三菱 アウトランダーPHEV 2013年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 三菱 > アウトランダーPHEV 2013年モデル

アウトランダーPHEV 2013年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:アウトランダーPHEV 2013年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
G 2018年8月23日 マイナーチェンジ 6人
G Limited Edition 2018年8月23日 マイナーチェンジ 5人
G Plus Package 2018年8月23日 マイナーチェンジ 3人
G Premium Package 2018年8月23日 マイナーチェンジ 1人
S Edition 2018年8月23日 マイナーチェンジ 1人
G Limited Edition 2017年11月16日 特別仕様車 1人
G NAVI Package 2017年2月9日 マイナーチェンジ 4人
G Safety Package 2017年2月9日 マイナーチェンジ 6人
S Edition 2017年2月9日 マイナーチェンジ 2人
G Navi Package 2015年7月9日 マイナーチェンジ 14人
G Premium Package 2015年7月9日 マイナーチェンジ 8人
G Safety Package 2015年7月9日 マイナーチェンジ 12人
M 2015年7月9日 マイナーチェンジ 1人
SPORTS STYLE EDITION 2014年10月23日 特別仕様車 1人
G Navi Package 2014年5月29日 マイナーチェンジ 7人
G Premium Package 2014年5月29日 マイナーチェンジ 2人
G Safety Package 2014年5月29日 マイナーチェンジ 3人
G Navi Package 2013年1月24日 ニューモデル 31人
G Premium Package 2013年1月24日 ニューモデル 11人
G Safety Package 2013年1月24日 ニューモデル 17人
満足度:4.31
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:145人 (プロ:3人 試乗:32人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 3.93 4.34 82位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.39 3.93 140位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.51 4.13 20位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.57 4.21 14位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.19 4.05 19位
燃費 燃費の満足度 4.40 3.89 27位
価格 総合的な価格の妥当性 4.01 3.88 28位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

アウトランダーPHEV 2013年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

アウトランダーPHEVが発売されたときから気になって仕方なかったが高くて買えなかった。しかし、去年の暮れに愛車のパジェロが故障し、三菱に修理出したとき待ち時間にシャレで見積りとったところ、総額430万!!だったのですっかりあきらめがついた。


その数日後、MC前の試乗車でグレードは同じ、距離3000キロ、乗り出しで270万!!を勧められ、気がついたら買っていた。
ただ、自分なりに検討したので衝動買いではないと思っている。パジェロが大飯食らいで年間30万くらいガソリン代かかってたから、アウトランダーなら10万くらいでいけるかな〜税金や保険の差額も加えたら年間25万くらいは維持費浮くかな〜ということはい10年乗ったらタダみたいなもんじゃん!!
みたいなザックリした考えですが(笑)



○良いところ
大体みんな同じようなこと書いてるので別視点から。


[燃費]
自宅だと電気代1kw26円なのでだいたい1回あたり210〜240円くらいで走行は50kmくらい。電気切れるとガソリン1Lあたり13〜15kmくらい。神奈川県は無料急速充電がたくさんあるのでヒマなときはそいつを駆使して、月2000kmくらい走るけど電気代とガソリン代あわせて8000円くらいかな。

[牽引能力]
道路での牽引はまったく問題なし。砂浜では単独ではハマることはなかったが、牽引したらハマることがある。やはりパジェロには劣る。もう少し車高が高ければよいのに。

[車中泊]
屋根が低いことは不満だが、なんといっても1500wがアイドリングなしで使えるのは最高。さらに道の駅とか立体駐車場とかでも夏にアイドリングなしでエアコンかけて寝れる。これだけでもキャンピングカーをうらやましいと思ったこと一度もない。冬の忘年会でも、行きは車で居酒屋に行き、終了後はタイムズで電気毛布にくるまって寝てよく朝に帰る!とかもできる。冬の夜、河原にこたつもってって鍋やりながらぬくぬくと流星群観賞とかできる。キャンピングトレーラーとかあったらもっと夢が広がりそう。


●悪いところ

新車は値段が高え!!

EV走行は静かすぎて、朝に住宅街を散歩しているジジィが近づいても気付かずなかなかどかねえ!!

あとちょっとで家ってとこで電気切れでエンジンかかるとものすごいガッカリする!!

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年12月
購入地域
神奈川県

新車価格
409万円
本体値引き額
100万円以上
オプション値引き額
0円

アウトランダーPHEVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

森のそよ風さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格3

2017年2月モデルG-Naviパッケージの再レビューです。

2年、 20000km 乗りました。

【乗ってみた感想】
心地よい、ゆったりした室内空間で、電気自動車の圧倒的な静粛性を、
電欠の不安なく毎日楽しめています。このことに尽きます。
家で充電しているので、給油ステーションに行くのは3か月に1回ほどです。

購入の動機は力強く静かな走行を楽しみたかったのはもちろんですが、
決め手になったのは、災害時には自家発電機に変身して、
ガソリン満タン状態なら10日間 家に100V-1500Wの電気を提供し続けられること。
台風などの災害で長時間停電の可能性もある昨今、家族皆に安心感を与えています。
車と自家発電、1台2役の頼もしい存在です。
特に目立った不満はありません。

【注意したいこと】
やや大柄なサイズなので、細い道での対向車すれ違いが苦手な方は、
試乗等で確認されたら良いと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年7月
購入地域
千葉県

新車価格
432万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
5万円

アウトランダーPHEVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった34人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

カフカスさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

知り合いの勧めもあり、子供が生まれた事もあり2019年型 G plusパッケージを購入

オプションがちょっと多めで納車が遅れるかと思いきや、ディーラーのモータープールに在庫ありで契約から納車まで2週間ととてもスムーズな納車をして頂きました。ちゃんと大安吉日を気にして納車式の気配りをして頂いた中部三菱自動車さんには感謝です。


実際、試乗では一般道だけの走行だったので納車初日から高速を、翌週休日には関東まで往復走行をしましたが走り、快適性、燃費性能に関しては文句なし! ! それどころかガソリンをあまり使わない走行で済みました。
たまにスポーツモードを使用したので往復750kmの道のりでガソリンは15ℓ程度の補給で済みました。
(無論、高速SAの急速充電を活用しながら)


子供がいるので家族連れの方でこまめにSA休憩される方にはとてもオススメ出来る車です。
ほとんどの面で優秀の点を送りたいのですが、純正ナビは多少世代の古さを感じましたが現段階ではまだまだ戦えます。あと座席クッションがやや硬めではありますが、家族連れをターゲットであるならもう少し柔らかめ(セカンドシートは特に)な方が気持ち良い感じはします。
ただやはりパジェロやランサーエボリューションの技術を生かしてるので足回りは優秀で、他社メーカーを圧倒していると実感しました。

速さに関しても新東名120km試行区間でスポーツモード走行した際は余裕の加速感で合流、車線変更が出来るがあまりにもスピードが出るのでその点は注意が必要と感じました。
(ランエボ乗りも納得の加速感です)

内装面を一新してADAS技術を更に乗せていけば次期アウトランダーも世界を筆頭に売れる車だと確信しています。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年6月
購入地域
愛知県

新車価格
447万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
10万円

アウトランダーPHEVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

そぶーさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
0件
1件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

目線の高い、大きめの車に乗りたいということで、ディーラーのデモカー上がりを入手し、数年経過しました。
トランクルームの1500wコンセント、急速充電、純正ナビ等がついていてなかなかお買い得でした。

車検等でエンジン車に乗ると明らかに分かりますが、加速の滑らかさが別モノです。
これだけでもこの車を選んだ意味があるように思います。

充電は、家でもできます(200vコンセント増設)。純正ナビの設定で、指定した時間に充電を開始できるので、お得な時間帯に充電できます。
急速充電も可能でお買い物の間に充電でき、ガソリンスタンドに行く間隔が長くなりました。

純正ナビの音声検索は貧弱ですが、スマホのアプリ(navicon)と組み合わせれば、問題なく活用出来ています。

後部座席もそこそこフラットになるので、釣りやサイクリング等、遠征での車中泊が捗ります。
電磁調理器はスリムで持ち運びが便利です。

外観のデザインは、始めは地味すぎると思いましたが、今はまあそんなに悪くないかなと思っています。主張の少ない、飽きのこないデザインと思います。

普段乗りでもレジャーでも不満なく、これからも楽しく乗っていきたいと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ラニラニさん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:135人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費2
価格4

出先で19年型をほぼ丸一日運転させてもらいました。それを受けてのレビューです。
【エクステリア】
物足りない感じはありますが、かっこ悪いと言う人は少数ではないかな。
【インテリア】
高級感は多少増したと思いますが、取り立てて騒ぐほどの改善はないかな。でも、私的には充分。
【エンジン性能】
飛躍的に良くなりました。電欠後の坂道も、グイグイ登れるだけの電気を生み出しています。しかも静か!Sportモードの加速もなかなか良い。「たった400ccの違いでここまでか!」と思いました。
【走行性能】
15年型にあったフワフワ感はなくなり、また、13年型ほど硬くなく、私的には大満足。
カーブ等を曲がる時の安心感も健在。というか、13年型より安定している気がしました。そう無茶な運転はしていないので分かりませんが…
【乗り心地】
上記の通り、フワフワ感はなくなり、私好みだが、同乗者は道路の凸凹の突き上げ感は気になったみたい。ただし、この車の静粛性があってこそ気づくのだと思います。
フォレスターもすごい静かでしたが、この19年型は本当にすごい。失礼ながら他社SUVで静かだと思っている人、ぜひ試乗してみてください。この車でのEV走行の乗り心地の後に他社SUVの静粛性を「すごく静か」と言えるか、興味があります。13年型は、ロードノイズ等がかなり気になる時はありましたが、19年型は本当に静かです。
同じ純正の三菱電機のナビで、13年型は音量23でテレビの音声を聞いていましたが、19年型は音量17か18で充分です。この差には本当に驚きました。
【燃費】
これは、多少悪くなっている気がします。満タン返しの約束でしたので、満タンにしましたが、走行距離の割にはかなり多めに入りました。sportsモードがいけなかったかな?
【価格】
うーん。安いとはとても言えないですが、他社SUVの価格を考えると、破格にお値打ちだと思います。ただし、リセールバリューが他社SUVより圧倒的に低い感じがするので、それを加味すると高いかも。
【総評】
静粛性やパワーに関しては、19年型はそれまでの物とは全く次元が違うと思います。エンジンがかかっても静かかつパワフルに坂道を登ることができるなど、驚きました。
この車は
・フルフラットにできて、車中泊が楽
・100V電源をエンジンをかけずに使える
・荷物が沢山乗る
・たまの軽い雪道も4WDで安心
・EV走行ができて、燃費がいい
などのメリットがあります。
逆に
・三菱ディーラーの対応が悪い場合が多い(主観)
・ハイブリッド走行では燃費はイマイチ
・EV走行距離が短い
・リーフほどの静粛性はない
・リセールバリューがかなり低い
・外で充分をしようとすると、時間をだいぶ取られる
などのデメリットがあります。
これらの諸条件を考えて、乗るか乗らないかを決めると良いと思います。
まあ、とりあえず一度試乗してみてくださいな。

レビュー対象車
試乗

参考になった44人(再レビュー後:23人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

eg_webiさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア3
インテリア1
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費3
価格3

【エクステリア】
新型デリカほど奇をてらったものでなく、無難というか、凡庸というか。最近の他社SUVと比べるとインパクトは薄れた感はあります。
アルミホイールのデザインは正直好きではありません。以前のデザイン、または新型デリカのホイールデザインの方が良いと感じます。

【インテリア】
デビューからほとんど変わっていないデザインですが、この車の一番の欠点に感じます。
特にセンターパネルのデザイン。ホンダのコンパクトカーのような感じですが(ホンダさんに失礼ですが)、とても400万オーバーの車のものとは思えません。ピアノブラックという名のプラスチック素材ですが、指紋ベタベタです。
SUVなのだし、ダイヤル式でシンプルな方が合っていると思います。
その場合、ダイヤル一つ一つを質感の高いものにして、高級なギア感を演出すると素晴らしいものになると思います。
(エクリプスクロスのパネルも、悪くはないが質感はチープ)

メータのデザインもデビューから時間が経っており、古臭い感があります。ドライバーにとって一番 目にする装置なので、
もっとカッコよくなるようにお願いします。

シートカラーは基本ブラックで、白を選ぶには本革になるという点。ファブリックでも白基調ものが選べると良いです。
そういえば昔あったブラウン?のカラーは無くなったのですかね。色気があって良かったと思えたのですが。

細かいところで、サンルーフ仕様になるとグラスホルダーがなくなるのはなぜなんでしょう?
他社ではサンルーフ車にもグラスホルダーは普通につけてありますよ。

【エンジン性能】
2.4Lに拡大されたということで、静粛性は悪くないと思います。ただ、100%電気自動車ではないので、エンジンの存在感は随所で感じます。
試乗だったので市街地しか走行できず、高速走行時の感覚はわかりませんでした。


【走行性能】
スポーツモードに切り替えての加速はさすがでした。多用したくなりますが、当然燃費は落ちます↓
スポーツモード切替のスイッチがセンターコンソールにありますが、ステアリングスイッチにあった方が咄嗟に操作しやすいのではないでしょうか?
街中での走行は、やはり電気自動車のメリットが多分にあり良かったです。高速走行時の気持ちよさは体験できなかったのでそこが気になります。

【乗り心地】
妙な硬さもなく突き上げも気になりませんでした。踏切とか渡った時どうだったのか、それも体験できなかったので気になります。

【燃費】
ハイブリッドでの燃費が15km/Lほどとのことで、最近のハイブリッド車(同クラスのエクストレイルなど)と比べると若干見劣りがします。せっかくのPHEVなので、クラスNo1の燃費を目指してほしいです。
ただピュアEV走行ができるという点は、他社にない大きなアドバンテージですのでそれを加味すれば遜色ありませんが。
そのEV走行もカタログ値で60kmほど、エアコン使用の実電費だと50kmも満たないのでしょうか。
正直もう2超えくらいしてもらえると嬉しいです。贅沢を言えばi-MiEVなみの160km走れば文句ありませんが、バッテリ性能や車両価格を考えると無理なんでしょうね。

【価格】
最新のPHEVシステムなので妥当でしょう。500万を超えると候補から外れます。


【総評】
最新のPHEV車を運転してみての感想ですが、なかなか面白かったです。購入すれば、走り方とか充電のタイミングとかを考えながらドライブ計画を立てるようになるのでそれはそれで面白いなと思います。
ただ、デビューからすでに6年以上、中身を大幅刷新したとはいえ、見劣りするところもちらほら。
最近他社からはEV車やハイブリッドなどの電動車が一気に増えてきました。
PHV車も欧州をはじめ続々出てきております。
海外のモーターショーでは三菱は次世代のPHEV車を続々発表しています。
それらの市販化を実現し、より魅力的なPHEV車が出てくることを祈ります。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

bona patitucciさん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:2024人
  • ファン数:2人
満足度4
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格3

未来の購入に向けて、2013年の発売時のみならず、MC毎に大変興味深く何度か試乗して来ましたが、2018年夏のビッグMC版(2019版)にようやく試乗出来ました。
よろしければレビュー、お付き合いください。


【パワートレーンの大幅な改良】
前回同様またまた目に見えにくいところにお金をかけて来ましたね。
簡単に言うと「今まで以上に、可能な限りエンジンがかからないようにした」ということですが、それは本当です。

以前もプリウスPHVに近い感じでしたが、今回さらに近づきました。
プリウスPHVは通常走行中、バッテリー残があるうちにエンジンをかけようとすると相当ベタ踏みする必要がありますが、それにかなり近いです。
これは「可能ならリーフのようにいつまでもモーターで走りたい」と願うユーザーにメーカーが真摯に向き合っている証拠ですが、今回はそれにとどまりません。

エンジンが2.4LにUPし、低回転で効率良く発電出来るよう改良されていますが、これは「乗員にエンジンの存在を感じさせない」ための工夫であり、“常にモーターで走っているのにいつもエンジンの存在を感じてしまう”NOTE e-POWERとは対極の思考で三菱がこのクルマを作っている証左です。


【SPORTモードの追加】
早速試してみましたが、これがイケてます。
残念ながら 「SPORTモード」オンと同時にエンジンはかかります。
かかりますが、イケてます。(イケてる理由は以下の通り)

このスイッチはクルマが持っている動力源を総動員してとにかく速くスイスイ走るためのスイッチです。
アクセルを踏めばエンジンは回転を上げつつバッテリーに電力を注ぎ込み続け、それをモーターが惜しみなく使い、その結果、この大きく重いクルマがスポーツカーのように加速して行きます。
本当にこのモードの時だけ、車重が半分くらいになったような錯覚を覚えました。
これはイケてます。

さらに好感が持てたのは、こういう“飛び道具モード”の時もエンジンの音や振動があまり気にならない点です。
これもイケてます。
前回(2015)のMCで静粛性能が大きく改善されて高い密閉感を実現し、車内が一気に「高級車」の雰囲気になりましたが、そこをさらに磨いたのでしょう。

現在、私の愛車はメルセデスEクラス(W212)で車内は静かなのですが、もうEクラスも真っ青なくらいエンジンノイズはしっかり遮音されています。
ここまで徹底した遮音が施されているのであれば、発電用にエンジンがかかっても私は許せます。


【S-AWCの進化】
私は峠を攻めたりしませんが、このシステムが優秀なのはSPORTモードで普通に交差点を曲がるだけですぐ分かります。
比較として、メルセデスの操舵性が優秀なのは伝統的に有名ですが、私のEクラスと比較しても旋回性能で引けを取りません。
腕に覚えのあるドライバーが「SPORTモード」+「S-AWC」でワインディングを走ったらさぞ爽快でしょう。


【乗り心地にも再び手が入ったようです】
MC前もソフトで好みでした。
おそらく「ソフト過ぎる」という声に反応したのだと思いますが、MCでやや固くなりました。
しかし、単純に固くしたのではなく「しっかり感」がプラスされた印象。
「しっかり感」が増したのに段差での突き上げは「しっとりマイルド」に吸収。
もっと硬めのセッティングが好きな方もたくさんいらっしゃるでしょうが、個人的には「これがベスト」と言って良い出来で、本当に素晴らしい脚です。
自分のEクラスとの比較ばかりで恐縮ですが、高速走行以外で勝敗を付けるなら完全にアウトランダーの勝ち。


【と、ここまで褒めっぱなしでしたので、注文を付けたい点をいくつか・・・】

●新型に標準のアルミホイールはどう見てもSUVに似合うとは思えません。
(高級セダン用のを間違えて付けてるように見えるので早急に変えてください)
●デビュー以来、評価の低いインテリアデザインは根本からリファインしてください。
(ここに手を入れると相当お金がかかるでしょうが、メルセデスは価格変更ほとんど無しでMC時に全面刷新出来ています)
●プリウスPHVに習いガスインジェクション式ヒーターを採用してください。
(最新型のアウトランダーPHEVでも、ヒーターはエンジンの熱利用のため、ヒーターを点けた瞬間にエンジンがかかってしまいます。ガスインジェクション式ヒーターを採用してさらにエンジンをかかりにくくしてください)
●ボディカラーにもっとバリエーションを作ってください。


【総評】
いろいろ書きましたが、三菱は本気でこのクルマを良くしようとしています。
そして私は、今乗っているEクラスの次の候補としてずっと検討しています。
今後、日産との提携がこのアウトランダーPHEVの開発にどのような影響を与えるか分かりませんが、妙な方向転換をせず、ユーザー目線での熟成を重ねて行って欲しいと切に願います。
長文失礼いたしました。

レビュー対象車
試乗

参考になった88人(再レビュー後:55人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sanamonさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4

11年ぶりの新車購入で、私にとって初の三菱車がアウトランダーPHEVです。デリカD5の後でこの車に試乗したら、その静粛性とモーターのシームレスな加速感覚が頭から離れず購入しました。ハリアーHVと天秤にかけましたが、高級感やリセールバリューよりも質実剛健でエコドライブを実践できるアウトランダーPHEVを選択しました。

【エクステリア】
今時の感じからいうと古く、ややモッサリ感がありますが、SUVらしい力強さのある佇まいです。

【インテリア】
大きなバッテリーの代償なのか、インパネ付近およびコンソールに小物の収納が無さ過ぎていろいろと悩まされています。後付けを量販店で見つけて解決するしかないですね。使い勝手は他社の方が数段上ですね。でも、走りが抜群なので私はあまり気にならないです。

【モーター&エンジン性能】
モーター走行では車体の遮音性がとても高く、あまりに静かすぎてまだ運転が慣れません。エンジンで発電しながらでも快適に走りますが、モーター走行に慣れるとエンジンは始動してほしくないと思うようになります。ツインモーターのゼロ発進からの機敏性&トルク感、シームレスな走行感覚は素晴らしいです。

【走行性能・乗り心地】
S−4WDは車全体が押し出されるように走ります。コーナーからの立ち上がりなどもしっかりグリップしている感じがします。乗り心地は頑強なシャーシの上にボディが乗っている感覚で、路面からの突き上げは感じますがうまく収束して快適です。車体はヘビーですが、回生ブレーキの制動を利用して減速するのでブレーキを強く踏み込むことはほとんどありません。もちろん意識しないで踏むと十分な制動力を感じます。安全装置は他社のものと比較するとやや中途半端のようですが、運転感覚がこれ以上希薄になると余計に危ないのではないかと思うので私には十分です。

【燃費】
購入時に工事をして200V充電をしています。深夜電力で1回の充電にかかる経費はペットボトルのお茶1本くらいの値段です。外気温が5℃くらいの冬は、ACボタンOFFで暖房をつけていても電費はみるみる悪化し、30キロほどしかEV走行はできないと思います。シートヒーターとハンドルヒーターだけだと駆動バッテリーに影響しないので電費は悪化しません。ハイブリッド走行だと郊外の通勤でリッター18キロくらいです。EV走行はエコモードで電池満タンから50キロは間違いなく走りますが、前述のとおり冬はヒーターをつけない場合、寒さ対策が必要ということになります。私はセーブモードで乗り始めにエンジンを回して暖房をつけてしばらく走行しています。

【価格】
PHEVはまだまだ希少で、マイチェン毎に安全装備がついてきたことにより高価です。補助金も20万に目減りしてきました。充電設備は増えてきているようですが、リーフやプリウスと比べると、SUVなので目立つし少数派な感じです。

【総評】
アウトランダーPHEVは、なかなかひと言で語れない魅力のある車ですね。毎日エコ運転を心がけるようになり、いろいろと頭も使います。車の性格がわかるまでに結構時間がかかるように思いますが、今はそれが楽しみです。今年は雪が少なく四駆の性能を実感できる機会が今のところありませんが、あらゆる天候で頼もしい相棒になってくれると期待しています。正直、毎日プラグで充電するのは面倒・・・これはPHEVの宿命です。しかし一度乗ってみればこの車の良さはわかります。愛着がわいてくると思いますよ。

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
高級感
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年12月
購入地域
福井県

新車価格
418万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
0円

アウトランダーPHEVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった34

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ちけぼうさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
0件
5件
タブレットPC
0件
3件
レンズ
0件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

初代アウトランダーを12年乗り、念願のPHEVを購入しました。
MazdaCX-8と天秤にかけましたが、アウトランダー信者としての信念を貫きました。

【エクステリア】
かっこいいです。

【インテリア】
ちょっと残念ですが、皆さんが感じてるとおりです。

【エンジン性能】
エンジン車には戻れません。ツインモーターのスピード&パワーに感激です。

【走行性能】
初代アウトランダーも乗りやすかったですが、もっとキレキレです。

【乗り心地】
何も言うことはないぐらい、最高です。

【燃費】
家で充電&格安深夜電力(百数十円)がある方でないと、PHEVの本領発揮はできないです。

【価格】
PHEV&SUVなので高価ですが、初代アウトランダーの購入資金に80万プラス程度で買えたので、大満足です。

【総評】
アウトランダーフリークの私としては、運転するのが楽しくて楽しくてたまりません。

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年12月
購入地域
広島県

新車価格
393万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

アウトランダーPHEVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった20人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Kajitetsuさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格4

【エクステリア】
エクスパンダ―や新型D‐5位に尖ってくれてても良かったですが、奇をてらっていないこの武骨なデザイン私は好きです。(特にリア)
皆さん書かれていますがロービームでもたまにパッシングされます。

【インテリア】
収納が少ないです。実質、グローブボックスとコンソールボックスのみです。2018年MC後はコンソールボックス内のトレイも撤去されてしまいましたので小物を載せたい人は、100均の小さめのボックス等で仕切る工夫が必要です。

【エンジン性能】
性能というか音の評価になります。暖房使用時や電欠時はエンジンが回りますが走行中はロードノイズと相殺されるのであまり気になりません。しかし暖房使用時、SAVE、CHARGEモード時は停車中でもエンジンが掛かっているので気になります。

【走行性能】
2つのモーターで「フィーン」と加速。とっさの加速も機敏に反応します。
2tの車体をまったく感じさせません。

【乗り心地】
良いと思います。

【燃費】
深夜充電ならEV時、130円で55キロ走行できます。
電欠時(HVモード)もリッター15〜16は走ってくれます。
十分です。最高です。

【総評】
デメリットばかり書いてしまいましたが私は買って大満足です。
私は値引き、下取り、補助金を含めて購入価格は400を切りました。

しかしこの車にとって燃費だのコスパだのは二の次であります。
モーターによる近未来的な走行、電力を災害やアウトドアに活用。
ガンガンアクティブに使ってこそこの車は輝きます。
車以上の価値がある車です。


乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年12月
購入地域
福井県

新車価格
418万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
5万円

アウトランダーPHEVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

サブ511さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格2
   

発電時のメーター

   

【エクステリア】ボリューム感があり満足しています。

【インテリア】落ち着いた感じですが、小物の収納は物足りない感じがします。大きなものはもちろん得意です。アームレストは低くて後方にあり、左腕をゆったりと休ませるという機能は感じられません。

【エンジン性能】EV走行中心です。常にはほとんど回していません。非常時の際にはしっかりと発電してくれます。発電だけなら音も気になりません。

【走行性能】安定感があり安心して乗っていられます。無理な運転はしませんので限界性能はわかりませんが余裕ある走りだと感じています。スムーズさは天下一品だと感じます。雪道でのコーナーも安心でした。

【乗り心地】静寂の中でのゆとり感、とても満足しています。今の寒い時期、シートヒーターとステアリングヒーターで凌いでいます。

【燃費】通勤で毎日15km使用です。3日ごとに自宅で充電しています。深夜電力ですので1回百数十円程度です。スキー往復500kmの際は3人乗車ヒーター使用でリッター12km/Lくらいでした。

【価格】もう少し安ければ尚いいですね。

【総評】特筆すべき点は、昨年9月の台風25号の際のことです。我が家では足掛け3日間停電していました。アウトランダーを電源にして住居に100Vを引き込みました。エアコン以外の電化製品はほとんど使えました。冷蔵庫も洗濯機、シャワー、パソコン、テレビなど普段どおりでした。その際の様子を動画にまとめてありますので是非ご覧願います。非常時にも大活躍のアウトランダーに家族一同感謝している次第です。
                    https://www.youtube.com/watch?v=tmghxVqE-co

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
エコ
レビュー対象車
新車

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

5500さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
11件
AVアンプ
0件
3件
ノートパソコン
0件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

オデッセイ、シビックHV、ヴェゼルHV、ジェイドHVと根っからのホンダ党で新しいハイブリッドCR-Vが乗り換えの第一候補でしたが車幅が大きくナビが小さく割高感のある価格設定とセールスマンの売る気のない交渉態度から購入意欲が萎えi-MMDよりも更に先進的な動力機構であるPHEVで唯一のSUVのアウトランダーPHEVを試乗し、その素晴らしさに感動して購入しました。もっと早く出会っていたら良かったのにと思っています。

【エクステリア】
トヨタ車のSUVのような押し出しの強いオラオラ感や現代的な直線的で斬新なデザインではなく、またホンダのCR-Vのような表情豊かな曲線美はありませんが至ってシンプルで奇をてらうことのない正統派の外観で良く言えば飽きの来ないデザインで私は気に入っています。
【インテリア】
高級感のない古臭いインテリアだと誉め言葉を聞いたことがありませんがまさにその通りだと思います。各種ボタンの配置も統一性がなくて余り使い勝手が良いとは思えません。内装や外装に大きな価値観を求める人には決して選択されない車だとおもいます。
【エンジン性能】
余裕のある2.4リッターのエンジンになり停車時もアクセルを踏み込んでもエンジンが始動した音はほとんど聞こえません。普通の日常的な運転ではハイブリッド車でなくEVに乗っている感覚になります。
【走行性能】
遠距離移動以外の普段使いではEVモードで運転しています。電気自動車で言われるスタートから全くストレスのない直線的な加速性能がこの車の一番の魅力だと思います。静粛の中で驚くほどにスムーズに加速します。
【乗り心地】
重量が1.9tと重く更に重心が低く重厚な乗り心地も素晴らしいです。まだ実感はできていませんが前後に配置されている駆動モーターと三菱のお家芸であるS-AWCシステムでコーナリングや悪路での走行性能・乗り心地に大きな期待が持てると思います。
【燃費】
通常の電気料金の半分以下の深夜電力の契約が可能な地域で自宅に200ボルトの給電設備を設置することが条件となりますが50km以内の近距離移動の燃費はガソリン燃費換算で言うとリッター50km位になります。ハイブリッド車の約2倍の燃費であり、純粋なEV車の限られた走行距離を考えるとPHEVはハイブリッド車と電気自動車の良いとこ取りのシステムと思います。
【価格】
Gに9インチのナビを持ち込んで取り付けてもらい結構ディーラーオプションを付けましたがナビ込みで約450万円でした。CR-Vハイブリッドの4駆と余り変わりない値段です。こんな素晴らしい車がこの値段で購入できたことは大変満足しています。
【総評】
多分この車は現在発売されている車の中で最もコストパフォーマンスの良い車の一台だと思っています。最近は2〜3年で乗り換えていましたがじっくり付き合っていきたいと思っています。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年12月
購入地域
新潟県

新車価格
418万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
10万円

アウトランダーPHEVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

キュウべヱさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

今まで中古の軽自動車に乗っていましたが、結婚を機にどんな車を買うか嫁と色々話していました。当初は値段が手頃で安全性も高いフォレスターの中古でいいんじゃないかと話していましたがいい機会だったので色々な車を試乗しようという事になり調べてる内に三菱の一泊二日試乗を知りました。せっかくなので旅行も兼ねて試乗予約をしました。

当日乗り込んで発進した時はその静粛性に衝撃をうけました。色々な走行モードを体験しているうちに旅行よりずっと車を運転していたいと感じるようになり、旅館までの往路は結局下道しか使いませんでした笑。結婚を機に大型バイクを降りる事になり車はなんでもいいやと半ば自暴自棄になっていましたが、もうこれしかないと思うようになっていました。嫁は見た目より質を重視する派だったので内装の残念さは苦にならなかったようです。

その後、新型フォレスター、CX-5、ハリアーなど試乗しましたがどれもPHEVほどの衝撃はなく嫁もPHEVよりうるさいので却下となりました笑。ディーラーの方も限界まで値引きを頑張ってくれたので社外ナビやドラレコ諸々とキャッシュバック含めて総額420万ほどで購入する事ができ非常に満足です。これから車中泊グッズや車内で使える電化製品を購入し無限の可能性のあるPHEVライフを満喫したいです。
※本体値引き10万オプション値引き20万キャッシュバック20万

レビュー対象車
試乗

参考になった34人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

薪割り爺さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:42人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

京都の某三菱ディーラーで試乗車として使用していたPHEV車を購入出来、熊本まで高速道路を運転して帰って来ました。
ナビの走行距離は740Kmと表示され、出発時の駆動用バッテリー(EV)は満充電で、ガソリンを満タン(40リットル)にして出発。
この車はEVの残充電量とガソリンの残量の合計で走行可能距離がメーター上に随時表示されるので、自宅までの残走行距離との比較が出来、ガソリンを入れるタイミングを忘れるという事態にはならないので安心して運転が出来ました。(高速でのガス欠だけはしたくないので)。そしてこの車は回生ブレーキによる駆動用バッテリーへの充電が加算されるという機能があり、倉敷近くに来た時には走行可能距離が自宅までの距離より65Km多いという状態でした。疲れも出ていたのでPAで夕食を取り、持って来た寝袋で車の中で仮眠。(エンジンは始動せず。) そして朝方3時半に出発。この時は窓ガラスが曇っていたので20分くらいエアコンを使用したら、自宅までの距離とメーター上の走行可能距離との差は65Kmから30Kmくらいまでにダウン。少々焦りも出て来て、早く給油した方が良いと思いながら走行していると、回生ブレーキの効果が再び出て来て65Kmまで回復。そして回生ブレーキ効果はその後も増え続けて自宅まで追加給油を1回もすることなく無事に到着。その時の走行可能残は83kmとなっていました。実走行距離は746Kmでしたので、少なくとも829Kmは走れたということになります。そこで今回の運転で意識した事を以下に書いてみました。

1. 高速道での速度は平均して80Km/時で走行することを意識。(スピードを出すと電力が急激に消耗する。)
2.下り坂も80Kmを維持出来る速度で回生ブレーキをB1〜B5を選んで走行。
3.平坦な道は出来るだけB0の惰性力で走行。

私が意識したのは以上の3点ですが、慣れた人はもっと上手に運転するでしょうし、エアコンの使用は燃費に大きく影響が出て来るでしょうが、どうしても必要な時はあまり気にしないで使用した方が良いと思います。

購入後、1か月が経ち、普段は深夜電力を使用して充電しています。平均して1日、30Km 〜40Kmの走行ですが、寒い朝はシート・ヒーターとハンドルのヒーターを使用していますが全てEV走行で済んでいます。深夜電力ですので電気料金は\100円くらいと思います。実際にPHEV車を使用しているプロのドライバーが普段の充電は満充電までしないで80%くらいの充電にしておき、時々満充電(普通充電)を行うようにした方がリチウムイオンの寿命に良いということが書かれていたので、私は80%充電を心掛けています。それでも1か月が経ち、ガソリンは1リットルも使用していません。(3か月に1回は強制的にエンジンが掛かるそうですが、それまでは遠出をするのでその時にガソリンを使おうと考えています。)

燃費については以上になりますが、EV走行は本当に静かで加速時も驚くほど静かでパワフルです。エンジンを掛けた時はちょっと安っぽい感じがしますが、室内空間の広さとデザインも気に入っており、総合的に見ればその弱点もカバーしてしまうほどの良い車だと思っています。
又、自宅での充電設備を考えている人は毎日のケーブル接続やタイマーセットも意外と面倒なものですが、少しでもその面倒さを軽減する方法として純正ナビはタイマーセットが5種類出来るのでその点は便利に使用しています。その日の走行残から翌日の走行したい距離に相応する充電時間をナビで操作出来るので便利に使っています。勿論、充電設備にもタイマー付きのものがあるらしいのですが、使い勝手の詳細は知りませんので検討している方は調べて比較してみてください。
以上、1か月の経験が浅いPHEVドライバーですが、少しでも検討している方の参考になればと思いコメントをさせて頂きました。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった42

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プレイマロンさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:100人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

この車の良い点は他のレビューなどでたくさん書かれていると思いますので
良い点よりも個人的に気になった点を多めに書いています。
【エクステリア】
SUVって感じでカッコ良いと思います。白色がとても似合うと思います。
ゴツ過ぎず、丸々し過ぎずちょうど良い感じかと思います。
【インテリア】
FMCしてから年数が経っている為、設計の古さは否めません。
小物を置く場所がないです。カップホルダーの位置が前すぎると思います。
センターコンソールが縦長で使い勝っては悪そうです。
慣れの問題かもしれませんが、charge/save、sportモードの
ボタンの位置が後ろすぎて手探りでうまく操作が出来ない時があります。
荷台は十分な広さです。
後部座席の座席を外して背もたれを倒すと凄くフラットになるのは車中泊派にはとても嬉しいです。
【エンジン性能】
モーター、エンジンを含めたパワーは実用には問題なくとても力強いと思います。
これらを制御する技術は素晴らしいと思います。
【走行性能】
市街地での出だしもスーッと行きます。
高速道路の追い越し、登りも力強いです。
モーターで走っているせいか実際のメーターよりスピードが出ている感じがします。
ハンドルがとてもクイックでワインディング、峠道もとても気持ちよく走れます。
車重を感じさせない軽さがあります。コーナーを曲がる時は少し軽すぎる感じがあるくらいです。
【乗り心地】
車内はとても静かです。静かすぎるのかロードノイズはやや気になります。
シートがよいのか揺れが少ないのか合計5時間くらい運転しましたが疲労感は全く感じませんでした。
曲がる時や継ぎ目を超える時に少しふわぁとした感じがします。
【燃費】
今回の試乗は満充電で市街地25km高速が20kmくらい走りエンジンが掛かりました。
一度80%の急速充電をして、ワイディング10km、高速20km、市街地10kmくらいでエンジンが掛かりました。
エアコンOFF、シートヒーターONです。
勾配がゆるかった為か回生チャージは思ったより出来なかったです。
120kmを走って満充電+80%充電+ガソリン3Lでした。
【価格】
絶対的な価格は高いがPHEVと考えれば妥当な値段かと。
最近の同クラスのSUVと比べて補助金も含めるとそんなに差はないかと。
【安全、運転支援機能】
安全機能は一通り付いています。
先行車が発信した時のお知らせ機能が付いていないです。
ACCの追従は減速は自然です。先行車がいなくなった時の加速が不自然で急にスピードが上がる感んじがします。
ACCと電子パーキングのAUTOHOLDを併せた渋滞時の追従は他メーカーと比べ劣ります。
ACCが完全停止から2秒後解除になる為、その後一度ブレーキを踏みAUTOHOLDにする必要があります。
完全停止後からの発進では速度が10km以上にならないとACCが再開出来ないのでアクセルを少し踏む必要があります。
【総評】
SUVで4WDのPHEVの唯一無二感、モーターでの走行感、100V電源が使える、充電による良い燃費を考えるととても満足感が得られる車だと感じました。
気になる点としてはACCが他メーカーと比べ劣る、内装を含めた基本設計が古い、外での充電が思ったより時間がかかる(運悪く満員で待ちがあると尚更)と感じました。



レビュー対象車
試乗

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

アウトランダーPHEV 2013年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

アウトランダーPHEV
三菱

アウトランダーPHEV

新車価格帯:393〜529万円

中古車価格帯:108〜455万円

アウトランダーPHEV 2013年モデルをお気に入り製品に追加する <423

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意