スズキ ワゴンR 2017年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > ワゴンR 2017年モデル

ワゴンR 2017年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:ワゴンR 2017年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
FA 2020年1月20日 マイナーチェンジ 1人
HYBRID FX 2020年1月20日 マイナーチェンジ 3人
HYBRID FX Limited 2018年9月10日 特別仕様車 3人
HYBRID FZ Limited 2018年9月10日 特別仕様車 1人
FA 2018年8月30日 マイナーチェンジ 1人
FA (MT) 2018年8月30日 マイナーチェンジ 1人
FA 4WD 2018年8月30日 マイナーチェンジ 1人
HYBRID FX 2018年8月30日 マイナーチェンジ 1人
HYBRID FZ 2018年8月30日 マイナーチェンジ 1人
FA (MT) 2017年8月23日 マイナーチェンジ 1人
FA 4WD (MT) 2017年8月23日 マイナーチェンジ 1人
FA 2017年2月1日 フルモデルチェンジ 6人
FA 4WD 2017年2月1日 フルモデルチェンジ 2人
HYBRID FX 2017年2月1日 フルモデルチェンジ 8人
HYBRID FX 4WD 2017年2月1日 フルモデルチェンジ 2人
HYBRID FZ 2017年2月1日 フルモデルチェンジ 8人
HYBRID FZ 4WD 2017年2月1日 フルモデルチェンジ 2人
満足度:4.02
(カテゴリ平均:4.29
レビュー投稿数:49人 (試乗:14人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 3.61 4.33 129位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.68 3.93 2位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.02 4.12 12位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.06 4.20 24位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.09 4.04 34位
燃費 燃費の満足度 4.31 3.88 11位
価格 総合的な価格の妥当性 4.14 3.87 15位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ワゴンR 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

ナムサン02さん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:103人
  • ファン数:3人
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3

ヘッドレスト他

ドア下ランプ他

広い車内

 

遠くの見通しは良いが直近とメーターが見にくい

ネットで調べたドラレコSDカード使用上限?

 

【エクステリア】
ホイールキャップは、いかにもハリボテっぽくてマイナス印象。これなら、黒塗装ホイールをやめて、銀塗装の鉄板ホイールに中央だけセミキャップを被せて安価のままに合理的に処理して欲しい。
しのぎを削る軽自動車の中で、更なる車内空間を求めて背の高いモデルも有るが、車重の軽いまま全高のみ上げるのは走行安定性の観点からは恐ろしさしかないので、程よい低さに抑えたワゴンRのスタイルは高評価ポイントだった。
【インテリア】
幅広の跳ね上げ式肘掛けも良く考えられている。
しかし、スピードメーターはとても見にくい。手前に不細工なモニターパネルが鎮座していて背伸びして覗き込むような上ずり感が常に付いて回る。
これを解消するために、自動格納式のヘッドアップディスプレイをオプションで追加するのは本末転倒ではないか。
固定式照射機にて、フロントガラスに投影するならまだしも、華奢なプラ板が上下する機構は故障のリスクと考えの無さが露呈しているようで無様。
ベルトラインというのか、窓の下端位置が高くて遠くの見通しは良いが、車両周囲近接は見難く、左折時の縁石や後退時の障害物など、常に背伸びした上ずり運転の印象が有る。
これを解消するために、全周囲カメラをオプションで付けたが、落ち着いて考えてみるとマッチポンプというやつではないかと気がついた。
アルトは全体的に低くて、そのような視認不安は一切感じなかった。
モニター部は上下の短いタイプにして、スピードメーターへの被りを解消したかったが、なんと何ら使用しないプア仕様でもこの真っ黒で不細工なモニターフレームは外せないらしく閉口した。
初めは安い7インチタイプを見当したが、カタログを見ると、スピードメーターに被っている部分が無意味な余白部分となり不細工を強調してしまうので、かなり価格アップになったが8インチタイプに変更し、何となくこれだけの大画面ならスピードメーター下端にはみ出してもやむ無しには見えるようになった。
室内前後長はとてつもなく広い。振り返って後部座席と話をすると遠いと感じるほどで、恐らく高級セダンでもこれほどの広さは滅多に無いと思う。
前席シートは座り心地もホールド感も良いが、突き出したヘッドレストだけは不快。
後方から追突された場合のみ想定して、日常的に後ろからこづかれているような違和感には耐え続けるなど本末転倒もいいところ。
天井付近の厚みの有る内装も、エレガントな質感だけではなく衝突時の頭部への緩衝材がタップリ内装されているらしい。
サンバイザー裏には、小さな鏡が付いているが、上に開くタイプで咄嗟の青信号スタートでも、スライド式だと2タッチが必要なところを、指一本でサンバイザーを上げるだけで仕舞える構造にしているのだと推測。
細かい表示や小さなボタンが並ぶ、フルオートエアコンは不適かと早合点しそうになったが、よく見ると風量設定と温度設定は表示部の左右に分かれて、上げ下げ操作のみで視認の必要が無い良く考えられたタイプだった。
傘ホルダーが後席左右に有るのはとても良いが、代わりに杖を保持しようとするとプラス6千円ほどの追加オプションが必要で、追加不要でどちらでも交互に差し込めるようにもう少し保持部分の工夫をお願いしたいところ。
新車を購入する時は、ピッタリフィットする純正シートカバーも同時購入して来たが、今回のは37,000円ほどの高額品ながら、カタログで見る限り質感は低く失敗したかと迷うところ。
社外品でピッタリ合うタイプが有れば、数年ごとに社外品で新しくするのも一案かも知れない。
ほとんど興味を惹かれないアクセサリー群の中で、ドアランプだけは異彩を放っている。
暗闇で降車時の足元を照らす本来の用途のほかに、後続車両への注意喚起も大きい。
【エンジン性能】
買い物等の日常の足として使う分には、軽自動車でも不足はなく、唯一気になるのは対向車が切れた合間を狙って右折ダッシュをする時くらいだが、このワゴンRもアルトも不安を感じる遅れはなかった。
マイルドハイブリッドで補助動作のみだが、信号毎のキュルキュル音が無くなったのは嬉しい。
しかし、アルトのアイドリングストップを解除固定出来ればなんら不満は無く、こちらもマッチポンプの要素を感じないこともないかな。
ダッシュの力強さはアルトも充分だったので、本当に安くてよく出来たモデルだったと思う。

【走行性能】
街中でのちょい乗り使用にはとても良い選択だと思う。
しかし、高速はちょっと怖い。
軽の最高額車は小型車の最低ランク車に遠く及ばない、それが車体剛性と足回りの壁だと思う。
【乗り心地】
狭くて薄っぺらいシートが軽自動車のデフォだった時代は変わり、安全性能と快適性に特化した新しい4輪車の時代に突入していると思う。
唯一、くつろげないのはヘッドレストの突き押し。これは本当にどうにかして欲しい。取り外し式なので購入時に選択出来るようになると助かる。
【燃費】
購入検討時の試乗のため不明。
【価格】
ナビやドラレコ、全周カメラ等を付けたので2年前に購入したアルトの1.5倍ほどになった。
コロナ禍の影響もかなりあると思う。
急遽必要になったので、値段交渉も一切せず提示された金額にて購入した。
【総評】
ネーミング等事前印象では若い兄ちゃん向けだと思いこんでいたワゴンRが、実際に試乗してみて分かる事が多かった。
特に明るいベージュ内装は衝撃的なエレガントさで、50万円近く高額なソリオですら魅力を半減させるに充分なインパクトを受けた。
時代はどんどん変わり続けており、追突防止装置や前後ドラレコ装備等は今や必須機能だと思う。
もはや内燃機関を運転手の全責任のみで操作する時代ではなくなっている。
軽自動車メーカー間の競争は激烈を極め、トップを走るSUZUKIの意気込みをヒリヒリと感じる事が出来た。
それと同時に、販売店の対応は冷めたもので、ウーバーイーツの配達員もかくやと途方に暮れた。
働き方改革の弊害で、もはや職責という言葉自体が死語になっているのかも知れない。

レビュー対象車
試乗

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

サニーセントレアさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デスクトップパソコン
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4

【エクステリア】顔が地味。ヘッドライト上下にでかすぎ、ウインカーライトの位置が最悪。

【インテリア】汚れにくい黒はよろし。

【エンジン性能】滑らかでスムーズ。軽にこれ以上のぞむのは酷なのでは…

【走行性能】とばすほうではないので、必要十分な性能です。

【乗り心地】軽量なので、道路にあおられるような乗りこごち。いい塗装では快適。

【燃費】よい、20くらい。

【価格】125万

【総評】顔はちょっと、ですが乗ってしまえば最高です。スポーティーな黒内装、分割スライド後席、快適で広い室内、高燃費、うっとうしいアイドリングストップなし、低価格。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年3月
購入地域
愛知県

新車価格
116万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

ワゴンRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

湯〜迷人さん

  • レビュー投稿数:60件
  • 累計支持数:328人
  • ファン数:149人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
2821件
レンズ
10件
812件
太陽光発電 なんでも掲示板
0件
750件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格5

フロントバンパーグリルトリム(社外品)

バックドアガーニッシュ(社外品)

サイドマーカーリング(社外品)

ワゴンRは奥さんの足替わりに使っていましたタントからの乗り換えです。

【エクステリア】
元祖ハイトワゴンなんですが、デザイン的には可もなく不可もなくって感じで特徴を見つけにくいと感じています。

【インテリア】
こちらも値段相応の質感なんですが、センターメーターは嫌いではないですし、逆にステアリングの前にスマホが設置出来るんで、敢えてナビは設置せず純正のラジオ付きCD(11000円は安い)をメーカーOPしました。

この車、奥さんが99%乗るのですが、軽トラにさえアームレストを取付て乗っている自分としては、標準でアームレストが装備されているのが嬉しい限りです。

全体的にはワゴンRに限らず軽量化の為プラスチック製の部材が多用されていますので、質感が足りな過ぎかなと感じています。

【エンジン性能】
エンジンは高回転迄回さなければ静かなのですが、遮音対策が悪いのか室内に軽独特の甲高いエンジン音がかなり入り込みます。登録車並に対策して欲しいものです。

【走行性能】【乗り心地】
ハイトワゴンではありますが、コーナリングの際のロールがそこそこ抑えられていまして余りアンダーも出ずシッカリと狙い通りトレースしてくれますので、街乗りでは快適そのものです。

【燃費】
奥さんの大人しい乗り方だと、真冬の時期でも20km /Lは下らない様ですのでいいんじゃないでしょうか。

エンジンも熟れてくる春以降はハイブリッドの恩恵をもっと感じられるかもしれません。

【価格】
車両本体128万円
メーカー・ディーラーOP

フロアマット
ドアバイザー
フロントフォグランプ+メッキベゼル
ラジオ付きCD

値引き 15万円

社外品

ヘッドライト・ルームランプ(2箇所)LED化(3点で1万円位ですからこれは是非やるべきです=明るさは安全安心)
写真掲載メッキパーツ3点
革製ハンドルカバー
ステアリングガーニッシュ
ナンバープレートリム
ドアハンドルキズ防止フィルム
ミラータイプドラレコ

【総評】
リアドアに縦型の傘ホルダーが付いていたり、座面ヒーターが付いていたりで痒いところに手が届いていますし、マイルドとは言えハイブリッドとしては最安のコスパではないでしょうか?

使用目的
レジャー
仕事用
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年1月
購入地域
茨城県

新車価格
117万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
0円

ワゴンRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

キットレンズさん

  • レビュー投稿数:180件
  • 累計支持数:1098人
  • ファン数:13人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
35件
73件
レンズ
74件
6件
デジタルカメラ
26件
8件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】
デビュー当初は、「何じゃこりゃ 先代の方が良いじゃん」と思っていたのですが、慣れてくると良いデザインだと思います。
ただ、リアのテールランプのデザインは、あまり好きじゃないかも
【インテリア】
高級感は全くありませんが、明るい内装で爽やかな感じがして好感がもてます。
内装が白いと眩しいという意見がありましたが、自分は全く問題ありません。

【エンジン性能】
K12マーチと比較すると、絶対的な加速性能は劣りますが、平坦な道路で大人二名乗車なら十分な性能だと思います。
感じ方は人に寄って違うと思いますが、とても静かなエンジンでスムーズに回ると思います
指定オイルは0w-16と非常に柔らかいです。この粘土が無いカーショップもあるので、交換する時は注意した方が良いと思います。
0w-20でも問題無いと思いますが、できれば指定粘土で交換した方が良いと思います。
2019年12月のマイナーチェンジで、NAエンジンが52PSから49PSに下がってしまいました。

【走行性能】
副変速機付きCVTなので、80キロ位で巡行しても凄く静かです。何となくブレーキの利きは甘い気もします。
この手の車としては、カーブなんかでも意外と踏ん張ってくれますが、無茶は禁物だと思います。

【乗り心地】
硬すぎず柔らかすぎず丁度良いです。背が高い車だけど、カーブでの安定性は良いと思います

【燃費】
週1しか乗らないのですが、過去に乗った軽自動車と比較すると、とても良いと思います
そこそこ飛ばしますが、平均燃費は25キロ位です。
【価格】
走行距離400km弱の中古車を、諸費用込みで90万円位で買えたので大満足です。


【総評】
安ぽいとか静粛性が低いという意見もありますが、そのライバル達と比較すると車重が軽くなっています。
軽自動車に質感と静粛性を追求しても、車重が800kg以上になるどころか900kg以上になってしまって、もはや軽とは呼べない軽自動車が増えてきてしまってます。

軽自動車の本来あるべき姿って、こういう車なような気がします。

一番安いRAをあえて選びました。理由は余分な機能が付いていないからです。
アイドリングストップの必要性は全く感じ無いし、仮に機能を切ったとしても、余分なバッテリーを積む羽目になってしまうからです。
故障のリスクも考慮すると、シンプルな方が良いと考えました。

何で、こんなグレードがあるの?と思う方もいると思いますが、余計な機能が欲しく無いと考える人は僕も含めて、それなりにいるからだと思います。

経済性を重視するなら、アルトと思う方もいると思いますが、ヘッドレストが分離しなかったり、エネチャージやアイドリングストップが付いてしまったり、リアワイパーが無いし、タイヤも145なので細すぎるし、高いグレードは何だかんだ言って、ワゴンRの安いグレードよりも高価になってしまいます。
スペーシアの方が広いという意見もありますが、正直、ワゴンRでも十分は広さなので、必要性は全く感じません。
座高が異様に高い方なら兎も角、ワゴンRの室内高で不満を感じる人は、あまりいないと思います。

感じ方は人それぞれですが、3年前に乗っていたダイハツMAXと比較すると、エンジン音や振動なんかは雲泥の差があります。
アイドリングストップは付いていませんが、エンジン音は全くと言って良い程聞こえいないし、ハンドルに振動も伝わってきません。

今時の車としては、前方視界も後方視界も良好で、K12マーチと比較しても遜色が無いレベルです。







乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
エコ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった35人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

たまさん8888さん

  • レビュー投稿数:254件
  • 累計支持数:928人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
15件
167件
デジタル一眼カメラ
6件
74件
デジタルカメラ
8件
14件
もっと見る
満足度4
エクステリア2
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格4

【エクステリア】
フロントデザインがいまいち好きになれません。

【インテリア】
落ち着いた感じです。ダッシュボード周りがすごく広く感じます。なので前方の見切りがあまり良くない。

【エンジン性能】
軽く踏んだだけでもスーっと走ります。加速も十分。

【走行性能】
直進安定性もまあまあ良いです。

【乗り心地】
フワフワしてます。シートは硬めなので長距離は疲れますね。

【燃費】
20は軽く超えてます。

【価格】
価格相応。

【総評】
仕事で毎日30キロくらい走ります。最低グレードですけど困ることはありません。なにより最近の軽自動車がこんなにまで走ることにビックリ。

乗車人数
2人
使用目的
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
兵庫県

新車価格
120万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

ワゴンRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sedona0018さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:80人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
スタッドレスタイヤ
2件
0件
デスクトップパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

【エクステリア】
fzの見た目は好きテールランプにこけはえやすいのがマイナス1

【インテリア】
極めてシンプル下手な高級感だすよりよっぽどいい
広すぎない狭すぎない気楽な空間
【エンジン性能】
r06aはまわしても静かls250ミラからの乗り換えなので天と地の差はあるとおもってます
【走行性能】
誰かはスポーツカーと言っているくらい優秀な走りを提供してくれました。軽さは正義!
きついカーブも安定して曲がってくれます
横風はあまり強くないのが弱点
【乗り心地】
わりとしなやか普通車と錯覚できるくらい優秀
フィーリングが自然なので
万人が気にならないレベルで乗れるとおもいます

【燃費】
22ははしりますね
ストップアンドゴー少ない場所で往復100k
メーター減らないなと燃費測り直したら
リッター30kはしりました
【価格】
中古で一年落ち7000キロオプションつけて123万

【総評】
実用的で普段使い最強
軽自動車かうならまずはワゴンR試乗してみてから他の車検討すると失敗しないかも
セカンドカーなので文句ないです。
追記
母親が先代ワゴンR(mh34)なのですが
自分のは軽自動車だけど新型はすごい
乗用車とかわらないといってました。
これ以上はないっていう完全無欠な車じゃないですが
基本的な不満は少なく気軽に使える良い車かなーと

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった20人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

クリスタベルさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】クリームケーキの様な可愛い見た目、シフォンアイボリー気に入っています。

【インテリア】ベージュの車内が明るく広々としていて、気分が上がります。
センターメーターは少し見辛いけど、それよりも7インチのポータブルナビがハンドルの前に設置できるので運転しやすいです。

【エンジン性能】新型NAエンジンとても良いです。
1800qを過ぎた辺りから、一段とエンジンが快調になりました。
力を入れなくてもスーッと滑ってくれるショッピングカートの様な感じです(笑)。

【走行性能】自分の感覚よりもスピードが出るので気を付けなければ・・・。

【乗り心地】静粛性も高いし滑らかに走ります。後席の乗り心地は不明です。

【燃費】納車から2か月半、2000q走行・エアコン有・一般道のみでリッター24.8q。満タンで650q走れます。

【価格】買い替えに際して、今時の軽は200万円という思いで臨みましたが、ワゴンRはベストバイでした。オーディオ・バックモニター・ガラスコーティングを付けましたが、これが無ければ全て込みで130万円、お買い得です。

【総評】
高速や片道100キロを超えて運転するなら普通車を選びますが、私にはピッタリの車です。とにかくお気に入り!クリーム色のドアハンドルに手を掛ける時、いつもワクワクします。

使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年7月
購入地域
福岡県

新車価格
128万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

ワゴンRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった22人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tabintyuさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:61人
  • ファン数:1人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

レンタカーでハイブリッドFXを1日借りた時の評価です。
【エクステリア】
最初見た時はなんじゃこりゃという印象だったが、1日で慣れた。
【インテリア】
シンプルで良い。
【エンジン性能】
1人乗りなら高速道路でもストレス無し。
【走行性能】
安定して良く曲がり良く走る。
【乗り心地】
特に硬くもなくマイルドな感じ。
【燃費】
超良かった。高速8割の運転でリッター27キロ超えた。
【価格】
カタログ見てビックリ。この価格なら買いだわ。
【総評】
燃費の良さが他の欠点を全て覆う。

レビュー対象車
試乗

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

納豆ラーメンさん

  • レビュー投稿数:129件
  • 累計支持数:892人
  • ファン数:4人
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格無評価
   

   

【エクステリア】
リアのテールの位置・デザインが全てを台無しにしてる。


【インテリア】
収納も多くて使いやすい。
ただセンターメーターがイマイチ。
ヘッドアップディスプレイ付ける位ならメーターは運転席の前にある方がいい。

ナビやオーディオ周辺のベゼルが分厚くて安っぽい。

リアドアの傘入れは有ると便利だとは思うけど運転手にとっては全く意味の無い位置に思う。


【エンジン性能】
スペックから想像する以上によく走る。
特に発進加速のストレスは想像より低く、時速50くらいまでは普通に加速する分にはストレスは感じにくい。

ただ60から一気に100まで加速するぞ!と言うようなシチュエーションではパワー不足は否めない。
回転数の割に加速度はジンワリジンワリ。

ストレスフリーに走るには、やはりターボは必須。


【走行性能】
背が高い分、低い車よりは特に横風に振られるが想像してたよりもマシ。

車体が軽いからなのか曲がる時も比較的素直に
スッと曲がるので癖も特に無く運転しやすい。


【乗り心地】
ひと昔前のワゴンRに有りがちな跳ねるようなヒョコヒョコする感じは無くて割とまとも。

後部座席については分かりません。


【総評】
ノンターボ車ですが思ってたよりも良く走り、視界も良くて運転しやすい車だなと思いました。

唯一のダメポイントは、やはりテールランプの位置でしょうか。
あの位置に付いてると、どうしても商用車にしか見えません。

レビュー対象車
試乗

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

天座澪一さん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:160人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア1
インテリア2
エンジン性能2
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格無評価

愛車であるデイズハイウェイスター(ターボ、先代)が長期入院となり、代車で借りたワゴンRを3週間乗った試乗レビューです。
デイズ及び車検時に借りたNBOX(NA、現行)も合わせて比較。

【エクステリア】
初代っぽい顔つきとはいうものの、アジア顔でこれが好きという人はあまりいないのではないか。
何ら特筆すべきものはありません。
室内を広くするために無理やりドアを薄く設計していて、横を通過する車の音が聞こえる上に半ドアにもなりやすく、かなり酷い。
やりすぎにも程がある。

【インテリア】
金をかけないスズキ全開の安っぽさで、デザインを放棄してるんじゃないかと思う。
センターメーター自体は好きなのだが、本当にど真ん中、更にスピードメーターが左寄りなので結局視線を動かさないと見れない。
正しいセンターメーターは、若干右寄りにあるべき。
直線基調のインパネはNBOXも同じだけど、もう少し質感がある。
デイズは軽を超えた質感で、この2台に圧勝出来るレベル。
シートに関しては、凄くよいわけではないものの腰がしっかり密着するので、疲労感が少なく長時間の運転でも疲れないことは評価したい。
問題点として、エアコンの風量が弱すぎる。
温度自体はしっかり冷暖房してくれるものの、風量がMAXでも弱くてお話にならないので、夏はかなり暑いと思われる。

【エンジン性能】
ハイブリッドはおまけにもならないレベルで、少なくとも動力源としては意味がない。
燃費稼ぎでもやってるのかな程度で、それならハイブリッド部品の交換で金が出る分を取り戻してくれないと困る。
エンジン自体は低速トルクがよく出ていて、40km/hまではしっかり動くものの、それ以上は頭打ち。
3000回転以上で唸ってくる。
NBOXはエンジンパワーこそないものの、静粛性が高くエンジンが遠くにあるように思える。
また、やや高回転型でVTEC搭載のため、回すと元気よく走るのでターボ不要。
デイズHSはターボなのでボディ剛性を振り切る破壊力があるが、かなりうるさくお話にならないレベル。

【走行性能】
ワゴンRで唯一褒められる項目。
スーパーハイトでロールが大きいNBOX、脚がふにゃふにゃすぎてどアンダーのデイズHSに比べ、アンダーが出にくくすっと曲がれるところがよく出来ている。
ハイトワゴンとしてはロールも少な目。
スポーティではないが普段使いとしては申し分なし。
純正タイヤのダンロップ・エナセーブはエコタイヤとしては軟らかめで粘る感覚があり、無駄に転がりすぎず好感触。
但し、ブレーキ性能は低いので過信は禁物。
60km/h以上からのブレーキは余裕を持って。

【乗り心地】
可も不可もなく。
ダイハツみたいにやたらハード、デイズみたいに腰砕けと言うこともないけれど、特段よいところもない。

【燃費】
リッター17km/h。
NAなんでこんなもんでしょという感じ。
デイズHSはターボなので12km/hくらい。

【価格】
代車なので未評価。
というか高かったらこの内容では買う価値なし。

【総評】
あまりにも退屈なのはゲタ車としての宿命だが、90年代の産物として価値観がそのままというのはダメだと思う。
ライバルの軽自動車が軒並み高い質感を備えてきているのに対して、対抗する術がない。
本当に経済性を求めるならアルトにするし、広さではスペーシアに敵わない。
ワゴンRの存在意義が薄れてきているのはユーザー離れから証明されている通りで、最初はゲタ車であってもGUに対するユニクロのように、安い中にも多少のプレミアをつけたポジションに変わるべきであると思う。
ママ車はスペーシアに任せて、ワゴンRはスティングレーだけに絞ってもいいのではないか。
どうしても販売台数を落としたくなければ、もっと質感を高めて付加価値をつけるべきである。
NBOXはエンジン、ボディ、インテリア、足回りなど全てが程よく連携して、「これで十分」と納得させられる乗り味。
とてもバランスがよく売れて当然という感じ。
デイズは作りが荒っぽく、見た目も内装も豪華だけどエンジンと脚が全然ダメというトンデモカーで、見栄っ張りな一点豪華主義の人には合う。
ワゴンRはそれらに対して、どんな優位性があるのか、私は書き出すことが難しい。
次期モデルでは何らかの長所を出してくれることを願う。

レビュー対象車
試乗

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

adairさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格3

【エクステリア】
前車(MH23SFXリミテッド)の、キラキラグリルあまり好きでは無かったので、落ち着いていて良いです。
【インテリア】
収納減りましたな(T . T)
ルームミラーの所のボックスと、グローブボックス上の棚は便利だったのに…。インパネトレイは置いたものが左右に動くので滑止めマットは必須かも。
【エンジン性能】
前車に比べてもっさり感。機敏では無い。
【走行性能】
坂や高速でこんなに頑張ってる感出るのか(・_・;。
【乗り心地】
まだブレーキの加減に慣れてないせいか、カクッとしてしまいます。
後席は…違い良く分からないだそうです(・_・;。
【燃費】
前車に比べて+3K/lくらい。19〜21K/l程度です。
【価格】
消費税と税金高くなってますけど、燃費良くなってるのでまぁ満足ですかね。
【総評】
乗り替えると、MH23Sって良く出来ていた車だったなぁと実感!10年大きなトラブル無く走ってくれました。まぁもうかっ飛ばす年齢でも無いのでこれからのんびりゆっくり付き合っていきます!

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年12月
購入地域
神奈川県

新車価格
133万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

ワゴンRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

明石奥人さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:62人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
2件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格2

 2004年の春に購入したKeiが15年間の年波には勝てず、車検見積もりの結果、部品の経年劣化が車体各部で指摘されました。ちなみに、車検を通すだけで法定費用込み25万、12.8万kmの走行に耐えたクラッチ交換が数万、その上に調子が悪くなったエアコンのコンプレッサー交換やエンジン内のベルト全交換etc・・・を合計すると、Keiの購入価格の半分を超えてしまうので、腹をくくって新車購入に踏み切りました。
 なお、今回のワゴンR購入に当たっては、とにかくMTの軽四という条件だったこともあり、生まれて初めて工場から直送されたタマに乗っているので、その意味でのワクワク感が未だに続いています。

【エクステリア】
 今回の購入に向けて悩んでいた時期、家内や娘はハスラー推しでした。エクステリアだけを比較するなら、ワゴンRよりハスラーの方が良いと私も認めていますが、実際に運転席に乗ってみると、身長175cmである私の場合、ハスラーでは縦方向の前方視界が狭いことが判明したことが、ワゴンRを選択した大きなポイントでした。
 また、遠くから見ても、6代続いているワゴンRの伝統を受け継いだエクステリアだと気に入っています。

【インテリア】
 居住空間は、軽四の枠内で精一杯広いと思います。前車のKeiと比較すると、前席と後席のシートピッチが広がっているのは当然として、室内の横幅も拡大し、テーブル調のインパネによる視覚的な広がりも手伝って、個人的にはゆったり感すらあります。
 ただし、FAでは室内色の設定がアイボリーしかないことがマイナスその1、居住空間確保のためトランクの奥行きが犠牲になっているのがマイナスポイントその2で、★を半分減らしました。
 あと★半分は、MTなのにタコメーター未設定であること。これはメーカーオプションで設定して欲しかったなぁ。

【エンジン性能】
 搭載エンジンであるK6AとR6Aのカタログスペックだけを比較すると、むしろK6Aの方が勝っているように見えます。しかし、実際にはワゴンRの方がKeiよりトルク感が強く、同じ坂道ならKeiより1つ上のギアでワゴンRは登ることがしばしばです。
 1人乗りの高速道において、山陽道上りの本郷〜三原久井間の連続急勾配で5速で登り切ったので、合格点を大きく超えて評価しています。

【走行性能】
 ハンドルを握って走らせた感覚を伝えると、Keiとは比較にならないぐらい重厚感があり、私好みです。
 また、コーナリングも安定しています。私は自宅近くのあるコーナーを回る際、助手席に積んだ荷物の動きでコーナリングの安定性を判断していますが、今までOKを出したP10プリメーラ・BHレガシィ・エクシーガの領域に概ね近いと判断しています。
 ただし、電動パワステの味付けが軽めでワインディングでのハンドリングに難があるため、★をマイナス1とします。

【乗り心地】
 走行性能が優れていることもあり、家族に聞いてみても乗り心地もKeiより向上しています。
 また、私には運転席のシートが合っているので、200km/日走っても疲れはエクシーガ並みでした。
 
【燃費】
 購入して半年、約8,000km走った結果ではこんな感じです。
  ・街乗り中心 20km/l
  ・郊外路or高速 23〜26km/l
  なお、エアコンを作動させると、1割程度燃費が悪化。
 これは、K6Aエンジン搭載だったkeiより2割程度改善されているので、概ね満足しています。 

【価格】
 これがもっとも難しいところで・・・。
 私はKeiと同じように15年乗り続けるつもりですが、オプションを何も付けない軽四が100万を超えるのは若干の抵抗がありました。
 しかし、現行アルトのエクステリアには夫婦揃って抵抗感が強いことや、私が以前からワゴンRというブランドに憧れていたので今回のチョイスになったのですが、それこそ「ワゴンR 税込み99万8000円」みたいな工夫ができなかったことに残念な思いです。

【総評】
 若干、厳しめの部分はありますが、MT乗りとして総合的にお薦めできるグレードと思います。
 とにかく、運転していて楽しいなと。
 身長が170cmオーバーでMTが大好きな方なら、購入する車の選択しに加えてください。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年4月
購入地域
兵庫県

新車価格
109万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

ワゴンRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった58人(再レビュー後:40人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

日本住みのかたさんさん

  • レビュー投稿数:38件
  • 累計支持数:1039人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
22件
35件
イヤホン・ヘッドホン
5件
15件
タイヤ
1件
9件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

FZ 4WD 購入してから2年半、走行距離5.5万kmしてからのレビューとなりました。

【エクステリア】
初めはいいと思いませんでしたが、見慣れるし、質感や合板処理、合理性は高水準です。しかし、リアのデザインはどうしても好きになれません。
85点

【インテリア】
もう少しコストはかけて欲しかったですが、無駄な装飾がなかったり実用性の高さはあるので十分です。前席の開放感、後席の安心感はともにクラストップです。エアコンの操作性だけは改善してほしいポイントです。
87点

【エンジン性能】
パワフルとは言えませんが軽量化の恩恵により必要十分です。静粛性と滑らかさ、ハイブリッドのモーターによるアシストで実用域の扱いやすさや加速力で言えば高水準にあります。
90点

【走行性能】
ここは特筆すべき性能の高さです。高速安定性、特に旋回性能は理解できないほどのレベルにまであります。イメージは背の高くしたスポーツカーです。ここまでコストをかけた理由は分かりませんが、とにかくロールもピッチもしにくい、ステアフィールも味は少ないものの文句なし、完璧といえる性能です。
横滑り防止装置に関しても、人間の意図を理解できています。パニックによる急ハンドルでは車両が暴走しないように減速をさせ姿勢を穏やかにしようとし、そうでないときは車両の限界性能を引き出すような制御をしてくれる。素晴らしく良くできていて、後ろから開発者が操作しているのではと疑ってしまうくらいです。
冬道に関しても基本となるシャーシやESPの高さにより他社のなんちゃってつけましたESCなどとは比べ物にならないくらい予想通りに動き、安定しています。4WD性能も他社よりも高いです。冬道におけるABSは個人的にもう少し安定性を犠牲にしても大丈夫かと思います。
100点

【乗り心地】
ボディ剛性が高いため乗り心地は良いです。以前のMH34.44Sとは比べ物になりません。
軽量化と4WD故か、リアが跳ね上がる傾向はどうしてもありますが前席にいて、目をつぶっていれば1.5Lクラスと思うような乗り心地です。ロード、パタンノイズも少ないです。
93点

【燃費】
カタログ燃費はJC08モードで30.4km/Lですが、外気温が20度を越えれば実燃費がカタログ値を越します。具体的には
片道5kmの通勤距離を往復すると25-27km/L
混み合った市内走行すると27-29km/L
市内を走行すると28-32km/L
郊外を走行すると32-38km/L
いずれもメーター読みですがメーター誤差±2%です。最高記録は38.4km/L(郊外片道50kmを往復)。
燃費に関してはハイト系の軽自動車であれば現在トップです。雑誌などではムーブやN WGNより低い数値となってることがありますが、他社のメーター誤差が+10%程度であるからです。
ただ、燃費のために扱いにくくなっているところがあったりしているためそこは改善してほしいです。具体的には回生ブレーキ。
95点

【価格】
宣伝目的だけになるような無駄な装備はつけず、必要なものだけを装備としているからできる価格設定です。性能等考えればライバルはほぼ不在と言えるでしょう。個人的にはターボモデルのFTがあればさらに良いです。
93点

【総評】
レビューでの評価は高いと言えませんが、改めて信用にならないと感じています。他人のレビューは無視し、軽自動車の主要車種全てを試乗し、購入に至りましたが今でも買ってよかったと感じています。評価の低いレビューがありますが雑にレビューしたり、生半可に評価したと断言できるくらい、現行ワゴンRはおすすめできます。長く使えば使うほど良さが分かる、そんな一台です。

総合94点

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
岩手県

新車価格
147万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

ワゴンRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった144人(再レビュー後:64人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

しおせんべいさん

  • レビュー投稿数:41件
  • 累計支持数:261人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
1件
114件
バックアップソフト
2件
53件
タブレットPC
1件
41件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地5
燃費4
価格5

平成14年式のワゴンRを手放し、新古車を格安で購入して1500km@1.か月半の感想です。

【エクステリア】
最近の高さ1700mm以上の規格一杯の真四角な車と比較し、無理した感じが無く自然なスタイルだと思います。
とくに黒いフロントグリルは好きです。妙に銀色のグリルや塗装と同一色のグリルは好みではありません。

【インテリア】
センターメーターがどうかな?と思っていましたが、2週間も乗れば違和感なし。
スピードメーターはやはり針式がいいです。視野の端っこに入っているだけで大体速度がわかりますので。
細かいところでは、カードホルダーが前車ではサンバイザーに有って便利だったのが、フロントの四角い穴?になってしまい、どうして?と感じました。
荷室の床下収納?は工具やブースターケーブルなどを入れておけるので便利。

【エンジン性能】
前車はトルコンだったのでCVTの快適さを満喫。キックダウンが無いことや、タコメーターは無いですが、エンジン音から
明らかに前車より回転数が低く抑えられているようで、低く静かなエンジン音が響きます。

【走行性能】
エンジンブレーキが良く効きます。同じ下り坂でブレーキを踏む頻度が前車より明らかに半減しました。

【乗り心地】
通勤に使っているので一人で乗っていますから広々。通勤は片道20kmですが、まったく腰も肩も凝ることがなく、
帰り道は寝そうになります。

【燃費】
エアコン全開で走って平均19.8km/l。エコポイントがいつも98点以上でこの程度。20kmの道のりに信号が6回しかなく
しかも大体青なので、ほぼ定値燃費状態。エアコンが要らなくなれば、20kmをクリアするでしょう。

【価格】
本当に79万8千円で走行距離4kmの品物を買ってしまいました。普通に新車同様のメーカー保証つき。

【総評】
10年あまりの技術の進歩に驚くばかり。エンジン音が軽自動車とは思えない低さ、静かさ。
カーブでふらふら揺さぶられることもなくなり、高級感を感じています。
前車が、ウインカーがリレーでカチカチ鳴っている世代のものでしたので、同じ車種とは思えません。
普通2輪車くらいの値段で、エアコン完備4人乗りでコスパは素晴らしいです。
ウインドウォッシャー液の噴射が前車より弱くなって、それが唯一不便を感じます。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年7月
購入地域
京都府

新車価格
109万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

ワゴンRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tsuka880さん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:571人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
10件
440件
スマートフォン
2件
3件
タイヤ
1件
3件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

この度両親がクルマを買い替えたのでちょい乗りレビューします。
比較対象は新車から11年乗ったAZ-ワゴン4WDのMTです。
まず、今や選択肢が少なくなってしまったMT車ですが、その少ない需要に応えるスズキの姿勢は良いと思います。
高齢者の仲間入りしている両親なので乗り慣れているMTしか候補に上がりませんでした。
外装デザインはまぁ可もなく不可もなくと言ったところで派手さは無いですがかえって飽きも来ないのではと思います。
内装は気になっていたセンターメーターですが、やはり慣れがいるのと、タコメーターは欲しかったですね。
センターメーターにして、ドライバーの前を平たくしているのに小物入れも無いのはいかがなものかと、今後に期待したいです。
内装もそれなりなので高級感は無いが道具として見れば全然オッケーです。
走行性能は当然と言えば当然ですがかなりの進化が見られました。
エンジンも新しく、車体も軽量化しているので出足もよく、峠の登り、高速道路のキツイ登りでも楽に走るのには驚きました。
前車と同じコースをエアコン回して大人4人乗って走ってみたがほぼストレスは感じませんでした。
乗り心地もリヤサスのバタつきが格段に減ってとても快適そうで、エンジンノイズ、ロードノイズ共に上手く抑え込まれて全然イケるじゃんというのが率直な感想です。
ただ、クラッチペダル操作で繋がるポイントが少し上気味なのでもう少し踏み込んだ所で繋がるともっと操作しやすいかなと感じました。
アクセルとブレーキの踏み間違い事故が多い昨今、誤操作してもすぐにリカバリー出来るMT車の存在をもう一度見直す時期に来ているかもしれませぬ。
FAと言うグレードはワゴンRの中では必要最低限の装備しかありませんが、MTを選択できると言う特長もあります。
ある程度は割切りも必要ですがMT車の少ない選択肢の一つに加えても損は無いと思いますよ。

乗車人数
2人
使用目的
その他
頻度
月数回以下
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
長野県

新車価格
120万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

ワゴンRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった26

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

ワゴンR 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

ワゴンR 2017年モデル
スズキ

ワゴンR 2017年モデル

新車価格:109〜154万円

中古車価格:42〜161万円

ワゴンR 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <351

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ワゴンRの中古車 (全6モデル/14,421物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意