FUJIFILM X-T4 ボディ レビュー・評価

2020年 5月下旬 発売

FUJIFILM X-T4 ボディ

  • 15コマ/秒の高速連写と最短約0.02秒のAFが可能なミラーレスデジタルカメラ。シャッターの耐久性が従来機の2倍に向上し、シャッター音の静音化も実現。
  • ボディ内手ブレ補正機能を搭載。従来比8倍のブレ検出精度を持つジャイロセンサーと衝撃吸収機構などを採用し5軸・最大6.5段の手ブレ補正効果を発揮。
  • 裏面照射型約2610万画素「X-Trans CMOS 4」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載し、人間の記憶に残る「記憶色」を実現している。
FUJIFILM X-T4 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です
※画像は組み合わせの一例です

FUJIFILM X-T4 ボディ [ブラック] FUJIFILM X-T4 ボディ [シルバー]
最安価格(税込):

¥191,000 シルバー[シルバー]

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥191,000 シルバー[シルバー]

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥182,600 (19製品)


価格帯:¥191,000¥230,061 (55店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥191,000 〜 ¥202,455 (全国706店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2610万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS4 重量:526g FUJIFILM X-T4 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • FUJIFILM X-T4 ボディの価格比較
  • FUJIFILM X-T4 ボディの中古価格比較
  • FUJIFILM X-T4 ボディの買取価格
  • FUJIFILM X-T4 ボディの店頭購入
  • FUJIFILM X-T4 ボディのスペック・仕様
  • FUJIFILM X-T4 ボディの純正オプション
  • FUJIFILM X-T4 ボディのレビュー
  • FUJIFILM X-T4 ボディのクチコミ
  • FUJIFILM X-T4 ボディの画像・動画
  • FUJIFILM X-T4 ボディのピックアップリスト
  • FUJIFILM X-T4 ボディのオークション

FUJIFILM X-T4 ボディ富士フイルム

最安価格(税込):¥191,000 [シルバー] (前週比:±0 ) 発売日:2020年 5月下旬

  • FUJIFILM X-T4 ボディの価格比較
  • FUJIFILM X-T4 ボディの中古価格比較
  • FUJIFILM X-T4 ボディの買取価格
  • FUJIFILM X-T4 ボディの店頭購入
  • FUJIFILM X-T4 ボディのスペック・仕様
  • FUJIFILM X-T4 ボディの純正オプション
  • FUJIFILM X-T4 ボディのレビュー
  • FUJIFILM X-T4 ボディのクチコミ
  • FUJIFILM X-T4 ボディの画像・動画
  • FUJIFILM X-T4 ボディのピックアップリスト
  • FUJIFILM X-T4 ボディのオークション

満足度:4.51
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:12人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.66 4.52 10位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.75 4.54 15位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 3.91 4.29 39位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 4.54 4.15 6位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.16 4.26 39位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.42 4.41 23位
液晶 液晶画面は見やすいか 3.85 4.33 49位
ホールド感 しっかりホールドできるか 3.82 4.42 43位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

FUJIFILM X-T4 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性3
液晶2
ホールド感4

フジノンレンズが素晴らしいのでキヤノンから乗り換えたのですが,とにかく電気系統がよく故障します(X-T2も持っていますが2度修理に出しました)。
このX-T4は買って直ぐ,ファインダーの液晶がバクっているという初期不良。
問題はここからです。修理センターに問い合わせると,初期不良なので販売店で交換などの対応を相談せよと。不良品,しかも初期不良を失火したのは富士ですが,それを売ってくれた人に責任を押し付けるようなもの。
結局は,富士によって交換となりましたが,このあたりは,日本企業として恥ずかしくない対応を期待します。恥ずかしいので。
メカが良く故障するという印象ですが,やはりX-T2からすれば進化しています。手振れ補正は仕事になるレベルで最高です。
あとは壊れなければ,そして壊れたときの対応が常識的であることを願います。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
室内

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ykzwさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
クレジットカード
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶3
ホールド感4

X-T20からの買い替えです。
購入して1ヶ月強経ったのでレビューします。

■所有レンズ
 XF35 F1.4
 XF23 F2.0
 XF16-55 F2.8
 XF18-55 F2.8-4.0


■良かったところ
 デザイン:格好いいです!軍艦部のシルバーも滑らかな質感で惚れ惚れします。

 AF :早いと思います。設定変えれば瞳AFの追従性も十分です。SONYには勝てませんが幼稚園児を取るには十分です。

 画質:フィルムシュミレーションはフジユーザーであることの大きなベネフィットです。

 SDカード:ダブルスロットでUHS-Uに対応です。これはバックアップや4K60P撮影には嬉しいです。

 モード切替:スチルと動画の切替レバーが便利です。他社にはないフジ独自の便利機能だと思います。


■残念なところ
 液晶:スチルメインなのでチルト式が好きです。自撮りもしません。

 バッテリー:動画を使用すると減りが早いです(当たり前ですが)。気持ち的にはあと1.3倍くらいは持って欲しいです。

 ボタン配置:QボタンとAF-ONボタンが押しにくいです。共にもう少し右に寄せて欲しいです(個人差あると思いますが)


■総評
とにかくデザインが良いです!
機能は既に十分ですので、撮る気にさせるデザインは差別化の要因になります。

AFも子供がブランコに揺られている(結構早い)くらいは食いついていきますので、激しいスポーツなどを撮らない限りは問題ないと思います。

フィルムシュミレーションはやっぱり良いですね!
私はRAWでの編集はあまりせず、専らJPEG撮って出しですが変に編集するより良いのではないでしょうか。
(そもそもRAW編集をしなければならないカメラはカメラとしてどうなのかなと個人的には思うところがあり、、、)

一方でバリアングル液晶は残念です。
動画の割合が少なく、自撮りもしない私には1step増える動作が億劫で仕方ありませんので、最近は液晶を完全に閉じてEVFだけで操作してます。
ある意味X-Pro3よりもストイックな状態になっていて、液晶は全く見なくなりました(これはこれで楽しいです)

フルサイズのα7Bのサイズを考えると、もう少し軽くして欲しいところですが、手ブレ補正や堅牢性、バッテリーとのトレードオフでしょうか。
メーカーさんにあと50gほど頑張って欲しかったところです。

スペック云々ではなく、「写真を撮る」ということを楽しませてくれる点で最高のカメラの一つだと思います。
(レンズが揃えられればもっと楽しくなるはず、、、)


レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nsidさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:108人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
118件
レンズ
2件
25件
デジタルカメラ
2件
7件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶3
ホールド感5

【デザイン】X-T2と比較して厚くなりました。それ以外はフジです。

【画質】X-T2と比較して大きく画質が向上したとは思えません。ただ、X-T2と比較して、特にベルビアで色の表現がコンピューターグラフィックスを感じさせる写真は大きく減ったように思います。

【操作性】X-T2を使っていたので違和感なく操作できます。写真と動画が簡単に切り替えられるようになり、動画の使用回数が多くなったように思います。

【バッテリー】新しいバッテリーとなり、バッテリー1個で十分になったように思います。それでも旅行に行くならもう1個欲しいですね。

【携帯性】X-T2と比較して厚くなったとはいえ、バッグの買い替えが必要になることもなく、携帯性は変わっていないように思います。

【機能性】X-T2と比較してAFが格段に向上しました。特にピント精度が優秀になり、信頼性が良くなりました。

【液晶】モニターとして良くなったと思いますが、バリアングルにX-T2のチルトが欲しかった。バリアングルも便利ですが、チルトもよく使っていたので残念です。

【ホールド感】良くなりました。

【総評】私がパソコンで行うRAW現像とほとんど同じことが、カメラ内に色関係の調整項目として設定されており、現地で撮影の時に様々な設定して撮影すると、写真に色々な変化が作れ、楽しんで撮影できることが今まで以上に増えました。
また、RAW現像に悩んでいる時に、X-T4で色々試しながら撮影すると、悩んでいる部分が解消できるケースがありました。
おかげで、このカメラを買ってよかったと思っています。

レベル
初心者
主な被写体
風景

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

タピオカンデさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
4件
0件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感4

【デザイン】
xt3 からの買い替えです。見た目はほとんど変わりませんが、ペンタ部のデザインは結構変わって平べったくなっています。好みの問題だと思いますが要注意かと。
【画質】
xt3 との違いはわかりません。全く問題を感じません。
【操作性】
xt3 から多少ダイヤルが変わっていますが、私にとっては大差ありません。今までどおり、カメラの設定がわかりやすい配置です。
【バッテリー】
もちはよくなったのでしょうが、旅行に持っていく時は予備ももちろん持っていきますので、あまり違いはありません。なお、純正のバッテリーチャージャーは、液晶がついていてカッコいいので、ちょっとお高いですが是非揃えましょう!
【携帯性】
やはり少し重くなりました。それは感じます。それでもレンズの軽さを含めて考えれば、トータルでは他社製よりはだいぶ軽い方であり、問題無いと思います。
【機能性】
手振れ補正の効果ははっきりわかります。レンズにもよるのでしょうが、よく使う標準域では1秒でも余裕で止まります。三脚を持ちたくない人にとっては大きな価値があると思います。
手持ち夜景を撮るのが好きなので、ISOを抑えて撮れる、その意味でも嬉しいです。
クラシックネガもとても楽しいです!簡単に味のある写真が撮れてしまいます。
チルトがバリアングルになりました。そもそもあまりチルトも使ってなかったので気になりませんが、たまに使いたい時もあり、その場合はバリアングルだと一手間余計にかかる感はあります。
【液晶】
液晶のドットが地味に高まっていて、xt3 と比べてとても綺麗になりました!撮った後よく見返す方なので、個人的にはとても嬉しい改良でした。
【ホールド感】
大きくなってホールドし易くなったといわれていますが、実際あまり感じません。結局両手で撮影するのであまり気にしませんが。
【総評】
これを機に手振れ補正の付いていないレンズを買い増してみました。本体に手振れ補正が付いたことのメリットは言い尽くせないですが、xt3 から買い換える価値は十分あると思います。
クラシックネガや液晶の改善はおまけ程度ですが、そのおまけも思ったより楽しませてくれて、ちゃんと幸せになれます笑

レベル
初心者
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

syashinka01さん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:514人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
10件
0件
デジタル一眼カメラ
8件
0件
デジタルカメラ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種クラシックネガ WB:5100K トーンカーブ:ノーマル
当機種ブリ一バイパス  WB:4530K トーンカーブ H+2.5 S+2
当機種ブリ一バイパス  WB:5610K トーンカーブ H+2.5 S+2 グレインエフェクト強/小

クラシックネガ WB:5100K トーンカーブ:ノーマル

ブリ一バイパス WB:4530K トーンカーブ H+2.5 S+2

ブリ一バイパス WB:5610K トーンカーブ H+2.5 S+2 グレインエフェクト強/小

当機種クラシックネガ WB 5180K  トーンカーブノーマル
当機種ASTIA WB:4950K トーンカーブ H+2 S0 明瞭度+1
別機種キャリブレーションされたDTP用モニタにT4のEVF/LCD共に色合わせができる。

クラシックネガ WB 5180K トーンカーブノーマル

ASTIA WB:4950K トーンカーブ H+2 S0 明瞭度+1

キャリブレーションされたDTP用モニタにT4のEVF/LCD共に色合わせができる。

T3とT4は画質は一緒。こう思われている。
センサとプロセッサが進化していないから・・
しかし実際は、現場で仕上がりを左右する調整幅が格段に広がっている。
それらをコントロールするのが、
新たに搭載された『トーンカーブコマンド』と
『10K単位で設定できるホワイトバランス』だ。
これらの操作によって、
写真家が予め用意しておいたイメージや、
現場で昇華した想像に対して
さらに詳細に仕上がりを近づける事が可能になった。
商業写真家にとってこの操作が一番の必要コマンド。

『ほんのわずかに青カブリを取り除きたい』
『シャドーに粘りを待たせたい』
『ハイライトの立ち上がりを早めたい』
『肌色の透明感をさらにわずか与えたい』等々。
現場でクライアント担当者が仕上がりを確認するテザー撮影においては
極めて効率的かつ重要だ。
この2項目の搭載が、T4導入に至る要因だった。

JPEG納品が当然の我々にとって必要なのは、
あくまでも現場において完成画像を得られること。
これに尽きる。
『現場で』『その場で』納品データを取得できる。
この要望に答えてくれる道具がこのT4。
 
前出の2項目以外にも、
 EVF・LCD共にキャリブレーションされた作業用PCに色を合わせる事ができる。
これによってPC接続なしのロケ取材でもEVF・LCDの色を信じてOKを出せる。
 スタジオ人物撮影においては、当然絞りは固定、各ストロボのバランスも固定。
このとき人物が少し前進し光源に近づいた際
ISOダイヤルを瞬時に1/3下げるだけでOKカットになるこの扱いやすさ。
 料理撮影の際、刺身の赤みが少し欲しい時、
WBの先の項目のカラーシフトを1ポイントREDに振る事で解決する。
等々。

 フイルム時代の撮影に必要だった『勘所』と
デジタルによって可能になった『現場での追い込み』が
共に封入されているカメラだと感じる。

テザー撮影の際、USB-Cケーブル1本で
データ転送と給電が共に可能になるように進化しているし
フィールドで使用する際の手ブレ補正もよく効く、ピントも敏感になっていると感じる。
フォーカルプレーンシャッターの幕速も俊敏になっている感覚はあるし
耐久性が倍になっているとのこと。
酷使する使用者がさらに必要と感じたものが全て入っていて
とても良い方向にブラッシュアップされている。

X-H1に付属だったUSB支持部品。これはT4にも必要だったと思うし
バリアングルはヒンジ1点のみで支えるため強度にやや不安を覚えたり
要望や不安材料は当然ゼロではないが、これらの要素は優先順位の上位ではない。
なぜなら仕上がりを左右しないからだ。

シャッターの感触や各ボタン配置・バリアングルモニターの使い勝手
新たに搭載されたブリーチバイパスや少し感傷的なクラシックネガの発色
エテルナの柔らかさやプロネガスタンダードの使い易さ・・・
 これらはあくまでも個人の『フィーリング』の範疇、好き嫌いは人それぞれ
実機を触って、レリーズしてみないと感じられない相性がある。
完成画像は他のたくさんのカメラマンの作例でイメージが掴めるのではないだろうか。

僅かではあるが簡易的な作例を掲示する

1
テラスの花。
クラシックネガ 
WB:5100K トーンカーブノーマル
強い日差しによる印象を損なわないよう、
僅かに青みを残すため5100Kに設定


草に囲まれたベンチ。
エテルナブリーチバイパス 
WB:4530K トーンカーブ H+2.5 S+2
全体的に風の空間をイメージ、
青みの中に少しシアンが残るように4530Kに設定
トーンカーブでシャドーの落ち込みを早めて
面積的に少ないハイライトを強調


ベンチに咲く花
エテルナブリーチバイパス 
WB:5610K トーンカーブ H +2.5 S+2  
グレインエフェクト強/小
乾燥しているのか湿っているのか曖昧にするため
僅かに暖色になるよう5610Kに設定、
粒状を加えてさらに曖昧に表現



クラシックネガ  
WB:5180K  トーンカーブノーマル
雲の隙間のディテールを損なわないように
黄色味でもなく赤みでもない色にしたかった。
そのため5180Kに設定
充分なコントラストのあるレンズなのでトーンカーブはノーマル。
給水塔が完全シャドーになる状況を防いだ。

5 
腕時計の物撮り
ASTIA
WB:4950K トーンカーブH+2 Sは0
ASTIAの発色を必要とする対象物
実際の文字盤の色を重視するため4950Kに設定
さっぱりとしたゴールドの枠の印象を残すため
カラーシフトをマゼンタ方向に2ポイント振った
ハイライトの立ち上がりを早めて硬質感を狙った
トーンカーブのハイライト側のみ+2
明瞭度も+1に設定


EVF/LCD共に
DTP用にキャリブレーションされたモニタと同じ発色に調整できる。
ロケ・フィールド撮影時にEVFの色を信じてOKを出す事ができる。





レベル
プロ
主な被写体
人物
その他

参考になった122人(再レビュー後:67人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

d.cooさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
1件
ノートパソコン
1件
0件
カーナビ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性3
機能性4
液晶3
ホールド感2

 現在・過去に所有したことがある機種との比較になります。
 現在所有・・・X-T4、X-H1
 過去所有・・・X-E3、X-T3
【デザイン】
 クラッシックな感じがしてとても好きです。
【画質】
X-H1も所有していますが、等倍鑑賞すると細かい描写はよくなっている気がします。
・・・が、あまり違いは感じません。等倍鑑賞しなければ、個人的にはISO12800は許容範囲です。
高感度でX-H1と比較するとパッと見はX-H1の方がきれいに見えるのですが、拡大していくと塗りつぶされている感じがします。X-T3の方がノイズ感はありますが、細かい部分はきちんと描写されている気がします。人肌は、X-H1の方が好みです。
【操作性】
う〜ん・・・。これが何とも評価が難しいですね。
X-H1が私にはピッタリなんで、X-T4は使いにくく感じてしまします。
露出補正ボタンも「C」でリアダイヤルで操作した方が簡単だし。
いらないかな?・・・カッコいいけど。
ボタン配置にしても、右手親指での各ボタン操作がしにくい。
AF-ONボタンなんか、あの位置で押しながら上面についているシャッターなんて押しづらくてしょうがない。片手でできないし・・・。
グリップとの関係性もありますね。
あと、マイメニュー登録の項目を全項目対象にしてもらいたいですね。登録したい項目が選択できない。
【バッテリー】
X-H1に比べてかなり良くなりましたね。
常にブーストモードですけど、残量は気になりません。
【携帯性】
はっきり言ってコンパクトではありません。それに同じレンズでもX-H1に比べて、持つと重く感じるんですよ。なんか部品が隙間なく詰まってて金属の塊感があるんです。それに比べて、X-H1はボディ内にかなり隙間がある感覚なんです。持ち比べるとわかります。
X-H1の方が重いはずなのに。グリップの大きさとバランスが違うんでしょうね。
X-H1がでかすぎって言われてますが、グリップだけで同じバックに同じレンズつけて入りますしね。
ピークデザイン5Lに、本体にXF16-55F2.8をつけて、交換用にXF90F2を隣に入れられます。
【機能性】
・手振れ補正は、X-H1より確かに効いています。
・シャッター音は静かですね〜。X-T3より上品になりました。ストロークは少し深くなった感じがします。
・X-T3より瞳AFとAFスピードは確かに向上しています。レンズ次第ですが。
・AELしてからAFポイントが動かせるようになった!(X-H1は動かせなかった)
・Qボタンの背景が透過型なったので、JPEG撮りの時は各種設定が操作しながらわかるので、とても良い。
【液晶】
EVFきれいなんですが、暗部がつぶれていまいちです。特に屋外で照度差があるときなど。
お約束のLCDが黄色っぽく見えるが発生しています。
困るのが、撮影状況によってホワイトバランスがEVFが正しかったり、LCDが正しかったりで合わせづらいです。
マニュアルでのピント合わせは、なぜかX-E3がすごくやりやすかった!EVFの見え方もきれいだった。 
【ホールド感】
F2シリーズのレンズなら良さそうですけど、重めのレンズ使うならバランス悪いですね。なぜ、T4からハンドグリップ販売やめたんですかね?
X-T3にハンドグリップつけた位に元からグリップがあれば問題ないですけど、気持ち深くなっただけで持ちづらいです。
【総評】
手振れ補正内蔵の為か、静止画のみの撮影ですがX-H1に比べてもかなりの発熱が感じられます。
今のところ撮影には影響は出ていませんが、ちょっと気になります。
実際X-T3との性能差はそれほど感じられませんが、AF性能が高くなっているのでF1.4シリーズがAF-Cでバリバリ使える新製品がでれば最高の機種になるのではないでしょうか。
あと、フリンガー使ってsigma18-35F1.8と50-100F1.8使ってますがいい感じですよ!

レベル
初心者
主な被写体
人物
子供・動物
室内

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

colonel2041さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:153人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
8件
デジタルカメラ
1件
0件
レンズ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感5

X-T2, X-T3ユーザーでしたので比較
主に風景、家族・ペット写真使用です。

【デザイン】
クラシカルなデザイン。X-T2ブラック,T3シルバー使っていました。
ブラックかシルバーならば私はシルバーの方が好きですね。
なのでシルバー発売まで待ちました。

【画質】
2610万画素X-Trans CMOS4センサー
他のメーカーはフルサイズミラーレスに力を入れてるなかAPS-Cカメラ一本。いいですね。(中判はありますが)
言わずもがな、いい色です。

新しいETERNAブリーチバイパス、むちゃくちゃいいですね。銀残しというらしいですが、かなり雰囲気出ます。これがPHOTOSHOPなどでの編集なしでできるのはすごいです。
クラシックネガも増えて、これだけで買い替える価値があるかもしれません。

デジカメって何枚も取りますからやっぱりJPEG撮って出しできるのがFUJIFILMの良いところですね。

【操作性】
"Q",""AF-L"などのボタンの位置が変わりました。
しかし前作同様ボタン設定は自由にできるのであまり困る人はいないのではないのでしょうか。
何個もあるボタンをカスタマイズできるのは本当にいいです。

ただ親指AFは使わないので困っていませんが、片手持ちで親指AFはもしかしたらやりにくいのかも。

【バッテリー】
バッテリー持ちは良くなりました。登山一日中使えましたね。
いざとなればモバイルバッテリーで充電しながらも写真が取れるので心配してないです。

【携帯性】
いいです。X-T2,T3と比べてちょっと重いみたいですが、大きいレンズ使っているので何グラムとか気になりません。

フルサイズカメラと違っていつも持ち出せる!
フルサイズでいいレンズだと必然的に重さは相当増えますからね。

地味にストラップ仕様が変わっています。
クッション性が増して首に優しい。

【機能性】
C-MOS4センサーはX-T3と変わらないので特に感動はなし。
AFが速くなった(X-T3最速0.06sec→X-T4最速0.02sec)らしいですが体感はそこまで変わらない。
X-T2と比べたら相当速くなりますが。

手ブレ補正もレビューでとてもいい!と言っている方は見られますが、
当方はあまり体感できていないです。
確かに動画ではぜんぜん違うのですが、静止画に関してはあまり実感できていません。

動体AFはこれはおそらくソニーαには負けるでしょう。
youtubeでの検証を見ましたがそこまで差はないですが。。。

ボディ内でトーンカーブ変えられる!
X-T3と比較してHDR撮影ができるようになった!
X-T3では測光ダイヤルであったところが STILL(静止画) MOVIE 切り替えダイヤルになった!
シャッター音が小さくなり、心地いい音です。
低照度優先モードで星空構図がとりやすくなった!

【液晶】
液晶自体は発色、解像度も良くなり、綺麗になりました。

バリアングル液晶、賛否両論。
静止画が多い私はチルトの方がよかったなーと思いました。

X-T3の三軸チルトは非常によくできていて、金属なため高級感もあった。
バリアングルにしてうれしいのは主にyoutuberとか近距離で自撮りをする人たち。
当方静止画がメインですしで例えば風景をバックに全身自撮りするのならば液晶が見える位置にいないので、結局タイマー設定か、アプリを使って確認します。
バリアングルだとハイ/ローアングルで取りたいとき、液晶を開いてから回転させないといけない。
それとバリアングルを出したときにアイセンサーがOFFにならないのはダメ。体に寄せてローアングルだとアイセンサーが起動してしまってやりにくい!ここらへんはファームウェアのアップデート望む。

まぁ完璧なカメラなんてないですからと思って使い続けていましたら慣れてきましたけど。

良い点
・液晶を閉じた状態が、美しい。
 この背面の材質・他部位との一体感、レトロなデザイン
 これは富士フィルムスタッフがフィルムカメラに寄せたこだわりを詰めた証だと考えます。
・チルトではしにくかった液晶角度の調整
 三軸チルトは使いやすかったのですが、液晶の角度調整がしにくかった。
 それに比べ、開く手間はありますが、思ったアングルからの画はとれます。
・開いた液晶の位置とレンズの位置が(光軸が)ズレるというのは元から液晶見ているので気にならず。

悪い点
・開かないといけない
 これにつきますね。背面液晶にしておいてそこから開いてアングルつけるときの面倒なこと。

最初はチルトの方が使い慣れていますし、バリアングルは???だったのですが、
慣れればこんなもんか、です。

【ホールド感】
グリップがしやすくなった!X-T2,T3を知っているだけにこれはうれしい。
XF16-55など大きいレンズを愛用していますが、X-T3ではメタルハンドグリップを使わないと右手が疲れましたが、
今回はハンドグリップなしでも大丈夫です。片手でも大丈夫。
ただ、まだX-H1よりかはグリップは甘いのでX-H1ユーザーからしたら不満が残るかもしれません。

【総評】
ETERNAブリーチバイパスで撮影したい方 → 買い替え
X-T2ユーザー → 問答無用、買い替えましょう
X-T3ユーザー → 手ブレ補正が欲しい(特に動画をよく撮る人)、youtuberは買い替え
          ETERNAブリーチバイパスやHDR撮影が欲しいならば買い替え
          チルトの方がいい、X-T3で満足している、買い替えるお金が厳しいならばスルー

やっぱり富士フィルムはいい色。
”感動”できるカメラですね。
各パラメータは厳し目に星つけていますが、総評価は星五つ

価格帯が同じためかS0NY α7Vと比較しているサイト・動画が多いですが
フルサイズレンズ入れたら価格がだいぶ違うと思うので比べるのもなぁと思います。
またα7Vはたしかにいいカメラ・よくできたカメラなのですが、
一度FUJIの発色を知ってしまうと戻れないです。

フィルムシミュレーションやトーンカーブ変更も含め、
パソコン要らずで感動できる画を撮ることができます。

※あくまで個人的感想です。参考になれば幸いです。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物

参考になった25人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sshrmさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感5

xt2からの買い増しになりますので撮影はまだ数日しかしていませんが、初期レビューと捉えてもらえたらと思います。(比較はxt2、レンズはxf351.4でのレビューです)

【デザイン】
バリアングルを除き、遠目ならt2とあまり見分けがつかないかも。好きで買っているのでここは割愛します。多少のサイズアップは許容範囲!

【画質】
t2との違いはまだ見られていませんがあまり変わらないのではないかと。t2では露出を上げて撮ることが多かったのが上げなくても充分明るめに撮れている印象はあります。

【操作性】
Qメニューが限定されているのでもう少し登録できる範囲が広いといいなーと思います。マイメニュー、Qメニューくらいは統一できるとあっち行ったらこっち行ったりは少なくなるはずなので。あとはファンクション系をもう少し纏めるとか(【機能性参照】)。軍艦部ダイヤルはデザイン的には好きですが露出だけはなくても良かったのかなー、コマンドダイヤルの方が±5まで使えるし操作性もいい。そもそもファインダー覗きながら回しにくいので。

【バッテリー】
劇的に良くなっているわけではなさそうです。t2で半分消費=t4で3割消費くらいのイメージですかね。1日撮る方はモバイルバッテリーか予備は必須と思います。

【携帯性】
バックに入れた感じはそこまで変わらないです。重量増は感じますが現段階ではそこまで気になるものではありません。

【機能性】
色々と増えましたねー。使うものと使いたいもの使わないものあるのでこれからどうなるかですが増えた機能を割り当てるファンクション系の工夫もして欲しかったかなー(例えばスポーツファインダーモードなどシャッター方式に条件があるものならシャッター方式もまとめて1ファンクションで設定出来るなど。。。)。タッチファンクション分は増えましたが個別の設定が多すぎるのもちょっと。。。
暗所でのaf、IBISについては夜の屋外でxf351.4で随分改善されたことを確かめました。正直感動です。合焦率も上がってますし、頑張って手振れ補正効かしてるのも分かります。t2では確実に手持ちで撮れなかった場面です。
シャッター音は思っていたより小さいです、ここは好みが分かれるかも。小さいけど小気味はいい。

【液晶】
綺麗です。パソコン、写真とどれほど違うかは今後使いながら見ていきます。タッチは液晶が汚れるので当面使わないかも。
バリアングル慣れていないのもありますがチルトのままでも良かった。縦横共に割と使うことがあったのでワンアクションで簡単だったのにと不満にならないことを願います。
※あくまで参考ですが、液晶保護フィルムはCanonのG7XMKV用でも貼れました。74.5mm×49.3mmくらいが限界のサイズのはずなので他に富士のX100V用も貼れるかも知れません。失敗等は自己責任でお願いします。

【ホールド感】
良くなりました。t2でもこんなものかと使っていたので私には充分です。H1とか他の一眼と比較するところではないと思いますので。

【総評】
まだまだ使わないと分からない所も色々ありますが初期レビューとして、何か役に立てばと思いレビューしました。外観や基本操作系もほとんど同じな中、af性能やIBISによる手振れ補正の進化は単焦点含めて撮影の幅が広くなりそうです。価格が高いのはありますがxt2でカメラの楽しさを倍増させてもらって、xt4でもやっぱり撮って楽しいなーと感じるので不満も多少ありながらもこれから使い倒して行きたいです。

参考になった25

このレビューは参考になりましたか?参考になった

やまちゃん@8148さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:175人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
4件
レンズ
2件
1件
自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性3
バッテリー4
携帯性3
機能性4
液晶5
ホールド感2
別機種外観
当機種曇天時でも白飛び・黒潰れが少なくなっているように感じます。
当機種富士フィルムならではの発色ですね。

外観

曇天時でも白飛び・黒潰れが少なくなっているように感じます。

富士フィルムならではの発色ですね。

【デザイン】
他に所有しているPENTAX K-1やOLYMPUS OM-D E-M1 MarkVの一眼カメラっぽいゴツさとは違う、往年のフィルムカメラを現代に解釈したようなデザインかなと感じます。

【画質】
過去使用していたX-H1と比較して
@曇天時の白飛び/黒潰れが減ってダイナミックレンジが向上した。
A明瞭度が調整できるようになったので、クルマの撮影時の立体感が向上した。
以上の2点が大きく変わったところかなと感じます。
さすがにK-1には敵いませんが、重量差(レンズ込みで500g)を考慮すると納得のいく画質が得られます。

【操作性】
過去一度でもフジフィルムを使用していた方なら問題なしかなと。
使用したことの無い方は最初は取説を読まれることをおすすめします。

【バッテリー】
X-H1と比較すると持ちますね。E-M1 MarkVと同じくらいの印象です。

【携帯性】
2泊3日程度を少し大き目のリュック1個で出掛ける場合、「ギリギリ持っていけるかな」という大きさ・重さ(レンズ込約1.3s)です。携帯性に優れているとは言えない大きさですが、K-1(レンズ込約1.8s)と比較すればこれでも軽く感じます。

【機能性】
手ぶれ補正がどの程度効くのかは検証できていませんが、「ある」というだけで安心感が大きく日の出から日の入りまでなら手持ちでガンガン撮影できます。

【液晶】
背面液晶は162万画素となったことで、X-H1と比較して大変見やすくなり、EVFと比較してもむしろ背面液晶のほうが見やすく感じます。

【ホールド感】
デザイン優先のため、ホールド感はいいとはいえません。レンズはXF16-55/F2.8(655g)が普通にホールドできるギリギリの重さかなと感じます。

【総評】
X-H1で「こうなっていたらいいな」と感じていた部分(曇天時の画質、バッテリー)の性能が向上し、APS-Cの軽快さもあってこれからはこのカメラが主力になっていきそうな感があります。
掲載する画像はすべてJPEG撮って出し、フィルムシミュレーションはVELVIAです。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アギトクエストさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:256人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
0件
スマートフォン
4件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感3

【デザイン】
X-Pro3、X100V、そしてX-T4と、最近はモダンな雰囲気も取り入れつつ、
基本はクラシックカメラ調でカッコいいです。

【画質】
画質的な意味では現行センサーで十分ですね(高画素化は反対)。
次のセンサーに望むのはAF性能向上用と高感度耐性くらいかな。
RAW現像は面倒で、ほぼ撮って出しのため、
AWBの種類が増え、トーンカーブが0.5単位になったのは嬉しいです。
これはFWで対応できると思うのでPro3にも是非。

【操作性】
部材の違いなのか、用途に合わせたチューニングなのか、
Pro3と比べてダイヤル類もボタンも回しにくい・押しにくい。
主観ではある部分だけど、個人的にはPro3のほうが操作しやすいかな。

【バッテリー】
仕事じゃないので1日旅行とかでは、もともとW126Sでも
強い不満は無かったけど、今回の強化で自分的には確実に1日1個で
持つようになったのは嬉しいかも。

【携帯性】
開封直後は「思ったより軽いかな」と思ったけど、いざ使ってみると
確実にT2などと比べると重いですね。
ずっと手に持ってるのは厳しく、首下げストラップ必須かな。
(ストリートスナップ用じゃないから仕方ないか)

【機能性】
IBISは期待以上!
動画はそんなに撮らないけど、車窓で走行中動画とか撮っても、
嫌なブレ(見てる時に酔うような)が無く、素晴らしい。
そして私にとって肝心の静止画(スチル)、
「写りはいいけど高速シャッターが必要」だった XF60mmやXF90mm、
XF56mmなどがピタっと止まる!
単純に今まで撮れなかった画が撮れるようになりました。

【液晶】
もともとPro3使うような、ファインダー撮影95%の自分にとって、
設定の時、動画の時くらいなので、バリアングルはむしろ賛成かな。
(スチルの時は裏返してヒドゥンしてるw)
軽量化とコストダウンのためか、ペラペラで安っぽさは感じます。
ただまぁ必要十分、不満は無いです。

【ホールド感】
グリップが確かに奥行き方向に「高く」なったんですけど、
グリップが薄く、お世辞にも持ちやすい感じではなかったです。
(ただこれは手の大きさとか、個人差は大きいと思う)
グリップの好みだけで言うならH1がベスト。

【総評】
IBISが富士史上最強で満足感が高い、という点を除いてしまうと、
かなり個人的な好みも含めた評価になりますが、
いろいろな点で「無難」とか「平均点」とか、そういう印象です。
例えばホールド感を含めた「望遠メインのしっかり撮り」ならH1に軍配、
街中などでのストリートスナップでスピード感重視ならPro3。
(特にPro3の露出補正を中心としたダイアルの操作感は完ぺき)
「オールマイティ」ゆえのデメリットも感じてしまった、
というのが率直な感想です。
が、もちろん大きな不満という程ではないのでガッツリ使っていきますが、
センサーやプロセッサーの進化、コンセプト的な方向性次第では、
自分にとっての理想は X-H2(未発売)とX-Pro3の2台なのかも知れません。

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

TNHPANさん

  • レビュー投稿数:54件
  • 累計支持数:1204人
  • ファン数:9人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
8件
29件
デジタル一眼カメラ
15件
8件
イヤホン・ヘッドホン
10件
8件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性1
バッテリー無評価
携帯性4
機能性4
液晶3
ホールド感3

機材オタクです。
子供どりのカメラで迷走していてコロナの影響もあり時間を持てあましとりあえず全部試したいと思い1番条件を満たしていそうなT4を思いきって買いました。

【デザイン】
フジです。

【画質】
ハマった時の画質は本当に素晴らしい。
元々他のメーカーのカメラも基本的にカラーチャートを使いフジのプロビアに似せたプリセットを使っているくらいなので写りが嫌いなはずがない。
でもあくまでもAPSCであり私はフルサイズの方が高画質だとは思う。
特に条件が悪くなるほど差が出てくるように感じる。
室内や晴れの日でも木陰などは厳しいなと感じる場面がある。
ホワイトバランスのホワイト優先が搭載されたが若干不安定な印象。
現在NikonZ6がメインだがZ6がホワイトバランスが割と一定なので補正しやすい分気になる。

【操作性】
ここが最大の不満。
まずダイヤル。デザインとしてはかっこいいけどダイヤルのせいでカスタム登録のような機能を持たせられない。他メーカーの上位機種にはカスタムはほぼ搭載されているがそれと比べるとアクションがかなり増える。
Qメニューが登録出来るが登録項目が限定されすぎている。画面内はまるごと記憶して欲しい。
プリ連写を使うには連写Hで電子シャッターが条件。プリ連写は速いものを撮るわけでレスポンスが大事なのにいちいち変えないと使えない。変えてる間に被写体はいなくなる。だったらこれをダイヤルに入れてくれれば良いのに
これを機に動画を撮り始めたが仕組みがイマイチ理解できていない。説明書をちゃんと隅々まで網羅しないといけないなと感じるが説明書読まないとよくわからないということは今まであまりない。
ISOオートの切り替えSSが変えられるのは個人的に子供どりの必須条件なのだが最高速度が何故1/500?そのまま1/2000とか設定できるようにして欲しい。SSダイヤルはいらない。
露出補正ダイヤルもいらない。そこを機能割り当てができるらダイヤルにしてもらいたかった。
バリアングル液晶のしたを何故埋め込み式にしたのか?例えばEOSRなど下から直接液晶に触れるので開き方を工夫すれば1アクションでひらく事ができるのに液晶が囲われているからどうやっても2アクション以上必要。
等々

【バッテリー】
まだわかりませんがSONY6600やa7シリーズみたいにはもちません。

【携帯性】
意外と軽い。

【機能性】
手ぶれ補正は動画に関しては個人的には今までで1番満足感が高い。ほんとに手持ちで滑らかに撮れる。
静止画については微妙なブレが残ってしまう。オリンパスとくらべられるような手ぶれ補正では無いという印象。
AFに関しては子供をラフに撮ろうと思うとギリギリ撮れるかなという感覚。


【液晶】
綺麗だけど使いにくい。
せっかくのバリアングルなのに引き出しにくい

【ホールド感】
T2などこれまでの機種よりも良い。
とはいえしばらく使ってるとやはり悪くかんじる。
デザイン優先なんだと思う。
t1.t2よりは格段に良い。

【総評】
見た目とこだわりの操作性のせいで犠牲が多すぎると感じる。
フジの画質でAFもかなり改善されて液晶もバリアングルになり自撮りもできてムービーも4K60Pで手ぶれ補正も強力、と本当に全部入りで完璧なのだがスピード面では操作性が全てをぶち壊しにしている気がしてならない。
ダイヤルをキャンセルできるようにしてもらいたいなと感じる。
ダイヤルをキャンセルしてファンクションを一つ使ってモードを変えるようにできないものか。
そうすればカスタムも可能で現代的なカメラとしても使えると思うのに。
よく直感的な操作性と言われるがそれは非常に納得するし良い面もあるとは思うがあくまでもスローに撮影する時かなと感じる。proシリーズやEシリーズならこの操作性もわかる。
がこのカメラはスピード面で性能を向上させている。
スピードが必要な被写体は設定にアクセスできる速度も重要でこの操作性では設定面でのスピードがどうやっても上がらない。
例えば花を撮っているとしてハチがいてとっさに撮りたかったら私ならAFCに変更してSSA→1/2000とかにして電子シャッターに変更して連写Hに変更してプリ連写を使いたいけどハチはもういません。
これは他社のカメラならモードダイヤルでカスタムに登録すれば1発で撮れます。
こだわりのカメラなのだがこだわりが邪魔をしてスピードが上がっていない。
絵もレンズもそれぞれの能力も非常に素晴らしいだけにファームアップで操作性の選択肢を与えてもらいたいと切に願う。

参考になった40

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kosuke_chiさん

  • レビュー投稿数:177件
  • 累計支持数:4547人
  • ファン数:60人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
37件
1153件
レンズ
88件
189件
ビデオカメラ
1件
115件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感4
当機種取り敢えず今は庭か近所の花くらい
当機種
当機種

取り敢えず今は庭か近所の花くらい

当機種
当機種
機種不明「マウントアダプター設定」

「マウントアダプター設定」

「富士フィルムの完成形」と感じるのは、これまでフラグシップのT2/H1/T3と使ってきて、それぞれに不足していたピースが遂に揃ったと感じるためです。

他社のミラーレス・フルサイズ機をいくつか使っていますが、ボディ内手振れ補正あり、高速・正確な全面位相差AF、瞳AF、大容量バッテリー、低振動シャッター、見やすいEVFが基本で備わっています。富士もようやく基本部分で追いつき新たなスタート地点に立ったと感じています。

フルサイズ機はミラーレスにシフトしてから、次々と新しく開発・発売されるズームレンズが開放から単焦点レンズ並のクオリティを持っていますが、富士のズームレンズは手振れ補正が必須だったので、設計の制約もあってか単焦点並のものはありません。手振れ補正の無い画質優先のXF16-55mm F2.8は存在していましたが、実際撮ってみるとシャッターショックがあったり、手振れがあったり、AFが微妙にズレていたりで、レンズ本来の性能を発揮できていませんでした。

H1で手振れ補正が搭載されブレが軽減されたものの、AFが不満で動体の捕捉が難しかったり、微妙に静止物でもピントが来なかったり、瞳AFが使い物になりませんでした。一方、T3/T30ではAFには満足できるようになりましたが、手振れ補正が無いため解像優先では高速シャッター限定撮影でISO感度を上げる必要がありました。

X-T4は何か革新的な機能が備わった訳ではないですが、基本が全て備わったことで、レンズのポテンシャルを最大限に引き出せるようになったことが大きいです。富士には古いレンズも多くあるため、T4をベースとしたクオリティ重視のレンズの開発が進んでいくことを望みます。

改良を望む点は、T4に限ったことではないのですが、いくつかあります。
1.露出補正ダイヤル
一等地にあっても、C(カスタム)の位置にしてコマンドダイヤルによる露出補正にすると存在意義が無くなってしまいます。SONYαも同じ位置にありますが、コマンドダイヤルによる露出補正は電源オフでリセット、ダイヤルは固定と使い分けができ、それなりの意味があります。

2.フォーカスモード切替レバー
頻繁に使うにも関わらず、何故こんな位置に、しかも小さくて硬くて何て使いづらいのか。

3.ホワイトバランスの順番が変
 普通、オートの次は太陽光、日陰とよく使うものがあるはずなのに、何故カスタムが続くのか。太陽光までが遠い。

4.レンズの絞りリング
 レンズの話ですが、Aモードの隣がF22とかで開放ではないのは使いづらいです。普通、F22なんて選ばないし、他社レンズのように開放F値の隣にAがあった方が使い易いです。

5.感度ダイヤル
 以前より不可解に思っていたもので、何故こんな一等地に存在するのか。頻繁にISOを選択する人がいるのか? 他社機同様にコマンドダイヤルで十分と思います。しかも下部にあるドライブダイヤルの出っ張りが短く回し辛く、あと1mm長くして欲しい。一等地にはX-T30のようなユーザーフレンドリーなものを望みます。

6.撮影後の拡大表示
 他のメーカーと比べて拡大率が小さくて、現場でピントが来ていると思っても後でPCモニターで見ると微妙に外れていてガッカリすることがあります。ぜひファームアップで拡大率のアップをお願いします。

7.ポップコーン現象
 遠景の細かい解像が必要なもの(木々の葉や桜の花など)を撮った時に発生するポップコーン現象やイモムシ現象と言われるものでディテールが潰れて塗り絵になる症状ですが、2019年2月にAdobe LightroomでX-Transセンサー用に「ディテールの強化」が搭載されRAW現像では問題解決されたのですが、カメラ内部でも自社解決して欲しいです。

背面モニターがチルト式からバリアングル式に変わった点は一長一短あり、3アクションほど手間はかかりますが自撮りができるようになりました。Lumix機でもそうでしたが、回らない方向に力ずくで回して壊さないように気を付けなくてはなりません。162万ドッ液晶は見やすくなりました。

EVFについては、エコノミーやノーマルモードではZ7やS1Rに比べると全く解像感が感じられませんので、常時ブースト設定「解像度優先」にしています。

EVFとLCDの切り替えで「アイセンサー+LCD撮影画像表示」は一眼レフ・ライクに使えて他社ミラーレス機には無い機能なのでとても便利に感じます。

フラッシュは、EF-X500(FP発光なしの場合)、EF-20、EF-X8等いずれもSS1/400までケラれません。

「マウントアダプター設定」で他社製レンズを装着した時、焦点距離に応じ最適な手振れ補正効果となるよう登録できます。レンズ内手ぶれ補正の無いCanonの単焦点レンズ2本(EF135mm F2, EF200mm F2.8)をFringer FR-FX2(EF-FX ProII)で使っているので登録しました。

操作系にはまだまだ改善の余地ありと感じますが、手元のフジノンレンズ達がワンランク上の描写をするようになったと感じさせてくれるカメラがX-T4です。

参考になった72

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

FUJIFILM X-T4 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

FUJIFILM X-T4 ボディ
富士フイルム

FUJIFILM X-T4 ボディ

最安価格(税込):¥191,000発売日:2020年 5月下旬 価格.comの安さの理由は?

FUJIFILM X-T4 ボディをお気に入り製品に追加する <601

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意

FUJIFILM X-T4 ボディの評価対象製品を選択してください。(全2件)

FUJIFILM X-T4 ボディ [シルバー] シルバー

FUJIFILM X-T4 ボディ [シルバー]

FUJIFILM X-T4 ボディ [シルバー]のレビューを書く
FUJIFILM X-T4 ボディ [ブラック] ブラック

FUJIFILM X-T4 ボディ [ブラック]

FUJIFILM X-T4 ボディ [ブラック]のレビューを書く

閉じる