SC-LX86 レビュー・評価

2012年 9月中旬 発売

SC-LX86

4K映像やMHLに対応した9chハイパワーAVアンプ

SC-LX86 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥314,286

サラウンドチャンネル:9.1ch HDMI端子入力:8系統 オーディオ入力:2系統 SC-LX86のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SC-LX86の価格比較
  • SC-LX86の店頭購入
  • SC-LX86のスペック・仕様
  • SC-LX86のレビュー
  • SC-LX86のクチコミ
  • SC-LX86の画像・動画
  • SC-LX86のピックアップリスト
  • SC-LX86のオークション

SC-LX86パイオニア

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2012年 9月中旬

  • SC-LX86の価格比較
  • SC-LX86の店頭購入
  • SC-LX86のスペック・仕様
  • SC-LX86のレビュー
  • SC-LX86のクチコミ
  • SC-LX86の画像・動画
  • SC-LX86のピックアップリスト
  • SC-LX86のオークション

SC-LX86 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.46
レビュー投稿数:5人 (プロ:1人)
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.75 4.33 -位
操作性 リモコンや本体の操作のしやすさ 4.00 3.86 -位
音質 臨場感、音質の良さ 4.75 4.46 -位
パワー 最大音量の大きさ 4.67 4.46 -位
機能性 機能が充実しているか 4.75 4.39 -位
入出力端子 端子の数 4.75 4.34 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 4.75 4.00 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

SC-LX86のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェッショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CDプレーヤー
2件
0件
その他オーディオ機器
2件
0件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性3
音質4
パワー4
機能性5
入出力端子5
サイズ5

AVCー2920からの買い替えでそれも使いこなせてなかったですが、更に機能が沢山有るので設定とか難しいです。
最初はパソコンで接続して自分なりに色々接続等してみましたが、相性が良くないのか認識させるのに時間かかりました。アプリが使える環境になったのでアプリで設定すると簡単に行えました。
センタスピーカーがHELICON
フロントスピーカーがMENTOR6←PMAーA100経由
ウーハーとフロントハイ等がIKONの9.2ch?7.2.1ch?
映画等見るぶんには結構いいアンプだと思います。音楽になってしまうとフロントスピーカーやセンタースピーカーを、鳴らし切れてないような感じがして自分なりには物足りなかったのですが、電源ケーブルを変更したら音質がガラッといい方向に変わりました。
操作性は機能が多いので慣れるまで時間がかかったので、あえて3ですが慣れてしまえば使いやすいと思います。

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

デフレパードさん

  • レビュー投稿数:167件
  • 累計支持数:575人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
4件
198件
イヤホン・ヘッドホン
9件
71件
タブレットPC
3件
64件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ5
   

HDMIの設定は大変でした。

   

1.音質
サラウンドは、臨場感のある迫力のある音と繊細な音の
バランスがよく、映画鑑賞にぴったりです。
次に、豊富なDSPに驚きました。
一番印象に残ったのはクラッシクモードです。
ホールで反響する音に思わず鳥肌が立ちました。

Mac miniをSC-LX86のUSB DACに接続し、Pure Directで聞くと
HD-7A192には及びませんが、エントリークラスのUSB DACぐらい
クリアーでした。

2.操作性
付属リモコンには大量ボタンがあるので、使いこなすのが難しいです。
なので、よく使うボタンだけ学習リモコンに登録しました。
iPad,iPod Touch用操作アプリがあり、アプリの方が分かりやすいです。

3.機能性
USB DAC、DSD再生のハイレゾ対応、iPod、Air play対応、豊富なDSP、
3D、4Kパイパスと機能性は充実しています。
フロント用パワーアンプを付けた場合、SC-LX86のフロントアンプを
OFFに出来るのが良いです。
12Vトリガー端子にYAMAHA YST-FSW150を接続し、電源連動が出来た事が
個人的には一番嬉しかったです。
(今までは手動で電源ON/OFFしていたので)

4.総評
サラウンドの臨場感、Pure Directのクリアーさと最新AVアンプの
性能、音質に驚きました。
またSC-LX86には、私の欲しい機能が全て実装されています。
一点だけ残念なのが映像表示に5秒かかることです。
(初日は30秒かかりました。)

設置場所
リビング

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kuroでkurouさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

CDプレーヤー
0件
23件
ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
14件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
13件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー無評価
機能性5
入出力端子5
サイズ4

この3連休に合わせて購入、TA-DA5600ESからの入れ替です。使用、間もないのですが簡単にレビューさせて頂きます。

購入の動機は、世代交代による音質向上とiControlAV2012に対する好評価、
プリアンプモードが3タイプ(フロントoff、センター・フロントoff、オールoff)
の選択が可能になった。フロントワイドの設定が可能な事です。

もう少し、価格が下がってからとも思っていましたが、AVACさんから下取りアップ分を含め、238千円の葉書が届き、クレジット払いも考慮に入れ、この時期ならまずまずかな、と購入に至りました。

設置環境、使用機材です。
 約14畳の洋室リビングにPDPとPJの2ウェイホームシアター兼
 ピュアオーティオ兼用です。
 PDP Pioneer KRP500M
PJ JVC DLA-X70R(90インチ)
SP フロント KEE REF203/2、 センター KEF XQ50C、フロントワイド KEF IQ90、
サラウンドDENON SC-A33SG の7chです。
 BDP Pioneer BDP LX91
BDR Pansonic BZT9000 BWT3100
CDP Luxnan D-08
 CDP SONY SCD-XE5400ES
プリ Luxman C-800f
パワ Luxman M-800A (86のフロントプリ出力と兼用) 
パワ Luxman M-200 (86のセンターパワーアンプに使用) 

一通り接続が終わり設定に入ったところ、GUI画面がTVに表示されず、接続を確認していたところ10分過ぎ位に現れた(接続の間違いは無かった)。

MCACCフルオート設定の補正測定中にフリーズ、結果的にコンセントの抜き差しが必要だった。最初の再生で10秒程、無音であった。等々、これまでには無い経験をしましたが、大きな不具合は無い様です。

肝心の音の方ですが5600との比較で、低中音が非常に充実、フロントワイド位置のIQ90を本来のフロントワイドに設定出来た事からか、音の広がりを感じる事が出来ます。5600ではIQ90をサラウンドに設定、SPリロケーションのITR-U推奨のタイプBに設定していた関係からか、サラウンド感が何となく乏しかった。

HDMIの音が良化したと思います。特にBZT9000に録画したAAC(BSスカパー)ですが5600では聞こえなかった音が聞こえますね。しかも繊細に、市販BD並みと言っても良いくらいです。

BDP-LX91も5600ではアナログマルチ接続の方が良いと思っていましが、今回86で比較するとフロントワイドが使えるHDMIの方が評価が高くなってしまいました。(困惑) 

SACDのマルチ再生ですが、こちらも5600と比べて、上記同様に音質アップした印象です。
SCD-XA5400SEと純正ペアの5800も気になりましたが、これなら満足です。

iControlAV2012は非常に使い勝手が良いです。通常の使用ではリモコンがいらないです。特に私の設置環境ではフロントSPをテレビ台の前に出し、更にSP台で持ち上げているので、AVアンプが完全に見えない状態で赤外線リモコンの受信エリアも限られる事から、今回の入れ替えでは必須でした。

取り留めの無いレビューとなってしまいましたが、5600の更新時にも音が良くなったと実感、
当面、買い替えは必要無いと思っていましたが2世代の音質差は大きく、大変満足の行く更新だったと思います。なかなかレビューが増えませんので購入をお考えの皆さんのご参考になればと思い切ってレビュー致しました。

設置場所
リビング

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

みちゃこ。さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

AVアンプ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
音質5
パワー5
機能性4
入出力端子4
サイズ5

私は、映画が好きで数年前に、オンキョー製品を、お店で聴いて、ヤマハさんのAX1から買い替えをしました。

当時は、パイオニアさんはLX83だったと思いますが、1番売れてますよ、と定員さんに言われましたが、私には音がクリア、綺麗だとは思いましたが、中低音がスッキリしていて私には、好みの音では無かったので

久しぶりにアンプを変え、オンキョーさんのNA5008を購入しました。

アクセサリーなどは、皆さんのレビューを見て購入して、自分の好きな音になり、満足していました。

ですが、この間暇だったので、電気屋さんに入ったらパイオニアさんのこちらの製品がありました。

LX83とは、全く違う音に凄く、惹かれてしまいました。

低音がもの凄くしっかり出ていて、変わったのに、中高域も、キレあり、スピードもあり、こちらは以前と変わらず良い。

あれっ、パイオニアさんのアンプって、こんな音だったっけ?

と良い方にビックリしました。

映画のセリフを例えるなら、オンキョーさんのセリフは筋肉もありますがファットであり
プロレスラーの方の体みたい。

それに対してパイオニアさんのLX86のセリフは筋肉があり、少しだけお肉もあるボクサータイプに思いました。

細マッチョって感じ。

デジタルアンプだから、アナログアンプだから音がどうとか、こうとかは、私には分かりませんが、好きな音ならどっちでも良いと私は、考えてます。

で、パイオニアさんのLX86は映画を見る時、音楽、SE、セリフとしっかり分かれていて、凄く、ふっくらした低音も出ますが、場面によってはガツンとした低音も出ていて気に入り、その日に、購入しました。


スピーカー、アンプなどを変えて『セリフが聞き取りやすくなりました』と言うレビューを良く目にしますが

セリフの輪郭が明確になり良く聞こえたり

それに加え、前に音が出て、そう感じるのかな?と思いますが

パイオニアさんのLX86は、ハッキリ、クッキリに、厚みも加わり艶もあります。


DENONも気になりましたが昔から、ピュアの音楽を聴いていて、マルチでも音楽を聴いて過ごされる方ならDENONの方が私は良いと思いました。

厚みも温かみも有り、音楽をゆったり気持ち良く、聞けそうです。

また、ドラマだけの静かな映画が好きな方ならDENONの方が良いと私は思いました。

多分、ホームシアター雑誌の今年の冬のベストバイはパイオニアからDENONにかわるんでしょうね?

オンキョーさんのレビューで、おじさんも話してましたが、オーディオビジュアルなのに今でも、音楽が中心で評価してるみたいですから。


私わタイタニックを映画館で見て、ヨドバシカメラで、ホームシアターと言うものを知り、ヤマハさんの安いAVアンプと、小さいスピーカーからホームシアターをいきなり始めたので、寝る時に音楽を聴くぐらいですから、パイオニアさんのアンプにしました。

私は映画ならパイオニアさんの方がキレとスピードも有りセリフも厚く、筋肉質で聴いて華やかさも有り、ドラマ、アクションなど、なんでもこなせるオールマイティーだと思いました。

今はちょこちょこアクセサリーを変えて楽しんでます。

素晴らしい製品だと思います。

パイオニアさんの印象が、ガラッと変わりましたー(((o(*゚▽゚*)o)))

プレイヤーも壊れない良い製品作って下さいね。

頑張って下さい。


追伸 オーディオビジュアル雑誌を作ってる方にお願いがあります。

例えば、プレイヤーを評価するなら、スピーカー、アンプ以外のアクセサリーも何を使っての評価かしてるか記載して下さい。

タップ、コンセント、電源、スピーカーケーブルなどを。

アクセサリーは、中々、電気屋さんで試せないから雑誌の情報が頼りです。

よろしくお願いします。

オンキョーさんのレビューでグチ言ってた、おじさんに、ポチッとしよっ(^_−)−☆



設置場所
寝室・自室

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度5
デザイン4
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

寸法は下位モデルと同等

iPhone用アプリトップ画面。基本操作、音に関連する機能などが選択可能

状況確認の例(音声の入力フォーマット)

   

音に関する機能が沢山。確認と切換が可能。

   

製品内覧会や専門誌執筆時の試聴および試用を通しての感想です。

【デザイン】
下位のSC-LX56やSC-LX76と同じく、入力切換はダイヤルを回転するタイプで、中央下にある操作部のフタを閉じておくと、表に現れるボタンは僅かです。また、DTSやDolbyなどのロゴ類も天面に印刷されていて、全面からは見えないので、スッキリとしています。

【操作性】
下位のSC-LX56やSC-LX76と同じく、本機の特徴は何と言ってもiPhone/iPad/Android端末で使える操作アプリ「iControlAV2012」の完成度の高さにあり、操作性は他社製品に比べて良好です。LAN環境があればiPhone/iPad/Android端末で操作できる訳ですが、入力信号と出力の状況表示、フェイズコントロールプラスを初めとする各種機能の確認や切換も明快に行えます。もちろん、ネットワーク再生時の曲名一覧表示およびタッチ操作による選択もでき、さらにiPadなら広い画面を利用して「操作+曲名一覧」の表示と、同時に多くの情報が表示されるので、非常に使い易いです。一度アプリでの操作を体験すると、もうリモコンには戻れません。過去、AVアンプの使い勝手に難を感じていたユーザーには、是非体験して欲しいです。

【音質】
本機は前モデルのSC-LX85と同じく「ダイレクトエナジーHDアンプ」を採用するなど、基本は同じですが、回路や部品など細部に改良が施されています。SC-LX85とSC-LX86を全く同じ条件で比較試聴しましたが、SC-LX86は定位がよりクリアで音が前に張り出して来る感じです。中高域の歪みが改善され、確実に進歩しています。デジタルアンプの音質には賛否が付きものですが、本機はデジタルの弱点が目立たず、逆に、デジタルならではの低域ドライブ能力の高さなど、同クラスのアナログアンプでは成し得ない良さを感じます。ピュアオーディオ的に音楽を楽しみたい方にもおすすめ出来ます。
音質に関わる機能としては、低域チャンネル(LFE)の位相を調整する「フェイズコントロールプラス」の効果が注目に値します。以前は手動で補整が必要だったため、適正値が掴みにくく、また、同じソフトでもチャプターが異なると位相のズレ量が異なっていて再補整が必要など、実用性にはやや疑問がありました。本機では完全に自動化されていて、定期的に補正値を更新してくれるので、機能をONにしておけば常に最良の結果が得られます。フェイズコントロールプラスの効用は、部屋の狭さを感じさせず音場が広がる、音の遠近感が的確に掴める、ボーカルがクリアになる、など、多岐に渡ります。

【パワー】
本機はカタログスペックで9ch同時駆動810W、下位のLX76が同770W、LX56が同720Wとそれ程大きな差はありません。しかし、瞬間の電流供給能力は高く、大型スピーカーを接続した際は、低域のドライブ能力の差として現れます。大型スピーカー、海外製の4Ωスピーカーなど、こだわりのスピーカーを朗々と鳴らしたいマニアなら、本機を選ぶと良いでしょう。
4Ωスピーカー接続時も特に設定は不要で、9ch同時駆動時にもパワーダウンが少ないのも特徴です。

【機能性】
ネットワーク再生が充実しています。AirPlayに対応しているほか、DLNAに準拠し、192kHzのマルチチャンネル音源ほか、192kHz/24bitのWAVおよびFLACファイル再生が可能です。
SC-LX86ではUSB-DAC機能を備え、音質面で有利なアシンンクロナス転送に対応し、192kHz/32bitまでのファイルが再生可能です。他、最近ネットで配信が始まったDSDファイルもUSBストレージ(メモリやHDD)から再生できるなど、ハイレゾ音源が気になるユーザーには注目の1台と言えます。
HDMI映像の4Kパススルーにも新しく対応しています。

【入出力端子】
HDMI入力8系統(背面×7、前面×1)、HDMI出力3系統を備えています。
フロントのHDMI入力端子は、アンドロイド端末から映像や音声のデジタル伝送に便利なMHLに対応し、MHLケーブル(1m)も付属しています。

【サイズ】
幅x高さx奥行き: 435W×185H×441D (mm)

【総評】
価格帯からしてもマニアや上級者向けの製品です。
本機LX86と下位のLX76のどちらかで悩むユーザーが多いかもしれません。
本機とLX76の主な違いを整理すると、本機はUSB-DAC機能を搭載している、電源トランスがチューニングされている、の2点です。
本機もLX76もお勧めできる良い製品ですので、予算に合わせて検討してみてください!

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

SC-LX86のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

SC-LX86
パイオニア

SC-LX86

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2012年 9月中旬

SC-LX86をお気に入り製品に追加する <71

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[AVアンプ]

AVアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(AVアンプ)

ご注意