Z 50 ボディ レビュー・評価

2019年11月22日 発売

Z 50 ボディ

  • 像面位相差AF画素搭載のCMOSセンサーと画像処理エンジン「EXPEED 6」を搭載したAPS-Cサイズのミラーレスカメラ。
  • ドリーム、モーニング、ポップ、サンデーなど20種類の「Creative Picture Control」を搭載。最終アウトプットを確認しながら多彩な画作りを選択可能。
  • 「Z7」「Z6」と共通の大口径、ショートフランジバックのZマウントを採用。タッチ操作可能な3.2型約104万ドットのチルト式画像モニターを搭載。
Z 50 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥104,679

(前週比:-800円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥69,400 (34製品)


価格帯:¥104,679¥123,434 (33店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥104,679 〜 ¥107,910 (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : ミラーレス 画素数:2151万画素(総画素)/2088万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.7mm/CMOS 重量:395g Z 50 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • Z 50 ボディの価格比較
  • Z 50 ボディの中古価格比較
  • Z 50 ボディの買取価格
  • Z 50 ボディの店頭購入
  • Z 50 ボディのスペック・仕様
  • Z 50 ボディの純正オプション
  • Z 50 ボディのレビュー
  • Z 50 ボディのクチコミ
  • Z 50 ボディの画像・動画
  • Z 50 ボディのピックアップリスト
  • Z 50 ボディのオークション

Z 50 ボディニコン

最安価格(税込):¥104,679 (前週比:-800円↓) 発売日:2019年11月22日

  • Z 50 ボディの価格比較
  • Z 50 ボディの中古価格比較
  • Z 50 ボディの買取価格
  • Z 50 ボディの店頭購入
  • Z 50 ボディのスペック・仕様
  • Z 50 ボディの純正オプション
  • Z 50 ボディのレビュー
  • Z 50 ボディのクチコミ
  • Z 50 ボディの画像・動画
  • Z 50 ボディのピックアップリスト
  • Z 50 ボディのオークション

満足度:4.37
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:11人 (試用:3人)
  1. 3 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.56 4.52 15位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.73 4.54 12位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 3.91 4.29 36位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 3.43 4.15 36位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.45 4.26 19位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 3.73 4.41 44位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.56 4.33 14位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.73 4.42 11位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 50 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:63件
  • 累計支持数:386人
  • ファン数:11人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
1063件
デジタルカメラ
6件
520件
レンズ
2件
160件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー無評価
携帯性3
機能性4
液晶5
ホールド感5
機種不明なんとか、仕上がりました。
当機種+0.7補正してISO100の絵です。
当機種同じく+0.7の補正でISO6400です。

なんとか、仕上がりました。

+0.7補正してISO100の絵です。

同じく+0.7の補正でISO6400です。

機種不明ケーブルの処のアップの比較です。
   

ケーブルの処のアップの比較です。

   

購入後10日程です。
アップした様な写真の姿になりました。

Z50本体は新品でレンズとFTZは中古です。
そのうちZマウントの18mm-140mmが出たら交換予定で
中古A品にしました。

現在使ってるD500は先代(D750)から受け継いだものですが
Z50はホットシューのカバー、Nikonの箱に入って200円・・・購入!
だけどねぇ…ホットシューのカバー位は最初から付いてて欲しいですね。
(定価200円でも原価は削れるのもわかるんだけどネ!)

ストラップも交換、これもD500同様派手派手のストラップ
もちろん交換ですね。

さて、と・・・
高感度も流石のNikon
ISO6400まで上げてもパッと見は殆ど同じ

拡大すればそれなりにノイズひろってるのは確認出来るけど
ここまで進化してくれたら文句無しですね。

室内でカーテン閉めての画像です。
ISO6400でも余裕で切り抜き出来ます。
やっぱNikon機。。。エエわぁ!!

今回、初めての感じだったのが
背面液晶よりファインダーの液晶が色の再現性が良いですね。
背面液晶だと
例えば、濃いグレーとか黒く塗り潰されるんですけど
ファインダーの方は
濃いグレーのまま諧調表現してくれてますね。
これもかなり進化ですね。

唯一レンズの選択肢が無い
APS-C Z50の最大の弱点!
コロナ禍のなかって言うのは理解出来る…ん だけ ど

それでも、今付けてる18-140のZマウントとか単焦点
さらにマクロ(Nikonはマイクロだけど)
やっぱり欲しいよね!

そりゃコロナってのもわかるんだけど…(かなり しつこい!)
Zマウントのレンズがぁ〜

イヤイヤ、GoToキャンペーンとかさぁ。。。
でもでもだってZマウントのね特にDXのレンズがね・・・

レベル
アマチュア
主な被写体
その他

参考になった9人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

北野三四郎さん

  • レビュー投稿数:110件
  • 累計支持数:660人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
35件
0件
デジタル一眼カメラ
11件
7件
メモリー
5件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性3
液晶5
ホールド感5

カメラ進化の大命題の一つに小型軽量化があるが、携帯性を企図するあまり(or女子用カメラを意識するあまり)、男子には小さすぎて構えづらいものもある。軽量化は意味があるが、小型化で肩をすぼめて構えることは却ってブレを誘発するのではと思えることがある。Z50やD5600は私には丁度良い小ささです。

NIKKOR Z DXレンズは、今のところ16-50mm、50-250mmしか発売されていないが、16mmスタートが意味深く50mmでレンズ交換という絶妙の橋渡しは、撮影行為を理解しているいかにもNikonらしいまとめ方である。これらのAFは非常に速い。

LightroomでのRAW現像では、デフォルトで「色収差除去」が適用される。むろん解除もできる。また「内蔵のレンズプロファイル」も適用されているようで、こちらは解除できないようである。純正レンズプロファイルゆえ解除しても意味は無いだろうが。
純正プロファイルが適用された画像は「素晴らしい」の一言に尽きる。

Z50はD5600と比べるとやや露出オーバーだが許容範囲内、むしろD5600をやや露出アンダーとみなすべきでしょう。D5300は更にアンダーでした。

丁度良い小ささの Z50、D5600、D5300 をいささか比較してみると、
・Z50はボディーにマグネシウム合金を使用し、防塵・防滴に配慮した設計ながらも質量約450g、D5600は約465g、D5300は約530g。
・Z50の電子ビューファインダーはXGA(約236万ドット)の有機ELパネル、凝ったファインダー光学系でクリアーさを追求、OVFに近付こうとのNikonのこだわりが感じとれます。視野率100%。電子水準器も投影されます。D5600&D5300はペンタミラー、視野率95%、電子水準器無し。
・Z50はチルト式3.2型104万ドット画像モニター、D5600&D5300はバリアングル液晶モニター、私的にチルト式が好ましい。Z50のタッチパネルはD5600のそれを更に進化させています。Z50&D5600のアイセンサーはファインダー撮影時のタッチパネルの誤操作を防いでくれます。D5300はタッチパネル無し。
・D5600&D5300は、光学ローパスフィルターレス仕様、2416万画素。Z50は光学ローパスフィルター有りで、有効画素数がすこし少なめな2088万画素だが、その分、高ISO撮影にやや優れているように思われる。先入観!?
・Z50のメニューにはイメージセンサークリーニングが無い。ニコンQ&Aでは光学ローパスフィルター有りとの関連が読み取れるが、それ以上の詳細は判らない。
・Z50はAF/AE追従で最大約11コマ/秒の高速連続撮影が可能。D5600&D5300は最高約5コマ/秒。

総じて、Z50にはNikonらしいまとめ方とこだわりが感じとれます。


以下は蛇足?! or追伸程度に
私の最大の関心事「SnapBridge」の「GPS位置情報の自動同期」機能に関して、
タブレット端末 MediaPad T3 Wi-Fiモデル KOB-W09 (Android 7.0) とで常時接続ができました。対Z50&D5600。
D5600 + MediaPad T2 (Android 6.0.1) ではうまく行きませんでした。
Z50 → MediaPad T3 の「画像の転送」も自動で出来ていました。「クラウド保存」は試していません。私には不要なので。


レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ymt1953さん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:141人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
14件
0件
デジタル一眼カメラ
4件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー3
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感5

FTZを使ってFマウントレンズを色々と試し撮りしてみました。
T社の18-270は全くNGで、N社・S社は特に問題なく撮影できました。
【デザイン】Z6の小型版良いと思います。
【画質】同じレンズを使用しての撮影比較した感想ですが全般的にD5300よりかなり上と思われます。またD7200でも同等もしくは以上だと思いますがZ50の描写は青色系が強く(EXPEED 6の影響?)好みで評価が別れそうですね。
【操作性】D7200と比較すると小型化の為かボタン操作がやりづらく感じます。特に親指AFはボタンの挿入感が浅く使いづらいです。またSD挿入場所がバッテリースペースにあるため不便です。。
【バッテリー】残念ながら一眼レフとの比較では非常に持ちが悪いです。Z6よりも悪く感じます。
【携帯性】16-50レンズとの組合せは抜群です!!D5300(18-55)も携帯性は非常に良かったですが更に上を行きます。但しFTZを使用した場合はレンズ部分がプラス長くなる分逆に少々不便です。
【機能性】D7200とほぼ同等もしくはそれ以上の機能を持っていると思います。特にピーキング機能はMF撮影を非常に楽にしてくれます。但し動体撮影に関してはD7200の方が良さそうですね。
【液晶】D5300やD7200より大変見やすく感じます。またEVFもZ6同様大変素晴らしいです。
【ホールド感】小型化した割には非常に持ちやすく感じます。片手での撮影も可能かと思います。
【総評】これで本体に手振れ機能があれば完璧ですが値段も上がるし重量も増えると思われるので次の楽しみにしておきます。値段は少々お高めに感じますがキャッシュバックありでそれなりという感じがします。

レベル
アマチュア
主な被写体
夜景

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

K10Dくんさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
0件
2件
薄型テレビ・液晶テレビ
0件
2件
自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー2
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感5
当機種微妙な色の違いを見事に表現してくれる解像力の良さには驚きました。
   

微妙な色の違いを見事に表現してくれる解像力の良さには驚きました。

   

【デザイン】特に良くも悪くもなくごく普通のデザインだと思います。

【画質】50-250mmのキットレンズの描写の素晴らしさには驚きました。メインに使っているキヤノンのLレンズよりも明らかに描写では優っています。フレアーやゴーストは殆ど出ないし収差も全く気にならずクリアーそのものです。

【操作性】マニュアルフォーカスの際にピントリングが手前にあり過ぎて非常に操作しにくい。

【バッテリー】これは非常に問題です。航空機などを連写で撮影すればすぐに残量表示が減ってしまいます。予備バッテリーは必須ですね。

【携帯性標準ズームの装着時であれば本当にコンパクトで軽いので持ち運びには助かります。

【機能性】特に問題はありません。

【液晶】液晶ディスプレイとファインダーを覗いた時の画質差が大き過ぎる様に感じます。

【ホールド感】大型グリップが装着されていて非常に持ちやすいです。50-250mmのズーム装着時に手持ちで1/2秒で撮影してもブレない位ホールドが良いです。


【総評】普段使いではこのカメラで十分ですが夜の航空機の撮影ではピントが全く合わず使い物になりませんでした。昼間専用のカメラと割り切って使用すれば本当に満足度は高いと思いますのでその辺の割り切りが必要ですね。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

holorinさん

  • レビュー投稿数:125件
  • 累計支持数:985人
  • ファン数:64人
満足度4
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー無評価
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感4
当機種Z DX16-50mmF3.5-6.3 VR
当機種Z DX50-250mmF4.5-6.3 VR
当機種Z 35mmF1.8S

Z DX16-50mmF3.5-6.3 VR

Z DX50-250mmF4.5-6.3 VR

Z 35mmF1.8S

別機種自撮り風景(D850+58mmF1.4で撮影)
当機種Z DX16-50mmF3.5-6.3 VR 自撮り写真
 

自撮り風景(D850+58mmF1.4で撮影)

Z DX16-50mmF3.5-6.3 VR 自撮り写真

 

【デザイン】
ニコンらしいデザインです。EVF部が往年のフラッグシップフィルム一眼レフっぽいです。

【画質】
ISO感度800ぐらいまでは、画素等倍で見てもさほどノイズを感じることはありません。それ以上でもHDモニターで見る限りは良好であり、かなりISO感度を上げてもA4プリントぐらいなら全く問題ないでしょう。
(添付写真:AWB、フリッカーレスON。JPEG画像をそのまま掲載)

<その他の作>
NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR
https://review.kakaku.com/review/K0001201320/ReviewCD=1287526/#tab

NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR
https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=23123380/#23127013

【操作性】
露出補正などよく使う機能は単独のボタンがあり、ダイヤルも前後にあるので、操作性はよいと思いました。タッチパネルはあまり使いません。

【バッテリー】
取りあえず2時間ほどの撮影には何の支障もなかったですが、3台のカメラをとっかえひっかえ使っていたので、正味30分ぐらいしか使っていないと思われます。よって評価不能です。

【携帯性】
特にキットに設定されている標準ズームとの組み合わせでは非常にコンパクトであり、携帯性は良好です。

【機能性】
AF-Sの瞳AFに特化して使いました。被写体サイズによりますが、瞳を拾う場合あるいは顔を拾う場合はあまり課題がありません。ほとんどジャスピンです。左右の目も背面の方向ボタンで切り替えることができます。ただし、被写体倍率が小さくなり、顔も拾わなくなると、あらぬ場所にピントが合うため、大きく引きで撮る場合などで急に操作が面倒になります。

【液晶】
液晶モニタ、EVFの見え方については特に課題はなく、良好です。
180度反転可能な液晶モニタは、自撮りが可能であり、モデルさんには好評で違和感なく使ってもらいました。

【ホールド感】
良好です。特に課題はありません。

【総評】
キットに設定されてる標準ズーム込みで携帯性が良好の高画質機です。ただ、シャッタースピードが1/4000秒までなので、本機は中級機以下の機種であり、個人的には明るいレンズのために1/8000秒の上級機が欲しいところです(電子シャッターでもかまいません)。
あと今後のラインに小型薄型レンズが予定されていますが、小型軽量な35mmF2クラスが欲しいですね。

(モデルさんには掲載許可確認済みです。撮影は鉄道会社ご協力のもと、安全に配慮して行っています。)

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ez-034さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:38人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性3
液晶5
ホールド感5

【デザイン】
写真ではファインダー部分が大きくてミスマッチな印象でしたが実物はバランスがとれているように見えてきました。小さいですがグリップはしっかりと出来て大きさと使い勝手のバランスも取れてます。
【画質】
フルサイズの高精細を求めるのは厳しいですが拡大しても画像のザラつきが少なくSNS等で扱うには充分
【操作性】
ダイヤルやボタン類はNikonの一眼レフに慣れていれば全く違和感なく使えます。また、動きのある被写体に対しても顔や目にピントを合わせてくれるので相当動きが早くない限りピント外れの確率はかなり低いです。D 750よりもシャッターチャンスを逃しにくい!
【バッテリー】
フル充電しておけば充分に持ちますが、念のため予備を持ち歩いてます。
【携帯性】
キットレンズとの組み合わせでかなり小さいし、対して期待していなかった画質も想像以上にいいので、バッグに気軽に入れて持ち歩いてます。
【機能性】
動画撮影時のピント合わせもD 750より格段に向上しているのに驚いてます。難点を挙げるなら、スマホへWi-Fiを使用しての画像転送が遅くてイライラします!
追記
暗い状況の動画撮影ではピントが合わない場合がある事が判明しました。
【液晶】
屋外でも使用しましたが不便さを感じる事なく及第点をあげられると思います。また、スクロールなどもしやすいです。
【ホールド感】
キットレンズとの組み合わせではしっかり片手持ちできます。
【総評】
D 750に比べて劣っている点は少なく、むしろ超えてる点が多いですね。シャッターチャンスを自ずと増やしてくれる素晴らしいモデルだと実感できました。ボディを買い増ししようかと考えてます。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景

参考になった24人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Easygoing Bearさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:519人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
97件
レンズ
0件
13件
スピーカー
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
機種不明50mm F1.8Sを着けたらこんな感じ なかなかかっこいいです
   

50mm F1.8Sを着けたらこんな感じ なかなかかっこいいです

   

フジヤカメラに予約
11月22日発売日に入手できました
週末は雨模様だったため室内撮りメインでしたが、とても良い感触だったのでコメントしたいと思います

【デザイン】
 パンケーキズームを装着した姿は、ぎゅっとコンパクトで
 バランスが良くかっこいいです!
 (並べるとZ6が間延びして見える 笑)

【画質】
 精細感や抜けの良さは満足できる仕上がり
 さすが最新モデルですね
 キットレンズも素晴らしい!あのサイズ感からは想像
 できないくらい良く写ります

【操作性】
 しっかりグリップできるのが良いですね
 各ボタンの配置や操作感も合格です
 ただし、Z6やZ7に慣れているとちょっと戸惑う場面も

【バッテリー】
 ひと回りコンパクトになりましたが、意外と持ちは良い
 ようです テスト撮影中なので充電の機会なし

【携帯性】
 なんと言っても軽くてコンパクト、どこにでも持って
 行けます

【機能性】
 AFははっきり進化しています
 オートエリアでの瞳AF、顔認識とも非常に食いつきが
 良いです
 この部分はZ6より良いかもしれません
 
【液晶】
 EVFも背面ディスプレイも非常にクリアで見やすいです
 もちろんZ6よりはスペックダウンしているのですが、
 それを感じさせません

【ホールド感】
 これはz50の独壇場でしょう
 しっかり握れる深いグリップと軽いボディで安定感抜群
 です
 撮影が楽しくなりますよ!

【総評】
 この価格帯では、キットレンズを含めた性能はダントツ
 ではないでしょうか
 はっきり言ってバーゲンプライスだと思います
 また、マウントがフルサイズのZと共通なので、
 高性能なS-LINEのレンズがそのまま着くのも楽しみ
 
 Nikonさん良い意味で予想を裏切ってくれました ^ ^

 

参考になった63

このレビューは参考になりましたか?参考になった

磯野コンブさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:249人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種【作例1:おにぎりのような子:キットレンズ短】
当機種【作例2:現場の白猫:キットレンズ長】
当機種【作例3:走る電車:キットレンズ長】

【作例1:おにぎりのような子:キットレンズ短】

【作例2:現場の白猫:キットレンズ長】

【作例3:走る電車:キットレンズ長】

当機種【作例4:お花の中のアリんこ:中華マクロZレンズ】
当機種【作例5:赤い橋の間:キットレンズ長】
機種不明【作例6:青い夕焼け:キットレンズ短】

【作例4:お花の中のアリんこ:中華マクロZレンズ】

【作例5:赤い橋の間:キットレンズ長】

【作例6:青い夕焼け:キットレンズ短】

カメラの質量に対して出てくる画質の良さに驚かされました。楽しい!
カメラレビューの価値は作例に集約されると思うのでバンバン貼っておきますね。(作例がない低評価のレビューには懐疑的なんです…)

サクッとまとめると
@高感度での強さ美しさが物凄いから、手振れも動体ブレもないシャッタースピードでイイ写真が量産できる。手振れ補正機構を捨てて軽さを優先したことが納得できるレベルかも。
AZマウントシステムの「よく写る」が体験できる。ぼくはソニーαからニコンZに移行しつつあるマイノリティなんですが、αは「よく撮れる」、Zは「よく写る」だと感じてて、この「よく写る」が体験できます。本当によく写ります(何回言うんだw)
B軽くて楽ちん。レンズも、ボディもとにかく軽い。
Cニコンのアプリ「スナップブリッジ」が実は一番イケてる説。接続が安定していて、撮影後5秒でスマホに転自動送されていて便利。デバイス切り替えもワンタッチで軽快。

【作例1:おにぎりのような子】
広角のキットレンズで手持ち撮影。1/200s、f3.5、iso5600。ふわっと温かい光の感じがニコンですね。ノイズもなくボケも綺麗。

【作例2:現場の白猫】
望遠のキットレンズで手持ち撮影。1/250s、f5、iso100。発色もよく、毛並みやヒゲの様子までよく写ってます。Zマウントシステム感あります。

【作例3:走る電車】
望遠のキットレンズで手持ち撮影。1/400s、f5、iso100。走行する電車だったんですがブレもなく焦点が車体にガチピンしてます。AF性能もよく初心者の方でも扱いやすいと思います。

【作例4:お花の中のアリんこ】
手振れ補正のない格安中華マクロレンズ(Zマウント)で手持ちマクロ撮影。つまりレンズにもボディにも手振れ補正機構が一切ない状態で撮りましたがブレませんでした。心底驚いた。1/320s、f4、iso1000。

【作例5:赤い橋の間】
望遠のキットレンズで手持ち撮影。1/125s、f8、iso180。暗い望遠キットレンズですがよく写ります。楽しい。

【作例6:青い夕焼け】
広角のキットレンズで手持ち撮影。1/40s、f20、iso100。ホワイトバランスを調整すると綺麗に発色した幻想的な夕日が撮れました。暗部も綺麗です。

感想、
手振れ補正機構がカメラ内にないことが気がかりでしたが、非常に優秀な高感度耐性でよく補えていて杞憂に終わりました。さらにそれで得た軽さが綺麗な画質と相まって、なんとも言えない感動があります。

結論、
ニコンZ50は楽しい、いいカメラです。

余談、
ぼくはニコンZ7とソニーα9をメインに、昆虫撮影はオリンパス、ポケットにはリコーGRも入れてカメラ暮らしをしていますが、今回の新製品Z50からもニコンはつくづく面白い会社だなと思いました。
それは、訴求力ある手振れ補正を捨てて地味な高感度耐性と軽量さに集中したこと、しかも一見スペックダウンに思われるセンサーの画素数をさげてまでよ。Zマウントシステムにしてもなんかよくわからないけど「よく写る」の体現だし。この高感度耐性もZマウントシステムの「よく写る」も、実際に撮って体感するまで分からないじゃん!ってところを地道に頑張っちゃう体質が、全力で不器用に感じて笑えちゃうんだよね。それでいてアプリ「スナップブリッジ」はぼくが利用している4社の中で一番使いやすくてイケてる。それなのにPC用現像ソフトNXDは重すぎてダメダメ。ファンを大切にfマウントを守り続けたのに、アンチが多くて毎回荒れる新製品のレビュー板。

Z50はいい製品で、ニコンは面白い会社です。ホント。

参考になった89

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Digital linkさん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:283人
  • ファン数:1人
満足度5
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー無評価
携帯性5
機能性3
液晶4
ホールド感4

【デザイン】
メカ好きには好まれるニコンの純粋なデザイン。
黒のみの販売でイマイチぱっとしないかもしれませんが、それはそれで良いのかもしれません。
でも個人的にはもっとデザイン重視の客層にも響くようにブラウンやシルバー系を出したらもっと売れると思うのですが。。。

【画質】
やはりZのレンズが良いようです。
キットレンズでも全く問題なく、周辺まで安定の解像度です。
キットレンズではボケは全く期待できませんが、単焦点がカバーしてくれます。
APS-Cで50mmを使うと約75mmになり、
ボケの効いた写真が写真が撮れます。
Zマウントのどのレンズを使って撮影しても解像度は非常に高く、4K液晶で等倍にしてみても全く粗が目立ちません。
ISOもEXPEED6のJPEG出力時の処理が良いのか3200程度までは問題なく使用できます。
ただし手ブレ補正がないので今までの一眼レフと同じ感じなのが残念です。
皆さん手ブレ補正がなくて色々言われてますが、ただ今までの感じと変わらないだけです。

【操作性】
Z6、Z7よりも少しボタンが少なく、物足りないですが、
エントリー機と考えれば十分です。
D5000番台はファンクションが少なく使いづらかったですが、この機種は十分です。
ただしマウント横のFnは押しづらいので注意が必要かもしれません。
個人的にはセルフタイマーや連写をよく使うので専用ボタンを設置してほしかったです。
よく使う方はFnに割り当てましょう。またはiメニュー。

【携帯性】
非常に軽いです。お散歩用のカメラとしては値段が高いかもしれませんが、すごく快適ですのでおすすめです。
レフ機には劣りますがAFも快適で気軽に野鳥撮影もできそうです。

【機能性】
秒速11コマの連写は驚きました。
瞳AF追従での連写を試しました。こちらに歩いてくる人に追従して11コマあたり7枚8枚がジャスピンといった精度でしょうか。
プロには適さないとは思いますが、アマチュアが使う分には十分過ぎます。

【液晶】
背面液晶はZ6、Z7よりも低解像度ですが、気になりません。
EVFは他社の236万画素機と比較すると違いは一瞬でわかります。有機EL感がなく、自然です。非常に良いです。
特にEOS RPと比較するとよくわかります。
ただしZ6,Z7と比べるとドットがわかります。

【ホールド感】
小指が少し余ります。α7を握ったときと同レベルな感じです。
しかし、この小型軽量さが一番の売りですので、ここは妥協してもいいかと思います。

【総評】
20MP、足りないときもあるかもしれませんが、Zレンズの解像度が20MPであることを忘れさせてくれます。
D500の20MPとはわけが違います。
比較するとZレンズの良さがよくわかります。
キットレンズなどではぬるい写真だったのが非常にクリアになりました。

シャッター音を気にされている方がいるかもしれません。やはり少し物足りないと思います。
電子先幕シャッターでは「クチャ、クチャ」といった感じです。1/4000の高速シャッターでも同様です。
キットレンズはなぜかメカシャッターを選択できないのですが、メカシャッターの音はもう少し良いです。Z6、Z7よりも乾いた音です。
これは好みですので、実際に店頭でお聞きください。

Zマウントの普及にぜひ貢献していただきたい機種です。

参考になった65

このレビューは参考になりましたか?参考になった

10年寝たろうさん

  • レビュー投稿数:681件
  • 累計支持数:11394人
  • ファン数:30人
満足度2
デザイン3
画質3
操作性2
バッテリー無評価
携帯性2
機能性2
液晶3
ホールド感4

【デザイン】
ニコンらしい、一眼レフのイメージで作られたデザインは無難な仕上がりです。

【画質】
イマドキ2000万画素少々控えめな画素数ですが、2400〜3000万画素のライバルと比べて画質が特に良いこともなく、高感度対応もスペック上はISO51200までが常用感度となっていますが、すでにISO6400で画質劣化は明らかで、そこから上はもう画質劣化しているので、51200でも極端な劣化は無い感じで、スペックではなく、ISO6400〜12800あたりの高感度対応力は富士のX-E3あたりの方が一枚上手な感じでした。

【操作性】
シャッター周りの適切な位置にコマンドダイヤルが前後に揃うのはミドルクラス機種としては当然ですが、この機種の問題点としては、ビューファインダー覗きながらタッチフォーカスをしようとすると無効になっており、コンデジの様な十字キーでフォーカスポイントを指定します。他社機のようにビューファインダーを覗いていても、タッチフォーカス可能とすれば、操作に習熟すれば即応性が上がるのに大変残念なことです。
かなり前の超コンパクトフォーサーズミラーレスのGM5ですら普通に出来ることが出来ないのは、何故なのか理解不能でこのカメラの開発者は撮影テストではない趣味やプロとして撮影意図をもって写真撮る人なのか?と気になってしまいますね。

【バッテリー】

【携帯性】
機能性や操作性を考えると富士のミドルクラスXーT30より一回り大きなボディやレンズである理由がフルサイズマウントを使ってしまったメーカーの都合以外に見つかりません。

【機能性】
イマドキ2,000万画素とかなり少なめの画素数、タッチフォーカスや十字キーの仕様など、スペックに現れない、即応性という写真撮影でとても重要な機能の低さが他にもあるかもしれません。

【液晶】
液晶ビューファインダーは35mm換算値が表示されていませんが、実際に見た感じと計算上は35mm換算値で0.68倍とそこそこの倍率になっており、富士のXーE30の0.62倍に比べて唯一といえる優位点で、Z6や7の0.8倍と比べたら、かなり小さめですが、一般的なフルサイズ一眼レフが0.7倍程度であり、実用的には全く問題ありません。
背面液晶も104万ドットと、ミドルクラスの機種なら実用上は問題なしです。

【ホールド感】
グリップがよく良好です。

【総評】
ひと月くらい前から、ニコンのショールームで先行展示されていた実機を使って何度かチェックしました。

このカメラの場合、一番の問題点はメーカーの都合によりZマウントを使う以外に自らの選択肢を無くしてしまったこと。
遅くともキヤノンがEOS Mを出した7年前のタイミングでAPS-Cミラーレスを出していればキヤノンのようにAPS-C専用のマウントも十分に認知されたと思われるのに、誰に向けたカメラなのか不明なニコン1フォーマットを唯我独尊に登場させて予想通り撤退したため、大きめなのを承知の上でフルサイズのために開発したZマウントを流用するしかニコンにとっての選択肢はなくなりました。

その過去のツケをユーザーに回そうというのが、今回のAPS-C機種への大きすぎるZマウントの使い回しでしょう。

APS-C機種なら、特に操作性やサイズ感、使用できるレンズのバリエーションやサイズ感など、ソニーのα6400や富士X-T30あたりの機種と良く比較検討することをオススメします。

個人的見解としては、無駄に大きくレンズもレンズキットの2本以外はフルサイズと共有し、他のレンズを使えば無用にシステムが重く大きく高価になるZ50は到底オススメできません。

これも個人的見解ですが、ニコンのミラーレスを選ぶなら最低でもZ6が無難かと感じます。

参考になった95人(再レビュー後:51人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ULTIMATE120さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:75人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
15件
レンズ
1件
2件
自動車(本体)
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感5

現在 D5 DF を使用していて 今回購入してみました。
Z7 を発売日購入予定でしたが、実機を借りて使った結果もう少し改良されてからと思い次の型でミラーレスも使用する事にしていました。しかし今回サブ機としてはいいのかなと思い購入に至りました。
まず驚いたのはファインダーがZ7 よりも見やすくなっている点でした。更に画面の端までキットレンズなのに物凄くシャープな所。また廉価版的な感触が全く無くこれは用途によってはメインになり得るカメラと確信しました。シャッターの感触はD5 とDFで言えばDFに近いかんじでした。
特に広角側での歪みの無さは完璧ではないでしょうか。
まだ日が浅いので 深くまでレビューしきれませんが、間違いなく素晴らしいカメラ レンズx2 のコラボレーションだと思います。バーゲンプラスだと思います。
私は気になるならば、買って絶対失望する事は無いと断言出来ます。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
その他

参考になった65

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 50 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Z 50 ボディ
ニコン

Z 50 ボディ

最安価格(税込):¥104,679発売日:2019年11月22日 価格.comの安さの理由は?

Z 50 ボディをお気に入り製品に追加する <267

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意