α7R IV ILCE-7RM4A ボディ レビュー・評価

2021年 6月 4日 発売

α7R IV ILCE-7RM4A ボディ

  • 有効約6100万画素、最高約10コマ/秒高速連写、高速・高精度AFを小型ボディに凝縮したフルサイズミラーレス一眼カメラ。
  • AIを用いてリアルタイムに瞳情報を検出し続ける「リアルタイム瞳AF」を搭載。2.4GHz帯域と5GHz帯域での転送が可能な無線LAN規格「11ac」をサポート。
  • 従来の1.5倍にバッファーメモリーを大容量化し、JPEG時・RAW時に約68枚、APS-C撮影時には約2620万画素でフルサイズ時より約3倍の連写持続性能を実現。
α7R IV ILCE-7RM4A ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る
最安価格(税込):

¥342,150

(前週比:-1,813円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥345,000

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥289,999 (2製品)


価格帯:¥342,150¥454,960 (52店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥342,151 〜 ¥395,010 (全国5店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:6250万画素(総画素)/6100万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.7mm×23.8mm/CMOS 重量:580g α7R IV ILCE-7RM4A ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディの価格比較
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディの中古価格比較
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディの買取価格
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディの店頭購入
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディのスペック・仕様
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディの純正オプション
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディのレビュー
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディのクチコミ
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディの画像・動画
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディのピックアップリスト
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディのオークション

α7R IV ILCE-7RM4A ボディSONY

最安価格(税込):¥342,150 (前週比:-1,813円↓) 発売日:2021年 6月 4日

  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディの価格比較
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディの中古価格比較
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディの買取価格
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディの店頭購入
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディのスペック・仕様
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディの純正オプション
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディのレビュー
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディのクチコミ
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディの画像・動画
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディのピックアップリスト
  • α7R IV ILCE-7RM4A ボディのオークション

α7R IV ILCE-7RM4A ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.26
(カテゴリ平均:4.60
レビュー投稿数:8人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.43 4.52 -位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.43 4.53 -位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 3.81 4.28 -位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 3.98 4.13 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.26 4.25 -位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.26 4.40 -位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.49 4.32 -位
ホールド感 しっかりホールドできるか 3.80 4.41 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R IV ILCE-7RM4A ボディのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

New F-1さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:177人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
9件
3件
レンズ
5件
0件
プリメインアンプ
0件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質5
操作性3
バッテリー3
携帯性4
機能性3
液晶4
ホールド感2

【デザイン】Sonyのαシリーズと言えばこの形、世代が変わっても一貫しており嫌いじゃない。

【画質】これが決め手。Sonyはかなり久々だが相変わらずSonyらしい写り。自然を撮るとちょっと違うかなと思うこともあるが、人工物、夜景撮るには良いと思う。

【操作性】α一桁じっくり使うには初めてなのでノーコメント

【バッテリー】少なくともR5なんかよりは良い、ファインダー性能と画素素数の割に長持ちする。まあ物足りないけど。

【携帯性】R系と比べるとこっちの方がコンパクト、基本性能は殆どこっちの方が上なのにね。

【機能性】ちょっとまだ分からない、後々追記。取り敢えず仮評価

【液晶】ファインダーはR系統より当然良い、これ使うと余計R系は使いたくなくなる。
背面液晶は個人的にはもうちょっと高精細のが欲しいし、バリアングルの方が便利。

【ホールド感】なんの機種か忘れたけど前に一瞬触ったα7より良い気がする。ただ物理的に小さいのとシャッターの位置が個人的にあまりしっくりこない。

【総評】Canonはいつまで経っても5Dsの後継R版を出してくれないし、FE50mm F1.2 GMが気になったのでそれを最も活かせそうなボディを選ぶと必然。24と85mm F1.2 GMも買った。
EFレンズ使う時もRは使わなくなった。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ReviewForYourHappinessさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:95人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
8件
0件
デジタル一眼カメラ
3件
0件
デジタルカメラ
2件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン3
画質1
操作性2
バッテリー3
携帯性2
機能性2
液晶3
ホールド感3
別機種JPEG撮って出し(ニュートラル)
別機種イタリアンな色味(35z)
別機種外観(ZEISSレンズ)

JPEG撮って出し(ニュートラル)

イタリアンな色味(35z)

外観(ZEISSレンズ)

別機種外観(GMレンズ)
   

外観(GMレンズ)

   

ソニー機はS、R2,Cと所持しており、単焦点運用メインで2020年より本R4も使っています。
AF速度および瞳AFの粘りはS,R2よりはるかに良く、C(=3?)と同等程度といったところです。

主に家族の写真を撮ることが多いのですが、頻繁に持ち出すには重すぎ、しかし室内で常用するには高感度耐性が全く足りません。(先代のR3より低いというレビューもあるようです) なかなか使い所が難しく、併用している初代SやCより稼働がかなり低いです。 感度はISO1000を超えたあたりから顕著に落ち始め、10000を超えると砂絵(もしくはノイズリダクションにより油絵)状態になります。

6100万画素のレゾリューションは、使用するレンズを選びます。 基本的にGMやARTなどの大型単焦点を使うのでなければ、このカメラのメリットはなかなか享受できません。 結果的につけるレンズが限られてしまい、持ち出す場所や撮影のバリエーションが限られ、凡庸な撮影になりがちです。 APS-Cレンズも使えるという人もいますが、そうであれば無印とAPS-Cを買った方が軽快に運用でき良いでしょう。

色味は、かなりイタリアンな色付けになっている印象で、JPEGで撮って出しにする際にはニュートラルを選択しています。 ZEISS銘のレンズと組み合わせると、色が濃く出過ぎてしまいます。 2020年以降に出たGMやARTと組み合わせる前提に作られているものと感じます。

今のところの印象では、色々な意味で重く、とにかく使い所が限られるカメラです。


レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景

参考になった5人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

みず親爺さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
2件
31件
スマートフォン
0件
4件
デジタル一眼カメラ
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

【デザイン】
α7シリーズのデザインが好きなので満足です。
【画質】
さすがに6100万画素の解像度は凄いです。
野鳥の羽毛の一本一本が、街を歩く人々の様子が、ビル群の窓から見える室内が・・・
トリミングの自由度が高くなるため撮影時の構図の追い込みが甘くなってしまうのはよくない事かもしれませんが 笑
ただしRAW現像をするためにはそれなりの能力のPCが必要ですのご注意を。
α7Vに比べると高感度ノイズが出やすい感じがあります。
【操作性】
メニューが使いにくい点があります。最近のαのメニューはより使いやすくなっているようなのでアップデートされるといいのですが・・・
【バッテリー】
スタミナバッテリーは大変長持ち。充電し忘れた時以外予備バッテリーを使うことはほとんどありません。
【携帯性】
この機能を考えると良い方だと思います。α7Ⅽは小さいですがファインダーが気に入りません。
【機能性】
手振れ補正も瞳AFもしっかり効いていて満足です。
【液晶】
ファインダーが高画素なのでα7Vよりもフォーカス調整をしやすくとても気に入っています。背面の液晶も高画素なのですが、老眼の私にはあまりメリットがありません 笑
【ホールド感】
グリップの形状が手にしっかりとなじみ持ちやすいです。α7Wは私の手にはちょっと大きくて違和感がありました。
【総評】
この高解像機での撮影はこれまでとは違った楽しみを与えてくれます。ただしファイル容量が大きく非力なPCではRAW現像時にストレスを感じることになりますのでそれをクリアできる環境つくりも必要です。私はCore(TM) i7-9750H CPU @ 2.60GHz・RAM16GBの4KノートPCと4K外部モニターを使用していますが、LightRoomでの現像時には2画面にすると重くなるのでモニターはどちらかひとつにしています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

BE FREEさん

  • レビュー投稿数:108件
  • 累計支持数:721人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
26件
402件
デジタルカメラ
10件
46件
ビデオカメラ
8件
42件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4

メインカメラはCANON→NIKON→SONYと変わってきました、ミラーレスに舵を切ってからはSONYオンリーです。
APS-Cは主に旅行用や気軽に持ち出すカメラとしてNEX-5→NEX6→α6000(2回購入)→α6300→α6400と移行したのちAPS-C資産を全部売却、α7Cに変えました。
フルサイズは本格的な撮影や飛行機を撮るための高性能機としてα7→α7U→α7RU→α7RVと変えています、自分なりにはα7RVが高画素と連写機能、捕捉機能で満足のいくボディに出会えたと満足していました。
RWはRV購入時に既に発売していましたが10万以上高くキャシュバック等も無かった為、RVにした経緯もありますが、6000万画素のデータ量と高画素化によるノイズの増加を懸念した事もRVにした理由でした。
今回、すごく性能が上がっていたら買おうかな?ぐらいに考えていたα7Wが自分の中では思ってた程の進化では無かった為、α7RWに購入の目が行ってしまいました。

【デザイン】
7RVと比べて特に大きな変化はありません。

【画質】
6000万画素はやはり圧巻です、特に風景撮りでは葉の1枚1枚までの解像感はすごいです。航空機での撮影は望遠を多用しますがこの機種ならクロップしても2600万画素あるのでクロップも使えると思います。高感度ノイズはやはりα7RVに比べて1段分ぐらい早くノイズが出てきます、ただデジイチ600万CCD時代から使っているのでISO6400や12400で普通に撮れるのがすごいです。このカメラはノイズ安全圏は6400までですね。

【操作性】
RVと比べてそんなに変わっていない気がしますが、モードダイヤルを変える時の上のボタンはいらないです、面倒なだけです。

【バッテリー】
RVからNP-FZ100に変わってすごく長持ちするようになりました。特にあっという間に無くなるという印象はありません。優秀な方だと思います。

【携帯性】
ミラーレスの中では重くデカい方だと思うので携帯性重視の時は7Cを持っていきます。

【機能性】
AF性能はRUからRVは飛躍的に良くなりましたが、RVからRWはそこまで大きい変化はありません、捕捉出来る範囲が広がったぐらいでしょうか、スピードや歩留まりも同じぐらいの様な気がします。

【液晶】
ここはRWでも「7RM4」と「7RM4A 」では液晶のドット数が違い、当然自分が持っていたRVもAでは無いので144万ドット、今回のRWは約236万ドットです、自分としては144万ドットでもそれ程不便はしていませんでしたがドット数アップの分だけ高詳細になってます。それより目の悪い自分としてはビューファインダーの性能アップの方がうれしいです、7Cが236万ドット、7RVが369万ドットでなんと7RWは576万ドットもあります。7RWのファインダー見てから7Cで見るとすごぐ粗く感じます。ここはかなりの差です。

【ホールド感】
最近のα7シリーズはほぼ一緒の感覚です。

【総評】
6000万画素は他メーカーを含めてもトップの画素数でここには不満は一切ありません、またデータ処理もカメラ内の処理スピードが上がっているのでα7RV並みです(もう少し連写枚数欲しいですが・・)高感度ノイズはやはり増えています。AF性能は早さや正確さはα7RVと同等、AF可能面積は広がったと思います。
α7RV売ってキャシュバック貰ったとして追加出費が約10万強です、これで現状最高レベルの高画素機が手に入ったのでまずは満足です。
最後に自分は撮影の度にデータをPCに移すので16GBで足りなくなる事はありませんでした、でもRVで戦闘機を撮影時、無駄打ちが多くて初めて容量が足りなくなりました、4000万画素で秒10コマだとあっという間でした、6000万画素だともっと早くなくなるでしょうから64GBのUHS-IIを買いました。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

MEGAめがねさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
105件
フラッシュ・ストロボ
0件
21件
三脚・一脚
0件
17件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4

長年PENTAXを愛用しておりましたが、ミラーレスと顏認証(瞳AFなど)、サードパーティー製品の豊富さなどの魅力に負けてSONY機に手を出しましたが、良い意味でまさかここまで操作性や機能性に差があるとは思ってもみませんでした…。

【デザイン】
文句ありません。
とてもよく考えられているデザインだと思います。
欲を言えば、なぜに露出調整のダイヤルがあるのか?と不思議に思うことくらいです。

【画質】
これはもう何も言えません。
トリミング加工を多用する自分にとっては嬉しい悲鳴です。

【操作性】
最初は「ほぇ、カスタムボタンってなに?」ってなりましたが、なるほど便利ですw

【バッテリー】
これはミラーレスの宿命なのでなんとも言えませんが、バッテリーの持ちはレフ機に比べるとどうしても…。

【携帯性】
軽い!コンパクト!取り回し最高!

【機能性】
一言だけ「良い!」

【液晶】
SONYだとディスプレイ撮影と言うのでしょうか?使ったことがないので比較しようがないのですが、デジタルファインダーはすごく綺麗で便利だな、と思いますw

【ホールド感】
小指の配置について指摘されている方がいらっしゃるようですが、当方、割と大きめの手ですが問題なく使っております(取り回し上、L字ブラケットを多用しますが、なくても平気です)。

【総評】
「もうPENTAX資産を売って、完全にマウント変えしようかなw」と思えるほどに良いですね。文句の付けどころがありません。購入して大満足です。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
夜景

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

幼稚園専業写真屋さん

  • レビュー投稿数:155件
  • 累計支持数:1412人
  • ファン数:24人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
24件
274件
レンズ
31件
125件
スマートフォン
13件
112件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4

レビュアーは、基本、キャノンの一眼レフ&EFレンズ群を中心に使用していました。
瞳フォーカスとミラーレス特有の静音シャッターの必要性から、α7V+24-105mmF4を購入して、他の焦点距離は、シグマのEF-FE変換マウントを使用して、キャノンレンズを使用してソニー機を使っていました。

そこへ、5000万画素以上必須のオーダーが入り、中判デジタルほどの予算もないため、急遽テスト導入し、6100万画素のクオリティーを求め、購入に至ります。

【デザイン】
私は好きですが、レンズとのバランスが悪く、このミラーレスシリーズの初期コンセプトにバランスって無かったんだろうなぁと工業デザイナーの分業の結果を見て取りました。
ボディデザインは、良く出来てると思います。

【画質】
扱いが難しいです。
フルサイズフォーマットに6100万画素は、ちょっと無理があるのかなぁ。
ユトリのような空気感が出なくて、みちっとした感じを受けます。
ただ、これだけを見れば、スゴく綺麗で精細です。
細かすぎて、外で撮影しているのに、ブレを見つけます。
ブレ補正では、シェイクのブレは、追い切れないのかも知れません。
三脚があった方が良いです。

【操作性】
ソニー…まだ慣れません。
キャノンになれているので、やりにくく感じます。
設計思想の違いから、そこにあったかー〜〜なんてことも。
でも、慣れだと思います。

【バッテリー】
良く持ちます。
もちろん、ガシガシ撮影していると、さすがに減るなぁ〜と感じます。
でも、新しいシリーズのバッテリーは、
社外品も使えますが、警告がウザイです。

【携帯性】
そもそもボティがコンパクトですから、とても良いですね。
グリップは、年々良くなっています。
これより、新型は、どんどん良くなっているのを感じました。

【機能性】
多機能すぎて、使いこなせていませんが、絶対的に高画素が必要ならば、2021年9月の段階でも6100万画素のフルサイズセンサーは、これしか選択がありません。
100万円超の中判デジタルは除く。

【液晶】
綺麗です。
出来たら、くるっと回って欲しかった。
動画をセルフで撮るなら…でしたけれど。

【ホールド感】
グリップが良くなりましたが、まだ改善の余地があると思います。
縦位置グリップとのバランスが悪く、一体化されてない。
そのフィードパックがα1になっていったのかな、と思いたい(笑)

【総評】
6100万画素の恩恵は、確かにあります。
ただ、それは何を作るのか、ではないかと思う。
当方の通常業務には、オーバースペックで、特殊用途でしかありません。
しかし、見比べると雲泥の差を感じるのも事実であり、圧倒的精細さを求めるのであれば、45万円くらいの金額は、決して高くないのだろうと思います。
ただ、その価格に対しての工業製品としてのクオリティーは、決して高いとは思えず、シリーズ流用のちゃちいパーツに高級感は、感じません。
所有の満たし、というモノがあるとするなら、私はもっと上の機種になるのではないかと思います。

一部機能しか使っていないので、総評はおこがましいですが、所有するα7mk3(レビュー済)との差は、センサーから来る差以外は、あまり感じません。
AFの速度やピンとの落としどころのアルゴリズムなど、よく似ており、併用は違和感ありませんが、書き込みが遅いと感じてしまいます(そりゃ、2500と6100ですから、当然です)。

用途に合ったモノは、どれかという視点で、絶対必要と感じるならば、6100万画素の素晴らしさを体感して満足出来ると思います。
データ量は、大きくなります。
どうしてもPC作業の負担は大きく、仕事としては、効率が良くありませんので、シッター回数は増えないな、と思っています。

4800万画素との差は、どうなんだろう?と気にはなっています。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ネオ二郎さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:43人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
1件
レンズ
2件
1件
レンズフィルター
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性3
機能性4
液晶4
ホールド感3

最近はこのカメラで風景を楽しんでいます。

【デザイン】
ステルスっぽいエッジの効いたデザインでかっこいいです。

【画質】
まず高画素のため、しっかり脇を締めて上手く撮らないと拡大した時に微妙にブレてるケースが多々あります。しかし、昼間普通に撮る分にはそんな問題もなんのその。心配いりません。

きちんと撮れた画像は素晴らしいです。特に自然の近景や眺望などの都市風景を撮ったときは鳥肌ものです。

また、トリミング耐性が高いので、例えば鳥撮影に踏み出したいけれど大砲レンズを揃える勇気がない方にとっては、例えばちょっとしたズームで撮影した画像を切り取っても違和感ないので、そんな用途の方には付加価値です。

※動画撮影は結構ノイズが乗るような気がします。検証中。
※高画素なのでかなりPCのストレージ領域を消費します。笑 ただ最近は6,000円くらいから外部SSDも売ってるのでそんなに問題ないですかね。それで言うとSandiskの防塵防滴がおすすめです。ご参考: https://shop.westerndigital.com/ja-jp/products/portable-drives/sandisk-extreme-usb-3-1-ssd#SDSSDE60-250G-J25


【操作性】
どのカメラもそうですが、ここは慣れです。しかし、SSやISO設定、絞りがダイヤルとして物理的にあるフジを長年使ってきたため、そんな私にとってはまだまだ使いにくいです。でも結局は慣れです。

【バッテリー】
良くなってる気がします。

【携帯性】
ボディは小さいけど、やはりレンズが大きい。しかし、考えるべきはカメラ、レンズ、フィルター、アクセサリを含んだシステムとしての携帯性だと思います。そしてそれに付随する体力や時間の浪費に繋がらない使いやすさ。

以上を踏まえると、レンズの大きさには納得できませんが、バッグはPeak Designを、カメラフィルターはH&Yを使っています。重視したのはシームレス性と可用性。Peak Desingはデザインの良さと背負心地で、H&Yはマグネット式による一瞬でフィルター着脱できる構造や、この高画素機の画質を担保してくれる高品質のコーティング、渓流で落としてもでビクともしないガラスで心理的に撮影につきまとうストレスやレンズでかいなあというストレスを軽減させてくれます。

ご参考: https://hy-filter-japan.com

【機能性】
 特に問題なし。ただ、防滴性能が少し心配。

【ホールド感】
溝部分が垂直なので、長時間握っていると違和感があります。フォールドした4本の指の形状に合わせて少しなだらかにしてもらいたかったです。
 

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページスウさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶無評価
ホールド感5
当機種窓際にある観葉植物トックリラン
   

窓際にある観葉植物トックリラン

   

【デザイン】
・グリップ真横からのデザインに落着き感がり、安心できるデザイン
・裏面からみるファインダーのアスペクト比が、高性能ファインダーを引き立てる
【画質】
高精細な画像が質感をうまく引き出している
【操作性】
・振動しにくさを感じるシャッター音
・シャッターと押す間トラッキングによるAFが絶妙
・メニューに慣れが必要だが、充実したカスタムボタンがカバーする
【バッテリー】
Zバッテリーは日々の撮影では、予備がなくても安心してカメラを持ち出せる
【携帯性】
・決して軽いとは思わないが、堅牢性が携帯を押し上げる
【機能性】
・UXGA OLED Tru-Finderは、見やすくピントの追い込みに最適
【液晶】
まだ晴天の日に持ち出せないが、これなら屋外でも明るく見やすいと感じる
【ホールド感】
グリップが程よい大きさで、カメラを安定してホールドできる
【総評】
被写体の質感を十分に引き出すことが可能。トラッキング機能、リアルタイム瞳AF、UXGA OLED Tru-Finderは、高精細カメラとして妥協を許さない姿勢を感じる

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R IV ILCE-7RM4A ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

α7R IV ILCE-7RM4A ボディ
SONY

α7R IV ILCE-7RM4A ボディ

最安価格(税込):¥342,150発売日:2021年 6月 4日 価格.comの安さの理由は?

α7R IV ILCE-7RM4A ボディをお気に入り製品に追加する <280

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意