トヨタ ヤリス 2020年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > ヤリス 2020年モデル

ヤリス 2020年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:ヤリス 2020年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
G (MT) 2020年2月10日 ニューモデル 1人
G 1.5 2020年2月10日 ニューモデル 1人
HYBRID G 2020年2月10日 ニューモデル 3人
HYBRID G 4WD 2020年2月10日 ニューモデル 1人
HYBRID X 2020年2月10日 ニューモデル 5人
HYBRID X 4WD 2020年2月10日 ニューモデル 1人
HYBRID Z 2020年2月10日 ニューモデル 8人
HYBRID Z 4WD 2020年2月10日 ニューモデル 3人
X 1.0 2020年2月10日 ニューモデル 2人
X 1.5 2020年2月10日 ニューモデル 1人
Z 2020年2月10日 ニューモデル 6人
Z (MT) 2020年2月10日 ニューモデル 3人
満足度:3.66
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:38人 (試乗:24人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 3.84 4.34 130位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 2.71 3.93 149位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.94 4.13 106位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.09 4.21 99位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 3.91 4.05 95位
燃費 燃費の満足度 4.20 3.89 48位
価格 総合的な価格の妥当性 2.86 3.88 145位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ヤリス 2020年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4

【エクステリア】前は好き、後ろ姿は嫌い

【インテリア】ビッツ2016年型と比べるとかなりよくなっているが、無意味に立体化しているようにも思う。

【エンジン性能】悪くはない、との実感です

【走行性能】高速道路での運転がかなり良いと思う。ビッツ(2016年型CVT)と比べると、プラス30キロの安心感がある

【乗り心地】決して良くはないが、意外に疲れない

【燃費】道路状況によってかなりの差がある。12Km/L(近所の買い物)〜22Km/L(高速渋滞なし)

【価格】まあこんなものだと思っています。

【総評】気に入っています。ただ一般的なホットハッチ的な4000〜5000回転維持は無理

乗車人数
5人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
毎日
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年3月
購入地域
埼玉県

新車価格
187万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

ヤリスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヒラミーさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:202人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3

この度ヴィッツがヤリスに生まれ変わって、フィットとともに注目され、僕も大変興味を持ちました。そこでトヨタレンタカーさんが提供を始めたのを見て早速乗ってみました。今回は先代のヴィッツと比較しながらレビューしたいと思います。

クルマは1Lモデルの最下位グレード。新車でタイヤもニュータイヤを履いていました。状態はもちろん良好でした。

【エクステリア】
見た目は可愛らしさとほんのりカッコ良さを兼ね備えた感じ。先代のヴィッツは特にフロントデザインが少し尖り過ぎていたが、今度のヤリスは僕個人的にはなかなか好感が持てる。

【インテリア】
インテリアは正直良い部分と悪い部分の両方あります。今回は箇条書きに列挙してみます。
良い部分
・しっかり確保されたクリアランス
・シートが考えて作られており、ホールドもしっかりしている。
・大きくて見やすいナビやまとまったメーター類
悪い部分
・プラスチックの多用が目立つ。
・後部座席の特に足元が狭い。
特にプラスチック多用の点だが、これはヤリスに限った話ではないが、正直ヤリスになってもまだ続くのかと思った。これについては先代のヴィッツと変わらない。これはもう少しお金をかけてでも改善すべきだと思う。

2020年7月6日 追記
このレビューのあとも何度かヤリスに乗る機会があったのだが、乗って考えれば考えるほど後部座席の居住性に疑問を持つようになった。実際座ってみても、驚くほどに狭く、そして膝に迫りくる圧迫感を何故か全身に感じる。レビューのタイトルは「大幅進化」だが、この点についてはむしろ退化かもしれないと思った。

【エンジン性能】
音は軽と同じで安っぽいのだが、パワー、トルクという点では明らかに進化を遂げている。
1L直3なので期待していなかったが、トヨタさんごめんなさい。このエンジンはカタログ値の69馬力以上は出てると思います。
パワーもトルクも出し方は穏やかなのだが、先代のヴィッツよりアクセルの踏み込みが少なくても目標スピードに到達する。これは嬉しいことだ。ヴィッツで感じていたストレスを感じなくて済むようになったのだから。
そしてCVTの制御プログラムの進化を感じた。今までならBレンジでうるさいエンジン音を響かせていたが、それがかなりマシになった。エンジンブレーキの効きは甘いが、Bレンジ自体を以前より抵抗なく使えるようになったと思う。

【走行性能】
まず、新開発のTNGAプラットフォームの恩恵を感じた。ヴィッツより遥かにボディ剛性が高く、乗っていて安心できる。特に山道を走った時にそれを実感した。
ハンドリングはアンダー気味だが、ヴィッツよりはマシになった。ノーズが行きたい方向へ入ろうとしてくれるのはよく分かった。そう。このクルマはラインのトレース性が意外に高いのだ。但し、その代わりにハンドルが軽いという代償があるのだが。
クルマの動きだが、ロールは少し大きいが、前後方向のピッチングはヴィッツに比べれば随分抑えられていた。だからロールをもう少し抑えられたらもっと良くなると思う。

【乗り心地】
しっとりしていて、これも進化に値する。サスペンションのセッティングは柔らかめだが、これもヴィッツほどフニャフニャしたアシではないのだ。ただ、路面のギャップや突き上げなどの吸収はちょっと強めかな。

【燃費】
近頃は燃費の表記がJC08からWLTCに変わったが、これがいかに現実的で、今までのJC08の非現実さがよく分かった。
街乗りメインで数十km走り、16km/L台だった。軽量化の効果や新開発エンジンの恩恵はあまり感じられなかった。

2020年7月6日 追記
最近ヤリスにまた乗って今回は19km/L台をマークした。これはなかなか良い数字だ。トヨタのガソリン車の燃費がみんな毎回これぐらいだと良いんだけどなあ…なんて思っている今日この頃である。

【価格】
レンタカーなのでズバリ評価することはできないが、カタログの価格を見た限り、コンパクトカー全体として価格が高騰している中で、チープなインテリアを考えなければ悪くない。しかし、僕のようにインテリアにひっかかる方には高くも感じるだろう。

【総評】
一言でヴィッツからの進化には大きなものがあった。ボディ、エンジン、足まわり、その他諸々…。これで先代のヴィッツで立てなかった、他のコンパクトカーたちと同じ土俵に立てたといえる。トヨタはこのヤリスでデミオやフィットといった強豪に本気で勝負を挑んでいる姿勢が見えた(北米版ヤリスはそのデミオのOEMだけど。)。今後にはGRモデルの登場も控えており、目が離せない。
しかし、このクルマにはまだ改良の余地もあるので、マイナーチェンジの機会などには是非改良していただきたい。
伸びしろはまだあるが、今時点でもヤリスは本当に良いクルマに仕上がっていると思う。何よりトヨタが本気でこういうコンパクトカーを作ってくれたことが嬉しい。日本のコンパクトカーの世界がまた面白くなりそうだ。

レビュー対象車
試乗

参考になった32人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

たくまる王子のパパさん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:115人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
42件
ゲーム機本体
4件
13件
ニンテンドー3DS ソフト
4件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

ハイブリッドZの個人的な感想です。

【エクステリア】
ウインカー機能を備えたLEDヘッドライト。
ヘッドライトから流れるサイドのフォルム。
フフフと笑うテールランプ。両サイドのテールランプを盛り上げて飾るリアセンターライン。
屋根から流れるボディ色と黒の大型リアスポイラー。完璧です。素敵です。
しかし、RG partsのエアロパーツ3点が
カッコいいので装着しようか検討中です。
【インテリア】
コックピットは見易く、ヘッドアップディスプレイは見易さ抜群。高級車のオプションでしたが、選べる様になりました。シフトと手ブレーキが昭和の車みたい。驚きのレトロ。古過ぎ。
シールカバーもサードパーティーなら2万円位で有ります。薄ら青く照らすのも何かお洒落。
アームレストは必要です。
【エンジン性能】
直列3気筒の加速は引っ張る感覚で走ります。面白い。運転が楽しくなります。エンジン音もこれくらい無いとつまらない。ハイブリッドのPower modeはエゲツなく加速します。
【走行性能】
ハンドルは始めフワフワしてて、途中でシックリ来る感じがします。キビキビ走ってキュィーンって曲がります。それでもシート上で動く事無く、乗車してる家族もあまり酔わない。と好評です。
【乗り心地】
しっかりとシートが人をガードする感覚です。運転席と助手席はシートヒーターが付いてますが、後部座席は付いてませんので、お買い求めの際は、寒冷地仕様にして足元からヒーターがでる様にしてあげて欲しいです。
【燃費】
週末に140km走りましたがガソリン5Lです。
燃費は凄いです。Power modeにしなければ
33Kmは走るのでは?
今週末に箱根に行って来ます。
【価格】
安全装置のオプションを全部付けると300万弱になります。エアロパーツ着けたら…。汗
【総評】
運転楽しい。出掛けたくなる。良い車。
お金掛けたくなる車。愛おしい。
ラガーマン風の営業マンさんありがとう。

乗車人数
5人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年3月
購入地域
神奈川県

新車価格
229万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

ヤリスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった63人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ガンテスプリンターさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3

【エクステリア】
自己満ですがカッコいいです。TRDエアロに惚れました。
モデリスタもお洒落感があっていいですが自分的にはTRDでした。
三眼ライトはいいですね。

【インテリア】
G・Xはシートがチープ・・まっ自分好みのカバーつければわかりません。
Zでシートは普通ですね。
内装はシンプルです。自分はブラックにしたのでローズメタリックが邪魔になりました。どうせならピアノブラックにして欲しかった。個人的意見なので・・・
後部座席は狭いですが自分では(三人家族)ほぼ乗っても二人なので問題なしです。
ドリンクホルダーもうちょい前に欲しかったマイナスです。結局社外品取付ました。
ディスプレイオーディオ最初は視界の邪魔になるかと思いましたが杞憂でした。が・・・自分のスマホが対応してない為音声しか出ないと言う・・・確認してからの方が○ トヨタさんなんとかして。
変形ドアノブも慣れれば使いやすいです。

【エンジン性能】
初代ヴィッツ後期1.3Fから比べれば良すぎます。

【走行性能】
カーブはスルスル曲がります安定しすぎが印象。
ハンドルが軽いという人もいますと思いますが、女性とか考えると一般的に言えばいいと思います。

【乗り心地】
ハイブリットなので基本静かです。足回りは固め、ショックの吸収は早いです。
ロードノイズは入ります。
納車時ベーシックだったフロアマットを社外品のロードノイズ低減フロアマットに変えたら正解でした、おすすめです。デラックスの場合は???

【燃費】
条件:ホイル16インチ鍛造・エアコン使用・ノーマルモード・パワーモード使用・エコモード無し
一か月平均で26.0q/L 1300q   高速以外ならまだ伸びます。
三ヶ月平均で26.9q/L 2700q   一般7 高速3の割合かな。
なんとなくですが28あたりに落ち着くかなと思ってます。

【価格】
グレードによりますがオプション色々付けるとすぐ300オーバーです。

【総評】
安全面を削りエクステリア特化。かなりスポーティーな走り心地で、中低速はいいとしか言いようがない。内装的には並みですが自分なりに使いやすくしようと画策中。(赤黒統一でほぼ完成ですがハンドル手抜き見ないで・・・時間ある時直します)
納車まで3ヶ月かかったけど待ったかいがありました。
検討車輌は、カロスポ・フィット・ヤリス・スイスポでした。
カロスポ:一応雪国なので1月時点で4WDが無かった為却下。
スイスポ:エクステリア的に却下、後ろからはカッコいいだけどなぁ カタナエディションなら考えたかも・・・
最終的にはフィットとヤリスで
フィット:インテリア・使い勝手・走行性良かったけど、ボンネットからグリルレス部とスポーツ感の無いライトが自分的に無いと思った為、(無限だろうがモデュ―ロだろうが多分変更できないライトが×)前モデルかフリードの方がエクステリアは好みかな。そんな人数乗せないしねぇ、フィットも色々オプション付けてくと金額的に変わらないので最終的にヤリスで決定でした。4月発売でなければガソリン4WDになってたとこなんですけどね。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年1月
購入地域
岩手県

新車価格
249万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
0円

ヤリスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった30人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

そる@21さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:159人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
9件
ノートパソコン
1件
8件
タブレットPC
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格3
 

スポーディーな印象を感じます。

燃費は27.9。e-four故か…

 

何故か再レビューが削除されてしまいました。信者とアンチと民度の低さを2割引き程度書いたことが原因だったのでしょうか?
誤字、脱字が酷かったのでその手間が省けた…と考えます。

試乗車はハイブリッドのZグレードで2wd。16インチのアルミを履いていましたが私が購入したのは同じハイブリッドのZグレードですがE-fourこと4wdで15インチのアルミです。

1週間乗ってみての感想や気になった点を書いていこうと思います。新型フィットとは競合しないと考えておりますが発売日、価格帯が近い為かやはり比較されている方も見受けられるのは仕方ないと思います。なのでちょくちょく比較してしまう事もありますがご容赦くださいませ。

【エクステリア】
見た目は千差万別です。
このヤリスですがカタログでも思ったのが非常にスポーディな印象を感じました。同じシニア向けながら新型フィットと違い若者にも受けそうな感じです。なんだかんだ職場での受けは良いですね。
リアはグラマラスな印象を受けこれもまた…良いですね。外観に関しては個人的に素晴らしいです。

私は車は白が良いのでわざわざパールホワイトを選ばなくても良い事。シャークフィンアンテナもツートンにしない限りボディのカラーに合わせてくれるのは非常に嬉しいです。まぁこれが普通なんでしょうね。私はボディカラー如きにお金をかけるのはもったいないと思います。

前席優先故なのかリアのドアが小さめでまたラゲージのドアも小さい印象を受けますが私の自宅の都合上、ガレージに車が2台入っている特異な状況ではこれはメリットしか感じませんが大半の方にはデメリットに感じると思います。

【インテリア】
これは…色々な意見がありますが私が感じたことを正直に書こうと思います。

内装は黒にしましたがヤリスの内装を黒にすると天井も黒色になります。統一感がありスポーディな印象をここでも感じます。
ただ、私は問題ないのですが随所に施されているローズメタリック加飾が気になる方もおられると思います。これはシルバーのメッキ加飾を選ぶことが出来れば…完成度は高くなったと思います。

広さに関しては前席優先故か運転席、助手席は問題ありません。後部座席に関しては助手席を運転席と同じ位置にしておけば後部座席も問題ないと思います。
私の運転位置に合わせて助手席を合わせて後部座席に乗り込んだ際、膝は拳二つ弱の余裕が生まれ新型フィット程じゃないしろ割と快適さを感じます。前席優先なのにこれは驚きですが長身の方には窮屈さを感じるかも知れません。

気になった点はハンドブレーキがEPBではなく手で引くタイプで時代に逆行しておりますがこちらにはブーツがあります。問題ないのですがシフトレバーに関してはブーツがありません…
そして、ドリンクホルダーの位置が良くないです。ペットボトルでも缶でも取りづらいですね。
これ最悪、肘や腕痛める方出ると思いますよ?

【エンジン性能】
1500ccの3気筒ですが車重が軽いので出力面は問題ないです。音に関しても踏み込めば音が大きくなり唸る印象ですが私には不快さは感じませんでした。

【走行性能】
試乗車と違い、同じハイブリッドで同じグレートですが私の場合は4wdの15インチのアルミです。

まず、走った際ですが心地よさを感じました。ただ、粗削りやら雑味を感じ心地よさの面だけは新型フィットに少し劣る印象です。しかしながら走行面での心地よさは新型フィットの専売特許ではないと感じました。

パワーモードにすると素晴らしい加速感を感じますが私にはエコとノーマルで充分です。
いやぁ…走行面本当に良いですねぇ…素晴らしい…

【乗り心地】
シートは固めですが私には合いました。
程よい硬さを感じますが硬すぎる印象は感じませんでした。
ロードノイズに関してはこのクラス故仕方ないと思います。新型フィットもヤリスと同じくらいの印象を受けましたし。

【燃費】
E-fourのWLTCの燃費は30.2。
最高で画像の27.9で普段は24~26です。不満は無いのですが燃費にも振っているならもう少し頑張って欲しかったです。

【価格】
私が購入を確約した3月頃では25万円値引いていただきました。
しかし、X,Gグレードは仕方ないにしろ最上位と思われるZグレードでもスチールなのはこれ如何に?少し残念です。
値引きに満足いかなければ選ぶのは難しいと思います。正直X,Gグレードはチープな印象を受けますし。

【総評】
私は走りが良く燃費も良い車を求めていましたが、ヤリスは私の求めていたことを見事に叶えてくれました。
機能性、室内の快適さ、総合力は新型フィットの方が上ですがこちらは私の求めていた事は叶えてくれませんでした。

機能性、快適さなら新型フィット。走行面ならヤリス。といったところでしょうか?
自分の周りの環境や使用状況が分かる方には迷わない筈だと思いますね。

新型ノートや新型アクアの登場でどうなるか…6月次第になり、コロナ渦の中2020年上半期はヤリスですかね。

他の車を貶めたりするのではなく自分の買った車を愛着持ってあげた方が自分にも他人にも良いと思います。

ともかく、私は買って良かったと思います。

使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年3月
購入地域
長野県

新車価格
249万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
25万円

ヤリスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった40人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あくとうさん

  • レビュー投稿数:79件
  • 累計支持数:5232人
  • ファン数:21人
満足度3
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能3
走行性能2
乗り心地4
燃費無評価
価格2

外連味のあるデザイン以外は(欧州基準では)普通かちょっと微妙なクルマです。
はい。

また、このトヨタアンチの工作員が生意気ぬかしやがって!って色々怒られそうですが、でも、新しいフィットと同じくらいは欲しいクルマですよ。
…どっちもハイブリッドで100万円くらいなら欲しいかなーってくらいには魅力あふれるクルマです。
はっきり言ってしまえば、セーフティセンスなどの予防安全装備以外は目新しさも特に感じない今どきのごくありふれたコンパクトカーで、トヨタらしい80点主義の権化のような存在です。

車体の素性は非常にいいと思います。
1リッターのエンジンとかは非常にやかましい感じでしたが、実際に運転するとうまくうるさいと思う領域が遮断されていてあまり気になりません。
ハイブリッドの制御もEV走行領域が増えていてアクアのように介入過多で運転させられている感が半端ない、なんてこともなく、正直今のフィットより気持ちよく走れます。(苦笑)
シャシー自体、初代ヴィッツの頃からのものを手を加えながら使いまわししてきたのを一新しているので軽量化と強度のアップから剛性感はかなりアップしています。
ちょっぴりリアが跳ね気味かな…まあこんなもんかな。
ここまでだったら、トヨタやるなあ…だったんですが!

なに、この手ごたえのなさすぎてエグいハンドリング…

軽い云々はともかく、まるで幾ら呼んでも生返事だけで寝転がったままの嫁を見るようなリアクションで、ごはんあるのか、それともそこの白飯にお茶でもかけて食っとけ、なのか判断に迷うくらいのレベルの判断を強いられます。
仮にも1tの鉄の塊。
ステアリングの重みが責任の重み、などとは更々思いませんが、せめてステアリング操作の結果くらいは推し量れるくらいのコミュニケーションは図ってくれないものかと思うのです。
軽いハンドルが好まれる日本風の味付けかもしれませんが、ステアリングからの情報をノイズとして遮断しすぎるのもどうかと思うのです。
それとも構造的にそんな感じなのか…

ともかく日本にやってくる欧州車に大きく後れを取っているのはこのあたりの感覚ですね。
出来がそんなによろしくないと感じて●●じゃなくボロだな、これじゃあ…とか思った某車(名前を伏せます)もヤリスのおかげで自分的には少しは地位が向上しました!
まあ、欧州で鍛えられたアベンシスやオーリス(ブレイド含めて)が別にありがたがれなかったのでトヨタとしても欧州車テイストなんて銭にならん、という割り切りかもしれませんがね。

収納がめっちゃ少なかったり、ドリンクホルダーがシフトのあたりにあって日本車の感覚に慣れた身としては使いづらい(欧州メーカーは衝突の際物が飛び回る危険がある&コストダウンのため、エアコン吹き出し口のトレイにカップホルダーなんて設計はやりたがりません。)とこなどは「欧州車っぽい」けどね!
こだわりポイントはそこなのか?(苦笑)

まーあと、後ろのシートが狭くて使い物にならん、とか値段に見合った質感が足りない!とかいろいろ言われていますが、今までのヴィッツだって言うほど…

ウガムグ…

いや、何でもないです。

これもトヨタ様からの、見栄えいい、コスパ高そうに思えるコンパクトカー欲しけりゃ、ダイハツのOEMのパッソやルーミー/タンク、ライズ買っとけ! というメッセージなのかもしれないのですから、純正トヨタのコンパクトカーを買えるだけでもよしとするべきなのです!

たぶん。

おそらく欧州仕様は日本のように想定120キロ程度で設計しとけばいいわけにはいかず、想定180キロ程度での設計になっているだろうからまた違うセッティングになっていると予想されますが、(初代ヴィッツと初代”ヤリス”が足回りとか全然違ってて現地で乗った人がそりゃー名前同じにできないレベル、とか聞いた。)
折角コンパクトカーの本場で闘うため、安く作るだけのエキスパート、ダイハツには任せておけん!ワシが自らコンパクトカーとは何ぞやと教えてやるわ!と出陣し、イメージアップのためWRCで勝ちまくり、欧州Bセグメントの覇者ルノー クリオ(ルーテシア)と同じように中身で差なんかつかないからデザインで勝負!とまで割り切って仕掛けてんのだから、妙に中途半端な軟弱な安楽仕様は日本/北米スペシャルのアクアに任せてビッシィ!と本気のトヨタをわちきとしては見せてほしかったです。

リアシートの居住性は期待できないので二人乗りまでと割り切って、素材を楽しむように素の1リッターベースグレードを街乗りの足代わりに使い倒す、ことこそこのヤリスの美味しいところを味わえる予感があるのですが、いやいや、まだまだ粋人にはなれそうにありませんなあ。

●ちなみに昨年度の欧州でのシェアは

VWグループが首位。続いてPSA(プジョーシトロエン)グループ、ルノーグループの順で
日本勢すべて束になってかかっても日産三菱含めないルノー勢にも及ばないのです。
うう。やっぱりニンジャやゲイシャがクルマ作っていると考えられているような国のクルマは相手にされないのか? まあ、ヒュンダイも日本メーカーと思われているくらいだから…

Bセグメントの覇者は前述のようにルノー クリオ、少し離されてそれを追うVW ポロ。団子でフォード フィエスタ、ダチア(ルノー系)サンデロ、プジョー 208などなど。
ヤリスはこのグループにシトロエン C3とほぼ同数で食いついているが戦いは過酷だ!
気張れトヨタ!
ライバルのホンダ ジャズ(日本名フィット)は欧州ではすでに空気だ!
(そもそもホンダ全体の販売台数自体がヤリスの半分強…。そりゃ英国工場やめてしまいたいですわ…)

レビュー対象車
試乗

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ひげMTさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
1件
もっと見る
満足度3
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能4
走行性能無評価
乗り心地無評価
燃費無評価
価格3

本日納車(6月12日)  納車から自宅まで数キロ 時速は40前後50はだしてない
で思った事

【エクステリア】

シビック、パッソMT と乗り続けているように この形好き
文句なし

【インテリア】

見た目はスッキリまとまっているように見えるがちょっと足りないかな

飲み物置くところ欲しい シフトの所にあるが何より使いづらい
私はタバコ吸うので灰皿も置きたいし他にも置きたいものがある
クーラー口に取り付けても良いんだけどせっかくデザインいいと思うので何とかならなかったのかなと

MTなので仕方ないのかもしれないけども運転席足元狭い
左足が窮屈
以前はシフト前足元にインバーターおいていたが これからどこに置こうって感じ

【エンジン性能】

良好
もたつきは感じない
パッソから考えると排気量も上がってるし当然か

【走行性能】

IMTのせいだとおもうが
運転が下手になった気になる
発進時はそのうち慣れると思うが
2速3速と繋げていくときになんとも言えない違和感

教習所に通っていた時でもおこさなかった
シフトチェンジ時の回転数の合わなすぎる感じ
ふわっと加速してしまう。と感じる かえって危ないんじゃないの

【乗り心地】

シフトチェンジ時の違和感以外はいいんじゃない?
同乗者はこの運転手平気か?とおもうかも
実際嫁は運転が下手になったみたいだと感想をあげた

【燃費】

まだなし

【価格】

このご時世仕方ないのかという感じ
色々ついて消費税10パ 仕方ないかと

いらないの省いて150以下で欲しいけども

【総評】

GRが欲しいのはやまやまですが
この価格帯で面白いMTが欲しい

まだ全然走ってないのでこれから
20年以上MTしか乗っていない私がこれにどう慣れて行けるかって所です
慣れないようなら開き直ってATにしたほうが良いのかもね

値引き額はよく覚えてないです

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年6月
購入地域
東京都

新車価格
170万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
5万円

ヤリスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

風太33さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:42人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
40件
タイヤ
0件
5件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格2

【エクステリア】斜めのアングルが一番良いかな?GRフロントバンパーガーニッシュはフロント廻りが引き締まりますので お勧めです


【インテリア】
収納が少ないですが トランクスペースのリヤのラゲッジトレイのおかげで 二段収納は荷物の整理に役立ちました 厚みの無い純正の合金チェーンや小物は下側の段に入りました 洗車用具などは上の段に置きました
【エンジン性能】
通勤使用と街乗りしか してないのですが
加速は良く満足してます
トルクがあり低速から力強さがあります


【乗り心地】固いかなと思いますが 段差を乗り越えても以外にしなやかな感じもあります
タイヤサイズによる違いや個人の感覚の差もあるので あくまでも参考まで
でもこのクラスとは思えない乗り心地です

【燃費】
通勤と街乗りで1日当たり20kmくらいしか走らないので 意外に悪くてエコモードでも1リッターあたり10kmくらいしか走りません
朝も帰りも渋滞してます

【ヤリスのいまいちな点】
コストダウンの為 目に見えないところで
200万円を越えるクルマなのに色々お金をかけていない所がある
1.エンジンフード内側の塗装
2. リヤドアはフロントドアに比べて
閉めた時の音が 安っぽい
3. ホーンが1個しか付いていない
4.ガソリン車はハイブリッドに付いている
フードインシュレータがない
3と4については簡単に部品で対策可能

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年3月
購入地域
千葉県

新車価格
192万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

ヤリスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった42人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スマホ大好きさんさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:98人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
5件
427件
タブレットPC
0件
3件
カーナビ
0件
3件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格3

ハイブリッドGです。
アクアからの乗り換えです。

【エクステリア】
アクアと似ているのですがリアビューはヤリスの方が良いと思います。
残念なのはタイヤの標準が14インチです。
やはり15は欲しかった。
(アクアは15)

【インテリア】
メーター類は非常に未来感が有り情報等は見やすく抜群です。
しかし、内装はプラでチープです。小物入れは無いに等しいです。強いて言うなら小物置きばかりです。
アクアのコンソールボックスの小物入れは大変便利だったので残念。

【エンジン性能】
明らかにアクアより静かで燃費が良い。
パワーが必要な場面での加速も良いです。

【走行性能】
これもアクアとの比較になりますが良いと思います。ステアリングが軽すぎる感じが有ります。

【乗り心地】
シートの座り心地が良く、振動もクッションが吸収してくれますがポンポン跳ねる感じは有りますね。

【燃費】
30弱は常にキープされます。アクアより感覚的には20%位良いかも。

【価格】
多少のオプションを付けるとかなり高額になります。

【総評】
かなり良い車だと思います。
自分なりの難点は
標準タイヤサイズが小さい。
内装がチープ。
小物入れが無い。
ボンネットが全く見えないので感覚を掴むまで注意。
後部座席は期待しない。
ヘッドライトのOFFが無い(初めての体験)。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

えくすかりぱさん

  • レビュー投稿数:73件
  • 累計支持数:1079人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格2

コロナ前からの購入検討として、ホンダ フィットと比較しました。

エクステリア

フィットの大人しい見た目に比べ、スポーティーです。見た目はヤリスが好み。LEDライトorハロゲンで
大幅に印象が異なるので、要確認です。

インテリア

見易い表示のメーター類です。フィットでは、ショーカーそのままの近未来感たっぷりのデザインですが、ヤリスは良い意味で普通です。

フィットも同様、兎に角収納が少ないです。
ミニバンや軽自動車からの乗り換えでは、籠やエコバックを置く等対策が必須です。

後席は圧倒的にフィットに負けてしまいます。
四人乗車が多いなら、フィットをオススメします。

走行性能も、スポーティーよりなものの燃費も
ハイブリッド同士であればヤリスが上です。二人で
長距離ドライブならヤリスですね。

価格

ハイブリッドであれば、ヤリスでは割高になります。ハイブリッドGに、必要な装備を付けると結果的に最上級のZと大差ない価格になります。

ここら辺では、N-BOXでセンシング系装備を早期に取り付けたホンダが、その分価格が安くなっていると思います。フィットでは、アルミホイール標準取り付け車より1インチ小さいスチールホイール装備の
スタンダードグレードの方が乗り心地が良く売れ筋
となっている事も、安価で済む要因となっています。

結果

父親による現車追突により出費があったため、購入断念。

しかし、費用内であればヤリス。なるべく安く購入ならフィット にしたと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヨッケ0918さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度2
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能3
走行性能2
乗り心地2
燃費4
価格2

【エクステリア】
歴代のトヨタ車と比較しても三本の指に簡単に入りそうなセンスの良さです

【インテリア】
ハイブリッドG見てきましたが210万円の内装ではない
とにかく安い

【エンジン性能】
いつもの仕上がりで燃費はいいけど楽しくは無いです

【走行性能】
燃費は踏んでも大して悪くならないので踏みまくりです

【乗り心地】
普通のトヨタ車です

【燃費】
燃費だけはいいです

【価格】
高めですね汗

【総評】
外観◎
内装は我慢できないくらいチープですね

レビュー対象車
新車
購入時期
2020年5月
購入地域
愛知県

新車価格
213万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
10万円

ヤリスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

dontsukiさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:59人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地無評価
燃費無評価
価格無評価

【エクステリア】
その時代ごとの流行りのデザインはありますが、
それでも歴代ヴィッツ(ヤリス)の中では一番デザイン的に
バランス良くまとまっていると感じました。
単純にコンパクトカーなのに安っぽく見えない。
視界の狭さや車両感覚の掴みづらさは
先代と比べて特に変わってないです。

【インテリア】
ダッシュボードのデザインは先代のあまりのやる気の無さと比べると
はるかに洗練されており、機能性も損なわれていないと感じます。
7インチディスプレイの位置に関しては自分には特にフロントの
視界を遮るとは感じませんでした。むしろナビを確認する時の
視線移動が少なくて良いと思いました。
後席は非フィット的なコンセプトデザインなので普通のコンパクトカーなりの
狭さです。先代よりも狭い。でもシートの出来は前よりはるかにマシ。

【エンジン性能】
実際のアクセル操作に対して変な応答をしてる感じがして疲れる。

【走行性能】
先代と比べるとアクセル・ブレーキペダルが丁寧に運転出来るように
なってます。その反面ステアリングフィールにかなり違和感を感じました。
ハンドルを回した時、車体が素直に反応しない感覚。
あっちを直せばこっちが駄目になってる。

【総評】
見た目の商品性が物凄くアップしたと思います。
ノートやフィットとは違う方向性で勝負したのも
商売上は吉になるかと思います。
このクラスの車は差し引きの按配が肝なので、
トヨタとしてはこうする、みたいな方向性がはっきり
見出だせてまるでトヨタ車じゃないみたい(褒め言葉です)。

レビュー対象車
試乗

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tavisukiさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
45件
プリンタ
1件
17件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
8件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4

2017年6月マイナチェンジ車アクアからヤリスZ乗り換えた。理由はトヨタセイフティーシステムがフル装備されていることと、アクアよりさらにパワーアップし且つ、燃費がさらに向上でしたことある。納車から10日しかたっていないが、安全性や燃費面等で思っていた通りの結果を得、満足している。アクアのフルモデルチェンジ車を狙っていたが発売時期が見えない。結局、ヤリスにしたが正解だった。安全システムの充実である。ヤリス購入にあたり検討したのは、新型フィットであった。ホンダディーラに伺い、フィットホームの見積もりをとった。何と300万円をこえていた。ヤリスZハイブリットの見積もりは290万円、価格差は無いが、長年乗っているトヨタ車を選択した。ホンダ車には、4台乗っており、もともと、アンチトヨタ車派であったが、営業マンとのトラブルにより、仕方なくトヨタ車にリプレースした。それが、私にとって大正解であった。結局、トヨタ車には今回のヤリスで5台であるが、アクアからトヨタの実力がわかった。販売店の対応も良いと個人的には感じている。

乗車人数
4人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年5月
購入地域
埼玉県

新車価格
229万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

ヤリスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった26

このレビューは参考になりましたか?参考になった

やまねこ@釣り師さん

  • レビュー投稿数:33件
  • 累計支持数:1243人
  • ファン数:5人
満足度4
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費無評価
価格3

【エクステリア】
写真ではなかなか伝わりづらいデザインです。
実車を見てみると、全体的には塊感、凝縮感は十分に感じられますし、大きく口を開けたようなフロントフェイスも、下品さよりもフォーマルな感じを受けました。
斬新なデザインですので、今はまだカッコいいと感じるまでには至ってませんが、この類のデザインは見慣れてくることで印象が大きく変わる可能性が高いです。
大企業でありながら「無難」よりも「挑戦」を選ぶ、今のトヨタのクルマ造りは素晴らしいと思います。


【インテリア】
内装のデザイン自体はスポーティーで好ましいですが、使用している樹脂の質感が非常に安っぽく感じられたのが残念です。
ハイブリッドの最下級グレードだったせいもあるでしょうが、シート表皮の質感も含めて商用車のように感じられました。
最上級グレードだと見違えるようになるのでしょうね。
車内空間はタイトで、フロントウインドウの上端と額の位置は近く、後席の足元空間も少し窮屈です。
悪く言えば閉塞感が感じられますが、良く言えば無駄な空間が少なく、車体との一体感が感じられました。
積載能力や居住性を重視される方は、購入の前に実車を確認されることをお勧めいたします。


【エンジン性能】
大幅にパワーアップされた、新開発の3気筒エンジンとモーターの威力はすさまじく、「これがTHSか?」とビックリさせられるほどの動力性能です。
アクセルの踏み込みに対するピックアップが非常に素早いですし、深く踏み込んだ時には軽くのけぞるような加速をします。
車速上昇とエンジン音もうまくリンクしていて、今までの違和感はかなり払しょくされています。
クルマを思いのままに操れる性能で、非常に楽しく爽快感が感じられました。

ただ、踏み込んだ際のエンジン音があまり心地いいものではなく、音量も大きめだった点は要改良かと思います。


【走行性能】
新開発シャシーを採用した効果は絶大です。
まるで金属の塊から削り出したかのような剛性感は、国産車離れしています。
下手なCセグメント車や欧州車は真っ青でしょう。
サスペンションは操安性重視のセッティングで、ロールは少なくハンドリングは正確でシャープです。
タイトな室内空間も相まって、思い通りの人車一体感が感じられました。


【乗り心地】
乗り心地は少し硬すぎるように思います。
スポーツグレードやスポーツカーのような乗り心地で、速度を問わず段差ではボディの揺れが大きめに出ます。
突き上げの角は丸いので決して不安感はなく、欧州車では当たり前のセッティングなのですが、日本国内向けには、もう少し柔らかくいなすようなチューニングが必要なのではないでしょうか。


【価格】
Bセグメント車としては少し割高と感じられるかもしれませんが、このクルマは、エンジン、モーター、シャシーの全てを刷新していますので、非常にコストがかかっているかと思います。
そう考えると、妥当な価格設定なのではないでしょうか。


【総評】
現状では粗削りな面も散見されますが、走りの楽しさと燃費の良さではずば抜けたものがあります。
特に、燃費の良さは他社の追随を許さないほどの素晴らしいものです。
実燃費30km/lをコンスタントに出せる、初めてのハイブリッド車だと思います。
THSの遊星歯車機構で、ここまで自然なフィーリングが出せているのにも驚かされました。

僕のブログの試乗記事もぜひご覧ください。
【新型ヤリス ハイブリッド試乗記事】
https://www.syaraku913.com/2020/05/post-2630/

レビュー対象車
試乗

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

東海トリックさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
2件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】
知らない人が正面からみるとアクアに見えるかも知れません。Zグレードのデイライトで差別化できると思います。


【インテリア】
運転者目線の充実したインテリアですが、もう少し小物入れが欲しかった。
グローブボックスにはテッシュボックスが入ると宣伝されてましたが、説明書や車検証を入れると入りません。USBポートもう一個欲しかったです。
あと、後席は無いものと割り切ったほうがいいですね。


【エンジン性能】
3気筒エンジンならではの軽快な吹けあがりです。充分だと思います。


【走行性能】
ここがヤリスの真骨頂だと思います。
初代、2代目RSと3代目のビジネス乗り継ぎましたが、全く別物ですね。
特に3代目からの変化が素晴らしい。
急カーブでの安定性やカーブ出口からの踏み込みにスイッチ入ります。



【乗り心地】
固めの乗り心地が好きな人にはピッタリだと思います。
購入後にダウンサス入れようかと思いましたが、しばらく純正の乗り心地を楽しみたいです。



【燃費】
ガソリン仕様でカタログオーバーします。信号少なめなのもあると思いますが、23キロぐらいですね。


【価格】
ディスプレイオーディオが標準なのとフレーム剛性考えると安いですね。値引き幅少ないのが分かります。


【総評】
今回RSが無かったのが分かる気がします。
標準でRSの剛性です。
主観ですが、ヴィッツからの乗り継ぎでも高級車からのダウングレードでも問題無いかと思います。
違いの分かる方に乗って欲しいです。(トヨタの回し者ではありません)

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年4月
購入地域
茨城県

新車価格
187万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

ヤリスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった29

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

ヤリス 2020年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

ヤリス
トヨタ

ヤリス

新車価格:139〜456万円

中古車価格:125〜264万円

ヤリス 2020年モデルをお気に入り製品に追加する <154

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ヤリスの中古車 (149物件)

  • ヤリス G

    189.2万円

    年式
    令和2年(2020)
    距離
    241km
    車検
    2023/05
  • ヤリス X

    145.9万円

    年式
    令和2年(2020)
    距離
    10km
    車検
    2023/06
  • ヤリス X

    145.9万円

    年式
    令和2年(2020)
    距離
    10km
    車検
    2023/05
  • ヤリス G

    155.8万円

    年式
    令和2年(2020)
    距離
    6km
    車検
    2023/05
  • ヤリス X

    143.9万円

    年式
    令和2年(2020)
    距離
    15km
    車検
    2023/05
qoo10
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意
ヤリスの中古車 (149物件)