CX Plus True Wireless [BLACK] レビュー・評価

2021年 9月28日 発売

CX Plus True Wireless [BLACK]

  • アクティブノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン。ハイレゾ相当の高音質コーデックaptX Adaptiveに対応。
  • 外音取り込み機能を搭載。長時間の通話やオンライン会議などで重宝する片耳使いが可能で、片耳で通話しながらもう片方を充電できる。
  • IPX4の防滴仕様でエクササイズ、ワークアウト中でも使える。再生時間はイヤホン単体で最大8時間、充電ケースを使用すると最大24時間の再生が可能。
CX Plus True Wireless [BLACK] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥16,632

(前週比:-1,848円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥16,632

eイヤホン

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥16,632¥21,780 (9店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥16,632 〜 ¥16,632 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:完全ワイヤレス(左右分離型) 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:5Hz〜21kHz CX Plus True Wireless [BLACK]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • CX Plus True Wireless [BLACK]の価格比較
  • CX Plus True Wireless [BLACK]の店頭購入
  • CX Plus True Wireless [BLACK]のスペック・仕様
  • CX Plus True Wireless [BLACK]のレビュー
  • CX Plus True Wireless [BLACK]のクチコミ
  • CX Plus True Wireless [BLACK]の画像・動画
  • CX Plus True Wireless [BLACK]のピックアップリスト
  • CX Plus True Wireless [BLACK]のオークション

CX Plus True Wireless [BLACK]ゼンハイザー

最安価格(税込):¥16,632 (前週比:-1,848円↓) 発売日:2021年 9月28日

  • CX Plus True Wireless [BLACK]の価格比較
  • CX Plus True Wireless [BLACK]の店頭購入
  • CX Plus True Wireless [BLACK]のスペック・仕様
  • CX Plus True Wireless [BLACK]のレビュー
  • CX Plus True Wireless [BLACK]のクチコミ
  • CX Plus True Wireless [BLACK]の画像・動画
  • CX Plus True Wireless [BLACK]のピックアップリスト
  • CX Plus True Wireless [BLACK]のオークション

満足度:4.26
(カテゴリ平均:4.26
レビュー投稿数:13人 (プロ:1人 試用:1人)
  1. 3 0%
  2. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 3.27 4.18 372位
高音の音質 高音部の音質の良さ 4.02 4.15 241位
低音の音質 低音部の音質の良さ 4.10 4.13 210位
フィット感 装着したときのフィット感など 3.98 4.07 270位
外音遮断性 外の音を遮断するか 3.86 3.81 200位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 4.65 3.78 19位
携帯性 コンパクトさ 3.93 3.82 243位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

CX Plus True Wireless [BLACK]のレビューを書く

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェッショナルレビュー
画像付き
動画付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

kumatamachanさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
Bluetoothスピーカー
1件
0件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
高音の音質3
低音の音質3
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性4

使用してわずかですが、ジョギングしながら好きな音楽を聴くと気分がいいです♪音がとても良いですし、フィット感が特に申し分ありません。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

hi1289さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン2
高音の音質4
低音の音質4
フィット感3
外音遮断性3
音漏れ防止無評価
携帯性3

【デザイン】
カッコよくはない

【高音の音質】
【低音の音質】
割と好み

【フィット感】
自分の耳には少し合わないのかも
いいところにはめる必要あり

【外音遮断性】
イマイチ

【音漏れ防止】
不明

【携帯性】
まあまあコンパクト

【総評】
まあまあ気にっている
Amazonのセール時に
1.5万程度で買えたのはよかった
通勤時に気にせず使える

ノイズキャンセリングと外音取り込みは
おまけと割り切る方がいい

レビューをみて、このイヤホンでイマイチらしいのですが、MOMENTUM True Wireless 3とか他の人気イヤホンは、どんなもんなのか非常に気になってしまった…

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

サンジュリアンさん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:93人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
15件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
3件
ヘッドホンアンプ・DAC
6件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
高音の音質4
低音の音質5
フィット感3
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性4

【デザイン】
普通というか特別高級感がない廉価版ゼンハイザーという印象
【高音の音質】
鋭い高音ではないが聴きやすい音、全体に中低音よりの音でもう少しヌケが良ければと思うが聴き疲れないリスニング向き
【低音の音質】
サブベースは出ていないと思うが,低音の量は通常のtwsで多い方であると思う
弾む様なキレのある低音ではないが全体に濃い目の音色
【フィット感】
良好で適切なイヤピースを選べは問題なし
【外音遮断性】
良好,特にノイキャンをオンにしなくても問題ないレベル、逆にノイキャンをオンにしても違和感がない自然な音
【音漏れ防止】
良好
【携帯性】
ケース自体が平均的な大きさなので問題なし
【総評】
ヘッドホンは多数所有してるが初のゼンハイザーのイヤホンであるけど、一聴した時に感じた濃厚な音はゼンハイザーのヘッドホンに通じる濃厚で中低音寄りの音、TWSとしてはこの濃厚な音色は独特であると思う

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

川崎のケーズさん

  • レビュー投稿数:118件
  • 累計支持数:4166人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

液晶テレビ・有機ELテレビ
32件
9件
自動車(本体)
35件
0件
カーナビ
14件
18件
もっと見る
満足度4
デザイン3
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止5
携帯性4

【デザイン】
本体は大きくデザインは好みで別れるところ。
ケースはプラスチッキーで少し安っぽい。

【高音の音質】
全然悪くはないがソニーのようなきらびやかさは感じられなかった。
粒立ちのいい高音を期待してたからかもしれない。

【低音の音質】
最初聞いた時は低音はあまり出てなかったのでバスブーストをかけるもいい音にならず。
ただイヤホンを耳の奥まで深くさすと驚く程低音が出るようになった。

【フィット感】
大きいわりにちゃんと耳にフィットする。

【外音遮断性】
ノイキャン性能は優れてると思った。

【音漏れ防止】
カナル型なので音漏れはほとんどない。

【総評】
ドンシャリ系ではなくどちらかと言えばナチュラルサウンドではあるが、そこまで透明感のある音でもない。
評価を過信して期待せずに購入した方がいいと思います。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度4
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

iPhoneXと大きさ比較

デザインと質感のご参考に。

充電器兼用ケースに収めた様子

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
スマートフォンと組み合わせて試聴しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
形状は「CX True Wireless」と非常に近いですが、充電ケースのロゴが銀色で、イヤホン外側に艶有のプレートと、装飾への意識を感じます。

【高音の音質】
静寂を感じる高音質ですが、音量を上げ気味にすると、子音は刺さるほど刺激が強くないものの、高域がやや耳に付きます。ANCがオンでもオフでも、この傾向は同じでした。一方、音量を絞り気味にすると、この刺激部分が聞こえなくなり、バランスが整って明瞭なサウンドに。ANCモデルでもあり、小音量でのリスニングに最適化されているのかもしれません。

【低音の音質】
常用音量ではやや低域が薄く、アプリで「バスブースト」をオンにすると、今度は少しブーミー気味になって、全体的にモヤっとします。いろいろ試していると、比較的小音量で「バスブースト」をオンにすると厚みが増し、高域も含め、全体的にバランスが取れて良い感じになります。

【フィット感】
「CX True Wireless」と似ています。少し大柄ですが、捻じ込むように装着するとしっかり固定でき、脱落の不安感もありません。耳穴への収まりも快適で、老舗メーカーの良さを感じます。

【外音遮断性】【音漏れ防止】
本製品はANC機能を搭載しています。
まず、オフからオンに切り替えても、変化を感じないほど自然で驚きました。もちろん、閉塞感のような感覚も皆無です。
ノイズキャンセリング効果は、大型スピーカーから様々なタイプの騒音を鳴らして疑似的に確認しました。低減効果は強力ではありませんが、低域から高域までバランスを重視しているようで、違和感を覚えないのは良いと思います。絶対的な低減効果よりも、自然さ、音質への配慮を優先したものと思われます。

【携帯性】
イヤホンは大柄ですが、充電器は充分にコンパクトです。携帯性は良好です。

【総評】
ANC効果と高音質は相反する部分もあります。ANC機能を必要としつつも、音質を優先されたい方にとって、本機は良い選択だと思います。高音質モデルとしては、aptX Adaptiveへの対応もプラスですね。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

赤鰤箱さん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:94人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
88件
スマートフォン
6件
33件
au携帯電話
1件
7件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感3
外音遮断性3
音漏れ防止5
携帯性4

【デザイン】
コンパクトで軽いのが良い、シンプルなデザインが落ち着いていてグッド。

【高音の音質】
AACでは物足りないがaptX以上のコーデックを使える機器では
澄んだ高音質を楽しめます。

【低音の音質】
重低音が好きという方には物足りないかもしれませんが
イコライザーで調整可能です。

【フィット感】
私は耳の穴が小さいのでイヤーピースはXSを使用しています。
フィッティングできているのか最初はわかりにくいですが慣れれば問題なくなります。


【外音遮断性】
パッシブだけでもかなり周囲の雑音を遮断します。
アクティブを使うと更に遮音性が高まります。


【音漏れ防止】
殆ど音漏れしません。


【携帯性】
コンパクトで持ち運びしやすい


【総評】
様々な機器に接続して使うという方にはお勧めの1品。
ハイレゾを楽しめる機器との接続で本領発揮します。
iPhoneだけでしか使わないという方にはAACコーデックとなってしまうので
aptX以上のコーデックが宝の持ち腐れとなってしまいます。

スマホアプリで登録した接続先を切り替える事ができるのは結構便利。

通話品質もかなり優秀
自転車乗りながらの通話でも相手と問題なく通話可能でした。



参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

よくないものリストさん

  • レビュー投稿数:56件
  • 累計支持数:663人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
18件
0件
掃除機
6件
0件
ゲーム周辺機器
3件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン1
高音の音質2
低音の音質1
フィット感1
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性3

つけ心地のことをまるで考えてない形状。
マラソン程度の運動で耳からすぐに落ちる。
付けごこちならeah-az60が良い。激しい運動をしても全く取れない。

ノイキャンがだめ。wf-1000xm4やeah-az60で消えてくれた換気扇の音がゼンハイザーのノイキャンだとしっかり聞こえる。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヤマトタケシさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:163人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
3件
ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
5件
ウェアラブル端末・スマートウォッチ
1件
3件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止無評価
携帯性4

現在使用中の他のワイヤレスイヤホンとの比較も書きます

・SONY WF1000XM4
・DEVIALET GEMINI
・JABRA Elite 85t

【デザイン】
  
ドイツらしい無骨さただよう角ばったドライバーの形状は好きです。
ケースから取り出すときも取り出しやすくピアノブラックの質感もいいと思います
ただケースがちょっとプラスチッキーで薄い感じでしょうか。軽量化にはいいと思いますが。
自分が他に使っているイヤホンのケースがワイヤレス充電対応のため重量感があるのでそう感じるのかもしれませんが・・・。

【高音の音質】
 
このイヤホン主な使用目的がPCでのゲーム用なので 必要十分です。
広がりを感じる一方で DEVIALETほどの解像感はありません。
イコライザーは低音 中音 高音 と3バンド調整のみのいたってシンプルですが
ポッドキャスト向け とか バスブースト といった目的に特化した内容のプリセットも用意されています。 ポッドキャスト向けにすると 中高音もクリアに聞こえていい感じです。

【低音の音質】

低音の質感を重視したいので ここは購入前に迷いました
7mmドライバーが小さくはないだろうかと思いましたが バスブーストを選択すれば
豊かで迫力のある低音を楽しめます。
ただここも高音と同じく解像感にやや欠けますが
ゲーム音主体の自分の目的であれば十分満たしていました

【フィット感】

これはすばらしいです。jabra もよかったですがそれと同等ですね
DEVUALETとは比較になりません(笑)
長時間(6時間)着用していても ズレや痛みもなく快適でした。
ノズルは短めですがケースの内部が深いため多くののイヤピに対応できそうなので
遮音性の高いものに交換してもいいかなと思っています

【外音遮断性】

室内で使用する分には 外の音を適度に防いでくれて キーボードの打鍵の音も
充分カットしてくれます
ただ、外での 特に高音に当たる音は スルーして入ってきます
電車内で使用してみましたが 低音は比較的よくカットできているかと思いますが
高い音(車内放送のスピーカサウンドや女性や子供の高い声)はけっこう入ってきます
ノイキャンの強さに関しては 外での使用ではあまり期待しないほうがいいかも。
SONYが全般にまんべんなく遮音するのに比べ JABRAは低音ダメ こちらは高音ダメな感じ
DEVIALETはこちらと同じような遮音性の程度だったので NUARLのイヤピに変えて
そこそこ改善できました。
 
【携帯性】

4機種の中では最も軽量です。 ワイヤレス充電がない分当然でしょうが(笑)
男性の握りこぶしの中に隠れるくらいなのでコンパクトでいいと思います

【操作性】

専用のアプリでカスタマイズが可能です。
イコライザーに関しては項目は少ないですが 必要十分にカスタマイズできるシンプルさは
いいと思います。
左右のタッチセンサーを使用して 外音取り込みのON OFF や曲の停止 音量調節ができます
実は音量調節が他機種では曲者で SONY と DEVIALTは 一般的な設定では音量調節はできません
どれかをつぶさないとできないという不便ぶり。
しかも 本機はタッチされるとポン と音が出て音量も都度ポン音で加減の分量が分かるようになってますが DEVIALETにいたっては プチ とノイズみたいな音しか出ないので非常にわかりにくい。外音取り込みも長押しと不便・・・ DEVIALETの操作性は非常に悪いです

操作性に関しては本機はすごくいいと思います  

【総評】

長時間接続ができて 音楽目的では使わないが質のいい低音重視 APT-Xで使いたい という
自分の目的には最高にフィットしていました。
ノイキャンありでAPT-X接続で6時間は十分持ちます
遮音性も室内用途なので問題なし。 なにしろ付け心地がすばらしい
付け心地の不快さでほかに2機種 失敗したイヤホンもありました(笑)

それにしてもワイヤレスイヤホン沼 おそろしいですね
こんなもの1台あれば十分だろうと オールラウンダーなSONY WF1000XM4を買ったのですが DEVIALTに出会ってから 用途別にイヤホンは必要だと感じました

音楽特化のDEVIALET
ノイキャンのSONY
マルチポイントが超便利なJABRA
音質はそこそこよくて長時間接続が快適な本機種

最終的な感想としては この価格でこれだけの内容を実現させている本機は
旧機種からの乗り換え含め 多くの人におすすめできる機種ではないかと感じました

主な用途
ゲーム
接続対象
PC

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Uehara課長さん

  • レビュー投稿数:200件
  • 累計支持数:1178人
  • ファン数:12人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
128件
1192件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
26件
250件
デジタル一眼カメラ
1件
55件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

ケースから取り出し難いのが数少ない欠点。

イヤピはセドナのearfit crystalに変更。

操作内容はモメンtw2と同じに変更。

購入年月日:2021年10月11日
購入方法:Amazon


一部の方にはモメンの新型が出るまで待ちですねぇ。なんて言ってましたが、物欲に正直な....ってか我慢出来ずに結局購入してしまいました。

今月は趣味に随分散財してますね(^^;

接続先は主にXPERIA1。時々AKのSR25やAK70mk.2のような小型dapにも接続しています。

※購入直後の印象です。


【デザイン】

形は手元にあるcx400btにそっくり。
しかし、よく見ると微妙に筐体の大きさが小さくなってます。
しかし、2つ並べて比較しないと分からない位の微妙な差です。

もう少しデザインや機種名に変更が有っても良さそうです。
3機種続けて似たデザインで出すのはユーザーからも飽きられそうです。

ノズル先端からフェイスプレート迄の長さがほんの少し短くなってます。自分の様に耳周りが小さくても、外耳道や耳介への負担が少なく、更に耳の外に飛び出る量も少ないです。


【高音の音質】【低音の音質】

cx400処かモメンタムtw2と比べても高音域の抜けが良く、低音域の量感が良い感じに抑えられてると思います。
しかし今までのゼンハイザーの音が好きな方々は低音域の物足りなさを感じるかもしれません。

普段使用しているElite active75tやElite85tに比べると外音取込時のホワイトノイズが若干多く感じますが、充分に会話出来る性能があります。

【フィット感】

微妙に筐体サイズが小さくなってますし、ステムも短くて外耳道の入り口に蓋をするように装着します。
ファルコンみたいに外耳道の奥まで入れる機種ではありません。此方の方が外耳道の湾曲がキツい自分にはフィッティングさせ易いです。

付属のイヤピはサラサラしていて、耳の中で滑る様な感覚だった為、粘着系イヤピ、セドナのear fit crystalに交換しています。サイズはSです。

【外音遮断性】【音漏れ防止】

四角い筐体を耳にねじ込んで蓋をする感覚。パッシブ時の遮音性は高いです。

しかしモメンtw2の時みたく、アクティブノイキャンは其程強くないです。モメンより僅かに強く感じる気もしますが使用イヤピの差かも。

音漏れは自分が普段聴く音量なら全然問題なし。


【携帯性】

充電ケースが小さいですから、持ち運びも楽々。自分は専用のシリコンケースを装着、何時もの如くtileを取り付けました。

普段は鞄のサブポケットに入れてます。立方体形状ですからワイシャツの胸ポケットに入れると不自然に膨らんで格好はよくないです。

【総評】

今迄のゼンハイザーに比べると更に安価で、音質はモメンタムTW2
より高音域の抜けがよく、低音もCX400やモメンtw2より絶妙に抑えられて、自分的には此方の方が好みドンズバ&ド真ん中。

ゼンハイザーのワイヤレスイヤホンの中ではクセも少なく、より万人受けすると思いますよ。

色味はホワイトとブラックがあれば取り敢えずは充分ですが、何故か化粧箱の差し色で使われているライトブルーが無いのが凄く不思議。
この色ってゼンハイザーのコーポレートカラーとは違うのですかね?
それとも成型色でこの色味を出すのが難しいとか?
白ベースでフェイスプレートにライトブルーを使ったデザイン、中々良さそうですけど。
1度位は記念限定モデルでも良いからこんな感じの配色でイヤホンやヘッドホンを造って頂きたいですね。


※年末年始辺りで再度レビュー予定です。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

九中七八さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:64人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
5件
12件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止無評価
携帯性4
   

ノイズアイソレーションイヤーピース

   

【音質の比較】
この機種は、他機種との比較が気になると思うので、気に入っているTWSと比較してみました
・Momentum true wireless 2との比較
MomentumTWS2の高音をイコライザで少し持ち上げたような音質
低音はイコライザで持ち上げるというよりは、量感が増えている感じ
 基本的には似ていて、MomentumTWS2にドンシャリが加わった印象
・Sony wf1000xm4との比較
 解像感は、m4の方が上 AAC接続なら、CX
 音の響きはCXの方がが良く、m4の方が締まりがある
音の定位はどちらもしっかりしているけれど、箱だし状態なら、CXの方がしっかりしている
 m4は音源のデジタルっぽさまで聞こえてしまうことがあるので、音源次第では、CXの方が生々しく聞こえる

【イヤーピース変更について】
イヤーピースによっては高音が刺さるので、高音が抑え目になるイヤーピースが良い
特にsonyのノイズアイソレーションイヤーピースが相性が良く、定位感や響きも良くなり、遮音性も上がった。ケースへの収納も問題ない。
ノイズアイソレーションイヤーピースは、wf1000-xm4よりも、cx plusのために作られたかのように感じる
ただし、xm4に装着したときより少し大きく感じる位置で安定するため、耳の小さいひとには辛いかもしれない
ノイズアイソレーションイヤーピースへの交換込みなら、音質でも、momentum tws2を超えたと思う

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった23人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

氷の爆笑さん

  • レビュー投稿数:58件
  • 累計支持数:279人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
6件
88件
デジタル一眼カメラ
0件
80件
シェーバー
2件
28件
もっと見る
満足度5
デザイン3
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止無評価
携帯性4

このイヤホンで完全ワイヤレスは3台目。4年目を迎えた愛機(1台目)のバッテリーがそろそろへたりはじめたため、2台目はゼンハイザーを是非にと思っていたが7月に発売されたCX True Wireless はノイキャン、外音取り込みが搭載されず、この価格帯でこれらが搭載されたら購入しようとこれを見送り、他のエントリークラスを2台目として8月に買ったばかりだった。

【デザイン】
デザインは特筆すべきところは殆んど無く質感もごく普通で高級感とは無縁の印象。逆にそんなところが武骨なドイツ製らしい機能に徹した機能美なのかもしれない。

【高音の音質】【低音の音質】
低域から高域までバランスしており非常にフラットでどこかの音域が突出しているような感じが全く無い。全域で音の粒立ちが細かく、且つ密度の高い厚みのある音に特長がある。他に所持している2台のエントリークラスのイヤホンも非常に音が良いと思っていたが、それらとは音の細かな粒立ちと音の厚みがまず決定的に違っており、加えて音の透明感、音場の広さ、分離の良さなどにもかなり差があるように感じられる。ソフトのEQは調整が3ポイントのみだが充分で、またBass BoostをONにすると上品に低域を持ち上げてくれ曲によってはとても効果的。Bass Boostのような機能は得てしてバランスを無視して単に低域を無理やり増強するようなものも多いが、このBass Boostはそれらとは趣を異にする。

【フィット感】
イヤーピースを更に自分の耳にマッチさせたものを選択すればより良くなると思う。イヤホンの形状としては耳への収まりは非常に良い。

【外音遮断性】【外音取り込み】
外側マイクのみのシングルANCのため効きはそこそこだが、メーカー意図通りイヤホンの形状最適化による高いPNC性能と相まってノイズ低減効果は十分で不満は無い。昨今はANC全盛で各社各モデルで効きの強さを競うようなところがあるが、ゼンハイザーの思想はそれらとは一線を画し且つ成功している。外音取り込みは取り込みの帯域も自然、且つ取り込みの量も十分で特に不満は感じない。

【音漏れ防止】
無評価。但し、PNC性能の高さは逆に言うとそれは音漏れの少なさを示しているはず。

【携帯性】
ケースの大きさは標準的なもの。十分にコンパクトで携帯に支障は無い。

【総評】
音を言葉で評するのは非常に難しい。月並みで、ある意味抽象的な表現だが一言で言えばやはり「いい音」ということだ。他に所持する2台のイヤホンは、ともにエントリークラスながら「いい音」だと思っていたが、このイヤホンの音を聴いてすっかり霞んでしまった。音の深み、厚みがエントリークラスとは圧倒的に違う。「いい音」であることは間違いないが、但し特長的なところがあまり無いので物足りなさを感じてしまう人もいるかもしれないが、そこそこのコストでホンモノを体験したいと思っている本格志向の方に是非お勧めしたい。 

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あしはやじじさん

  • レビュー投稿数:95件
  • 累計支持数:419人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
44件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
1件
スマートフォン
4件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性5

いつも通り、こちらに動画を投稿しています。
https://youtu.be/LCECGokkris

2万円以下で全部入りという事で購入してみました。


【デザイン】
特徴はないですが、好きなデザインです。
CX True Wirelessとの違いはロゴがシルバーに
なっただけ。

【高音の音質】
良い音だと思います。
ざらつきや籠りもなくキレイに鳴っています。

【低音の音質】
ドンシャリではないので上品な低音だと思います。
SONY WF-1000XM4と比べるとやや奥行きがない感じですが良い音には変わりありません。

【フィット感】
本体が軽いし、小さめなので、圧迫感が少なく耳が痛くなりにくいです。
ねじ込むタイプなので、少しだけ圧迫感があります。

【外音遮断性】
しっかり密閉しているので、大半は遮断してます。
ANCは過去のSENNHEISERと同じで弱め。
10点満点の6点くらい。

【音漏れ防止】
試していないので無評価です。

【携帯性】
充電ケースは厚みはややありますが
全体的にコンパクト。
SONY WF-1000XM4よりは小さく、Jabraよりは厚みがある感じです。

【総評】
Momentum True Wireless 2と同等性能と考えると、お買い得なのではないでしょうか。
ということは3は相当レベル高くなるはず。
apt-X Adaptive対応ですが、対応デバイスがないので試せなかったのは残念。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sumi_hobbyさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:197件
  • 累計支持数:3168人
  • ファン数:63人
満足度4
デザイン2
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性3

再生する

製品紹介・使用例
CX Plus True Wirelessのバッテリーケース、蓋はCX True Wirelessより固くなった

 

CX Plus True WirelessのSmart Controlアプリによる音声設定

CX Plus True WirelessのSmart Controlアプリによる動作設定

 

CX True Wirelessが2021年7月8日発売だった後、CX Plus True Wirelessは2021年9月28日発売なので「え、SENNHEISERなのにもう類似の新製品?」と言う驚きは多少有った。

しかしこれはMTW2(MOMENTUM True Wireless 2)のようにSENNHEISERブランドを携えながら製品の上質感を刷り込めば安泰だった2万円台後半クラスから機能を維持しつつ1万円台後半クラスの消耗戦に参入するSENNHEISERの決意に取れる。

1万円台後半クラスの完全ワイヤレスは位置的に中の上、即ちミッドハイで上を見ればハイエンド、下を見ればミッドレンジに挟まれた、ミッドレンジに飽き足らないがハイエンドには手が届かないユーザー層がターゲットになるであろう。

直接の競合品としてはパワフルさを売りにするJBL CLUB PRO+ TWS、カジュアルさを売りにするBeats Studio Buds辺りかなと思うが中小ブランドの力作も揃っているしJabraも黙ってはいないだろう。この先のSENNHEISERの市場価格追随性も含めて注目しておきたい。

【デザイン】
MOMENTUM True Wireless 2の滑らかな曲線に比べるとごつい感じがする所はCX True Wirelessと同様でハウジングは旧製品のCX 400BTをそのまま流用しているように見えるが耳から外すと自動で音楽が停止するスマートポーズ機能のセンサーが埋め込まれている所から区別が付く。

【低音の音質】【高音の音質】
音質に影響を与える機能としてノイキャンが搭載されているが傾向はCX True Wirelessと変わりない。即ちMOMENTUM True Wireless 2に似ているが中音域の高い部分にディップ(凹み)が気持ち感じられ、それが明瞭度の差になって現れている。ただ、奥深さと繊細さを感じさせる所はSENNHEISERサウンドそのもので刺さりとか歪感が無くとても心地よい。

ベースブーストに関してCX True WirelessはON/OFFの差は確認出来なかったがCX Plus True Wirelessはしっかりと乗せて来ているのが確認出来た。ズンズン来る強烈なものではないがキック音やベースは結構音圧感が増す。

【フィット感】
MOMENTUM True Wireless 2に比べると見た目はごついがフィット感としては良好である。ただ、人によっては当たる部分もあるかもしれないので可能な限り試着したほうが良いだろう。その結果としてMOMENTUM True Wireless 2の方が合うならそれはそれで構わないと思う。

イヤーピースがJVCのEP-FX2でも充電ケースに収まったので結構幅広いシリコンイヤーピースに適合可能であろう所から更なるフィット感の向上を目指す事も出来そうである。

【外音遮断性】【外音取り込み】
外耳孔がしっかり塞がれて遮音性は高い。更にMOMENTUM True Wireless 2のマイルドなノイキャンに比べると効きが強いのがはっきりと認識出来る。そうは言ってもBeats Studio Budsよりも効果は薄いようなのでその辺りは音質に重きを置く割り切りが必要かと思う。

外音取り込みは十分なボリュームがあり他社製品と比べて明らかに優位と言う程では無いが違和感を感じずに聞き取る事が可能かと思う。また、通話時は側音を効かせる事も可能である。

【マイク性能】
MOMENTUM True Wireless 2からCX 400BTでは改善が確認出来たが、CX Plus True WirelessではCX True Wirelessと同様にマイク感度が低過ぎて上手く確認出来なかった。別の機会で確認出来たらアップデートしようと思う。

【携帯性】
充電ケースは有りがちなサイズである。15 分間ペアリングされたBluetooth機器が見つからないと自動的にスリープモードに切り替わり、スリープモードはタッチ操作パネルに 1 度触れれば解除されると言う事なので充電ケース無しの持ち運びも可能である。ただ、タッチ操作なので何時の間にかONしてしまう可能性はある。

【機能性】
IPX4の防水性能とLRミックスの完全なモノラルにはならないが片耳交互使用が可能。イヤホンを耳から外すと自動で音楽が停止するスマートポーズ機能はSmart Controlと言うアプリでON/OFFの設定が可能。イヤホン本体でノイキャンON/OFFの割り当ても可能。アプリでイコライザーの調整やカスマイズも色々可能である。

比較製品
JBL > CLUB PRO+ TWS
ビーツ・エレクトロニクス > Beats Studio Buds

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

CX Plus True Wireless [BLACK]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

CX Plus True Wireless [BLACK]
ゼンハイザー

CX Plus True Wireless [BLACK]

最安価格(税込):¥16,632発売日:2021年 9月28日 価格.comの安さの理由は?

CX Plus True Wireless [BLACK]をお気に入り製品に追加する <128

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

イヤホン・ヘッドホン
(最近5年以内の発売・登録)






ランキングを詳しく見る


新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意