MEG X570 UNIFY レビュー・評価

2019年11月15日 発売

MEG X570 UNIFY

  • AMD X570チップセット搭載ATXマザーボード(ソケットAM4)。ゲーミング性能とハイパフォーマンス設計を採用するハイエンドPC向けモデル。
  • AMD第3・2世代Ryzenプロセッサーに対応。PCI Express 4.0×4の帯域を使用し最大64Gb/sの転送速度を実現するLightning M.2スロットを3基装備。
  • 「Realtek RTL8125-CG」2.5ギガビットイーサネットを搭載するほか、IEEE 802.11ax MU-MIMO対応のWi-Fiモジュール「Intel Wi-Fi 6 AX200」を搭載。
MEG X570 UNIFY 製品画像
最安価格(税込):

¥28,973

(前週比:-2,199円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥28,973

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥28,973¥57,932 (27店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥33,000 〜 ¥33,333 (全国72店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/X570 メモリタイプ:DDR4 MEG X570 UNIFYのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MEG X570 UNIFYの価格比較
  • MEG X570 UNIFYの店頭購入
  • MEG X570 UNIFYのスペック・仕様
  • MEG X570 UNIFYのレビュー
  • MEG X570 UNIFYのクチコミ
  • MEG X570 UNIFYの画像・動画
  • MEG X570 UNIFYのピックアップリスト
  • MEG X570 UNIFYのオークション

MEG X570 UNIFYMSI

最安価格(税込):¥28,973 (前週比:-2,199円↓) 発売日:2019年11月15日

  • MEG X570 UNIFYの価格比較
  • MEG X570 UNIFYの店頭購入
  • MEG X570 UNIFYのスペック・仕様
  • MEG X570 UNIFYのレビュー
  • MEG X570 UNIFYのクチコミ
  • MEG X570 UNIFYの画像・動画
  • MEG X570 UNIFYのピックアップリスト
  • MEG X570 UNIFYのオークション

MEG X570 UNIFY のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.73
(カテゴリ平均:4.40
レビュー投稿数:41人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 4.67 4.52 49位
互換性 パーツとの相性など 4.54 4.41 46位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 4.45 4.11 29位
機能性 付加機能は十分か 4.79 4.25 12位
設定項目 設定項目は豊富か 4.45 4.21 37位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 3.70 3.77 43位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

MEG X570 UNIFYのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

りょくんへべれけさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
9件
ゲーム機本体
0件
7件
グラフィックボード・ビデオカード
2件
1件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性3
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価
 

映えマス。

組み付け途中

 

【安定性】
ryzen9 5950で使用
非常に安定しております。
【互換性】
i/oパネルですが、このマザーだけ特殊なんですかね?ケースにハマりづらい。つーか、はめ込むタイプじゃない。マザーのi/oパネルはケースにはめ込む形になっていると思うのですが、このパネルはケースに突っぱる感じのタイプ?なので、ハマらないし、そのまま装着するとケースのネジ山と合わない。取り付けには工夫が必要。msi z390 マザーからの載せ替え同ケースなのですがね。
【拡張性】
高速 SSD刺せるm.2スロット3つは嬉しいね。ゲームばかりするので。
【機能性】
基本的にLANケーブル直付けで使用してますが、wifi6があるのはケーブルの取り回しが困難な部屋にも設置できるので良い。
【設定項目】
BIOSワンクリでOCできるのは非常に便利。
【付属ソフト】
安定重視の為、付属ソフトはなるべく入れない主義です。ですので無評価。
【総評】
デザインが良い…実に…
光らない黒々としたマザーのおかげで、メモリ やケースのライティングが逆に映える。
非常に気に入っております。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

coron-chanさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

画像編集ソフト
0件
1件
CPU
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

去年の9月より、3950Xと簡易水冷との組み合わせで運用しております。

当初から、動作には全く問題がありませんでしたが、
何故か、CPUの温度表示が38〜50℃くらいを行き来するような不安定な状況でしたが、
最近のBIOSで、簡易水冷の温度が通常36℃、
Youtubeを見ても38℃で安定するようになりました。
簡易水冷を疑っていたのですが、
BIOSの問題だったんでしょうかね😨。

巨大なヒートシンクと堅牢な電源周りで、
高性能CPUやハイエンドグラボにも余裕があるように感じます。

CPUを3950Xにしたことで、GPU使用率も余裕が生まれ、
XeonPCでは何かにつけて、
頻繁にGPU使用率が100%に達する機会が多かったのですが、
格段に減りました。おかげで、冷却にも役立ってます。
グラフィックアプリケーション運用にめっぽう強く、
非常に安定しております。



アプリやWindowsの起動時間もさらに短くなり、
今度、よほどのことが無い限り、Ryzenで組むと思います。

今までDELLのXeonPCもカスタマイズして使っておりましたが、
マザーボードからの自作は、今回が初めてです。
シングルスレッドの速度自体も早いので、
マシンの買い替えで、
これほど速度向上を体感したことも久しぶりではないでしょうか。
PCI-E Gen4対応の m.2スロットも標準で3つが用意され、
値段的にも一番ベストだと感じました。

ドライバー類のアップデートも短いスパンで行われております。

IntelのXeonで同じパフォーマンスを得る場合、
何十万のモデルを選ばなければならないのでしょうか?
そう考えると、多コアだけしか取り柄が無いXeonを選ぶ理由は、
最早ありません。
Ryzen ThreadRipper でもおつりがくるでしょう。

5950Xはまだまだ高価ですが、値段がこなれてきたら欲しいですね。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

teddy_desuさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
マザーボード
1件
0件
ワイヤレスディスプレイアダプタ
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

当方は自作PCは何台か組んだ経験はありますがエキスパートではない自作中級者です。

5950XとGSkill Ripjawsの3200mhz 64GB、NH-D15 空冷クーラーとの組み合わせでの運用です。

ASUSが好き、かつWiFiは不要なのであちらのX570 F-Gamingと迷いましたが(あちらの方が1万円程安い)、結果的にはこちらにして満足しています。
決め手となったのはM.2スロットの数、VRMの設計が上位モデルと同じといった点です。(F-Gamingの方はミドルレンジと同じ)

【安定性】
安定してると思います。
最新のベータBIOS入れていますが特に不具合もなく、XMPも問題なく有効化されています。
PBO有効化していてベンチ回すと4.3ghzくらいまで全コア行きますが、安定しています。

【互換性】
M.2スロットが3つある数少ないボードなので大満足です。
SATAが4つですが、今の時代SATA接続のHDDを5台以上組む事なんてないと思いますので…

【拡張性】
特に不満はありません。

【機能性】
LEDが無いのがおそらく唯一の欠点ですが、正直大型クーラーと大型GPU乗っけたらボードのLEDなんてほとんど見えないので問題無いです。
LANがRealtekですが、当初はIntelじゃないことに不安もありましたが、この2.5G端子は評判も良いらしく、使っていても全く問題ありません。
強いて言うならデバグ用のポストコードの見れるLEDの位置が一番下にあって見辛いって事くらいですかね。
ただ普段使いには気にならないです。

【設定項目】
BIOSの設定項目は十分だと思います。

【付属ソフト】
付属ソフトは必要最低限といった感じです。
OS上でのOC設定やモニターソフトは文字やUIがデカイ割に大した情報量もなく、ちゃんとOC等弄りたいならBIOS一択だと思います。
まだ以前のMSIの古いソフトウェアの方が情報量あったような…
ただ特に不具合とかも無いので、大満足では無いですがまぁ良しといった感じ。


【総評】
評判通りハイエンドの中身を持ちつつも余分なLED等を削った質実剛健の良いマザーボードだと思います。
耐久性に関してはまだ買ってから短いので分かりませんが、上位クラスと同じ設計やパーツを使っているので耐久性も期待出来ると思います。
そこそこの値段でハイエンドCPUのポテンシャルを最大限引き出したい方にオススメかと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった1人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ミートワッドさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目4
付属ソフト3

【安定性・互換性】
Ryzen9 5900Xにて利用。
発売時期がZen2ということで、CPUと比較すると前世代のマザーボードではありますが、動作には全く問題ありません。購入したものはBIOSアップデートも済んでおり、何もいじることなくすぐに利用できました。

【拡張性】
同じMEG Unifyシリーズには最新チップセットのB550もありますが、一年前といえどやはり上位モデルですので拡張性はしっかりしています。
排他性もなくすべてのポートを全力で使えるのはやっぱりいいですね。

強いて言えばSATAが4つと少な目なのが残念。
ただ、SSDやHDDを馬鹿みたいにたくさんつけなければ事足りると思います。

【機能性】
マザーボード下部にあるLEDには「エラーコードなどが表示される」と、調べた限りでは聞いていましたが、BIOSアップデートの影響か?現時点でデフォルト表示されているのはCPU温度のようです。
正直よくわからないエラーコードよりも実用的なので助かっています。
・・・が、じっくり見るのを想定していないせいか、位置はかなり見づらいですね。配線に気を遣わないと隠れてしまうかも。後継のB550 Unifyでは改善されているようです。

小さなファンがついてますが、回っているのを見たことがありません。
音を気にする必要は全くないと思います。

【設定項目・付属ソフト】
BIOS画面はまあ特にいうことはないです。
他のメーカーをあまり使ったことないので分かりませんが、特に不便には感じません。
ただ、特別使いやすくもないですかね。

付属ソフトはWeb経由でDragon Centerを導入しましたが・・・まあ、こちらは正直いまいちです。項目がすっきりし過ぎていて逆に使いづらい。
こればっかりは仕方ないですが、LEDのないこのマザーだと配色コントロールの項目が死んでいるのも気になります。

【総評】
どの機能をとっても不満らしい不満がない。
それがこのマザーボードのいいところだと思います。

あとはやっぱり見た目がいい。
今時LED一つない真っ黒なボードということで、どちらかといえば光物好きな自分には合わないかと思っていましたが、杞憂でした。
ボードが光らないことで、むしろメモリやグラボなど個々の存在が引き立つ。
ギラギラし過ぎない落ち着いた雰囲気で組めるのが気に入っています。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

HiDedede44さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト3

3950Xで使用。
イルミネーションはいらないため、機能性重視で決めたが、
シンプルで素晴らしい。

レベル
初めて自作
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

清水茶さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
13件
ゲーム周辺機器
0件
6件
ホームシアター スピーカー
0件
5件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性4
拡張性4
機能性4
設定項目4
付属ソフト4
   

CPU CoolerとVideo csrdは光らせていますが、MEG X570 UNIFY自体は光りません

   

【構成】
Motherboard : MEG X570 UNIFY

CPU : Ryzen 9 3950X BOX
CPU Cooler : MAG CORELIQUID 360R
Video card : Radeon RX 5700 XT GAMING X [PCIExp 8GB]
Main Memory : CMK32GX4M2D3600C18 [DDR4 PC4-28800 16GB 2枚組]
PC Case : Versa H26 Black /w casefan CA-1J5-00M1WN-01 [ブラック]
PSU : SMART 600W STANDARD PS-SPD-0600NPCWJP-W
SSD(C:) : WD Black SN750 NVMe WDS250G3X0C
SSD(D:) : WD_Black SN850 NVMe WDS100T1X0E-00AFY0
OS : Windows 10 Pro 64bit 日本語 DSP版

【安定性】
温度、パフォーマンスともに安定しています。

【互換性】
ケース、電源、その他USBキーボード、マウス、Xbox360コントローラなど、問題なく接続できています。

【拡張性】
ケースが最低限のモノなので、余っているコネクタなどが多々ありますが、これから試していきたいと思います。
LEDコントロールなども充実しているようなので、今後光らせたいと思ったらいくらでも光らせられそうです。

【機能性】
M.2のSSDの接続が簡単で、あっという間に組み立てられました。

【設定項目】
付属ソフトでオーバークロックやファンコントロールなど細かく設定できるようです。

【付属ソフト】
付属DVDではなくダウンロードでインストールしましたが、MSI AfterburnerやReagon Centerがあり、それぞれCPUモニタリングやファンやLEDの設定条件などが細かく設定でき、製品登録までこなせます。

【総評】
テレワークへの対応ということで、VAIO Z(VPCZ21AJオーナーメイドモデル)をなんとかWIndows10にアップグレードしてこれまで虫の息で使用していましたが、PC性能を問わないリモートデスクトップによるテレワーク専用機として整理しました。

そこで代わりの機材を検討したところ、ちょうどひかりTVショッピングの福箱で売っていたPCケースと電源が目に付き、それならば初自作PCに挑戦ということで、お手頃で高性能なAMDの2019年モデルRyzen9 3950Xと組み合わせられる構成を検討して、「光らない」マザーボードとして、やはりお手頃価格のMSI X570 UNIFYが候補に挙がり、MSIで揃えてRadeon RX 5700 XT GAMING Xと組み合わせて購入いたしました。

初の自作ということもあり緊張はしましたが、組んでみると意外と簡単で、初めて電源を入れるときは万一発火したらと不安にもなりましたが、MSIで揃えたCPUクーラーのCORELIQUID 360Rが発光した瞬間は、結局光っちゃってるよと思うと同時に感動いたしました。

SATA接続のHDDを用意していますがまだ接続していませんので、SSDの容量を見ながら今後拡張していくことにしますが、コネクタ類はわかりやすく、難しいことはありませんでした。

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

いわもnさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性4
拡張性4
機能性5
設定項目4
付属ソフト4

[構成]
CPU:R9 5900x
CPUクーラー:nh−d15
マザーボード:X570 Unify
メモリ:ルーシャル3200ネイティブ16x2
GPU:gtx1080
電源:rm850x
【安定性】
普通に動作します
【互換性】
今のところないです
【拡張性】
もう少しUSB欲しかったけど
まぁ良き
【機能性】
チップセットファンがうるさいこと以外は満足
【設定項目】
わかりにくいけど、問題はない
【付属ソフト】
使ってない
【総評】
初心者に優しくないマザボみたいな印象ありましたが、普通にできました

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CVN-68さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
3件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性4
設定項目5
付属ソフト無評価

数週間前、amazonで安くなった時に購入した3950xを運用するうえで、性能を完全に生かしつつ、コスパに優れたマザーボードは何かと思案した結果これを選びました。

8+8ピンのCPU電源入力を持ち、x570チップセットを持つマザーボードは他にもあるものの安さの面ではこれが一番で、デザイン面でも気に入っています。

Intel i7 6700kからの乗り換えですが、快適に感じており、しばらく機材更新の必要はないように感じます。

無線LANはあまり使うことはないものの、何かあった時には役に立つだろうと考えています。

付属ソフトは使用していないので無評価。

欠点はあまりないように感じますが強いてあげるのなら、電源との互換性かと。
買った当初うちにある電源ユニットでは8+8出力のないものしかありませんでした。
そのため、初期不良の検証に苦労しました。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

そらすーさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
0件
CPU
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性4
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目3
付属ソフト無評価

[構成]
CPU:Ryzen9 5950X
CPUクーラー:MSI MAG Core Liquid 360R(360mm水冷)
マザーボード:MSI MEG X570 Unify(本品)
メモリ:G.Skill Trident Z Neo F4-3600C18D-32GTZN (DDR4-3600 16GB×2)
GPU:Palit NE51660S18J9-165F (GeForce GTX1660 STORMX OC 6GB)※RTX3080修理中
電源:TPI-1050F2FDP(Thermaltake 1050W)

当初、MEG B550 UNIFYの購入を検討しておりましたが、M.2のPCIスロットとの排他仕様で却下しこちらを購入しました。
M.2メイン1枚+サブ2枚でRAID、いずれもGen4x4で組みたかったので、丁度良かったです。

以前はB550 TOMAHAWKを使用しており、根本的にスペックが上がっていることに加え、
・前述の通りM.2の搭載可能数が増加。かつ全Gen4x4対応。
・CorsairのLEDコネクタを直接接続可能。
・Bluetoothが標準搭載。(Ryzen環境でUSBのBluetoothアダプタによる不具合があった)
など、細かい点でもグレードアップの恩恵がありました。

フロントUSB Type-CのGen2対応など上げ始めるときりがないですが、
拡張性も豊富でAM4最後のマザーとして長く使っていけそうで安心しています。

逆に、LED周りのコネクタが上下逆(TOMAHAWK比)になっている箇所があり、個人的にはLEDストリップ用のコネクタは下、RGBファン等用の物は上にあったほうが良かったので、使いにくかったのですが、高級モデルだからか、標準で各種延長ケーブルが付属していたため、配線自体は無事行えました。

購入前に懸念していたチップセットファンはそもそも通常使用では温度が上がりきらず停止状態で、騒音などは杞憂に終わりました。

また、メモリのOC設定を行うと起動時に失敗していましたが、オンボードで数値2桁を表示するデバッグディスプレイがあるため、特定が楽でした。
BIOSリセットやオンボード電源ボタンもここらへんのトラブルシューティングをする際非常に助かりました。
メモリ自体はBIOSを更新することで、問題なくOC状態で起動できました。

欲を言い出すとLANが10Gある方が安心などきりがないですが、まだまだ拡張スロット等を利用することも出来ますし、AM5ソケットが出てきて安定する数年先までは全く不満なく使えそうです。
個人的には必須以外のあるといいなという部分まで全てカバーでき、現実的な価格帯では唯一のマザーボードだったので、実際に組み込んでも安定しており、満足です。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

とかげ?さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
0件
1件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目無評価
付属ソフト無評価

【安定性】
とても安定しています。今のところ不具合などなし。
チップセットの温度がアイドル50〜55度付近と少し高めでうろうろしているのが少し気になるくらい。
サイドファンのあるケースで風を当てておくといいかもしれません。

【互換性】
メモリーとの相性が不安でしたが、不具合なくポン付け3200ネイティブメモリが安定動作しています。

【拡張性】
B550と違って排他はないので◎だと思います。SATAが4つと少し少ないので、SATAを多用する人には少し物足りないかもしれません。ただ、これからはNVMeに移行する人は多いと思うので大した問題ではないかも。

【機能性】
温度センサーがない点以外は◎だと思います。Wifiも安定しておりネットワークもRealtek2.5Gbで安定動作しています。メモリはネイティブなためXMPは試していません。

【設定項目】
あまりいじっていないのでわかりませんが、ファンコントロールもPWMで自在にできるので良いと思います。

【付属ソフト】
導入していないのでわかりません。

【総評】
あまりピカピカ光るマザーボードが苦手な人にはとてもおすすめです。
古いBIOSだとZEN3(Ryzen 5XXXシリーズ)は動かないのでアップデートは必須。
チップセットは風を当てていないと思ったよりも冷えないので、そこだけが気になります。
保証対象外になりますがグリスを塗ると10℃ほどアイドルが下がるようなので試すのもよさそう。
また、説明書は日本語がついているので自作初心者にもお勧めです。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

mark1975sさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
1件
PCケース
0件
2件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト5

   

Nahimicオーディオ

   

構成
CPU:Ryzen 5950X
GPU:RTX 2080
RAM:AD4U3200716G22-D (16GBx2)
M.2:CSSD-M2B1TPG3VNF (1TBx2)
Cooler: NH-D15 chromax.black
OS:Win10 (20H2)

CPUを変えたのを機に、M/Bも切り替えました。
旧)Ryzen 3700X & MPG X570 GAMING PLUS
新)Ryzen 5950X & MEG X570 UNIFY


【安定性】
自動OC機能のPBOを有効にしても安定しています。

Ryzen 5950XとGAMING PLUSの組み合わせでは、ボトルネックになっているTDC/EDCの項目を150A以上に設定すると安定せず、Cinebench R20マルチのスコアで10,700を超えられないなど(ベンチマークでは)イマイチ5950Xの性能を活かしきれていませんでした。

UNIFYではTDC:210A/EDC:215Aに設定しても安定しており、R20のスコアもマルチ11,442/シングル644と満足できる状態になりました。

2020/12/27時点では7C35vA82のBIOSを利用していますが、近々Curve Optimizer機能が追加されたAGESA 1.1.9.0対応BIOSが来るようなので楽しみです。


【互換性】
ケースがH510BなのにクーラーをでっかいNH-D15にしている関係で、ファンと干渉しないネイティブDDR4-3200対応メモリのAD4U3200716G22-Dを使っていますが、特段何もせず3200MHzで安定して動いてくれています。


【拡張性】
M.2が3本させるのは嬉しいですね。全部にヒートシンクがついているので見た目的にも悪くないです。代わりにSATAが少なくなっていますが、配線をすっきりさせるためストレージをM.2のみで完結させる派なので特に問題なしです。

ケースフロント用のUSB3.2 Gen2 Type-Cコネクタもついています。GAMING PLUSにはついてなく、これに変えてからフロントパネルで使えるUSBポートが1ヵ所から2ヶ所に増えたので、地味に利便性が上がりました。


【機能性】
・チップセットファン
BIOSのHARDWARE MONITORにてチップセットファンをバランスモードにしておくと、55℃以下ならチップセットファンは回りません。

冬場で室温が低いこともあり、ベンチマーク中でもチップセット温度はHWiNFO読みで47℃(43℃?)ほどでした。起動時以外ほとんど回転せず実質ファンレスなので静かです。

ちなみにファンの位置が下寄りなので、グラボが上に覆いかぶさることは無さそうです。代わりにドラゴン君が隠れます。

・CMOSクリアボタン
GAMING PLUSではいろいろBIOSを弄って起動しなくなってしまった時、いちいちグラボを取り外してCMOSクリアしていたので億劫でした。これはバックパネルのボタンを押すだけで元に戻せるので便利です。

・メタルアーマー採用PCI-Eスロット
PalitのRTX2080 JetStreamを使っています。30cm近い大きめなグラボですが、PCI-Eスロットがしっかり補強してあるので歪んだりしなさそうです。

今後、RTX3090みたいにでかくて重いグラボが増えていきそうなので、補強してあると安心感があります。

【設定項目】
・ケースファンのコントロール
CorsairのML140Proを3個/ML120Proを2個ケース内に設置しており、SmartFan ModeでCPU温度に合わせて回転数を抑え、負荷がかかっていない状態では静かにさせています。

温度変化がないのに急に回転数が上がるなんてことはなく、安定しているので満足です。

・PBO設定
BIOS上でPBOの設定をするとき、SETTINGS内とOC内の2ヶ所に同じ設定項目があります。

おそらくOC内のAdvanced CPU ConfigurationでPBO設定を弄れば大丈夫だと思いますが、SETTINGS内の方には既にCurve Optimizerの項目があるみたいです。謎


【付属ソフト】
Nahimicオーディオが意外に便利でした。

ゲーム用ヘッドセットを購入すると、バーチャルサラウンドやイコライザーなんかを設定するユーティリティツールが一緒に付いてきますが、それよりNahimicオーディオの方が使い勝手が良かったです。

もちろん普通のイヤホンやヘッドフォンにも適応できるのでオススメです。

【総評】
今まで使っていたX570 GAMING PLUSでは5950Xの性能を活かしきれていない感があったので、コスト的に迷いましたがM/Bも変えることにしました。
結果はUNIFYに変えて目に見える形でベンチマークのスコアが上がったので良かったです。そのほかの部分でも前より利便性が増したので満足です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Pocket021さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価

【安定性】
安定して動作しています。

【互換性】
CPU Ryzen 9 5900X
MB MEG X570 UNIFY
RAM F4-3600C16D-32GTZNC
ストレージ
   SN850 WDS100T1X0E-00AFY0
   MX500 CT2000MX500SSD1/JP
GPU RTX 3080 NED3080S19IA-132AX
Cooler NH-D15
電源 RSC00-AFBAG1-JP
ケース P101 Silent
拡張カード SATA3I10-PCIE

問題無し。

【拡張性】
SATAポートが少なかったので拡張カードにて増やしています。

【機能性】
組立時にCPU無しでBIOSアップデートが可能で助かりました。

【設定項目】
前のPCもMSIだったので慣れてます。
特に不満無し。

【付属ソフト】
使用していません。

【総評】
SATAポートが足りなく感じましたが、問題なく使用できてるので満足です。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

roppingさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性4
拡張性4
機能性4
設定項目4
付属ソフト4

しっかりとした性能を持ちつつ華美にならないところがとてもカッコ良いマザーボードだと思います。

CPUやグラボを載せ替えつつ長く使うことのできるマザーボードを探して、こちらの商品に辿り着きました。

・X570チップセットを使用していてRyzen 5000番台も使用できる
・電源周りがしっかりしていてOCの安定動作が見込める
・M2スロットが3本あり、データ用のドライブを含めてM2で実装できる
・放熱対策がよくされている
・不安定なドングル不要でWifi6やBluetooth を利用できる

などの点が、購入の決め手となりました。
長くお付き合いできたら良いなと思います。

※「第5世代Ryzenも使用できる」の記載が誤っていました。正しくは Ryzen 5000番台です。
 参考にされた方申し訳ありません。

---

先日組付けを行いましたので、未評価だった部分を更新しました。

メモリのOCに挑戦しましたが、参考設定が一覧で表示されるため、
レイテンシ等の細かな設定の知識がなくても簡単にOCできました。

相性問題もなく、メモリをOCした状態でも安定して動作しています。

それから嬉しい誤算としては、Androidエミュレータの「App Player」というソフトが付属していました。
Web版/Windows版では機能が限定されていたり、クライアント自体がないサービスも、このソフトを使うことでAndroid用のアプリがWindowsから利用できるようになるので、活用したいと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

塩トリ肉さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度3
安定性3
互換性3
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

Sandyおじさんでしたが、流石に10年前のCPUでは最近のゲームが厳しくなってきたので、Ryzen5 5600と同時に購入しました。

【評価】
機能が豊富で使いやすく初心者にもオススメできるマザボです。
静音性も良好で安心して使うことができます。
しかし現時点(2020/12/12)でメモリOCに不具合がある為、この評価としました。
詳細は下記に

【初心者にオススメな点】
私が購入したタイミングではZen3を使用するにはBIOSアップデートが必須でしが、このマザボは単独でBIOSアップデートができるので、お店に頼まず自分で簡単にできました。
やり方はUSBメモリにBIOSアップデートファイルを入れて指定されたUSBに挿し、I/O側にあるボタンを押すだけです。
この機能のおかげでもしBIOSアップデートに失敗等で起動しなくなっても復旧が簡単にできるので初心者にオススメできるかと思います。
またBIOSメニューも使いやすくOCもしやすいので説明書を見ながら楽にできるかと思います。

【静音性と温度】
音量と温度は数字で計ったわけではないので体感です。参考程度に読んで下さい。
チップセットの冷却にファン付きのヒートシングが使われていますが、静音性は良好でHDDの動作音の方が大きく感じるレベルです 笑
VRM含めマザボ全体の温度は低い様なので安心使う事ができます。
温度が低ければ寿命も長いかと思いますので、大切に扱って長く使っていきたいですね。

【メモリOCの不具合について】
↑にも書きましたが現在(2020/12/12)で不具合があり、メモリを3200MHzより高くOCするとPCの動作が不安定になる為、使い物になりません。
3200MHz以下なら使用できますが、XMPは使用せずに手動で設定する必要があります。
私は今のところ3200MHzにOCして約1ヶ月ほど使用していますが動作は安定しています。
OC耐性の高いメモリを買って弄り倒す予定だったので残念でなりません。
現在公開されているβ版BIOSを入れれば不具合が解消されるとの記事も読みましたが、不安なので今は入れていません。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

流星999さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト4

Ryzen9 5900+Radeon5700との組み合わせ。
特に問題なく稼働しております。
PCI4.0レーンを2つ必要なので、X570チップのこのマザーボードにしましたが、今のところ文句なしです。CPUなくBIOSもあげれたことも助かりました。互換性は分かりません。SNSなどで動作チェック情報みてメモリなど購入したので4点としました。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

MEG X570 UNIFYのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

MEG X570 UNIFY
MSI

MEG X570 UNIFY

最安価格(税込):¥28,973発売日:2019年11月15日 価格.comの安さの理由は?

MEG X570 UNIFYをお気に入り製品に追加する <540

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意