α1 ILCE-1 ボディ レビュー・評価

2021年 3月19日 発売

α1 ILCE-1 ボディ

  • 有効約5010万画素の積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」と画像処理エンジン「BIONZ XR」を搭載したフルサイズミラーレス一眼カメラ。
  • 約5010万画素での最高30コマ/秒のブラックアウトフリー撮影や、最大120回/秒の演算による高速AF/AE追従などが可能。
  • 無音・無振動のサイレント撮影(電子シャッター使用)時にもフリッカーレス撮影やフラッシュ撮影ができる。高精細8K30pの動画撮影に対応する。
α1 ILCE-1 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

プロダクトアワード2021

最安価格(税込):

¥761,405

(前週比:-7,190円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥761,407

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥704,000 (29製品)


価格帯:¥761,405¥880,000 (52店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥761,407 〜 ¥783,990 (全国707店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:5050万画素(総画素)/5010万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:652g α1 ILCE-1 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α1 ILCE-1 ボディの価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの中古価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの買取価格
  • α1 ILCE-1 ボディの店頭購入
  • α1 ILCE-1 ボディのスペック・仕様
  • α1 ILCE-1 ボディの純正オプション
  • α1 ILCE-1 ボディのレビュー
  • α1 ILCE-1 ボディのクチコミ
  • α1 ILCE-1 ボディの画像・動画
  • α1 ILCE-1 ボディのピックアップリスト
  • α1 ILCE-1 ボディのオークション

α1 ILCE-1 ボディSONY

最安価格(税込):¥761,405 (前週比:-7,190円↓) 発売日:2021年 3月19日

  • α1 ILCE-1 ボディの価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの中古価格比較
  • α1 ILCE-1 ボディの買取価格
  • α1 ILCE-1 ボディの店頭購入
  • α1 ILCE-1 ボディのスペック・仕様
  • α1 ILCE-1 ボディの純正オプション
  • α1 ILCE-1 ボディのレビュー
  • α1 ILCE-1 ボディのクチコミ
  • α1 ILCE-1 ボディの画像・動画
  • α1 ILCE-1 ボディのピックアップリスト
  • α1 ILCE-1 ボディのオークション

α1 ILCE-1 ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.57
(カテゴリ平均:4.60
レビュー投稿数:43人 (試用:4人)
  1. 3 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.39 4.52 29位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.62 4.54 27位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 4.50 4.28 11位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 3.77 4.14 26位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.58 4.25 16位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.74 4.40 6位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.27 4.32 22位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.43 4.42 24位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α1 ILCE-1 ボディのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

エックスドッグさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:308人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
7件
15件
ゲーム機本体
0件
1件
PlayStation Vita ソフト
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4

【総評】
α9II以上にAFの食いつきがよくなり、リアルタイムトラッキングと瞳AFを組み合わせたら、撮れない被写体はないんじゃないかというくらいのモンスターカメラでした。なによりすごいのは、瞳AFがリアルタイムトラッキング並みに追従すること。走り回るうちの娘やワンコもただ連写するだけで、瞳にジャスピンで撮ることができました。5000万画素もあるのに電子シャッターでサクサク撮れるので、本当に撮れているの?と撮影途中に疑ったくらいです。α9IIのときに不満だった連写中のバッファ問題もCFexpress Type Aカードで解消していて、好きな時に好きなだけ無音連写することができます。α9とα7R4で悩んでいるなら、この1台を買ってしまうほうがお得で満足度が高いと思います。

【デザイン】
ソニーといえばこれという感じのお馴染みのデザインです。個人的には縦位置グリップが一体化した筐体がよかったのですが、普段ちょっとしたスナップを撮る時はコンパクトなほうがいいので、用途に応じて縦位置グリップを着け外しできる今のスタイルもありなのかなと思います。

【画質】
5000万画素なのでトリミング耐性があることが魅力です。APS-Cモードにして望遠側を稼いでも2000万画素以上あるので、1本のレンズが2本ぶんの働きをします。

【操作性]
ソニー機はボタンカスタマイズがかなり自由にできるので、自分好みの操作性に変えてしまえば、唯一無二の自分にフィットしたカメラになると思います。自分は押しやすいボタンに動画録画機能を設定したり、ワンタッチでAPSCモードに切り替えられるようにしています。

【バッテリー】
ハイパフォーマンスのせいかα9IIのときより少し持ちが悪くなっているので、1日撮影するときはバッテリーの予備を1個もっていくほうがいいと思います。

【携帯性】
カメラはとてもコンパクトなので、35mmや50mmのレンズをつければ気軽にスナップに持ち出せます。

【機能性】
AFの進化に驚きました。α9IIでも被写体の追従性能はすごかったのですが、α1は余裕でその上をいっている感じです。走り回る娘やワンコを30コマ/秒で連写したのですが、α9IIのときは数コマピントを外すことがあったのですが、α1はすべてにピントがあっていて驚きました。
また、CFexpress Type Aカードを使えばバッファ詰まりをほとんど気にしなくていいので、好きなときに好きなだけ連写できるストレスフリーの撮影ができました。

【液晶】
EVFの画面が大きくなりとても見やすくなりました。ブラックアウトフリーで連写中も画面が暗くなったりコマ送り状態にならないので、素早い被写体でもずっと追うことができます。

【ホールド感】
a7sIIIとほぼ同じでグリップ部分が持ちやすくなっています。縦位置グリップなどを別途購入すると、さらにホールド感はよくなると思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった58人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

AB-sanさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:65人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
2件
レンズ
1件
1件
もっと見る
満足度1
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー3
携帯性5
機能性2
液晶3
ホールド感3

α初のフラッグシップ機。性能は申し分ありません。
素早いAFに高画素での高速連射。一眼レフのフラッグシップから大きく進化しています。
しかしプロ機としては根本的な部分が全く伴っていません。
特に堅牢性については信用が出来ません。
これまで屋外での撮影で夏場の暑さや梅雨の蒸し暑さそして最近の冷え込みと屋外での気候の変化に関しては度々動作不良を起こし撮影が出来なくなる機会に直面しました。
いくら性能が高くても動かなくなるのはプロ機としては致命的です。
あと小型筐体への無理が響いているのか手振れ補正も公称程の効きがあるとは到底思えません。
こちらも使ってみて違和感を感じる部分でした。
プロ機である以上もっと動作性や耐候性といった堅牢性にも力を入れるべきではないでしょうか。
シーリングもプロ機としては脆弱この上ないです。
3度程メーカーへ修理依頼しましたが問題無しで戻ってきます。
堅牢性を重視しないフラッグシップ機に大きな疑問を覚えますが、そん時NikonからZ9の発表。
実機を触り持った感触がα1とは別物でした。
フラッグシップ機とはこうあるべきを手にする事で実感する質感。
与える安心感が違います。間違いなくメーカーの公称通りの堅牢性を備えていると思います。

α1は性能に力を入れ過ぎて肝心の基本が抜けたカメラと結論付けるしかありません。
次モデルではその辺りの改善にも性能以上に力を入れて真のフラッグシップ機として完成させて貰いたいです。
残念ながら堅牢性の脆弱さを払拭できない為、Z9へ移行する事にしました。
SONYさんにはもっとカメラへの基本を重視して頂きたいです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
その他

参考になった43

このレビューは参考になりましたか?参考になった

虹の谷のにゃんたろうさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
レンズ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5

【デザイン】
可もなく不可もなくといった感じの、αシリーズのデザイン。特にフラグシップ感はありません笑


【画質】
約5000万画素もの高画質にもかかわらず(それなりに)高感度耐性もあり写真画質は綺麗です。
また、APS-Cサイズにクロップしても約2000万画素以上の画質があるので、APS-C専用の安価なレンズで遊ぶことも出来て楽しいです。

クリエイティブルック(FLモードは特にオススメ)で、初期値のままでも良い感じの撮って出しJPEGファイルを出力してくれます!
もちろん、クリエイティブルックの設定を自分の好みに設定変更することで、グンと写真の出来は向上します。

RAWファイルにおいては「ロスレス圧縮RAW(可逆圧縮)」を選択することが出来るため、高画質はそのままでRAWファイルサイズがより小さく、撮影枚数も多く撮れます。(ただし、RAW現像時の処理速度は、少し遅めになりますが)


【操作性】
タッチ対応メニューで新しいメニュー構成が採用されており、これまでのαシリーズと比べて使い勝手が向上しています。
各ボタンも割当てをカスタマイズすることができるので便利です。

ただ、軍艦部の(Mモードや動画モードなど)モード切替えを行う時、わざわざボタン中央のロックを外しながら回さないといけないのが(サッと切り替えたい時に操作がもたつくので)難点です。


【バッテリー】
これまで使ってきたα7V、α9、α7RW、α7cと比較すれば、中でもα1のバッテリーの減りは少し早いかなと思いますが、総じておよそ1日(朝から夕方まで)のスチル撮影でバッテリー1本でまかなえるので満足しています。
(撮影条件によっては1本では足りない場合もあるので、万が一の場合も兼ねて、予備バッテリーは常に2本持っています)


【携帯性】
今まで使ってきたαシリーズの感覚の中で、初めてα1を持った時は「なんか重いな」と感じましたが、すぐに慣れました。逆に、これだけのスペックがあるフラグシップの冠を有するカメラ本体の重量でこんなにも軽く設計されているのは、流石はSONYだなと関心しています。


【機能性】
これでもかと言わんばかりに便利機能満載で、使いこなせば使いこなすほど、スチルでも動画でも応えてくれる頼もしい相棒です。


【液晶】
EVFから見える景色は本当に綺麗だなって思います。夜、暗がりで見たときも本当に綺麗で、撮影が楽しかったです。
さすが、世界初240fps駆動&約944万ドットのEVFだなって思いました!動体の撮影時もよく見えます。

約144万ドットの液晶モニターについては、価格とフラグシップの冠の割には、もう少しドット数があればいいなと思います。

チルト可動式の液晶は個人的に好みなので、採用してもらって良かった点です。
欲を言えば、3軸チルトだったら最高だったなぁと思います。


【ホールド感】
厚みのあるグリップで、手のひらが大きく指が長い私でもホールド感があり満足です。


【総評】
正直に言うと、まさかα1を買うとは思いませんでした笑
買い替えに至るには色々とありましたが、買い替えて良かったと思っています。

特にクリエイティブルックのおかげで、撮って出しJPEGでほぼほぼ満足のいく撮影ができているので重宝しています。(ルック値の設定はお好みで変更する事をお勧めします)

もう少し、カメラの本体価格が可愛くなればいいですね笑


<気になる点>
記録媒体が、これまでのSDカードに加え CFexpress Type Aカードにも対応となり、動画も去ることながら写真に置いても、その恩恵を大いに受けることができます。

ただし、 Type Aカードは、今のところSONY製の最新ミラーレスカメラ以降しか採用されていないこと、Type Bよりも若干記録速度が遅いというのは気になる点ではあります。

Type Aカードの価格がまだまだ高いだけに、もう少し手に入りやすい環境になれば普及率も上がってくるのかなと思います。

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

いぬゆずさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:355人
  • ファン数:143人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
8件
4273件
自動車(本体)
2件
799件
レンズ
4件
73件
もっと見る
満足度5
デザイン3
画質5
操作性3
バッテリー5
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感2
当機種犬OK
当機種大原の景色も
当機種飛ぶ姿は練習しないとね

犬OK

大原の景色も

飛ぶ姿は練習しないとね

当機種八ヶ岳の紅葉
当機種マクロ
当機種モタスポOK

八ヶ岳の紅葉

マクロ

モタスポOK

SONY αAマウントTLM機を使ったのち、ニコンFマウントレフ機に買い換えました。
汎用はD810⇒D850、モータースポーツはじめ動体撮影用はD500でした。
非常に満足していたのですが、特に山に行く際にダウンサイズしたく、また二機運用ではなくオールインワンにしたいという事で、α1に変更しました。

ニコンFマウントに変更したころはα7シリーズのAF性能は遠く及ばなかったのですが、α9/9U経てα1ではかなりレフ機トップレベルに近づいたとの期待もアリです。

レンズは24−105F4G、12−24F2.8GM、100−400GMに後日90F2.8Gを追加しました。

10月末の鈴鹿JAF GPでモータースポーツ撮影を終え、一渡りの被写体でのシェイクダウン終了し、十分に使えることが確認できました・・・良かった(笑)。


【デザイン】
良くも悪くもα7デザイン、武骨な弁当箱です(笑)。
【画質】
これは素晴らしいです。高画素故とは思いませんが非常に精細です。
APS−Cクロップも余裕があります。
【操作性】
賛否あるようですが、4ダイヤルはセットアップが一目でわかるので気に入っています。メニューに入って操作する必要が無いのは非常にありがたい・・・ですが闇夜ではヘッデン必須です(笑)。
【バッテリー】
ミラーレスなのでもちは良くないと思っていましたが、1.5時間のモータースポーツ撮影してバッテリー半分くらいの消費でしたので、下手したらD500と変わらないか良いくらい、うれしい驚きでした。
て事は縦位置グリップ付ければ一日交換無しでいけるな・・・。
【携帯性】
「ボディが小さいだけ」ですがきちきちの山用リュックではやはり効果大です。ま、レンズの大きさは変わらないんですけどね。
【機能性】
まず動体AFはD500同等には使えますが、挙動の癖は違います。掴みのスピードはD500の方が高い気がしますが、一旦捕まえた後のトラッキングは凄いの一言です。最初はコーナー進入、Aペックスでのターンイン、脱出でAF押し直していたのですが、全く必要ないことがわかりました。

鳥瞳AFも、400mm+×2テレコンの距離でカワセミの目を捉えるのはびっくりしました。飛んでる鳥をフレーミングした時も反応しましたので、追いかけ続けられるかは確認してませんが、捉えるスピードは相当なものです。

そのトラッキングで写真撮らせてもらってこういうのもなんですが、便利機能満載で「この次は無人撮影でも狙ってんじゃないの?」って感じてしまいます。
こう、何と言うか「撮影者をアシストする」以上に出しゃばってくる印象なので、邪魔と言うか使いたくない時に殺さなくてはなりません。

このへん、ちょこっと触っただけですがR3は「アシストに徹した」インターフェースという印象で、キヤノンとの写真撮影に対するフィロソフィーの違いを感じます。
【液晶】
モタスポで最初「メカシャッター」固定したらEVFがパラパラマンガになりました。で、「オート」ないし「電子シャッター」にしたら「ブラックアウトフリー」になり、サーキットのような入力情報が少ない背景では物凄く自然に、OVFと変わらなく見えました。

一方で街フォトとか山ではなんか明るすぎる気がして、ー0.3〜0.7EV露出アンダーにしてます。
【ホールド感】
これはダメ。グリップが小さく浅いので指があまり、小指は半分もかかりません。
これも「縦グリ欲しいな」と思った理由です。今のままではモタスポで縦位置撮影は私には無理です。D500ではなんとかできました。
【総評】
色々とあるSONY機ですので不安もありましたが、思い切って良かったです。
ニコンレフ機2台体制を1台でカバーできるのはうれしいです。
「カメラに撮らされないよう」頑張って練習したいと思います。

参考になった32

このレビューは参考になりましたか?参考になった

盛るもっとさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
116件
レンズ
0件
68件
デジタルカメラ
0件
36件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種手前の猫さん
当機種後ろの猫さん
 

手前の猫さん

後ろの猫さん

 

α9から買い換えました。
まだ購入してから日が浅いのですが、気付いた点を書き出します。

本機を購入する人は、ほぼ高速連写を目的としていると思います。
生憎、まだそっちの撮影は出来ていないので、通常の撮影での評価です。
色々な点でα9からの進化がありますが、実際に使ってみての印象は
普通に撮っても、何か上手く撮れている風に写っていると事です。
α9を手放してしまっているので、撮り比べは出来ませんが、
発色とか、コントラストとかがα9よりも自然に写っているように
思います。そこが、平凡な風景でも良い作品が出来てしまったような錯覚を起こさせる原因の一つでは無いでしょうか?
高い買い物ですから、自分の撮った物にバイアスがかかっているとは思いますが、参考例を上げておきます。
ファイルサイズが大きすぎるので現像出力時に12Mにダウンコンバートしています。
SEL1635GMを付けてハイキングコースの途中の風景を撮りました。
RAW現像はしていますが、殆ど盛ってません。
連写の結果が出たら、加筆したいと思います。

追記です。
SEL135F18GMで猫さんを撮りました。
スポット枠+トラッキング+瞳AFの合わせ技の効果は絶大です。
前後の離れた位置にいる猫さんに自在にピントを合わせられました。

参考になった23人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

shige1さん

  • レビュー投稿数:48件
  • 累計支持数:622人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
141件
自動車(本体)
4件
17件
電動自転車
1件
17件
もっと見る
満足度5
デザイン3
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
当機種ブレブレですが、こんな状況でもゾーントラッキングでピンとはきちんときています。
当機種ぶれてますが、背景に全く引っ張られずにゾーントラッキングで十分ピントは来ています
 

ブレブレですが、こんな状況でもゾーントラッキングでピンとはきちんときています。

ぶれてますが、背景に全く引っ張られずにゾーントラッキングで十分ピントは来ています

 

【デザイン】
  他の機種と区別がつきません。特にα9系とはほぼ同一です。まあ手の小さい私にも使いやすいのですが、もう少し大きめにして頑丈でも良かったかもと思います。例えば今度出るCanonのR3ぐらいでもと思ってしまいます。例えばNikon一桁機のようなみるからに頑丈というのとは違い華奢な感じを受けます。

【画質】
全く文句ありません。APS-Cサイズにクロップしても2000万画素以上で十分な解像度です。最近はほとんどJpegで撮っていますが満足です。
【操作性】
カスタマイズがかなり自由にできるので文句ありません。特にゴミ箱ボタンにクロップを割り当ててからは、すごく便利になりました。唯一Nikon機と比べて不便だなと思うのはAF-CとAF-Sがファインダーを見ながら瞬時にできない事でしょうか。
【バッテリー】
結構消耗が早いです。
【携帯性】
これは抜群です。NikonD4も併用していますがお話になりません。
【機能性】
機能はこれ以上何が必要か考えてもわからないぐらいです。ほぼ考えうる全てのことができてしまう感じです。足りないのはCanon機が載せてきた視線AFぐらいかな?
【液晶】
EVFについては素晴らしいの一言です。背面液晶の視認性も良好です。少なくとも私には十二分です。
【ホールド感】
手の小さい私でも100-400などをつけるとちょっと頼りなく感じます。もう少し大きめのボディーの方がいいかもしれないなと思います。NikonD4はその点非常に優れているなと感じます。
【総評】
買い替えて本当に良かったなと思えます。苦労なく思い通りに写真が撮れてしまうことに驚きます。ただあまりにも高性能すぎて、趣味で撮る分には面白みに欠けるかもしれません。例えば飛んでいる鳥でもワイドエリアAFでカメラを向ければそれだけで確実にピントが合った写真を撮れます。背景に引っ張られることもあまりないなという印象です。これには本当に驚かされます。
実はあまりの簡単さ、あっけなさにつまらなさを感じ、格安になっているNikonD4を買い直しました。シャッター音や撮っている感じがまるで違います。撮る行為そのものが官能的です。ただ出てくる写真の歩留まりは圧倒的にα1の方がいいです。α1に唯一欠けているのは写真を撮るという行為自体の悦楽性のようなものだと思います。

α1は買って損は絶対にないカメラです。ほぼ全ての写真を電子シャッターで撮れるα1はNikon一桁機のようにシャッター耐久性を気にする必要がないのでおそらく値下がりもしにくいでしょうし、その点でもかなりコスパが良いと言えます。

参考に、かなり厳しい状況でもほぼカメラ任せでピントを追い続けているところの写真を載せておきます。ブレの有無、また、写真の善し悪しについては全く考慮して居ません。ただピント的に厳しそうな場面でも追従することを示せそうな画像を抜き出しています。お許しください。

参考になった20人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

恵比寿ライダーさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性3
機能性4
液晶5
ホールド感4

それまでは富士フィルムのXTを使っていましたが、仕事で利用するため2台まとめて購入
インタビューで2台必要なさい、こちらを左右に向けています。

レンズもそれに合わせて同じものを複数購入。
大変な出費でしたが、すばらしいです。


操作性はまぁまぁ。
画質はぴか一。
動画もすばらしいです

ただ8K動画なんてよほどPCがよくないと作業できないし、4Kで十分かと。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

dirty_white_boyさん

  • レビュー投稿数:46件
  • 累計支持数:210人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
30件
レンズ
10件
24件
スマートフォン
3件
22件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感4

α9に追加して購入しました。
購入後数か月たったのでレビューします。

【デザイン】SONYデザインに慣れているので、可もなく不可もなく、シンプルで良いと思います。

【画質】画素数が増えた分、α9に対しては向上してるかなと言う程度。僕の使い方では今一つです。

【操作性】必要十分。階層等深くなってる部分もありますが、慣れかと思います。

【バッテリー】α9より早く減るのは仕方ないけど残念。

【携帯性】α9より重い(当然)

【機能性】使いこなせないほどの機能性があります。

【液晶】満足

【ホールド感】問題なし。

【総評】おそらく、プロの方なら100%使いこなせるのでしょう。
僕のレベルだと、正直、α9との差は大きくないかもしれません。
なので、辛めの評価になってますが、僕の腕の問題かとおもいます。

画素数が多くなってトリミング耐性が良くなった以外は、α9で十分じゃないか?
と思える自分がいます。 
本当に欲しいのはα9の少しだけ高画素モデルかも。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

光速の豚さん

  • レビュー投稿数:69件
  • 累計支持数:270人
  • ファン数:48人
満足度5
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー無評価
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感4
当機種黒の表現は好ましい
当機種枯れた表現も大丈夫そう
当機種高感度もこういう被写体ならば良好な感じ

黒の表現は好ましい

枯れた表現も大丈夫そう

高感度もこういう被写体ならば良好な感じ

当機種得意な緑も、SONY風味で安心
当機種まぁ多分に135GMとか
当機種12-24GMの性能が良いからなんでしょうが

得意な緑も、SONY風味で安心

まぁ多分に135GMとか

12-24GMの性能が良いからなんでしょうが

【デザイン】SONY Eマウントのテンプレ的な
デザインにはソソられませんが
無駄を排除した感じはSONY好きには訴える

【画質】
TLM機、α99U比では向上してます(Jpeg)
色もSONY風味のナチュラルが好きなら
印象は良いと思います
WBもSONY風味は変わらない
ファイルサイズの大きさとかUHS-UのSDの
価格には辟易しそうですが

【操作性】
後ダイヤルが軍艦部に有るので
馴染むのは少し親指の加減が必要です
諸機能をアサインするcustomボタンは
いかんせん筐体が小さいので
指をソコに納め操作するには
自分は慣れが必要かと思います

【バッテリー】
使いきってませんので無評価です

【携帯性】
縦グリ付でもやはり小さい
最小携行サイズで持ち出すカメラでは
無いですが

【機能性】
カスタムボタンを駆使すれば自分好みの
操作性にする事は出来ると思いますが
相変わらずメニューの階層が使いにくい
ただUIが共通してるのでSONY慣れしてれば
ソコまで不満は無いかと

AFは多点で被写体を捕捉するAF-Cが
便利なので積極的に使う人は良いでしょう
ただ写真撮るのは其だけじゃないんでねぇ
測距点が多いけどグループエリアとか
一眼レフっぽい構図決めて追う癖を
このカメラは
やらせてくれない、難しい所ですが
MFの拡大ピーキングの
使い勝手とかは良好です、α99U比で

【液晶】
さほど精細さを感じませんがしっかりした
造り、三軸チルト(バリアングル)に
しない理由はそういう所だと思いますが
自分はやはり縦位置でも使える三軸チルトが
便利なのでいまいちです

【ホールド感】
グリップのシボ、筐体の剛性感は悪くない
縦グリも然り、ただAマウント機の様な
縦、横のレリーズ位置の揃ってる便利さから
比べたら、少し減点です
それも慣れで克服出来そうですが

【総評】
弟がEマウントに乗換、試用しましたが
Aマウント機がカメラとして勝る要素は
ほぼ無いモノと思います

後は慣れですね、あの筐体の造りとか
色々と作法が少し違うだけ
Aマウント機のメリットは三軸チルトと
24ZA 35G 50ZA 85ZA 135ZA 300Gが
ネイティブで使えるだけになってしまう
そんな印象でした

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

blskiさん

  • レビュー投稿数:167件
  • 累計支持数:412人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
9件
120件
レンズ
19件
40件
コンバージョンレンズ・アダプタ
8件
22件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

【デザイン】好き

【画質】撮って出しのjpeg画像の質が他より素晴らしい

【操作性】良い

【バッテリー】7Vよりは持たない

【携帯性】良し

【機能性】てんこ盛り過ぎて使いきれない

【液晶】EVFが素晴らしくピント合わせがしやすい。古いマニュアルフォーカスレンズ遊ぶのにこれは必須

【ホールド感】自分には最高

【総評】RAW現像して追い込んだくらいの画が撮って出しで出力出来るというのは数撮る人には最高。

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ノンターボさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:0人
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

【デザイン】ソニーのフルサイズミラーレス伝統の変わらぬ外装のボディーデザインで有りながら、下位機種との差別化で高級感の有るデザインです。

【画質】5,000万画素で綺麗な画質です。
お値段相応の画質ですね。

【操作性】α9系から受け継いだ物理スイッチ優先で操作性は抜群です。
メニュー操作もサクサク動きます。

【バッテリー】他社のフルサイズミラーレスの倍位持ちます。
流石はリチウムイオン電池の先駆者ソニーですね。

【携帯性】あえて縦グリ一体化を避けたコンパクトボディは携帯性抜群です。

【機能性】高画素機で有りながら30FPSの高速連写で機能性は高いです。
ブラックアウトフリーの高速連写は圧巻です。
唯一純金パーツが使われて無い所が残念です。

【液晶】見易い液晶で使用には問題有りません。

【ホールド感】コンパクトかつ厚みを持たせたグリップでホールド感も良いです。
撮影意欲も増します。

【総評】お値段以上の満足感で適度な高級感も良い感じです。
知識・技術・感性を持った方で有れば他の選択肢は無いと思います。
9の上で10とせず、1の名称を与えた意味は大きいです。そう、No.1の1なのです。
このカメラは今後、他社が目指すフルサイズミラーレスのフラッグシップの基準になるカメラだと断言出来ます。

参考になった36

このレビューは参考になりましたか?参考になった

うる☆ボウズwith0487さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:104人
  • ファン数:0人
満足度1
デザイン1
画質1
操作性1
バッテリー1
携帯性1
機能性4
液晶1
ホールド感1

【デザイン】8年前から変わらぬ外装に、つぎはぎボディーデザインはなんとかしてほしい。また下位機種との共通部品多用で高級感はない

【画質】10万くらいのカメラと変わらない

【操作性】レンズによって手が当たる

【バッテリー】普通

【携帯性】普通

【機能性】機能はすごいが、瞳afもいまやスマホにも搭載できる機能。高くても40万がいいとこ。純金パーツ50g使用なら話は別

【液晶】高画素機で背面144万はありえない

【ホールド感】長時間持つのはきつい。撮影意欲減少

【総評】高価格がすべて。安っぽいダイヤル&フォント。持った感じは15万くらいにしか感じない。知識・技術・感性があれば他の選択肢もある。まさに金持ち信者専用機。

また、9の上が1なのも意味不明。ミラーレスの価格をつり上げてるのは間違いない。他社は基準にしないでほしい

参考になった104人(再レビュー後:63人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ma567899さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:86人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
8件
レンズ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種
当機種
 

 

ブラックアウトフリー撮影のおかげで、飛翔の撮影難易度がかなり下がります
性能は十分なんですが、CFexpress Type Aが現状160GBまでしか無いのが唯一の不満点ですね

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

MBDさん

  • レビュー投稿数:67件
  • 累計支持数:707人
  • ファン数:80人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
8件
1508件
レンズ
16件
169件
三脚・一脚
0件
22件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5
当機種APS-Cモードで撮影。そこから約等倍にトリミング。
当機種APS-Cモードで撮影。そこから約等倍にトリミング。
当機種風が強かったです。

APS-Cモードで撮影。そこから約等倍にトリミング。

APS-Cモードで撮影。そこから約等倍にトリミング。

風が強かったです。

当機種鳥瞳AFもしっかり
当機種100400GMにしておけばよかったと後悔
 

鳥瞳AFもしっかり

100400GMにしておけばよかったと後悔

 

カメラを始めてから、とにかく高いカメラであれば、下手クソでも少しはまともな写真が撮れると思って買い続けています。
α9とα7R3を手放して追い金40万円ほどで手にしました。
間違いなくド素人最強カメラと言えるかと思います。
ただ・・・ただただ高過ぎです。

なんといって高速連写、AFの速度と精度、そして高画素がこのカメラの最大の特徴かと思います。
α350/α900からのソニーユーザーなので、その頃から比べると、恐ろしく楽に撮影できます。
まさか、大口径単焦点のド開放でピンがビシビシくるなんて、α9から感じていましたが、α1は更に速度が上がったと実感します。
また、瞳AFの鳥もしっかり来ました。これだと今まで避けていた鳥さんも被写体の1つになってしまいそうです。

これを手にして最初に連れ出した相棒は、135GMでした。
近所の公園でたまたまカワセミがいたので、APS-Cモードで撮影し、等倍程度でトリミングしてみました。
これが、練習もしないで、いきなりの撮影です。
たまたまα7s3を持っているので、新しい未ニューに慣れていたせいもありますが、メニューもわかりやすいです。
さすがフラグシップ! でも、また3年くらいで新しいのが出てくるんでしょうね・・・

これから、キヤノンさんニコンさんもフラグシップ機を出してくるかと思いますが、高価格路線は3社横並びかと思います。
本当に嫌な時代になってしまいました。
スマホでできることが増えてしまったので、このようなカメラを買う人工が減り続けているので仕方ないと思いますが、もう少しお財布に優しくして欲しいです。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
その他

参考になった40

このレビューは参考になりましたか?参考になった

naoki horiさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:398人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
0件
レンズ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー2
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感4
当機種ハヤブサ α1+sony 600mm F4.0
当機種イヌワシ α1+sony 600mm F4.0(x1.4)
当機種ヤマセミ α1+sony 100-400mm GM

ハヤブサ α1+sony 600mm F4.0

イヌワシ α1+sony 600mm F4.0(x1.4)

ヤマセミ α1+sony 100-400mm GM

当機種アカショウビン α1+sony 100-400mm GM
別機種オオワシ EOSR5+canon RF100-500mm
別機種オシドリ EOSR5+canon RF 100-500mm

アカショウビン α1+sony 100-400mm GM

オオワシ EOSR5+canon RF100-500mm

オシドリ EOSR5+canon RF 100-500mm

 ミラーレス機による鳥連写はα9Uに始まり、次にEOSR5を約6か月間使用し、今回α9Uからα1に変更し約4か月間使用し、EOSR5と比較してみました。主にスティル撮影による連写の評価です。使用レンズは、α1は100-400mm GMと600mmF4(X1.4)、EOSR5はRF100-500mmのみです。また、撮影時は三脚を使用しますので、手振れ補正の評価は省きます。
【デザイン】両機種とも良いです。
【画質】両機種ともISO6400からノイズが出始めますが、EOSR5の方がノイズが少ないです。画質は、両ズームレンズ装着での比較では、色味はα1が好みであり、EOSR5の方が鮮明な印象ですが、α1とsony 600mmF4との組み合わせでは極めて鮮明です。主に電子シャッターで撮っていますが、α1はともかくEOSR5もローリング現象はそれほど感じません。
【操作性】α9Uを使用し始めた頃は、使用法が慣れず苦労しましたが、α1では機能表示がカラーになり見やすくなり、ようやく馴染めるようになりました。機能割り当てボタンも多く、慣れると撮影場面に応じた連写機能が生かされます。ただ、EOSR5の方が、画面表示が分かりやすく整理され使いやすいです。α1は、しばらく使用期間が空くと、ボタン設定に迷う時があります。
【バッテリー】両機種とも持ちは悪く、EOSR5の方が少し良いですが、一日に2個あれば十分です。
【携帯性】両機種とも軽く、携帯性は良いです。
【機能性】α9U使用時より鳥連写の設定条件を模索してきましたが、α1も飛翔中の撮影はゾーン(又はワイド)単独よりもトラッキングとの組み合わせの方が追従性が良く、特に猛禽類では追従感度3が最初の食いつきとその後の追従性とのバランスが良く、小鳥の速い飛翔は追従感度4、ツバメ等の不規則な飛翔は5、飛込は3に設定しています。また、飛び出し撮影で周囲に障害物がありゾーンではピントが定まりにくい時は、拡張型フレキシブルトラッキングで飛び出しを撮影し(追従感度1,2)、そのまま追従するか、切り換えが可能な場合はトラッキングのゾーンに変更し飛翔を撮りますが、後者の方が歩止まりと追従性は良いです。α9Uと比べると、鳥及び瞳検出の導入でピントの正確性と追従性が向上し、画質は良くなり(少しノイズは増えましたが)、1.5倍のトレーミングで遠距離の猛禽類が撮りやすくなりましたが、カワセミの飛込ではα9Uより水にピントが取られやすい傾向があります。また、瞳AFが効かない距離では止まり1点が定まりにくい時があり、暗所のAFはEOSR5より弱い印象です。
 一方、EOSR5に関しては、普通の設定条件では鳥の飛翔が背景に取られやすく、EOSR5常用者の助言で、追尾型の動物認識と瞳AF(+)で粘り重視で開始点を1点にしてファインダーにピントを合わせると、猛禽類や比較的遠方の小鳥の飛翔は背景に取られにくくなり、水への飛込も追従しますが、それでもα1のゾーンとトラッキングの方が歩止まりと追従性が良く背景への取られも少ない印象です。また、EOSR5の小鳥撮影では、追尾型で瞳AFの効かない遠い距離では、ピントが周囲の枝や岩に取られタッチAFを使用しても小鳥に定まらず飛び出し撮影を逃がしてしまい使いずらい印象があります。ゾーン又は割り当てボタンに設定した1点や領域拡大の測距点を用いて撮れますが、α1の拡張型フレキシブルやゾーンの方が歩止まりと追従性が良く、小鳥はα1を使用します。
 ところが、α1ではα9で見られたカードのバッファ問題が完全には解決されていません。CF express type A採用で、α9UのSDカードよりは書き込み時間は短縮し連写時間も長くなりましたが、飛翔時間の長い猛禽撮影(特にオオワシやイヌワシ)では5000万画素で秒30コマで撮影しても長くは続きません。小鳥では、飛翔時間が短いので、秒30コマでもほぼ撮れますが、猛禽類では秒20コマ(猛禽類は秒20コマで十分であり、秒30コマでは撮影後の整理が大変です)で遠方の飛翔を1.5倍のクロップ(約2200万画素)で撮影し、なるべく長時間シャッターを押せる工夫をしています。一方、EOSR5採用のCF express type Bは、rawで撮ってもバッファを気にせず安心して連写できるのが良いです。また、ソニーのCF express type Aは容量が160MBと少なく割高であり、アカショウビンやブッポウソウの餌渡し等の頻回な連写撮影では、5000万画素で圧縮rawで撮ると1日に最低2カード、3カード以上必要であり、カード代の出費も嵩みます。
【液晶、ホールド感】両機種とも良く、特に大きな差は感じません。
【総評】EOSR5の連写の条件設定をもう少し煮詰める必要があり、またcanonのEF大砲レンズを使用してはいませんが、両機種を一定期間使用した印象では、ミラーレスとしての鳥の連写性能はα1の方が良く、飛翔が撮りやすいと思います。特にレフ機では到底撮れなかった咄嗟に出現する小鳥の速い飛翔もα1では照準器を合わせるだけでゾーンやワイドで歩止まりなく撮れることが多いです。EOSR5は、飛翔に応じて設定条件を追い込むことが重要ですが、その設定項目が多いため(case、追従性、速度変化に対する追従等)、設定にやや複雑さを感じる一方で、α1は測距法が決まれば追従感度を決めるだけなので飛翔条件を設定しやすいです。また、EOSR5は、追従性を粘りに設定すれば背景への取られは低減しますが、その条件でも被写体が背景近くを飛翔すると背景に引っ張られる傾向は否めません。
 しかし、α1は上記のごとくカードの問題があり、特に猛禽類の長時間の飛翔を撮影するには、CF express type B(sonyは発売していますが)をボディを縦型グリップにしてでも採用してもらいたいです。今後canon R1(仮称)やnikon Z9の高画素機がCF express type B採用のバッファレス仕様で登場する予定ですので、次期α1では是非対応してもらいたいです。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景

参考になった54

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

α1 ILCE-1 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

α1 ILCE-1 ボディ
SONY

α1 ILCE-1 ボディ

最安価格(税込):¥761,405発売日:2021年 3月19日 価格.comの安さの理由は?

α1 ILCE-1 ボディをお気に入り製品に追加する <651

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意