スズキ ジムニーシエラレビュー・評価

> > > > レビュー・評価
このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > ジムニーシエラ

ジムニーシエラ のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
ジムニーシエラ 2018年モデル 4.50 自動車のランキング 38 11人 ジムニーシエラ 2018年モデルのレビューを書く
ジムニーシエラ 2002年モデル 4.80 自動車のランキング 5人 ジムニーシエラ 2002年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 3人 -

ジムニーシエラ 2018年モデルの評価

評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.80 4.34 14位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 3.81 3.93 102位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 3.61 4.13 133位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 3.81 4.21 124位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 3.81 4.05 109位 乗り心地のフィーリング
燃費 3.34 3.89 137位 燃費の満足度
価格 4.56 3.89 8位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:49人
  • ファン数:9人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
659件
レンズ
3件
157件
デジタルカメラ
0件
129件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費4
価格5
   

   

納車後1ヶ月強乗ってのレビューです。
「何と比べるか」「何を基準にするか」で採点が大きく変化する、評価が非常に難しいクルマですね。
クロカン車は初めてのにわかジムニー(シエラのAT)オーナーですので、近年乗った車や現在所有しているいわゆる普通の車(SUV、輸入セダン、軽ハイトワゴンなど)との比較が主となります。

■■ エクステリア ■■
これに惹かれて購入を決めたようなものです。
ギラギラグリルのミニバンや、派手なスポーツカーなどが気恥ずかしく感じられてしまうこの頃、肩に力の入っていないジムニーの「四角いのにどこか緩い」印象が、コンパクトなサイズ感とあわせて非常に好ましく思えます。


■■ インテリア ■■
正直安っぽいです。デザインもたいした事はない。
ですがそれがジムニーの「道具感」を増していて、決して悪くありません。

とはいえ軟弱なジムニーオーナーとしては、実用的な面で高い点は付けられないところでもあります。
シートリフターはぜひ欲しいところですし(座高が非常に高い私はシートを2cmでも下げたい。信号が見えないので)、やはり体型的な問題からテレスコピックが付けば即買い替えたいくらいです。
細かい事ですがドリンクホルダーはもっと使いやすい場所に欲しいですし、クルーズコントロールを付けるなら追従型にしてほしかった。

室内は広いとはいえませんが、垂直近くに立つサイドウインドウのおかげで圧迫感は感じません。
積める荷物の量も、2人乗りと考えれば十分です。
助手席側は前から後ろまで結構フラットにできますが、悲しいかな身長187cmでは足をのばして寝ることはできません。


■■ エンジン性能 ■■
自分が過去所有した20台ほど車の中でもっとも遅いですが、トシをとったからか、必要十分と感じています。
ATが今どき4速しかない事にやや躊躇しましたけれど、後述する理由により高速では90km/h程度で巡航するのが楽という事もあって実用上さほど問題なし。
山道では頑張ってる感が多分にしますが、ちゃんとのぼります。
MTであればさらに歯痒さを感じることはないでしょう。でもトランスミッションの選択は人と使い方次第。MTでもATでもそれぞれに良さがあるはずです。


■■ 走行性能 ■■
オフロードに限れば星5つに違いありません。
が、その機会はまだなく(腕もなく)、オンロードのみでの評価として星3です。
本来ジムニーはこうした評価をすべき車ではない事を重々知った上で恥を承知で書きますと、高速道路での直進性は現代の車とは思えないほど低いですし、ボール循環式という構造からくるハンドリングは非常にダルなものです。
もっとも、これらは悪路走破性能とのトレードオフでしょうから、単純に「悪」と言うつもりはありません。


■■ 乗り心地 ■■
きれいな路面では意外なほど乗り心地は良好です。
しかしながら高速では風にもうねりにも弱く、それがある種の緊張をともなうため広義での「乗り心地」評価を下げることになりますし、一般道路でも舗装が一部荒れて小さな段差があるような場所ではリジッドサスらしい突き上げもあります。
また、ラダーフレーム&ボディマウントからくるものでしょう、独特の「ゆすられ感」があります。

なお標準装備のタイヤ(BS DUELER)は意外なまでに静粛性が高いです。乗り心地にも貢献しているだろうと思います。外観重視でオールテレーンタイヤに交換したいところですが、この点がおそらく著しく劣るだろうと考えて実現できていません。軟弱で申し訳ありません。


■■ 燃費 ■■
満タン法での計測はしていませんが、メーターの燃費計で一般路11?13km/lあたりでしょうか(AT)。車の性格を考えれば十分です。

■■ 価格 ■■
人気が出たとはいえ、そもそもが絶対数をそれほど見込めるジャンルの車ではありませんし、他車種で使い回せる部分も多くはないはずですから、バーゲン価格と言っても良いくらいだと思っています。

■■ 総評 ■■
あくまで舗装路の上に限ってのことですが、しばらく乗ってみて、どこか1980年頃までの車(昔乗った中古車)を思い出しました。
エンジンもミッションも乗り味もノイズも、たいへん懐かしい感じ。悪く言えば古くさい。

しかし、この車は悪路を走破する事が本来の目的であるはずです。
私のような者がその本領を発揮させる事は、残念ながらほとんどないかもしれませんが「実はそういったポテンシャルを持った車なのだ」、「やればできる子」と密かな悦に浸ることのできる車です。
200万円そこそこでこうした楽しみが手に入る車が、現在どれだけあるでしょう。
そう考えるからか、上記したドタバタ感とも言える特徴も短所とばかり言い切ることはできませんし、むしろそれを楽しんでいる自分に気付きます。

気取らず気張らず、隣にどんな車が止まっても、たとえ舗装道路しか走らなかったとしても、たとえ高速はずっと左車線キープだったとしても、おおらかな気持ちで乗れる素敵なクルマです。
それぞれの点は低くても、気持ちを含めた総合点は星5ですね。

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年12月
購入地域
熊本県

新車価格
201万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

ジムニーシエラの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

もみこたさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
13件
PCトラブル相談
0件
1件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地4
燃費3
価格無評価

一通り高速や街、林道などを走ったので簡単なレビュー

エクステリア
オーバーフェンダーは実際より大きく見えてジムニーとは性格が違う雰囲気になります。軽の車体とほぼ共通とは思えなくなります。

インテリア
プラスチックが多用されていますが安っぽいとは感じづらい質感です。革などの高級感より一眼レフの高級感に近いイメージです。また、メーター周りが四角になっていたり、助手席側に両手で持てるバーがあるなど道具のような内装は車の性格とあっていると思います。

荷室は4人で乗ると買い物すら怪しいです。後部座席は天井と膝前がそこそこ空いてるので閉塞感は感じませんが長距離の旅行などはせいぜい3人かなという印象です。そのかわり後部座席を前に倒せばフラットになり、組み立て前の椅子や机など運べる程度には広くなります。開口部が四角いので入れやすいですが車高が高いので特別取り出しやすい訳ではありません。

収納は少ないです。車検証や三角板など入れたらもういっぱいです。

エンジン性能
坂で踏んだ時思ったより進まないなと思うことがありますが、高速などではパワー不足を感じることは少ないです。飛ばす人は不満に思うかもしれません。

走行性能
ジムニーの乗り心地をイメージして覚悟していましたが拍子抜けするほど悪くはありません。
気になった部分として
・車高が高いことによる急カーブで遠心力をとても感じること
・片側だけ凹んだ道路で左右に揺さぶられる
最近のミニバンやSUVと比較してこの部分でジムニーらしさを感じました。

その他の本格四駆と比べて安く、一人や二人では一通り日常生活やレジャーをこなせるので見た目と本物が欲しい方は買って後悔はしないと思います。乗り心地は試乗で試すべきとは思いますが。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年11月
購入地域
新潟県

新車価格
201万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

ジムニーシエラの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

安くて結構!さん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:483人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格5

先代よりワイドフェンダーが良く似合っています。

ドアミラーを格納するとフェンダーとほぼ同じ幅になります。

上下に狭い視界ですが、水平なウエストラインのため車両感覚は掴みやすいです。

一体化したサイドアンダーミラーで前輪脇・後輪脇が見えますが、小さすぎ!

対向車がいないのにハイビームアシストでハイビームにならなかった所です。

手動でハイビームに切り替えると、こんなにも明るいLEDヘッドライト。

2018年式のジムニーXC・4AT車(以下64)とジムニーシエラXC・4AT車(以下74)を乗り比べました。同じ文章で失礼します。

【デザイン】

 先代シエラはいかにも“取って付けた”かのようなオーバーフェンダーでしたが、今回は64に“剥がされた”感じがします。

 ブリスクブルーメタリックは昼に“目立ち”夜に“隠れる”色ですね。シフォンベージュは昼も夜も目立ちはしないが“居るのが分かる”色でした。

【視界】

 フロントウインドシールドはかなり角度が立ちました。停止線の少し手前で止まらないと、信号が隠れてしまうことがあります。

 ボンネットの左先端はワイパーの下に位置するので少々見づらいです。

 左ドアミラーは左後方と左側の前後輪脇が同時に確認できるのはいいのですが、特に前輪脇を見るアンダーミラーが小さすぎます。

 ウエストラインは水平で低く、左側面をすり抜けてくる自転車も良く見えます。ホイールベースの中央に着座するので前後どちらも距離感が掴みやすいです。

 なお、純正オプションのバックカメラはスペアタイヤよりも低くて手前に設置されるため、目線が低すぎてドアミラーとは極端に距離感が異なります。モニターではまだまだ距離があるように映るのですが、そのまま下がってしまうとカメラより上にあるスペアタイヤをぶつけるでしょう。

【運転姿勢】

 座面のホールド感が向上しお尻が痛みにくくなりました。ハンドルチルトは調整幅が狭く、ハンドルの操作性というよりメーターの視認性を合わせるためのものという感じです。先代は座面を最後端まで下げましたが、64・74は後ろにまだ余裕が残ります。

 アクセルペダルが一般的な乗用車のより右寄りにあって踏みやすいです。ついでにブレーキペダルももっと右側に配置して欲しいです。足元左側には余裕がなく、MT車だとクラッチペダルを踏んでいない時、左足をどこに逃がそうか困ります。アクセル・ブレーキ・クラッチ、全てのペダルが踏みやすい座席の位置ってなかなか無いので、64・74の場合、右ハンドルのAT車が一番座席の位置を合わせやすいと思います。

【後席・フルフラットシート】

 後席は膝の前に6cmほど空間ができました。座面のクッションも適度に弾力がありますが、後席は前席よりも中央寄りにオフセットしているので運転席の座面の下に潜り込ませる足首が左右で違う角度になり、着座姿勢が良くありません。

 フルフラットシートですが、前に倒した後席シートバックの硬さよりも寝かせた前席の背もたれと座面の“く”の字段差の方が寝心地に影響します。仮眠程度なら、荷台に1枚のマット、“く”の字段差に丸めた1枚のマット、まくらの3点があれば足りますが、熟睡したいなら助手席部分は完全に平坦にしたいです。

【乗り心地】

 前後リジッドアクスルなので、前軸・後軸別々に拾う凹凸により上体が常に揺さぶられます。74は腰を軸にして上体全体が緩やかに揺れますが、64は揺れに備える余裕もなく頭の天辺までいきなり揺れます。ロール剛性も10km/h以上74に分があります。サスのチューニングとかもあるのでしょうが、13cmのトレッド拡大と2cmのタイヤ拡幅がこんなにも余裕を与えるとは思わなかったです。

【ハンドリング・ブレーキ】

 ハンドルから手を離してもしばらく真っすぐ走るFRの気持ち良さは健在。ステアリングダンパー装備で、路面からハンドルへのキックバックも減ったし、切り始める前に適度な重さがあるのも好印象。ただし、コーナリングで大きくハンドルを切って戻すときに、ラックアンドピニオン方式よりやや応答遅れが出ます。

 ハンドルを切った際にドアに肘をぶつけることがなくなりました。でもパワーウインドースイッチはもう少し高所に設置して欲しい。

 ブレーキの応答性・アシスト力も向上し、一般的なクルマに近づきました。

【動力性能】

 64の4速は1,800回転で約50km/h、3,000回転で約80km/h。高回転はJB23に負けますが、全域で静かになりました。カーブの多い道では、ロールの大きさとボールナット方式の応答遅れが気になり、高速道路では風圧による挙動変化とエンジン音が気になるので、精神的に速度を出せるクルマじゃないです。唸りを上げますがJB23のヒュイーンというタービン音は聞こえません。意外にオーディオの音もちゃんと聞こえました。

 74の4速は1,800回転で約65km/h、3,000回転で約100km/h。74は100km/hから先もジワジワ加速していきます。150km/hぐらいまで伸びそうな感じがします。同じ速度で巡航するために踏み込むアクセル量は当然74の方が少なく、回転も低く、音質も4気筒ならではの滑らかさがありますので、快適性は大きく上がります。そしてエンジンやロール剛性以上に直進安定性が高いです。

【燃費】

 高速道路50kmを含めた約300kmを走行したところ満タン法で64が12.7km/L、74が12.6km/Lとなりました。ちなみに途中で車中泊をしたのでエアコンを24℃に設定して6時間もアイドリングしています。音量・音質共に74の方が静かで振動もだいぶ少ないので車中泊派には74がお勧めです。

【改善要望】

 セーフティサポートは自動運転への過渡技術です。これに救われるようでは免許を返納した方がいいレベルです。特にクルーズコントロールは車間距離が詰まっても設定速度を保とうとして先行車に異常接近したのに減速しないどころか警報すら鳴らなかったので、すぐに使用を中止しました。

 賢いATですが、2・3速が開き過ぎ。シフトショックは意外にも74の方が大きかったです。シフトレバーはゲート式の方が良かったです。ストレートだと勢い余って“L”まで行ってしまう。

【総評】

 快適性が向上してもやはりジムニーはジムニーです。横揺れが多いクルマの性格からして64は必要十分な動力性能ですが、それでもNA軽レベルなので覚悟が必要です。74ならエンジン以上にスタビリティが向上するので、一度74を味わうと64には戻れなくなるでしょう。小型車の高維持費が本当に憎いです。

比較製品
スズキ > ジムニー 2018年モデル
レビュー対象車
試乗

参考になった25

このレビューは参考になりましたか?参考になった

H1&ショコラさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:94人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

軽ジムニーXCのMTを試乗し、その出来栄えの良さに欲しくなりましたが、納期の長さに躊躇していました。
その後、シエラATを試乗できる機会があったので、レビューします。

【エクステリア】
軽ジムニーと同じく、オフを走る車の機能美いっぱいです。
オーバーフェンダーがちょっとと思っていましたが、乗ってみて安定性の高さ、これはトレッドの恩恵?と考えると
これも機能美と思える様になりました。

【インテリア】
すっきりして、便利機能もいっぱい。昔のジムニーじゃないよ!って感じで良いと思います。

【エンジン性能】
軽ジムニーの以外な爽快な走りにびっくりしていましたが、シエラは更に余裕を感じます。
自然吸気で1500ccだから当たり前と言えばそれまでですが。

【走行性能】
以前のシエラは軽ジムニーにロードクリアランスから見ても、悪路走破性は劣るイメージがありましたが、
このシエラはちょっと違いますね。
エンジントルクや僅かな増加に押さえた車重、ロードクリアランスから見ても、オフで劣るのは狭い所を通り抜ける能力だけって感じです。
高速走行は、やっぱり1500ccですね。

【乗り心地】
これは軽ジムニーでも感じましたが、サスとダンパー設定が絶妙です。リジットサスのオフロード車とは思えません。
高速・オンロードで、独立サスのSUVや乗用車と比べちゃだめですよ。違う能力が秀でているのですから。

【燃費】
試乗ですから・・MTならそこそこ良いと思います。気にしないけど。

【価格】
軽ジムニーとの価格差20万?バーゲンプライスかと

【総評】
納期は、軽ジムニーより長い1年半以上・・・でも、即決しMTのJCで衝動的に契約しました。
面白くて、長く愛せる車だと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった53

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kiviepoさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3

ダラダラと書いてます。ご容赦下さい。JCのMTとATを試乗しました。ジムニーシエラは初めてです。デザインに惹かれて試乗したものです。完全なクロカン車で乗り心地は期待できないものと思っていましたが、意外に乗り心地が良く驚きました。ちょっとした段差をガタゴト拾う所はありますが、ほとんど気になりませんでした。MTは相当久方ぶりでしたが、パワーは普通に運転するなら必要十分。AT車も同様。ただ久方ぶりだったためか、MTは運転の仕方で乗り味がもっと違うんだろうなと、運転意欲が増しました。クロスビーも試乗しましたが、走り出しや加速感とかいわゆる街乗りの楽しさ感はクロスビーの方ですね。車の性格ってやはりありますね。室内は結構洗練されている印象です。シートの座り心地も良い。慣れて無いせいかメーター類は見難く感じました。ステアリングの位置をもっと調整すると違うのかもしれません。フロントやサイドはとても見やすいと思いました。荷室も広く使えるようによく考えられてます。ただ自分にはミニバスケットとか装着しないと足りないかな。ギアですが、4Hには中々入らないようです。MTの販売店のお兄さんはぐっと入れてましたが、ATの方は販売店のお姉さんがどんだけ頑張っても入りませんでした。私もやりましたが、入らず諦めました。そんな所もありますが、是非欲しいと思わせる車でした。しかし納期は1年待ちとの事。ジムニーは9ヶ月。驚きです。今回はジムニー4割、シエラ6割と思わぬシエラ人気とのことでした。

レビュー対象車
試乗

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

はつきんぬんさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:472人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地4
燃費3
価格4

【エクステリア】
この車の一番の特徴と言ってもいいでしょう。
機能美を追求したデザインは、めちゃくちゃ素晴らしいと思います。
どんな世代にも愛されるデザインで、かつ長い間色褪せないデザインだとも思います。
長く愛することができる車ではないでしょうか。

【インテリア】
エクステリア同様、無骨な感じがいいですね。
ただ気になったのはステアリング。
細くていたって普通のステアリングなので、ジムニーらしくない感じがありました。
もっと太くて角ばったようなステアリングでも面白かったのではと思ってしまいます。

【エンジン性能】
新開発の1.5L自然吸気エンジンが搭載されていますが、ちょっと力不足を感じる場面が多いです。
街乗りで20~30km/hから加速する場面でも、かなり頑張っている感じが出てしまいますね。
個人的にはクロスビーに搭載されている1.0Lターボとマイルドハイブリッドを搭載して欲しかったです。
マイチェンとかで搭載されないかなと密かに期待。

【走行性能】
オンロードでの走りはどうかなと思いましたが、剛性感がなかなか高く、安定して走れる車ですね。
ステアリング操舵性に関しても、基本的には扱いやすくいい感じかなと思います。
ただ、自分が思ってるよりも車が膨らんで曲がる傾向を感じました。
操舵性が高い車に乗っている人が乗ると、少し違和感を覚えるかもしれません。

【乗り心地】
乗り心地が案外よくて驚きました。
段差の乗り越えなんかでは、結構車体が揺さぶられることには揺さぶられるのですが、
剛性が高くフラフラした感じが出ないのと、入力に対してマイルドに吸収してくれていて、ガツンとした感じが来ないので、
オンロードでもある程度快適に運転できる車に仕上がっていると思います。

【価格】
デザインだけでもこの価格以上の価値はあると、個人的には思っています。

【総評】
とにかくデザインセンスが素晴らしいです。
この車は長年、たくさんの人から愛される車になるのではないでしょうか。
デザインだけで買うというのも全然アリじゃないかなと思っています。

補足:詳細レビューや写真をご覧になりたい方向け
https://tmhshiroto.com/drive_jimny_sierra_2018/

レビュー対象車
試乗

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

厳選賭け流しさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:457人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費無評価
価格5

ジムニーシエラ4ATの試乗インプレッション

【エクステリア】
シンプルで機能美に支えられた経年劣化しない色褪せないエクステリアデザインです。
何より外付オーバーフェンダーが男心をくすぐります。

【インテリア】
エクステリアと同様、シンプルで機能美に支えられたインテリアデザインです。
何より副変速機が男心をくすぐります。

【エンジン性能】
現代のエンジンらしく静粛性も高く低速トルクもある実用性の高いNAエンジンですが、個人的には燃費と力強さを兼ね備えたディーゼルエンジンを搭載した車種を待望します。

【走行性能】
視界が良く、のんびりと走りたくなります。
他車がいない早朝の林道を自由奔放に駆け抜けてみたくなります。

【乗り心地】
軽ジムニーのプラットフォームを使用しているとは思えない重厚で硬派な乗り心地です。
ステアリングダンパーが装備されたことは朗報です。

【燃費】
燃費と力強さを両立したディーゼルエンジンを待望します。
是非、マツダのクリーンディーゼルとコラボして下さい。

【価格】
独自のプラットフォームを採用しながら、この価格で提供できるのはスズキだけです。

【総評】
世界にライバル車のいない唯一無二の存在。
林道走破やアウトドアなど妄想が広がる楽しいクルマです。

レビュー対象車
試乗

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

noriXXXさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費無評価
価格4

ジムニーシエラMTを試乗してきました。
シートに座ると目線の高さがまず良いですね。あと見た目は最高です。

自分が今乗っているスイフトRSTに比べると、室内騒音は少し多めです。
パワーは1500あるので、街中ではまったく問題ないです。
軽のATも試乗しましたが、あきらかに遅い車でした。

意外にもMTのシフトフィールはショート目で、気持ちよくシフトできます。
ただハンドリングは少し柔らかめで、おそらく高速の直進性は良くないのでは?
と思われます。
あとハンドルを切ったあとの戻りが遅いので、少し焦りました。

相対的に魅力にあふれた車ですが、やはり本格クロカンなので
本当に好きな人、家族では乗らない人が買うべき車ですね。

レビュー対象車
試乗

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ハンス99さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:104人
  • ファン数:1人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格5

フォレスターと交換にJB23を手放して2年、またジムニーに帰ってきてしましました。手元のベッキーのアルトが母親免許返納に伴い日常用の車が乗用車タイプである必要もなくなったこともありますが、特に車を買い替える気もなかったのに、たまたま目についたジムニー新型の記事に惹かれ床屋帰りにディーラー寄って一目惚れ。車高が若干高くなったので自宅車庫に入るか実車で確認し、本日契約書にサイン、かみさん名義での購入です。SUVが2台になってしまいましたが、狭い林道を行く山行にはフォレスターはでかすぎるので、やはりジムニーサイズが日本の山にはベストフィット。遠方にはフォレスター、近場はジムニー、かな。

【エクステリア】 この日本サイズのレトロなクロカンデザイン、良くやってくれました!JBのシエラはバランスが今一に感じ軽を乗っていましたが、新型ではシエラのオーバーフェンダー、ワイドトレッド、ワイドタイヤが小さくても迫力のあるクロカンデザインを一層引き立たてていると思います。

【インテリア】 JBよりは改善したほどほどの質感、武骨さがいいですね。シートリフターがなく、ダッシュボードがそれなりに高い位置にあるので小柄なかみさんにはちょっと不便。リヤシートを倒すと、小さいカードルームからフラットな荷室床がつくれるのは、JBからの進化の◎ポイント。登山道具やスキー道具が積みやすそう。ゴルフバックも横に積めるとあるが要検証。フロントシートとリアシートがフラットにできるのも地味にありがたい。

【エンジン】 ラダーフレーム、リジットアクスル、パートタイム4WDとならび伝統のローテクジムニーに相応しい信頼のスペック。JBの3気筒ターボのそれなりの騒々しさから、4気筒1.5Lのゆとりに期待。

【走行性能】 軽ターボバージョンしか試乗できませんでしたが、驚くほど静か(JB比較で)、乗り心地も格段に改善していました。JBではマンホールを乗り越えるのが苦痛でしたが、これならあまり気にしなくてすみそう。

【燃費】 ハイブリッドでもないので燃費はほどほどとしても、40Lのタンクはもう少し大きくしてほしかった。スズキはどの車種もタンクが小さすぎますね。

【価格】 個人的にはバーゲン価格感があります。

【満足度】 いつ納車されるか皆目見当つかず。納車されたらまたレビュー更新します。

レビュー対象車
試乗

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sphinx roseさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格5

【エクステリア】
個人的には可もなく不可もなく、といったところです。
後部正面〜斜め後ろからが一番かっこいいと思っています。


【インテリア】
これも好みの問題ではないでしょうか。小生が普段使用している車と比べるとかなりしょぼいですが、、、
後席はあるだけで使える代物ではありません(狭すぎる)。


【エンジン性能】
非力。アクセル踏んでも騒がしいだけで全然加速しません。ただ、スピードを求める車ではありませんので。


【走行性能】
エンジン性能と同様ですが、ハンドリングやら加速など走る楽しさを求める車ではないと思います。
個人的には怖くて高速道路は走れません。ブレーキも不安ですし。
ただし、、、、オフロードでは無敵です!


【乗り心地】
国産小型車の車高が上がったような感じです。乗り心地が良いとは思いませんでした。


【燃費】
10km/gくらいではないでしょうか。趣味の車だから燃費にこだわってはいけないと思います。
ランクルの2倍は走ります。


【価格】
高いとは思いません。趣味の車なんで。
ランクルに比べたら維持費もかかりません。


【総評】
好きな人にはたまらない車でしょう。
遅いとか燃費悪いとか、内外装のチープさなんてどうでもいいんです。
セカンドカーやサードカーとして購入する人も多いようです。
色々酷評しましたが、ジムニーは好きな人またはジムニーが必要な職業の人が買う車です。
個人的にはランクルやジープラングラーより全然好きです。
今の時代にこんな車を世に送り出してくれたスズキは本当に素晴らしいと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

mybloさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:128人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費4
価格5

【エクステリア】
「ジムニーは古臭い?」
最近流行りの丸みを帯びた流線形なSUVばかりの中で突如現れた角ばった車体+丸目ライトという20-30年前からタイムスリップしてきたようなデザイン。
個人的には大賛成なデザインで、これを待ってました!って方は結構居るのではと思います。
古風ながらも普遍的なデザインはGクラスやディフェンダーなどでも同じく長年に渡り形を殆ど変えずに生産されてきました。
ジムニーも同様に形を変えないスタンスで生産され続けて欲しいです。


【インテリア】
「ジムニーは狭い」
これが大前提ですので収納にこだわる方は買ってはいけません!リアシートは飾りですから爆
バックドアを開けた瞬間思わず笑ってしまうと思います。リアシートとバックドアがほぼくっついていてカーゴスペースが10センチ位しか無いので笑

デザイン的にはさっぱりとしていて実質堅剛、機能美に溢れる飽きの来ない長く付き合っていけそうな内装です。
そもそもこの車は内装にこだわって買う車ではないので、内装に拘りたいのであれば他社SUVの方がいいと思います。


【エンジン性能】
「ジムニーは遅い」
これが大前提ですので速さを望む方は買ってはいけません!
そもそも猛加速しながらキビキビ走らせるような車ではないので、街中を流れに乗って走らせる分には十分な性能です。

ところで最近のエコカーは燃費重視のマッピングのせいか、燃費を気にしながら走っていると流れに乗れずに周りに迷惑をかけてしまったりします。(最近やたら加速するのが遅い車が多くなったのはこのせいだと思っています)
そんな中このシエラは燃費に思いっきり振られているわけではないのでアクセルを軽く踏んだだけでスムーズに加速してくれます。
レギュラー仕様でパワーが若干控えめになっていますが、その分フラットトルクで乗りやすくて悪路走破時にも急激な挙動にならないように設定されているみたいでとても運転しやすかったです。
レギュラー仕様なのもポイントが高いです。(海外山奥などハイオクが手に入りにくい地域でも乗れるようにの配慮でしょう)


【走行性能】
「ジムニーはほぼオフロード専用車」
要するにアスファルトの道路で性能を語る車ではないのでそれを気にするなら買ってはいけません!
アスファルトではない未舗装路を走る車だと思った方がいいです。

電動パワステの反応が軽すぎるかもしれません。慣れれば問題ないですがはじめは効き過ぎて急ハンドル気味になったりします。
太めのATタイヤを履かせたら丁度良くなるかもしれないですね笑
但しこれも悪路走破時に重くなるハンドル操作を想定した作りだと思うと納得です。過剰なスピードを出さずに、曲がる際はしっかりブレーキを掛けて速度を落として走行すれば全く問題ない点です。

それとブレーキもちょっと効きが甘めなのでパッドやローターを強化した方が安心できると思います。


【乗り心地】
「ジムニーは乗り心地が悪い」
これが大前提ですのでここが譲れない人は買ってはいけません!
ラダーフレームなので、いわゆるトラックのような乗り心地です。これも悪路走破性の為なので仕方がないです。
一般道も高速も制限速度で走り急ハンドルなどをしなければ言うほど悪くはないはずです。

ジムニー(シエラ)は乗用車だと思って乗ると痛い目を見るのでトラックだと思って乗れば不満も抑えられるのではと思います。


【燃費】
「ジムニーは燃費が悪い」
これが大前提(以下略)
今時の低燃費の車の半分程度ですが、これも悪路走破性の為なので仕方がないです。


【価格】
「ジムニーは高い?いやむしろ安い?!」
国産でこのサイズで、ここまで硬派な本格クロカン四駆はこの車しか無いので、多少高めなのはしょうがないでしょう。
むしろ現在の衝突安全技術や機能をつけている分お得に感じてしまいます。
そしてジムニーもシエラもリセールバリュー良く殆ど下がらないので乗り換えの際に相殺されると思いますし。


【総評】
「ジムニーは乗る人を選ぶ!」
今回の新型シエラ(ジムニーもですが)は見た目で買ってしまう方が多いと予想されます。そのくらいカッコいいです。
しかしながら他のSUVと同じような感覚で所有しようとすれば後悔する方も結構居られるのでは?と思います。
ジムニー経験者はいいのですが、初めてジムニーを買おうとしている方はできればレンタカーなどでじっくり試乗
したほうがいいでしょう。

タイトルの通り「全ては悪路走破性の為に」作られている車ですので、乗る人を非常に選ぶ車です。別のベクトルとしてはホンダのS660などもそうですね。万能ではないけど、何か一つの為に特化させたスペシャルな車。何度もしつこいですがジムニーは悪路走破の為、S660はスポーティな走りをする為。

そこを理解した上で所有すれば満足度が高くなると思います。

燃費が悪くたっていい。
乗り心地が悪くたっていい。
物が載らなくなっていい。

ともすればジムニーは最高の相棒となって応えてくれる事でしょう。

レビュー対象車
試乗

参考になった63人(再レビュー後:63人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スターアローさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
UQ WiMAX モバイルデータ通信
0件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格3

スズキディーラーより実走行1000kmの極上中古車を購入したので、
レビューします。

【エクステリア】
張り出したオーバーフェンダーと大型バンパーにより、ドッシリと
押し出し感を感じさせるデザインが気に入っています。
フルモデルチェンジが近いですが、現行デザインが好きで8月に
購入しました。

【インテリア】
ジムニーもここまで質感が上がると何も不満はありません。
ナビの位置が少し低過ぎるくらいでほぼ満足しています。
快適装備はシートヒーターくらいですが、ジムニーに乗ってオートライト
とかオートワイパーって、無くても特に問題無いじゃんって思いました。

【エンジン性能】
1300ccのエンジンはパワフルではありませんが、
必要十分な力は有りますね。
一般道では、エンジン音も静かでとてもスムーズに回転が上げながら
加速してくれます。
法定速度内であれば高速道路の合流、追越し加速に不満はありませんが、
100km程度で登り坂になるとATという事もあってパワー不足を感じます。
手動で3〜4速を切り換えながら走らせれば問題ありません。

【走行性能】
ジムニーのオフロード性能に勝る車は無いのでさて置き、街乗りについて。
ショートホイールベースですが、直進生は良好で安定して走ります。
アイポイントが高いので非常に運転しやすく取り回しも楽です。
郊外のバイパス道路でも快適に流れに乗って走れます。
オフロード専用車と言う事は無く、通勤、買い物、レジャーについて
普通に使える車です。

【乗り心地】
エンジン音、ロードノイズは意外と静かです。
一般道では全く問題無し、高速道路でも私はうるさく感じる事はありません。
今まで乗って来たプレサージュ、シャトルと比較して音について不満無しです。
乗り心地の評価は別れると思います。
50、55扁平タイヤを履き、硬くてクイックなハンドリングの車より
ジムニーのダルな感じの乗り味の方が私には合っています。
リジット特有の横揺れは有りますが、酷評されている程悪い乗り心地では
無いと思います。
一般的に狭いと悪評のリアシートですが、家族曰くリアに一人で乗って
もらうぶんには問題無いようです。
リアタイヤの真上なので段差の突き上げ感は大き目なようです。

【燃費】
通勤他日常、レジャー使用で10〜12km程度です。
良くは無いですが、滅茶苦茶悪い訳でも無く。
それでもNA1300ccという事から考えるとやはり悪いですね!

【価格】
ジムニーの事が好きな人や内容を理解している人にはとっては妥当な価格。
ジムニーの事を知らない人にとっては、高価に思えるでしょう。
中古車相場はハッキリ言って高過ぎると思います。
私は中古車を購入する予定では無かったのですが、偶々新車を見に行った
ディーラーに実走行1000kmの車両があり、新車購入よりもかなり割安な
条件で購入出来ました。

【総評】
かなり気に入っています。
なんて言うか、運転していて楽しく感じる。
何処へ行こうかワクワクさせてくれる車だと思います。
だからこそ、根強い人気が有るのでしょうね。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
中古車

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

安くて結構!さん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:483人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地3
燃費無評価
価格5

次期マイカー探しでジムニー兄弟に試乗しました。
9型ジムニー・XGのMTをレンタル、10型ジムニー・ランドベンチャーのATと9型シエラ・ランドベンチャーのMT/ATはディーラー試乗です。

【ポジション・視界】

 ジムニー兄弟はシートの高さとハンドルリーチの調整はできません。フロアからシートまでの高低差は大きくないので、足を伸ばした座り方になります。一般的な乗用車よりもアクセルペダルは右側にあって踏みやすいです。ブレーキペダルもアクセルペダルから極端に離れていないので踏みやすいです。MT車のブレーキペダルは更に踏みやすかったです。ペダルの踏みやすさでポジションを決めたらシートは目一杯後ろに下げた位置になりました。ちなみに私、身長は166cmしかありません。足も特に長いわけではありません(笑)。
 室内は横幅に余裕がなく、ハンドルを切った際に肘がドアにぶつかることがあります。
 着座位置が高く、前方の状況は良く分かりますし、ボンネットは左右とも先端まで見えます。Aピラーは立っていて圧迫感はないです。ウエストラインは水平で低く、左側面をすり抜けてくる自転車も良く見えます。ホイールベースの中央に着座するのでクルマの挙動が分かりやすいです。不思議な安心感がありますね。

【乗り心地】

 乗り心地は“横揺れ”だけ気になります。
 リジットサスペンションを採用するクルマは右輪と左輪が一本の軸で連結されていて、片方の車輪が路面の凹みに入ると反対側の車輪が突き上がります。この時、車体が大きく横に揺れます。しかもジムニー兄弟は、前軸も後軸もリジットなので、1つの凹凸につき前軸と後軸で別々に横に揺れるわけです。駐車場を斜めに出入りするだけでも最低2回の横揺れに襲われます。トラックでは当たり前の構造ですが、4輪独立サスペンションの乗用車に乗り慣れた方はびっくりするかも知れません。前後リジットは最低地上高を確保し耐久性を得るための構造ですから、これに我慢できなければジムニー兄弟を諦めて頂くしかありません。

 トレッドが広いシエラの方が安定して旋回しますが、路面に捕獲される幅(範囲)も広いわけで“横揺れ”のキッカケも多く受けるような気がしました。ホイールベースに対するトレッド比もジムニーの方が市街地走行では丁度良いように感じました。そしてジムニーの方が明らかに小回りは効きますので、獣道でこそ本領を発揮するでしょう。よって意外にも、エンジンだけ大きいジムニー=ナローフェンダーなシエラがあるのなら試乗してみたいと思いました。

【走行性能・燃費】

 ハンドリング。電動パワステを採用するジムニーはタイヤが細いこともあってハンドルが軽めです。それでいて普段は操向輪と駆動輪が切り離されているので、ハンドルから手を離してもしばらくは真っすぐ走るFRの良さを持っています。油圧パワステを採用するシエラはトレッドが広くタイヤが太いこともあって結構どっしりとしています。カーブが終わってハンドルを戻す際も最後まで自分でハンドルを切り戻さないといけない感じでした。

 踏まないと効かないブレーキはすぐに慣れるでしょう。ブレーキペダルはちゃんと右足で踏める位置にありますのでパニックブレーキに対応できます。ガレ場から落ちないように?敢えて慎重な制動力に設定しているのでしょうかね?
燃費は9型ジムニーMTで10.5km/Lでした。軽い渋滞はありましたが、おおむね流れている一般道の峠道を上ったり下りたりを2人乗車で繰り返していました。言われるほど悪い燃費ではないと思います。

 ジムニーのK6Aはアクセルをベタ踏みすると苦しそうに加速します。3気筒、タービン、トルクコンバーター、全てが安っぽさと喧しさに貢献?トルクコンバーターを介さないぶんMTの方が若干静かでレスポンスも良く感じましたが、ATもシフトショックが少なめでCVTほど変速がルーズじゃないので好感が持てます。ガレ場での繊細なクラッチミートが、、、という猛者はMT一択でしょうが、渋滞路線メインな方はATをお勧め致します。

 シエラのM13Aは透き通るように回る4気筒で全くと言っていいほど振動を感じませんが、いかんせん低速トルクが弱く、市街地での瞬発力はジムニーとほとんど差がありません。性能面はともかくとして、快適性という面では両者には大きな壁があります。K6Aは回すほどに騒々しいクソガキ。M13Aは爽やかに伸びる好青年。遠出する機会が多い方はシエラをお勧め致します。長く乗り続けるので下取り価格も気にしないという方もシエラをお勧め致します。

【改善要望】

 ジムニー兄弟に限ったことではないですが、MTのシフトフィールがぐにょぐにょしていてイマイチですね。縦方向はいいのですが、横方向にシフトする際どこまでレバーを倒せばいいのか分かりづらいのです。カッチリとしたシフトフィールが得られるのなら、腕力を要求されてもかまいません。

 後席は狭さよりも後席に座る2名の膝と膝がぶつかることが不快です。フロアトンネルの上に仕切りを付けて欲しいです。常時仕切りがあると後席シートバックを畳めなくなるでしょうから、180度回転できるセンターコンソールを運転席に設ければいいのではないでしょうか?

 シエラのワイドフェンダーは“後付け”感バリバリですね。ボディ・フェンダー間の挟み物といい、ボディ・フェンダーの色違いが目立つホワイトパール車を見たことがあります。フロントバンパーも出張り過ぎてカッコ悪いし。

【装備・総評】

 シエラにはフロントウインドーのデアイサー(解氷)、横滑り防止装置、ATにロックアップ機構が付きます。また、ランドベンチャーを選択しなくてもヒーテッドドアミラーとシートヒーターが付きます。

 走破性ばかりが注目されるクルマですが、車両感覚の掴みやすさ、ペダルの踏みやすさ、FRベースならではの自然な挙動、コンパクトな車体など、日常的に使用するにも良心的なクルマなので末永く生産して欲しいです。

レビュー対象車
試乗

参考になった29

このレビューは参考になりましたか?参考になった

おハムさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
6件
腕時計
2件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格4

勘違いのため一部訂正いたします。
改善して欲しい、の中で
・ドアに引手が欲しい(アームレストの溝は使いづらい)
は削除させてください。
○引手はあります。
○アームレストに溝はありません。
言いたかったのは逆で、引手の位置が前のために大きなドアを閉めるのが重く大変なので、後方にあるアームレストに手をかける溝が欲しい、でした。
二日酔いの頭で書き込んだとはいえ、鈴木御大、申し訳ありませんm(__)m。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年12月
購入地域
千葉県

新車価格
177万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

ジムニーシエラの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

絶対大丈夫さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格3

海外ハッチバックの買い替えの車を検討していたが、どれもハッチバックは外車も国産も大同小異。
だったので非凡な車が欲しくなった。Youtube で林道を走るジムニーシエラを発見。その趣味性が気に入った。
そんな遊べる車が興味深い。しかし、以外とその評価は一般には低い。購入を少し躊躇するが試乗を2回して購入に至った。

【エクステリア】
コンパクトなボディで塊感があり、見た目の安定感があります。いいデザインです。
このサイズでの熟成したSUVのデザインの完成型といえるのではないでしょうか。
これだけで購入意欲を駆り立てる。

【インテリア】
ランドベンチャーなのでシリーズの中では一番乗用車ライク。ただし豪華ではありませんが。
特筆としてシートヒーターが運転席、助手席に装備されています。これは快適です。
軽のジムニーと車体サイズは同じで、車内はタイト感があります。そして、2+2です。
スポーツカーと共通すると納得する。
ただ空気抵抗とのオフセットとして前ウインドウは立っているので、室内の前方圧迫感はなく、視界もよい。

【エンジン性能】
1トンを超えるボディーを余裕で走らせてくれます。
アイドリング時のエンジン音は静かです。時速100Kmでもエンジンが咆哮することはない。

【走行性能】
本格的に4WD機能はまだ使っていないのでわからないがラダーフレームにその機能に期待はできそう。
2WDでは排気量のあるシエラは軽くアクセルを踏めば静かに加速していく。あっという間に60Kmに。
そして意外と静かです。通勤にも使えそうな実用性。
ジムニーより車幅が10cmワイドなのでコーナーでの安心感がある。実際コーナーなどは重心が高いがそんなに気を使わないですむ。

【乗り心地】
よく舗装された道路は快適だが、荒れた道路では結構揺れる。しかし、運転席はホイールベースの中央に位置するため、
さほどピッチングは気にならないが、車高も高いのでローリングは大きめ。
ラダーフレームのせいだろうか、路面の突き上げはかなりありますが、不確実ではあるが乗るたびに乗り心地がソフトになってくる気がする。

【燃費】
不明

【価格】
最新の機能などを装備した車と比較すると割高

【総評】
この車、時計で例えるならデジタルでなくアナログの機械式。
悪路、雪道、一般道とどんな所でも走れるという安心感でゆったりと走るのが向いています。
この車を評価するならば、豪華な車ではないが 贅沢な車である。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年11月
購入地域
東京都

新車価格
186万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
0円

ジムニーシエラの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格帯を見る

ジムニーシエラ
スズキ

ジムニーシエラ

新車価格帯:176〜201万円

中古車価格帯:25〜279万円

ジムニーシエラをお気に入り製品に追加する <222

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意