Beoplay EQ [Sand] レビュー・評価

2021年 9月10日 発売

Beoplay EQ [Sand]

  • ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。左右の内蔵マイクが周囲の環境に応じてノイズキャンセリングレベルを自動調整。
  • ビームフォーミングテクノロジーが搭載された左右4基のマイクで、クリアな通話品質を実現。Qi規格に対応し、ワイヤレス充電が可能。
  • 装着したまま外の音が確認できる「トランスペアレンシー」(外音取り込み)機能も搭載され、人の行き交う雑踏でも安心して使える。
Beoplay EQ [Sand] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥29,909

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥29,909

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥29,909¥39,900 (9店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥39,900 〜 ¥39,900 (全国39店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:完全ワイヤレス(左右分離型) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:20Hz〜20kHz Beoplay EQ [Sand]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Beoplay EQ [Sand]の価格比較
  • Beoplay EQ [Sand]の店頭購入
  • Beoplay EQ [Sand]のスペック・仕様
  • Beoplay EQ [Sand]のレビュー
  • Beoplay EQ [Sand]のクチコミ
  • Beoplay EQ [Sand]の画像・動画
  • Beoplay EQ [Sand]のピックアップリスト
  • Beoplay EQ [Sand]のオークション

Beoplay EQ [Sand]Bang&Olufsen

最安価格(税込):¥29,909 (前週比:±0 ) 発売日:2021年 9月10日

  • Beoplay EQ [Sand]の価格比較
  • Beoplay EQ [Sand]の店頭購入
  • Beoplay EQ [Sand]のスペック・仕様
  • Beoplay EQ [Sand]のレビュー
  • Beoplay EQ [Sand]のクチコミ
  • Beoplay EQ [Sand]の画像・動画
  • Beoplay EQ [Sand]のピックアップリスト
  • Beoplay EQ [Sand]のオークション

満足度:4.70
(カテゴリ平均:4.26
レビュー投稿数:12人 (プロ:1人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.93 4.18 6位
高音の音質 高音部の音質の良さ 4.84 4.15 23位
低音の音質 低音部の音質の良さ 4.55 4.13 72位
フィット感 装着したときのフィット感など 4.32 4.08 134位
外音遮断性 外の音を遮断するか 3.64 3.81 266位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 4.17 3.78 143位
携帯性 コンパクトさ 4.29 3.82 156位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Beoplay EQ [Sand]のレビューを書く

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェッショナルレビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

都内在住数十年さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
1件
スマートフォン
0件
1件
もっと見る
満足度3
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感3
外音遮断性2
音漏れ防止3
携帯性3

音質は良いと思う。ケータイから聴くとバツだけど、ウォークマンから聞くとすばらしかった。が、接続悪すぎません??いちいち接続のたびに異様に時間かかるし、接続時に右耳から異音がします(問い合わせたら仕様とのこと。そんな仕様あるかな)。そしてすぐ切れる。
とりあえず完全ワイヤレスとしては完成した作品ではないと思いました。出来上がってから世に出して欲しい。

主な用途
音楽

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

xuqnkhebさん 銅メダル

  • レビュー投稿数:230件
  • 累計支持数:1535人
  • ファン数:15人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
207件
57件
イヤホン・ヘッドホン用リケーブル
14件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
4件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性5

美しいブルーです。

中身はシンプル。充電ケース、イヤホン本体、イヤーピース、充電ケーブル

左手前SONY XM4、奥木綿2、中手前が当機、奥DEVIALET、右手前Technics、奥BOSE です。

 

並びは同じ。斜めから

手前の当機は少し丸っこいケースなら入ります。奥はMW08、最小ケースに入ります。

 

●結論
「がんばれるなら これがいいじゃん」です。3万円超クラスではDEVIALET GeminiやMW08と並び 気に入りました。音が気に入ればコスパに関係無く お勧めな逸品です。

●購入経緯
2022.4.6ヨドバシさんが限定色のインディゴブルーのみ31,900円に。ビックさんが追随したので ポイント3%UPの13%を付けて実質27,753円でポチッとしてしまいました。違うブルー色が新たに発売されたのでインディゴブルーは売り切りな気がします。

●環境
iPhone7に接続(AAC)しています。

●接続性
開封後の認識はスムーズでした。また、朝夕の渋谷駅井の頭線ホームからJRに至るエリアでは途絶やふらつきはありませんでした。ただし、左右イヤホンの連携、アプリとの連携、接続安定性については多少の挙動不審もあるので微妙です。

●機能性
・イヤホンでの操作
当初出来なかったらしい曲送りと曲戻しはアップデートで既に実装されており、イヤホン本体側のタップによる操作は個人的に満足出来る割当になりました。
右 2タップ 再生/停止
右 1+長押し 音量増
右 3タップ 曲送り
左 2タップ モード切替
左 1+長押し 音量減
左 3タップ 曲戻し
タップには慣れが必要で 自分の下手なタップによる誤動作は多発しますが、幸いにして音声コントロールへの割当による誤動作は無く、間違ってSiriが起動することはありません。それだけでも嬉しいです。
・ノイズキャンセリング
動作すれば低雑音は消えます。ただし、発動安定性に懸念があり効いたりダメだったりします。切替もアナウンスではなく音なのでわかりにくいです。また、切替から稼働まで多少タイムラグがあったり、オンにできた場合でもふらつきが発生する場合があったり、接続安定性への影響も微妙です。透過(アンビエント)モードは強度を最大にしなければ自然です。
・充電ケースについて
B&OはE8で充電ケースへの充電が出来なくなって使えなくなりました。懸念は残ります。今のところは大丈夫ですが...

【デザイン】
アジア限定色のインディゴブルーにしましたが綺麗です。充電ケースはプラスチックでは無くアルミニウム?なので高級感があります。また、指紋が付いたりもしません。イヤホン本体の形状は丸っこくシンプルです。フェイス部分はBOのロゴがさりげなく入っていて素敵です。

【音質】
深みと厚み、圧倒的に心地良い響き、濁りや篭りが無いクリアーさ、優れた解像度、美しい音粒、優しい音の拡がり、滲み入る低音域、明瞭で張りのあるボーカル、抜けの良い余裕のある高音域、そして各音域のバランスなど、素晴らしいと思います。
ドンシャリでは無く、誇張してボヤけた低音ドッカーンも 高音域キーンの変な強調もありません。バランス良く美麗な音を奏でます。あえて向き不向きを言えば、パワフルで元気というよりは細やかで繊細な響きが活きる音楽分野の方がより感動出来るとは思います。多少音量が取りにくい感じ、ボリュームを上げないと迫力が出ない感じはありますが最大音量にするわけでは無いので許容範囲です。
価格は3万円クラスです。しかし、「もうこれでいいじゃん」と思っていた1-2万クラスの優れた価格性能比の製品とは趣きの違う奥深く美しい音が楽しめます。これは価格が倍でも仕方ないかな... 好みの問題もあるので試聴をお勧めしますが...

【フィット感】
イヤーピースはLサイズにしました。イヤーピースで支えるので緩いと安定しない可能性があります。個人的には収まりは良く感じます。ただし、丸っこくて多少大き目な気もしますので 試聴というか試着してみた方が良いと思います。

【遮音性、音漏れ】
イヤーピース次第ですが、普通です。付属イヤーピースの場合は特に優れている印象はありません。また、音漏れは余程の大音量でなければ大丈夫そうです。

【携帯性】
充電ケースは普通の大きさです。携帯に不都合はありませんが、長さがあるので100均の四角形の最小ケースには入りません。ですので、丸形のケースに入れます。写真をご参照願います。

【総評】
美しく澄んだ音が心地良く響く高級機です。3万円クラスを写真で並べましたが、このクラスになると音はお好みになるかもしれません。クリアーで伸びやかな音質は軽快で素敵です。それでいて低音域もボアつくことなくシッカリと響きます。全体に音が細やかで分離感が良く、深みや奥行き、厚みがあり「あぁ、良い音がするなぁ」と満足できる良い品です。ANCやアプリ連携など微妙な部分もありますが致命的とは言えず、価格性能比だけでは無い 製品としての価値、上質な音の良さに満足が出来る逸品です。「がんばれるなら これがいいじゃん」と思います。 ぜひご試聴を。

追記
2年間の保証はあるようですが、お値段も3万円クラスですので、ネット購入でも実店舗の店頭での対応が可能なヨドバシカメラやビックカメラなどでの購入が安心だと思います。幸い、2022.4.7現在この2社だけPoint引き後で3万円以下で購入ができます。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

はね?さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:164人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
47件
充電池・充電器
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

【デザイン】
ケース、イヤホン共にアルミニウムが使われ高級感があります。
実用性も考えられたデザインで良いと思います。

【高音の音質】
前世代と変わらない綺麗な高音で音源によっては刺激的に感じる点も同様です。

【低音の音質】
前世代と比べると強くなっていますが、低音が長所と呼ばれるような他社の機種と比較すると弱めです。
前世代が必要最低限の低音とするならEQは必要十分な低音が出ています。
アプリのイコライザーで音のバランスは好みに調整できます。

【フィット感】
E8 3rdからはかなり大型化しています。
ステムが長くなり耳の奥まで入れるような感覚はありますがフィット感はとても良いです。

【外音遮断性】
標準の遮音性は前世代と同様で十分あります。
ノイズキャンセルを有効にすることでほとんどの騒音はカットされています。

【音漏れ防止】
耳から外すとイヤホンから音が出なくなるので音が漏れるということはないと思います。
装着時も常識的な音量であればまず漏れないでしょう。

【携帯性】
ケースが薄いので持ち運びはしやすいです。

【総評】
発売直後は未実装の機能がありアップデートを待つ日々でしたが、昨年の11月にノイズキャンセルの強度調整等の事前に予告されていた機能が実装されました。
その後今年の3月に要望の多かったと思われるイヤホン単体での曲送り、曲戻しに対応しました。
他にもGoogle Fast Pairとマルチポイントにも対応し価格に見合うだけの機能性を備えたように感じます。
今までに限定カラー2種とMidnight Blueが発売しており、今から購入を検討される方は色の選択肢も増えて手を出しやすくなったのではないかと思います。

Bang & Olufsenの新モデルは毎回発売直後に色々と不具合もあったりしますが、その都度アップデートで改善してくれるので信頼できます。
例年だと毎年新モデルが発表されていましたが、昨今の半導体不足の影響によりしばらくは新モデルが出ることも無さそうなので長く使っていくことになりそうです。

参考になった39人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ここちくんさん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:104人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
20件
64件
スマートフォン
0件
8件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性5

随分遠回りしました。
ようやく出逢えたと言ってもおかしくない好みのサウンド。気にはなっていましたが、様々なイヤホンを摘み食いしては手放すという事を繰り返しておりましたが、ようやく出逢えました!もう浮気はないと思います(笑)

【デザイン】
上品で高級感のあるシックでオシャレなデザインです。

【高音の音質】
これはいい!
求めていた音質です。透き通るようで高貴な音とでも言いましょうか、聴いていて気持ち良くなります。

【低音の音質】
フラットだと弱い感じはしますが、音楽はやはりバランスです。あの素敵な高音にはちょうどいいバランスの心地良い低音です。弱いと思えばアプリのイコライザーで随分低音の迫力が増します。

【フィット感】
私にはジャストフィットでした。

【携帯性】
高さがなく小さ目のサイズだと思います。

【総評】
いやいや、なかなかの逸品でした。
ようやくたどり着いたという感じでした。
状態の良い中古で29000円で手に入れることが出来たので、安い買い物だったと思います。
Gemini、MW08と4万円コースを持っていますが、音は1番好みです。
ただ、タッチ操作で曲の早送り、曲戻しがあれば言うことなしでしたが、天は二物を与えずで、素晴らしい音質がそんな些細な事としてくれるくらいにいい音です。
近い音を出してくれるのはTechnics AZ70が好みの音でしたが、Beoplay EQ一択になりそうです。
もっと早く購入しとけば良かったなと後悔しております。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった10人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ひもくりさん

  • レビュー投稿数:43件
  • 累計支持数:267人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
16件
2件
プリメインアンプ
5件
0件
イヤホン・ヘッドホン
4件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性4

【デザイン】
E8 3rdよりも本体のデザインは好みですが、ケースの厚さは薄くなったものの幅広のケースになりちょっと大きめなのが残念です。
【高音の音質】
きれいな音がします。音がよく広がって空間表現力は前作よりも高くなりましたが、音の調べは少し抑え目な優しい感じです。しかし、高音が絞られているわけではなくイコライザーで高音を持ち上げなくても十分音量は出ています。
【低音の音質】
音量自体は前作よりも余裕を持った低音の出方です。量感は十分ありますが、音源によっては多少音が暴れているような気もします。音源に低音のベースなどが大音量で収録されているものなどでそのような傾向を感じました。
【フィット感】
軽くフィットする感じです。イヤホン本体を耳に強く押し込まなくても前述の高音、低音が得られます。
【外音遮断性】
結構大音量で聞いているので外音は聞こえません。
【音漏れ防止】
よくわからないので無評価です。
【携帯性】
携帯性は十分あると思います。ただケースの塗装が剥げそうで個人的には外への持ち出しが気になりますがストレスを感じるほどではないと思います。
【総評】
スマホにつないで外を歩いていると風が強いところでは風切り音が少し大きく聞こえるのが少し残念です。屋内や電車、バスの中などで聞くにはとても良いイヤホンだと思います。

音場がE8 3rdよりも確実に広がっていてよいです。高音のサ行が耳に刺さる感じが無くなり耳に優しい感じの音に仕上がっています。イヤホンの装着の角度をほとんど気なしなくても高音質でなってくれるので、夜寝る前に小一時間ベッドに横になって音楽を楽しむのに使用しています。

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった9人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

メロディーレーンさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4

まずは美しいですね。その辺りが、さすがbang &Olufsen だと思いました。
自身ははじめての完全ワイアレスタイプのイヤホンで、少し不安もありましたが、
装着すると、そのしっくり具合に納得です。今まで完全ワイヤレスにしなかった理由は、
耳の装着感が、どのブランドもどうしても気持ち良くなかったので、、、。。さまざまなサイズのカバーを試していました。
それでもカバーを無くしたり、カバンの中に落としたりしていました。
そんな私には、何故こんなにしっくりハマるのか今までの不安が嘘のようです。
あと、ある程度重みがあるので、耳の中でずれません。
少し回転して装着するのも感心する設計。
(他のメーカーも皆こうなんでしょうか….)
音の方はといえば、高音が繊細で、特にバイオリンやピアノなどは素晴らしいです。ソロでなくてもオーケストラのフルバージョンなどの重厚感も圧巻です。
ギターも美しい音色でしたが、弦楽器に強いのかな….とにかく音質は好きです。
完全ワイアレスを使用してこなかったもう一つの理由が、
外での怖さもあったので、外音の取り込みは嬉しい機能でした。
また、皆さんが指摘している曲送りなどは、自分は本体で操作しているタイプなので、
あまりストレスではありませんでした。
使用1ヶ月、ストレスなく満足しています。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

la_pavoniさん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:137人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

その他カメラ関連製品
4件
0件
デジタル一眼カメラ
3件
0件
ビデオカメラ
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性2
音漏れ防止3
携帯性3

周波数特性がどうの、とかの話の前に、まず聞いた瞬間に
「楽器が鳴っている」と感じさせる音質です。
きちんと、音楽が音楽に聞こえるところが多くのイヤフォンとの違い。
レンジを欲張ってはいないものの、音楽がとてもリッチに、豊かに聞けます。

問題なのは、通話音声。
zoomなどでイヤフォン会話の機会が増えた昨今ですが、こちらは通話マイクの音質が悪いのか、相手の音はクリアに聞こえるものの、こちら側の音声は相手にとても小さく、悪い音質でしか届かないようです。

まあ、ノイズキャンセルの能力は今ひとつ。
機能性よりも、豊かな音質です純粋に音楽を聴くデバイスとしておススメです。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

iPhoneXと大きさ比較

デザインと質感のご参考に。

充電器兼用ケースに収めた様子

メーカーサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
iPhoneXと組み合わせ、主に配信音楽で試聴しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
充電ケースはシェルが金属素材で、表面の仕上げが精密な上、色味も落ち着きを感じます。ケース底部が浅めでイヤホンの露出が大きく、指先で摘まみ易いのも実用的で良いと思います。

【高音の音質】
高解像度ですが当たりが柔らかく上質な雰囲気。繊細な音も丁寧に拾い、楽曲に含まれている残響音も長く消え際までスムーズ。こうした聴感上の特性から、音響性能としては歪が低く抑えられているのだと思います。ドライバーも高級なのでしょう。総じて音数が多くゴージャスで上質なサウンドは、価格に見合うものです。

【低音の音質】
高解像度で質感も伴い、音源に忠実かつ表情豊かな高音質です。アコースティック系のサウンドは引き締まって音色が素直、ポップスやロックなどで重低音が含まれている場合は、がらっと違った雰囲気で悠々と重低音再生。必要な場面で心地よくローが効き、小音量でも痩せないなど、低音再生能力の高さを活かした音作りも好感。ジャンルを選ばず音楽を高次元で楽しめると思います。

【フィット感】
ゴロっと大きめで、当方の場合、耳から少し浮く感じです。個人差もあると思いますが、脱落が心配な方や小耳の方は、購入前に試着をお勧めします。

【外音遮断性】【音漏れ防止】
本製品はアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載しています。効果は非常に高く、ゴーッっという低域騒音を中心に、物音などの中高音もキャンセルしてくれます。オンにすると、明らかに「静かになった」と感じられ、また、閉塞感のような副作用を感じないのも美点です。ANCは、価格に見合う完成度と言えます。

【携帯性】
ケース充分に小型軽量。携帯性は良好です。

【総評】
同ブランドの完全ワイヤレスイヤホンは、新モデル毎に音質改善が顕著で、本機は価格に見合う印象。ノイズキャンセリング機能は、BANG & OLUFSENとして本機が初搭載とのことですが、完成度が高く、同価格帯の優秀製品とも張り合えるレベル。ノイキャン機能付きで、ブランド、外観、サウンドにプレミアムを求める方にお勧めできる好製品です。

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

wessaihomieさん

  • レビュー投稿数:40件
  • 累計支持数:410人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
37件
293件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
62件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止5
携帯性5
   

この緻密さ、手元に置くだけで満足です。

   

前作E8 3rd Gen(以下前作)のレビューで、この出来にアダプティブANCが付いたものが見たい!と述べた通り、突然の発売時から絶対購入しようと決めていました。以下、拙い感想を述べます。

○気に入ったところ
・完成度の高い外観、造り
現時点でまだブラックしかありませんので選択の余地がありませんでしたが、ブラックとは言えこれは"黒"ではありません。一言で言うとClassy Black(上品な黒)であり、iPhoneのスペースグレイを濃くしたような味わいある美しい黒で満足度高いです(E8 Sportはまっ黒ですが)。前作ではゴールとトーンにしましたが、これから発売される"サンド"よりこちらのブラックの方が質感表現に長けて上品で好きです。しかも筐体(ハウジング)もまたかなり緻密なスピン加工を施しており、なぜGeminiは…と一瞬感じたのも本心です(笑)。ケースはひんやり、サラサラした手触りなので手の乾く冬場は落とさないか、その点だけが心配です。それにケースの蓋がパカンと開いてバタンと閉まる安っぽいヒンジでないのも好印象です。ハウジングは一旦小型化した前作よりひとまわり大きくなりましたが、タッチ面部分がやや平べったいおかげもあってあまり耳から出っ張って見えません。あと前作のレビューでも言いましたが質感が高く、落ち着いた外観のためにアクセサリーを付けているかのような佇まいで、大人の男性には一番嬉しいデザインですね。

・前作以上に明瞭度と量感の増したサウンド
キラキラして繊細な上にパワーも増した中高音、ズンと重く量感がアップした低音に満足です。ドラムのキックが脳天に刺さります。全体的には大袈裟に言えば透明度の高いモルディブの海に漂うようなクリアな空間が心地良いです。しかもそれでいてGeminiほどの生々しさは無いものの質感表現が前作より飛躍的に豊かになりました。ソロパートやヴォーカルにスッとピンスポが当たって浮き上がるような表現は前作同様、そして音質に関してはギターで言えばフェンダー系のシングルコイルの音、ギブソン系の粘っこいハムバッカーの音も鳴りわけ、ヴォーカルに至っては声帯の震えや擦れ、発声時の舌を濡らすニュアンスも表現しています。エリッククラプトン、ボビーコールドウェル、エドシーラン、カレンカーペンターの発声には鳥肌が立ちました(NUARL N6Pro(2)で物足りないのはここなんです)。ただ補足して言うと音に重さは足りない、と感じたのも事実です。

・質の高いアダプティブANC
強弱だけで言えばBose、SONYが上でしょう。単に"◯○デシベルカットした"に価値を見出す方は本機でなくてSONYへどうぞ。音質を変えず、周りの音をスッと下げて("消して"とは言いません)没入感を高めると言うなら必要充分の質の良いノイズキャンセルです。私の耳には不必要なホワイトノイズも感じません。別に11 段階も要らない、と率直に思いました。

○微妙に感じたところ
・機能性
発表当初から曲送り、曲戻しができない未完であることは織り込み済みなので別にそれ自体は不満に感じませんでしたが、ボリュームのアップダウンよりは優先だろうとは思います。しかもトン・ツー(2タップ長押し)と長押しするボリューム調整は上手く調整できず返ってストレスです。これは前作でも感じていた(1タップ長押しでしたが)不満点です。できるならボリューム調整は独立した物理ボタンにしてほしい、次作はぜひ。

・長めのステムに一瞬ん?でした。
前作の耳介に収まって優しく栓をする感じからイヤピを外耳で支えるような感覚に戸惑いましたがすぐ慣れて現在は不快ではありません(N6Pro2はもっと長いので長時間使用は疲れます)。

・音楽を再生するとどのモード(ANCなのか外音取り込みなのか)に入ってるのかわかりません。モードチェンジの際、アナウンスして欲しいです。

・外音取り込みの質が僅かに落ちたかな…
本当に前作の外音取り込みは自然で、装着していることを忘れさせてくれました。そこに音楽を流すと環境音と一体になって自分の周りを音が囲んでいる、という錯覚に陥った程です。今作のも決して悪いわけではありません。しかし、周囲の音を聞くだけなら気になりませんが会話の際にやや音量不足が気になります。マイクの数が増えたのに少し肩透かしでした。

・音圧がGeminiより弱いと感じます。
セーフリスニングの観点から言えば本機の方が長時間の使用には良いのでしょうが、もっとガツンと来てほしい!と思う場面もあります(特にJazz/Fusionなどインスト系)。

○総評
Geminiに満足している現状、あまり驚愕、感動しなかったのは事実です。ですが個人的にはBang&Olfsenのモノづくり、音、好きですね。とにかくエレガントでリッチ、美しいところに惹かれて手元に置きたいと思いました。音にもう少し粘りがあれば完璧です。
ANCオン時に異音(ノイズ)が発生する不具合にも合い、交換させていただきましたがそれでもヴォーカル表現の秀逸さに評価を落とす気にはなれません。ただし、インストに限って言えば少し音の軽さが気になってGeminiに分があるように思えます。
なかなかファームウェアのアップデートが難しいらしく、楽しみを先延ばしされた感はありますがそれでもその間エージングをしている気分で気長に待とうと思います。

比較製品
DEVIALET > DEVIALET Gemini
SONY > WF-1000XM4
エム・ティ・アイ > NUARL N6 PRO2
主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった14人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドムマニアさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:107人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
6件
7件
USBハブ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止無評価
携帯性4

E8 SPORTをメイン機としていました。
E8シリーズ直系の後継機というわけではないようですが、やはり気になってしまったので購入。
最近の手持ちのメイン対抗馬はDEVIALET Gemini / WF-1000XM4 / E8 SPORTです
理論的な事よりも聴き出しの素直なファーストインプレッションとします。
故に、個人的好みが強く出てるかもしれないと前置きしておきます。

【デザイン】
流石はB&O
センス良し、イヤホン・ケース共に質感良し。
言う事はほぼない完成度です。
イヤホンのルックをどの程度重要視するかは人それぞれかと思いますが、
自分にとっては(高額価格帯のモデルでは特に)購入意欲の背中を押す際に結構効いてきますね。
日常使いする物ですから特にですね。

【高音の音質】
ほぼ言う事はないです。
上記対抗馬の機種のファンには申し訳ないのですが、
じっくり聴き比べてどちらが〜という悩みは一切生まれませんでした。
この音の分離と透明感は気持ちがいいですね。
E8 SPORTで少し行き過ぎていた感も否めなかった刺さり具合は
少しマイルドに落とし込んで絶妙なギリギリの範囲で踏みとどまっていて
今までのE8シリーズの味を損ねていません。
それでも楽曲によってはオーバーしてしまうぐらいに攻めていますので、
好みは分かれるかもしれないです。
Geminiに関しては分離や解像感、音場の広さ等、音をポイントポイントで取り上げると
互角だったり優位な部分もあるのかもと思えますが、
音の煌びやかさ、美しさ、力強さ等はこちらが上と判断します。
とにかく心地良いです
1000XM4に関してはEQと聞き比べてしまうと、
「あぁこの音楽ソースではこんな音が鳴っていたんだ、」という感想ですね。

【低音の音質】
ほぼ言う事ないです
ただ最初はE8からあまりに強くなっていた為戸惑いました
イコライザーで多少下げながら聴いていますが、最初に聴いた時から不快感が無かった事が重要です。
間違いなく自分の好みよりも強く鳴っているはずのに、どんどん馴染んでしまいましたね
これは自分の嫌いなキレのないブーミーな低音ではなく
しっかりと音の輪郭を感じ取れ締まっているからだと思います
ボーカルを邪魔するような事も全くないですね。

【フィット感】
E8 SPORTでは若干装着に手間取る事もあったのですが、こちらの方がすんなり決まりますね。
頭を激しく動かしても動くような事もなく安定
個人的に耳の形がSPORTよりもこちらに合っていたのかもしれないのでフィット感は評価が難しいです。

【外音遮断性】
私はE8 SPORTレビューでも書きましたが
ANCに関してはそこまで必要ではないと思っていますので(使うシーン等も考慮しまして)
無理に搭載して最大の武器である音の魅力に影響が出る事を懸念していました。
むしろしなくていいと思っていたぐらいです。
しかし今回のEQによってとりあえず今回は杞憂に終わったようです。
B&Oは言うまでもなく十分に承知した上で影響を最小限に抑えたのだと思います
ANC搭載によるデメリットは自分では感じられません。
E8 SPORTの透明感も全く損なわれていないと思います。
このクオリティで出されるとANC搭載しないでいいとは言えなくなってしまいました
無いよりあったほうが便利な事があるのもまた事実ですからね、
完全に不安を覆してくれました。

その上でのノイキャンの効果ですが、
WF-1000XM4よりも効きが弱いのは間違いなく、GEMINIよりも少し弱い程度かなと思います
まだ外での使用が少ない第一印象となりますが、必要十分には効いていますね
モメンタム2やJBL CLUB PROよりは効いてるかな? もう少し使い込んでからですね。

【音漏れ防止】
未検証です

【携帯性】
ケースのサイズ自体は小型なのですが、横長の蓋開きは少し使いにくいかも
イヤホンをケースに納める際、妙に角度が付いている為慣れがいるかもしれない。
ここは完全にデザイン優先の構造って感じですね。

【操作性】
操作性の星項目がなくて良かったですね笑
もしあったら星2か3です。
やたらと多いツータッチは面倒な上、操作ミスも起こりやすいかなと
皆さん言われているように早送り等が現時点では出来ないというのもマイナスですね
まぁ私個人的には早送りも巻き戻しもスマホやDAPで行う事が多いのでそれほど困ってないんですが
早目にアップデートしてほしいですね
E8シリーズと同じでいいんじゃないかなと思いますが

【総評】
まだ使用時間が少ないですが
音だけで言えばこの機種が一番好みですね。
「聴いていて気持ちがいい。音楽を聴いていて楽しい」
GEMINIは理屈で考えて比較すると同等、もしかしたらそれ以外の魅力もあるかなと思いましたが
(ノイキャンや操作性はこEQよりいいし)
個人的な琴線に訴えられたのはこちらでした。

接続の安定感等は暫く使い込んでからまた追記しようと思います。
PI7 MW08は聴いたことが無いのでこれを上回る可能性もありますが
とりあえず私のTWS沼は一旦休憩かなと思います。
(すぐに始まりそうですが)

参考になった11人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

こすたろうさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性4

これまで中華製や国産メーカーのブルートゥースイヤホンを使用してきましたが、デザインに一目惚れにして、憧れだったBANG & OLUFSENをついに手に入れました。
シンプルにロゴの入ったアルミ製のケースは高級感、重厚感があり、とてもかっこいいです。なめらかな手ざわりも最高で、所有欲を満たしてくれます!(笑)
イヤホン本体もスタイリッシュで大き過ぎず耳にすっぽりハマる感じで着け心地も良いです!

サウンドは中低音のバランスが良く奥行きのあるクリアな音質だと思います。接続も通勤時など、途切れることもなく、快適でした。

ノイズキャンセリングは、通勤時、街中の騒音に完全シャットアウトというわけではありませんが、その効果はかなり実感できました。

イヤホン本体のタッチ操作性は、
再生、一時停止、音量の上げ下げ、などツータッチで操作するので少しやりずらいですが慣れば問題なさそうです。
ただ曲送り、曲戻しができないのがちょっと残念です。
タッチの感度は良かったです。

これまでの購入してきたイヤホンに比べて高価なものですが、デザイン性、音質、などハイレベルなもので購入して良かったと思います。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Tayharnさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:1186人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
8件
1件
ホームシアター スピーカー
6件
1件
液晶テレビ・有機ELテレビ
3件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン無評価
高音の音質無評価
低音の音質無評価
フィット感無評価
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
 

 

私自身Band & Olufen のスピーカ、ヘッドホン、イヤホンの音が好きなので購入しました。現在Beoplay E8 3. E8 Sport.も使用しています。
新作のBeoplay EQは.前作までの粒のある音質を保ちつつドライバーが大きくなりB&O独自チューニングの6.8ミリのエレクトロダイナミッドライバーを搭載し. より中低域をクリアに表現してボーカルは以前よりも前に出て低域はキレのある音を深みのある音に仕上げています.専用アプリを通じて聞こえを自分好みに設定することもできます。

バッテリー駆動時間はアクティブノイズキャンセリングをオンにした状態だと6.5時間、オフであれば7.5時間となっています。ケースを使えば計20時間駆動します。

防水規格IP54をクリアしています。

デザインは今までよりも断然美しく高級感を感じます。

音質はE8.3.E8.Sport の繊細な音質に低域がかなり増しました.ノイズキャンセリング機能もフィードバックとフィードフォワードを搭載しています。ここでSony WF-1000XM4も持っているので比較して見ました.ノイズキャンセリングはSonyの方が上でしょう。しかし欧州の音響メーカーはノイズキャンセル機能に重きを置いていません、ノイズキャンセリング機能を強くすれば圧迫感や音質の低下があるためだと思います。 このあたりのチューニングは流石96年間の歴史ある名門音響機器メーカーで音質重視なのでしょう。

通話は6つのマイクロビームフォーミングマイクを搭載しているので非常にクリアで素晴らしい出来です。

しかし残念なのはアプリです、イコライザー機能、外音取り込み機能は使えますが、現時点で曲送りと曲戻しが出来ません。そこで私自身でB&Oに英文でこの使用について回答を送信したところ海外からもかなり同じ質問があるようでB&Oからの返信では、早くても8月下旬から9月頃にアップデートがあるとの返答でしたので待つしかありません。それまでは、いくつかのプレイリストを作成して楽しんでいます。


今回のBeoplay EQは、全世界同時発売なのですが、電化製品の半導体不足の為に一度目の発売個数は少ないとのことです。8月中頃にベージュゴールドが色違いで発売されますが個数は少ないとBang & Olufsen 日本直営店舗から聞きました。

イヤホンに約4万円出しても音質と通話の良さを求める方でアプリのアップデートを待てるならば良いと思います。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった134

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Beoplay EQ [Sand]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Beoplay EQ [Sand]
Bang&Olufsen

Beoplay EQ [Sand]

最安価格(税込):¥29,909発売日:2021年 9月10日 価格.comの安さの理由は?

Beoplay EQ [Sand]をお気に入り製品に追加する <25

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意