッテリー4
拡張性5
対応形式5

秘蔵LPレコードを聴く機会がめっきり少なくなりましたが、同じソースをCDで聴いても、物足りなさ・空しさがつのるばかりでした。 昨年、”レコード芸術”誌で本製品を知り、価格.comで値動きを見てようやく購入を決心しました。 192kHz・24bit録音した音は、LPレコードで聴くことのできる音・感動と遜色なく、”デジタルもここまで来たか”との思いひとしおです。 また、SONYのスマホXPERIA Z3へのダビングもパソコン経由でスムーズに行うことができ、LPレコードの音を持ち出せる幸運にも恵まれました。

主な用途
音楽

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まんぷくさん・・・さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
6件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
6件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性4
音質5
マイク感度無評価
録音時間無評価
機能性4
バッテリー5
拡張性4
対応形式4

デザイン:質感がよく、とても高級感がありますが少しデカイです。

操作性:主に再生機として使用していますが余計な機能が
    入っていない分サクサク動きますが、フォルダーが多い場合
    検索するのは少し面倒です。 

音質:再生音質の評価となってしまいます。

   他のオーディオプレーヤーは低音寄りの機種が多いのですが
   この機種はレコーダーなのでフラットなクリアーな音です。

   高音、中音、低音とバランスよく出ており、音の分離が高く
   聞こえる音数は多いです。
   
   少しドライな音ですが、音の輪郭は柔らかめで音の見通しがいいため
   聞きやすい音になっております。
   
   特徴としましては、歌声をとにかく綺麗に再生してくれるので
   popsなどの音楽には最適だと思いました。

機能性:WAVE音源に限りますが、アップサンプリング機能がついております。

    このアップサンプリング機能とは簡単に言うとCD音源並のファイルを
    再生する際、機能が有効になっているとハイレゾ音源並の音質に
    変えてしまうような機能のことです。
    
    但しMP3音源にはこの機能は働かないので注意です。

    パソコンでMP3→WAVE音源に変換すれば問題なく
    使用することができます。
    (午後のこ〜だ等フリーソフトを使用してください)   
 
バッテリー:単三電池4本で駆動します。
      自分は主にエネループを使用しています。

      バッテリー交換の心配がないのでとても便利です。
      
拡張性: SDカードが使用できる点、ライン入出力、オプティカル入出力
     拡張性はかなり高いと思っています。

     贅沢を言わせてもらえるならコアキシャル出力があれば
     尚よかったと思います。

対応形式:かなりのハイレゾ音楽データに対応しているとは思います。
     特に2.8MHzのDSD音源をネイティブ再生できるのは魅力的です。

     強いて言うならDSD音源の最高クラス5.6MHzまで対応して
     欲しかったですが・・・


D100にSDカードをいれると勝手にミュージックフォルダーを
作成してくれてるのでその中に音楽データが入ったフォルダーを
入れるだけなのでとても楽です。

但しミュージックフォルダーに入れられる
音楽フォルダーの数は31と限られています。

・・・ですが裏技があります。

ミュージックフォルダーにすべての音楽フォルダーを置かずに
例えばミュージックフォルダー内にJpopフォルダーや洋楽フォルダーを作成し
その中に複数音楽フォルダーを入れれば31を超えても表示してくれて
再生することが可能になります。

あと、プレイリストは作成することができません
その点は少し不便でもあります。

色々書きましたが所有欲も満たしてくれるいい機種です。
これからも末永くこいつと付き合っていこうと思っています。












   

主な用途
音楽

参考になった7人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

海坊主inキャッツアイさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
1件
0件
ICレコーダー
1件
0件
冷蔵庫・冷凍庫
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
マイク感度5
録音時間5
機能性5
バッテリー無評価
拡張性5
対応形式5

音質が半端ないです!
あまりにクリアな音が録れて、
「雑音が一切ないっす!
  どうなってんですか!?」と
仲間から質問攻めに遭いました♪

左右のバランス調整も簡単、録音の音量調整も簡単、
録音形式も使用の仕方や編集の仕方によって、
簡単に変えられる。

これはすごいです☆

主な用途
音楽

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

かずC217さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
4件
ヘッドホンアンプ・DAC
0件
1件
ICレコーダー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
マイク感度無評価
録音時間無評価
機能性5
バッテリー5
拡張性5
対応形式5

ハッキリ言おうこのレコーダーはウォークマンとして持ち歩くべきだ。
今まで高音質を求めてポタアン、ケーブル、にいくらお金かけてきたか、数えたくないけどざっと150万ぐらいその
今まで一番の状態vs pcm-d100

惨敗です…
恐るべしpcm-d100


さてレビューを、

音質
音圧が非常に高い。今までアンプ使って出してる音よりも音圧が高い
人によると思うがボリューム1.2それぐらいでうるさいぐらいと思われる。

私は6〜10の間でコロコロしながら聞いてます。

低音
ソニーらしい低音の、出し方、ウォークマンの音がはまる方は行けると思う。若干強め

中音
非常にバランスがとれており埋もれることはない


高音
高音も、かなり高め。いわいるドンシャリって
感じです。
簡単に言うと


僕的にはクリアでかつパワー、スピード間もあり
コストがもう少し安ければ…
それ以外は100天満点やっやのに、


光のアウトあるからこれからなにしてあそぼかなwww

主な用途
音楽

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

PCM-D100のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

PCM-D100
SONY

PCM-D100

最安価格(税込):¥88,000発売日:2013年11月21日 価格.comの安さの理由は?

PCM-D100をお気に入り製品に追加する <244

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ICレコーダー]

ICレコーダーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ICレコーダー)

ご注意