マツダ アテンザワゴン 2012年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > マツダ > アテンザワゴン 2012年モデル

アテンザワゴン 2012年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:アテンザワゴン 2012年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
25S L Package 2018年6月21日 マイナーチェンジ 1人
XD L Package 2018年6月21日 マイナーチェンジ 1人
XD L Package 4WD 2018年6月21日 マイナーチェンジ 2人
XD PROACTIVE 2018年6月21日 マイナーチェンジ 3人
XD PROACTIVE 4WD 2018年6月21日 マイナーチェンジ 1人
20S PROACTIVE 2017年8月3日 マイナーチェンジ 1人
25S L Package 2017年8月3日 マイナーチェンジ 1人
XD L Package 4WD 2017年8月3日 マイナーチェンジ 1人
XD PROACTIVE 4WD 2017年8月3日 マイナーチェンジ 1人
XD L Package 2016年8月25日 マイナーチェンジ 1人
XD L Package 4WD 2016年8月25日 マイナーチェンジ 1人
20S PROACTIVE 2015年1月7日 マイナーチェンジ 3人
25S L Package 2015年1月7日 マイナーチェンジ 4人
XD 2015年1月7日 マイナーチェンジ 2人
XD 4WD (MT) 2015年1月7日 マイナーチェンジ 1人
XD L Package 2015年1月7日 マイナーチェンジ 4人
XD L Package (MT) 2015年1月7日 マイナーチェンジ 1人
XD L Package 4WD 2015年1月7日 マイナーチェンジ 4人
XD PROACTIVE 2015年1月7日 マイナーチェンジ 4人
20S 2013年11月1日 マイナーチェンジ 1人
XD 2013年11月1日 マイナーチェンジ 2人
XD L Package 2013年11月1日 マイナーチェンジ 10人
XD L Package (MT) 2013年11月1日 マイナーチェンジ 5人
20S 2012年11月20日 フルモデルチェンジ 7人
25S L Package 2012年11月20日 フルモデルチェンジ 5人
XD 2012年11月20日 フルモデルチェンジ 10人
XD (MT) 2012年11月20日 フルモデルチェンジ 4人
XD L Package 2012年11月20日 フルモデルチェンジ 25人
満足度:4.60
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:109人 (プロ:1人 試乗:12人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.74 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.86 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.57 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.47 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.13 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 4.62 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 4.24 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

アテンザワゴン 2012年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:32件
  • 累計支持数:304人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
2件
11件
デジタル一眼カメラ
2件
9件
ビデオカメラ
1件
4件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

アウディA4からの乗り換えです。

正直、新車購入にあたって初めは、ドイツ車が第1、第2候補で
高付加価値とは言い難い(失礼!)マツダのアテンザは第3候補以下でした。

いろいろと良く調べて研究し、一通り試乗したのち第1候補に!
いや最後は、もうこれしかない!ダントツの第1位候補になりました。

デザインは、はじめは”やり過ぎ感”があり、
ちょっと抵抗がありましたが、これが新しいアイデンティティなんだ!
との主張が素直に共感できるようになりました。
非常に良くできた造形で気に入ってます。
他に見当たらない、このデザインの独創性が素晴らしいと思います。

そして、乗ってみて感じるあの”高次元のポテンシャル”は、
なんなんでしょうか?
何といってもディーゼルエンジンの出来の良さが秀逸です。
ガサツなBMWのものとは一線を画します。
トルクだけなら7シリーズと競うレベルです。

欧州車を意識して開発しただけあって、3シリーズ、5シリーズ、
A4レベルは超えています。7thゴルフ?つまんないです。

エポックな作り、フラットなしっかりした走りは、正に欧州車。
ライバルのそれ以上だと感じます。
運転していて、マツダの開発陣が、今となってはフラッグシップとなる
アテンザに掛ける熱い思いを、そこかしこに感じることができます。
何か操作するとリアクションが必ず返ってきます。
「感性工学」を長年、突き詰めている所以なのでしょうか?

惜しみなく注いだ安全性能、ハイブリッドを忘れる驚きの燃費性能。
そして何といっても、独自の設計思想を目指す
”ドライビング・プレジャー”は魅力的。

日本車の中で一歩遅れたイメージがあったマツダですが
今、欧州からは一目置かれる存在になってるそうです。
日本でのブランド評価も、これから随分と変わる予感を感じます。

第3世代アテンザ。
これは、歴史に残る「名車」になると思います。

(比較したメーカーさん、ごめんなさい。あくまでも私見です)

一年経ちましたので再レビューします。

魅力は色褪せません。未だに走るのが楽しくて
ちょっと遠回りしたり、夜中に近場を流したりしてます。
不思議ですが飽きがこないですね。

このアテンザに乗って大きく感じるのは
動力性能やシャーシ設計、インテリア・エクステリアなど
基本的な用件でプレミア感を得られるのはもちろんですが
安全性・経済性の点で何とも言えない余裕を与えてくれます。

★★★センサー関連は誤動作なく、どれも使えます。
特に側面後方の注意情報を伝えるセンサーは、無くてはならないです。
いいタイミングでアラームが鳴り非常に良いサポートをします。

シートは意外と良いです。私にはサポートなどの当たりはピッタしです。
「あんこ」が少なめでへったてる感じは、いただけないですが
革の質はきめ細かくしっとりして上質です。
ステッチも丁寧な縫製で◎です。

高速での安心感と疲労度軽減は特筆ものです。
高速の上り坂で楽々他車を置き去りにする「アクティブ走行」。
そんな気分でない時、クルーズコントロールで前車任せに
ノロノロついていく「手抜き走行」ができる走りの幅がある。
こんな良さは、実際に乗ってみないと分からないと思います。

ついさっき給油してきましたが、軽油リッター121円の安さ!
以前の車で、ハイオクを入れていたバカバカしさを思い知らされます。
給油する度に「ディーゼルにして良かったなあ」と実感します。
ディーゼルを選んだ理由は”動力性能”でしたが
”経済性”で選んでもアリでしょう。

新しく追加された4WDが正直、気になりますが
この「第3世代アテンザ」まだまだ、魅力十分です。

再々レビューです。
とうとうブランドイメージもここまで来た!って感じがあります。
米専門誌「コンシューマー・リポート」2019年11月14日に発表の内容
自動車ブランドの信頼調査で、日本企業が3位までを独占、高い評価を受けたとのこと。
首位が「レクサス」、2位が「マツダ」、3位が「トヨタ」。
レクサスの次って凄いですね。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2013年11月
購入地域
東京都

新車価格
358万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
30万円

アテンザワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった52人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

やなしゅうさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

【エクステリア】
綺麗な曲線でかっこいい。しかしその分室内は大きい車体のわりに狭いです。
【インテリア】
以前乗っていたのがエクストレイル のディーゼルで内装とかもシンプルすぎるぐらいの車だったので豪華絢爛です!しかし小物入れが少ない。
【エンジン性能】
車内はディーゼルとは思えないくらい静かです。車外はディーゼルだとわかりますがそれでもエクストレイル に比べると雲泥の差です!
【走行性能】
車高も低く安定感があります。
【乗り心地】
始め19インチのタイヤはやはり少しうるさかったがなれました。不快なブレーキ鳴き、ちょっとした坂でブレーキを踏むとギッギッと音が酷い!マツダの高級車なのにこの点だけはがっかりです!もう少し距離を走ると治るのかな?
【燃費】
燃費は110 キロオートクルーズで19キロ走りました。エクストレイル は13キロ位だったのでお財布に優しいです!もう少しスピードを落として走ると20キロは超えそうです!
【価格】
新車だと買えない価格ですが一年落ちの1000キロの中古なのでなんとか買えました!
【総評】
ブレーキ鳴きとギッギッギッという音が無ければ満点です。エクストレイル と比較するのが間違っていると思いますが色々な部分の進化がすごいと思います!

乗車人数
1人
使用目的
その他
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
快適性
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ライオンファラオさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:50人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

掃除機
3件
0件
自動車(本体)
3件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費5
価格4

【エクステリア】
これが決め手でした。
メルセデスCクラスワゴンと最期まで比較しましたがアテンザのボディラインが気に入りました。

【インテリア】
この価格帯としては良いと思いました。
当時はブラックが好きだったので気に入っておりました。

【エンジン性能】
この車が人生初のディーゼルでした。
加速も良く問題ありませんでした。

カラカラ音だけは気になりましたが、音楽のボリューム上げて誤魔化してました笑

【走行性能】
高速やワインディングでの安定感は素晴らしかったです。ステーションワゴンの良い所ですね。

【乗り心地】
気にした事が無かったので良かったと思います。

【燃費】
前車が古いGクラスだったので、比べ物にならない位良かったです。20近くでした。

【価格】
メルセデスやアウディの同クラスと比較しましたがかなりお手頃価格でした。

【総評】
当時ステーションワゴンに憧れて購入しました。
ステーションワゴンの選択肢は少なく、レヴォーグ、メルセデスCクラス、アウディA4で絞り込みました。
全て試乗した上でアテンザに決めました。

初のマツダで不安もありましたが、昔からロードスターとRX-7に憧れていたので楽しみでもありました。

走りは楽しく、デザインも気に入っておりました。
サイズ感も丁度良く特に不満な所はありませんでしたが、マイナーチェンジの話を聞き、たまたま立ち寄ったボルボで浮気してしまい手放しました。

今でも街中で見かけるとそのデザインに惚れ惚れします。とても良い車でした。

国産車ではマツダが1番好きになりました(^^)
思い出の1台です。アテンザありがとう!

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年9月
購入地域
東京都

新車価格
400万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
10万円

アテンザワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

横浜のゴルフ好きさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:61人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
28件
デジタル一眼カメラ
0件
9件
もっと見る
満足度5
エクステリア1
インテリア1
エンジン性能1
走行性能1
乗り心地1
燃費1
価格1

↓ 2段下の「みく0806さん」

もしかして、その車両はXD プロアク4WDの紺色でしょうか?私の個体がそうかもしれません。

低速域でブレーキを踏むと非常に不快な鳴きが発生します。購入時が1200kmの個体でした。





タイトル通り、2013モデルのCX-5→2018モデルのアテンザワゴン XD プロアク(AWD)への乗り換えです。

母が高齢となり、SUVでは乗降が厳しくなりました。車高の低い車で(近い将来)車椅子がのるトランクスペースが必要となり、車変更です。

急を要しており、また予算の都合上でディーラーのデモ車あがりの中古となりました。

【総評】
素晴らしい。★5です。が、少し厳しめに評価します。

【CX-5との比較】
個人の価値観、車への要求差かもしれませんが、
CX-5=自分が操っている。
アテンザワゴン=自分が操られている。
こんな印象です。

安全装備満載で良いのですが、レーン逸脱でアシストが入ると、「こら、余計な事するな」と思ってしまいます。OFFにすれば済むことですが。
MRCCも試していますが、自分の運転に近い動作をするものの、どうもしっくりこない。
上述は、慣れの問題かもしれません。


【エクステリア/インテリア】
エクステリアは妖艶な雰囲気です。前車より長く低いので、少し運転に慣れが必要かも。

紺色で良い色と思う反面、埃が非常に目立ちます。お手入れが大変かも。

インテリアは、シンプルで且つ上品。必要にして十分。前車がレザーシートでしたが、レザーはいらないと思いました。

後部座席は、前車に比べると高さがないので狭く感じます。が高齢者の乗降には良いのかも。

【走行性能/エンジン】
前車のアップデート版エンジンです。比較すると、大変静かになった事を実感できます。これは車の遮音対策の差かもしれません。

前車より車高が低いので、安定性があります。前車はフロントヘビー感が強かったですが、この車はそう感じません。

【燃費】
横浜〜館山で250kmほど走りましたが、14.8kmほどでした。オドが1200kmの個体でしたので、あたりがつけば、もう少し伸びるかも。

「アテンザワゴン」というネーミングの最終モデルです。母のお世話と共に、大事にしたいと思います。




乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった7人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

みく0806さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:64人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度1
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地2
燃費4
価格1

再生する

その他
ブレーキの異音

これから記入することは全て事実です。

<ブレーキ音>
新車購入後、1ヶ月くらいから、大きく、不快なブレーキの異音が止まりません。ブレーキを踏むたびに毎回大きな異音がします。
この1ヶ月間、何度もディーラーに持ち込みましたが、ディーラーもこれだけ止まらないブレーキ鳴きは経験した事がないとのこと。ブレーキ周りのすべての部品を交換しても止まりません。ディーラーもこれ以上できることはないので、メーカーにレポートを上げてリコールを待つしかないとの回答。ディーラーの分析ではパッドの素材とローターの素材の相性と寒冷地のためでは?と考えておられるようですが、なすすべなしとのことです。これ以上、止まらないようであれば買い取って欲しいと要求していますが、通常の中古車価格でしか買取できないとのこと。毎日乗るのに、乗るたびに不快な気分になります。
延長保証に加入しているため、社外品にも交換できず、八方塞がりです。

→ 京滋マツダ舞鶴店では対応できないと言われたので、メーカーへ連絡し、メーカーから指示があった違うディーラーへ持ち込みました。結局、車をディーラーへ預けたまま4ヶ月になりますが、未だに帰ってきません。ディーラーからメーカー工場にも出したようですが、原因は分からないとの連絡があったようです。最初に持ち込んだ京滋マツダ舞鶴店からは、今まで対応したことがない異音だが、車は走るので、私の判断でこの修理を受けないこともできたとまで言われました。

<ナビ>
路線名表示時、画面上部中央に液晶抜けのような白く太い線が出ます。当方、海沿いのため、非常に目立ちます。メーカー云く、デザインとのことですが、デザインというような綺麗なものではなく、バグをデザインと言っているだけにしか思えません。他の車種でも同じ現象が出ているとのことです。内地では目立っていないだけのようです。

→ メーカーはデザインと言い切っていたのに、結局、バージョンアップで改善されました。

<ワイパー>
運転席の目の前で斜めにワイパーの筋が出ます。雨の時には目立たず、当方の地域のように霧や霧雨が多い地域では非常に目立ち、運転の妨げになります。これも、ナビ同様、他の車種でも同じで、メーカーでは改善予定はないとのこと。これについては、他の方から苦情もないと言われ、暗に当方が気にしすぎ的なニュアンスを感じ、マツダのレベルの低さを感じました。


新車なのに4ヶ月もディーラーから帰ってこない。メーカーに何度も連絡しても謝罪もない。マツダがなぜ評価されるのか全くわかりません。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年2月
購入地域
京都府

新車価格
336万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
20万円

アテンザワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった64人(再レビュー後:31人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

なか708さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
7件
タイヤ
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5

【アテンザワゴンXD FF MT】
2014年購入。
5年経っても、今だに運転するのが楽しい。ロングツーリング性能が高く、長距離運転する度に惚れ惚れする。
タイヤをYOKOHAMA Blue Earth GTに履き替えたインプレッションも含めてレビューします。


【はじめに】
クルマのレビューは、過去の車歴に影響するので参考まで。中古・新車が混在。
マツダを買うのはGJアテンザが初めて。
・91レビン(AT)
・初代インプWRXワゴン(AT)
・306-S16(MT)
・二代目インプWRXワゴン(MT)
・147-1.6(MT)
・ロゴ(AT)
・320iツーリング(AT)
・初代ステージア(AT)


【GJアテンザを選んだ理由】
1、デザイン
2、MT+サイド(ハンド)ブレーキ
3、ディーゼルエンジンに興味
4、総額300万円(D補助金有・下取有・値引ゼロ)
5、リアシートを倒せばフラットになり、大人2人が足を伸ばして寝られる


☆インプレ1
【2600km旅行】
GW10連休に、関西から青森県に旅行しました。
主な目的は、
@弘前城の桜
A登山(八甲田山、岩木山、白神岳)
です。

雪道を走る事を想定してスタッドレスタイヤ(ブリREVO GZ)。
名神→北陸道→R7→秋田自動車道→一般道?→東北道

そのコースの中で面白い区間は、北陸道の滋賀県〜福井県の県境でしょう。
80km/Hで流れる中で、連続するアップダウンとコーナー、繰り返すトンネル、遅いクルマが車線を譲らない。
こんな状況でストレス無く走れるのが、アテンザXDです。

まずは加速のフィーリング。
高速道路の登り坂で、連なったトラックを追い越す時などは、トルクに余裕があるのでアクセルワークに対してリニアに反応します。
アテンザは100km/H巡航の時、6速で1750rpmを指しますが、この辺りからブーストがかかり始め、加速の付きが良いと言うか、アクセルを踏むストロークと速度とエンジン回転数がリンクします。
小排気量NAガソリンエンジンの場合、エンジン回転数が上がっても加速が十分でなく感覚のズレを覚えるを時があります。

そしてアテンザXDはディーゼルっぽくない。
息の長い、軽やかな吹け上がりに加えて、グォーンとビートを奏でます。
音・加速のレスポンス・加速感。これらが組み合わさってアクセルを踏むのが楽しい。
単純な速さとは、ちょっと違いますね。

反面、苦手な加速はゼロ発進です。
中間加速は気持ち良いのに、信号スタートはモタつきます。
はっきり言って、街乗りは苦手です。

ハンドリングも高速道路向きです。
フロントヘビーは、2〜3速を中心になる狭い道幅の峠では厄介者ですが、高速道路のカーブでは安心感を増長させます。
ハンドルを切った初期反応は、レスポンスが良く、その後に不安定感はない。
むしろ荷重を加減して、リアタイヤのグリップをコントロールしながら曲げていくようなフィーリングを出しつつも、実際には終始弱アンダー。
安心感とハンドルの初期反応の絶妙なバランスは、他には中々ありません。

視界ついては、非常に興味深いです。
アテンザの視認性は悪いです。
特にAピラー周辺や後方は要注意。街乗りだと、車庫入れや一旦停止の左右確認にストレスを感じます。
ところが、高速主体のロングツーリングは評価が一変します。
運転に必要な情報は視界に入り、不要な情報がフィルタリングされるので、目の疲れが少ない。

アテンザとブリザックREVO GZの相性が良かったかもしれませんが、1日 12時間で1000km、1週間 計2600km運転しても疲労は感じません。
もちろん疲労度は、道路状況など様々な要因が加わりますが、まだまだ走れる余力がありました。
長時間ドライブで初めて分かるシートの出来やドライビングポジションの優秀さなど、地味な魅力も溢れてます。

素晴らしいツーリングマシンと天気に恵まれ、八甲田山と岩木山の登山、弘前の桜、男鹿半島や、魚津蜃気楼観光など、春の東北〜北陸を満喫できました。


☆インプレ2
【YOKOHAMA Blue Earth GT】
標準装備のトランザ。
溝は残っているがヒビが発生して、5年5万キロでタイヤ交換した。

履き替え初ドライブコースは、京阪神から福井県おおい町までのR162周山街道。片道約80km続くワインディングロード。
ここは信号や交通量も少なく、アップ&ダウン、そして2〜6速まで使うスピードレンジでタイヤを試すには最高の場所。

結論から言えば、Blue Earth GTは当たり。
私のドライブフィールに、非常にマッチングしている。

しなやか。
そして滑らか。

タイヤは柔らかめなので、ハンドルを切った時に捩れるような、初期レスポンスに極一瞬の間があるものの、その後はハンドルに追従する。
タイヤからの情報量が多い。けれども段差の突き上げはキチンといなし、轍にハンドルを取られる事もない。
そして、ロングカーブではゆっくり走っていても、まるで慣性ドリフトをしているような、連続的に前に滑っている感じがする。

特筆するのはS字コーナー。クルマが20%軽くなったように切り返す。

ネガティブ要因として、ひょっとしたら、ロングツーリングでは、軽快感が疲労を増長する可能性があるが、少なくとも200kmワインディングでは楽しさが圧勝した。


☆その他
【燃費】
高速
100km/H巡航:20km/L
追越し車線中心:17〜18

一般道
信号少ない郊外:20〜24
渋滞ない一般道:18ぐらい
土日の一般道で短距離:15ぐらい


【ナビ】
マツコネは搭載してません。
現在のスマフォナビは、日本中旅行しても問題ありません。googleマップの渋滞回避能力は素晴らしい。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年1月
購入地域
京都府

新車価格
302万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

アテンザワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

タマゴタケさん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:100人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
7件
デジタル一眼カメラ
0件
5件
薄型テレビ・液晶テレビ
0件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

【エクステリア】
国産車の中で、ひと際美しく存在感のあるデザインです。マツダの「魂動」デザインは、このような低く長いボディにマッチしているデザインコンセプトだと思います。今回フルモデルチェンジでなくて本当にラッキーだと感じます。

【インテリア】
Lパケではなくproactiveを選びましたが、ファブリックも大変品質の良いもので、全く心配は不要でした。只一点残念なのは、ダッシュボードに光沢がある部分があり、フロントガラスに映りこんで煩わしいことでしょうか。反射防止のフェルトを用意しようと思います。

【エンジン性能】
初めてSKY-Dに乗りましたが、トルクがあって速いうえに燃費も郊外で18Km/l以上走りますね。上手にフュエルカットやポンピング圧を抜いている動作が効率アップに効いています。どこかの評論家の方が「アクセルオフでエンブレがかからず、ディーゼルらしくない」と評していましたが、全くの的外れコメントだと言わざるを得ないと感じます。SKY-Dはディーゼルエンジンではなく、新しい原動機なのです。これは未来に向けて必要な工夫でしょう。

【走行性能】
コーナーは安心感が増していて、余裕をもって走ることができます。運転中不安に感じることが少なくなりました。

【乗り心地】
しなやかでしっかりしています。2012年に乗せてもらった時とはすっかり印象が変わりました。長く付き合っていける乗り心地です。

【燃費】
コンパクトで軽いBLスカイアクセラよりずっと燃費がいいのには驚きました。まだ新車なので、もう少し伸びることを期待していますが、最初からクルマ全体がしなやかに摩擦なく動いている印象もあり、今回はそれほど伸びないかもしれません。istopとi-eloopは確かに燃費に効果があり、バッテリーにも優しい大変優れた装置だと感じました。

【価格】
この性能、品質。デザインであれば、相当良い買い物と思います。

【総評】
今回は、他のクルマと比較することなく、試乗一回で納得させられ、購入に至りました。ナビの性能やBOSEオーディオの音質には文句を言いたくなることもありますが、このクルマは本当に素晴らしい。相当長く乗ると思います。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年1月
購入地域
東京都

新車価格
336万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

アテンザワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アテっちさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
25件
タイヤ
0件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格2

【エクステリア】
カッコいい、最近の国産車のコテコテ感のないデザイン。新車出た時から気になっていた車2018年夏頃ゼロクラウンロイヤルから買い換え検討。モデルチェンジしてしまい、後期で中古探し。

【インテリア】
凄くシンプルで良い。
近所のBMW内装チラ見すると、どっちが真似た?
位に似てます。

【エンジン性能】
4発ガソリンなので特別パワーとか速いとかないと思います。
前車V6 3000のシュルシュルと滑らかな感じとは違いますが、エンジン回してる感はあります。

【走行性能】
直進安定性はあると思います。Gベタ効いてるのか?

【乗り心地】
タイヤサイズとかも有ると思いますが、前車と比べてロールも少なくていい、ちょっと硬い感じは有りますが割と好み。

【燃費】
まだ納車から500kmですが、トータル13位。
高速と下道半々の遠出で15〜16でした。
高速だけなら16〜17位行ってると思います。

【価格】
安全装備フルスペック条件の為、かなり絞った年式で探したので1年半落ちでしたが、走行400kmと少ない為か、少々高かったかな?乗り出し270万円。

【総評】
細かい点は色々有りますが今の所概ね満足です。
良い所 スタイル、シンプル内装、安全装備、
ダメな所 HUD見にくい、マツコネ操作面倒、
ドアミラーウインカーLED晴天時見えない
リアドアカーテシなし、フットランプが
オプションで付いてない、天井低い、
左足置く場所出過ぎ、フォグが豆粒のLED
一体式で電球交換出来ない、フロントバイ
ザービニール?
ダメが多いですね(笑)、細かい所ですし是等差し引きしてもカッコいいのでいいのです。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
その他
レビュー対象車
中古車

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

evans2954さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

12月8日に納車されました。契約は9月16日で約3ヶ月かかりました。16年3月XDLパケからの乗り換えです。ネット等の評価のとおり全く別物となってましたので、納車から1週間ですがレビューします。
【エクステリア】
フロントグリルのデザイン変更は端正な顔つきになり上品で飽きのこない斜め格子はいいです。前車のフロントがヤンチャ顔に見えます。ホイールも前より質感上がりました。
【インテリア】
内装インテリアが大幅に変わり、全面パネル大幅変更と質感が加わり、乗っていて満足感があります。特にフロントパネルの水平基調はスッキリ感と天井部のブラック化とブラウンレザーシートは共に高級感溢れます。
【エンジン性能】
エンジン出力とトルクの改善あった為とにかくスムーズで、出だし静かです。ターボラグが無くなり転がる様な加速感あります。
【乗り心地】
タイヤとシャーシ、サスペンションのマッチングの改良のせいか静粛性アップしました。ここが一番変わったところかもしれません。信号待ちでもディーゼル音ほとんど聞こえません。
【価格】
コストパフォーマンスはいいと思います。
マツダのブランドイメージは右肩上がりですし、本来の車としてのあるべき性能がベースとしてあります。

【総評】
ワゴンタイプが好きでなかなか選べる車数ない中でエクステリアのデザインと安全性が兼ね備えていて、かなり進化してるので今回は長く乗れそうです。ただ、名前はMazda 6でもいいのではないかと思います。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年9月
購入地域
埼玉県

新車価格
395万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

アテンザワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ひろ大作戦さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
12件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

本日、アテンザワゴン納車されました!
9月に契約して2か月弱、やや早めの納車に感じました。
まだそれほど乗れてはいませんが、レビュー致します!
【エクステリア】
cx系の顔に近くなりましたね!遠くから見るとシャープに見えるのに、近くで見るとボリュームのあるスタイルなのがわかります。デザインの妙ですね(笑)
gjアテンザ初期からの乗り換えですが、印象はだいぶ違いますね。
【インテリア 】
これは前のアテンザとだいぶ違いますね。Lパケからプロアクティブに乗り換えですが、それでも今回のプロアクティブの方が質感は高いです。しいていえば、360モニターに慣れるまで時間がかかりましたが、慣れるとラクチンです!
※燃費は割愛します。

【走り】
コレが1番のキモですね!加速の仕方が初期型とは確実に違います。低速からトルクが発生するので、初期型でよく聞くもっさり感は感じません。
もちろん馬力も違うので、走っていて力強さを感じます。楽しいデス!

【まとめ】
最近のマツダはcx5.cx8.アクセラに話題をとられがちですが、走りの良さはアテンザだと試乗を繰り返して感じました。cx8と悩んだのですが、やっぱりアテンザ(笑)今回は価格面からプロアクティブにしたのですが、プロアクティブも良いですよ!試乗車があまりないので悩んでいる人もいると思うのですが、参考になったなら幸いです!引き続きレポートしていきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年11月
購入地域
福島県

新車価格
336万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
20万円

アテンザワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Tingさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:72人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能3
走行性能2
乗り心地5
燃費無評価
価格4

四半世紀レガシィT/Wに乗っていて、現車 BP5が11年経過し、買換えの為 色々と物色中での試乗。体の隅までスバル/ターボ車の特性に染まっている者の感想です。

【エクステリア】
多少やり過ぎなハデさを感じるものの「カッコイイ」。ただ、窓の開口面積が小さく営業マンが力説するほど視界良好とは言いずらい。ちょっと閉塞感を感じる。

【インテリア】
Lパッケージと言う事で素晴らしいの一言。シートの厚み、柔らかさなども申し分なし。シートヒータ、ベンチレーションなど欲しいアイテム満載。
車格ほど後席は広くない。

【エンジン性能】
マツダのディーゼルの諸問題を懸念し、又、単距離移動が多いので NA2.5 を試乗したが、街中の試乗においては まぁ普通のエンジン。悪い印象も無ければ良い印象もない。

【走行性能】
やはりFFなので若干のトルクステアが出る。問題なのはエンジンのトルク特性とミッション制御が自分の感覚と合わない事。
現車はスリップ量の多いトルコンにターボなので、良い意味でダルな部分があってギクシャクしないのだが、アテンザは意図しないシフトチェンジが起こり、ATなのにギクシャクするのが気になる。
他社のATでは感じなかったのでマツダの特性なのか気になる点。
車格から想像するより小回りが利く。 5.5m は立派。

【乗り心地】
19インチなので心配していたが全く問題ない。サスはほど良い硬さでゴツゴツ感もなく小さな段差など大径タイヤで踏みつぶして行く感じ。
現車のビル足も別の意味で気持ちよい特性だけれど、クルーザーの様な乗り心地は年老いた体には優しい。 ただ、やはり見た目には良いけど19インチはやり過ぎに感じる。インチダウンすれば更に乗り心地は良くなると思う。

【燃費】
試乗なので不明。まぁ現車より悪いハズもないので没問題かな。

【価格】
安くはないけど、標準で装備されている内容から見ると安価な部類に入ると思うが、同額でMBやBMWの新古車が買える。まぁ自分の欲する性能、機能がマッチすればお買い得と思う。

【総評】
自分のライフスタイルからワゴン、ミッションは CVTのフィーリングが嫌い、DCTのトラブルへの恐怖などから AT、出来れば AWD となると今販売されている車では殆ど選択肢が無いので消去法ではあるけどアテンザは有力候補の一台。
ただ、全体的に長距離クルーザー的なアテンザの個性が自分に合うのか不明な事、高速ではストレスが溜まるであろうエンジン出力など 一定の踏ん切りがないと購入には至らないと思う。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Hirame202さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:269人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
7件
1616件
スマートフォン
0件
21件
タイヤ
1件
19件
もっと見る
満足度3
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地3
燃費無評価
価格無評価

【エクステリア】
日本車としては、抜群に綺麗で、格好いいです。

【インテリア】
価格から妥当なところですが、プラスチックが目立ち、その素材の質感はよくありません、そこは、一般的な日本車レベルです。
ダッシュボードが、弾力性ソフトタッチなところはいいです。ただ、ボードだけで、中段以下は、チープです。
ヘッドアップディスプレイは、ダッシュボード試乗のプラスチックに映すタイプで、その質感には、引いてしまいました。ヘッドアッププラスチックという感じで、掃除などの時に、注意をしないと割りそうです。

【エンジン性能】
評判のディーゼルで期待していたのですが、これが、一番ガッカリしました。
車重は、このサイズではかなり軽いです。トルクは、42kgを超え、データ上はかなり期待できるレベルです。
試乗は市街地、山道ですが、全くトルク感がありません。特に山道では、アクセルをベタ踏みすることが頻繁。それでも、思うようにスピードは出ません。
市街地でも、モリモリ盛り上がるトルクを感じませんでした。やはり、アクセルをベタ踏みしてしまえるレベルです。輸入車、特にドイツ車と違うところは、サスペンションが、そのパワーを受けきれていない、シャシー性能がまだまだということかもしれません。
正直、カタログデータの取得方法が、輸入車と違うように思いました。
音は、ディーゼル音がうるさいです。言われている程、満足できるレベルではありません。

【走行性能】
足回りは、トヨタ車のようなフワフワではなく、良い感じでした。この足回りからも、カタログデータのトルクが信じられませんでした。大トルクをしっかり受け止められる足回りのはずですが、そうではないようです。
ステアリングは軽いです。

【乗り心地】
しっかりした硬めで良い感じです。硬めですが、雑な不快感はなく、グローバルに通用すると思います。

【総評】
欧州車との比較では、正直、ガッカリしました。アウディA4クワトロなんかでは、試乗コース以上の山道でも、アクセルをベタ踏みすることは、一切なく、常時、1〜2割くらいの踏み込みでした。
日本車でも、インプレッサWRXに乗った時は、実際1割くらいしかアクセルふんだいませんが、一瞬、踏み過ぎかと思ってしまうトルクを感じたものです。
走りの質感は重厚感はなく、一般的な日本車レベルです。
デザインは格好いいですが、走りは期待していただけに、また、レビューでも、トルクにすっかりやられたとかの評価もあり、ガッカリしました。

乗車人数
2人
使用目的
その他
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車

参考になった65人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

クルマ野郎さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4

レガシィB4ターボMT→アテンザXDLPkgFFMTに乗り換えです。納車2ヶ月で3500km走りした。

【エクステリア】
◎伸びやかなサイドラインが美しい
◎マフラーが太くなってgood
◎新ホイールも実物はかなり良い
◯フロントグリルは意外と汚れない
×後方視界が悪い
×リアは変更無しがベストとのことだが、セダンのledウインカーが羨ましい

【インテリア】
◎上質。同じ価格帯のクルマでは頭一つ抜けているのでは?
◎ベンチレーションはこの季節最高
◎新しいメーターもかなりカッコいい(燃料系がアナログとデジタル二つあるのは謎)
△タコメーターは真ん中が良かった(車速はHUDで十分認識できる)
×肘置きが後ろ過ぎ
×ドリンクホルダーの位置がシフト操作の邪魔
×360°ビューモニターは便利ですが、画質・画像の繋ぎ目が荒い(コストカットかな?)

【エンジン性能】
◎改良によりターボラグが減り、非常に加速がスムーズ(改良前のドッカンも好きですが…)
◎実用域のトルクが強力で中間加速に優れています(前車は280馬力ですが、実用域はこっちの方が早いです)
◯排気音も太くなかなか良い

【走行性能】
◎車重も相まって直進安定性は抜群
◎コーナリング時も思ったラインをピタッとトレース(これは驚きました)
◎加速度もコントロールしやすく、良い意味で期待を超えてこない
- このクルマに求めることでは無いですが、重いので下りのヘアピンは怖い…

【静粛性】
◯静粛性は高いですが、路面によってはロードノイズがうるさい

【オーディオ】
音楽をやっているので辛口ですが…
×OPのBOSEの低音がイマイチ腹の底に響かない(なんとなくデジタル臭い音痩せ感)。イコライザーが低音と高音しかないのが不満。ポータブルプレイヤー経由で周波数調整をするとなかなか良い音が出せたのでスピーカーのスペックは十分です。次世代からはもっと細かくカスタムできるようにして欲しい。
(※普通の音楽なら十分良いです)

【燃費】
◎素晴らしい
通算:19km/L
高速:22km/L
街乗り:14km/L
くらいの印象です

【価格】
◯コスパは高いです

【総評】
いくつか不満もありますが、非常に気に入っておりますのでカスタムしながら長く大切に乗りたいと思います

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年6月
購入地域
広島県

新車価格
340万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
15万円

アテンザワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ひろつぐさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:89人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
18件
ビデオカメラ
0件
9件
その他ネットワーク機器
0件
3件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4

11年目12万km乗ったMPV23T FFから乗り換えです
100kmほどしか走っていないのでインプレ程度に読み取ってください
皆さんが絶賛されているので、敢えて不満点をメインに辛口でレビューしてみました


エクステリア

フォグランプは、その機能がヘッドランプユニットに統合されたらしく廃止になっています
その部分がメッキ加飾になったのをどう捉えるかですが…
フォグランプがあった場所の造形が中途半端に残っているため、アテンザを知らない大多数の人から見たら
「高級車ぽいけどフォグランプ無しの安いグレード」と見られるかも?

セダンはフロントもリアもランプユニットが全てLEDに刷新されましたが、ワゴンはフロントのみの刷新でリアは一切変更無しなのはどうかと思います
バックランプもウインカーも、セダンはデザイン変更に伴いLED化されたのにワゴンはハロゲンランプのままと、「手抜き感」は否めません
来年あたりの年次改良に余地を残すためにワザとそうしたのかと勘繰ってしまいます


インテリア

Aピラーが黒い布張りになっており、高級感の向上とともにとても運転しやすく感じます
バニティランプの位置が天井に移動したため、バイザー裏にETCを埋め込めなくなったのはちょっとマイナス
(ただでさえ小さいグローブボックス内に設置される)

ブラウンのレザーは想像していたより落ち着いた色で気に入りました
カタログやwebの写真で見るのとは、やはり色の感じ方が違います
しかしもしも黒があればそちらを選んだでしょう

フロントガラス投影式のデジタルメーター類のディスプレイですが、自分の場合、見やすいように角度調整すると速度の数字がピントがずれたようにボヤけます
レンズ部分が曇っているのか自分のポジショニングが悪いのか個体差なのか?

360°ビューは映像の歪みは許容範囲ですが解像度が低いためにいまいち信頼できずあまり見ていません
狭い路地から出るときにフロントカメラで左右確認できる機能に至っては、押すスイッチが変なところにあるため一度も使っていません
ステアリングに専用のボタンがあれば良いのに


エンジン性能

皆さん絶賛されていますが…ディーゼルかつAWDで重いから?ディーゼルターボの特性?
前車MPVもターボだったためか、さほど変わらないかなというのが素直な感想です
中速域以上での加速とそのレスポンスは申し分ないですが、出だしはかなりモッサリします
燃費重視でわざとそういうフィーリングに設定しているのかもしれません

そのうち慣れるのでしょうが、アクセルを踏む量と加速の度合いが、走り始めとそれ以外で異なる感じがします


走行性能

全体的にジェントルなセッティングになっており、6速ATの出来は良いと感じますがキビキビした感じはないです
ゆっくりまったりクルージングという走りに最適化されたのでしょう
別に信号グランプリをしようとは思っていませんが、とにかく出だしがモッサリなのでスロコンでも付けようと思っています


乗り心地

17インチが選べなくなっており、19インチは見た目以外メリットなしと思い不安でしたが、乗り心地は意外とマイルドです
ただ変に柔らかい感じがする時がありなんだか落ち着きません
大げさに言うと、まるで固めのスタッドレスという感じ?
車内の静粛性は完璧に近く、加速時でも後席とも普通に会話できます


燃費

前車のMPVは普段使いだとハイオクで6-7程度でしたので、軽油でそれより遥かによさげなので文句はないです
AWDはタンク容量が大幅に少ないので、一度の航続距離がどれほどなのかが気になります


価格

値上がりしていますが、今回のマイナーチェンジはLパッケージ重視になっていることを考えると妥当と思います
パックメンテなどのオプション付けて総額480万以上と、BMWの登録済み未使用車が買える値段で悩みましたが
メンテナンスにかかる費用が割安な国産車に決めました

満足度

正直なところ燃費以外はMPVに不満はなかったので、期待が大き過ぎたぶんちょっと拍子抜けです
もしも前車がターボ車でなければおそらく絶賛していたでしょう


2018/7/19 1000km超えたので追記します

出だしのモッサリ感、低速域と中高速域での加速感の違いですが、どうやらこれまで長年乗ってきた釣り下げ式ペダルと
オルガン式ペダルの感覚の違いによるものかもしれないと思い始めました
単に慣れただけかもしれませんが、段々と意図したとおりの加速感が得られるようになりました

燃費は街乗りメインだと12km/L程度で、AWDはタンクが52Lしか入らないため、550km走ったところで給油ランプが点きました
給油ランプ点灯して割とすぐ給油して45L入りましたので、残り6L〜7L程度で給油ランプが点灯するようです

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年6月
購入地域
長野県

新車価格
419万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

アテンザワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった49人(再レビュー後:32人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

taiki0213さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:105人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
40件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
21件
自動車(本体)
2件
18件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

【エクステリア】
外観は日本車とは思えないほど良いデザイン。

最近のマツダのデザインは頑張っているなぁと感じます。

ただ、デミオからCX-8まで極端な話全部同じ顔つきなので正直ちょっと飽きてきたなぁ・・・とは思います。

【インテリア】
自分のはLパケではないので決して豪華ではありませんが、デザインがよく考えられており使いやすいです。

不満点を挙げるとすれば、ニーパッドは下のグレードも硬いプラスチックではなくて、ソフトパッド仕様にしてほしかったです。

【エンジン性能】
とてもトルクフルなエンジン。坂道とか難なく加速していきます。

またディーゼルにしては音が静かで高回転まで回るので、ガソリン車からの乗り換えでもさほど違和感がありません。

【走行性能】
これだけ車体が大きいのに結構俊敏に動かせるので兼ね満足しています。

あえて難点をあげるなら、高速道路などで気が付いたら結構スピードがでてたという所があり、良くも悪くもリニア的に加速するので、そこを良しとするかは個人差がありそうだなと思います。

【乗り心地】
同乗者からは酔わないといわれたので、G-ベクタリングの効果は少なからずあるのだろうなと感じています。

正直G-ベクタリングについては購入するまで半信半疑でした笑

運転していても、以前のゴルフ7ヴァリアントよりも乗り心地は良いと思います。まぁゴルフはトーションビームだったので、車のクラスが違うというのもあるのでしょうが・・・

【燃費】
街乗りで13キロ、高速で16キロぐらいなので軽油でこの燃費はとても経済的だと思います。

【価格】
自分はデモカー上がりを購入したので大分安く購入できましたが、新車だと400万円を超えるのでちょっと高いなぁとは感じます。

400万だと他にも選択肢が3シリーズやA4、Cクラス、V60、等々世界の名だたるDセグが購入できるのでうーん・・・という感じです。

【総評】
デザインや走り、その他パッケージを見ると兼ね満足ですが、細かいところが気になります。

例えばドアノブのチープさ。ドアを開けるときにドアノブからスカスカ感がして、なんとも安っぽい感じが否めません。

また、なぜ電動テールゲートを採用しなかったのか疑問が残ります。このサイズだとあると非常に便利なのでOPでもよいので設定が欲しいです。

BOSEのスピーカーをOPで装着していますが、その割に音質が微妙でツイーターばかりシャリシャリ音がして肝心のウーハーから迫力がありません。所有するアウディA6の方のBOSEは(価格が倍近い車と比較するのは酷ですが…)もっと迫力があります。

一番気になるのはやはりDPFの問題です。
初期のスカイアクティブDでは1.5L、2.2L共に不具合が多くみられますが、プログラミングやエンジン内部の気流を改良したとはいえ、結局煤を外に出さないので遅かれ早かれ問題が生じてくるのでしょうね・・・

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

アテンザワゴン 2012年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

アテンザワゴン
マツダ

アテンザワゴン

新車価格帯:250〜419万円

中古車価格帯:49〜369万円

アテンザワゴン 2012年モデルをお気に入り製品に追加する <314

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意