ROG Phone レビュー・評価

ROG Phone

  • 512GB

SIMフリーゲーミングスマートフォン

<
>
ASUS ROG Phone 製品画像
  • ROG Phone [ブラック]

ROG Phone のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.57
(カテゴリ平均:4.05
満足度ランキングASUS ROG Phoneの満足度ランキング
レビュー投稿数:15人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.17 4.34 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 3.50 3.98 -位
レスポンス 操作時の反応速度 4.71 4.08 -位
画面表示 明るさやコントラストなど、表示の見やすさ 4.39 4.34 -位
バッテリー バッテリーのもちのよさ 4.32 3.64 -位
カメラ 画像・動画の精細さ、写りのよさなど 3.48 3.86 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

製品の絞り込み

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム周辺機器
1件
3件
動画編集ソフト
0件
1件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性3
レスポンス5
画面表示3
バッテリー3
カメラ2
機種不明SDカードを取り付け所。
   

SDカードを取り付け所。

   

発売日当日にオプションのTwinView Dockと一緒に買いました。ROG Phone単体では、SDカードは、使えませんが、TwinView Dockを取り付ける事により、SDカードが、使えるようになります。試したところ、512GBのSDカードが使えました。取り付ける販売各社のSDカードにより、相性問題があるかもしれません。また、2画面になる事により、2つのゲームが同時プレイ可能になります。ROG Phone側を、放置ゲームにして、TwinView Dock側をゲームチャットとかの主体にするゲームに設定する事が可能。レスポンスも悪くないです。欠点としては、指紋認証は、背面にセンサーがあります為、Twinview Dockを取り付けると、使用不可になりますが、僕的には、一応、満足です。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

たーさん9900さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:97人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
9件
0件
自動車(本体)
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ5

【デザイン】
好みがハッキリ分かれるかと思います。自分的には裏面の厨ニ的なデザインが気に入ってるので、大満足です。
【携帯性】
大きさ的には最近のスマホとあまり変わりませんが、やはり重量があります。片手で操作をしていると特に重く感じます。
【レスポンス】
一つ前の845ですが、普通に使う分には全く問題ありません。
【画面表示】
キレイですが、XPERIAと比べると少し全体的に暗いかな?と感じます。
【バッテリー】
よく持ちます。ゲームをしないので2日は大丈夫です。
【カメラ】
SNS投稿程度の使用頻度なので、特に問題ありません。
【総評】
何気にフロントスピーカーが便利で、作業中に音楽聞いたり重宝してます。
設定はほぼ触らずに使っていますが、リフレッシュレートを90まで上げると、驚くほどヌルヌル動きます。
特に動画を見るときなどによく違いがわかりますが、ノーマルの60でも問題無く見れます。
ゲーミングスマホですが、普段使いにも優れています。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

なるみのさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デスクトップパソコン
0件
17件
電子レンジ・オーブンレンジ
0件
12件
洗濯機
0件
9件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性3
レスポンス4
画面表示4
バッテリー4
カメラ4

【デザイン】
スマホにデザイン性を求めてないほうなんですが、やはり「普通」には見えませんね。通話はほとんどしないので気にしませんが。

【携帯性】
ZenFone Max M2より少し重いはずですが気になりません。

【レスポンス】
ZenFone Max M2と変わらないです。ZenFone Max M2の方が新しい機種ですから良い方じゃないでしょうか。

【液晶画面】
色味が少し赤みがかってる気がします。
マルチゲームしてると他の人と違う色なのが良くわかります。

【バッテリー】
ゲームをしてると減りが早いです。

【カメラ】
ほとんど使わないので。たまに猫を撮るくらいなのでこれでも全く問題ないです。

【総評】
ZenFone Max M2では全く動かなかったminecraft統合版がちゃんとプレイできるレベルまで動きました。
小学生の息子が作った人狼RPG用のminecraft統合版のワールドがswitchでは全くプレイできず、ZenFone Max M2でもカックカクでまともにプレイできませんでした。
家にある5台のPCをかき集めて子供たちと楽しくプレイしてましたが、やっぱり6人は居ないと人狼ゲームは面白くない・・・でもPCを新たに買うならRTX3000番台が出てからと決めてるし…
ということでZenFone Max M2を未だZenFone 2 Laserを使ってる旦那に渡すことにしてこのROG Phoneを購入。

結果、設定を最低まで落とせば普通にプレイできる位になりました。
家にあるcorei7のUシリーズ(事務用パソコン)と同じ位に動く感じです。

ゲーミングスマホと言ってもゲーミングPCと同じようには動きませんが、ポイント消費して4万で購入出来たし、これからハイスペックスマホで色々遊べると思うとすごく良いお買い物ができたと思います。

ドコモのFOMAとDMMのDualSIMで運用。ZenFone Max M2の時に色々設定したのもあり、今回はすんなり移行できました。
ROG専用UIと聞いてましたが、そこまで今までのUIと変わらず戸惑うこともありませんでした。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

OmTeさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性3
レスポンス5
画面表示2
バッテリー5
カメラ無評価

【デザイン】評価が人によって大幅に分かれそうです。個人的には非常に好きですが、だいぶ派手なので万人受けはしないでしょう。もともとコンセプトが尖ったスマホですので万人受けを狙っていないとは思いますが。

【携帯性】良いとは言えないですが、スマホは大型化していくのが近年の流れですので…

【レスポンス】レスポンスは最高レベルに思えます。

【画面表示】90Hz表示の有機ELですが、最低まで暗くしてもあまり暗くならず、また、暗くすると画面が赤く(主に暗い系統の色の表示)なるという欠点がありますお世辞にも良いとは言えないですね。

【バッテリー】容量自体が大きいおかげか割とよく持ちます。

【カメラ】カメラに関してはこだわりがないので評価なしです。

【総評】完成度は高く、値下げのおかげで512GBの容量を持つスマホとしては破格のコスパですが、画面や音質などは最高とは言えず、世代としても一つ前の物になりますので性能も最高ではありません。ただし、5万円ほどで買えるスマホとしては十二分と言えると思います。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

akinonnさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
スマートフォン
2件
0件
ノートパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性3
レスポンス4
画面表示4
バッテリー3
カメラ3

最近、値下がりしてきたこともあり、普段使いとして購入。
ゲーミングスマホだからと選択肢から外れてたら一考の余地ありです。
普段使いとしても十二分の端末です。
ASUS歴はZenfone3、Zenfone4、Zenfone5zそして本機種になります。
iPhoneと本機種の2台体制で使用してます。

基本は採点の通りです。特筆点を記載します。
まず初めに特徴を記載します。
・2018年のゲーミングスマホモデルです。
・一応、防水の表記がある。(生活防水程度)
・MicroSDカードスロットがない。
・nanoSimスロットは2つ。
・Qi充電非対応。
・Suica非対応。
・社外製のアクセサリーは少ない。
・梱包されている箱が豪華。

●デザイン
背面はガラス素材で高級感があります。
背面のロゴLEDはアプリ毎に通知と連動できます。
他に持っている人が周りにいないので、
かぶらないという点でもアリです。
指紋認証が歴代Zenfone機から比べると狭く、認証しずらいです。
純正ケースは取付ける際に両面テープで固定するようでしたので、
付けずに裸で使ってます。
(背面に液体ガラスコーティング加工を重ね施行してます)
背面デザインを魅せるのであれば透明ケースが良さそうです。
ケースは少ないですがアマゾンで数種類あることは確認してます。

●携帯性
今まで使用してきたのが6インチの150〜200gの機種ばかりなので
本機種に限って携帯性の悪さで感じる面はありません。

●レスポンス
最近発売されているスナドラ710やスナドラ670の機種もある中、
それらと比較してもスナドラ845+の本機のレスポンスは良いと思います。
もちろん、スナドラ855には及びませんので★4です。

●画面表示
最近はどの機種も画面綺麗なのでこの機種が特別綺麗という印象は特に
感じませんが、濃いめに色が映るような気がします。
リフレッシュレートは90Hz、応答速度は1msなのでゲーム・動画用途には
強い印象です。
0.2〜0.3インチ稼ぐためにノッチにするのであればノッチ無しの本機の6インチで
良いいので好印象です。

●バッテリー
普段使いであれば持ちます。
が、スナドラ800シリーズは負荷をかかればバッテリー減りは早いです。

●総評
スナドラ845+、ストレージ512GB、メモリー8GBで5万円付近は破格ではないでしょうか。
スピーカーのデュアルで音質も良いです。ハイレゾ対応とのこと。
ゲーミングスマホですが動画・音楽用のメディア端末としても十二分です。
ROG PHONEUが出ましたがスマホとして致命的なSIMの通信に問題が
あるので比較されるのであればZenfone6あたりが対抗馬でしょうか。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

さくらのはなびらさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:95人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

SSD
5件
0件
扇風機・サーキュレーター
3件
0件
ヘッドセット
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン無評価
携帯性無評価
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ3

 発売時点での評価では無く、2019年12月01時点での他機種との比較となります。

 発売から1年以上が経過し、型落ち品となった時に、ゲーミングに特化しすぎたためか、突出した部分が、ROM 512GBしか無く、人によって用途が限定されるため、万人受けしない結果、売れ残っている・・・・・・でしょうか。
 なお、この機種は外部メモリ(microSDXCメモリーカード)が物理的に無いので、注意して下さい。

【CPU】躊躇するポイント1。ROG Phone II(Snapdragon 855 plus)と比較した場合、CPU性能が22%程、落ちますから、ゲーミング目的とした場合、選択から外れます(参考:Snapdragon 855との比較では18%程、落ちます)。
【画像解像度】ROG Phone IIやZenFone 6 256GB SIMフリーは2340x1080ですが、本製品は2160x1080です。他機種は触ってませんが220大きくなった理由が有る筈です。
【カメラ】躊躇するポイント2。価格.comのスペック比較から、4K撮影に対応していない?。ROG Phone IIやZenFone 6 256GB SIMフリーと比較すると、画素数が突出していないので、CPU性能とカメラ性能から、ZenFone 6 256GB SIMフリー \89,800〜の購入に行くでしょう。
【耐水・防水】躊躇するポイント3。IPX4。但し、価格.comのスペック比較から、ROG Phone IIやZenFone 6 256GB SIMフリーには耐水・防水が無い?です。
【おサイフケータイ/FeliCa】躊躇するポイント4。非対応。これが人によって致命的と思われます。

 Xperiaが、ROM 256GB RAM 8GBだったら、全ての条件を満たすので、買ってます。

 今回、購入した最大の理由は、Google Play ブックスを使用しているため、
検討機種にはROM容量が、256GB以上を条件にしていました。
 実際に使用して、マンガ中心になりますが、700冊以上でGoogle Play ブックス【だけで、95GB以上を使用】しています。
 ウイルスバスターモバイルを入れてますが、普通にRAMは4GB以上を使用している(平均4.4くらいですが)ので、最低でもRAM 6GB以上の製品は必須と思われます。

 その他の注意点としては、ROG Phone IIの方が、冷却や認証などを作り込んでいますから、価格との兼ね合いになるでしょうか。
現在の値段は54、800円〜ですが、上記の万人受けしない要素があるため、安いとは言い切れ無いですね。ROM容量の値段を含んだ価格なので、妥当かな・・・となります。
 この機種を奨めるか・・・・・・となると、用途による・・・としか言えず、13万円を用意したら、最新機種を選び放題だから、そちらを推奨します。

 前機種 Xperia Z5 Premium SO-03Hと比較した場合、【画像解像度】、【カメラ】、【おサイフケータイ/FeliCa】など劣る部分も有りますが、動きが良くなり、キビキビした動きなのと、最大の購入目的で有る、Google Play ブックスでダウンロード(又はライブラリ)を消さなくて良いことから満足度は5としています。音に関しては、他の人の意見を参考にして下さい。

参考になった1人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

★nao☆彡さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
1件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン無評価
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー4
カメラ2

ゲーム以外の用途では2019年末現在過剰な性能。
後継機を投入したとはいえ、キャリア最新機より高スペックをこの値段で投入するのは解せない。

ドコモsimにて使用で特に問題なし。

音質はノイズが少なく中高域に特化。
4万程度のポータブルDAPと同程度の音質。
スマホでは最上位の音質のため、下手なAMPを噛ませるよりは良いかと。

防水は飛沫まで、フルセグなしが弱点。
カメラは普通に使える程度とはいえ劣る。
画像にこだわる方は後継機が良いかと。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

はんちゃまさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
4件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性5
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ5

【デザイン】
正直気恥ずかしいですが、デザイン自体は特徴を体現した、素晴らしいものだと思います。

【携帯性】
まだなれていませんが、問題になるようなことは、今のところありません。

【レスポンス】
一年前の機種ですが、問題ありません。

【画面表示】
きれいです。

【バッテリー】
当方ゲームはやりません。フツー使いする分には、問題ありません。充電が本当に早くてビックリ

【カメラ】
起動も早く、問題ありません。

【総評】
何だかんだゲーム用途が一番性能いいのでは、と思ってましたが、本当にそうでした。買ってよかったです。後継機、どんだけスゴいんだろ

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

mastacembelusさん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:110人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
17件
スマートフォン
3件
10件
レンズ
8件
4件
もっと見る
満足度3
デザイン3
携帯性2
レスポンス4
画面表示4
バッテリー4
カメラ3

ファーウェイのmate9を発売当時に購入。
次もファーウェイにする気満々でmate30(仮)を購入するつもりでしたが、昨今の情勢でとりあえず様子を見ることに。
しかしmate9の動作がもたつくことが増えてきたため、なんとなく純正クーラー面白そうという理由でこちらを購入しました。


【デザイン】
THE・ゲーミング!と言った風貌です。個人的にはあんまり好きではないかな。
ただガラスはなんとなく高級感があるような気がしないでもない。
実用面から言えば、割れるから是非とも止めて頂きたい。
あ、あと背面LEDは本気でいらない。

【携帯性】
携帯性を望むなら選択肢から外すべし。…としか言えないです。
mate9から比べると幅が少し細くなって、縦に伸びた感じ。
ほぼ誤差。ただ背面もガラスなのでカバーを付けるとさらに携帯性が落ちて、うーん…といった感じです。

【レスポンス】
スナドラの855搭載モデルよりもCPU性能はかなり落ちるみたいですが、mate9から比べるとかなり快適に動作しますね。

【画面表示】
低輝度時かなり暖色(というか赤に近い)に色が転びますね。
はっきりとわかります。
そういえばNexus6も有機EL搭載で同様の症状があったような…
有機ELってそういうもん?

【バッテリー】
まあまあ持ちますが、購入後2年が経過しているmate9よりも劣るというのはなんとも。
決して滅茶苦茶減りが早いわけではないんだけども。

【カメラ】
超広角はオマケ程度ですね。
解像感もないしノイズも結構乗ってきます。
普通の広角の方は解像感はほどほどにあるかな。
動画は広角も超広角も画角が変わらない気がするのは気のせい?
動画も画質は広角>超広角。
個人的にピント位置を無限遠に固定できるのはありがたいです。
贅沢を言うならRAWで撮りたい。

【総評】
端末の性能はmate9から体感できるほど向上したので良いです。
純正クーラーにイヤホンジャックとUSB-C端子があるので、横持ちで手にケーブルが当たり邪魔で不快になることがないです。
クーラーにイヤホンを接続すると若干遅延が発生するらしいですが(DACが搭載されてるからとかなんとか…)、今のところ気になるほどの遅延は感じません。
しかし純正クーラーがケースをしていない状態でしか装着できないので、せめて純正のケース付けてるときは外さなくても良いよう設計してほしい。
あとサイドの端子のキャップは外すと置き場所がないので、クーラー等にはめ込むところがあるとまだ良かったと思います。

全体的に概ね良好ですが、購入後にROG Phone2が発表されて早まったか…とやや後悔。
そちらはスナドラの855のOCモデルを搭載しているようですね。
さらに先日のG20でファーウェイに対する制裁が緩和とのことで、今年mate30が発売される可能性を考えると早まったかあ…とさらに後悔。
一応2年使う予定ではありますが、mate30如何では買い換えの検討もしております。
バッテリーがもう少し持てば……

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Anti-Minerさん

  • レビュー投稿数:46件
  • 累計支持数:103人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
2件
4件
SSD
4件
0件
イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
携帯性3
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ3

付属の専用カバーを装備、画面にはiPhone XR用の保護フィルムを添付した状態で、椅子に座った膝の上からスマホが落ちた。成る程、本機に採用されているゴリラガラス6の強度は流石で、硝子は無傷であった。ただ、その裏にあるアモーレッドな有機ELパネルは非常に脆く、翌朝には画面が映らなくなった。その日、ROGは里帰り(メーカー)する事に決めたって訳だ。修理には実費で2.5万かかった。

ROG Phoneの最大の欠点は、ケースの選択肢が極めて少ないという点だろう。付属ケースは衝撃を吸収せず、非常に滑りやすく、側面はノーガード。
それとは別に、専用の手帳タイプとシリコンケース黒と透明の計3種を試してみた。

・専用手帳タイプ…保護性能は抜群、ただし邪魔くさい。汎用の貼り付けタイプなら素材の選択肢は増えるが、指紋認証機能は封印される。

・シリコン黒…ガラス面より高さがあるものの全体的に薄い。素材感が微妙。ストラップホールがある。

・シリコン透明…内面に直接本体との接点を減らすためのドットが施されており、半透明の曇り使用。それはまあ良いとして、ガラス面より低いため、防御力は50%、ストラップホールがある。

結局、付属ケースにカーボン製スマホリングを貼り付けて使用している。高性能だが耐久性は低い。落とさなければどうという事の無い赤い彗星モデルだと思う事にした。重力の井戸の底に、白い悪魔がいて一撃で撃破されちゃうんだからね! ってわけ。

次に性能を見てみたい。オーバークロックモデルだけあって、高い処理性能を必要としないアプリをダウンクロックで使用するという事も出来て非常に良い。本体自体の放熱性能も高く、最初は笑ってしまったクーリングファンであったが、これが非常に効果的。充電の際に取り付けておくと、充電完了までひんやりと冷えている。システムの更新や自宅での連続使用時に装着している。ただ、取付けの度にカバーを外さなければならないので、手間ではある。コネクタ用のゴムキャップが失くなりがちで、計3個付属しているが、足りなくなった場合、購入出来るのかはASUSに問い合わせるより他ない。

特筆すべきは、電子書籍の閲覧においてで、大容量の書誌データ、例えば10,000頁級のものであっても読み込みが速くストレスを感じさせない。ストレージ容量に不満を覚える事も無い。画面サイズもさることながら、有機ELの効果か、長時間の読書でも目が痛くならない。電池残量も気にしなくて良い。ゲーミングスマホは、読書子に適しているかもしれないね。

音楽再生について。本体スピーカーが健闘している。foobarを使ってイヤホンジャックから聴くと高音に寄ったスマホらしい音を鳴らす。再生ソフトをPowerampに変え、イコライジングすると実用レベルになる。USB3.1gen2のおかげで、楽曲データの転送も非常に快適。以来、DAPを持ち歩くのを止めた。音は当然DAPの方が良いが、操作性はこちらが格段に上。バランスイヤホンは家に置いて、アンバランスヘッドフォンを使うようになった。

最後に、自作erの皆がそうであるように、熊グリスに塗り替えたい欲求と日々戦う事になる点では注意が必要だ。幸運を祈る。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Geometricさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
2件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
マウス
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
レスポンス5
画面表示4
バッテリー4
カメラ無評価

スマホの買い替え時期が近かったことと、ROGというブランドに魅せられて初めてのSIMフリースマホに挑みました。

SIMフリースマホということで、もうちょっと設定するのに手間がかかると思っていましたが、案外すんなり設定できました。
ただ、初期設定は手間を省くと埒が明かなくなるので、慎重に行った方がいいと思います。

デザインはオトコノコ心をくすぐられる、エッジのきいた他にはない魅力に満ち溢れています。
壁紙を前のスマホのもののままにしてしまったので、Xモードにしてもアイコンで区別するしかない、もったない状況ですが。

コンパクトさは、6インチ画面なのでそれ相応かと。それと予想はしていましたが、ちょっと重いです。

レスポンスは前のV20 PROとは比べ物にならないほどキビキビと反応してくれて、さすがスナドラ845といった感じ。

画面表示ですが・・・これがちょっとあれっ?って思った点ですが、液晶がちょっと色がついているというか、白がオレンジっぽく見える、そんな印象を受けました(V20 PROとのデータ引継ぎのときに並べたとき、明らかに違いが判りました)。

その他の項目については割愛させて頂きたいと思います。

最後に、これは気をつけて頂きたい点ですが、原因はわかりませんがデータ引継ぎを行うまでwifi(NEC Aterm WG1800HP2)のパスワードがまったく受け付けてくれなかった(かんたん設定のアプリを使っても繋げられなかった)ことがありました。


<2019年5月 補足>
バッテリーについて。前のV20 PROに比べたら(そもそもまるっきし違う筐体なのですが)断然バッテリーの持ちはいいです。
ただ、バッテリーの性質なのかもしれませんが、減れば減るほどバッテリーの減る速度が心持ち早くなるような感じがします。
でもROG Phoneになってからバッテリー切れを起こしたことは(自宅で充電忘れをした1回を除き)ありません。

比較製品
LGエレクトロニクス > V20 PRO L-01J docomo

参考になった17人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

はぐれメタルキングちゃんさん

  • レビュー投稿数:39件
  • 累計支持数:102人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
14件
スマートフォン
4件
2件
ノートパソコン
1件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン3
携帯性5
レスポンス4
画面表示5
バッテリー4
カメラ無評価

【デザイン】
  ROGというASUSのゲーム向けブランドということもあり、背面もガラスで高級感はありますがゲーマー向け特有のダサさが感じ
られます。(星 -1)
またオプションのファン、Gamevice(コントローラ)、Twinview dock、ケースなど全て排他で同時使用できません(ファンとコントローラは無理すれば入るようだが損壊の報告もあるようです)(星-1)
またUSB-Cポートは2個ありますが、片方はUSB2.0(しかもキャップ外さずに使える方が)と、ややデザインを詰め切れていない感じがありますが。(が2つあるのは便利なので±0)
なお、背面に金属の排気口?が見えるなど排熱に関しては考えられている様子。

【携帯性】
 最近のデザインなのでかさばらないです。またGameviceもピッタリ嵌まるよう専用デザインなのでコントローラ付きで鞄に入れても場所を取らないのがすごく良い。
スマホとしては普通だがコントローラ込みで考えると相当コンパクトなので星5

【レスポンス】
Rootアプリの権限要求のポップアップが何故かもの凄く遅いことが多い。何機種もRootしてきたが今までこんなことはなかった。(星 -1)
それ以外では問題はありません。
重めのゲームも余裕だし、RAMが多いのでアプリの裏落ちもほとんど無く、すぐ復帰できる。

【画面表示】
OLEDなのでコントラストがはっきりしていて凄く綺麗だし、リフレッシュレートも90hz対応なのでゲームもヌルヌル。
輝度も高く直射日光下でも大変見やすい。
OLEDなのにエッジでは無いのもポイント。せっかくのゲーム、画面が歪んだら楽しさ半減(?)

【バッテリー】
4000mAhと出た時期の中ではかなり大容量ですが、なにぶんゲーム向けなのでゲームやっていると焼け石に水。モバイルバッテリーは必須です。ただしPD対応なので充電は速い。

【カメラ】
 ほとんど使っていないのと詳しくないので評価なし。
 RAWや4K60p対応なのでスペックはかなり良いかと。

【総評】
 スマホゲームのみだと(iOSに抵抗が無ければ)iPhoneには勝てないでしょうが
 ストレージも512GBと大容量で専用モデルのコントローラオプションもありスマホ以外のゲームもたくさん詰め込むなら、この一台と言ったところでしょうか(2018年では)。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Йё`⊂らωさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:15人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
2737件
タブレットPC
0件
667件
docomo(ドコモ)携帯電話
12件
94件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ5

画質も音質も超最高です。
こういったゲーミング仕様大歓迎です。
付属のファンも、取り付けたらスマホの温度が上がらず快適です。
荒野活動やりながら、音声ネット通話もできて、まったくもたつき無しです。
久しぶりに買って良かった端末です。

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

夢工房2015さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:52人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
0件
6件
タブレットPC
2件
0件
PCケース
1件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性3
レスポンス5
画面表示無評価
バッテリー無評価
カメラ無評価

個人用としては2年ぶりのスマホ購入です。使用し始めてから1週間しか経過していませんので、未だ使い込んでいない時点での印象です。
なお、現在は iPhone8(会社支給)、Zenfone3 deluxe、Zenfone3 Ultra(個人用)を使用していますので、以下は主にこれらの3台との比較になります。

【デザイン】
好き嫌いが別れるデザインでしょう。アルミ削り出しの精悍なボディは、個人的に嫌いではありません。排熱機能を高めるためかどうかは解りませんが、本体背面にその一部が見えている銅製のヒートスプレッダーもこのデザインに上手く溶け込んでいるように感じます。
ただし、背面の中央にある「ROGロゴが発光し、そのパターンとカラーリングを自由にカスタマイズできる機能」は、個人的に無駄以外の何物でもありません。常時持ち歩くスマホなのですから、性能には全く影響しない、見た目だけの余計なものを取り除いて、数グラムでもいいから軽くしてほしいと思ってしまいます。(世の風潮として、ゲーミングデバイスを光らせがちですが、この風潮にもどうしても拒否感があります。)

【携帯性】
Zenfone3 DXとほぼ同じ大きさですが、少し分厚く、またカタログ上の重量差以上にずしりと重く感じてしまいました。
  RogPhone    158.8×76.1×8.3mm 200g(6.0インチ)
  Zenfone3 DX  156.4×77.4×7.5mm 172g(5.7インチ)
アップルとの比較では、iPhone XS MAXとほぼ同じ大きさのようです。
  iPhone XS MAX 157.5×77.4×7.7mm 208g(6.5インチ)
側面フレームは滑らかな曲面になっていて握りやすいのですが、滑りやすいのでケースは必須と考えた方がよいと思います。

【レスポンス】
ゲームを快適に遊ぶという機能に特化したスマホです。
「スマホの大きさのゲーム機に電話ができる機能もつけました。」という見方もできそうです。
CPUにはスナドラ845が乗っていますが、やはり手持ちの3台とは明らかに違う速さが実感できます。(比較対象が1,2年前の機種ですので当たり前かもしれませんが、スマホの性能向上の速さを感じます。)
 Zenfone3 DX スナドラ821(5.7インチ)発売:2016年10月
 Zenfone3 UL スナドラ652(6.8インチ)発売:2016年12月
 iPhone8      Apple A11(4.7インチ)発売:2017年09月

なお、Rog Phoneは現時点でアンドロイドでは最上位クラスの性能がありますが、Antutuベンチマークによれば、CPUにKirin980を乗せているHuawei Mate20 pro(18年11月末現在:未発売?)やA12を乗せているiPhone XSには少し及ばないようです。

【その他】
現時点で感じている不満点を幾つか記載しておきます
(付属ケース)
上・中・下で3分割されており、「上と下のパーツ」ははがせる粘着テープで本体に固定し、その間に「中の部分」をはめ込む形になっています。同じく本体の付属品である外付けクーラーユニット(AeroActive Cooler)を取り付けるときは、ケースの「中のパーツ」を取り外さないと装着できないという、少し面倒な構造になっています。

(TwinView Dock)
本体購入と同時に購入した別売の純正アクセサリーです
クラムシェル型ドックの下部にRog Phone本体と同じ仕様の6インチ液晶(有機EL)を搭載、上部の空洞にRog Phoneをはめ込み、上下2画面モードで利用できるようにするための拡張ユニットで、6000mAhのバッテリも内蔵されているので、モバイルバッテリーとしても利用可能になっています。
上部の空洞にRog Phone本体をはめ込む際は、付属ケースの3つのパーツ(上・中・下)の全てを取り外す必要があります。
前述の通り、上と下のパーツは粘着テープ付きですので、TwinView Dockをよく利用する人が付属ケースを装着するのは「余り実用的ではない」ということになります。
(ただ、Rog Phone本体はとても滑りやすいので、本体の保護が心配な人は、TPU素材などのすぐに取り外せる透明ソフトカバーを追加購入する方がいいと思います。)

次に、TwinView DockにRog Phone本体をはめ込むと、Rog Phone本体の重みでDockの安定性がなくなってしまいます。
例えば、surfaceように背面のキックスタンドで上部を支えるような構造があればいいのですが、このDockにはそのような構造が何もありませんので、上部を一定以上傾けてしまうと自立できずに倒れてしまいます。
また、何とか自立している状態であっても、上部画面(Rog Phone本体の画面)で操作しようとすると、指が画面に触れて押される圧力で倒れてしまいますので、正直実用になりません。
最初のうちは、上部構造の背面に何かを置き、それに寄りかからせることで凌いでいましたが、現在は「Dockの下部の隙間部分」とその隙間部分に収まる厚みの「充電バッテリー」の両方にマジックテープを貼り、Dock使用時のみにバランス用として、本体下部の隙間部分に「充電バッテリー」を貼りつけています。ただし、残念ながら根本的な解決にはなっていませんので、次の策を考慮中です。

【総評】
スマホ本体の性能だけで選ぶのであれば、別の機種を選択したと思います。
Rog Phoneを選択したのは、非常に興味深く感じられた幾つかの純正アクセサリーがあったから、ということに他なりません。

上述の通り、TwinView Dockは製品としてまだまだ煮詰められていないものだと思いますが、その価格は現在3万円強です。
これだけで低価格スマホが買えてしまいます。個数が稼げないアクセサリーなので仕方ない面もあるのですが、さすがに高すぎます。更に、これにRog Phone本体を加えると15インチクラスのゲーミングノートPCが買えてしまうようなお値段になってしまいます。

人それぞれ、色々なニーズ、様々な使い方があるはずですので、そのお値段に見合うだけの価値を見いだせるかどうかなのですが・・・

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ZRCKさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:42人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
11件
薄型テレビ・液晶テレビ
0件
5件
コーヒーメーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性3
レスポンス5
画面表示5
バッテリー4
カメラ3

【デザイン】
全体的に好みの分かれるデザインですが、個人的には好きです。
前面はノッチ無し、スピーカー上下対象、ゴリラガラス6
背面は主にガラス、一部金属で幾何学模様がとてもキレイです。
ケースも廃熱を考慮してある作りで、ケーズがべったり背面につくようにはなっていません。

【携帯性】
分厚く重い分類ですが、程よい厚みが個人的には持ちやすいです。
付属のケースを付けても側面が無いので幅はほぼ変わりません。
耐水性もあるので雨も気にせず使えるのも◎。

【レスポンス】【画面表示】
これはすごいです。びっくりするぐらいぬるぬる動きます。
HDR対応ですが有機ELを使っていた人なら違いは分かりにくいかも?
それでも他の機種と比べると鮮やかな気がします。

【バッテリー】
ゲームしない時の持ちは良いですが、高クロックでゲームをしていると減りは早いです。
ゲームに応じてクロック数設定できるのでその人次第で改善できるかと。
充電時間は素晴らしく早いです。quickcharge2辺りの人はビックリするのでは?

【カメラ】
良くも悪くも無いと言った感じです。
ポートレートもそこまでおバカじゃない加工になるのでまともな方かと。

【総評】
iPhoneには未だ勝てないandroidですが、androidの中では非常に良い機種が登場したと思います。
スコア見てもうiPhoneへ行こうと思っていましたが留まらせてくれました。
個人的に

sim2枚、ノッチ無し、有機EL、ステレオスピーカー、イヤフォンジャック、USBタイプC

上記が外せないポイントでした。
それに加え、ハイスペック帯の性能で反応速度の高いディスプレイと今の所不満な所はありません。
後継機にも期待できる機種だと思います。

参考になった17人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スマートフォン]

スマートフォンの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意