ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト] レビュー・評価

2020年 6月26日 発売

ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]

  • 家中をカバーするWi-Fi6対応トライバンドメッシュWi-Fiルーターの2台セット。2台同時に使用することで最大約511m2をカバーする。
  • ターゲットウェイクタイム(TWT)にも対応。 Wi-Fi6と互換性のあるデバイスの消費電力を最大7倍削減し、バッテリー寿命を向上させる。
  • ペアレンタルコントロール機能を備えた「AiProtection」の搭載により、自宅のネットワーク環境をビジネスレベルのセキュリティで守る。
ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト] 製品画像

拡大

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥69,080

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥69,080

Joshin

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥69,080¥76,750 (11店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥69,778 〜 ¥69,778 (全国5店舗)最寄りのショップ一覧

無線LAN規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax 接続環境:3階建て(戸建て)/4LDK(マンション)/最大90台(1台あたり) ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]の価格比較
  • ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]の店頭購入
  • ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]のスペック・仕様
  • ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]のレビュー
  • ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]のクチコミ
  • ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]の画像・動画
  • ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]のピックアップリスト
  • ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]のオークション

ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]ASUS

最安価格(税込):¥69,080 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 6月26日

  • ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]の価格比較
  • ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]の店頭購入
  • ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]のスペック・仕様
  • ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]のレビュー
  • ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]のクチコミ
  • ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]の画像・動画
  • ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]のピックアップリスト
  • ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 無線LANルーター(Wi-Fiルーター) > ASUS > ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]

ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.77
(カテゴリ平均:3.90
レビュー投稿数:14人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 5.00 4.07 1位
設定の簡単さ 設定は簡単にできるか 4.33 4.04 21位
受信感度 受信感度のよさ 4.79 4.03 6位
機能性 付加機能・セキュリティ機能など 4.70 3.88 4位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 4.28 4.04 19位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]のレビューを書く

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

十月の旅人さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
設定の簡単さ4
受信感度5
機能性5
サイズ5

【デザイン】
部屋のインテリに最高ですね。
テレビ台に映えます。

【設定の簡単さ】
初期設定自体は簡単です。
ただ、設置位置やセッションが切れるタイミングなどみなさん苦労される部分かと思います。
色々苦労したので設定を書いておきます。
我が家では、そんな広い家ではないですが壁を隔ててのテレワークを考慮してリビングに1台、2部屋に1台ずつの計3台使用しています。

この機種の問題点は1台で使うことも想定してなのかローミングアシストのクライアントデバイスを切断する RSSI 基準値が-70dBmに設定されていることです。
(詳細設定 > ワイヤレス > ローミングアシスト)
これは、どのくらいの受信感度以下であれば機器の接続を切断するかの設定です。
この機種の設定できる範囲は、 -40 〜 -90となります。

RSSI 基準値は0に近づくほど受信感度が高いとのことなので、
この機種の場合、-40が100%の受信感度で、-90が0%と考えて良いと思います。
初期設定が、-70なので10%の受信感度まで落ちるとそのノードから機器を切断するということです。

1台でかなりな距離(2部屋くらいは余裕)で飛ぶので10%の受信感度まで落ちるのに、どこまで離れなければならないのかということです。
そのため、切り替えが発生せず不安定な10%の受信感度でも遠いノードに繋がったままということになります。

上記のため以下設定にしたところ各部屋から少し出た状態できちんと機器が切断されてリビングのノードに、
リビングから各部屋に入ると各部屋のノードに繋がる様になり改善されました。

マンションなど部屋と部屋の間隔が隣接している場合は以下設定項目を参考にしてください。
ただしオンラインゲームなどセッションが切れて困るような場合は以下設定はしない方が良いのでご注意を・・・
まぁノードが自動で切り替わるのがメッシュWiFiの醍醐味ではありますが・・・

---------------------------------------
設定項目:詳細設定 > ワイヤレス > ローミングアシスト > クライアントデバイスを切断する RSSI 基準値
設定値:-50
 └つまりほぼ100%(95%)の受信感度以下になったら、現在接続しているノードから機器を即切断する。
  ※さすがに-40(100%)にするとブチブチ切れました。。。

設定項目:詳細設定 > ワイヤレス > 送信出力制御
設定値:バランス
 └あまりにも飛びすぎて、隣の部屋でも不安定ながら100%に近い送信出力のため、
 50%くらいに出力を押さえて、その部屋の大きさくらいでおさまるようにしました。
---------------------------------------

【受信感度】
さすがにかなり良いです。
ノード固定(バインド)して隣の部屋の壁(石膏ボード)を隔てると受信感度が80%〜30%をうろうろして不安定になります。
また、届く範囲で言えば送信出力100%だと不安定ながら駐車場(30mくらい?)まで届きます・・・

【機能性】
個人向けとしては機能があり過ぎですが微調整できるのはありがたいです。

プリンタなど、そのノードに固定したい場合はバインド機能で固定出来るのは良いですね。
※バインド:AiMesh > トポロジー > [各ノード] > クライアント > [各機器の横のチェーンマーク]

【サイズ】
丁度良い感じのサイズで気に入ってます。

【総評】
メッシュWiFiなんだから最初からRSSI 基準値を上げておいてほしいというのはわがままなんでしょうか。
1台のみ使用時のクレームを起こしたくない気持ちは分からなくもないですが。。。
設定変更してから良い感じにノードが切り替わるのでこれで一件落着です。

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

初心者ですいません…さん

  • レビュー投稿数:61件
  • 累計支持数:258人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
4件
21件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
3件
5件
シーリングライト
4件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
設定の簡単さ1
受信感度5
機能性5
サイズ4

【デザイン】
シンプルでアンテナが沢山出ていなく良い。

【設定の簡単さ】
設定画面には簡単に入れます。アプリも使いやすく見失う事もない。

【受信感度】
今まで中継器を2台使っても家の隅々まで届かなかったその時々のハイエンドルーター達がバカみたいです。この2台で家の端まで電波MAXです。1台でもいけそうなぐらい。

【機能性】
設定項目は豊富。ただ用語の説明が設定画面にあれば良いのにと思います。

【サイズ】
今までより小さくなりました。

【総評】
今まで買い替える際にASUSの良い製品がないタイミングでバッファロー、NETGEARしか使用したことが無かったのですが、数年の進化を考えても電波出力は法律で規制されてるハズですがメチャクチャ飛びます。高いですがこれだけでも個人的に価値有りです。今までは中継器使用で不安定で大変だった為、いる、いらない賛否両論あるメッシュwifiですが満足です。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nBanjoさん

  • レビュー投稿数:60件
  • 累計支持数:609人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
23件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
0件
デジタル一眼カメラ
5件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
設定の簡単さ5
受信感度5
機能性5
サイズ5

■私が所有するルーター機器
1)本機:ZenWiFi-AX(XT8)(2台セット)
  AiMeshシステムとして大活躍中→オススメ
2)ASUS RT-AX56U(1台)
  「メディアブリッジモード」(有線LAN機器の無線化)で使用中
3)ASUS TUF-AX3000
  ASUS製品のレビューキャンペーンに応募したときの当選品
4)NEC Aterm WG2600HP3(2台遊休中)
  上記1を導入してから出番無しなので廃棄を検討中

●Wi-Fi6の落とし穴?
複数の無線端末の接続が途切れて不安定になることがしばしばあった。
PCやスマホが電源OFFまたはスリープ状態から復帰したときにこの現象(無線切断からの復帰に失敗)が起こる。
どうも新規格のWi-Fi6で導入された機能であるTWT(Target Wake Time)が影響していそうな気がする。
この機能を「無効」にして様子見だが、新しい機能なのでまだ未知の課題を抱えているのかもしれない。
また、あまりメリット(効果)も感じないので余計の機能は「無効」のままの方が無難かもしれない。

●AiMeshシステムの落とし穴?(その1)
本機入手当初として、性能が異なるものを多くAiMesh化すると却ってWi-Fi通信効率が落ちるのではないかという懸念があって、上記ルーター2と3は「メディアブリッジモード」で使用していた。
約半年後、本機のAiMeshシステムが数回のファームウェア更新により安定しパフォーマンスもアップした稼働状況になってきたので、試しにAiMeshシステムに上記3(TUF-AX3000)をノードとして追加してみたが、システム上のパフォーマンス低下が見られたので現在では「メディアブリッジモード」に戻して使用中。
そのパフォーマンス低下というのは、やはり先述の懸念が当たっていたようであった。
本機のみの環境時に比べて通信速度パフォーマンスが著しく低下するようになった。
例えば、比較的性能の高いパソコンでインターネット回線速度を計測すると、平均的に450Mbps程度あったものが300Mbps以下まで落ちるようになった。
また、LAN内のデバイス機器同士のファイル転送でも体感的(異常とも思えるくらい)にスピードダウンが感じられた。
我が家では、AiMeshシステムにスマホ/パソコン/AV機器/電化製品などトータル30台近くの端末デバイスが接続している。
上記3(TUF-AX3000)をAiMeshシステムノードにすると、端末デバイスの一部が配置状況に応じて自動的にTUF-AX3000に無線接続するようになるのだが、接続しているデバイス機器に速度低下が発生するのがわかった。
そこで、TUF-AX3000をAiMeshノード設定から解除して「メディアブリッジモード」に戻して使用すると、当初(上記1のみの環境)の快適さが回復したようになった。

●AiMeshシステムの落とし穴?(その2)
本機には「ローミングアシスト」という機能があって、端末デバイスの電波強度をチェックして、より電波強度の高い方のAiMeshノードに端末デバイスを接続するよう自動切り替えするしくみになっている。
非常に便利でスマートな機能のように見えるが、そこには以下の落とし穴があった。
例えば、2つのAiMeshノードの配置が接近している環境では、「ローミングアシスト」機能により端末デバイスの接続先ノードが頻繁に切り替わるようになる。
そこで支障が出るのが、ネット(LAN含む)でゲームや動画ストリーミング再生しているときで、「ローミングアシスト」機能が余計なお世話になってゲームの中断や動画の再生停止が頻繁に発生して、やってられない状況になってしまうわけである。
これを回避するには、
・支障のある端末デバイスごとに本機側で「ローミングアシスト」設定を無効にする →作業が面倒くさい
・本機の「ローミングアシスト」機能そのものを無効にする →ちょっとやり過ぎで不便になる?
・AiMeshノードの配置を工夫する(互いに距離をとる)
我が家では先述(その1)の理由もあってTUF-AX3000をAiMeshノード設定解除することで回避することができた。

■まとめ
以上に記した「落とし穴」については、専門家でない私には推測によるところが大いにあるので、当を得たトラブルシューティングになっていないかもしれない。
本機を半年以上使用してきて、そのパフォーマンスの高さはかなり実感できて満足度も高いのだが、さすがにまったくトラブルゼロというわけにはいかず、欠点が徐々に露呈してきたという感じでもあった。
また、ユーザー側が機器やシステムについての知識をある程度身につけた上での使いこなしや工夫が必要だということも気づかされた。
我が家のように、本機によるAiMeshシステム環境で家中どこでも十分なWiFi電波強度が確保できるなら、それ以上敢えてAiMeshシステムの拡張(ノード追加)をしない方が無難だと思ったしだいである。
以上まとめると、本機のようなAiMeshシステムを導入するなら、
A)AiMeshノードは同じ機種に統一する(本機のようなメッシュWi-Fi前提仕様の機種がベター)
B)AiMeshノード数は必要最小限にする
C)複数ノードの配置は互いになるべく近接しないようにする
ということをアドバイスとしておく。

★追記★
上述のようなまとめをしたのだが、その後に気づいた点として、
2階に設置したBDレコーダー(DIGA)
 ↓有線
本機
 ↓無線(WiFi6)
TUF-AX3000(メディアブリッジモード)
 ↓有線
1階に設置したテレビ
という流れでレコーダーの録画番組をテレビでDLNA再生視聴していると、30分から1時間に1回の頻度で再生停止(強制終了)することが発生。
試しにTUF-AX3000を遊休だったNEC/WG2600HP3(WiFi6非対応)に替えることで再生停止はなくなった。
その違いの理由は不明だが、
・同一メーカーの組み合わせなら最適/安心とは限らない。
・WiFi6はWiFi5に比べてスペック上の速度面では有利だが、安定性/信頼性という面では劣るようで、技術的にまだ不確定要素が多い。
とも言えそうだと付け加えておく。

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

けさけささん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
3件
0件
ノートパソコン
0件
2件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
設定の簡単さ3
受信感度5
機能性5
サイズ4

【デザイン】なかなか良いです

【設定の簡単さ】ここは苦戦しました
アプリからのpppoe入力でつまづきました
何回かやり直して完了

【受信感度】これが最高!
マンションの端っこから端っこまで
バッチリです

【機能性】これはアプリがよく出来てます
さっきと逆ですいません

【サイズ】まあ、こんなもんかな

【総評】最初の設定のつまづきがなければ・・・
tp-link deco の方が設定は楽でした
でもどうしても電波が飛ばなかったので
買い換えました
トライバントは全然違いました
満足


参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

@パセリ@さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
1件
0件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
設定の簡単さ5
受信感度4
機能性5
サイズ3

【デザイン】【サイズ】
デザインはルーターっぽくなくて非常に良いと思います。
(アンテナがにょきにょきしてないからあまり生活感が出ない)
その分サイズは大きくなっていますが、そこはトレードオフなので仕方ないかと思います。
見えるところに置いていますが、ルーターっぽくない見た目なのであまり気にならないです。
白と黒があるので、壁の色に合わせて選べばそこまで目立たないと思います。

【設定の簡単さ】
使い始めるためのセットアップは、説明書を見ながらやれば特に問題なくできました。
機能が色々あるので、個々の機能を使うためには若干知識が必要になりますが、そこは他社のルーターも同じかと思います。
スマホの設定アプリが使いやすいので、トータルとして設定は簡単な方だと思います。

【受信感度】
1階と2階に1台ずつ置いて使っていますが、1階の端だと受信しづらい場所が出てきています。
ルーターから10m程度の場所でも、壁を2枚隔てていると怪しくなります。
広めのお家の場合は、3台以上必要になるかもしれません。

【機能性】
セキュリティ機能もあり、USBでHDDをつないで簡易NASとしても使えたりするので、通常使用の範囲では他社製品と比べて機能が足りないということはないと思います。

【総評】
メッシュWiFiにしたいけど、アンテナの生えたルーターをあちこちに置きたくないという方にお勧めです。見えないところに置くならアンテナむき出しのルーターの方が受信感度は良いと思います。
約1年使っていますが、その間にスマホの設定アプリがどんどん機能アップしており、色々できることが増えていっているのが地味に嬉しいです。前はbuffalo製のルーターを使っていましたが、買った後はほぼ変化がなく、どんどん型落ち感が出てきていましたが、これのおかげでそういった型落ち感を持たずにこれています。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

電動兄貴さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:63人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

キーボード
2件
0件
自動車(本体)
1件
1件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン5
設定の簡単さ4
受信感度5
機能性2
サイズ3

TP-Link Deco M9 Plusから本機へ乗り換え、1ヶ月間使用してみてのレビューです。4台(4ノード)構成、APモードでバックホールに有線と無線が混在した環境での運用です。

【評価点】
○ 通信速度
端末が11axに対応していれば、上り・下り共にDeco M9 Plusの2〜3倍の速度が出ます。非対応の場合でも概ね2〜5割程度は速くなります。ノード間の切り替えも実にスムーズです。これらは11axの規格特性と、ボトルネックを徹底的に軽減するシステム設計、そしてBroadcom製1.5GHzクアッドコアという強力なCPUの賜物かと思われます(Deco M9 PlusはQualcomm製717Mhzクアッドコア)。

【賛否両論?点】
△ 設定項目の多彩さ
本機はASUS製品らしい設定項目の多彩さも目を引きます。SSIDや暗号化規格といった基本的な無線設定はもちろん、子ノードの接続先を個別に指定できたり、Wi-Fiの有効・無効を曜日・時間単位で設定できたり、USB3.0との電波干渉を低減できたりもします。但しマニュアル上で説明されていない設定項目も多く、初心者にとってはやや不親切かもしれません。あとはちゃんと設定した通りに動いているのか怪しい項目もちらほら…。

【問題点】
× ファームウェアが不安定
本機最大の問題点がこちら。本レビュー時点の最新版である3.0.0.4.386.43170においても、突然5GHz帯が使用できなくなる、子ノードがリンクダウンする、子ノードが接続先設定を無視して何故か最も遠いノードと再接続する、などといった現象が頻発(1日1回以上)します。当方の環境では少し古めの3.0.0.4.386.42095にダウングレードしたことである程度緩和(2〜3日に1回)したものの根治には至らず、現在は毎晩自動で再起動させることで表面上安定させている、といった感じです。当該バージョンではFragattacksといった最新の脆弱性に対しても無防備なため早急に改善して欲しい所ではありますが、発売から1年半も経ってこの為体ではあまり期待できそうにないです。

【総評】
前項でボロボロに書きましたが、問題が頻発するのは主に3台以上での構成時で、2台(2ノード)以下であれば比較的安定する様です。なので2台以下での運用を想定されている方には普通におすすめできます。一軒家や広めのマンション等、3台(3ノード)以上での運用を想定されている方は、購入前に少し様子を見た方が良いかもしれません。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

dmx46さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
設定の簡単さ5
受信感度5
機能性5
サイズ4

【デザイン】
白を基調とした丸みのあるデザインで可愛らしく、見えるところに置いても文句言われなくなりました。
LEDも必要最小限で設定画面で消灯もでき夜寝るときの邪魔にもなりません。

【設定の簡単さ】
APモード+イーサネットバックホールでの設定です。
マニュアルの記載は必要最低限なのであまり役に立ちませんが、メーカーWebサイトのFAQなどに情報が載っており事前に確認をすることができたので、大きな問題はありませんでした。
管理画面がわかりやすいので一度接続して管理画面に入れればマニュアルは不要でした。

【受信感度】
これまでの古いルーターと比べると単体でも繋がるエリアが広がりました。
AiMeshのおかげで1Fと2Fで離れた場所でもSSIDを変更することなくシームレスに接続が切り替わるためとても便利になりました。

【機能性】
APモードでの利用なのでルーター機能についてはわかりません。
管理画面は視認性がよく設定項目もわかりやすいです。
AiMeshも特に難し事はなくWiFi設定についても細かな設定ができるので環境に合わせて設定できます。

【サイズ】
見えるところにおけるデザインですが、サイズはでかく、存在感はやはりあります。

【総評】
まだ使い始めて間もないので、安定性などはこれからといったところです。
セットアップ中にイーサネットバックホールのノードが切断状態になる現象が何回か発生しました。
一晩ほったらかしにしたら翌朝にはつながっていたのでノードへの設定反映だったのかも?
セットアップが終わってからは特に問題もなく我が家のWiFi環境は快適になりました。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

キナバル84さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:106人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
3件
3件
デジタル一眼カメラ
1件
2件
ノートパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
設定の簡単さ5
受信感度5
機能性5
サイズ4

【デザイン】
見えないところにおいてますが、良いんじゃないでしょうか。

【設定の簡単さ】
iOSのアプリを使用しましたが、スムーズでした。

【受信感度】
当方は一軒家で、両親の住む隣家にもネットワークを繋げるため、バッファローの無線LANルーター+中継機を使用していましたが、ネットワークが度々切れていました。
安定性とメッシュネットワークを求めてこちらを購入しましたが、受信感度はこれまでより良いです。

【機能性】
スマホアプリ上で、メッシュネットワーク上のルーター、端末が一覧化でき様々な情報を確認できるのが良い。
HDDを繋げばTimeMachineを使用できることに後で気づきました、こちらの設定作業も数分で終わり使用できました。

【サイズ】
見えないところに置くので特に不満なし。
高機能なぶん、サイズには余裕をもたせて放熱してくれたほうが安心。

【総評】
残る懸念は耐久性ですが、購入して1週間での雑感としては良いです。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ym2151_with_PSGさん

  • レビュー投稿数:138件
  • 累計支持数:845人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
16件
47件
Bluetoothスピーカー
7件
3件
スマートフォン
8件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
設定の簡単さ5
受信感度4
機能性5
サイズ5

以前TP-Linkのを使っていたのですが、2.5GBEがあるのと、メッシュが組みたくて購入しました。

【デザイン】
【サイズ】
小さくて派手じゃないので家具と自然に調和する。

【設定の簡単さ】
パソコンでも設定できますが、簡単な設定ならスマホで完結します。

【受信感度】
以前のTP-Linkのほうがデシベルはよかったのですが、160MHz使える場合だと通信速度はこちらのほうが上です。

【機能性】
細かい設定もPCなら可能でL2TPのVPNもついています。
IPV6非対応なのは人によっては気になるが、別にルーターを置いているのでアクセスポイントとして使っているため私は問題ないです。

【総評】
2.5GBEポートがついてるメッシュwifiということと、諸般のレビューを参考にしながら購入しました。家の隅々まで安定したwifiがつながり、非常に安定しています。
2.5GBEポートを生かすため、APモードとして使っているため、セキュリティ機能は見ていません。
以前使っていたaxルーターではacの周波数帯だと速度が1/4に落ちますが、この機種はacでも速度が確保されており、最新機種じゃないスマホやゲーム機が混ざっていても最適な速度が出ます。

比較製品
TP-Link > Archer AX50

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

のぶ1006さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
1件
0件
タブレットPC
1件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
設定の簡単さ5
受信感度5
機能性4
サイズ5
 

 

【デザイン】
白の上品なデザインで、良い意味でルーターらしくない。たてながなので場所をとらず、置き場所に困らない。
【設定の簡単さ】
スマホに専用アプリダウンロードして設定しました。3分ほどで完了しました。細かい設定はウェブ上でできます。ウェブ上の動きも機敏で操作はすこぶる簡単だった。
【受信感度】
とても良いです。従来の某 tplink ルーターに比べて3倍の数値を叩き出した。速度だけでなく受信の安定感も満足しました。
【機能性】
5tのHDDをnas として使用し重宝しております。パスワード設定も簡単で、アクセスの安定感が素晴らしい。
【サイズ】
たてながであり、横幅もさほどないので特にジャマになることもありません。
【総評】
6万円近くする高額品ながら私の満足度は価格以上です。2階建の大きめの自宅ですがトイレや6つのどの部屋でも快適にWi-Fiネットワークを満喫しております。

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

tanarou360さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
設定の簡単さ5
受信感度4
機能性5
サイズ4

アプリ画面

一番遠いリビングでの速度(サテライト経由)

ルーターの近く

   

リビングのサッシの上に設置

   

メッシュWi-Fiの機種はOrbi RBK50-200JPSからの変更です。1ヶ月ほど経過したので、レビューしたいと思います。

【デザイン】
アンテナが沢山飛び出している機種と比べると、リビングとかに置いても、ぱっと見ルーターには見えないと思います。
LEDの明るさも程よい明るさで、就寝時も邪魔になりません。
今回はホワイトを購入しましたが、壁紙の色と調和して目障りではありません。

【設定の簡単さ】
設定はかんたんです。APモードで使用していますが、最初からアプリで簡単に設定できます。Orbiの時はサテライトの接続がなかなか上手くできませんでしたが、こちらは問題なくできました。
細かい設定はwebでしかできないのが残念な部分かと思いますが、今後のアプリのアップデートに期待です。
表示はサテライトと本体で、つながっているデバイスがわかりやすいのが良いですね。orbiの時は表示自体怪しかったので。

【受信感度】
3LDKのマンションですが、iPhone11proでどの部屋でもアンテナMaxなので十分です。
シャープの冷蔵庫が繋がりにくい場合があるので、Orbiよりは感度が低いかもしれません。

【機能性】
Orbiにはなかったバインド機能がとても良いです。デバイスごとにサテライトか本体のどちらに接続するかを固定できるので、遠い方につながって速度が低下したりしません。
また、Orbiではできなかった5GHzと2.4GHzでSSIDを分離できる点も良いです。気づかないうちに2.4GHzで繋がって速度低下していたことがOrbiで多々あったため、この点のみで今回乗り換えたと言っても過言ではないです。
ワイヤレスバックホールのPHY速度もweb設定画面で確認出来るので、サテライトの設置場所が検討しやすいです。

【サイズ】
Orbiの大きさに慣れていたので、コンパクトな部類だと思います。

【総評】
Orbiだとルーターを置いている部屋から一番遠いリビングで、サテライト経由で350Mbps(iPhone11Pro iPerfで計測)ほどでしたが、ZenWiFi AXだと、サテライト経由で600Mbps、ルーターの近くだと800Mbpsでているので、とても満足です。
WiFi6の対応機器も増えてきているので、購入してよかったです。

リモートワークが増えてweb会議していても、リビングで家族はそれぞれyoutubeやネトフリを見ていても不満が出ないので、高価ですが満足度は高いです。

比較製品
NETGEAR > Orbi RBK50-200JPS

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

trmrさん

  • レビュー投稿数:55件
  • 累計支持数:234人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

加湿器
2件
1件
スマートフォン
3件
0件
タブレットPC
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
設定の簡単さ4
受信感度5
機能性5
サイズ5

鉄筋コンクリート造複数フロアのためさすがにWifiルータ一台では無理があると感じ購入。

【インターネット】
WANが2.5Gbps(2.5GBASE-T)までの速度に対応しており、Wifiでインターネットにつないでもそれ以上の速度はでない。優先LANが1G(1000BASE-T)なので、このルータだけ使うと無線の方が早い(ac 3466Mbps、ax 4804Mbpsのため2.5G上限に張り付くスピードがでる)逆転現象が起きる。しかしメッシュ同士の接続にも帯域使わないといけないため、実際はスペック通りにはいかない。
10Gbpsのプラン等契約してフルに使いたければ、おとなしくスイッチ買って有線接続したほうがいい。

【デザイン】
いい意味でルータらしくない。廊下に床置きしている(あまりよくないのは分かっている)が、悪目立ちしない。

【設定の簡単さ】
アプリでモニタできるのは楽ちん。Webブラウザで見るともっさりしている。Alexaとの連携は使っていない。
メッシュのトポロジーをアプリで手軽に調整できるともっとよかった。遠くのメッシュにつながったりしていらいらする。

【受信感度】
良好だが、本当はどこぞの中華ルータのように出力を上げてさえくれれば感度なんて気にしなくていい、むしろメッシュいらない。米軍基地や空港の周りぐらいじゃないか?困るのは。

【機能性】
もっとコンパクトで安いやつが出て正直悔しい。でもハードディスクつないでNASにもできるし、こっちのほうが若干早いんだもんって自分に言い聞かせている。
SSIDがどの部屋にいても変わらないというのがとてもうれしい。AlexaやLineなどは複雑なWifのi設定の基ではとち狂ったりするので、ストレスが大幅に減った。スマートホームつくるならメッシュWifiでないと話にならないのではないか。(複数のWifiルータを同一SSIDで運用した場合、IPアドレスががががってなるのでちゃんとしたVLANこさえることになる。ネットワークに詳しい諸兄にとっては常識なので問題ないと思うが、買ってきて箱開けて電源入れてアプリで追加ボタンをボチるだけで済むのはとても貴重、難しい設定もそれなりに受け入れてくれるので、ストレスがなくて大変良いのではないだろうか)。

【サイズ】
もっとコンパクトで安いやつが出て正直悔しい。AsusのAirメッシュは異なるAsusルータ同士でもメッシュ作れるので買い足しができる。仕事部屋とリビングにはいいやつ置き、あとはサブで適当なやつ置けば丁度いいのだが、引っ越したばかりで忙しく、面倒くさがって4台まとめて購入してしまった。5台までつなげられるので、来年か再来年にあと1台めちゃくちゃいいやつ買って憂さを晴らすとしよう。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ウエスト・サイズ・フトーリーさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:67人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
78件
デジタル一眼カメラ
1件
16件
レンズ
5件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
設定の簡単さ5
受信感度5
機能性5
サイズ4
   

   

【デザイン】
ロボットの蜘蛛がひっくり返っているような黒色のメカメカしいデザインではなく、
白色で、空気清浄機と見間違えるようなデザインでとてもいいです

【設定の簡単さ】
まず、スマホに「ASUS Routerアプリ」を入れ、
Bluetoothで本機と繋ぎ、初期設定をします
ただ、詳細設定は、PCから本機にアクセスして設定しないといけません

パッケージに付いてくる説明書は、最初の導入部分だけなので、
あらかじめ、ASUSのサポートのページで、
「ユーザーズマニュアル日本語版」をダウンロードしておいたほうがいいです

【受信感度】
BUFFALOのWXR-1750DHPからの買い替えになります
1階に本体を置いていましたので、
2階の寝室と子供部屋は、ドアを閉めると電波がかなり弱い状態でした

ZenWiFi AX (XT8)を、
1階の階段前に1台目、
2階の階段前に2台目を設置しました
5mも離れていない距離で無線で接続
メッシュの恩恵で、ドアを締めていても2部屋共電波が届くようになり快適です

【機能性】
今使っているパナソニックの「外でもドアホンVL-SWH705KL」を繋げたいと思い、
UPnPが使える事が条件でこの機種を選択
ドアホン側のwi-fi設定を少し変えるだけで繋がりました
スマホのwi-fiを切って、玄関子機を鳴らすと、ちゃんとスマホに通知が来て、
スマホ側で応答出来ました
パナのHPには、動作確認のルーター一覧が有るのですが、
更新が止まっているので、使えるのかどうか、ここが一番心配でした

SSIDですが、2.4GHzも5GHzも同一名に出来るので、
どっちに繋げたほうがいいとか気にしなくてもいいので楽です

ASUSの「AiMesh」対応のルーターを買えば、メッシュを拡張出来るみたいで、
今後、wi-fi対応の機種が増え、ルーターの負荷を分散させたい時、いいと思います

【サイズ】
排熱の関係で、ある程度大きくなってしまうのは、仕方ないと思います

【総評】
2台で7万円と値段が高めでしたが、
メッシュwi-fi、wi-fi6対応、トライバンド、
IPv6対応(残念ながらv6プラスには対応してない)
UPnP対応ということで、この機種を選びました
5年位現役でいてくれればいいのですが…

導入後、設定を変えたらZenWiFi AX (XT8)にログイン出来なくなって、
本体底のリセットボタンを押し、本体リセットをし、
スマホのアプリで最初からやろうとしても
ログインの画面になってしまって、うまく最初から出来ませんでしたが、
スマホのアプリのデータやキャッシュを消したら導入時の状態になりました
かなり焦りました

@niftyの為、元々「IPv6プラス」や「IPv4 over IPv6」は諦めていましたが、
「IPv6接続オプション」で繋がっているらしく、
IPv6確認サイトでもIPv6で繋がっていますし、
一般的なサイトも見れています

※2020/10/28追記
@niftyに「IPv6接続オプション」を解除を申し込み、
その後、「V6プラス」を申し込んだら、「IPv4 over IPv6」で繋がるようになりました

ファームウェア更新でZenWiFi AX (XT8)側を「IPv6プラス」に対応してもらえたら嬉しいです

参考になった6人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぞ のさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
1件
3件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
0件
マウス
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
設定の簡単さ5
受信感度5
機能性5
サイズ5

光回線   :Nuro光 2G
設置環境  :6LDK(戸建て:1階、2階)
接続台数  :30台以上50台未満
使用前ルータ:TP-LINK Archer AX50(APモード) + TP-LINK RE505X(中継器)
使用後ルータ:ASUS ZenWiFi AX (XT8)(Amazonモデル) ×3台(AiMesh構成APモード)
計測PC   :デスクトップ(有線:LR-LINK LREC6880BT(iBUFFALO UTP Cat6a)
              無線:TP-LINK Archer TX3000E)

【デザイン】
ASUSのルータにしては角がなくスッキリとしたデザインで縦置きの為とても良い。

【設定の簡単さ】
スマホから専用アプリを使用し、案内に沿って設定するだけだったので特に難しいこともなく、

【受信感度】
AX50とTX3000Eの時は、設置場所から1m以内であっても150Mbpsくらいしか出なく、1階(ルータ設置個所)と2階(デスクトップ設置個所)での計測だと50Mbps出ればいいほうでした。
RE505X(中継器)をデスクトップの隣において無線接続と有線接続を試しても100Mbps出なかった。

ZenWiFi AX (XT8)に変更してからは無線接続では画像のように、どの時間帯でも400Mbps超えるため、速度の改善が図られたと思います。
有線接続は無線で速度が出ていないため試さなくてもいいかなと思いやっていません。

スマホ(iPhone SE2、iPhone 8)での速度も画像の速度が出るためこちらも満足しています。

【機能性】
ルータのIPアドレスにパソコンから接続すればいろいろな設定ができるため、機能としても概ね問題なし。ただしAPモードの為、セキュリティー関連の機能は使用できないが、さほど問題なし。

【サイズ】
幅160 × 高さ161 × 奥行き75 mmとASUSのルータとしては小型であるが、MeshWi-Fiルータと通常ルータの比較参考にはならないと思われる。
個人的には縦型で場所を取らないためとても満足している。

【総評】
3台のMesh構成での運用として、どの場所でも速度が出ているため大変満足。
サイズもデザイン(Amazonモデル)も自分の環境では大満足。

参考になった8人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あなたのレビューを投稿しませんか?

ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]
ASUS

ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]

最安価格(税込):¥69,080発売日:2020年 6月26日 価格.comの安さの理由は?

ZenWiFi AX (XT8) 2台セット [ホワイト]をお気に入り製品に追加する <64

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(無線LANルーター(Wi-Fiルーター))

ご注意