AI-301DA-Z/B [ブラック] レビュー・評価

2022年 1月29日 発売

AI-301DA-Z/B [ブラック]

  • 小型アンプにBluetoothとUSB入力を搭載しハイレゾ再生にも対応したステレオプリメインアンプ。横幅215mmでテレビやノートPCの高音質再生に最適。
  • デジタル入力をテレビと接続しテレビの電源に連動してオン・オフでき、リモコン学習機能によりテレビのリモコンでアンプの音量をコントロールできる。
  • Bluetoothレシーバーを内蔵し、SBC、AAC、高音質の伝送が可能なaptXにも対応しているため、スマホやタブレットPCからも高音質で再生が可能。
AI-301DA-Z/B [ブラック] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

定格出力:15W/8Ω/28W/4Ω 対応インピーダンス:4Ω〜8Ω 再生周波数帯域:2Hz〜100kHz アナログ入力:2系統 AI-301DA-Z/B [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AI-301DA-Z/B [ブラック]の価格比較
  • AI-301DA-Z/B [ブラック]の店頭購入
  • AI-301DA-Z/B [ブラック]のスペック・仕様
  • AI-301DA-Z/B [ブラック]のレビュー
  • AI-301DA-Z/B [ブラック]のクチコミ
  • AI-301DA-Z/B [ブラック]の画像・動画
  • AI-301DA-Z/B [ブラック]のピックアップリスト
  • AI-301DA-Z/B [ブラック]のオークション

AI-301DA-Z/B [ブラック]TEAC

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2022年 1月29日

  • AI-301DA-Z/B [ブラック]の価格比較
  • AI-301DA-Z/B [ブラック]の店頭購入
  • AI-301DA-Z/B [ブラック]のスペック・仕様
  • AI-301DA-Z/B [ブラック]のレビュー
  • AI-301DA-Z/B [ブラック]のクチコミ
  • AI-301DA-Z/B [ブラック]の画像・動画
  • AI-301DA-Z/B [ブラック]のピックアップリスト
  • AI-301DA-Z/B [ブラック]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > プリメインアンプ > TEAC > AI-301DA-Z/B [ブラック]

AI-301DA-Z/B [ブラック] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.34
(カテゴリ平均:4.51
レビュー投稿数:3人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.69 4.36 -位
操作性 リモコンや本体の操作のしやすさ 4.00 4.14 -位
音質 臨場感、音質の良さ 4.66 4.54 -位
パワー 最大音量の大きさ 4.34 4.48 -位
機能性 機能が充実しているか 4.34 4.23 -位
入出力端子 端子の数 4.69 4.24 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 5.00 4.30 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

AI-301DA-Z/B [ブラック]のレビューを書く

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

ゆうたまんさん

  • レビュー投稿数:40件
  • 累計支持数:176人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
5件
1229件
スマートフォン
3件
49件
デジタルカメラ
2件
18件
もっと見る
満足度4
デザイン5
操作性4
音質4
パワー5
機能性4
入出力端子5
サイズ5

【デザイン】
本体には電源、ソースセレクタ、ボリュームしかなくスッキリしています。

【操作性】
ボリュームが固いかな。
リモコンで操作するとノブも動くタイプです。
ソースセレクタもノブにしてほしかったけど、基本OPTICAL固定なので問題ありません。

【音質】
正直16ビットと24ビット、44.1kと96kの違いなんてよく分からない耳ですが。
前機種AI-101DAとの比較で。。。あまり違いはありません。
強いていえば左右の音の分離がよくなり一皮剥けたようなクリアな感じ。
ただ、ちょっとのっぺりした音かな。厚みがなくなったというか。
あまり音量上げずBGM的な使い方なのでそう感じるのかも。
で、音を少し上げてみるとクリアで奥行きも感じすごくいいです。
まだUSB試してませんが、前機でUSBより光の方がノイズ感なくクリアでよかったので光接続にしています。

【パワー】
PCオーディオとして机で使用しているので、十分です。

【機能性】
特になし。

【入出力端子】
光入力で使用中。
USBは試してないけど、光で不満無し!

【サイズ】
ここが一番のこだわり。
薄くて幅のないアンプは中華製アンプ以外はTEACしか選択肢ないと思う。
机の上に置いて使うのにちょうどよいサイズです。

【総評】
前機種とそんなに音は変わらないので、差し替えてそのまま使用OKでした。
音量しか調整できませんが、全然いい音です。

レベル
初心者

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ジュニパパさん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:297人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
9件
6件
スピーカー
5件
0件
マッサージチェア
2件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
音質5
パワー4
機能性5
入出力端子5
サイズ5

書斎のPCオーディオ用アンプとして購入。

これまでPCスピーカーとしてBose SoundLink Revolve II Bluetooth speaker を使用していたが、当初想定の有線接続が認識されない現象が頻発し、仕方なくBluetooth接続で凌いでいたものの動画視聴時の僅かな音声遅延にストレスを感じ、PCからの有線接続で音質の良いコンパクトなオーディオ環境を構築したく、本機に行き着いた。

コンパクトなボディーに、自分にとって必要な機能(USB-DAC、プリメインアンプ、Bluetoothレシーバー)を網羅する。
構成としては、PC --- オーディオUSBケーブル --- 本機 --- SPケーブル --- DALI SPEKTOR 1。
スピーカーもコンパクトなパッシブスピーカーを選択したため、USB-DACとパワーアンプの両方を内蔵する本機は条件にピッタリ。

【デザイン】
ブラックを選んだが、無駄のないスッキリとしたデザインで、ヘアライン調の本体は質感も良い。
サイドパネルが適度なアクセントとなっているが、新モデルではボディとパネルが同色になったことで違和感がなくなった。最高級ではないが、中華アンプに比べれば遥かに高級感があり、適度に洗練されている。
電源ON時のインジケータがさり気なく青く光り、薄暗い部屋での雰囲気にもマッチ。

【操作性】
本体のソースセレクトボタンはワンボタンなので複数回押さなければならないが、リモコンには入力ソース毎にボタンがあるので支障はない。
自分はほぼUSB入力固定、たまにBluetooth接続程度なので、特に問題なし。

【音質】
数十万円もするアンプには敵わないと思うが、必要十分な音質を奏でる。小音量でも、ある程度の大きな音量でも、解像感の高い、とても澄んだ音を聞かせる。
PCスピーカーとして使用していたBose SoundLink Revolve II を2台ステレオモードでBluetooth接続した音質と比較しても、明らかに解像感が高まっている。SoundLink Revolve II も Bluetoothスピーカーとしては非常に高音質でありステレオモードでは臨場感が半端ないが、本機にパッシブスピーカーを接続した音は定位感と音場感が更に上をいっている。
こちらも非常にコンパクトなブックシェルフ型スピーカーである DALI SPEKTOR 1 との相性は悪くないと感じる。小音量でもパンチのある低音を響かせ、弦の擦れる音やボーカルの息遣いを繊細に表現する。
因みに、25年以上前に購入したDENON(当時は「デンオン」って言ってたなぁ)の30万円クラスのハイコンポのスピーカーと繋いでみたが、コンポのアンプ(PMA-9.5)より解像感が高く音質は上がると感じた。

【パワー】
書斎のような比較的限られた空間で、静かに音楽や映画を鑑賞する目的では、本機のパワーは必要十分。

【機能性】
USB-DAC、プリメインアンプ、デジタル音声入力2系統(OPTICAL、COAXIAL)、アナログ音声入力、Bluetoothレシーバー、サブウーハー出力。これだけの多機能をこのコンパクトボディに内蔵しているものは、他に見当たらない。
PC の起動に連動する自動電源オン機能やオートパワーセーブ機能が何気に重宝する。

【入出力端子等】
入力:USB-B、Bluetooth、OPTICAL、COAXIAL、アナログ音声 x 2
出力:スピーカー、サブウーハー、ヘッドホン(6.3mm)
自分は USB-B入力 と Bluetooth接続 しか使用していないが、将来性を考えても十分である。

【サイズ】
書斎のような限られたスペースには最適なサイズ(W215 x H61 x D254mm)。幅、高さ、奥行とも手頃で、デスクトップでも邪魔にならず、それでいてさり気ない存在感を醸し出している。
なお、競合機となりそうな DENON PMA-50、PMA-60は、本体の高さが 86mm あり、自分の設置条件(高さ68mm以下)にサイズがあわなかったため対象外とした。

【総評】
このコンパクトボディーに、自分の欲しい機能(USB-DAC、プリメインアンプ、Bluetoothレシーバー)を全て兼ね備えたものは他にあまり見当たらず、たまたま新モデルが出たばかりということもあり購入したが、大正解。
旧モデルや他社製品との比較はしていないが、機能性、質感、音質、全てにおいて満足度が非常に高いPCオーディオ好適アンプである。

評価☆5は、あくまでも今回の使用条件(サイズ、機能)を前提にした場合の評価であり、使用目的や前提が異なれば評価も変わってくることには留意されたい。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

売りつくしさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
1件
7件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性4
音質5
パワー4
機能性4
入出力端子4
サイズ5

当方、オーディオど素人ですのでそれを前提に参考にしてください。

コロナ禍で自宅時間が増えて、自宅で音楽聞いたりテレビ見たりする機会が増えたのでいい音で楽しみたいと思い、ネット検索して、新発売されたと知り購入。

古い東芝レグザ(Z8000)と光デジタル接続
スピーカー JBL Control 1 Pro
スマホとBluetooth接続

どこまでがスピーカーのおかげで、どこまでがアンプのおかげかわかりませんが、非常にクリアで高音から低音までバランスよく鳴ります。

同一音源を
・レグザ内蔵のスピーカー
・TEAC AI-301DA-Z+JBL Control 1 Pro
で聴き比べるとあまりの格差に笑ってしまうぐらいで、ニュースアナウンサーの声の艶までが感動的。
Bluetooth接続のJPOPやJRockにも聞き惚れてます。

電源連動機能と赤外線リモコン学習機能に期待してました。
電源連動はレグザをオフにしても、光デジタル端子出力がテレビ裏稼働中は切れない設計になっているせいで、残念ながらうまく連動してくれませんでした。(レグザのせいでアンプのせいではありません。)

レグザからUSB給電タイプの光デジタル分岐器を介してアンプに接続
レグザをIC記憶式連動タップに接続し、タップにUSB充電器を挿して光デジタル分岐器に給電
というやり方で解決しました。

光デジタル端子を確実にオフにしてくれるテレビならもっとスマートに連動できるはずです。

赤外線リモコン学習は便利です。アンプとテレビの音量が同時に増減してバランスが崩れたりするので、テレビのイヤホン端子に100均の短いケーブル挿して音消して、音声はアンプのみにして使ってます。

トータルでは十分に満足しています。コスパもいいと思います。
次はサブウーファー追加したくなりました。

レベル
初心者

参考になった16人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

AI-301DA-Z/B [ブラック]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

AI-301DA-Z/B [ブラック]
TEAC

AI-301DA-Z/B [ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2022年 1月29日

AI-301DA-Z/B [ブラック]をお気に入り製品に追加する <102

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

  • 【欲しいものリスト】PC
  • 【おすすめリスト】PC
  • 【おすすめリスト】PC
  • 【おすすめリスト】PC
  • 【Myコレクション】リスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意