フィアット アバルト 500C 2010年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > フィアット > アバルト 500C 2010年モデル

アバルト 500C 2010年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:アバルト 500C 2010年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
500C 2008年3月15日 ニューモデル 2人
満足度:
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:2人 (プロ:2人)
  1. 5 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 無評価 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 無評価 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 無評価 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 無評価 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 無評価 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 無評価 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 無評価 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

アバルト 500C 2010年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:228件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランスジャーナリストの森口将之です。自動車を中心に、モビリティ全般を守備範囲としています。自動車については、ブランドやスペックにとらわれず、ユーザー目線でのレポートを心がけています。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務め、日本自動…続きを読む

満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費無評価
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

赤いピンストライプが目立つ2トーンカラー

ルーフ全開時は後方視界がやや限られる

2ペダル5速MTはボタンとパドルで操作

スポーツモデルとは思えぬおしゃれなシート形状

赤いカバーとサソリのマークが目立つエンジン

キット装着車はホイール/タイヤもインチアップ

フィアット500Cをベースにしたアバルトの高性能モデル、アバルト500Cをベースに、2012年1月に発売された「エッセエッセKONIキット」を装着した広報車に乗りました。

エッセエッセとはSSのイタリア語読みで、いままでも他のアバルトに設定されたパフォーマンスキットの名称として使われてきました。今回はそれに、オランダの名門ショックアブソーバーブランド、KONIのFSDショックアブソーバーと、車高を約20mmローダウンさせるスプリングを組み合わせています。

さらに1.4Lターボエンジンは、最高出力は140psから160ps、最大トルクはスポーツモード選択時で21kgmから23.5kgmにアップ。ブレーキは前後ともドリルドローターとなり、フロントには高性能パッドもおごられます。タイヤサイズが195/45ZR16から205/40ZR17になったことも特徴です。

このキットは新車購入時に組み込むだけでなく、登録後1年未満かつ走行距離2万km未満であるなど、一定の基準を満たしたクルマならあと付けも可能です。アバルト500Cの車両価格339万円に対して、キットは54.6万円となっています。ショックアブソーバーとスプリングのみの「KONIキット」もあり、こちらは18.9万円です。

エクステリアやインテリアはスタンダードのアバルト500Cと共通ですが、ホワイトとブラックの2トーンカラーで、境目に赤いストライプを入れた取材車のカラーコーディネイトは、改めてセンスの良さを感じました。ホワイトのインパネにキャメルカラーのレザーシートを組み合わせたインテリアも同じで、スポーツモデルでありながら体育会系ではなく、イタリア車らしいおしゃれでハイクォリティな雰囲気が漂っています。

まずはノーマルモードで、2ペダル5速MTもオートを選び走り出したのですが、この状態での加速感は、2000rpmあたりで力がググッと盛り上がり、ブオーンという心地いいサウンドを響かせてくれるものの、レスポンスはおだやかで、変速はゆっくりこなし、早めに上のギアにアップしていくなど、意外におとなしいという印象でした。

そこでインパネ中央にあるスポーツモードスイッチを押すと、ターボの反応が鋭くなり、その後の力の盛り上がりや回転の伸びも先ほどとは別物のように勢いづいてきます。ギアチェンジも電光石火で完了してくれるのですが、この鋭い反応を味わうと、やはりマニュアルモードで走りたくなってきます。

そこでシフトパネルのA/Mボタンを押し、パドルを指で弾いて加速すると、変速がさらにレスポンシブになり、マフラーからは頭上越しにボンッ、ボンっという爆発音が聞こえてくるほど。絶対的な加速力なら、この上を行くクルマはいくつもありますが、感覚的な加速感は数あるオープンカーの中でもっとも刺激的な1台ではないかと思いました。

乗り心地は、スタンダードのアバルト500Cよりむしろ上です。FSDショックアブソーバーが路面に合わせて絶妙な減衰力を発揮しているのでしょう、ゴツゴツ感が減っていて、高速道路でのピッチングも抑えられており、1時間程度のドライブではまったく疲れを感じませんでした。コーナーでのロールも減っているのですが、しなやかに動く足のおかげで路面への接地性もアップしているので、ロードホールディングやトラクションも向上していました。

エッセエッセKONIキットを組み込んだアバルト500Cは、ただエンジンをパワーアップして足を固めただけではなく、ファインチューンという言葉が似合うほど、トータルバランスの高いスポーツモデルでした。ボディやエンジンは小さめですが、そこに込められたスポーツマインドの濃さや深さを考えると、合計400万円近い価格が納得できてしまうのですから不思議なものです。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

外川 信太郎さん

  • レビュー投稿数:229件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール神奈川県藤沢市生まれ、現在茅ヶ崎市在住の湘南中年。少年期に5年間イギリス・ロンドンに在住していた事から、欧州車に興味を抱いたきっかけになった。慶応義塾大学卒業後、輸入車専門誌にてライターを始める。その後、育った英国に渡りレース活動などを経…続きを読む

満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費4
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

1625mmとベースモデルと同サイズ。

2トンカラーは、「ピコローレ」と呼ばれる。

アバルト専用のエキゾーストエンドが左右に配される。

195/45R16のタイヤ&ホイールも専用品。

「フェラーリ」や「マセラティ」のような縮緬塗装が施される。

インテリアも「アバルト」専用品が多数。

【アバルトとは?】

1950年代から1970年初頭にかけてモータースポーツで活躍した「アバルト」。そんな名門ブランドが2007年に復活をしました。そして、第一弾となるアバルト「グランデプント」、アバルト「500」を登場。レビューの本編に入る前に「アバルトって何?」「ビーエムのMみたいなもんでしょ?」いやいや、ではカンタンにアバルトを説明しましょう。「カルロ・アバルト」氏によって1949年にアバルト社(Abarth & Co.)をイタリア・トリノ市設立。小排気量レーシングカーをプロデュースし、一時代を築きました。フィアット社とコントラクトし、エクステリア・キットパーツや高性能モデル、レース車両の開発を担当してきました。

【500Cとは】

アバルト「500」をベースにしながら、ファブリック素材による電動ソフトトップを持つモデル。アバルト「500C」の心臓は、1.4L 直4・DOHCターボエンジン。アバルト「500」よりさらに+5psアップされ140psを発揮します。スポーツモードを選択すると、最大トルクは18.4kgmから、21.0kgmへと一気に跳ね上がる機構も備えます。ちなみに試乗車はメーカーの広報車両です。

【走りはチョロQにように機敏】

実際に走り出すと、フィアット「500」の電動パワーステアリングとはまるでフィーリングが異なり、中立付近の遊びが大きなフィアット「500」と比較すると、ビシッと落ち着きがあり、手ごたえもある。試乗ルートには、時速80キロ程度で流れる高速道路からインターを降りると、まるでジムカーナコースのようなS字カーブが点在する場所がありますが、思わずオーバースピードで飛び込んでしまっても、クイッ!っと小気味よく旋回する。思わずそのクセになる旋回性能に何度も同じコースを走ってしまったほどです。下りのワインディングでは、「ミニ」同様、腕次第では、最速になるマシンだと思います。

オープンロードでは、ターボの存在を明確に感じられるエンジン。最近ではダウンサイジングエンジン化により、ターボチャージャーの需要が高まっています。例として「フォルクスワーゲン」の場合、黙っていればターボチャージャーの存在を感じさせないほどですが、このアバルト「500C」の場合、3000rpm辺りからトルクがグイグイ立ち上がり、ブースト計の指針が跳ね上がる。しかし、昔のFF“ドッカンターボ”のようにステアリングの操舵感が抜けてしまうようなことはなく、適度な刺激を味わえるものです。

1t程のボディに140psの組み合わせはやはり伊達ではありません。時速80キロ程度から追い越しレーンに飛び出し、アクセルを開けると、少々視認性に欠けるデザイン重視のメーターは驚く速度にあっさり達しています。ハイスピードのクルージングでも、乗り心地は意外なほどよく、全長3655mmという小さなクルマですが、跳ねるような挙動は皆無。極めてボディ剛性が高い事も実感できます。この小さなボディで最高速度は205km/hに達するというのも納得できます。

最初に記したとおり「アバルト」はチューンメーカーですので、退屈なクルマなど作りません。音の演出も抜かりなく、低速では「ボボッ・・・」という車両サイズからは想像も付かない重低音を響かせ、回転数が高まるにつれ、「コーン」という抜けのいい音色に変わります。シフトアップの度にブローオフバルブの「シュルルン」&スロットルを戻すとアフターバーンの「バフッ!」という音にチューニングエンジンである事を実感できます。

【足回りもチューン】

スピードライン製ガンメタリック塗装に赤枠のスコーピオンセンターキャップを装備。タイヤはコンチネンタル社製「ContiPremiumContact2」195/45R16を履く。タイヤの扁平率や口径とボディサイズを考えた場合、相当硬く、ドタバタした乗り心地を想像するかもしれませんが、どっしりと安定しています。ブレーキも強化。レッドキャリパーはフローティング式の2ピストン。軽量な車体には十分過ぎる制動力を発揮します。一見疲れそうな印象を受けますが、これなら長距離巡航も余裕でこなせます。

【インテリアはモダン&スポーティ】

元々「500」のインテリアはクラシカル・モダンです。国産車には真似のできないセンスを感じるものですが、「アバルト」の手により、イタリアの電装メーカー「マニエッティ・マレリ」社製のメータースケールは240km/hまで刻まれ、その左にはまるで“後付け”感満点のブーストゲージが鎮座しています。また、本革シートが標準装備され、さながら小さな高級車の趣です。

価格は339万円とこのサイズのクルマでは異例な高額ですが、アバルト専用の数々の装備軍、マニアックながら現代のクルマに必要な快適装備、安全装備を全て備えた「500C」。ファミリーユースでは少々キビシイですが、クルマにコダワリを忘れない大人には決して高い買い物ではないと思います。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

アバルト 500C 2010年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

アバルト 500C
フィアット

アバルト 500C

新車価格帯:329〜339万円

中古車価格帯:100〜286万円

アバルト 500C 2010年モデルをお気に入り製品に追加する <1

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意