スズキ ワゴンRレビュー・評価

> > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

ワゴンR のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
ワゴンR 2017年モデル 3.96 自動車のランキング 115 37人 ワゴンR 2017年モデルのレビューを書く
ワゴンR 2012年モデル 4.21 自動車のランキング 58人 ワゴンR 2012年モデルのレビューを書く
ワゴンR 2008年モデル 3.94 自動車のランキング 16人 ワゴンR 2008年モデルのレビューを書く
ワゴンR 2003年モデル 3.73 自動車のランキング 17人 ワゴンR 2003年モデルのレビューを書く
ワゴンR 1998年モデル 4.03 自動車のランキング 8人 ワゴンR 1998年モデルのレビューを書く
ワゴンR 1993年モデル 3.00 自動車のランキング 1人 ワゴンR 1993年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 63人 -

ワゴンR 2017年モデルの評価

評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 3.67 4.34 121位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 3.49 3.93 121位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 3.94 4.13 110位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 3.99 4.21 103位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 4.06 4.05 86位 乗り心地のフィーリング
燃費 4.21 3.89 69位 燃費の満足度
価格 4.05 3.88 37位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:423人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
7件
339件
スマートフォン
1件
3件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

この度両親がクルマを買い替えたのでちょい乗りレビューします。
比較対象は新車から11年乗ったAZ-ワゴン4WDのMTです。
まず、今や選択肢が少なくなってしまったMT車ですが、その少ない需要に応えるスズキの姿勢は良いと思います。
高齢者の仲間入りしている両親なので乗り慣れているMTしか候補に上がりませんでした。
外装デザインはまぁ可もなく不可もなくと言ったところで派手さは無いですがかえって飽きも来ないのではと思います。
内装は気になっていたセンターメーターですが、やはり慣れがいるのと、タコメーターは欲しかったですね。
センターメーターにして、ドライバーの前を平たくしているのに小物入れも無いのはいかがなものかと、今後に期待したいです。
内装もそれなりなので高級感は無いが道具として見れば全然オッケーです。
走行性能は当然と言えば当然ですがかなりの進化が見られました。
エンジンも新しく、車体も軽量化しているので出足もよく、峠の登り、高速道路のキツイ登りでも楽に走るのには驚きました。
前車と同じコースをエアコン回して大人4人乗って走ってみたがほぼストレスは感じませんでした。
乗り心地もリヤサスのバタつきが格段に減ってとても快適そうで、エンジンノイズ、ロードノイズ共に上手く抑え込まれて全然イケるじゃんというのが率直な感想です。
ただ、クラッチペダル操作で繋がるポイントが少し上気味なのでもう少し踏み込んだ所で繋がるともっと操作しやすいかなと感じました。
アクセルとブレーキの踏み間違い事故が多い昨今、誤操作してもすぐにリカバリー出来るMT車の存在をもう一度見直す時期に来ているかもしれませぬ。
FAと言うグレードはワゴンRの中では必要最低限の装備しかありませんが、MTを選択できると言う特長もあります。
ある程度は割切りも必要ですがMT車の少ない選択肢の一つに加えても損は無いと思いますよ。

乗車人数
2人
使用目的
その他
頻度
月数回以下
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
長野県

新車価格
120万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

ワゴンRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

のりせんべい君さん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:124人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
3件
0件
スマートフォン
2件
0件
プリンタ
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地3
燃費2
価格3

ワゴンRはFA、FX、FZとあるが、グレードが高いFZを購入した。

【エクステリア】
希望塗色はスペリアホワイトであったがFZにその選択肢は無くピュアホワイトパールとなった。
この塗色は購入時価格が若干割高で、購入後もキズや凹凸の修復(塗装)費用もかかると聞く。
高級感と厚みのある塗色で優れているが、スペリアホワイトの選択肢があっても良いと思う。
フロントマスクのデザインやエアロパーツによりスタンダード車よりやや大きく見える。
ソリオの弟分って感じで、全体的なイメージは好感が持てる。
ただし、後方ドアの三角形の柱とヘッドレストが大きく視界を悪くしている。
三角形の柱のデザインはセンスが最悪、FZのイメージを一挙に損ねている。
後方視界も悪くてバックカメラは必須。
フロントバンパーのヘッドライト下部にバリが残っている箇所があった、仕上げが雑。
カラードウインカーでも車内から見ると黒く見えてカラードウインカーと思えない。

【インテリア】
FZは黒基調のみだが、この色は好感が持てる。
Aピラーが黒色のオプションを持っている他メーカーがあるがFZには無い。
ドラレコへの映り込み防止にはAピラーの色は黒色が適している。
ラゲッジアンダーボックス(後部座席の後ろ)が発泡スチロールでびっくり!安っぽさを感じた。
ダッシュボードや樹脂類は傷つきやすく、他のレビューにもあるように品質が悪い。
バニティミラー付サンバイザーの角が5cmほど波を打っている不具合があった。
スズキ自販では「スズキ全車種に多い」とのことで不具合の認識は全く無かった。
セーフティパッケージがオプションだが、これを除くと長所が無くなるので標準装備でも良いと思う。
ヘッドアップディスプレイは軽初登場が売りだが、たまに閉じるとき異音がする。
センターメーターが大きいのは良いが位置的に見にくく、両方のメーター(速度計)を見ない。
タコメーターはさらに遠くて見にくく実用的でない。

【エンジン性能】
一時停止後ブレーキを離してエンジンを再起動するが、出足のもたつき感と不自然さを感じる。
トヨタのハイブリット車とはコンセプトの違いがあり比較できないが、雲泥の差を感じる。
加速は独特の嫌いなエンジン音だが、巡航するとスムーズで快適。
所有のムーヴターボは発進から高回転域まで吹上がりが良く、俊足・静粛、普通車と変わりない。
アクセルワークがキビキビしていて瞬発力があり、自分の意思通りに動いてくれて運転が楽しい。
FZは残念ながらNAと大差なく、モーター出力3馬力ではハイブリッドの体感は得られない。
さらにFZは登り坂に弱く、高速は加速が鈍く、平坦地走行向きしかない平凡なエンジンである。
なおFZの充電状況がディスプレー内に表示されるが、いくら走行しても5段階のうち2か3である。
4か満タンの5は滅多にない。

【走行性能】
高速走行の騒音がうるさく、最初は連続走行したいと思わなかった。
高速道路同じような条件下での実験 90〜100km。
FZ・・・・・・・ ・・・86db(その後静音化して76db)
ホンダフィット・・78db(その後静音化して72db)
プリウス・・・・・・76db
アクア・・・・・・・76db
ムーヴターボ・・86db(12年車と古くエンジン以外の騒音の為、エンジンは音質が良く静粛)

【乗り心地】
軽量、65タイヤ、柔らかなシート等でふわふわし過ぎる。
高速走行100kmでは車重790kgの軽量、背が高く、65タイヤ、等のせいなのか、
走行不安定で足が地に付いていないような不安感がある。
隣の車線を通過するトラックや強風の影響をもろに受ける。
ムーヴターボは直進性が良く安定走行が可能で、100Km前後が美味しい速度である。

【燃費】
市街地走行燃費比較
FZ・・・・・・・・・・・・17Km/リットル
プリウス・・・・・・・・32km/リットル(一部高速)
アクア・・・・・・・・・・26km/リットル(一部高速・山道含む)
ホンダフィットHB・・16km/リットル
ホンダフィットNA・・18km/リットル
ムーヴターボ・・・・ 16km/リットル
FZは公称燃費とはほど遠い。
ホンダフィットはHBとNAが逆転している。

【価格】
他社製品と比較すると少し安いかも、性能や品質を考慮すると何とも言えない。

【総評】
白のオリンピック記念ナンバーにした。
軽自動車で白ナンバーは珍しくなくなった。

前後ドラレコを設置してあるが、後方車が車間距離をおくようになった。
(撮影中のステッカーを内部に貼ってある)
ドラレコは別途にレビューしてある。

FZの速度計と、ドラレコの速度計との差が一定速でも最高10km違うことがしばしばある。
実速との誤差を設定してあるとは言え差が大きい。
同条件でホンダフィットでは、ほぼ一緒かメーターが少し上回る、現実的。

FZは走行中後方からの外部の騒音が入ってくるのでフェルトを詰めたが、効果は十分得られた。
タイヤはダンロップが標準で付いてきたが、ロードノイズが大きい。

LEDヘッドライトは明るいが照射範囲がいびつで狭い。
上段のハロゲンライトは視認性が良い。

全体的にマイナス面が多いが、ごく普通の車。
ターボ車の経験がなく走行性能を気にせず、内外装もそこそこで良いならこの車で良い。
ターボ車の経験がある人は、多少高価でもターボ車を選択した方が満足度が高く、賢明である。
「なんちゃってハイブリッド」と言われても、まあ楽しくお付き合いしていく所存。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
静岡県

新車価格
135万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

ワゴンRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった5人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

桐田蘭子さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:109人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
4件
9件
自動車(本体)
3件
0件
スマートフォン
2件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

(2019/06補足)
平均燃費が24.8まで上昇しました!(リセットはしていません)
3月から父の勤務地が変わり、郊外を長く
走るようになったせいです。あと、
冬タイヤから夏タイヤへ変更も。
温暖な気候のせいもあるでしょうね。

条件によってこんなにも変わるんだな、と感心しました。
-----------------------
父のクルマです。MH21S(2003年モデル)からの乗り換えになります。
15年間故障が無かったことから、またワゴンR購入となりました。

以下、MH21Sとの比較になります。

【走行性能】
エンジンの音が静かです。特にセルの音は
びっくりする程静か。ただ、MTはもう少し煩い
ほうが乗りやすいです。

【燃費】
現在18.5kmです。4WDでスタッドレスなら良い方でしょう。
→現在24.8km

【乗り心地】
段差での突き上げがあります(後部座席が特に)。
インチダウンしてますが、それでもガンッて
くるのでタイヤの空気圧を少し下げてます。

【インテリア】
センターメーターはすぐ慣れますが、タコメーター
が無くなって寂しいです。その代わり瞬間燃費計が
付いてタコメーターより有意義かも。

リアの足元が広くなりました。
リア用のバケットマットでは足りないので
運転席用のものを置いてます。

相変わらず上質なシート。
横長の演出が効いて?
運転していて気持ちいいです。

【FAという選択】
売れ筋はFXFZなのかもしれませんが、必要なものは揃ってます。
ヒーター付き電動格納式サイドミラー、
シートヒーター、リアヒーターダクト等々。
ただ、ワゴンRのボトムグレードに
イモビまで付ける必用性は?スペアキー1本8千円だそうです。。

【減点項目】
・サイドミラーが小さくなり、視認性が悪くなった。
・助手席下のBOXが浅くなった。
・リアランプの位置が悪い。LEDなのでぶつけたら修理代がかかりそう。
・ラゲッジの床?が高くなった。荷物の積み下ろしがだるい;

【価格】
本体8万円引き、オプション6万円引きとのことです。

【総評】
減点項目は値引きの良さで相殺します。シンプルイズベスト、これでまた
15年間故障無しなら大満足です。

比較製品
スズキ > ワゴンR 2003年モデル
乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年12月
購入地域
青森県

新車価格
120万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

ワゴンRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった12人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

たけランさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:41人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
12件
バイク(本体)
3件
4件
バイク用タイヤ
0件
3件
もっと見る
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格5
   

ワゴンR FXハイブリッド

   

【エクステリア】
軽自動車の限られたサイズの中でよく作りこんでいると思う。
【インテリア】
センターメーターは、見やすく良いと思う。
ただ、インパネ周り素材が安物プラスチックで、経年劣化が心配。
【エンジン性能】
660ccプラス簡易ハイブリッドで、街乗りなら不満は無いが、高速走行が多い人はターボ付きをオススメします。
【走行性能】
ハイブリッドのありがたみを実感出来ません。
私は、アイドリングストップを常時offで走行するようにしています。
【乗り心地】
普段の街乗りなら不満は無いと思う。
ホイールベースが狭く、背高な車体なので
コーナーでは、若干ゆり戻しが多い気がします。
【燃費】
未だ1回しか給油してませんが、リッター16km
位走っていたので良いと思う。カタログ値の半分くらいだけど、ちょい乗りばかりなので仕方ないと思う。
【価格】
登録済み未使用車なので、かなりお安く購入出来た。
【総評】
街乗りメインなら不満も無く良い車だと思います。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

明石奥人さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
0件
腕時計
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格2
   

   

 2004年の春に購入したKeiが15年間の年波には勝てず、車検見積もりの結果、部品の経年劣化が車体各部で指摘されました。ちなみに、車検を通すだけで法定費用込み25万、12.8万kmの走行に耐えたクラッチ交換が数万、その上に調子が悪くなったエアコンのコンプレッサー交換やエンジン内のベルト全交換etc・・・を合計すると、Keiの購入価格の半分を超えてしまうので、腹をくくって新車購入に踏み切りました。
 なお、今回のワゴンR購入に当たっては、とにかくMTの軽四という条件だったこともあり、生まれて初めて工場から直送されたタマに乗っているので、その意味でのワクワク感が未だに続いています。

【エクステリア】
 今回の購入に当たり、家内や娘はハスラー推しでした。エクステリアだけを比較するなら、ワゴンRよりハスラーの方が良いと私も認めていますが、実際に運転席に乗ってみると、身長175cmである私の場合、ハスラーでは縦方向の前方視界が狭いことが判明したことが、ワゴンRを選択した大きなポイントでした。
 また、遠くから見ても、6代続いているワゴンRの伝統を受け継いだエクステリアだと気に入っています。

【インテリア】
 居住空間は、軽四の枠内で精一杯広いと思います。前車のKeiと比較すると、前席と後席のシートピッチが広がっているのは当然として、室内の横幅も拡大し、テーブル調のインパネによる視覚的な広がりも手伝って、個人的にはゆったり感すらあります。
 ただし、FAでは室内色の設定がアイボリーしかないことがマイナスその1、居住空間確保のためトランクの奥行きが犠牲になっているのがマイナスポイントその2で、★を半分減らしました。
 あと★半分は、MTなのにタコメーター未設定であること。これはメーカーオプションで設定して欲しかったなぁ。

【エンジン性能】
 搭載エンジンであるK6AとR6Aのカタログスペックだけを比較すると、むしろK6Aの方が勝っているように見えます。しかし、実際にはワゴンRの方がKeiよりトルク感が強く、同じ坂道ならKeiより1つ上のギアでワゴンRは登ることがしばしばです。
 高速道においては、山陽道上りの本郷〜三原久井間の連続急勾配で5速で登り切ったから、取りあえず合格点を大きく超えて評価したいのですが・・・

【走行性能】
 ハンドルを握って走らせた感覚を伝えると、Keiとは比較にならないぐらい重厚感があり、私好みです。
 また、コーナリングも安定しています。私は自宅近くのあるコーナーを回る際、助手席に積んだ荷物の動きでコーナリングの安定性を判断していますが、今までOKを出したP10プリメーラ・BHレガシィ・エクシーガの領域に概ね近いと判断しています。
 ただし、電動パワステの味付けが軽めでワインディングでのハンドリングに難があるため、★をマイナス1とします。

【乗り心地】
 走行性能が優れていることもあり、家族に聞いてみても乗り心地もKeiより向上しています。
 また、私には運転席のシートが合っているので、200km/日走っても疲れはエクシーガ並みでした。
 
【燃費】
 慣らし運転終了後、自宅〜熊本往復を含めて総走行距離約3000km時点で、満タン法では25.1km/lです。
 なお、一般道で信号の多い場合だと、18〜21km/lと推定しています。

【価格】
 これがもっとも難しいところで・・・。
 私はKeiと同じように15年乗り続けるつもりですが、オプションを何も付けない軽四が100万を超えるのは若干の抵抗がありました。
 しかし、現行アルトのエクステリアには夫婦揃って抵抗感が強いことや、私が以前からワゴンRというブランドに憧れていたので今回のチョイスになったのですが、それこそ「ワゴンR 税込み99万8000円」みたいな工夫ができなかったことに残念な思いです。

【総評】
 若干、厳しめの部分はありますが、MT乗りとして総合的にお薦めできるグレードと思います。
 とにかく、運転していて楽しいなと。
 身長が170cmオーバーでMTが大好きな方なら、購入する車の選択しに加えてくださいな。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年4月
購入地域
兵庫県

新車価格
107万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

ワゴンRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

24回払いさん

  • レビュー投稿数:53件
  • 累計支持数:320人
  • ファン数:2人
満足度3
エクステリア無評価
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地2
燃費5
価格3

車検の代車で2日利用しました。

【エクステリア】
好みもあると思うので無評価です。

【インテリア】
よくまとまっていると思います。不満はありません。

【エンジン性能】
先日アルトラパンに乗ったときには中々良い!と思いましたが
こちらのワゴンRは、やかましく安っぽい感じが露わでした。
またムーヴに比べ低速のトルクが弱く感じられます。
ただ、平地であれば軽い踏み込みでも50kmまではスムーズに加速できます。

【走行性能】
特に不満はありません。
カーブのロールも上手に抑えられていますし、
段差も大きく跳ね上がることはないです。
60km以上は伸びがなく踏み込む必要があります。
まあこれは軽の宿命なのかと思うしかないでしょう。

【乗り心地】
足回りは上手にまとまっているので上記の通り不満はないのですが、
シートがはっきりいってダメ。
硬くホールドも薄いので乗っていて疲れる。

【燃費】
田舎道で発信停車を繰り返し、燃費計が29.5kmをいったりきたり。
エアコンつけると27kmくらい。
これは褒め称えるべきですね。
ただし踏み込むと途端に悪くなります。
一定のアクセルワークをしましょう。

【価格】
まあこんなもんじゃないかと。

【総評】
エンジンノイズとシートの悪さに我慢できるなら買い。
この車のウリがよくわからない。
アルトラパンの方がずっといい車。

レビュー対象車
試乗

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アテゴン乗りさん

  • レビュー投稿数:307件
  • 累計支持数:1245人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
8件
1007件
マザーボード
3件
279件
SSD
8件
247件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格無評価
 

スーパーでこんな偶然も

リブベルトに変えてもらいました。

 

セカンドカーとして身内から譲ってもらいました。
もらい受けてから2年、1度車検も遠し、1万Km以上走ったので再レビューです。
もう一台所有のスペーシア(フレアワゴンMM42S)との比較が多いです。

片道14Kmの通勤(ほぼほぼ)専用車です。

譲ってもらった以降必要になった修理類は、

車検時ステアリングタイロッドブーツとリアハブベアリング交換
その後この型の弱点と言われるオルタネーターベルト滑りが発生して、
ベルト交換後も半年で再発した為、対策品(リブベルト)に交換してもらいました。

ヘッドライトスイッチ接触不良、
最近の車と違い左右(ウィンカーレバー&ワイパーレバー)一体ASSYの為?ちょっと高め(´;ω;`)

夏タイヤは純正タイヤ(155/65R13)より外径が大きい最近軽で主流の155/65R14(円周約+5%)を履いています。
(ほぼ新品のタイヤを身内から譲ってもらったため。)
停車状態でハンドルを目一杯切ると結構ギリギリですが、1年以上履いていますがホイルハウス内で干渉したことは無いです。

もらい受けてからその状態でトータル燃費は11.68Km/L
ただ満タン測定で10Km/Lを割ったことも無く、比較的ばらつきは少ないです。

また冬場の暖房は最近の燃費重視のエンジンより発熱量が多いせいか効きが良いです。
(ただ燃費もそれなりに落ちます。)

インテリア関係では、
運転席はスペーシアより高め前よりで窓に近く何気に上下の視界はスペーシアより良いです。
(スペーシアはダッシュボードがかなり長く窓が結構遠い)

後部差座席は前後距離は劣るものの、
横幅は特におしりの位置ではスライドドアのスペーシアより広く感じます。
スライドドアの方がレールなどの機構が有る為フェンダー回りの厚くなるんですかね。

手を添えてないで乗り降りできるスライドドアも確かに便利ですが、
やっぱり車はヒンジドアの方が個人的には優れていると感じます。

走行性能面では
またアクセルなどはやっぱりバイワイヤと違い遅延がなくスロット直結の方が、
エンジンをコントロールしている気持ち良さがありますね。

バイワイヤの車に乗って遅延の違いに気が付かされました。

ただ今では機械ワイヤー式スロットの車の方が稀か?

パワステは付いている?据え切りすると最近の車と違いかなり重いです。
ただ抑止になって良いような気もします。(笑)

たぶん軽自動車で一番オールマイティーに使える車は、このワゴンR系の車のような気がします。


今年車検なのですか、
5人乗れる車が急遽必要になり、
車検も近いので入れ替えでサヨナラする事になりました。
ガタピシでしたがまだまだ走れそうでしたが…

もっと古い型もまだ目にします。

使用感があるせいかもしれないけど、なんか最近の車より人間味を感じる…

16万7千キロ
18年間
ご苦労様でした。
まだ調子自体は良かったので、だれかが走らせていてくれていないかと妄想しています。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
その他
レビュー対象車
中古車

参考になった22人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スボちゃんさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:161人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
7件
16件
デジタルカメラ
2件
7件
ノートパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

主に仕事用で使っていたアルトが、1回目の車検後10万kmを走破してしまい、軽とはいえ腐っても日本車w、2回目の車検ぐらいまでは大丈夫じゃないかな〜、大きな故障等出て欲しくないな〜、と思っていたところw、オイル交換で立ち寄ったデーィラーの店長から乗り換えのお勧め(思わぬ好条件の下取り価格w)を受けてしまいw

今回は、ワゴンRを選びました。

普通のFXでも良かったんですが、カタログで観た 25th anniversary FX LIMITED の紺メタ(ノクターンブルーパール)が、やけに気に入ってしまい・・・・w
普通のFXとの装備比較で高いと感じず、仕事で長距離運転が多いので、年齢的にもw安全装備はあった方がいいだろうと。
ま、結局は、ボディカラーで買っちゃった感が強いですねw
ワゴンRの前に乗っていた「ミラクル」シビック以来の紺メタ、初代のワゴンRも思い出させw、いい感じです。
最近の車の中では、紺メタが似合う車の1位2位を争うんじゃないか?などと思っていますw

【エクステリア】
ま、ワゴンRですねw

初代〜2003年モデルまでのフロントグリルのイメージを継承しつつ、凸っとはみ出したフロントウィンカーで差別化を図ってるのかな〜とw
ブレーキランプの形状・位置も、初代〜1998年モデルを継承している感じがします。

末広がりのBピラー、乗ってみるまでは、運転席から左後ろを確認する際に死角が大きくならないかちと心配でしたが、問題なかったですね。
今のワゴン車全般の流行りと、傘置きを兼ねてますw

アルトの車検の時、代車で現行スペーシアに2、3日乗りましたが、たしかに開放感はあるものの、車体の重さ、「むだに空気を運んでる」空虚感みたいなものを感じてしまい・・・・w
個人的には、ワゴンRの車高ぐらいがバランス良いように思いますね。

【インテリア】
黒を基調として、なかなか落ち着いています。ちょっと軽とは思えないようなw

ただ、センターメーターは、「差別化の為の差別化」感が強いかな〜とw
昔、ヴィッツか何かがセンターメーターを採用した際、その理由として「左右どちらのハンドルでも部品が共用出来るので、コストダウンに繋がる」というのを何かで読んだ記憶があり。
軽のワゴンRを、左ハンドル文化圏に輸出するのかな?とw
おかげで社外ナビは、ヘッドアップディスプレイと積み替えたコムテックのレーダー探知機に被らないようw、ハンドル前のインパネアッパートレイに鎮座することにw
結果、情報機器が運転席前に集まってしまいw、センターメーターは瞬間燃費、ガソリンの減り具合、外気温を確認する時ぐらいしか見ないですねw

また、他の方のレビューにもありますが、たしかに収納が少ない気もします。
アームレストはアームレスト以外の何物でもないしw、以前乗っていた2003年モデルには付いていた、ルームミラー上のサングラス等を入れる収納もないしw、結構便利だったんですよね、あれって。
もし「原点回帰」を目指していたのなら、もう少しワゴンRらしく収納が多い方が良かったかな、と。

【エンジン性能】
アルトよりも若干トルクが落としてあるようですが、アルトと同じく実用域で滑らかに吹け上がり、マイルドハイブリッドのおかげでトルク感もあり、低回転数のおかげで至って静かです。十分ですね。

【走行性能】
アルトと同じく、2,500回転も回せば街乗りでは十分です。
あまりアップダウンがないエリアだったら、発進から2,000回転以内で事足りますw 
アクセルを一定で踏み続けていると、知らぬ間に80km出そうなこともありw

また、アルトより直進安定性が高い印象もあります。
高速走ってて横風が強い時は、アルトより安心感がありますねw
アルトよりも120kg重くなったメリット、でしょうか?w

たまに、「車線逸脱警報機能」が、横断歩道?を検知してw、ピピピピッ!と鳴り響きますw

【乗り心地】
アルトよりも静かですね。

アルトには車重の軽さからくる軽快感を感じていましたが、ワゴンRはしっかりとしたハンドリングや上質な乗り心地の印象が強いです。
アルトより高い分w、コストかけてる気がしますw

【燃費】
納車から約1ヶ月、慣らしも終わって3,000kmを越えましたが、停止⇒発進加速で回転数を上げ過ぎないようにすれば(私の場合、理想は2,000回転w、上限2,500回転w)、大体カタログ値の8掛け、26km/Lはいきますね。

【価格】
残価設定クレジット(5年)で購入したので定価(バイザー、マット、AM/FMラジオCD、SGコート付き)。

【総評】
久しぶりに乗るワゴンR、上質な方向に進化した印象が強いですね。
アルトよりも着座位置が高いので、高速走行が多い時は疲労が軽減される感じがします。

後席スライドドアが必要ない人、自転車等高さのある荷物を積む機会が少ない人、「むだに空気を運んでる」空虚感を感じたくない人にはw、良い選択肢になると思います。
アルトより120kgも重い770kgですがw、スペーシアが870kg、N‐BO●が890kg以上とw、それでも100kg以上軽いんですよね。
この軽さのメリットって、思っている以上に大きいんじゃないかなと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年1月
購入地域
宮崎県

新車価格
131万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
5万円

ワゴンRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

S.NAKANOさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:69人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ミニコンポ・セットコンポ
1件
5件
自動車(本体)
6件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
3件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地3
燃費3
価格無評価

【エクステリア】
歴代のワゴンRの中でもカッコいい方だと思います。

【インテリア】
◯良い点
軽なのに全車タコメーターが標準装備されている点に感動しました。
現在の軽のメーターカラーの定番は、ノーマル系がオレンジやグリーン、ターボ系がブルーやレッドになっているのに対して、この時期のワゴンRは全車ブルーに統一されている部分にも感動しました。
この時代だからこそあるCD/MDオーディオ!しかも8cmシングルCDがアダプターなしで入ります!さすが!笑
…ですが、音質が悪すぎる。
後席にアームレストがあるので長距離移動もOK!また、左右のシートが独立してるため、隣の人に気を使う必要が無くなります笑
◯悪い点
コラムシフトレバーがPレンジ時はエアコンの吹き出し口、それ以外ではオーディオのボタンと重なるところ。
また空調パネル下にあるカップホルダーを開くと膝に当たるのでドアポケットに入れるのをおすすめします。
メーター以外は全体的に安っぽい(あまり軽に期待してはいけなかったかなぁ…笑)

【エンジン性能】
エンジン自体は悪くはないですが、ムーヴに比べ、少しエンジン音が安っぽい気がします。
4速ATとのマッチングがイマイチ。

【走行性能】
先程言った通り、トランスミッションとのマッチングがイマイチ。田舎で坂道が多いせいかムーヴが2速で悠々と走れるところをワゴンRは1速と2速を行き来して落ち着きがありません。不愉快。

【乗り心地】
ホイールが14インチのアルミなので比較的スポーティに走れますが、一方で段差や高速道路の継ぎ目などではショックを感じます。
スズキでは有名なベルト鳴きがあります。
ムーヴに比べてややシートが薄い、シートの質が悪い気がします。

【燃費】
トランスミッションとのマッチングがイマイチなせいで、一般道では13.0km/L前後、エアコンをつけて12.0前後、高速道路で15.0km/L前後と、軽にしては散々な結果です。

【価格】
中古車。

【総評】
4速ATのセッティングさえなんとかなってくれれば完璧な軽自動車だと思います。田舎ではなく都会向きの軽自動車といったところでしょうね!

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった5人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

シチューにカツさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
7件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
   

   

10年以上乗っていたムーヴがもう動いてるのが奇跡みたいな状況でしたので買い替えに。買い替えの条件として

1.乗り心地が良い車が欲しいが、費用はなるべく抑えたい。
2.一度信号待ちでよそ見してしまいぶつけてしまったので自動ブレーキ等の安全面は現時点で良いものを選びたい。
3.車中泊しやすい車が良い。災害時にも便利。
4.1日の運転時間が長い(2時間前後)のでフロントドアガラスのuvカット機能が高いもの,IRカット機能があるものにしたい
5.スライドドアの分値段が高くなるし、重量も重くなればその分燃費が悪くなるので今回はスライドドア非搭載車に

以上の5点で絞り込み、ワゴンR FXリミテッドに決定しました。以下感想

1.乗り心地、実用性に関してはNBOX等のスーパーハイトワゴンが登場するまではムーヴとのトップの売り上げ競争していただけあり、評判も良く、とても良いです。エンジンの回転数が2000回転ぐらいまでであれば静かで、坂道等のエンジンパワーが必要な場面以外はとても快適です。

2.自動ブレーキに関しては現時点では軽自動車ならスズキかホンダの2択かなと思いました。ダイハツは数値的にも一歩劣る感じでした。スマートアシスト4になれば変わるとは思いますが。

3.シートアレンジの豊富さと後部座席のフラットのやりやすさはスズキが一番良いと思いました。ワゴンRであれば片側フルフラットが容易なので、マットを引いてお一人様車中泊も簡単にできました。画像も貼っておきます。片側フルフラット にマットだとこんな感じです。上記のは厚さ3センチのマットですが、快眠には厚さ8センチ以上のほうがよいと思います

4.日中の運転が1時間以上であれば普通のUVカットガラスでは不十分であると思っていましたので、ほぼUVをカットしてくれるスーパーUVカットガラスはとてもありがたいです。少し前だと高級車ぐらいしか搭載してませんでしたしね。

5.燃費と値段を取るか、NBOX等のスーパーハイトワゴンの高さとスライドドアを取るかかなり悩みましたが、結局ワゴンRにしました。 自分にはそれで良かったと思います。
納車がとても早く、購入から10日ほど経っていますが、スライドドアにしておけばという場面は今のところありません

上記以外でワゴンR FXリミテッドを買って良かった点
、残念な点

・FXと比較して大分お得、内装外装もちょっぴり豪華に
・シートリフターのお陰で、シートを高くすれば付属のサンバイザーのみで太陽が眩しさ軽減できた。ムーヴ に乗っていた頃にはサングラスでもかけないと無理な時がありました。
・ものぐさだったので、夜間オートハイビームが超便利
・鍵を取り出さなくても解錠、施錠できるワンタッチボタンが便利
・2005年式のムーヴ からの買い替えだったので、比較すればほとんどのことで向上していてる

残念な点
・ アームレストに収納ボックスが無い
・サイドエアバッグが無い、オプションでも選べない
・スペーシアにある後方ブレーキサポート機能が無い。発進するつもりがバックしてたなんて場面は一度もありませんが、この手の安全機能はあるにこしたことはないので少し残念

の以上です。燃費の良い車に乗りたいけど、ある程度の広さは欲しいという方には是非オススメの一台です! コストパフォーマンスも現行トップクラスだと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年2月
購入地域
栃木県

新車価格
131万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

ワゴンRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ガレット2さん

  • レビュー投稿数:70件
  • 累計支持数:173人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
2件
21件
CDプレーヤー
2件
20件
薄型テレビ・液晶テレビ
3件
15件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

【良い点】
・広い車内
・無音アイドリングストップ
・実燃費22.5km/l(満タン法、表示23.3km/l) ※ただし33.4km/lからは程遠い。
・乗り心地の良さ

【気になる点】
・エンブレ効き過ぎ&非力なモータークリープ
前方が赤信号でアクセルオフにするとエンブレが強すぎて急減速、後続車は相当迷惑な様子。かといって、信号赤なのが見えてるのにアクセル踏み続けるのもエコでない。後続車が無い場合に限り、クリープが動作するまで速度を落とすが、クリープ速度は亀かと思うほどゆっくりである。モーターで自走は可能とはいえ実用性の観点から不満。

・ベンチシートのホールド性の悪さ、収納の少なさ
運転席と助手席の間のクッションを収納に活用できないのか?
(蓋付き収納ボックスなど。)ただし、ライバル車も同様のベンチシートのようである。なお、腰当クッションを使えばすわり心地の悪さは多少改善された。

【まとめ】
微妙なハイブリッド機能であるが、モーターアシストが働く際の加速にはメリットを感じるものの、電池が充電されていることが条件だし冬季はエンジン温まるまで、モーターアシストが働かない。それなら他の方のレビューにあるように、+10万でハイブリッドにするより、+15万でターボにしたほうが圧倒的に走りはよくなるのではないかと思う。ハイブリッドで実燃費27〜8ならともかく、複雑な仕組みの割に実燃費22ではそれほどメリットは無いのかなと。

まあ、気になる部分もあるものの、走り自体は以前の軽自動車とは次元が違う上質な感触なので満足度は5点です。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年7月
購入地域
福岡県

新車価格
117万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

ワゴンRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

京都の風景撮りさん

  • レビュー投稿数:106件
  • 累計支持数:376人
  • ファン数:2人
満足度2
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地4
燃費2
価格無評価

【エクステリア】
レンタカーで借りました。軽としては優等生的な特徴のないフォルム。新車だったので綺麗でした。リアにハイブリッドのエンブレムがあって「え?ハイブリッドだったの?」と気づきました。
【インテリア】
センターメーターは×。視線が明らかに左に寄るし、カーナビの位置が下がり見づらい。
【エンジン性能】
モーターアシストは発進時や登坂時の数秒のみ。これは意味があるのか?山道に差し掛かるとすぐにアシストが切れてただの重い車に。山を下りるときはすぐに電池が一杯になり充電できずに走る羽目に。
【走行性能】
おとなしく走る分には問題はありません。
【乗り心地】
平均的な軽自動車の挙動です。感動も無い代わりに予想通りの違和感のない感覚です。
【燃費】
560km走行で満タン法で16.1でした。エンジンに負荷を掛けた運転も多かったのでなんとも言えないです。
【価格】
レンタカーなので無評価。
【総評】
東北地方をレンタカーで2日走りました。初めての軽のハイブリッドで期待しましたが、全く期待外れでした。
近距離の買い物や送迎なら違う評価と思います。おそらくそういう使い方を想定した車なのでしょう。
これなら普通にターボをつけた方が圧倒的に動力性能が上がると思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

くみえもんさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デスクトップパソコン
2件
0件
ノートパソコン
1件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

運転は家族がしますが、乗り心地、運転のしやすさ、燃費の良さ、静音性
いずれも良いとのこと。
今まで国産の普通車数台、BM、国産のワゴン、軽ワゴンと乗り換え
経験豊富な家族が価格以上の満足のいく買い物だったようです

乗車人数
3人
使用目的
買い物
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

VANACHLOさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
2件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格5
   

   

【エクステリア】
FA(X).FZ.ステングレーの3つの顔がありますが、
個人的にはFA(X)がワゴンRっぽく可愛くて好み
でしたが、ヘッドライトがハロゲンしか選べ
無かったり、内装とかの拘りが合わずに断念、
最終的にFZにしました。過去のワゴンRの
デザインからは、かなり冒険したエクステリア
で、カタログとかで観るよりも実車の方が、
カッコ良く見えます。ただ、リアのデザインは
他メーカーや過去のワゴンRの方が良かったかな?
と、思います。選んだ色はフェニックスレッドで
なかなか渋い赤でとても気に入っています。
買ったFZは、25周年記念限定車で15インチ
アルミホイールが標準でこのデザインは良いです。
【インテリア】
前に乗っていた軽自動車は初期型のタントで、同じ
センターメーターでしたが、今回のワゴンRの
方が断然見辛いです。タコメーターなんか、かなり
目線を左に向かないと視界に入らず、改善して
欲しい部分です。シートはかなり柔らかいですね。
長距離では疲れる硬さです。軽初のヘッドアップ
ディスプレイは、視野幅が狭くこれも見辛いです。
センターメーター以外のインパネとかのデザインは
直線的で、力強く気に入っています。
【エンジン性能、走行性能】
同じスズキのラパンやダイハツムーブや現行タント
にも試乗しましたが、アイドリングストップからの
スタートの騒音振動が皆無で、普通に走る分には
かなり静かで快適です。プチハイブリッドの恩恵
を150万円以内で味わえるところが、このワゴンR
の1番のセールスポイントです。
坂道で少しアクセル踏むとそれなりに音は大きく
なりますが、通常走行でのエンジン音の静かさ
は、軽自動車1番かと思います。
ターボでは無いですが、知らぬ間に80キロまで
出ていて、動力性能も高速道路や坂道をガンガン
走り続けない限り全く不満は無いです。
【乗り心地】
限定車は15インチで偏平タイヤですが、
乗り心地はかなり良いです。
【燃費】
まだ新車で500キロしか走行してませんが、平均
燃費は19です。こんなものかな?と満足してます。
これから当たりが出て、乗り方に慣れればもー少し
燃費も改善されるかな?と期待してます。
【価格】
ヘッドアップディスプレイ、15インチアルミ、
全面ir、uvカットガラス、デュアルカメラ衝突
安全機能、ロービームLED、オートハイビーム、
革巻ハンドル、オートエアコン等至れり尽くせり
装備で145万円程で買えるのは費用対効果ある
車と思います。
【総評】
優等生!真面目なスズキを代表する軽自動車は
裏切りません。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年12月
購入地域
大阪府

新車価格
142万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

ワゴンRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

NEEDDEENさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム周辺機器
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
乾電池
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格4

スズキ ワゴンR 2017年式 FA 2WD CVT スペリアホワイト 走行距離 5145km の車を中古購入して一ヶ月程使用したので簡単にレビューしたいと思います。

【エクステリア】 4
フロント・リア共に初代ワゴンRを彷彿させるデザインになっています。サイドの太いBピラーがデザインのアクセントになっています。

【インテリア】 4
水平基調のインテリアはシンプルながら軽廉価モデルにしては質感は高め。センターメーターも慣れれば視認性は良好。太いBピラーの車内側はアンブレラホルダーになっています。ラゲッジアンダーボックスの枠が発泡スチロール剥き出しでできているのは、せめて着色して欲しかったです。

【エンジン性能】 4
最高出力52PS、最大トルク6.1kg-mのR06Aエンジンは、以前に僕が乗っていた第二世代ワゴンRのK6Aエンジンに比べると、決してハイパワーではないですが、坂道でもアクセルを踏み込めば、そこそこの加速感はあるし、田舎で通勤や買い物に使う程度なら必要十分な性能だと思います。

【走行性能】 4
可もなく不可もなくではないでしょうか。タイヤにはDUNLOP ENASAVE EC300+ 155/65 R14 75Sという製品が付いていました。

【乗り心地】 4
1000ccクラスの普通車と同等の乗り心地の良さがあるように僕は思いました。

【燃費】 5
FAのJC08モード燃費は、2WD CVTでは、26.8km/Lですが、マルチインフォメーションディスプレイの平均燃費値は、500キロ程走行した結果、20.8km/Lとなっています。僕の運転は、エコスコアが90点以上出る走りなので、ほとんどエンジンを回さないように走行することを心掛けています。一回の給油約25Lで、約500km弱は走行可能のようです。

【価格】 4
2017年式で、走行距離 5145kmの中古を約100万円で購入。外装に目立ったキズ等も無く、一ヶ月使ってみて特に不具合もないのでまずまずの価格だったと思います。

【総評】 4
第六世代のワゴンRは、マイルドハイブリッドのFXが売れ筋ですが、僕の場合、最初からハイブリッドの製品は購入の対象としては考えていませんでした。走る・曲がる・止まるの車の基本が、きちんとできてシンプルな機能に絞られた新型ワゴンRのFAは、低価格の軽自動車が欲しい方には、良い選択しなると思いました。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格帯を見る

ワゴンR
スズキ

ワゴンR

新車価格帯:107〜154万円

中古車価格帯:1〜219万円

ワゴンRをお気に入り製品に追加する <350

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意