SHANLING M6 [32GB] レビュー・評価

2019年12月 6日 発売

SHANLING M6 [32GB]

  • CPUにQualcomm製「Snapdragon430」を採用したデジタルオーディオプレーヤー。 4GBのRAMと合わせて快適に動作する。
  • OSにはAndroidを採用。豊富なサードパーティ製アプリをインストールでき、ビットパーフェクトな再生が可能。
  • DACチップには「AK4495SEQ」をデュアル搭載。また、バランス接続用の端子には2.5mmと4.4mmの両方を装備している。
SHANLING M6 [32GB] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥56,980

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥56,980

フジヤエービック

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥56,980¥63,310 (9店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥56,980 〜 ¥56,980 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

記憶媒体:フラッシュメモリ/外部メモリ 再生時間:12時間 インターフェイス:Bluetooth SHANLING M6 [32GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SHANLING M6 [32GB]の価格比較
  • SHANLING M6 [32GB]の店頭購入
  • SHANLING M6 [32GB]のスペック・仕様
  • SHANLING M6 [32GB]の純正オプション
  • SHANLING M6 [32GB]のレビュー
  • SHANLING M6 [32GB]のクチコミ
  • SHANLING M6 [32GB]の画像・動画
  • SHANLING M6 [32GB]のピックアップリスト
  • SHANLING M6 [32GB]のオークション

SHANLING M6 [32GB]Shanling

最安価格(税込):¥56,980 (前週比:±0 ) 発売日:2019年12月 6日

  • SHANLING M6 [32GB]の価格比較
  • SHANLING M6 [32GB]の店頭購入
  • SHANLING M6 [32GB]のスペック・仕様
  • SHANLING M6 [32GB]の純正オプション
  • SHANLING M6 [32GB]のレビュー
  • SHANLING M6 [32GB]のクチコミ
  • SHANLING M6 [32GB]の画像・動画
  • SHANLING M6 [32GB]のピックアップリスト
  • SHANLING M6 [32GB]のオークション

SHANLING M6 [32GB] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.74
(カテゴリ平均:4.25
レビュー投稿数:6人 (プロ:2人)
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.74 4.37 -位
携帯性 軽さ・コンパクトさ 3.98 4.36 -位
バッテリ バッテリの持ちはよいか 3.74 3.91 -位
音質 音質のよさ 4.49 4.23 -位
操作性 操作性のよさ 3.98 3.78 -位
付属ソフト 付属ソフトは使いやすいか 3.00 3.37 -位
拡張性 対応オプション・アクセサリなどの充実度 3.50 3.57 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

SHANLING M6 [32GB]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:75件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールヘッドホンからホームシアター、音楽、クルマ関連などの記事を手がけるライター。専門誌やWEBサイトに寄稿するほか、TBSテレビ開運音楽堂やレインボータウンFMなどにもレギュラー出演させていただいてます。音元出版VGP、CDジャーナル・ヘッド…続きを読む

満足度4
デザイン4
携帯性4
バッテリ3
音質5
操作性4
付属ソフト3
拡張性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

同社初のAndroid OS搭載となった最上位機種。外観デザインはShanlingらしさを継承

専用プレーヤーアプリはオーソドックスな使い心地。Androidユーザーにも違和感がない

ヘッドホン端子は3.5mmのほか、4.4mmと2.5mm、2つのバランス出力を搭載

 

Shanlingならではの使い勝手として、プッシュ付き音量ダイヤルが採用されている

再生停止、曲送り等のボタンは左側に配置。microSDカードはカバーが付属する

 

レビュー仕事で何回か製品試聴を行ったのち、製品を購入してのレビューです。エージングは40時間ほど行いました。イヤホンはAcoustune「HS1670SS」やJVC「SOLIDEGE 01 inner (HA-FD01)」など、リファレンスとして普段から活用している製品で確認しました。

【デザイン】
右上角を丸めていたり、プッシュ付き音量ダイヤルを採用していたりと、シャンリンらしいデザインはしっかり受け継がれています。しかし、最初見てびっくりしたのはその大きさです。M5やM3など、近年のShanling製DAPは比較的コンパクト、そして薄型デザインでしたが、音質的な面からか、それらに比べるとM6は大分大柄に、そして厚みがあるように感じられます。とはいえ、他社製の同価格帯DAPに比べると大差ないですし、デザイン面ではメーカーならではの特徴が盛り込まれていて、好感が持てます。

【携帯性】
既存モデルに比べてやや大きい印象はありますが、Android OS搭載によるタッチパネルの使い勝手を考えると、このくらいのサイズ感は妥当といえるかもしれません。重量も、しっかり感はあるものの、決して重くはありません。

【バッテリ】
メーカー公表値はシングルエンドで12時間、バランスで9時間となっていて、DAPとしては充分な数値を持っています。しかしながら、Android OSによるものか、実際には気がつくとバッテリーがほとんどなくなってしまっていることがあります。使っていないときはこまめに電源をオフにする必要があります。

【音質】
どちらかというとニュートラル派のサウンドキャラクターです。メリハリはあるのですが、エッジを強調せず、中高低のバランスも良く、とても自然なサウンドを聴かせてくれます。明瞭度は高いのですが、キレの良さよりも全体のバランスを重視したサウンドといえそうです。
また、ヘッドホン出力の駆動力も、AKG K240Studioをしっかりならしてくれますし、ハイゲインにすればK701もそれなりの音を聴かせてくれます。このサイズの単体DAPとしては、なかなか優秀なのではないでしょうか。

【操作性】
タッチパネル操作かつAndroid OSであることに加えて、専用プレーヤーのメニュー画面が近年のAndroid標準プレーヤーと違和感なく使えるため、とても扱いやすい印象を受けました。

【付属ソフト】
Android OSですが、Google playストアに対応していないため、アプリには多少の縛りがあります。とはいえ、APKPureがプリインストールされていて、こちらにもだいたいのAndroidアプリが用意されているため、あまり不満はありません。Shure Playerなどいくつかのアプリをインストールしてみましたが、動作に問題はありませんでした。
また、先日本社のエンジニアに話を伺う機会があったのですが、Amazon Music HDアプリなどのダウンコンバート問題は回避されていて、ネイティブ再生が可能となっているようです。

【拡張性】
ヘッドホン端子は4.4mmと2.5mmのバランス、そして3.5mmアンバランスと、文句のない充実ぶりです。また、USB Audio機能、USB DAC機能の両方を持ち合わせていますので、ポータブルDACと接続したりPCと接続してサウンドだ楽しんだりと、様々な使い方が可能となっています。Bluetoothも、LDAC、AptX HDの両方に対応しているため、とてもありがたいです。

【総評】
超小型DAPのM0がヒットしたShanlingの新フラッグシップモデルは、Android OSを同社初採用していたり、バランスヘッドホン出力端子を4.4mmと2.5mmの両方搭載するなど、ユーザーフレンドリー、かつ刺激的な製品に纏め上げられていました。音質的にも、クリアで解像感の高い、とても自然なサウンドは好印象です。価格を考えると、満足度の高い製品といえます。
残念なのは、Google playストアに対応していないことでしょうか。DAPは対応している製品の方が少ないので贅沢な話なのかもしれませんが、とても魅力的な製品ですので、惜しまれるポイントです。とはいえ、APKPureがプリインストールされているので、Amazon musicやShure Playerなどだいたいのアプリは大丈夫でした。いっぽうでYoutubeやSKULLCANDYなどインストールできないものもいくつかありましたが……。このあたりは、今後のアップデートに期待したいと思います。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

アナログ&ハイレゾ ファンさん

  • レビュー投稿数:72件
  • 累計支持数:391人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
22件
16件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
16件
3件
イヤホン・ヘッドホン用リケーブル
9件
4件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性4
バッテリ3
音質4
操作性4
付属ソフト3
拡張性4

[環境]
1) Crystal Cable Next (Balanced) + Aventho Wired
2) Crystal Cable Cantabile (Balanced) + Kaiser 10 Universal Alminum

【デザイン】
いまどきのDAPとしては、大きく分厚いという印象です。
 それでも、デザインとしては良いと思います。
 純正のレザーケースは気に入っています。

【携帯性】
 ぎりぎり許容範囲内です。

【バッテリ】
 こんなに大きいのに、バッテリーの持ちは悪さはトップクラスです。

【音質】
 今までいろいろなDAPを購入しましたが、 本機は中低音〜中音域に実体感がずば抜けています。
 例えば、音楽に効果音が入っていると、周りで何かあったのかと思って、振り返ってしまうほどの実体感があります。
 ポタアンを介しても、他のDAPではこの音は出ませんので、DAC (AK4495SEQ) の実力ではないかと推測されます。
 Amazon musid HD でヘビメタを聴いている限りでは、音源に含まれている全ての音が聴こえてくるように感じます。

 しかし、残念ながら、DSD音源のチューニングは残念と言わざるを得ません。というか、チューニングしてない可能性の方が高いです。
 例えば、DSD native 再生の音質は、手持ちのDAPでは最低レベルです。また、DSD native 再生すると、1曲ごとポップノイズが乗ります。さらに言うと、DSD native 再生したとき、クラッシック音楽との相性も悪いです。自然楽器の音色が変わってしまいます。

なお、Neutron(音楽再生アプリ)では、今のところ、DSD 音源はPCM 変換しないと再生できないようです。

【操作性】
 ボリュームの操作性は悪いです。
 Fiio の DAP でも同じですが、ボリュームを下げているに上がる、上げているのに下がる等の誤動作が頻繁に発生して、使いにくいです。また、電源ボタンとボリュームのノブが共通で、厚みも薄いので、明らかに使いにくいです。

【拡張性】
 これも、いまどき、メモリスロットが1スロットとというのは、どうなんでしょうか?

【総評】
 なんだかんだ言っても、毎日、本機とAmazon music HDで、音楽を楽しんでいます。
  DSD 音源は他のDAPで聴くと割り切れる方には、現在、最もお勧めできるDAPです。
 
 

参考になった1人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度4
デザイン4
携帯性4
バッテリ4
音質4
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

デザインと質感のご参考に

側面の操作部

接続ジャック部

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
イヤホンはAZLA ORTAを組み合わせ、バランス接続(φ2.5mm)で試聴しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
筐体はアルミ削り出したと思われる金属製でガッチリした作り。前面と背面はガラスで覆われ質感も良好です。

【携帯性】
重量は228gで、ずっしりと重みがあります。
スマホに比べると厚みもあり、ポケットに入れて気軽に携行という訳にはいきませんが、音質重視の方でDAP愛用者なら許容できる範囲でしょう。

【バッテリ】
メーカーの公称値で最大12時間再生です。
使用時は画面点灯状態でも残量が急速に減少することなく、大容量バッテリの恩恵を感じます。

【音質】
中高域は繊細で、刺さりを感じるギリギリ手前まで伸ばして煌びやかさを感じる絶妙なチューニング。デジタルフィルターの選択にもよりますが、素の音が良いので、高域が強めに出ても嫌みを感じません。S/N感は価格相応の印象ですが、音場の広さと、そこにワイドに展開される音の分離の良さに感心。ボーカルはフォーカスが甘めでフワッと広がる傾向がある一方、楽器は一音一音に芯があり、強弱や位置関係も明瞭に感じます。低域は図太くならず、質感を軽快に表現するタイプ。空間がスッキリしてハイレゾ音源と相性が良いように思います。
特筆すべきはAir Play再生時の音質。スマホでYouTube動画を再生し、本機で音声を再生してみましたが、スッキリと心地よい高音質。操作の簡便さも含め、本機の有用な用途だと思います。

【操作性】
Android端末に独自プレーヤー(アプリ)を組み合わせたタイプです。
このタイプは各メーカーUIが似たり寄ったりですが、本機も日本語フォントが読みやすく実用的です。
現時点ではGoogle Playが利用できませんが、APKPureである程度のアプリはインストール可能。ブラウザはViaでYouTubeの再生が可能でした。
今後、Android9.0へのアップデートおよび、Google Playへの対応を予定しているそうです。

【拡張性】
標準的なφ3.5mmステレオミニ(ヘッドホン/ラインアウト兼用)に加え、φ2.5mmバランスとφ4.4mmバランスジャックを搭載しています。USB-DACとしても利用できます。
BluetoothはLDAC/aptX HD/HWAといったハイレゾコーデックにも対応し、LDACに関しては受信も可能。ほか、Air Play対応など、ワイヤレス関連機能が充実しています。

【総評】
UIや音質はこの価格帯の製品として突出したものを感じませんが、Bluetoothの送受信やAir Playなどワイヤレス関連機能が充実しているのは今風。工夫次第で用途の広がる製品だと思います。価格もまずまず手頃で、ワンクラス上の多機能モデルを狙うDAP入門者にお勧めしたいと思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

mastacembelusさん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:107人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
17件
スマートフォン
3件
10件
レンズ
8件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性3
バッテリ4
音質4
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性無評価

スマホでAmazon musicを利用していましたが、ハイレゾ音源を視聴してみたいと思いビットパーフェクトで聴けるDAPの購入を検討。
Hiby R5やR6 ALも検討しましたが、2.5mmバランスに対応していなかったのとノイズ問題があるようなので今回は見送りました。
あとDAP初心者故にボリュームダイヤルに憧れのようなものが…

なおイヤホンやベッドホンの音質の違いをなんとなくわかるレベルですのであしからず。

【デザイン】
派手すぎず落ち着いていていいと思います。
個人の好みとしてはチタングレーかチタンブラックのような色があれば完璧でしたね。

【携帯性】
特に重視していませんが、厚みはあるのでジーパンのポケットだったりすると辛いかもしれません。
持ちやすいんですけどね。
とはいえ上位機種に比べれば遥かにマシですが。

【バッテリ】
待機電力消費は少ない印象ですね。
バランス接続で連続6時間以上聴けるので公称値には至らないものの満足です。
Bluetoothでも使ってみたところ、同等かそれ以上いけそうな印象です。

【音質】
スマホから劇的に変化があったかと言われるとそこまで違いを感じませんでした。(変わらないわけではありませんが、イヤホンを変えたときほどの変化は感じないです。
しかしAmazon musicをビットパーフェクトで視聴できるため、細かいところでの違いを感じるときもあります。
音源とイヤホン次第かなと。

【操作性】
ボリュームダイヤルは若干の遊びのようなものがあるので軽く当たった程度では音量が変わったりしませんが、音量を変えるときに親指だけで回すとやや回しにくい印象を感じます。
専用ケースを装着するとさらに回しにくくなりますので、もう少し背が高いほうが操作はしやすいような気はします。

あとタッチパネルのタップ、フリック操作の感度が微妙ですね。
特にフリックは最悪で、左右をフリックで戻る動作、下からのフリックでホーム画面操作のジェスチャーモードの場合ストレスはかなりのものです。
人差し指よりは親指で行うほうが反応しやすいような気がしますがたまたまな気もします。
おとなしくフローティングボタンにしたほうが良いです。
タッチパネルの感度の悪さが本機最大の欠点です。

【その他気になる点】
他の音楽再生アプリはわかりませんがAmazon music HDで再生中にスクリーンオフをすると、ノイズ音や音途切れが発生することがあります。
曲を変更後のはじめの一回だけですので、頻繁に曲を手動で変更しなければ頻度はそこまで多くないです。ノイズ音はそこまで不快な音ではないので、あまり気にしていませんが。
他にもストリーミング再生中に時々音途切れが発生しますが、通信の影響なのかその他の理由なのか原因は不明です。
恐らくはダウンロードが追いついてないときがあるか、ダウンロード&再生で処理が追いついてないかのどちらかだと思います。
今のところオフラインでは発生していませんので、全て端末に落としてから再生するようにしています。

【総評】
買って良かったと感じる点は購入のきっかけにもなったAmazon music HDでビットパーフェクトなことが一番大きいですね。
HD音質でも不満はないんですが、ULTRA HDを聴くと物足りなさを感じてしまいます。
他に良かった点はBluetoothのコーデックが高音質のaptX HDやLDACに対応していること、2.5mm・4.4mmのバランス接続に対応しているところ、そして音楽ファイルでスマホのストレージを圧迫しないところでしょうか。
動作にモッサリ感はありませんが、スマホのように…と考えると主にタッチパネル周りの操作性は少なからず不満はあります。
BluetoothのコーデックもAACが対応していない点は残念ですが、aptX対応のものを選べば問題ないでしょう。(完全ワイヤレスイヤホンはSBCとAACのみの対応なことも割とありますが。

Android OS、2.5mm・4.4mmバランス接続対応、Bluetoothの対応コーデックの種類、それなりに保つバッテリーとなかなか優秀な機種ですので、初DAPにちょうど良いのではないでしょうか。

ジャンル
その他

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

おぢいさんさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:86人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
579件
デジタルカメラ
0件
209件
デジタル一眼カメラ
0件
68件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性5
バッテリ4
音質5
操作性5
付属ソフト無評価
拡張性無評価

【デザイン】
片側が丸めてありオシャレ
【携帯性】
片手で楽々持てます。重さもスマホと同じくらい
【バッテリ】
バランスだと6時間程度
【音質】
透明感高く、力強い T1 2nd も楽々ドライブ
【操作性】
Androidなので迷わない
【付属ソフト】
後から入れるので問題なし
【拡張性】
このメーカーはファームウェアをどんどん更新するのでそれに期待
【総評】
中級機の価格帯だが、音は上級。Amazon MusicHDを聴く目的なら最高の選択肢。

追記
説明書には、容量の大きいアダプタで充電すると故障の原因になります。

みたいな事が書いてありますが、手持ちのPD対応の
5.9.12.15.20V対応の45Wのアダプタで試してみました。USB-C から給電です。
結果は5V1.5A程度での充電になるようです。なので、多分大丈夫かと。もちろん、変な電圧のアダプタはダメです。

参考になった1人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

icemicさん

  • レビュー投稿数:129件
  • 累計支持数:613人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
156件
レンズ
10件
72件
デジタルカメラ
3件
57件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
バッテリ4
音質5
操作性3
付属ソフト3
拡張性3
 

裏も綺麗ですがテカテカで写り込みが

虹色に輝く箱

 

国内版Shanling M6予約購入組です
代理店TwitterでFWアップデートはちょっと
待ってみたいな感じだったのでアプデせず
素の状態での使ってます

【デザイン】
黒御影石のオーディオボードみたいにとても
綺麗な仕上がりで質感高く高級感があります
右上の角を丸めたシャンリン共通なデザイン
こういうこだわりは好きです
両サイドに平面に削ったくぼみは手に持ち
やすく良いと思います
表面裏面はガラスで側面に向かって丸まって
いますフィルムとか貼る人は苦労しそう
表面のガラスは指紋汚れが付きにくい処理
がされていてまあ綺麗ですが裏面は指紋汚れ
がベッタリ付いてしまいます
かっこいいケースが欲しいところですね

【携帯性】
所有しているONKYO DP-X1Aと比べると
サイズも重さもほぼ変わらずまあ良いと
思います
アウターの胸ポケットでも大丈夫かと

【バッテリー】
4000mAhと大容量で音楽聴いてる分には
十分のスタミナがあります
充電はQC3.0対応急速充電となってますが
マニュアルでは5V2Aを推奨しており高電圧
だと壊れるらしい…それってQC1.0では?
9V2Aの充電器持ってるのになぁ

【音質】
この価格帯としてはガッツポーズするくらい
音は良いと思います
イヤホンはTechnics EAH-TZ700を2.5mm
バランスで使っていますがX1Aと比べても
解像度が高く生々しい空気感があり特に
盛ったような強調もなくピュア志向な感じ
でどのジャンルの音楽も聴きやすいと思います
ゲインはHighとLowの2段階でパワーも
十分ありノイズもしっかり抑え込んでます
ボリュームは100段階で細かい調整が可能


【操作性】
ボタンはクリック感がありしっかり出来て
ます上が戻る下が進むとなってます
特長的なホイールは押し込むと電源ボタン
の役割りも兼ねてます
回転1段づつにクリック感がありますが
ちょっと軽めにくるくると回るようです
操作性とは違うけどスクショの撮り方が
分かりません

【付属ソフト】
PC用の転送ソフトはありません
プリインアプリは音楽プレイヤー時計設定
サポートマニュアルファイルギャラリーと
アプリストア的なやつブラウザ的なやつの
8つと実にシンプルですアプリストア的な
やつでGoogle日本語キーボードだけ追加
して入れてみました

【拡張性】
現在のファームウェアではUSB/DACなど
対応してないそうでFWアプデ待ちです

【総評】
とりあえず音楽プレイヤーとしては音が
良いので満足してます
機能的な使い勝手はアプリを変えたり
出来るので問題ないでしょう
プレイヤーアプリはHibyに似てますが
Hibyより機能を制限した簡易版みたいな
感じなのでお好きなアプリに変えるのが
いいと思います
あとパッケージが良くて箱がすごく綺麗
です

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

SHANLING M6 [32GB]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

SHANLING M6 [32GB]
Shanling

SHANLING M6 [32GB]

最安価格(税込):¥56,980発売日:2019年12月 6日 価格.comの安さの理由は?

SHANLING M6 [32GB]をお気に入り製品に追加する <43

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタルオーディオプレーヤー(DAP))

ご注意