MEG X570 UNIFY レビュー・評価

2019年11月15日 発売

MEG X570 UNIFY

  • AMD X570チップセット搭載ATXマザーボード(ソケットAM4)。ゲーミング性能とハイパフォーマンス設計を採用するハイエンドPC向けモデル。
  • AMD第3・2世代Ryzenプロセッサーに対応。PCI Express 4.0×4の帯域を使用し最大64Gb/sの転送速度を実現するLightning M.2スロットを3基装備。
  • 「Realtek RTL8125-CG」2.5ギガビットイーサネットを搭載するほか、IEEE 802.11ax MU-MIMO対応のWi-Fiモジュール「Intel Wi-Fi 6 AX200」を搭載。
MEG X570 UNIFY 製品画像
最安価格(税込):

¥38,980

(前週比:+1,103円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥38,980

TSUKUMO

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥38,980¥44,112 (20店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥40,101 〜 ¥40,101 (全国72店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/X570 メモリタイプ:DDR4 MEG X570 UNIFYのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MEG X570 UNIFYの価格比較
  • MEG X570 UNIFYの店頭購入
  • MEG X570 UNIFYのスペック・仕様
  • MEG X570 UNIFYのレビュー
  • MEG X570 UNIFYのクチコミ
  • MEG X570 UNIFYの画像・動画
  • MEG X570 UNIFYのピックアップリスト
  • MEG X570 UNIFYのオークション

MEG X570 UNIFYMSI

最安価格(税込):¥38,980 (前週比:+1,103円↑) 発売日:2019年11月15日

  • MEG X570 UNIFYの価格比較
  • MEG X570 UNIFYの店頭購入
  • MEG X570 UNIFYのスペック・仕様
  • MEG X570 UNIFYのレビュー
  • MEG X570 UNIFYのクチコミ
  • MEG X570 UNIFYの画像・動画
  • MEG X570 UNIFYのピックアップリスト
  • MEG X570 UNIFYのオークション

MEG X570 UNIFY のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.58
(カテゴリ平均:4.41
レビュー投稿数:51人 
  1. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 4.60 4.53 56位
互換性 パーツとの相性など 4.45 4.41 53位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 4.46 4.12 31位
機能性 付加機能は十分か 4.76 4.26 14位
設定項目 設定項目は豊富か 4.47 4.22 32位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 3.59 3.77 48位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

MEG X570 UNIFYのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

orangeさん

  • レビュー投稿数:90件
  • 累計支持数:326人
  • ファン数:94人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
13500件
デジタルカメラ
1件
480件
ビデオカメラ
0件
214件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価

1年以上使っていますが、安定しておりとても良いです。
耐久性も高いので大満足です。機能は私にはいうことがありません。
Win11用のファームアップも出たことだし、まだまだ長く使えそうです。
久しぶりに出会えた良いマザーボードです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ごまみそずいずいさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
2件
5件
マザーボード
2件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性5
機能性5
設定項目無評価
付属ソフト無評価

【構成】
MB:MEG X570 UNIFY
CPU:Ryzen 9 5900x
MEM:CFD W4U3200PS-16G
GPU:GALAKURO GAMING GG-RTX3080-E10GB/TP/LHR
SSD:Seagate FireCuda 530 1TB他
PSU:Super Flower LEADEX V Gold 850W
CASE:Define 7 Compact Solid White
【安定性】
ここ最近のMSIのマザーボードはどれも電源周りの安定性は抜群ですが、その例に漏れずX570 UNIFYも期待通りです。
【互換性】
単純な互換性のレベルではX470やB450のほうが広いので☆4としましたが、基本的にAM4ソケットはインテルに比べれば互換性は高いです。
【拡張性】
私がこのマザボで一番重宝している部分です。スロットの数以上に、排他仕様の少なさ、つまり面倒のなさが光ります。PICeスロットは3つありどれもGen4対応で、スロット1と2のみ、両方使いたい場合には×8設定にする必要がありますが、3つあるM.2はどれも排他なし、あとは2つあるPCIe×1のどちらか一方しか使えない、というぐらい。
その代わりSATAポートが4つと比較的少ないですが、正直SATAポートはあまり使わないので、むしろ割り切ってこのような仕様にしたことに好感が持てます。
【機能性】
Flash BiosとCMOSクリアのボタンがリアポートに付属している点、マザーボード上に電源ボタンとCPU温度表示などのための数値表示がある点は高評価です。
2019年発売ということもあり、USB-C入力がGen2×2ではなくGen2×1なところだけが残念ですが、そのほかのUSBの拡張性、LANなどには不満がありません。
【付属ソフト】
使用しておりませんので無評価です。
【総評】
基本的に私がマザーボードに求めている機能のすべてを持っているという意味で☆5としました。
高評価な点はすべて上に記載しましたので、ここで繰り返すことはしません。
人によっては残念だと思われる点としては、
・X570全般に共通することだがチップセット温度が高め(でもUNIFYは低めだと思う)
・チップセット温度を下げるためのファンの回転数が高い
ぐらいのもので、VRMやMOS周りの温度もよく冷えてますし、何も言うことはありません。
これを購入しておけばまず間違いがない、という製品です。
各種スロットの排他設定の面倒くささがないという点で、むしろ自作初心者に向いてる製品なのでは、と個人的には思っています。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

快便さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度3
安定性無評価
互換性4
拡張性3
機能性4
設定項目無評価
付属ソフト無評価

【構成】
CPU:Ryzen5800X
【安定性】
まだあまり稼働していないため無評価。
おそらく基本的な機能は問題ないかと。
【拡張性】
ここが最悪です。
PCIe x4のUSB Type-C拡張ボードをPCIe x16スロットに差し込んで電源を入れるとデバッグコード94で止まり、100%BIOSが起動しなくなります。
CMOSクリアやパーツ構成の変更などあらゆることを試しましたがダメで、上記USB Type-C拡張ボードは12年前の古いデスクトップPCでは正常に認識・使用できましたから、おそらくX570 UNIFY自体の不具合でしょう。
メーカーと代理店に詳細を伝えて修理依頼しましたが、1ヶ月待たされた挙げ句に新品交換、そちらも当然動作改善しておらず、完全に時間と労力の無駄でした。

現象についての回答等も一切無く、サポート体制にも疑問が残ります。
この現象が分かっていれば買いませんでした。

もしUSB Type-C増設ボードを問題なく使用できているという方がいたら教えてください。
憶測ですが、PCIe x4タイプのPCIeボード全般が怪しいのではと思っています。


★2021/10/19 追記
上記不具合、BIOSバージョン7C35vAAが本レビュー後に公式で配布され、いつの間にか改善したようです。
(特に記載無いが、動作確認済み)
念の為再度確認しましたが、7C35vA9以前のBIOSではエラーコード94で起動しませんでした。
予想通りBIOSのバグだったようです。
本件は開発時の初歩的な試験で充分発見可能でしょうから、リリースから2年近くも放置しないでほしいです。
治ったんで良いですが。


【機能性】
上記現象以外は今のところ問題なし。

【設定項目】
BIOS設定画面は使いやすい。

【総評】
上記欠点が致命的でしたが、改善されたので良いマザーボードになりました。
ただ、MSIはもっとしっかりしてください。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

saphireさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性4
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価

【構成】
MB:MEG X570 UNIFY
CPU:Ryzen 9 5900x
MEM:F4-3600C19Q-32GSXW
GPU:Radeon RX 6800 XT Taichi X 16G OC
SSD:980 PRO MZ-V8P1T0B/IT
PSU:RM850x
CASE:THETIS WINDOW
【安定性】
Windowsのインストールも特に問題がなく
その後の運用においても、安定しています。
【互換性】
I/Oパネルセット済みのマザーを初めて使用しましたが
ケースとの相性が悪かったのか、セットに苦労しました。
ケース側で調整して無事セットできました。
マザーボードが悪いわけじゃないかもしれませんが
I/Oパネルがしっかりしすぎていて、調整しろがありません。
【拡張性】
空きスロットもあり、十分です。
【機能性】
7セグに温度が表示されているのが良いです。
【設定項目】
特に不満はありませんでした。
【付属ソフト】
使用せず。無評価
【総評】
AMDのCPUでPCを組みたく選定しました。
チップセットのファンが気になり
B550のマザーと悩みましたが、実際使用してみると
ファンはほとんど回転してません。
選んでよかったです

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

eukyさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プリンタ
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度1
安定性1
互換性4
拡張性4
機能性4
設定項目無評価
付属ソフト無評価

購入してブルースクリーンが多発、動作が不安定など初期不良で交換してもらえたが、次に来たものも始めはよかったが、次第にブルースクリーンが多くなり、原因が特定できず、そのまま使い続けだんだんブルースクリーンの頻度が高くなり1年半経過し夏場に近くなった時、ssdのosすら読み込めなくなり、メモリを変えても、別のssdで起動するもすぐブルースクリーンが多発するようになり、新規osインストールすらできない状態に、
安定性も求めて少し高いものを買ったつもりが、不具合の原因特定など余計な時間を費やすことになり最悪でした。
しかも保証期間が一年で、一年過ぎたあたりから特に調子悪くなったので保証もきかない
msiはもう買わないです

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

さん

  • レビュー投稿数:75件
  • 累計支持数:449人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
10件
CPU
3件
4件
PCモニター・液晶ディスプレイ
5件
1件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性4
機能性5
設定項目4
付属ソフト無評価

Ryzen 7 5800Xの発売直後(2020年11月)に同時購入してつかっています。

ひさしぶりのAMD CPUだったのでマザボ事情とかよくわからず、とりあえず鉄板的なモノを選択しました。過去の経験ではAMD系マザボでは何かしらトラブル(特にUSBとメモリ)を経験していたので少し心配していたのですが、これに関しては今のところ特にトラブルらしいトラブルもなく満足しています。
むしろ以前に使っていたMSIマザボ(Intel Z170)のほうが妙なトラブル(USB認識しない、電源が完全に落ちないなど)が発生していたので、このマザボは気分よく使えています。

あとは、2.5GbitのLAN、M.2スロットが3つ、USB3.2が計7ポートと拡張性が高いところも気に入っています。ただSATAが4ポートなのは少し残念ですね。SATAは必要になれば拡張すればよいのですが。

次世代のZen4ではメモリがDDR5になるのでマザボとしての将来性はないのですが、Zen3自体が高性能なのでこのままあと4〜5年は使いたいと考えています。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

パン屋パン屋さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
3件
グラフィックボード・ビデオカード
3件
0件
マザーボード
2件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト3

【安定性】
稼働からおおよそ半年経過しておりますがすでに多くのレビューあり通り動画エンコードや3Dレンダリングで半日近く高負荷状態が続いてもド安定稼働しております。

【互換性】
不満に感じるところなし。

【拡張性】
SATAが6portだったら満点だったけど足りなくなった時に拡張ボードを買うでよいですねってももうストレージはM.2でよいか。そんなM.2スロットは3つあり十分。

【機能性】
ビカビカLEDはいらないのでこれでよし。

【設定項目】
特段触るようなことをしないのでOK。ただ以前使っていたASROCKと比べるとUEFIの操作がすこしもっさりしている感を受ける。

【付属ソフト】
使ってないので星3で

【総評】
B550マザーとX570マザーと迷いましたが十分こなれているX570としさらに評価の高いMSIのUnifyとし非常に満足。CPUもRyzen5950Xにしたので当面困ることはなさそう。

CPU:Ryzen9 5950X
Mother:これ(MSI X570 Unify)
Memory:Corsair CMK32GX4M2D3600C18(16*2)
Graphic:Zotac RTX 3070 Twin Edge OC

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

4mmさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
5件
CPU
0件
3件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
0件
3件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性4
拡張性4
機能性4
設定項目4
付属ソフト3
 

128GB載せて簡易OCで安定していました。

FreeBSDコンパイルの模様。

 

Amazonプライムデーなどを利用して以下の商品を購入しました。
MSI MEG X570 UNIFY, Ryzen 9 5950X , Corsair iCUE H115i RGB PRO XT, Team DDR4 3600Mhz(PC4-28800) 32GBx4枚, Crucial SSD 500GB MX500, Team M.2 NVMe SSD 1TB PCIe Gen4x4 CARDEA ZERO Z440シリーズx 3枚, CORSAIR 4000DHYDRO G PRO 850W / HG2-850
他に手持ちのGT 210 graphic cardとIntel GBE NIC x2枚、14cmケースファンx2を追加しました。
32GBx4枚挿しの定格設定で一発起動したのは想定外でした。:-) 2400MHzの動作ですが安定しているようです。現在24時間連続運転中です。
インストールで躓いたことが2点
1)P2VソフトでVMにしていたWindows10をV2Pソフトで戻せるかと思っていたができなかった。そのためWindows10を新規インストールしてもライセンス認証ができなかった。
2)3枚のNVMe SSDのうち1枚が初期不良と考えられ3箇所のどのスロットに挿してもBIOSで認識されない(販売店相談中)。
良かったこと
1)Proxmox VE 6.4を500GB SSDにインストールしてbootすると、Intel NIC x2枚とMotherboard上の2.5G LANが自動認識した(2.5G LANに関してはRealTekとIntelでは前者が安定しているらしい)。
2)NVMe SSD2枚が特別なドライバを入れずとも認識されSMARTが取れる。アイドリングでNVMe SSDの45℃、47℃、ちなみにSATA SSDは45℃。
その他
1) 試しにA-XMP:onにてCPU Speed 3400GHz, DDR Speed 3600MHzでproxmox VE6.4が起動しました。室内温度26度、CPU温度42℃、Motherboard温度38℃。まだ活用していないのでなんともいえませんが、128GB のメモリ載せて立ち上がるので驚きました。多分定格に落として運用すると思うけどしばらく使ってみます。Windows10のベンチマークソフトで確かめることはできませんでした。残念。
2)BIOSをVA.80からVA.90(05/17/2021, E7C35AMS)に上げると、SR-IOV Supportの項が追加された。仮想化に役に立つかもしれないのでもちろん有効にしました。

総じて安定したマザーボードです。今後はNVMe SSD内にVMを多く作ってストレスかけてみようと思います。PCIe Gen4のNVMe SSDがどの程度パフォーマンス出してくれるか、耐久性があるかなど楽しみです。

その後の報告です。
環境がLinux baseなのでここで報告するのでいいのかわかりませんがその後の状況を報告します。
host(promox VE 6.4)のCPU温度、GPU温度、SSD温度などはdebian baseですのでlm-sensorsなどで確認できます。ESXiでは情報を得る方法がなかったので親近感が湧いてきました。
さっそくインストールしてsensorsコマンドで確認すると測定できません。GPU、NVMe SSDの温度は測定できるのにCPU温度がひらえない。他にglances、hardinfoなどが情報を得る方法ですがいずれも方法でも取得できませんでした。ネット検索するとproxmox VE 6.4のkernelは5.11ですが、5950XとX570におけるCPU温度情報は5.12からの対応とのことでした。早速gthubをたどってkernel 5.12に上げました。結果、Tdie: 39.0℃と測定されました。ほかにGPU(GT210)が49℃、NVMe SSDが47℃でした。
また、debian10、CentOS8、FreeBSD13Rなど数個のVMをインストールしながら、並行してFreeBSD13RではCPU数、メモリ量を変化させてmake buildworldを実施しました( # time make -j16 buildworld )。
CPU 4cores 8cores 16cores
mem.8GB    16GB 32GB
2589sec    1344sec    794sec
mem.12GB 32GB 48GB
2539sec    1352sec    810sec
core数を2倍にするとコンパイル時間は半減していきました。さらにメモリを増やしてもコンパイル時間に差はありませんでした。落ちることもなく、CPU温度も上がらず極めて安定しています。ラジエターファン、ケースファンの騒音もなくhome labに最適です。なお定格ではなくBIOS画面で左上のボタンんを2箇所押しただけの設定CPU 3.87GHz、メモリOC(3600MHz)の状態で実施しました。

ある意味ストレステストですが、まだI/O、ネットワークのストレステストは実施していません。NVMe SSDが3本揃ったところで再度検討します。
 このMBは極めて安定している印象です。このMBにたどり着けてよかったです。情報提供してくれた会員さんには大変感謝します。ありがとうございました。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

やまざきざっきぃさん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:98人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
9件
マウス
4件
0件
PCモニター・液晶ディスプレイ
3件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト3

【安定性】【互換性】【拡張性】
 使用して数か月経ちましたが非常に安定しています。
 m.2が3本とも制限なく使えるのが魅力です。AMDでは初の自作です。メモリ相性が不安でしたが4本使用しているにも関わらず、1:1モードで3800MHz安定しています(Patriot Viper Steelシリーズを使用しています)。

【機能性】
 ライティング不要、グラボがMSIだったのでUnifyを選択しました。

【設定項目】【付属ソフト】
 特に問題ありません。

【総評】
 Ryzen CPUも含めてコスパの良さに驚いています。GPUを別に買う一般ユーザーであればとてもおすすめです。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ももたんたんさん

  • レビュー投稿数:118件
  • 累計支持数:474人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
8件
15件
タブレットPC
5件
11件
グラフィックボード・ビデオカード
9件
2件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性3
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト無評価

PC新調で導入
ポイントはM2スロット3個あること、電源周りがリッチなことかな?
価格もこのクラスでは安いほうだと思います

【安定性】
 BIOSが作りこまれていないのか、USB機器の種類によっては設定画面でフリーズしたりします
 暫定BIOS出てますが、いまいち起動も遅いのでどうなんだろう・・・?

【互換性】
 標準的な使い方している限り特に問題なさそうです
 USBの種類(私の場合SONYのAudioユニット)つけておくとBIOS画面でフリーズしますが、
 暫定BIOSで一応対応はすんでるみたいですがなんか微妙 

【拡張性】
 十分ですね、これ以上あってもどうしろとという感じです

【機能性】
 Type-cコネクタは2個ありますし、M2スロット3か所でヒートシンクも標準装備、WiFi6搭載、  
 LAN2.5G対応と機能的には十分です

【設定項目】
 BIOSチェックが妙に時間がかかるのですが、これ以外は特に問題ないかな?
 
【付属ソフト】
 つかってませせんので未評価

【総評】
 私の使い方は基本定格運用なので特にUSB以外は特に問題出てません
 AMDのRAIDはOSインストールめんどくさいですが、これはメーカーさんのせいではないですしね
 もうちょっとBIOSが完成してこればいいマザーになるのではと思います
 
 価格が安いのもポイント
 amazonのセールの時に27000円ちょいで購入しました
 今でも3万ちょいなので、M2スロット3枚構成でいきたい方は選択肢としてはありだと思います
 
 今時のゲーミングマザーは光りまくるため、それが目に付く方はこちらをチョイスするといいです
 全く光らないのでw

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

でぃーさまさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:43人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
4件
液晶テレビ・有機ELテレビ
1件
3件
ハードディスク ケース
0件
3件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト3

UNIFYのAudio部はALC1220 + ESS製DACチップ
MSIのMEGシリーズは公式HPを見る限り、X570 GODLIKEではES9018K2Mの画像を確認できますが、
X570 ACEとX570 UNIFYは「ESS AUDIO DAC」とあるだけで気になっていました。
レーザー刻印なので肉眼では確認できず、拡大画像をとってみたところSABRE9018Q2Cと確認できました。

このSABRE9018Q2Cですが、DACとヘッドフォンアンプを1チップ化したもので、
DACとしては384kHz/32bit/127dBとES9018K2Mと同等、HPAとしては122dBという超高性能。
正直言ってマザーボードのいち部品としてあつかわれているのが勿体ないくらいのチップです。
MSIがこのチップを搭載していることを売り文句にしていないことが不思議でなりません。
オシレーターもTXC製っぽいのがオーディオ回路専用に搭載されています。

他社でここまでオンボードオーディオにこだわっているのはGIGABYTEのAORAS MASTERとAORAS XTREMEくらいのものです。
ASUSのZ490高級マザーであるROG MAXIMUSやROG CROSSHAIRにもESS製DACが使われていますが、
入門用安物DACに使われるES9023Pという廉価チップで112dBと凡庸な性能です。

使い勝手は、ネット上の評判どおりです。
・とにかくメモリがまわりやすい。
・チップセットヒートシンクが優秀でチップセットファンはほとんど動くことがない。
・AUTO設定だと電圧をどんどん盛っていく。
・Realtek 2.5Gbps LAN controllerですが、とても速いし安定しています。

とにかく奥が深いマザーボードという印象です。
AMD環境はWinchester以来なのでINTEL環境との違いに戸惑いを隠せませんが、UNIFYにして良かったと思います。

常用設定
Pecision Boost Overdrive → ECO-MODE(45W)
Core Performance Boost → 無効
CPU Core Voltage → Offset Mode
CPU Offset Mode Mark → -
CPU Offset Voltage → 0.0500V
CPU NB/SoC Voltage → Override Mode
Override CPU NB/SoC Voltage → 1.0500V
CPU 1P8 Voltage → 1.800V
DRAM Voltage → 1.35V
CHIPSET SOC Voltage → 1.000V
CHIPSET CLDO Voltage → 1.200V

メモリ : G.Skill F4-3733C17Q-32GTZKK (8GB x 4枚)
メモリ設定 : 3733MHz 16-16-16-32 1T (DRAM Calculator for Ryzen / Fastどおりに設定)


あ、オンボードの無線LANですがUEFI(BIOS)上からON/OFFできます。

2021年4月 
おかわりしちゃいました。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった20人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

りょくんへべれけさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
9件
ゲーム機本体
0件
7件
グラフィックボード・ビデオカード
3件
1件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性3
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価
 

映えマス。

組み付け途中

 

【安定性】
ryzen9 5950で使用
非常に安定しております。
【互換性】
i/oパネルですが、このマザーだけ特殊なんですかね?ケースにハマりづらい。つーか、はめ込むタイプじゃない。マザーのi/oパネルはケースにはめ込む形になっていると思うのですが、このパネルはケースに突っぱる感じのタイプ?なので、ハマらないし、そのまま装着するとケースのネジ山と合わない。取り付けには工夫が必要。msi z390 マザーからの載せ替え同ケースなのですがね。
【拡張性】
高速 SSD刺せるm.2スロット3つは嬉しいね。ゲームばかりするので。
【機能性】
基本的にLANケーブル直付けで使用してますが、wifi6があるのはケーブルの取り回しが困難な部屋にも設置できるので良い。
【設定項目】
BIOSワンクリでOCできるのは非常に便利。
【付属ソフト】
安定重視の為、付属ソフトはなるべく入れない主義です。ですので無評価。
【総評】
デザインが良い…実に…
光らない黒々としたマザーのおかげで、メモリ やケースのライティングが逆に映える。
非常に気に入っております。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

coron-chanさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

画像編集ソフト
0件
1件
CPU
1件
0件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

去年の9月より、3950Xと簡易水冷との組み合わせで運用しております。

当初から、動作には全く問題がありませんでしたが、
何故か、CPUの温度表示が38〜50℃くらいを行き来するような不安定な状況でしたが、
最近のBIOSで、簡易水冷の温度が通常36℃、
Youtubeを見ても38℃で安定するようになりました。
簡易水冷を疑っていたのですが、
BIOSの問題だったんでしょうかね😨。

巨大なヒートシンクと堅牢な電源周りで、
高性能CPUやハイエンドグラボにも余裕があるように感じます。

CPUを3950Xにしたことで、GPU使用率も余裕が生まれ、
XeonPCでは何かにつけて、
頻繁にGPU使用率が100%に達する機会が多かったのですが、
格段に減りました。おかげで、冷却にも役立ってます。
グラフィックアプリケーション運用にめっぽう強く、
非常に安定しております。



アプリやWindowsの起動時間もさらに短くなり、
今度、よほどのことが無い限り、Ryzenで組むと思います。

今までDELLのXeonPCもカスタマイズして使っておりましたが、
マザーボードからの自作は、今回が初めてです。
シングルスレッドの速度自体も早いので、
マシンの買い替えで、
これほど速度向上を体感したことも久しぶりではないでしょうか。
PCI-E Gen4対応の m.2スロットも標準で3つが用意され、
値段的にも一番ベストだと感じました。

ドライバー類のアップデートも短いスパンで行われております。

IntelのXeonで同じパフォーマンスを得る場合、
何十万のモデルを選ばなければならないのでしょうか?
そう考えると、多コアだけしか取り柄が無いXeonを選ぶ理由は、
最早ありません。
Ryzen ThreadRipper でもおつりがくるでしょう。

5950Xはまだまだ高価ですが、値段がこなれてきたら欲しいですね。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

teddy_desuさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
マザーボード
1件
0件
ワイヤレスディスプレイアダプタ
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

当方は自作PCは何台か組んだ経験はありますがエキスパートではない自作中級者です。

5950XとGSkill Ripjawsの3200mhz 64GB、NH-D15 空冷クーラーとの組み合わせでの運用です。

ASUSが好き、かつWiFiは不要なのであちらのX570 F-Gamingと迷いましたが(あちらの方が1万円程安い)、結果的にはこちらにして満足しています。
決め手となったのはM.2スロットの数、VRMの設計が上位モデルと同じといった点です。(F-Gamingの方はミドルレンジと同じ)

【安定性】
安定してると思います。
最新のベータBIOS入れていますが特に不具合もなく、XMPも問題なく有効化されています。
PBO有効化していてベンチ回すと4.3ghzくらいまで全コア行きますが、安定しています。

【互換性】
M.2スロットが3つある数少ないボードなので大満足です。
SATAが4つですが、今の時代SATA接続のHDDを5台以上組む事なんてないと思いますので…

【拡張性】
特に不満はありません。

【機能性】
LEDが無いのがおそらく唯一の欠点ですが、正直大型クーラーと大型GPU乗っけたらボードのLEDなんてほとんど見えないので問題無いです。
LANがRealtekですが、当初はIntelじゃないことに不安もありましたが、この2.5G端子は評判も良いらしく、使っていても全く問題ありません。
強いて言うならデバグ用のポストコードの見れるLEDの位置が一番下にあって見辛いって事くらいですかね。
ただ普段使いには気にならないです。

【設定項目】
BIOSの設定項目は十分だと思います。

【付属ソフト】
付属ソフトは必要最低限といった感じです。
OS上でのOC設定やモニターソフトは文字やUIがデカイ割に大した情報量もなく、ちゃんとOC等弄りたいならBIOS一択だと思います。
まだ以前のMSIの古いソフトウェアの方が情報量あったような…
ただ特に不具合とかも無いので、大満足では無いですがまぁ良しといった感じ。


【総評】
評判通りハイエンドの中身を持ちつつも余分なLED等を削った質実剛健の良いマザーボードだと思います。
耐久性に関してはまだ買ってから短いので分かりませんが、上位クラスと同じ設計やパーツを使っているので耐久性も期待出来ると思います。
そこそこの値段でハイエンドCPUのポテンシャルを最大限引き出したい方にオススメかと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ミートワッドさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目4
付属ソフト3

【安定性・互換性】
Ryzen9 5900Xにて利用。
発売時期がZen2ということで、CPUと比較すると前世代のマザーボードではありますが、動作には全く問題ありません。購入したものはBIOSアップデートも済んでおり、何もいじることなくすぐに利用できました。

【拡張性】
同じMEG Unifyシリーズには最新チップセットのB550もありますが、一年前といえどやはり上位モデルですので拡張性はしっかりしています。
排他性もなくすべてのポートを全力で使えるのはやっぱりいいですね。

強いて言えばSATAが4つと少な目なのが残念。
ただ、SSDやHDDを馬鹿みたいにたくさんつけなければ事足りると思います。

【機能性】
マザーボード下部にあるLEDには「エラーコードなどが表示される」と、調べた限りでは聞いていましたが、BIOSアップデートの影響か?現時点でデフォルト表示されているのはCPU温度のようです。
正直よくわからないエラーコードよりも実用的なので助かっています。
・・・が、じっくり見るのを想定していないせいか、位置はかなり見づらいですね。配線に気を遣わないと隠れてしまうかも。後継のB550 Unifyでは改善されているようです。

小さなファンがついてますが、回っているのを見たことがありません。
音を気にする必要は全くないと思います。

【設定項目・付属ソフト】
BIOS画面はまあ特にいうことはないです。
他のメーカーをあまり使ったことないので分かりませんが、特に不便には感じません。
ただ、特別使いやすくもないですかね。

付属ソフトはWeb経由でDragon Centerを導入しましたが・・・まあ、こちらは正直いまいちです。項目がすっきりし過ぎていて逆に使いづらい。
こればっかりは仕方ないですが、LEDのないこのマザーだと配色コントロールの項目が死んでいるのも気になります。

【総評】
どの機能をとっても不満らしい不満がない。
それがこのマザーボードのいいところだと思います。

あとはやっぱり見た目がいい。
今時LED一つない真っ黒なボードということで、どちらかといえば光物好きな自分には合わないかと思っていましたが、杞憂でした。
ボードが光らないことで、むしろメモリやグラボなど個々の存在が引き立つ。
ギラギラし過ぎない落ち着いた雰囲気で組めるのが気に入っています。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

MEG X570 UNIFYのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

MEG X570 UNIFY
MSI

MEG X570 UNIFY

最安価格(税込):¥38,980発売日:2019年11月15日 価格.comの安さの理由は?

MEG X570 UNIFYをお気に入り製品に追加する <573

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意