『おしゃれでハイクォリティなマイクロスポーツカー』 フィアット アバルト 500C 2010年モデル 森口将之さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > フィアット > アバルト 500C 2010年モデル

『おしゃれでハイクォリティなマイクロスポーツカー』 森口将之さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:228件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランスジャーナリストの森口将之です。自動車を中心に、モビリティ全般を守備範囲としています。自動車については、ブランドやスペックにとらわれず、ユーザー目線でのレポートを心がけています。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務め、日本自動…続きを読む

満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費無評価
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

おしゃれでハイクォリティなマイクロスポーツカー

赤いピンストライプが目立つ2トーンカラー

ルーフ全開時は後方視界がやや限られる

2ペダル5速MTはボタンとパドルで操作

スポーツモデルとは思えぬおしゃれなシート形状

赤いカバーとサソリのマークが目立つエンジン

キット装着車はホイール/タイヤもインチアップ

フィアット500Cをベースにしたアバルトの高性能モデル、アバルト500Cをベースに、2012年1月に発売された「エッセエッセKONIキット」を装着した広報車に乗りました。

エッセエッセとはSSのイタリア語読みで、いままでも他のアバルトに設定されたパフォーマンスキットの名称として使われてきました。今回はそれに、オランダの名門ショックアブソーバーブランド、KONIのFSDショックアブソーバーと、車高を約20mmローダウンさせるスプリングを組み合わせています。

さらに1.4Lターボエンジンは、最高出力は140psから160ps、最大トルクはスポーツモード選択時で21kgmから23.5kgmにアップ。ブレーキは前後ともドリルドローターとなり、フロントには高性能パッドもおごられます。タイヤサイズが195/45ZR16から205/40ZR17になったことも特徴です。

このキットは新車購入時に組み込むだけでなく、登録後1年未満かつ走行距離2万km未満であるなど、一定の基準を満たしたクルマならあと付けも可能です。アバルト500Cの車両価格339万円に対して、キットは54.6万円となっています。ショックアブソーバーとスプリングのみの「KONIキット」もあり、こちらは18.9万円です。

エクステリアやインテリアはスタンダードのアバルト500Cと共通ですが、ホワイトとブラックの2トーンカラーで、境目に赤いストライプを入れた取材車のカラーコーディネイトは、改めてセンスの良さを感じました。ホワイトのインパネにキャメルカラーのレザーシートを組み合わせたインテリアも同じで、スポーツモデルでありながら体育会系ではなく、イタリア車らしいおしゃれでハイクォリティな雰囲気が漂っています。

まずはノーマルモードで、2ペダル5速MTもオートを選び走り出したのですが、この状態での加速感は、2000rpmあたりで力がググッと盛り上がり、ブオーンという心地いいサウンドを響かせてくれるものの、レスポンスはおだやかで、変速はゆっくりこなし、早めに上のギアにアップしていくなど、意外におとなしいという印象でした。

そこでインパネ中央にあるスポーツモードスイッチを押すと、ターボの反応が鋭くなり、その後の力の盛り上がりや回転の伸びも先ほどとは別物のように勢いづいてきます。ギアチェンジも電光石火で完了してくれるのですが、この鋭い反応を味わうと、やはりマニュアルモードで走りたくなってきます。

そこでシフトパネルのA/Mボタンを押し、パドルを指で弾いて加速すると、変速がさらにレスポンシブになり、マフラーからは頭上越しにボンッ、ボンっという爆発音が聞こえてくるほど。絶対的な加速力なら、この上を行くクルマはいくつもありますが、感覚的な加速感は数あるオープンカーの中でもっとも刺激的な1台ではないかと思いました。

乗り心地は、スタンダードのアバルト500Cよりむしろ上です。FSDショックアブソーバーが路面に合わせて絶妙な減衰力を発揮しているのでしょう、ゴツゴツ感が減っていて、高速道路でのピッチングも抑えられており、1時間程度のドライブではまったく疲れを感じませんでした。コーナーでのロールも減っているのですが、しなやかに動く足のおかげで路面への接地性もアップしているので、ロードホールディングやトラクションも向上していました。

エッセエッセKONIキットを組み込んだアバルト500Cは、ただエンジンをパワーアップして足を固めただけではなく、ファインチューンという言葉が似合うほど、トータルバランスの高いスポーツモデルでした。ボディやエンジンは小さめですが、そこに込められたスポーツマインドの濃さや深さを考えると、合計400万円近い価格が納得できてしまうのですから不思議なものです。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「アバルト 500C 2010年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

アバルト 500C
フィアット

アバルト 500C

新車価格帯:329〜339万円

中古車価格帯:100〜309万円

アバルト 500C 2010年モデルをお気に入り製品に追加する <1

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意